生きていくために必要なものは沢山あります。

友人や家族などの人間関係を重視する人もいれあば自分自身の趣味を大切にする人もいるでしょう。

何を重視するかは自分自身が決める事であり、他人がとやかく言う問題ではありません。

しかし、その中でも必ずだれもが必要となるものがあります。

それがお金です。

お金はどんな状況であっても必要となる事でしょう。

人生はお金ではないという人もいるでしょう。

ですが、それはそれだけその人がお金に余裕のある生活を送っているからこそ言える事なのではないでしょうか。

お金はなければ生活する事が出来ません。

学校に行く事も出来ず、なりたい職業に就く事だって出来ないでしょう。

やりたい夢があっても実現する事が出来なくなってしまうのです。

そればかりではなく、全くお金が無ければご飯を食べる事も、屋根がある部屋で寝る事だって出来ないのです。

だからこそ、お金はあるに越した事はありません。

誰でも、月に有り余るほどのお金を持っているわけではありません。

決められた金額の中からやりくりをしているのでしょう。

そのやりくりをいかに上手にすることが出来るかどうかによって貯金額が変わってきます。

給料が低い人は、貯金なんてする事は出来ないと思っている事でしょう。

ですが、そんな事はありません。

例え収入が低かったとしても、いくらでも挽回する事は出来るのです。

今あるお金がすべてではなく、それを増やす事によって、いくらでも貯金をする事は可能でしょう。

今回は、そんな生活の役に立つお金を増やす方法をご紹介させていただきます。

全然貯金をする事が出来ないという方も、この機会にぜひ貯金に挑戦してみてはいかがでしょうか。

お金を増やすというと、どうしても怪しいイメージとなってしまいます。

ですが、きちんとした方法を知っていれば、決して危ない方法ではないという事が分かってもらえるでしょう。

知っていると知らないとではその後の人生に大きな差が出ます。

後から『もっと早くに知っておけば』と後悔しないようにする為にも、お金について、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

