5月の第2日曜日と言えば何の日でしょうか?

そう、母の日ですよね。

昔から母の日に送るものはカーネーションとされています。

そもそも何故カーネーションを母の日に送るのかということですが、これには1900年代のお話が残されているのです。

アメリカのアンナ・ジャービスという女性が、死んでしまった母親を追悼するためにカーネーションを贈ったという説が残されています。

基本的にカーネーションの色は赤が一般的ですが、アンナ・ジャービスが送ったカーネーションの色は日本では馴染みがない白色でした。

赤いカーネーションの花言葉はそのまま母への愛です。

ちなみに白いカーネーションは私の愛は生きているという意味で、死んでしまったお母さんへの言葉だったのですね。

しかし現在母の日にカーネーションをプレゼントはほとんどありません。

カーネーションを以外をプレゼントしている人も多いです。

今回は、母の日のプレゼントで花以外のオススメのギフトを一挙ご紹介しちゃいましょう!

母の日プレゼント!花以外でオススメはどれ?

私が子供の頃、姉と一緒に母の日にプレゼントを渡した事があります。

ただ子供だったのでそんなに豪華なプレゼントは買えず、ボールペンとカーネーション1輪のみでした。

それをプレゼントしたのですが、母からはあまり喜んでもらえなかったです。

モロに言われた訳ではないのですが、プレゼントよりも学校の成績を取ってきて欲しいという感じでしたね。

子供心にこいつは無いわと思ったのですが、正直大人になった今カーネーション1輪だけもらっても困ります。

女性は花が好きという勝手なイメージを持っている人はいますが、女性が全員そこまで好きではありません。

少なくとも私の周りでは特別花が好きという人はいませんね。

花が嫌いという訳ではないのです。

桜や木蓮、梅などが道に咲いていたら綺麗と思います。

しかし花をもらった場合、花瓶を用意しないといけない、毎日の水替えなどもあるので面倒くさいというのが主な理由でしょう。

昔と違ってカーネーションはもらっても、母親は喜びませんよ。

今は花以外のプレゼントを渡している人もいます。

母の日ギフトオススメ19選

母の日ギフトとしてふさわしいおすすめの贈り物をご紹介致します。

相手は母親というのを頭に置いておきましょう。

自分の母親は何が好き、そしてどんな人物かによって母の日ギフトは決めやすいですよ。

基本的に母親世代というのは、お菓子や珍しい食べ物、そしてブランド品や美容グッズは好まれます。

ただしお菓子の場合、50代以上の人全員とはいえませんが、脂っこいものを好まない傾向にあり、もらっても胃もたれするので困るという意見も少なくありません。

注意すべきは母親の年代であると覚えておいて下さい。

焼き菓子

焼き菓子はバウムクーヘンやクッキーなどが良いでしょう。

出来れば日持ちするものがベストです。

焼き菓子のメリットと言えば、やはり賞味期限が長い事ですからね。

結構母親世代って甘いものは結構食べるんですよ。

ただしそれはものにもよります。

1袋ずつ入っているようなちょっとずつ食べやすいものであれば、賞味期限までには食べてくれるでしょう。

私自身おすすめの焼き菓子ギフトはヨックモックのシガールなどのセット、GOKANのレモンケーキがおすすめです。

どれもさっぱりとして食べやすいですね。

バウムクーヘンならユーハイム、関西県民としてはマダムシンコやクラブハリエもおすすめですよ!

私は関西県民なので若干好みが偏ってしまうかもしれませんが、バウムクーヘンが苦手という方でもマダムシンコなら食べやすいそうです。

チョコレート


チョコレートは結構喜ばれます。

普通にお菓子のパックをあげても食べてくれる人もいれば、会社用に持っていくという人もいますからね。

意外と高級チョコを好む熟女は多いですよ!

私のおすすめはチョコレートで有名なゴディバですね。

普段高級チョコってそんなに食べないと思います。

確かに普通のチョコと比べるとお値段ははりますが、味は格別ですよ!

