「オルチャンメイク」って聞いたことありますか?

最近やたらとテレビや雑誌で取り上げられている化粧を指す言葉です。

このオルチャンメイク、はやり始めた当初はとってもかわいいと評判で、その人気は絶大となりました。

街へ出ればそこら中にオルチャンメイクを施した女性、特に若い世代がたくさんいました。

しかし、実はオルチャンメイクには一定の批判の声も上がっているをご存じでしたか?

オルチャンメイクの特徴的な化粧の仕方が、逆に女性を不細工にしていると言う人も多く、特に男性にはかなり不評なのです。

実際にモデルさんなどのオルチャンメイクを見たら可愛いのになぜ、、?

そう悩んでいる女子たちへ、今日はオルチャンメイクの説明から不細工にならないための注意点などをしっかりお伝えしますよ~!

オルチャンを目指す女子が増えている!

批判があると言っても、やっぱりは可愛い!オルチャンメイクを目指す女子はどんどん増えており、常に多くの女子たちがオルチャンメイクでもっと自分をかわいく見せられるように日々研究しているのです。

でも、オルチャンメイクってそもそもどういう流れで日本で流行り始めたのでしょうか?

オルチャンなんて言葉も耳に新しく、その特徴やどういうものなのかはこの名前だけでは分かりません。

ということで、まずはオルチャンメイクとは一体何なのかを一緒に見ていきましょう。

知らずにオルチャンメイクをやっていたなんて女性もいるかもしれませんよ!

オルチャンとは?

まずはオルチャンメイクの「オルチャン」という名前。

これって一体何だと思いますか?多くの女子たちが今でさえ勘違いしているのですが、最初は韓国人のモデルさんか何かの名前だと思ってしまいますよね。

オルチャンという言葉にはちゃんとした意味があるのです!まずはオルチャンメイクの成り立ちからみていきましょう!

美少女の代名詞

これ、実は韓国語で「とっても可愛い顔」という意味の単語なのです。

オルが顔、チャンが最高という意味を持っており、オルチャン=最高の顔ということで、オルチャンメイクをすれば最高の可愛い顔になれるという意味なのですね。

オルチャンメイクと言い始めたのは誰かは分かりませんが、この「オルチャン」という単語は実は本場韓国ではもはや使われていない言葉だそうです。

それでも尚、流行りに敏感な日本の若者たちに根強い人気があるというのは、やはり何か素晴らしい魅力があるのでしょう。

オルチャンメイクが流行り出したのはいつから?

ではそんなオルチャンメイクが流行りだしたのはいつからなのでしょうか?

始まりはもちろん熱狂的な韓流ブームです。

韓国ドラマ、韓国イケメン、韓国アイドルなどその人気のジャンルは多岐にわたり、日本にも都会を中心に韓国人風男女が増えました。

髪形やファッションなどを真似ていく中で、メイクも次第に浸透していったのでしょう。

特に、このオルチャンメイクが流行り始めたのは、日本が二回目の韓流ブームを迎えた2013年頃から徐々にその人気を博し、5年経った今でもオルチャンメイクを施した女子は至る所に見ることが出来ます。

今ではインスタグラムなんかで人気アイドルやタレントがオルチャンメイクを披露しているというのもあって、その熱は再加熱しているようですね。

オルチャンメイクはどの世代に人気?

オルチャンメイクは意外にも幅広い世代に人気です。

20代後半の女性にもオルチャンメイクをしている人は少なくなく、はたまた小中学生といった非常に若い世代にもかなりの人気があります。

その中でも、やはり若いモデルが多く活躍している高校生の世代には絶大なる人気を誇っています。

高校生雑誌のモデルさんたちは多くがテレビやバラエティでも活躍しており、今は卒業した高校生モデルも今でも現役高校生たちのあこがれの的となっています。

そんな彼女たちがオルチャンメイクをしているのですから、それが流行らないわけがない!

流行の最先端である高校生から人気を獲得したオルチャンメイクはすごいとしか言いようがありません。

韓国製メイク商品が売れている!