給料が低くてもお金を増やせる方法6選

生きていくうえで、お金はとても大切です。

『人生お金がすべてではない』という人も多くいる事でしょう。

確かにお金がすべてではありません。

ですが、お金はあるにこした事はないのです。

お金が無ければ出来ない事が沢山あります。

お金がある事によって、安心感を得る事が出来たり夢を見る
事が出来るようにもなります。

お金さえあればいいという事もありませんが、お金は生きていくうえで絶対に必要なものです。

ですがお金はそう簡単に手に入るものではありません。

一家で資産家だという方は、黙っていても収入があるという事もあるでしょう。

ですが、殆どの人にはそんな事は起こりません自分できちんと仕事をしなければならないのです。

お金を得るために仕事をする。

これはごくごく当たり前の考え方です。

とはいえ、いくらまじめに仕事をしたからと言って、すべての人が満足のいくお金を手に入れる事が出来るかどうかはわかりません。

一生懸命働いたとしても、少ないお金しかもらう事が出来ない場合もあるでしょう。

特に若い人の場合には、なかなかお給料が上がらない事もあります。

いずれは高くなる事もありますが『今』という希望はなかなかかなう事が無いでしょう。

もともとの手元のお金が少なければ、なかなか貯金をする事も出来ないかもしれません。

将来を考えて貯金をしたいと思っても、今の生活でいっぱいいっぱいだからこそ、残す事が出来ないという人もいます。

確かにそういう考え方もあるでしょう。

もともとのお金から引くことばかりを考えれば、元が少ない人はいつまでたっても満たされる事は出来ません。

だからこそ、逆を考えてみるのです。

持っているお金が少ないのであれば、増やす方法を考えてみてはいかがでしょうか。

お金を増やす事は簡単な事ではありません。

ですが、絶対に出来ない事ではないのです。

今出来る事を一つ筒こなしていく事によって、気が付けば今よりずっと多くのお金を残しておく事が出来るようになるかもしれません。

いざという時に困る事が無いように。

出来る事は少しずつでも開始していきましょう。

『どうせ貯まらない』と思っている人は、きっとずっと貯まる事が無いでしょう。

この世に『絶対』はありません。

もしかしたら出来るかもしれない。

そんなプラスの思考を持つだけでも見えてくるものがあるはずです。

1.節約


お金を多く生み出す事は簡単な事ではありません。

だからこそまずは、今あるお金を大切にすることを意識していきましょう。

お金を大切に考える場合、節約を意識する事が大切です。

節約をするというと、辛い印象になってしまうことでしょう。

我慢ばかりして、ストレスがたまると思うかもしれません。

確かにそういう時もあるでしょう。

ですが、その我慢は結局自分の為になる事なのです。

お金は使えはなくなってしまいます。

あるだけのお金を全てを使ってしまうと、その時は楽しい時間になるかもしれません。

ですが、後からもっとお金が必要になったときやっぱりお金をつかわなければ良かったと思うはずです。

しかし、一度使ってしまったお金は取り替えす事は出来ません。

やっぱり返してくれと言っても無理なのです。

だからこそ、お金は計画的に使いましょう。

何にお金を使用して、どのくらいのお金を貯金するべきなのか。

それは人によって違います。

金銭感覚は人ぞれぞれなので、1000円で幸せな人もいれば10000円あっても足りないと感じる人もいるのです。

だからこそ、他人と比べるのではなく自分に必要なお金を用意出来るように日ごろから意識して生活していきましょう。

節約は、一日・二日で出来るようになるものではありません。

毎日コツコツ続ける事によって、結果が出てくるものなのです。

だからこそ、継続する事が重要です。

まずは家計の見直しから

節約をする為には、無駄を省かなければなりません。

その為には、まず家系の見直しから始めて見て下さい。

家系を見直すことによって、何処に無駄があるかを気がつく事が出来るでしょう。

見直すことによって、何にお金を使っているのかに気がつく事が出来るでしょう。

家計を見直してみると、意外と無駄なものにお金をつかっている事に気が付く事が出来るようになるかもしれません。

何にお金を使っているのかという事をしっかりと見極める事によって小さな無駄を省く事ができます。

その小さな積み重ねが、いつの日か大きな結果になる事でしょう。

無駄な出費はないか

自分では、意外と無駄遣いに気がつかないものです。

