私たちが普段使っている日本語には、様々な単語が存在しています。

私たちはその単語を組み合わせて様々な意思疎通を相手と図ることでコミュニケーションを築いています。

つまり、ここで重要なのは自分自身が様々な単語の意味合いを正しく理解することが必要であるということになります。

なぜならば、言葉の意味を正しく理解していないと相手と正しく意思疎通を図ることができないからです。

例えば、いくら自分が正しい意味合いだと信じて相手に言葉を投げかけても、それが間違っていると相手には間違った言葉が投げかけられてしまうようになるからです。

日常的に頻繁に使う言葉に関しては正しく理解している言葉が多いですが、あまり日常的に使わない言葉に関しては間違って解釈してしまっている可能性はとても高いです。

なので、普段自分自身が使わない言葉に関してはよく注意した上でその言葉を選択するようにしなければいけません。

そこで、今回はよくたくさんの人が間違って解釈している言葉である唯我独尊という言葉をテーマにして、言葉の意味は正しい使い方についてご紹介していきたいと思います。

また、唯我独尊という言葉の意味に触れていく中で、唯我独尊な人の特徴についてはいくつかご紹介していきたいと思いますので参考にしてみてください。

唯我独尊とは?

あなたは唯我独尊という言葉を聞いたことや口にしたことがありますか?

おそらく、聞いたことはあってもなかなか日常生活の中で使ったりすることが少ないような言葉であると考えることができます。

唯我独尊という言葉に関してはそのまま使われることがあれば、天上天下唯我独尊という風に用いられたりすることもあります。

では、唯我独尊という言葉を聞いてどのような印象を持つのかと問われると、多くの人が傲慢な印象を持ったりすることが多いと思います。

しかしながら、唯我独尊という言葉に関しては本来の意味を考えてみると傲慢な印象ではなく、とても尊い言葉であると考えられます。

この時点で解釈の違いが存在してるのであれば、唯我独尊という言葉を間違って解釈している可能性がとても高いはずです。

では、唯我独尊という言葉にはどのような意味が存在し、どのように間違って解釈しやすいのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

1.本当の意味

唯我独尊という言葉はもともと釈迦が用いた言葉であるといわれています。

詳しくご紹介すると、釈迦が生まれてすぐに放った言葉の一つとしてされており、なんとか生まれてすぐその直後に7歩歩いて用いた言葉であるとも言われています。

元々のルーツとしては何歩歩いてみててて天を指し左手で強させて天上天下唯我独尊といったとされており、釈迦をあがめる言葉としても用いられています。

では、唯我独尊という言葉はどのような意味合いを持っているのか、詳しくご紹介していきます。

この世界には自分よりも尊いものはないということ

唯我独尊という言葉の意味合いとしては「この世界には自分よりも尊いものはないということ」を意味している言葉です。

唯我独尊という言葉に使われている漢字を考えてみれば、この意味合いに関しては特に難しい意味に感じることはないと思います。

また、先ほどもご紹介した通り唯我独尊という言葉に関しては天上天下唯我独尊という言葉で用いられたりすることもあります。

これに関しても意味合いはほぼ同じような意味であります。

しかしながら、表面上の意味だけで言葉の意味を判断してしまうと勘違いしてしまいますので、深い意味合いの部分に関してもご紹介していきます。

まず、考え方としては自分に何かを付与したり追加したりして、尊いとするのではないという意味です。

つまり、何か特別なスキルを身につけたり、特殊な経歴や経験があるから尊いとするのではなく、自分自身が尊いということを意味しています。

頭が良いから尊いというわけではなく、周りの人が行えないような特別なスキルを持っているから尊いというわけではなく、自分自身自体が尊いということを意味しているのです。

