『御意』は、江戸時代の『お殿様』や『武士』と『町人』のような身分制度が歴然と存在していた時代に使われていたコトバです。

最近、御意というコトバが注目されていることは、今の日本が閉塞社会に陥っていることを象徴していると言えます。

御意は、チカラや権力を持つ人が発する言葉や考えを、目下の人が畏敬の念をもって受けとめる様子を表しています。

閉塞した社会では、意見や考えを自由に発することが出来るのは社会的地位や権力を持つ人だけです。

チカラを持たない一般人は、自由に意見を発することもできず、黙したままです。

これが閉塞社会です。

最近、注目されているコトバに『忖度』があります。

『忖度』も閉塞感に包まれた日本だからこそ注目されているコトバです。

忖度は、権力を持つ人の意向を、目下の人がくみ取り便宜を図ることを表しています。

御意は、権力を持つ人が発した意見や考えに畏敬の念で従うことを表していますので、忖度も御意も閉塞社会の中で、権力を持つ人の意向や考えを受けて、チカラを持たない人が敬い黙して従う様子を表しています。

どちらのコトバも、権力を持つ人と持たない人の格差が広がっている日本の社会の姿を象徴していると言えます。

海外の国のように閉塞感が無く開放感が広がっている国では、社会的地位や権力の有無に関わらず、人々が自由に意見や考えを交わし合っています。

自由に意見を交わし合う人間関係が築かれている社会では、『御意』や『忖度』を必要としません。

御意は、社会に身分制度が存在し、お殿様と家来のように人間関係に歴然とした格差があった時代のコトバです。

身分制度により、目下の人が目上の人の意見に『ごもっともです』とか『おっしゃるとおりです』と敬って使うコトバが御意です。

今の時代に置き換えると、国民が天皇陛下に敬意を表して、『御意』を使うことがあると言えます。

身分制度の無い現代では、職場において、上司と部下のような社会的地位に格差のある関係であっても御意を使うことは殆んどありません。

ですから、日常生活の中で御意というコトバを耳にすることは無きに等しいです。

「御意」という言葉について

「御意」という言葉は、江戸時代に例えると、お殿様と家来の関係のように身分制度が存在し、権力を持つ人と持たない人との間に社会的に大きな格差があるとき、家来がお殿様に畏敬の念をもって敬意を表し『ごもっともにござります』と同意するときに御意が使われます。

今の時代では、権力やチカラを持たない一般人の間で「御意」という言葉を使う場面に遭遇することは殆んどありません。

「御意」という言葉がメディアで取り上げられていることは、今の日本が自由に意見や考えを発することのできない閉塞状況にあることを物語っています。

御意の意味とは?


『御意』は、『意』に『御』を付けています。

つまり、考えや意向を意味する『意』に『御』を付けて敬うことを表しています。

つまり、人間同士の間に大きな身分の格差がある関係に於いて、目上の人の『ご意向』、『お心』に目下の人が敬意をもって受け入れ従う様子を意味しています。

御意という言葉には次の意味があります。

江戸時代に例えると、お殿様の考えを敬い、家来が『お考えのとおりにござります』とか『おっしゃるとおりにござります』と平伏して従う様子を表しています。

今の時代は、江戸時代のように、お殿様と家来のような身分制度がありませんので、御意を使うことは殆んどありません。

今の時代では、ビジネスの場面で社会的地位に違いのある人同士の会話であってもでも御意という言葉が使われることは希です。

目上の人に対して同意や肯定を表すもの

御意は、江戸時代の武士と町人のように身分制度で人を区別し、社会の中で身分の格差が歴然と存在していた時代に、目上の人に対して同意や肯定を表すものとして使われていたコトバです。