大量に入っている訳ではなく、1粒1粒が大きいので、そこまで大量に買う必要はないでしょう。

高級感溢れるものを食べれたら誰でも嬉しいと思ってもらえますしね。

母の日なのでそんなにガッツリお金をかけず、大体2千円くらいですむのでコストパフォーマンスは悪くはありません。

やっぱりゴディバって聞いたら嫌がる人はまずいないでしょう。

チョコに関しては出来れば期間限定の物をチョイスして下さい。

普段食べられない物で期間限定とついていると嬉しいと思ってもらえる事間違いなしです!

エプロン

エプロンは付ける人と付けない人が分かれるかもしれません。

私の家では母はエプロンを付けていませんでした。

旦那の義母もエプロンではありませんが、割烹着を付けている人なのでエプロンは付けていません。

普段付けていない人にエプロンを渡しても、使わない可能性があるので気をつけて下さい。

料理教室に行っている人や、料理好きなお母さんであれば、喜んで使用してくれるでしょう。

エプロンの柄は様々あります。

お母さんに似合うような柄が良いですね。

柄が派手過ぎると嫌がる熟女は多いです。

エステチケット

これはどのお母さんも共通して、間違いなく喜んでもらえるでしょう。

お母さんの年代はかなりエステに興味がある人が多いですよ!

私の母もエステ無料券をもらった時、凄く嬉しがっていましたからね。

エステやって肌の質が良くなったのと、ウエストが細くなったって大喜びしていたくらいです。

女はいくつになっても女なんですよ。

幼女だろうが老女だろうが関係ありません。

それにエステは美容だけでなく血行も良くしてくれるので、日頃家事や仕事、そして自分たちのお世話で疲れているお母さんにたまにはリラックスして欲しいという気持ちを込めてプレゼントしても良いのではないでしょうか。

エステに関して大きすぎる所は勧誘が酷いので、自分で行って実際に体験してみるか、もしくは口コミを調べておいた方が無難ですよ!

エステは有名所ほど勧誘がしつこいです。

ただ全て勧誘している訳ではないので、マイナーな所を探した方が良いですね。

食べ物ギフト

食べ物をもらって嫌がる人はいません。

何をあげたら良いか分からない場合は、食べ物ギフトをプレゼントしてみるのも1つの手ですよ。

前途で焼き菓子なども紹介致しましたが、今回はお菓子ではないものです。

例えばハムの詰め合わせや、ご飯のおかずになりそうなものですね。

食べ物セットはお母さんが献立に使えそうな物をプレゼントしてあげる方が喜んでくれるでしょう。

私は過去に母にプレゼントして喜んでもらったものは、ご飯のおかずやおかき、果物ですね。

年を取ってくると甘いものよりも、しょっぱいものが欲しくなると母が言っていた事がありました。

関西県民としておすすめのギフトはイカナゴの釘煮、播磨焼きというおいしいお煎餅ですね。

都道府県関係なくもらって嬉しい物は、明太子やいくら、そして季節の果物でしょう。

イカナゴの釘煮と言うのは新子と呼ばれる小さい魚を醤油や砂糖と生姜で煮詰めた食品です。

春頃には何処の家庭でもお母さんが作る事が多いんですよ!

ただ作り方はシンプルですが、結構難しいみたいですね。

見た目は本当に地味~なのですが、お年寄りや子供まで人気のある関西県民の食べ物なので、興味がある方は是非食べてみて下さい。

播磨焼きというのはおにぎりせんべいを丸い形にした、本当に昔ながらのシンプルなおせんべいです。

おかきなんて何処も一緒だろうと思うかもしれませんが、播磨焼きは上品でシンプルな分、いくらでも食べてしまうほどの上品な美味しさがあります。

実際私が医療事務をやっていた時、患者さんがお中元などで持ってきてくれる事があったほどです。

あと果物は結構喜んでもらえますね。

私の実家は昔から果物をよく食べていたので、健康のためと単純に好きだからという理由で購入していました。

普段あまり果物を食べない家庭なら、ドラゴンフルーツやちょっとお高めの宮崎マンゴーや季節のフルーツなどをプレゼントとして渡すと感激してもらえるでしょう!

