内気な性格の人は内気なことを治したいと思っている人も多いですよね。

今回はそんな内気な性格を改善する方法を分かりやすく教えちゃいます。

そもそも、内気な性格ってどんな性格なのでしょうか?まずはそこからお話させて頂きますね。

内気な性格で悩んでいませんか?

内気な性格で悩んでいる人はその性格ゆえに損をしてしまった経験がある人がほとんどです。

内気な性格だから人に頼まれると嫌って反論できない…
雑用や嫌なことを押しつけられてしまう等々内気な性格で損をしてしまうことも多いかと思います。

でもその性格…実は周りからは何を頼んでも嫌な顔しないでしてくれる頼もしい人と思われていますよ。

他にも人の気持ちが理解できて気遣いの出来る人などまわりからの評価は意外と高いのが内気な性格の人なのです。

その性格も活かしつつデメリットになっているところを改善できたら一番ベストですね。

内気な人の8個の特徴をチェック

まずは内気な性格の特徴を知らなければ話になりませんね。

内気な性格の特徴を知ることは自分自身を理解する事にもつながります。

何となくで思っていたことや、あ~そういう事だったのかと特徴を知ることで分かるところがあるかもしれません。

では分かりやすく内気な性格の特徴を8個ご用意しましたので確認しながら見て下さいね。

1.人と話すのが苦手

内気な人は人と話すのが苦手な人が多いです。

特に知らない人と話すのは苦手というよりむしろ嫌いですよね。

でもコレは内気な人に限ったことではありません。

誰でも初対面の人と話すのは苦手としています。

どんな人なのかどんな性格なのか何も分からない人と話すことは非常に労力を使います。

相手に気を使いつつ相手のことを理解して自分のこともアピールしなければいけない為大忙しですね。

だれでも初対面の人と話すのが苦手と思えば少しは気が楽になりませんか?
何もあなただけでは無いです。

ほとんどの人は初対面の人と話すことが苦手なのです。

たまに誰とでもガンガン話せる人、むしろ誰かれかまわず話しかける人もいますが、そういう人は人の気持ちは分からない人が多いです。

人の気持ちをわかろうとしないで自分が話したい事だけを一方的に話して満足する自分本位な人ですね。

人の気持ちが分かるからこそ人と話すことが苦手なだけです。

ただ、内気な人は話すという行為で人の事を傷つけてしまわないか?

この場合はどういった言い方が一番良いのか等を心であれこれ考えてしまい話を切り出すきっかけを逃してしまうため話すのが苦手と勘違いしてしまっているのです。

気が知れた友人や会社の人、学校の人など知っている人とも気軽に話すことが出来ない理由がコレです。

人の事を思いやりすぎてキッカケやタイミングがズレてしまい後からあの時こう言えば会話がスムーズにいったのにな…と思ってしまうのです。

会話をスムーズに行える術は知っているのですが気遣いが先に来てしまうためタイミングのズレが起きてしまいます。

また、内気な人に多いのは周りで会話をしている人の会話を聞きあたかも自分が参加しているような感覚になってしまう事です。

気遣いが出来すぎるために自分からは何も発していなくても会話に参加しているつもりになってしまうのです。

この事が行き過ぎてしまうと勘違いが起きてしまい、っえ?一度も話していないのに何でそのことを知っているの?
チョット怖い怖いなんて事にもなりかねません。

人を気遣うことはとても良いことなのですが気遣いすぎもかえって混乱を招いてしまいます。

適度な気遣いにして時にはハメを外してみるのも良いですよ。

まわりの人はあなたの優しさにはもう気が付いているはずです。

自信を持って大丈夫ですよ。

2.人前に出ると緊張してしまう


内気な性格だから人前に出ると緊張してしまうと思っている人も多いのですが、内気な性格でなくても人前に出ることは苦手な人が多いです。

誰でも苦手と思えば気が楽になりますね。

ではなぜ平気な人がいるのでしょうか?