お殿様のような目上の人の考えや意見に家来が敬い無条件に同意し絶対服従するような身分の格差が歴然と存在していた社会で使われていたコトバです。

今の時代は身分制度が存在しませんし、人間同士は『平等』であることが社会通念になっていますので、御意が使われることはありません。

今の時代に『御意』を使うと、お互いの人間関係にギスギスした堅苦しさが生じてしまい、職場やビジネスの場面でもマイナスイメージを与えることになります。

目上の人を敬って言う言葉

御意は、目上の人を敬って目下の人が平伏して同意するときに使う言葉です。

人間関係に於いて、相手の考えに同意するときには2つのパターンがあります。

1つは、お互いの間に社会的地位など身分の格差があるとき、目下の人が目上の人の考えに賛同して同意するのではなく、身分の違いから従わざるを得ない関係にあるときです。

もう1つは、相手の考えに心から賛同して理解を示して相手の考えに同意するときです。

御意は、身分の違いにより生ずる『敬う』感情が基になって、目下の人が目上の人の考えに同意する様子を表しています。

ですから、御意には、『心から賛同する』感情が入っていません。

身分や社会的地位の格差が基になっていますので、心から賛同できない時であっても御意を使うのです。

御意の意味を分かりやすく言うと?

御意の『御』は尊敬を表す意味があり、『意』には、考えや意向の意見があります。

御意とは、身分制度が存在する社会の中で、目上の人の考えや意見を敬い、目下の人が無条件に従い同意することです。

江戸時代に例えると、お殿様の意見を敬い、家来が『おっしゃるとおりにござります』と平伏して同意するときに使われます。

今の時代に例えると、大企業の社長と新入社員との関係のように社会的地位の格差が大きく存在するの中で、新入社員が社長の考えに畏敬の念をもって同意するときに御意が使われます。

御意は、チカラや権力のある人の考えや意見を、チカラの無い人が無条件に受け入れる姿を表しています。

社会的地位など身分の格差が存在しない対等な人間同士の間では、御意は必要ありません。

また、信頼関係が築かれている人間同士にも、御意は必要ありません。

仰せのままに

『仰せのままに』には、「言われた通りに行動します」という意味があります。

目上の人から指示命令を受けて目下の人が服従する行動を意味しています。

『仰せ』には、目上の人からのお言葉や命令を敬う意味があります。

『仰せのままに』とは、目下の人が目上の人の発する言葉を敬って受け入れ、言われるままに従い行動することを意志表示しているのです。

これに対して御意は、「まさにその通りです」という意味で単に同意の意志を示しています。

『仰せのままに』は『御意』よりも強制力が強いため、お殿様と家来やご主人様と使用人の身分関係のように地位の格差が歴然としている間でしか成り立ちません。

おっしゃる通り

『おっしゃる通り』には『ご指摘の通り』という意味があります。

物事の不十分な個所を他の人から見つけられて指摘を受けた人が発するコトバです。

不備な点を指摘された人は、反省の意を込めて『以後気を付けます』というコトバを続けるのが一般的な使い方です。

『おっしゃる通り』は、お互いの間の身分格差の有無に関わらず、日常的に使われるコトバです。

職場などの人間関係の中で、対等な立場にあっても不備を指摘した人と指摘を受けた人との間で交わされるコトバです。

『おっしゃる通り』というコトバが使われる場面では身分の違いは関係ないため、『御意』とは一線を画します。

畏まりました

『畏まりました』は、目上の人からのお言葉を聞いた目下の人が、『わかりました』という意思表示を謙譲語で表現したコトバです。

お互いの間に社会的立場の格差があるとき、立場が上の人の発するコトバを受け止めて、『承知いたしました』という意思を返すときに使われます。

例えば、お客様と店員の関係のように、大切なお客様の発するコトバを謙譲の気持をもって受け止めた際に店員が発するコトバが『畏まりました』です。

『かしこまる』とは、目下の人が目上の人の言葉を敬う気持ちを込めて受け入れる様子を表わしています。

社会的立場の違いには、社長と一般社員の関係、お客様と店員の関係、組織の中で権力を持つ人と持たない人との関係など様々なかたちがあります。

社会的立場の違いが存在する人間同士の間で交わされるコトバの中で目下の人が受け止めて同意するときに発するコトバが『畏まりました』です。

最近は使われなくなってきてる!?