家電

家電は高価過ぎるかもしれませんが、主婦としてもらってありがたいでしょうね。

ただ家電と行っても美顔器や美容グッズのような家電は、主婦は面倒臭がって使わない可能性が高いです。

他にもヨーグルトメーカーなど微妙に使いにくいものは、そのまま使わないのでどのお母さんもそうだと思いますが、時間があったら寝たいというタイプが多いですよ!

実家にあるもので古くなっている家電を買い直すという意味合いであれば、良いかもしれません。

例えばテレビや炊飯器、エアコンやオーブントースターなどがそうですね。

バッグ

親世代になるとバックはブランド物と考えておいて下さい。

いくつになってもブランド物が好きな女性はたくさんいます。

ただバックは好みにもよるので、出来ればお母さんと一緒に行った方が良いですね。

ブランド物なら特に指定がなく行けるケースも多いのですが、用途によって使い分けが出来るのでただ高いものであれば良いという訳ではありません。

大体好まれるのはエルメスやルイ・ヴィトン、セリーヌなどは好まれやすいですよ。

基本的にブランド物のバックは最低でも10万以上でないと購入はしにくいです。

実際私がちょっと前にブランドショップに見てきた時、予算5万くらいで探していたのですが、全くありませんでした。

別にブランド物にこだわる必要はないかもしれませんが、どうせ鞄を持つなら少しでも良いものを持ちたいと考えているお母さんはいますよ。

そんなにお金がないという人はエコバックはいかがでしょうか?
結構買い物の時ってエコバック使う人多いです。

エコバックってあったら結構つかいますからね。

大きくて丈夫で、そこそこ可愛ければ良いと思います。

私が反対に母からいかりスーパーのエコバックをもらったのですが、青い袋で可愛いのでエコバックとしてはおしゃれな部類に入りますね。

ケーキ


ケーキはお母さんが特に欲しいプレゼントがないと言われた時のみにして下さい。

基本的にケーキはクリスマスや誕生日に食べる事が多いものですが、ちょっとした祝い事でケーキを食べたいと思い熟女はあまりいないようです。

その理由はカロリーですね。

チョコレートや他のものもカロリーは高いとは思いますが、ケーキは賞味期限が当日までしか持たないため途中で食べられないとなっても、ほぼ無理やり食べるしかないのです。

保存に失敗してしまうと、翌朝結構パッサパサになります。

親世代だと生クリームや若者向けのケーキそこまで好まないようです。

生クリームは美味しいですが、食べ過ぎると胸焼けと胃もたれしちゃうんですよ。

大人の味としてモンブランを好きだという人は多いですね。

お酒に抵抗がそんなにない人であれば、チョコレートケーキなどもおすすめです。

ただこれは60歳以上のお母さんのお話だと思って下さい。

基本的に親というのは結構雑食でもあります。

雑食という言い方は悪いですが、子供の頃自分が残したご飯やお菓子をよく食べていたなんて記憶ありませんか?