単純にそういう性格という人もいますが多くの場合は人前に出ると最初は緊張して何も話せない状態や声が上ずってしまった経験があるはずです。

さらには普段は人前で話すことは平気でもはじめての場所ではじめての人に対して話す場合には緊張してしまい話す内容を忘れてしまうなんてこともあります。

少し考えてみて下さい、例えば人前で話すことをお仕事としている講師や学校の先生などでも緊張して話せなくなってしまう事ってありますよね。

学校の先生の場合お母さんたちが参加する懇談会や授業参観ではいつもの授業とは違い緊張して普段通りにスムーズに会話ができない状況見たことありませんか?

他にもメディアで活躍している俳優さんや女優さんでも緊張して話せなくなってしまう状況を見たことありますよね。

なぜお仕事で普段は大丈夫なのに急に緊張して出来なくなってしまうのでしょうか?

この原因が分かれば内気な性格だから人前では緊張してしまうと思っていたことも解決できるはずです。

実はとっても簡単な事で、単純に人前で話すという行為に慣れているというだけなのです。

同じ場所で何度も同じ人たちに向かって話をしている事で慣れが生じていつもと同じ状況として受け止めることができます。

役者さんはスタジオやハウススタジオなど決まった場所で毎回演技をする為緊張することなく与えられた役を演じることができます。

舞台俳優など他のアクターさんでも同じですね。

同じ場所で何度もリハやドライを重ねて本番となります。

何度も同じ場所、同じセット、同じ舞台、同じ技術スタッフなどの前で行っている事ですので緊張することなく演じられます。

でもロケなどでは初めての場所なのでは?なんて思われる人もいるかもですが、ロケの場合でもロケハンや台本も使い何度もリハなどをしているのです。

台本やリハ無しの場合もありますがその場合は演者さんでは無くて技術スタッフのロケハンをそのまま編集して使っている場合がほとんどですね。

この様にいつもと同じという事は先の予想ができますので緊張することなく話すことができます。

最初は緊張をしていたとしても何度も繰り返すうちに免疫が付いて平気になるという事ですね。

人前に出る事以外でもはじめて何かをはじめる時には緊張しませんか?

初めての出社日やクラス替えなどはじめての事は毎回緊張すると思います。

でもいつの間にか慣れてしまい緊張しなくなりますよね。

この事が分かれば人前に出ても緊張しない方法が分かりますね。

スポーツでも同じでホームとアウェイがありますが、ホームは普段自分達が練習などを行っている場所で勝手が分かっていますよね。

その為に自分の本当の力を発揮することができます。

逆にアウェイでは勝手の知らない場所で慣れていないために普段の能力を発揮できずに緊張してしまう事があるのです。

人前で緊張してしまう事を克服する為にはその状況に慣れることです。

最初は友達など着の知れた人の前で話すなどして人に話す行為に慣れることをします。

その後に場所になれることです。

人前で話す場合には特定の場所で話すことが多いと思います。

その場所になれることで同じ場所で話していると安心して話しをすることができます。

場所になれることは非常に有効な方法ですので緊張してしまう人や成功させたい場合には同じ場所で先にリハーサルなどをすると良いですね。

たったこれだけで無駄な緊張は無くなります。

3.初対面の人が苦手

先の話すことが苦手等ところでもお話させて頂きましたが内気な人だけでは無くて誰でも初対面の人は苦手で何を話したら良いのかどう接したら良いのか悩んでしまいます。

しかしあなたが初対面という事は相手もあなたのことが初対面ってことになりますよね。

そう考えると少しだけ気が楽になりませんか?

あなたが初対面の人は相手も初対面ですので同じように考えています。

内気な性格な分もしかしたらあなたに分があるのかもしれません。

初対面の人に対しても気遣いの出来る内気な人は相手にとって気持ちの良い人だなと感じられることができるはずです。

初対面の人と無理に話そうと考えるのでは無くて、相手の気持ちを理解しようと考えてみて下さい。

そうすることで内気な優しさがあるあなたにしか気が付かない気づかいができるはずです。

今まで初対面の人にこんなに良くしてもらったことはないって思われるかもしれません。

そんな状況を作り出すことが出来るのは内気な人の特権でもあります。

内気な性格は相手を思いやれるとても良い性格ですね。

4.異性が苦手な傾向もあり


内気な性格の人は異性が苦手な傾向が強いと言われています。

コレも相手のことを気遣うあまり異性のことが苦手と思ってしまうのです。

どういう事かというと、相手のことを気遣うあまりどうしたら良いのか分からなくなってしまう為苦手になってしまいます。

ほとんどの人は異性の事は興味がありもっと知りたいと思うのですが、内気な性格の人は好意があることを相手に伝えることよりも先に相手に嫌われないかなということを考えてしまうのです。