オルチャンメイクの影響もあり、韓国製のメイク商品がかなり売れているというのも日本の現状です。

日本製の化粧品が品質抜群なのに対して、韓国製のものは値段も安く色味もしっかりしているので楽に化粧をすることができるのです。

日本製の品質安定感は譲れませんが、少し高いのがネック。

さらに少ないお小遣いや給料でで最大限のおしゃれをしている学生たち、OLにとっては全部日本製の化粧品でそろえるのはなかなか痛手となります。

一方で、韓国製化粧品なら安上がりで且つ今流行りのオルチャンメイクを施しやすい作りになっているものが多いのです。

お財布に優しく憧れのメイクもできちゃう、そんな韓国製化粧品はどんどん売り上げを伸ばしているのですね。

美しいというより可愛い

オルチャンメイクは美しい顔というよりかは可愛いらしい顔に仕上がるのが特徴です。

韓国アイドルはどちらかとすらっとした綺麗なイメージが強いですが、このオルチャンメイクはそれに反してかなり可愛い顔になることができます。

オルチャンメイクとインターネットで調べてみると、少女のような幼く可愛らしい顔に仕上がった女性たちの写真が出てくるはずです。

可愛い顔というのは高校生たちには非常になりたい顔ですので、その人気が出るのも納得です。

また、オルチャンメイクは元々が大人っぽい顔の女性でも、少し若い可愛い顔になることが出来ます。

いつも年上に見られたり「綺麗だね」と言われてきた女性も、たまには「可愛いね」と言われたい時だってあります。

そんな女性は、一度このオルチャンメイクに挑戦してみると良いでしょう。

オルチャンメイクの特徴とは?

魅力たっぷりのオルチャンメイク、あなたも試してみたくなってきましたか?可愛らしい顔になれるなんて夢のようですよね。

いつも同じ化粧ばかりしている女性にとっては新たな冒険となり、新しい出会いだって生まれるかもしれません!

では、そんなオルチャンメイクの詳細な特徴をご紹介していきましょう!

オルチャンメイクにするにはどのようなことを意識して化粧をすればいいのか、全くわからないという方。

各部位ごとに詳しくご説明していきます!

そう言えばあのモデルさんもこんな化粧していたな~なんて嬉しい発見もあるかもしれませんよ。

陶器のような白い肌


メイクをする上で一番重要だと言っても過言ではない箇所、それが肌です。

肌にどんなファンデーションを乗せるかで顔全体の印象がガラッと変わってしまいます。

さらにはその人の年齢やその日の体調なんかも出てしまうものなので、女性にとっては最も気を付けて化粧するべき場所だと言えます。

そんな肌ですが、オルチャンメイクでは陶器のように白い肌が特徴的です。

フランス人形のような白い肌に、テカリがなくさらさらな質感が見るだけで分かるような肌が理想的なオルチャンメイクです。

また、白い肌というのは透明感を演出するうえでとても大事な要素であり、オルチャンメイクの可愛らしさを表現するのに欠かせないポイントとなります。

ほとんどのファンデーションは、3段階ほどの明るさに分けられています。

オルチャンメイクではその中でも最も明るい色のファンデーションを選ぶとより可愛さを強調することができます。

また、日焼けをしすぎないというのも絶対条件です。

どんなにファンデーションを重ねても、日焼けした肌は時間が経つと露出してきます。

まずは肌を焼かないように気をつけて、且つ陶器のように白く綺麗に仕上げるように挑戦してみましょう。

太くまっすぐな眉

太くまっすぐな眉毛もオルチャンメイクの特徴です。

少し前に平行眉というのが流行りましたよね。

人気女優の新垣結衣さんなんかがその代表的例ですが、平行眉は顔の印象を優しくしてくれる上に、少しか弱いようなアンニュイな雰囲気も出せるということで日本の女子たちがこそってマネをしていました。

そんな平行眉ににているのがこのオルチャンメイクの眉毛。

まっすぐと引いた眉が優しい印象を演出してくれるので、顔全体がそこまできつく見えないのですね。

また、優しい雰囲気の中でもしっかりと眉ラインを引くことで、薄い顔になってしまわずにくっきり美人に仕上げることができますよ!

アイラインが長い

オルチャンメイクでは、アイラインもしっかり長く引くのがおすすめです。

目頭から始まり目尻、そして下まぶたのくぼみまで長く描いてあげると、モデルさんのようにはっきりとしたそれでいて可愛らしいタレ目になることができます。

アイラインが長いとかなりケバくなってしまいそうですが、オルチャンメイクでは全体的に化粧が濃いというよりかは、ところどころを強調させるという印象です。

なので、アイラインが目尻までしっかりと描かれていてもそこまでケバケバしくはならないのです。

目尻は好みでくの字に入れている女性も多いようです。

目尻を強調することでタレ目を強めに出すことができて、より可愛らしい顔に近づくことができるのですね。

太さもそれなりにある

アイラインは長いだけではなくちゃんと太さもつけてあげるのがミソです。

細いアイラインだとどれだけ描いても目元はそこまではっきりできません。

アイラインを引くのならしっかり太く、これはオルチャンメイクではお決まりのルールなのです。

しかしこれはくっきり二重の人限定の話です。

二重幅が狭かったり奥二重であまり二重に見えない人がアイラインを極太にしてしまうと、逆効果になってしまいます。

アイラインが目の幅を狭く見せてしまい、逆に目が小さく腫れぼったく見えてしまうのです。

こうした人は、真っ黒ではなく茶色や薄めのアイラインを試してみると良いかもしれません。

立体感のあるリップの塗り方

オルチャンメイクで最も目立っている箇所、それはやっぱりぷくっとした唇ですよね!