御意は、身分制度が歴然と存在していた時代に目下の人が貴人や目上の人を敬うときに使われていたコトバです。

目上の人のコトバを聞いた目下の人が敬う気持ちを込めて、『おっしゃるとおりです』という意味を表現するときのコトバが御意です。

今の時代は、社会通念として人同士の間に身分の格差は存在しないという考えなので、御意を使う場面に遭遇することは希です。

ビジネスの場面でも『御意』を使う場面はなく、敢えて使うとコミュニケーションが堅苦しいものになってしまいます。

職場などで目上の人の考えや発言を敬い受けとめる場面で、『御意』を使うとシラケタ雰囲気になることがありますので使わない方が無難です。

『御意』と言うよりも『おっしゃるとおりです』というコトバを使う方が目上の人に快い印象を与えます。

例えば、『社長のお考えをお聞かせください』というコトバと『社長の御意をお聞かせください』を比べると、前者の表現の方が自然で快い印象を与えますが、後者の表現は不自然な印象を与えます。

日本において、1910年代以降の大正デモクラシーが起きて、『人間は皆平等』という考えが生まれて以降、『御意』という身分制度を前提としたコトバは使われなくなったという説もあります。

「御意」が注目され始めたきっかけ

「御意」は今の時代、日常的に使われるコトバではありませんが、医療ドラマの中で御意が使われる場面があり、注目され始めました。

ドラマの中では、横断幕に書かれた、「今夜も忖度! 朝まで御意!」の文字が注目を集めました。

今まで日常生活で使われていなかった『忖度』が世間の注目を集めている中で、日常語ではない『御意』を使うことでドラマへの注目を誘う狙いを感じます。

時代劇ではたまに聞く言葉

江戸時代のように、武士と町人、百姓という身分制度が存在していた時代には、目上の人の考えやお言葉を受けとめた目下の人が敬いながら同意するときに御意が使われます。

しかし、今の時代は身分制度がありませんので、御意を耳にすることはありません。

ビジネスの場面で、目上の人の言葉を受け止めて、目下の人が『御意』を発したなら、場の雰囲気をシラケさせることになります。

御意は、時代劇の中でお殿様の言われた言葉を家来が畏まって受け入れる際に聞くコトバです。

御意ってどういうときに使えばいいの?

御意は、江戸時代までのように身分制度が存在した時代では、お殿様の考えを受けた家来が『お考えのとおりにござります』と平伏して従うときに使われます。

しかし、今の時代では、御意を使う場面は殆どないと言えます。

天皇陛下と一般人が会話を交わすときに、『御意』を使っても不自然さを醸し出すことはないと言えます。

ビジネス上ではお客様が目上にあたりますので、社員が敬う気持から御意を使うことが稀にありますが、御意を耳にしたお客様は戸惑いをみせることでしょう。

御意は、身分制度が存在する社会を前提にした人同士の間で、目上の人を敬うときに使われる言葉です。

あまり言葉にする機会はない

御意は、人同士の関係が身分制度で左右される社会的背景を前提にした言葉ですから、今の時代では使われる機会は殆んど無いと言えます。

江戸時代以前のように、お殿様と家来、武士と町人など、人と人との関係が身分制度により規定されている世の中では、目上の人を敬う意思を表現するために御意が使われていました。