好きな人に対しても同じで恋する気持ちを伝えようとする前に嫌われないようにしようと振る舞ってしまいます。

その為に会話や様々なやり取りがスムーズにいかなく好意を伝えられないまま変な関係性になってしまうのです。

本当は好きな人にも好きの気持ちを伝えることなく嫌われないように気を使いすぎてしまい、あれ?もしかして避けられてる?なんて相手に思われてしまうのです。

その為相手はあなたとの距離を置こうとしてあなたから離れていってしまいます。

本当は好きなのにね…
この事から異性が苦手となってしまうのです。

同性よりも異性の方が相手の気持ちが分かり辛く必要以上に気を使ってしまう為にすれ違いが起きてしまっているのです。

ではどうしたら良いと思いますか?

ここまで読んで頂けた人はもうお分かりですね。

相手に嫌われないように気をつかうのではなく好きな気持ちや行為があることを相手に伝えるようにするだけです。

相手の気持ちが分かるあなたなら好きって気持ちを素直に相手に伝えられるはずです。

好きって言われて嫌な気持ちになる人はいません。

逆に気を使われすぎて距離を置かれてしまう事の方が好きな場合には辛いものがありますよ。

相手も好きな気持ちがある場合には余計辛いですね。

だって避けられていると思っているのですから…

たまには気を使わないで素直に好きって気持ちを相手に伝えて下さい。

直接言うのが恥ずかしい人はその行為が伝わるように行動して下さい。

どの様に行動したら良いのかはあなたが一番分かっているはずですね。

5.気が弱い

気が弱いと思っている人が内気な人や内気と思っているまわりの人が共通して思っている事です。

しかしそれって本当なのでしょうか?

気が弱いと思っているのは実は勘違いって事が多いです。

気が弱いと勘違いされてしまうのには原因があります。

その一番の原因は頼まれごとをされても断らない優しさにあるのです。

何を言っても二つ返事でしてくれるのでどんな嫌な事でも反論することが出来ない気の弱い人だなと思われてしまうのです。

しかし、実は肝の座ったとてつもなく気の強い性格なんだという事が分かるはずです。

っえ?どうしてそうなるの?って思いましたか?

少し考えてみて下さい。

誰もが嫌がる事を頼まれても嫌な顔をすることなく受け入れて一所懸命こなそうとしますよね。

例えば、その嫌な事が人前でスピーチをする事でも受け入れて頑張りますよね。

普通だったら人前でスピーチをする事、ましてやはじめての場所ではじめての人に話すことはなかなか出来ません。

しかし頼まれてしまったからには嫌な顔しないで全力でそのことに取り組むことができますよね。

気の弱い人なら初めての場所ではじめてのことを行うなんて到底できませんよね。

どんな恥ずかしい事でも理不尽だなと思うことでも自分が決めたことの場合は肝を据えて一所懸命こなすことが出来る素晴らしい性格を持っているのです。

ただ、自分がどうしても納得できない事は反論した方が良いですね。

相手をそこまで気遣う必要はありませんよ。

気が弱い?…そんなことはありませんね。

むしろ肝が据わっている気の強い性格の持ち主なのです。

優しさや人に対する気遣いを勘違いして気の弱い人だと思っているととんでもない目にあいます。

ここぞという時に一番頼りになる人はこの内気と思っている人だったりもします。

まわりが悪露路とうろたえている中一人冷静に判断する事が出来ています。

こうなってくるともう内気な性格というのも…何だかちがうのかな?なんて思ってきますね。

世間で言う内気な性格の本質は実は少し違っているのかもしれませんね。

6.積極的にコミュニケーションがとれない

積極的にコミュニケーションがとれない原因は気遣いが出来すぎるために起こってしまう弊害ですね。

実はコミュニケーション能力が低いわけでは無くて先にも少しお話しさせて頂きましたが、コミュニケーション能力が高すぎるがゆえにあれこれ考えすぎてしまいタイミングを逃してしまっているだけなのです。