どうしてももったいない精神が働いちゃうみたいですね。

私の母はチーズが苦手だったので、それ以外は結構普通に食べてました。

翌日1個余ったケーキなんかも普通に食べてたくらいですよ。

気分が盛り上がるのはホールケーキだと思うのですが、出来ればホールケーキは止めておいた方が良いですね。

クリスマスとかならホールケーキってイメージがありますが、母の日なのでそこまでかしこまらなくても大丈夫でしょう。

どっちかと言うと好きなものを選んでもらいやすいように、カットケーキをおすすめします。

カットケーキはわざわざケーキを切る手間もありませんし、食べやすいので便利です。

ハンドクリーム

水仕事が多いお母さんは、冬場はひび割れている事が多いです。

いくら熱湯で洗っていても乾燥が酷いので、すぐガサガサになっちゃうんですよね。

お母さんにハンドクリームを送るのであれば、オシャレなものや香りが良いものは送らないで下さい。

使いやすさ重視と保湿度が高いものが良いでしょう。

オシャレな物を送っても、全く興味がないみたいです。

消耗品なので使えれば良いって感覚ですね。

ただ匂いのキツイものは嫌がって使わない傾向があるので、ロクシタンなど香りの強いハンドクリームは避けた方が良いでしょう。

保湿度の高いものであればドラッグストアにでも売っているハンドクリームや、ワセリンがお手頃価格で手に入りやすいですよ!

パジャマ

パジャマはコストパフォーマンスが最強に良いですね。

昔何回か母にパジャマをプレゼントした事があります。

パジャマってただ単に寝るための服って思っているかもしれませんが、スウェットやTシャツ短パンよりも段違いで良いですよ。

何故なら寝る用の服ですからね。

汗も吸収してくれますし、暖かいパジャマは寝やすいので重宝します。

若者であればジェラートピケをおすすめしますが、パジャマは下着屋さんに売っている物が質が良いです。

私は今AMPHIという下着屋さんのパジャマを愛用しています。

買った時はセール品だったんですが、凄い寝やすいですね。

あんまりパジャマっぽくないので、お母さん世代でも普通に着れると思います。

ただ母の日なので時期的に夏用のパジャマがおすすめですが、まだそこまで完全に熱いわけではありませんので軽めの素材のパジャマが良いでしょう。

私の家ではパジャマ文化でしたが、他の家もパジャマかと言われたらそうではありませんよね。

パジャマは寝る時が楽ですよ。

時計

目覚まし時計はあるとありがたいですね。

出来ればアナログ時計よりも、デジタル時計の方が良いですよ。

私がそうなのですが、アナログ時計は結構カチカチという音がうるさくて気が散って寝れないという人もいます。

デジタル時計の良さはうるさくない、日にちと曜日や温度などがわかるものもあります。

値段もそこそこ良いものがありますし、デジタル時計おすすめですよ!

目覚まし時計以外に腕時計を付ける習慣がある人は、腕時計も見てみましょう。

目覚まし時計と異なり、腕時計は高級なものがベストです。

腕時計は目覚まし時計と違い、一生使えるものになります。

お母さんにずっと持っててもらいたいとおもうのであれば、時計をチョイスしてみて下さい。

入浴剤

入浴剤は家庭によって使える家と使えない家があります。

うちの家肌がというよりも、浴槽が痛むからという理由で入浴剤を使うことは禁止されていました。

節約と災害の名残で、基本的にお風呂のお湯は洗濯に回しているくらいですからね。

他の家でもそのような家庭は多いそうです。

家庭では使えないから入浴剤は向かないのでは?とおもうかもしれませんが、あくまでも家庭ではと考えて下さい。

家の浴槽が痛むというのであれば、家以外の場所で使用するというのはどうでしょう?

旅行先のホテルで入浴剤を使用する方がお母さんも納得されると思います!