何も買っていないのに、お金が無い。

そんな人は、無意識に自分自身でお金を使用してしまっているのでしょう。

お金を使用している事に気が付く事が出来ないとそもそも何を節約したらいいのかわからないという状況になってしまう事もあるでしょう。

それでは、本当の意味での節約をする事は出来ません。

何が無駄かわからないから、とりあえず目についたものを我慢していく。

そうする事によって、多少の節約効果を感じる事は出来るでしょう。

もしかしたら、意外と良い効果を生むかもしれません。

ですが、その節約は長続きする事はありません。

我慢ばかりではいつか人間は心が折れてしまうから。

そうならないようにする為には、本当に無駄な事を知る事が必要なのです。

本当に無駄な事を知る事が出来れば、そこを我慢すればいいのです。

本来必要ではないものを我慢するだけなので、生活が大きく変わる事もありません。

その方がより良い節約をすることが出来るでしょう。

だからこそ、無駄な出費をおさえ我慢する事が大切なのです。

2.預金でコツコツ


お金を増やす為には使わない事が一番です。

1円でも多く貯金する事によって、結果的に多くのお金を残す事が出来るようになるでしょう。

少ないお給料の中ではそんなに多くのお金を残す事は出来ないでしょう。

ですが、何もやらない事と比べれば少しでも貯める事によってお金を増やす事が出来るはずです。

コツコツお金を貯める事は、とても地味な作業です。

そんなにセコセコしたくないという人もいるかもしれません。

ですが、その小さな努力をする事が出来るかどうかが大切なのです。

はたからみれば、無駄な努力のように思えても、その努力をする事によって見えてくるものもあるからです。

お金は決して裏切る事がありません。

コツコツ、少しづつでも貯金を重ねる事によっていつかその努力によって大きなお金を手に入れる事が出来るようになる事もあるでしょう。

いきなりガツンと増える事はありませんが、確実にプラスにすることは出来ます。

【貯蓄方法は、こちらの記事もチェック!】

利益はないがリスクも避けられる普通預金

貯金には、いくつかの種類があります。

その種類を使い分ける事によって貯金を殖やしたりする事も可能です。

貯金の種類の中で、特に多くの人が使用しているのが普通預金です。

名前の印象もあり、基本的な預金方法と言えるでしょう。

普通だからこそ、利益はほとんどありません。

預けた分と同じだけの金額が手元に戻ってくることとなります。

ホントに多少の利益が付いてくる場合もありますがそれは何十年も貯金をした結果です。

だからこそ、貯金を多く増やしたいという人には普通預金は向かないのかもしれません。

ですが、そのリスクが少ないという利点もあります。

リスクがある投資話には、大きく儲かるチャンスがある場合もあります。

だからこそ、リスクを冒して勝負にでるか、リスクを考えて行動しないかは人それぞれです。

考え方の違いなので、どちらが間違えているという事はありません。

銀行を比べて定期預金

普通預金を使用しない人が次に使用するのが定期預金です。

定期預金は、いろいろな会社で行われています。

その為、どの会社が良いのかをしっかりと検討してからお金を預けてください。

銀行なんてどこも同じだと思っていたとして手も、そこには意外と大きな違いがあります。

定期預金には通常の預金よりも高い利子が付くといわれています。

だからこそ、ある程度大きなお金がある場合には定期預金にした方がより多くのお金を貯める事が出来ます。

下ろしにくくなることもあり、真剣にお金を貯めたいという人にはオススメの貯金方法ではないでしょうか。

円よりも金利が高い外貨預金

さらに、貯金でお金を増やすという目的では円を外貨預金にする事もおススメです。

通常よりも金利が高いので普通に預けるよりも効率的に金利を受け取ることが出来るでしょう。

ただし、預けるにはそれなりのリスクもあります。

だからかそ、本当に貯金をしたい人にとってはオススメの方法ですが、それ以外の人にとっては少々面倒に感じる事もあるでしょう。

物事には必ずメリットとデメリットがあるのです。

だからこそ、その両方を理解し、どちらが良いのかを自分自身で考える事が重要でしょう。

3.国債

国債という言葉を聞いたことがある人はどのくらいいるでしょうか。

普段から経済について興味を持っているかたは、比較的聞いたことがある言葉かもしれません。

国債とは「国庫債券」の略となります。