その事が分かるのは長期のプロジェクトなどで発揮することができます。

短期の場合ではタイミングがつかめないまま終わってしまいますが長期のプロジェクトの場合には的確な場面で的確な答えを出している事に気が付く人もいるかと思います。

コミュニケーション能力は本来高いですので誰も気付かない内にさらっと的確な答えを出してしまっています。

この為その場では気が付いてもらえないなんてこともあります。

なんだか急に上手くいったけどなぜだろうで終わってしまう事もしばしば…
積極的にコミュニケーションが取れないのは気遣いができるために起きてしまう仕方のない事でもあります。

勘違いをしないで欲しいのは積極的にコミュニケーションがとれる人=コミュニケーション能力の高い人ではないという事です。

積極的にコミュニケーションがとれる人でもコミュニケーション能力の低い人もいます。

逆に積極的にはコミュニケーションは取らない人でもコミュニケーション能力の高い人は沢山います。

うわべだけで判断してはダメってことですね。

物事の本質を見極める事の出来る能力を身につけることが大切です。

7.自分から発信することが苦手

自分から発信することは正直苦手としています。

自分から何かを発信する事で誰かが傷ついてしまわないかと気を使ってしまうからです。

誰かの答えを肯定する事には非常にたけています。

基本的な性格として人のことを気遣う事が出来る優しさなどを持っていますので人の意見をすべて受け入れることができますがその優しさゆえに自分発信に対して過剰に気を使ってしまうのです。

優しすぎてしまうんですね。

8.一人でいることを好む

基本的には一人でいることを好む傾向にあります。

人との関わり合いを持っていると相手に対して過剰に気を使ってしまう為自分一人でいることの方が気が楽で純粋に好きな事を楽しめる為一人を好んでしまうのです。

例えば自分が好きな事でも相手にとっては嫌いだったらどうしようと考えてしまい素直に好きと言えなくなってしまいます。

純粋に好きな事すら楽しむことが出来なくいほど相手を気遣っているのです。

この為に誰かと一緒にいることよりも一人でいた方が好きな事が出来て気が楽になるのです。

これも優しすぎて気を使いすぎている為に起こる状況ですね。

内気な性格はいいところもたくさん

ここまでで内気な性格の特徴が分かったかと思います。

内気な性格は損な役回りが多いと思っていたことや気が弱いのかなと思っていたことも考え方や深い所まで考えると少し違っていたことに気が付いたかと思います。

内気な人は本当はとても素晴らしい性格だと分かってきたはずです。

そこで内気な人の良いところについてもっと詳しくご紹介していきますね。

良いところはとっても沢山あります。

内気と思われている性格も周りから内気と思われているから内気なのです。

内気と思われないようにする為にはどうしたら良いのかもご紹介していきますね。

今、再確認した内気と思われている性格の本質が分かった上でまわりからの見え方をかえることが出来れば今以上に素晴らしい性格になることができますよ。

本当の自分をまわりの人にも認めてもらいたい人は必読ですね。

1.人の気持ちがわかる

人の気持ちが分かるのは内気の人ならではの性格です。

自分本位で相手のことを考えずに行動することはまずありえません。

自分が行動することで相手はどう思うのかな?自分の発言で相手はどのようなことを思うのかなと相手のことを気遣って考えられるとっても素晴らしい性格を持っています。

ただ、この素晴らしい性格も内気な人の場合は過剰になってしまうこともシバシバ…
たまには自分の意見を言ってみて下さい。

相手を思いやれるあなたなら自分の意見も相手のことを考えて言えるはずです。

気を使いすぎることはかえって失礼になる場合もあることを学ぶことで過剰な気遣いを防ぐことができます。

いつ自分を主張したら良いのか分かります。

そのタイミングさえ分かることが出来たら周りからは内気とは思われなくなります。

内気の良いところが残って過剰な所のみ抑えることが出来るはずです。

このタイミングを見極める力を付けましょう。

2.人の気持ちを大切にできる

人の気持ちを大切にできるという事はいったいどういうことなのかというと、先にも少しお話させて頂きましたが相手の意見や気持ちに対して全て肯定的にとらえることが出来る素晴らしい力を持っています。