そして、唯我独尊という言葉に関しても、自分という存在は誰かの代わりになることのできないという言葉の意味を持っています。

なので、唯我独尊という言葉に関してはとても尊い言葉であり、間違って解釈されている傲慢な考え方のような意味合いは一切持っていないということになります。

これを正しく理解していないと唯我独尊という言葉の神の意味合いは見出すことができませんので、間違って解釈をしていた方が本来の意味を正しく理解してください。

2.間違った意味


唯我独尊という言葉の本来の正しい意味合いについてご紹介していきましたが、ここからは唯我独尊という言葉の間違った解釈についてご紹介していきたいと思います。

先ほどお伝えした通り、唯我独尊という言葉は正しい解釈ではなく間違った解釈をしてしまいやすい言葉の一つでもあります。

特に、唯我独尊という言葉を間違って解釈している若者などは数多く存在しており、よく暴走族の人が刺繍していたりする光景なども思い浮かべられると思います。

このような背景から、本来の意味を見出せずに間違った意味合いを望みにしてしまっている人がとても多いのです。

しかしながら、非常に魅力的な意味を持っている言葉でもありますので、この機会に正しく解釈できるように間違った解釈をしないきっかけとして活用してみてください。

自分が偉いというようなうぬぼれの意味では使わない

唯我独尊という言葉を聞いた時に、傲慢な言葉だと思っている人がおそらく自分だけが偉い人間であるという言葉の意味で解釈してしまっていると思います。

自分だけが偉く、周りの人間は偉くないという言葉の意味で解釈をしてしまっていると、どうしてもこの言葉は傲慢に聞こえてしまうようになります。

先ほどもお伝えした通り、唯我独尊という言葉や天上天下唯我独尊という言葉は暴走族の少年たちが用いたりしている言葉でもあるので、勘違いしやすくなるのもしょうがないです。

しかしながら、あくまでそれは間違った使い方であり解釈であるということを理解しておかなければいけません。

唯我独尊という言葉の意味を正しく理解しておけば、そもそも周りよりも偉いという解釈をするはずがありません。

なぜならば、唯我独尊という言葉には周りの人間と比べたりするような意味合いはそもそも含まれていないからです。

むしろ、周りの人間と比べたりする必要性はなく、自分自身がそれだけで尊い存在であるということを意味している言葉でもあります。

なので、周りの人間と比べたりしている時点でこの言葉の理解が全く見当違いになってしまっているということに気づく必要性があります。

3.天上天下唯我独尊

ここまでは唯我独尊という言葉の正しい意味は間違った意味はについてご紹介してきました。

ある程度唯我独尊という言葉の意味合いを理解いただけたところで、ここからは天上天下唯我独尊という言葉について触れていきたいと思います。

元々唯我独尊という言葉に関しては天上天下唯我独尊という言葉の略称された言葉として知られています。

先ほどもお伝えした通り釈迦のエピソードに関してはもともと天上天下唯我独尊という言葉を発しています。

なので、本来の正しい言葉としては天上天下唯我独尊が正式な言葉として認知されています。

しかしながら現在においては天上天下ということについては略されていうのは得損という言葉だけで使用されたりすることがとても多いです。

では、天上天下唯我独尊という言葉に関してはどのような意味を持っている言葉なのか具体的にご紹介していきたいと思います。

意味

天上天下唯我独尊という言葉について考える前に、まずは天上天下という言葉の意味合いについてご紹介していきたいと思います。

天上天下という言葉について考えてみると、難しい表現方法ではありますが簡単に言えば世界の中でという意味合いで解釈することができます。

つまり、天の上にも天の下にも自分自身のみが尊い存在であるという解釈になります。

しかしながら、天上天下唯我独尊という言葉については先ほどから何度もお伝えしていると傲慢な言葉の意味合いは持っていません。

なので、正しい意味合いとしては「天上天下にただ一人の、誰とも代わることのできない人間としてそのままに尊い存在である」という意味合いになります。

自分自身という人間に関しては、代わりの存在というものは存在せず、自分自身は自分自身でありとてもそれだけで尊い存在だということを意味している言葉なのです。

また、金持ちの家に生まれている人間だけが尊い存在というわけでもなく、体に障害を持っている人間が下というわけでもないということを意味しています。

そして、さらに他の意味合いとしては、何かを付加するということを考えず、ありのままの尊い自分を見出す必要性を説いているのです。

つまり、自分自身という存在を見いだすことがとても大切なことであり、その自分を尊い存在であると考えることが大切であるという言葉の意味としても解釈をすることができます。