書いて字のごとく、国が発行している債券であり、債券とは簡単に言うと借金の事となります。

国が一般の投資家からお金を借りる為に発行しているのが国債なのです。

国が借金をすると聞くと何とも変な気もしますが、実際に良くある事です。

そこに投資をするからこそ、国債投資となるのです。

投資はほかの企業でも行う事が出来るでしょう。

ですが、投資をするにはその企業の事をしっかりと知らなければなりません。

何も知らないのにもかかわらず、投資をする事など出来ないからです。

けれど、投資初心者の方はなかなか分からない部分も多いはずです。

そんな時も、日本という国であれば信用度も高く安心して利用する事が出来るのではないでしょうか。

国が利息をつけてくれる

国債とは、国にお金を一定期間貸すことによってその期間につく利子を受け取る事を指します。

国が行う制度なので、安心感があり、多くの人が利用しているサービスとなります。

利子がつくものは他にも沢山ある事でしょう。

もしかしたら、もっと高い利子をうたっているものもあるかもしれません。

その為、そちらの方に魅力を感じる方もいる事でしょう。

ですが、そこにはどれほどの安心感があるか分かりません。

国債は、ほかの企業に比べてずばぬけて利率が高いという事は無いでしょう。

ですが、その分安心感があります。

満期になればかならずお金は返ってくる。

その安心感がある事によって、お金を出しても良いと思えるのでは無いでしょうか。

株などの場合は、元本割れしたりする場合もあります。

そのせいでお金を増やすどころか減らしてしまう事にもなりかねません。

そうなってしまえば、大事なお金が手元にある戻らないなんて事もあるでしょう。

そうならない為にも、安心感のある場所を利用する事も大切なポイントです。

最低1万円から購入可能

『投資』聞くと、お金間違え行う事のように感じる事でしょう。

たしかに、お金がありからこそそれを運用してしてみようと思うのかもしれません。

ですが、例えお金持ちではなかったとしても、お金を増やすことは可能なのです。

国債の場合には、最低購入金額が一万円と定められています。

一万円も高額ではあるものの、お金の運用の観点から考えれば決してそれほど高いものではありません。

初めて運用を考える場合、あまりにも大きな金額は少々怖いと感じる人もいる事でしょう。

興味はあるものの、リスクを考えるとチャレンジする事が出来ないなんて人も居るかもしれません。

そんな人も一万円であれば勉強代としてお金を出す事が出来るのでは無いでしょうか。

変動金利でも最低保証あり

変動金利とは、その時々によって金利が変わるという事です。

つまりは契約した時よりも金利が下がってしまうことがあるのです。

そうなってしまうと、思ったより利子を受け取る事が出来ないなんて事もあるでしょう。

しかしながら、国債の場合には例え変動金利であったとしても最低保証があります。

その為、明らかに下がってしまうなどの不安を感じる事はありません。

物事にリスクはつきものです。

ですが、そのリスクを出来るだけ回避する事が出来るように自分自身が注意しておく事が出来ると言うわけです。

初めての投資で、不安を感じている方は、是非こちらを利用して見てはいかがでしょうか。

4.社債

国債が国との契約なのであれば、社債とは会社との契約となります。

日本には数多くくの会社がありますが、その会社に投資をするのとによって、利益を出すという事になります。

社債と株の違いが分からないという人もいますが、この二つは似ているようで実は大きな差があります。

株の場合には企業の一部を保有する形になります。

買った金額の保証もないので、いざという時に損をしてしまう場合もあります。

ですが、業績などが上がればそれだけ高い利益を得る事が出来るようにもなるでしょう。

つまり社債と比べると、株の方がハイリスクハイリターンという事になります。

多くの利益を望む人の場合には、株の方が向いているのかもしれません。

ですが、株をやるにはそれなりの資金と知識が必要です。

大きくかければかけるほど、損をしてしまう場合があるという事を忘れずにいてください。

企業にお金を貸す

社債というのは、わかりやすくいうと会社にお金を貸す事になります。

貸すという事は必ず返ってくるという保証がある事を指します。

だからこそ、株よりもリスクが少なく安心して行う事が出来るのでしょう。

また、貸すには利子が付きます。

その利子がある事によってお金を増やすという事につながるのです。