人の良い所を見つける能力が非常に高いのです。

多くの人は人の嫌な所ばかりに目がいき、嫌だな嫌いだなと思うところを見つけようとしますが内気なその性格は人の良い所を見つけることができます。

今長所を活かして人の事を褒めて認めてあげられるようにして下さい。

人の気持ちが分かるがゆえに大切に思えるのです。

人の良い所が分かるあなたならその良い所を参考にして自分に取り入れることも出来るはずです。

まずは人の真似からで良いです。

良いなと思うところを真似してみましょう。

3.自分の意見を押し付けない

内気な性格の人は決して自分の意見を他人に押しつけたりはしません。

相手の考えもしっかりと尊重できるのです。

相手も自分の意見を認められると相手もあなたの意見を認めてくれます。

お互いの良い所が詰まった最高の意見に変わりますね。

相手のことを思いやる気持ちがあるからこそできる事なのです。

人は自分の意見に対して否定的な人は敵対視してしまいます。

逆に肯定的な人には仲間意識が生まれます。

内気なあなたは敵はほとんどいませんよね。

(からかう人はいるかもしれませんが…)
まわりのほとんどはあなたの味方です。

そう思うと素敵ですよね。

自分本位で自分の意見が絶対に正しいと思って押しつける人もいますがその人に対しても肯定的に接することで案外手玉に取ることも出来てしまいます。

内気な性格の人はとっても頭が良く世渡り上手なのかもしれませんね。

ただ気疲れには注意して下さいね。

4.上手な聞き役である

自分の意見を相手に押しつけたりは絶対にしない内気な人はとっても上手な聞き役になれます。

相手の話しにも全て肯定的に当たり障りのない答えを出すことができます。

特に女性の場合は相談などと言ってアドバイスを貰いたがっているように思えますがその実、自分の中では答えが出ていることがほとんどです。

その答えを他の人にも行ってもらい後押しが欲しいだけってことが多いです。

という事は相手の意見を肯定してそうだね、いいと思うよ、うんうんなんて聞き役に回ることが出来る人はとっても良い相談相手になれるのです。

そんなことはない答えなんて決まっていないから人に言ってちゃんとアドバイスを貰いたいと思っているという人もいるかもしれません。

例えば恋愛相談ではこんなことありませんか?
「もう、今の彼氏と別れる」
「っえ?なんで?」(理由を聞いてほしいからなぜと言って欲しいのです)
ココでそうなんだ別れるんだでは話が終わってしまいますよね。

場合によっては腹が立ってしまう事すらあるのです。

「だって、浮気したんだよ」
「え~ひどいね」(相手に寄り添える優しさが内気な人にはあります)
例えば「それ本当なの?勘違いじゃないの?」では否定的で相手の事を疑っていますよね。