こうして考えてみると天上天下唯我独尊という言葉はとても深い意味を持っており、非常にありがたい言葉であるということになります。

唯我独尊の使い方

唯我独尊という言葉に関してはあまり日常的に用いたりすることは少ない言葉であると思います。

しかしながら、全く用いないのかと言われればそうではなく、用いてみれば利便性が高い言葉として用いたりすることもできる言葉です。

では、唯我独尊という言葉を文章の中で表現する場合どのように用いればいいのかということについて触れていきたいと思います。

意味を正しく理解していたとしても、唯我独尊という言葉を文章で用いたことがない人はかなり多いと思います。

なので、どのようにして使えば違和感なく唯我独尊という言葉を使えるのか、正しく解釈するきっかけにしてみてください。

少しくらい唯我独尊な方が向いていることもある

まずはじめにご紹介する唯我独尊という言葉を使った例文は「少しくらい唯我独尊な方が向いていることもある」という例文です。

この例文の意味としては「少しくらい自分を尊い存在だと思った方が向いていることもある」という意味で解釈できます。

元々唯我独尊という言葉は傲慢な意味合いではなく、自分を大切にするというありがたい意味合いとして用いられています。

事実として、少しくらいは自分を尊重するような、大切にするような考え方を持っている方が都合がよいことは世の中にたくさんあります。

特に、いつも他人を優先させてしまうような考え方を持っている人は、少しくらい唯我独尊な考え方を身につけるべきであると考えられます。

この例文はそのような考え方を身につけるべきであるということを表現している例文であり、唯我独尊の基本的な使い方の例文であるともいえます。

幼い頃から唯我独尊的な行動を身につけている

次にご紹介する唯我独尊という言葉を使った例文は「幼い頃から唯我独尊的な行動を身につけている」という例文です。

これはどういう意味かと言いますと「小さい頃から自分を大切にする考え方や行動を身につけている」という意味合いで解釈することができます。

この例文に関しては唯我独尊という言葉の基本的な意味を理解しておけば、そこまで難しくない文章表現になると言えます。

唯我独尊という言葉は正しい意味を理解していれば様々な場面で用いることができる利便性の高い言葉でもあります。

ぜひこの機会に基本的な使い方を理解し、日常生活の中できっかけがあれば用いるようにしてみてください。

唯我独尊な人の5個の特徴


ここまでは、例文を通して唯我独尊という言葉の使い方についてご紹介していきました。

ある程度唯我独尊という言葉の使い方について理解いただけたところで、ここからは唯我独尊な人の特徴について考えていきたいと思います。

唯我独尊という言葉の正しい意味を理解してみれば、唯我独尊という考え方を持つ言葉とても大切なことであるということがお分かりいただけたと思います。

唯我独尊という考え方を持っているか持っていないかで、大きくその人の考え方というものは変化するようになります。

そして、私たち人間は唯我独尊という考え方を自分自身の中でしっかりと持つことがとても大切であるということは言うまでもありません。

しかし、唯我独尊な考え方を持つということは簡単なことではなく、それなりに意識しなければいけないポイントというものが存在します。

そこで、唯我独尊な人の特徴をご紹介する中でどうすれば自分自身が唯我独尊な考え方を身に付けられるのか、そのヒントを考えてみてください。

1.自分を知ろうとする

まずはじめにご紹介する唯我独尊な人の特徴としては「自分を知ろうとする」ということが挙げられます。

これはなぜかと言いますと、そもそも唯我独尊という言葉の意味の中には尊い自分を知る必要性という意味が存在しています。

自分という人間に付加価値をつけて尊い存在だと思うのではなく、元々の自分という存在の中で、尊い自分を見つけなさいという意味があります。

だからこそ、何かしらの付加価値をつけるということは大切ではありますが、それ以前にまずは尊い自分を知らなければいけないということになるのです。

なので、唯我独尊な特徴を持っている人はまずは自分自身を知るために行動を行っているといえるのです。

しかしながら、自分を知るという言葉とても簡単そうであり、難しいことでもあります。

そもそも自分を知ろうと思って自分自身に疑問を投げかけなければなかなか自分自身を知ることはできません。

自分自身を知るために様々な行動を行ったり、自分自身に疑問を投げかけたりして初めて自分のアイデンティティなども知ることができるようになります。

なので、唯我独尊な特徴を身に着けることがとても難しいことであるということになります。

2.自分を大切にしている

次にご紹介する唯我独尊な人の特徴としては「自分を大切にしている」ということが挙げられます。

唯我独尊という言葉は先ほどもご紹介した通り、ありのままの自分を尊いと思わなければいけないという考え方を示しています。

つまり、自分自身という存在をとても大切に思わなければいけないということを意味している言葉でもあるということです。

なので、自分を大切にしている人は結果的に唯我独尊な人の特徴を持っていると考えることができます。

世の中には自分自身を大切にして考えていない人がとても多いです。

特に日本人に関しては、自分の考えを発表して周りの人と対立したりすることなどに若干の抵抗を感じてるような人も多いです。