お金を増やすという事は一日ですぐに出来るものではありません段々と時間がたつにつれて気が付くと溜まっている物なのです。

だからこそ、いますぐにお金を貯めたいと思う人は危ない橋を渡ろうとするかもしれません。

それをうまく乗り切る事が出来れば、より多くのお金を手にする事が出来るはずです。

しかし、それは誰しもが簡単に出来るものではありません。

自分の性格に合っている方法なのかどうかを見極める事も大切です。

危ないリスクはしょいたくないけれど、できれば金を増やしたい。

そんな人が社債には向いているのでしょう。

種類が豊富

社債にはいろいろな種類があります。

その種類は会社によっても違ってきます。

だからこそ、社債
ならそれで良いという事でもありません。

内容をよく確認し、どの方法が一番いいかを自分自身で今一度考えてみてください。

性格が違えば向いている方法も違います。

他人から勧められた方法だからと言って、自分に合っていない方法をすれば、結局利益を得る事は出来ないでしょう。

内容をよく確認して自分にあった方法を選ぶ事が出来るかどうかが大切なポイントとなります。

興味がある方は、まずは一度問い合わせを行ってみてはいかがでしょうか。

元本を返す義務があるという安心感

社債には、基本的に元本を戻す義務があります。

だからこそ、株のように大損をしてしまうリスクが低いといわれており、初めてのお金の運用方法としても適していると言われています。

しかし、これはあくまでも会社が存続している場合です。

経営破たんなどをしてしまった際は、お金を返して貰う事が出来なくなってしまいます。

社債ににた方法で、国債というものがあります。

国債の場合には、国にお金を貸す事になります。

その分安定性があり社債よりも人気となる場合もあります。

しかし、国債の場合はし社債に比べると利子がそれほど高くはありません。

だからこそ、100パーセントリスクを回避するのかどうかによっても、おすすめの投資方法は変わってくるのでしょう。

元本が保障されるのは、とても魅力的なポイントです。

ですが、それも会社あってこそです。

だからこそ、株をやらないとしても社会の動向をきちんと確認し会社が問題ないかどうかを見極める力を学ぶ姿勢も大切なのでしょう。

証券会社選びも大切なポイントに

社債を購入する際には、基本的に証券会社を利用する事となります。

もともと株をしている方は、証券会社との付き合いもあるかもしれません。

ですが、全くの初めての方の場合はどこを選んだらいいのかわからないという事もあるでしょう。

どこの証券会社も基本的に扱ているものは同じです。

ですが、担当者によって情報の量は変わってくる事も多々あります。

自分が知らない事を出来るだけ優先的に教えてくれたり、より確かな情報を持っている人の方が安心して相談する事が出来ます。

そうなる為にも証券会社を選ぶ際は慎重に行わなければならないでしょう。

どこがいいか全くわからないという方は、いろいろなところの資料を見てみたり話をきいてみてはいかがでしょうか。

実際に話を聞いてみる事によって自分に合っている場所を探す事が出来るようになる事でしょう。

優良企業を見極めよう

社債を買う際には、出来るだけ安定している会社を選ぶ事がポイントです。

株の場合にはこれから伸びるであろう場所を選ぶ事が大切です。

ですが社債の場合には、安定性が何よりも重要となります。

というのも、社債の場合には必ずお金を返してもらわなければならないからです。

もし、企業が倒産してしまったらお金を返してもらう事も出来なくなってしまいます。

利子が例え減ってしまったとしても元本さえ戻して貰う事は出来れば、損はしないはずです。

そこが株との違いであり社債のいいところなのです。

社債を購入する際は、わざわざリスクのある会社を選ぶ必要がありません。

出来るだけ安定して必ずお金を返してくれるであろう場所を選ぶ事が重要となります。

5.仮想通貨

仮想通貨という言葉を最近よくニュースで聞いた事でしょう。

事件となってしまったこともあり、仮想通貨に対するイメージはあまりいいものではなくなってしまいました。

一夜にして何百万という
お金が無くなってしまったと聞けば、誰しもがそう思うのも仕方のない事です。

ですが、本来仮想通貨とは決して怪しいものではありません。

仮想通貨とは、書いて字のごとく架空の世界の中にあるお金のことを指します。

ゲームの中のお金をイメージしていただけると分かりやすいでしょうか。

デジタルの社会の中で、実際のお金の代わりに決済を行う事が出来るなど便利な面も沢山あるのが仮想通貨です。