相手にとってはあまり気分が良くありません。

肯定して受け入れて欲しいのです。

さらに言ったら共感して欲しいのです。

「浮気した彼ならわかれちゃいなよ」という人もいますよね。

多くの場合は相談しているという事は別れたくないから相談しているのです。

別れるつもりがあるのでしたら相談する前に別れてもう別れた事実だけを話すのです。

ですので、こう言われてしまうと…
「でもね、彼にはこんな良いところがあって…」などと彼の良い所を沢山言っています。

それでも「でも浮気したんでしょう?別れた方が良いよ」では相手は納得できないのです。

「でもね…」ってなってしまうんですね。

内気な人なら全てを肯定してくれますので「彼氏さんは優しいんですね」などと彼の良いところも認めるのです。

そうすると「そうだよね、もう少し頑張ってみようかな」「そうしなよ」って最初から決まっていた答えにたどり着くのです。

こんな感じで全てを肯定してくれる内気な人は良い相談相手(聞き役)になれるのです。

相手のことを思いやる気持ちが優れている為どんな事でも当たり障りなく肯定できる能力はとても素晴らしいですね。

5.一定の距離を常に保つことができる

内気な人は常に一定の距離感を保とうとします。

何故かって?それは一人でいることの方が相手に気を使わないから楽なのです。

自分の好きなことも相手を気遣うあまり本当に心から好きとは言いだせません。

相手のことも深く知りすぎると沢山気を使わなくてはいけなくなるため相手に対して深入りをしません。

逆に相手にズカズカと侵入されることも嫌います。

何をされても断ることができない為に自分の時間が削られてしまいます。

一定の距離感を保つことが一番心地よく感じているから自分なりの距離感を大切にするのです。

相手が迫って来たら一歩引く相手が離れたら…追いかける事はあまりしません。

離れていく相手を追っても相手にとっては良くないかなとここでも気遣いが発揮されます。

常に自分は一歩引いた状態からものごとを把握する事を好みます。

このピッポ引いた状況こそが内気の人が相手を気遣う事の出来る最適な距離感なのです。

一歩外からでしか分からないことも沢山ありますよね。

その事に気が付く事が出来るのが内気な人なのです。

近くで見ると普通の写真が沢山貼ってあるだけでも離れてみると写真全体で大きな顔になっている作品などありますよね。

一歩引くことでしか見れない景色を内気な人は知っているのです。

6.コツコツと仕事ができる

コツコツ目的に向かって着実に仕事をすることができます。

これも自分の仕事が遅れる事、ミスする事で他人に迷惑をかけてはいけないという気持ちが強い為与えられた仕事は着実に進めることが出来るのです。

何となくで仕事して送れたらスミマセンなんてことは決してしません。

他人に迷惑を変えてしまう事を一番嫌います。

自分を追い込んでたとえ体調を崩したとしても他人に迷惑をかけないようにしようと奮闘します。

健気なんですね。

そんな頑張りをまわりの人は認めてあげて下さい。

あんなに頑張っているんですよ。

7.信頼されやすい

信頼されやすい事も多いです。

内気な人は何かを頼んでも確実にこなしてくれて断ることもほとんどしません。

この為あの人に頼めば確実というように絶対的な信頼を得ています。

時にはその信頼や期待が過剰になってしまい押しつぶされそうにもなりますが、それでも頑張ることの出来る健気な性格なのです。

そう思うと損な役割でもありますね…
当の本人はそれでも他の人が喜んでくれるなら、迷惑がかからないのならと頑張るのです。

当然信頼度は高くなりますね。

8.口がかたい

口が堅く特に他人の悪口なんて言うのは決して口にしません。

例え噂話だとしても他の人には口語しないで下さいという内容は誰に何と言われようと話す事はありません。

相手のことを思いやるがゆえに頑固にもなることができます。

むしろ自分の中で明確なルールが出来ているいわば頑固者なのかもしれませんね。

自分ルールを持っている人は神がしっかりしていて筋の通った性格の人になります。

当然まわりからの評価は高めな人が多いです。

口が堅い人には信頼して良い話や秘密の話しもコッソリしてくれますね。

そのお話を自分で活用するのもしないのもあなた次第ですね。

9.集中力がある

これと一旦決めてしまえばそれに向かう集中力はとても優れています。

自分が設定したルールの元明確なビジョンがあるからこそ集中して物事を進める事ができるのです。

自分ルールを持っている内気な人はココでも強みを発揮しますね。

皆さんは持っていますか?自分ルール。

10.分析力がある

内気な性格の人は先にもお話させて頂きましたが物事を一歩引いてみることができます。

この為通常では見落としてしまいそうな内容の事でもすべて分析する事が出来るのです。

自分の中で何か違うなと思う違和感はそのままには決してしません。

解決してから先に進もうとします。

この為タイミングが他の人とズレてしまいコミュニケーションがうまく取れない状況にもなってしまうのです。