御意は、身分制度のある社会において、人同士のコミュニケーションをスムーズにする『潤滑油』としての役割を果たしていました。

江戸時代には、町人にとって、身分が上の人との商いをスムーズに進めるために、御意は欠かせないコミュニケーションのツールとしての役割を担っていたのです。

しかし、今の世の中では、社会的地位の格差は存在しますが、身分制度はありませんので、御意を使う機会は無きに等しいです。

ビジネスの場面で御意を使うと、人同士のコミュニケーションに堅苦しさを与えてしまい、快い人間関係づくりにはマイナスイメージを与えることになります。

文書にして書くことで自然に見える

御意の読みは『ぎょい』ですので、目上の人と目下の人との間で交わされる会話の中で『ぎょい』を使うと、聞き慣れない発音のために目上の人に違和感を与えます。

一瞬戸惑い、お互いの間に堅苦しい雰囲気が漂うことになります。

しかし、会話で発音された『ぎょい』を文書にして書くことで、『耳障り』にならずに違和感を抱かせずに済みます。

御意が使われた会話の内容を文書にして書くことで、目上の人が文書を読むときに、目下の人が傍に居なければ硬い雰囲気が漂うこともなく、自然に見えることでしょう。

本当に目上の方への返事では使える可能性も

今の時代、ビジネスの場面で社会的地位に大きな違いのある人同士が日頃から堅苦しい関係にあるなら、堅苦しいコトバである『御意』を交わす場面があっても違和感は起きません。

お互いの間にビジネス上で課題が生じていて緊張感を漂わせる関係にあるなら、立場が弱い人が立場の強い人の発言を受けて畏敬の念を抱いて、『御意にございます』という堅苦しいコトバを返しても不自然にはならない可能性もあります。

社会的地位が異なる関係にあるとき、立場の弱い人が立場の強い人に向けて敬う気持ちを表わしたい意図で敢えて、御意を使うことがあります。

立場の弱い人が立場の強いに向かい畏敬の念を抱いていることを伝えたいときに、本当に目上の方への返事では使える可能性もあります。

ふざけていると勘違いされないように注意しよう

ビジネスの場面で、日頃から取引のある会社同士の間に立場の違いが歴然と存在する関係にあるとき、立場の弱い会社の社員が相手を敬う気持ちを込めて『御意にございます』と発言した時、立場の強い会社の社員は聞き慣れないコトバを聞いて、ふざけていると勘違いされる可能性がありますので注意しましょう。

日頃から緊張関係にある会社間では、立場の弱い会社の社員は、相手との間で緊張を和ませたいときは、御意を使うことを控えることが必要です。

日常使われないコトバである御意を使うことで、目上の大切な人から、ふざけていると勘違いされないように注意しましよう。

現代では場を和ませる使い方もできる

社会的地位に大きな違いのある人同士の間において、地位の高い人が自己顕示欲に強い拘りをもっているとき、周りの人から敬って欲しいという期待感を強く抱きます。

このとき、地位の低い人が自己顕示欲の強い人に向かって御意を使うことで、地位の高い人の自己満足を満たすことができるため、場を和ませてお互いの関係が快い雰囲気になることがあります。

現代では、社会的地位の高い人の中には自己顕示欲の強い人が少なくありません。

ですから、会話の中でタイミングよく御意を使い敬う気持ちを強調することで場を和ませることができます。

御意は、自己顕示欲の強い人の欲求を満たす『特効薬』として、場の雰囲気を和ませる使い方もできます。

また、社会的地位の高い人とのビジネス関係が緊張関係にあるとき、スムーズに事を運ぶために御意を使い、敬う気持ちを伝えることで緊張関係が緩み、場を和ませることができます。