この仮想通貨を使用する事によって、実際のお金を送金する必要がなくより手軽に作業を行う事が出来るのです。

また、仮想通貨の価値は日によって変わります。

それは株価のようなところもあり、その価値が上がれば上がるほど利益を生み出す事が出来るという事にもつながります。

さらに、仮想通貨は現実のお金に交換する事も可能です。

その為、仮想通貨の中で増やしたお金を実際のお金に変換する事が出来るので、それによって利益を得ているという事もあります。

今後の拡大が期待できる市場

現在では、仮想通貨の世界は世界中に広まっています。

取引をされている種類も1種類ではなくd複数のものが取引をされているのです。

その為、どのメーカーをどれだけ買うのかは自分の力量にかかってきます。

自分が買ったメーカーがなかなか上がらない場合には、利益を出す事は出来ません。

しかし、より
良いものにである事が出来れば少ない元手にも拘わらず多くの利益を出す事が出来るようになるでしょう。

365日24時間取引可能

仮想通貨の取引所は、24時間365日いつでも利用する事が出来ます。

通常の株取引などは時間が決められていますが、仮想通貨の場合には自分のタイミングに合わせて売買が出来るので、リアルタイムに動向を見極めやすいというメリットがあります。

その一方で、常にみていなければいけないというリスクもあります。

基本的にはそう大きな変動はないと言われてはいるものの、前回の事件のような時には価値が大暴落してしまう恐れもあります。

その時に売り逃げをする事が出来るかどうかが損を減らす
ポイントとなります。

その為、いつでも売買する事が出来るというメリットはあるものの、その分いつでも油断する事が出来ないという事にもつながります。

メリットにもデメリットにもなる価格変動率の高さ

価格変動が大きければ大木ほど、メリットもデメリットも多くなります。

沢山儲ける事が出来る反面、沢山損をするという事にもつながるからです。

だからこそ、一獲千金を狙っている人にとっては仮想通貨は便利なものだといえるでしょう。

しかしながら、出来るだけ堅実にコツコツとお金を貯めていきたいという人にとっては、仮想通貨はリスクが大きいといえるのではないでしょうか。

当然の事ながら仮想通貨に、元本保証はありません。

価値がゼロになってしまう事もあるのです。

そのリスクをしっかりと理解して、あまりにも多くのお金を使用する事はおすすめできません。

流動性の低さや取引所のリスクも考えよう

取引所のリスクというのが、今回問題となったポイントです。

インターネットの世界の中に100パーセント安全な場所など存在しません。

だからこそ、どこの場所でどれだけの仮想通貨を保有するかがカギとなるのです。

リスクを分散させる為にはある程度の数で打ち止めにし、いろいろな取引所を利用するようにするべきではないでしょうか。

今あるお金を管理し、リスクを考えた上で(まとめ)

お金は生きていく為には大切なものです。

お金が無ければ何もする事が出来ません。

だからこそ、お金はとても大切なものなのです。

もちろん、お金がすべてではありません。

お金があるからと言って買う事ができないものもあるかもしれません。

しかしながら、あって損はないものです。

お金が無ければ、好きなものを着る事も食べる事も出来ません。

学校に行き、好きな仕事に就くことだってできないでしょう。

だからこそ、人生をより豊かにし安定した時間を多く得るためにもお金を増やすことを考えていきましょう。

手元のお金を増やす為に一番簡単な方法は、働く事です。

より沢山の時間を働く事によって、多くの収入を得る事が出来るようになる事でしょう。

ですが、働いたからと言って必ずしもお金が増えるわけではありません。

若い年代の方々の場合には働いても働いてもお給料が増えないという事もあり得るのです。

だからこそ、お金を増やす為により多くの仕事をするのではなく別の意味でお金を増やす方法を考える事が重要です。

お金の増やし方にはいくつもの方法があります。

その中で、自分に合う方法を探してみてください。

どんなに他人が良いといった方法であったとしても、自分にあった方法でなければ結果を出す事は出来ないでしょう。

自分の性格に合った方法を見つける事によって、より効率的にお金を増やす事が出来るようになる事でしょう。

一度コツをつかむ事が出来れば、より効率的に的確にお金を変えす事が出来るようになります。

是非参考にしてみてはいかがでしょうか。