入浴剤を使用したくないのではなく、単純に出来ないだけなので興味がないわけではありません。

1回切りで使いきれるような入浴剤を探すなら、ラッシュのバスボムが良いです。

形も可愛らしく色も幻想的なものが多いので、日常を忘れたいと思う時に使って頂きたいですね。

フォトフレーム

フォトフレームというのは写真たての事を指します。

ただ写真たてと言っても、現代のデジタルカメラ用の写真たての事を意味すると思って下さい。

最近のカメラは全てデジタルカメラが主となっています。

フィルム写真だとせっかく印刷した写真が色褪せてしまう事が多いのですが、デジタルフォトフレームはそんな心配も必要もなくデータさえあれば可能です。

最近ではフォトフレームはお祝い事によく使われている事も多く、私も結婚式のお返しとして渡したことがあります。

フォトフレームの使い方は難しくはありません。

昨日は写真のスライドショーや、カレンダーとしても使用する事が出来ます。

フォトフレームの機能にもよりますが、動画も流す事が可能です。

ティーカップ

ティーカップは母の日のプレゼントとして最適ですよ。

普段ティーカップなんてそんなに使う訳ではありませんが、お客さん用としてティーカップがあればありがたいものです。

自分ではなくお客さんようなのかという気持ちかもしれませんが、お客さん用のものって実際家にはそんなにない人もいますよ。

せめて誰が見ても可愛いと思えるようなディズニーのキャラクターものだったりする事が多いですからね。

私の母もですがウエッジウッドという高級なティーセットに憧れる方がいるそうです。

値段は物によりますが、普通のティーセットよりもお高めですね。

もちろんティーカップはお母さん一人分ではなく、家族全員分が良いでしょう。

おじいちゃんおばあちゃんは使わない可能性があるので、省いても良いと思います。

ティーカップによって柄はそれぞれ違い無地のものもありますが、プレゼントとして渡すのであれば無地は出来るだけ避けた方が無難かもしれません。

無地でも悪くはないのですが、基本的に家で使っているカップって無地やシンプルな柄ばかりではありませんか?

無地のティーカップ=普段使いというイメージを持っている人もいます。

そのイメージを除去するためにも、なるべく柄付きのものをチョイスして下さいね。

お手伝い券

大人が大人に送るというのはちょっと微妙なものですが、子供の頃よく肩たたき券やお手伝い券みたいなのを作りませんでしたか?

お金がないからこその発想だと思うのですが、これは中々いい案だと思います。

ちびまる子ちゃんを読んで影響され、私も実際母の日に肩たたき券をプレゼントした事がありました。

お手伝い券をわざわざ手書きやパソコンで作るのが面倒くさいという人は、パソコンで検索するとフォーマットが出てくるのでそれをコピーする方が良いかもしれません。

結構こったお手伝い券などがあるので面白いですよ。

ただお手伝い券で注意していただきたいのは、忘れた頃に持ち出して来るというものです。

自分が覚えている内に使ってくれれば良いのですが、3ヶ月以上後になって持ち出したりする事があります。

お手伝い券を渡す前に、使用期限や何は出来ない、1回きりという事は書いておきましょう。

若干手間かもしれませんが、そうしないと半永久的なものだと思ってしまう人も少なくないのです。

例として使用期限は1年、重たい荷物は運べません、お手伝い券1回使用で終わりますという風に書いておくと安全ですよ。

美顔器

美顔器は美意識が高い、もしくは継続する事が出来るお母さんであれば喜んでもらえるでしょう。

お母さんというとどっちかと言えばものぐさな人が多いので、3日坊主で終ってしまう人も少なくありません。

美顔器って1日2日で何とかなる物ではありませんからね。

私個人的ですが、美容家のIKKOさんが使用されていたシルバーボールの付いた美顔器がおすすめです。

その美顔器に近いものを持っているのですが、顔のむくみがなくなるのでスッキリしますよ!

電池なんかも要らないタイプなので、壊さない限りは半永久的に使用する事が出来ます。

お食事

豪華な食事を用意されて喜ばない人間はまずいないでしょう。

お食事とありますがこれはあなたの手料理ではなく、外食という言い方が良いかもしれません。

たまには手料理を作ってお母さんを喜ばそう!という考えを持っている人は、たくさん居るとは思います。

ただ普段から料理をしている人であればともかく、日頃そんなに料理をしていない人間の方が多いのではないでしょうか?