上司や先輩に使って雰囲気を和らげる

職場において、上司や先輩の中には、自分の仕事に自信がもてないため心が落着かない人がいます。

このような上司や先輩は、周りの人から敬ってもらい御意のコトバを向けられることで安心感を抱くことがあります。

御意を向けられた上司や先輩は、心の安心感を取り戻し日頃、部下や後輩へ厳しい言葉を浴びせてきた『当たり』が柔らかくなることがあります。

自信のない上司や先輩は、周りの社員からどのように観られているかが何時も気になり、心が落着かない日々を過ごしています。

ですから、御意を向けられることで、周りの人から敬ってもらっていることを再認識できて安心感を抱くのです。

上司や先輩が安心感を抱くことで、厳しい言葉が飛び交うことも無くなり、職場の雰囲気を和らげることができます。

上司や先輩との和らいだ人間関係を築く際には、御意は『潤滑油』の役割を担ってくれます。

また、自意識過剰で、周りの人から敬ってもらうことを常に望んでいる上司や先輩には、御意を向けることで自己満足させることができ、雰囲気を和らげる効果が期待できます。

御意を使うシュチュエーションは?

御意は江戸時代の身分制度を支える代表的なコトバでした。

しかし、今の時代では、社会的立場に大きな格差がある大企業の社長など経営に携わる人と一般社員との関係を観ると、一般社員が社長の意向に従うことを意思表示する際に、御意を使って敬う気持ちを伝えようとする場面があります。

企業経営に携わる社会的地位の高い人の中には、自身の立場を誇示する傾向の強い人がいます。

社会的地位を誇示することに拘る経営者に向かい周りの社員が御意を使うことで、経営者の自己顕示欲を満足させることができます。

経営者に満足感を与えることで、企業経営にプラスの影響を与えることもあります。

社長や役員の方たちの返答をするとき

社長や役員のように企業経営に携わる立場の人と一般社員との間の社会的立場の格差は、仕事をスムーズに運ぶ際に影響を及ぼすことがあります。

大企業において、経営に携わるCEOである社長や役員と一般社員との間で言葉を交わすときには、一般社員がCEOへ敬う気持ちを伝え、仕事がスムーズに進むような気遣いが大切です。

敬う気持ちを込めて返答する時に御意を使うことでCEOが気分を良くして、決済などがスムーズに進むことがあります。

上下関係が強い場合

会社内の上下関係の強さは、上に立つ人の社会的立場への拘りの強さが大きく影響します。

経営に携わる人が、上の立場にあることを誇示したい意識が強いと、社内での上下関係の意識が強い会社になってしまいます。

経営権をもつ上の立場の人が自身の権限を誇示することが多い会社では、社内での上下関係の意識が強いため、御意が使われます。

御意を多用することで、経営に携わる人の自己顕示欲を満足させることができるのです。

経営権を持っている目上の人が抱いている様々な『欲』への気遣いを見せるために御意を使うことで、会社経営がスムーズに上向きに進展することもあります。

現代の風潮を逆手にとって表現するとき

現代の日本を包んでいる閉塞な風潮を逆手にとって、忖度と同時に御意のコトバを使うことで、閉塞感に風穴を開けるキッカケにすることができます。

日常生活の中で使われることの無かった『忖度』が世間を賑わせている現代の風潮の中で、今の時代には無縁となっている『御意』も注目されています。

忖度も御意も今の時代に注目を浴びるまでは、過去のコトバでした。

今の日本は閉塞感から抜け出せずに時だけが過ぎていきます。

閉塞感に包まれた中では、時流の変化が起きることは少ないと言えます。

閉塞感に包まれた風潮に刺激を与えるために逆手にとって、社会的地位の高い人に向かって御意を使い自己顕示欲を刺激することで、時流を変化させるキッカケとすることができます。

また、閉塞感に包まれた社会では、社会的地位の高いチカラのある人が自由に強引に発言し、チカラの無い人は発言する機会が与えられません。

閉塞感は立場の格差を広げる要因の1つになっています。

現代の風潮を逆手にとって表現するために、目上の人に向かい敬う気持ちを込めて『御意』を使うことで、時代錯誤の格差が歴然と存在することを目上の人に再認識させて閉塞社会に風穴を開けるキッカケとすることができます。