なので、周りの人と対立しないために自分自身を犠牲にしたりするような考え方を持っている人はかなり多いはずです。

しかしながら、周りとの関係も確かに大切ですが自分自身を大切にすることもそれ以上に大切なことであるということを考えなければいけません。

唯我独尊な特徴を身につけたいと思うのであれば、まずは自分自身がとても尊い存在であり、大切な存在であるということをよく考えておかなければいけません。

どのような場面でも自分自身の本当の気持ちというものを自分自身がよく理解できるように、自分に疑問を投げかけるようにしてみてください。

3.分析が好き

次にご紹介する唯我独尊な人の特徴としては「分析が好き」ということが挙げられます。

唯我独尊という言葉と分析という言葉に関しては因果関係がないように感じてしまいやすいかもしれませんね。

しかし、よくよく考えてみると唯我独尊という言葉と分析という言葉はある程度の因果関係が存在します。

例えば、唯我独尊という特徴を持っている人は先ほどもご紹介したように自分自身を知ろうとしている人である可能性が高いです。

なので、自分自身を知るということは言い換えてみれば自分自身を分析して考えてみるということになります。

自分自身はどういう特徴を持っている人間であり、どのような考え方をしている人間なのかということは自分なりに考えてみることも一つの分析であるといえます。

なので、分析をすることが好きな人間に関しては唯我独尊な人の特徴を持っていると考えることができます。

自分自身の周りに起きていることであったり、自分に対する疑問などを常に分析してみるようにしてみてください。

そうすることで、分析能力を高めることができ、初めて知れる自分の特徴が浮かび上がってくることもあります。

常に何かを考える癖を身に着ければ、きっと唯我独尊な特徴を身に着けられるはずです。

4.セルフイメージを高める

次にご紹介する唯我独尊な人の特徴としては「セルフイメージを高める」ということが挙げられます。

そもそもセルフイメージとは一体何なのかと考えた時に、意味合いとしては「潜在意識が自分はこのような人間だと思い込んでいる自己像」のことを意味しています。

つまり、言い換えてみれば、自分が思う自分に対する印象という言葉で表現することができます。

このセルフイメージというものはとても大きな影響力を持っているものであると考えることができます。

例えば、自分は強いと思う声は少なくとも精神的に自分は強い人間でいられるはずですし、自分が弱い人間だと思うと精神的に弱い人間になってしまう可能性があります。

つまりは、精神的な強さ、つまり、メンタルの強さに関して直結することであると考えることができます。

このセルフイメージを高めるということが唯我独尊な人の特徴につながると考えられています。

なぜかといいますと、セルフイメージとは、先ほどご紹介した自分に対する分析、自分を知ろうとする行動に近い意味を持っているからです。

そこで、ここからはセルフイメージを高めるという言葉に着目して、具体的にどのようなことをすればいいのかということについて触れていきたいと思います。

マイナス体験の解消

セルフイメージを高めるために知っておきたいポイントとしては「マイナス体験の解消」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、過去に起きた出来事、つまりマイナスな体験によって自分自身のセルフイメージが下がってしまっている人がいるということです。

誰にでも思い出したくないような過去であったり、辛い体験というものは必ず存在すると思います。

例えば、過去に大きな失敗をしてしまったり、事故を起こしてしまったことで、大きなトラウマになってしまったということはあると思います。

このように、その出来事の負のイメージが強ければ強いほどより強いインパクトになり自分のトラウマになってしまいやすくなります。

また、インパクトが強ければ強いほどそのトラウマに関しては簡単に払拭することができなくなり、自分の精神に根強く残ってしまいます。

だからこそ、トラウマに関しては根本的な解決が必要になってくるようになります。

そして、セルフイメージを高めるでこのトラウマに関してはとても厄介な存在になってしまいます。

なぜならば、トラウマは自分に対するイメージを下げてしまいやすく、理想の自分を想像できなくしてしまう問題になりやすいです。

なので、なるべく早い段階で過去のトラウマやマイナス体験は解消しておかなければいけないということになります。

トラウマの解消は簡単なことではなく、いくつもの成功体験を積み重ねて、初めて払拭できるようなものばかりです。

それはとても大変な行動になるかもしれませんが、自分が行動しなければいつまでもトラウマを抱えたままになってしまいます。

なので、自分が行動するか、精神的なセラピーを受けるなどの選択をなるべく早い段階で行うようにしなければいけません。

達成感を得る

次にご紹介するセルフイメージを高めるために知っておきたいポイントとしては「達成感を得る」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、セルフイメージを低下させる原因の一つとして達成感を得ていないという事が一つの理由につながるからです。

例えば、あなたは自分の中で何かをしようと決めたことをすべて最後までやり遂げていますか?