漫画ではないのでそんな人間が作った料理は、高確率で不味いに決まっています。

喜ばそうと思うのであれば、お母さんが普段行けないような外食に連れていきましょう。

お母さんを食事に連れて行くポイントは2つあります。

まず1つ目はお母さん好みであるかどうかです。

若い方だとどうしても自分優先で美味しい場所を連れて行こうとするのですが、お母さんは若者向けの食事が口に合わないと思って下さい。

全員が全員とは言いませんが、肉よりも魚を好む傾向が多いようです。

ただイタリアンやフレンチであれば、好む人もいますよ。

見栄を張って懐石料理!という人もいますが、日本料理は好き嫌い分かれるケースもあるので難しいですね。

2つ目はお店の雰囲気です。

若者が多く居るようなワイワイガヤガヤと騒がしいところよりも、静かで落ち着いた空間をチョイスして下さい。

人混みやうるさい場所って結構嫌がる人多いんですよ。

たまの母の日なので、少し値を張る食事の方が喜ばれるでしょう。

メッセージカード

メッセージカードはあくまでも付属品という考えでおいて下さい。

他の何かと一緒に渡すのが良いです。

残念ながらメッセージカード単体を渡しても、喜ぶ人はいません。

もし自分だったらメッセージカードってどうしてますか?

残してても数年後にゴミとなって捨てる人は多いのではないでしょうか。

関西県民だけかもしれませんが、もらった時は嬉しいと思うかもしれません。

しかしそのまま手元に残しておくとゴミになってしまうので、保管をちゃんとしていない場合はゴミにしかならないのです。

なので母親へのメッセージカードはそこまでこだわらなくて大丈夫ですよ!

ギフトセット詰め合わせ

ギフトセット詰め合わせというのは、分かりやすく言えばお中元のようなセットですね。

ビールやサラダ油の詰め合わせをイメージしていただければ分かりやすいと思います。

ギフトセットで喜んでもらえるのは、やはり果物やお肉の詰め合わせ、好みにもよりますがビールやコーヒーのセットも良いでしょう。

お酒好きのお母さんであれば、色んな種類のビールを楽しめるので嬉しいという話を聞いた事があります。

ただお父さんの方がお酒好きであれば、確実に取られる可能性が高いので注意して下さい。

ギフトセットでたくさんあるからという事で、飲みすぎてしまった人がいました。

そのせいで喧嘩になってしまった事もあるので、送る前に確認しておいた方が良いですね。

最近では食べ物ではなく、最高級タオルである今治タオルのセットをプレゼントしている人も多いようです。

バスタオルって食品と違って1つの値段が張りますからね。

今治タオルのような質の良いタオルって普段自分で買おうと思ったら中々買えません。

洗剤もギフトセットには含まれますが、結婚して家を出ているなど離れて暮らしている人であれば良いと思います。

ただ家で一緒に暮らしているのに洗剤を送るとなると、嬉しさは半減するかもしれませんね。

母の日、喜ばせよう!

お母さんという存在は代えが利かない存在です。

近くにいる時は確かにうるさくて鬱陶しい存在かもしれません。

でもお母さんがもしも何かあった時、例えば命に関わるような病気にかかってしまった場合、感謝の気持ちを伝えられず亡くなってしまったなんていうケースは本当によくあります。

ついこの前私の母は動脈瘤が見つかり、入院する事になりました。

もしも発見が遅かったら、くも膜下出血にまで発展してしまうため、本当に危ないものだったのです。

私と姉は今まで母が当たり前にいるような存在だと思っていました。

これからもずっとそう思っていましたが、動脈瘤の件で一気に覆されましたね。

お母さんは日頃から大事にしておいた方が良いですよ!

特に母子家庭の人は本当にそうです!

お母さんがなくなってからだと遅いと思ったからですからね。

もしも自分の親の好みが分からないという場合であれば、究極のやり方としてギフトカタログをプレゼントしてあげて下さい。

ギフトカタログというのは、結婚式の引出物などに使われるものです。

カタログの中から好きなものを相手に選んで貰うというものなので、こちらは手間がいりません。

ただ渡すだけで大丈夫です。

ただしある程度値が張ったギフトカタログでないと、しょうもない品が多いので気をつけて下さい。

私の旦那が実際にやっていた手です。

半信半疑でしたが、親側は色々選べるからありがたいと言っていました。

母の日くらいは日頃の感謝を込めてお祝いしてあげて下さいね。