御意を使うときに注意しておきたいこと

御意は身分制度が存在する江戸時代以前に使われていたコトバです。

今の時代は身分制度がありませんので、日常の会話の中で御意が使われることはありません。

御意を使うと場の雰囲気に違和感を与えることになります。

ビジネスの場面で、御意が唐突に使われる場面が稀にありますが、人間関係を快い雰囲気に導いてくれる効果は期待できません。

社会的地位に大きな開きがある人同士の会話の中で、目上の人の考えや意見を敬うために御意を使う人がいます。

目上の人への敬う気持ちを強調したい人が御意を使うのです。

日常使われないコトバを使うことで、相手の人に違和感を抱かせることが少なくありません。

社会的地位が高いというだけで御意を使うと、お互いの快い人間関係に『水を差す』ことになりますので、御意を使うときには注意すべきです。

日常使われないコトバである御意を使うことで、人間関係にマイナスな影響を与えることがあるため、御意を使うときには場の雰囲気を確かめることが大切です。

日常使われないコトバを大切な人との会話の中で使うときには、相手の社会的地位や考え方、価値観を見極めて、御意を使うかどうかを判断することが必要です。

日常使われないコトバを使うことで相手に違和感や警戒心を抱かせることになりますので、事前の注意が大切です。

状況を把握しておく

御意は、目下の人が目上の人を敬うために使うコトバですが、今の時代、日常のビジネスの場面などで使われることは殆どありません。

日常使われない御意を向けられた人の中には、聞き慣れない言葉を耳にして警戒心を抱く人もいますので、人間関係に『水を差す』ことのないように心配りをすることが必要です。

日頃、使い慣れていないコトバを発することで、目上の人に不自然な印象を与えることがありますので、状況を把握しておくことが大切です。

御意を向けられた目上の人すべてが快く受け止めてくれるとは限ません。

儀礼的なコトバである『御意』を快く受け止めてくれる人と不快感を抱く人がいますので、目上の人の社会的立場や価値観などの状況を把握しておくことが必要です。

事前に状況を把握することで、御意を使うべきかの判断が的確にできます。

使っても良い状況と悪い状況がある

日常使われないコトバを使うためには、場の状況を見極めると同時に、コトバを向ける相手の人柄も観察することが大切です。

日常聞き慣れないコトバを向けられた人が不快感を抱かないようにする気配りが必要です。

社会的地位の高い人にも色々な価値観の人がいますので、周りの人から御意というコトバを向けられることを快く思わないケースもあります。

また、自己顕示欲の強い人は御意を向けられることで気分を良くします。

目上の人との会話を進めていく中で、相手の反応を観察し、使っても良い状況なのか良くない状況なのかを見極めることで、目上の人に不快感を与えずに済みます。

普段は使わない言葉だということを理解しておく

日常生活の中で殆ど使われない言葉を使うときは、使う本人が言葉の意味と使う場面をシッカリと理解しておくことが大切です。

御意という言葉は日常生活の中で耳にすることは殆んどありません。

御意は、テレビ番組の中で使われていましたが、普段は使わない言葉だということを理解しておく必要があります。

普段の生活の中で使われない言葉を目上の人に向けたとき、聞き慣れない『御意』という言葉に戸惑いを感じる人もいます。

人は、普段使われない言葉を向けられると警戒心を抱き不快感に包まれることがあります。

目上の人を敬う気持ちを表現する時は、普段使われている言葉である『おっしゃるとおりです』などを使うことで快い気分にさせることができます。

平然と使ってしまうと誤解されかねない

社会的地位の高い目上の人に向かい敬う気持ちから、日常使われない言葉である『御意』を使うことで、不快感や警戒心を抱かせてしまうことがあります。

『御意』を発する人も日常使われない言葉を発することで、不慣れな自信のな無さが目上の人に伝わり、冷めた雰囲気になることがあります。

日常使われない言葉を平然と使ってしまうと誤解され、常識から外れている印象を目上の人に与えてしまいます。

御意は、身分制度が存在していた時代の『遺物』的な言葉ですので今の時代、社会的地位の高い人に平然と向けることで常識外れな人という印象を与えて誤解されかねません。

特に、今の時代、ビジネス上で社会的地位の高い人を敬う気持ちから『御意』を使うと、ビジネス上の人間関係に『水を差す』ことがありますので、平然と使うことは控えることが大切です。