分析力が高いことが原因でもあったんですね。

内気な性格を改善する方法とは

内気な性格も良い事が沢山ありますよね。

そんな内気な性格として他の人から見られない方がもっと素敵に思われますよね。

そんな改善方法を次にお話させて頂きます。

参考にして実践してみて下さいね。

1.慎重になりすぎない

内気な性格であるがゆえに相手の事や失敗しないようにと気を使って慎重になりすぎる一面があります。

ただの会話ですら相手を気遣うあまり慎重になって会話のタイミングを見失ってしまうのです。

そこまで相手に気を使わなくて慎重になりすぎないで良いです。

会話などは特に流れで判断して途中で間違えたかな?と思った場合にはそこで軌道修正したら良いのです。

その間違えたかなと思える優しさや相手の気持ちを読み取る力は非常にたけています。

その活用方法を過剰になりすぎないようにコントロールできるようになればとってもステキになれますね。

周からは憧れの人になってしまうかもしれませんね。

2.少しずつ思ったこと、感じたことを口にしてみる

相手のことを気遣うあまり時運の意見は殆ど言わないのが内気な人です。

それでは周りからはいつまでたっても内気な人だなと思われてしまいます。

貴方の持っている意見や考え方はとても素晴らしいです。

少しずつでも良いですあなたの思ったことや感じたことなどあなたの意見として口にしてみて下さい。

仲間の多いあなたの意見に賛同してくれる人は多いはずですよ。

3.自分から何か発信してみよう

前出と同様のことですが、自分から自分の考えや意見を発信することで今よりももっと周りからの信頼を得ることができます。

自分汚意見を言うことで内気で何も言わない人とも思われなくなります。

今でも十分魅力的で認められていると思いますが、本当の意味で仕事の出来る信頼度の高い人と認めてもらえるようになれますよ。

友達に連絡する

どこか得遊びに行く場合などでもいつも誘われてばかりで自分から誘った事が無い人がほとんどかと思います。

たまには自分から誘って自分汚好きな場所へ友達を連れて行ってみて下さい。

新しい発見があるかもですよ。

SNSを始める

SNSをはじめるのも良い方法です。

SNSは一方的に自分の意見や好きなことを発信する手段です。

自分と同じ趣味嗜好を持った人が自然と集まってきます。

こうなることで私だけじゃないんだと自信につながります。

自分の好きな事や意見もいうことができます。

自分発信で基本的には一方通行のやり取りにはなりますがSNSをはじめる事で自分から意見を言うことができるようになれるかもしれませんね。

4.会話のネタを増やす

会話が苦手というか考えすぎてしまう傾向にありますので会話をするネタをふやすことはおすすめです。

もうテンプレで話す内容を用意しても良いですね。

スムーズに会話することができますよ。

【会話ネタを増やすには、こちらの記事もチェック!】

得意なことにもっと自信を持つ

自分が得意だな好きだなという事には自信を持って相手にアピールしても良いです。

嫌いなことでは無くて好きな事や得意な事ならば誰も嫌な気持ちにはなりません。

もっと自分に信を持っていいですね。

趣味をもつ

好きなことを趣味として自分の生活の一部に取り込みましょう。

何だって良いですよ。

自分がこれ好きって思える事ならば。

恥ずかしがることなんてりません好きなことを趣味としてはじめてみましょう。

それがきっと自分の自信につながりますよ。

5.変わりたいという気持ちをしっかり持つ

変わりたいと思う気持ちと、内気な性格の本質を見極めて知って下さい。

自分が思っているよりも断然素敵な性格だという事が分かったはずです。

変わりたい?すでにここまで読んで頂いた人は心の中が変わっているはずです。

あとは周りからどう見られたいのか考えてその見られたいと思うように変わる努力をするだけですね。

その方法はあなたが一番分かっているはずです。

内気な性格を改善したいなら焦らないこと(まとめ)

内気な性格はこれを読む前は世間でとらえられている負の気持ちが多くて嫌な性格だななんて思っていませんでしたか?

実はその性格の本質が分かればとっても素敵な性格なのです。

物事にはうわべだけ見て判断してしまう事って沢山ありますよね。

例えば一見すると奇麗なお花でもトゲが有ったり、毒が有ったりとぱっと見では分からない物事の本質が見え隠れしています。

その一瞬のぞかせる本質を見極める事が出来れば本来持っているポテンシャルを活かすことが出来るはずです。

ここぞというタイミングなど見極める力を養って下さい。

今日すぐにできるかというとなかなか難しいと思います。

キーポイントは先にお話させて頂きました慣れですね。

この慣れができるまでは何度もタイミングを見計らう見極めを何度も繰り返して下さい。

焦ってはいけません。

既に手に入れている素晴らしい性格があります。

あとはゆっくりと開花させるだけです。

自分だけのタイミングで自分だけの花咲かせて下さいね。

世界に一つだけあなたらしい一番の花を。