すべてやり遂げているという人もいれば、いつも何かが中途半端に終わってしまっていたりするような人もいると思います。

いつも中途半端に終わってしまっている人は、当然ながら最後までやりきれていないので当然達成感を得ていない状況であると考えられます。

しかしながら、達成感を得ていない、中途半端な状況というものは言い換えてみれば、失敗してしまっているということに近い状況です。

その結果、セルフイメージを行った時に自分自身はいつも何かを中途半端に行っている、失敗ばかりしていると不成功の体験しか残らなくなってしまいます。

しかし、その逆にいつも最後まで頑張って行動している人は成功体験や達成感を得ているため、セルフイメージが高まりやすくなるのです。

これらは全て自分自身が積み重ねてきた毎日の行動で決まってしまいます。

なので、少しでもセルフイメージを高めたいと思うのであればまずは物事を最後までしっかりと遂行し、達成感を味わうことができるように行動する必要性があります。

ポジティブな人と付き合う

次にご紹介するセルフイメージを高めるために知っておきたいポイントとしては「ポジティブな人と付き合う」ということが挙げられます。

あなたの周りにはポジティブな考え方ができずに、いつもマイナスな考え方をしているような人はいませんか?

もしもそのような人が身近にいるのであれば、そのような人とはあまり多くの時間を共有しないようにするべきです。

なぜならば、日常的にネガティブな考え方をしている人と一緒にいると少なからず自分に関してもその影響が現れるようになるからです。

そして、ネガティブな考え方をしてしまうとセルフイメージは自然と低下してしまうようになります。

自分はできない、自分は失敗すると考えて行動すると結果的に不成功な結果しか得られないようになってしまいます。

なので、まずは自分自身の考え方を変えて、前向きでポジティブな考え方を身につけたり、ポジティブな考え方をする人と一緒に過ごすようにしなければいけません。

そうすることでセルフイメージを高めることができ、魅力的な尊い自分を見つけられるようになるはずです。

5.世界観を大事にしている

次にご紹介する唯我独尊な人の特徴としては「世界観を大事にしている」ということが挙げられます。

唯我独尊という言葉と、世界観という言葉に関しては一見すると全く関係がない言葉のように感じるかもしれませんが、実が関係性が存在しています。

そもそも、世界観とは「世界の意味を問うものであり、この世界は私にとってどんな意味があるのか、どのような役割を果たしていることが期待されるのか」という意味です。

つまり、世界観とは自分自身の人生観や実際の行き方と結びつく考え方や意味を持っている言葉であるとも解釈することができます。

なので、世界観を考えるという言葉言い換えてみれば世界を通して、自分を見つめなおす考え方でもあるということになります。

それを踏まえて考えてみれば、唯我独尊、つまり自分を分析したり自分を見つめなおすことを世界観を大事にするということは因果関係が存在するようになります。

世界観を通して自分を分析することで、自然と唯我独尊な特徴を身に着けられるようになるはずです。

まずは自分という存在を知り、そこから世界観と結び付けて考えてみると、より自分を理解できるようになれるはずです。

正しい意味を知って正しく使おう(まとめ)

今回は唯我独尊という言葉をテーマにして、唯我独尊という言葉の意味や使い方、唯我独尊の特徴を持っている人についてご紹介していきました。

唯我独尊という言葉は、意味が勘違いされやすい難しい言葉の一つでもあります。

しかしながら、本来の正しい意味を理解してみるととてもありがたい言葉であり、人間の大切な考え方の一つであるということがおわかりいただけたと思います。

特に、自己犠牲的な考え方をしている人や、自分を大切にできていないような人は、この機会に唯我独尊の特徴を身につけ、唯我独尊な考え方ができるようにしてみてください。

きっと、そうすることで今まで気づけなかった自分の魅力や、すばらしさなどに出会えるようになるはずですよ。

また、意味をはき違えていた人は、これからは正しく唯我独尊という言葉を扱えるように意識してみてください。