使っていい相手といけない相手がいる

御意は、お殿様と家来の関係のように身分制度が世の中に存在していた時代に使われていたコトバですから、今の時代、ビジネスの場面で使うなら、相手の人柄や価値観を見極めて、使っていい相手かを見極める観察眼が必要です。

社会的地位の高い人の中には、自分の地位を誇りに思い自己顕示欲の強い人は、御意を向けられると満足感を抱いて受け止めてくれます。

しかし一方、社会的地位の高い人であっても地位の格差で人間を観ない人は、日常耳にすることの無い、御意というコトバを向けられることで不快感を抱く結果に陥ることがあります。

目上の人を敬う気持ちを表現するとき、御意を使っていい相手といけない相手がいることを見極めることが必要です。

ビジネスの場面でも社会的地位の高い人の中には様々な価値観をもつ人が居ますので、御意という言葉を向けていい相手といけない相手がいることを頭に置きながら会話を進めることが大切です。

御意を使っていい相手といけない相手との『線引き』はたいへん難しいと言えますので、日頃から人間観察を心掛けて、職場や取引関係の会社の目上の人の考え方や価値観を把握しておくことが大切です。

間違って解釈されることがあることも知っておく

日常生活の中で殆ど使われないコトバを目上の人に向けて使うと、聞き慣れない言葉を耳にした目上の人は、コトバの持つ意味とは異なる意味に『はき違える』ことがあります。

御意という言葉を発する本人にとっても殆ど使ったことのないコトバを不慣れな自信のない心境で使うため、相手の人に不自然さが伝わり不快感を抱かせることになります。

目上の人を敬う気持ちを表現するとき、御意を使うべきか否かの判断を冷静に行うことで、間違って解釈されることを防ぐことができます。

ビジネスの場面でも社会的地位の高い人には様々な考え方や価値観を持つ人がいますので、聞き慣れない御意という言葉を向けられた目上の人が咄嗟に間違って解釈し、不快感を抱くことがあります。

日常生活の中で殆ど使われない言葉を使うときには、相手を敬う意図どおりに伝わらずに間違って解釈されることがあることも知っておくべきです。

まとめ

御意という言葉を向けられて、快く思う人と不快感を抱く人がいます。

ビジネスの場面など日常生活の中で殆ど使われない言葉を相手に向けることは、快い人間関係を保つためには控えることが大切です。

日々の生活で殆ど耳にすることのない言葉を向けられた人は一瞬、警戒心を抱くことになります。

御意を向けられた人は、聞き慣れない言葉を向けられて、『なぜ自分の向けて使ったのか』と戸惑いの心境に陥ります。

あなたが、社会的地位の高い人に御意を使いたいときは、その人の価値観や自己顕示欲の有無など事前に『人間観察』をして、御意を快く受け止めてくれる人という確信を持てたときのみに使うべきです。

ビジネスの場面で、大切な人を敬う気持ちから御意という言葉を使うことで『潤滑油』となり、人間関係がより一層快い関係になることがあります。

また一方では、御意を使うことで人間関係に『水を差す』結果に陥ることもあります。

日常使われない言葉を使うことは、リスクを伴いますので、細心の心配りが必要です。

特に『御意』という、身分制度を前提とした言葉を使うときは、言葉を向ける相手や使う場面、タイミングを間違わないようにするための細心の気遣いと相手の人柄を知っておくことが大切です。

また、『御意』を使うことは、あなた自身の人柄や価値観、『人間観察眼』を問われることになりますので、安易に使うことは控えましょう。