SNSでも多くの女優やモデルさんたちが存在感のある赤リップを披露していて、自分も真似したくなってしまいますよね!

オルチャンメイクではいつも挑戦しないことをするというのも楽しみの一つ。

思い切って唇はしっかり色のついた赤リップに挑戦して見ましょう。

唇に立体感をつけるには、ただリップを塗るだけでは少しもの足りません。

リップにも下地というものがありますので、まずはしっかり下地から仕上げていきましょう。

そしてペンシル型のリップで唇の縁取りをした上から、本命の赤リップを塗るようにしましょう。

少し手間ですが、これだけでいつもとは全然違う印象を作ることができます。

もしどうしても赤色に抵抗があるという人は、薄ピンクやヌーディなベージュなんかも可愛いので試して見てくださいね!

カラコンで黒目を大きく見せる

しっかり仕上げたのに何かが足りない、、それはもしかすると黒目が小さいからかもしれません。

濃いメイクには小さい黒目はあまり似合いません。

思い切ってカラコンで黒目を大きく見せるようにして見ましょう。

カラコンはその色が付いている部分のサイズで種類分けされます。

かなり大きめのものから、瞳の色を変えるためだけの小さなものもあります。

オルチャンメイクでおすすめなのは、暗めの日本人らしい色でサイズは大きめなものです。

少し普段より大きいだけで、顔全体が幼い印象になります。

また、カラコンと言っても、最近では医者が処方してくれる安全なカラコンや通常よりも酸素を通しやすいコンタクトなんかがたくさん販売されています。

今までカラコンに抵抗があった人でも安心して使えるものが増えているのです。

もし市販のカラコンが怖いという人は、まずは眼科に行ってお医者さんに相談してみてください。

一週間からワンデイなど色々な種類カラコンを紹介してもらえるはずですよ!

涙袋が目立つ

オルチャンメイクはなんであんなに瞳がうるうるして見えるかご存知ですか?実は、瞳じゃなくて涙袋をしっかり目立たせているからなんです。

今は涙袋専用のライナーやラメなんかが売っており、どれも白っぽくて肌に透明感が出る綺麗な色なのです。

また、涙袋専用をわざわざ買わなくとも、手持ちのアイシャドウの白っぽい色を下まぶたに乗せるだけで涙袋っぽくなりますよ!

涙袋はある人とない人でかなり分かれますが、ない人でも化粧で簡単に作れてしまいます。

上級者までなると、涙袋ラインに加えて目元に影を作ったりしてさらにくっきり見えるようにしている人もいるようです。

オルチャンメイクの6個の注意点


オルチャンメイクは全体的にしっかりとメイクアップするという印象が強いですね。

日本人はもともと顔が薄い人が多く、はっきりとした可愛らしい顔に仕上げるにはそれなりの化粧が必要だということです。

とは言っても、オルチャンメイク自体はかなり簡単な工程ばかりなので、その気さえあれば誰にだってできちゃうお手軽化粧なのです!

そんな魔法のようなオルチャンメイクですが、一歩間違えてしまうととってもブサイクになってしまいます。

間違ったオルチャンメイクをしている女性が増えてしまったために、「オルチャンメイクはブス」なんて言われてしまうようになりました。

そんな声をひっくり返すためにも、オルチャンメイクの気をつけるべき6個のポイントを知っておきましょう。

このルールさえ守っていれば、あなたも本当のオルチャンの仲間入りですよ!

眉を濃くし過ぎない

オルチャンメイクではまっすぐ太い眉毛が特徴的ですが、あまりにも濃くしすぎてしまうのはNGです。

まっすぐ太い眉毛と聞いて勘違いしてしまう女性も多いようですが、太く描くというのは濃く描くということではありません。

太く柔らかく描くからこそ、顔の印象が優しくなって可愛らしさを表現することができるのです。

太い上にかなり濃い眉毛になってしまうと柔らかい表情なんて絶対に出せませんよね。

眉毛は顔の全体の印象を決める一番大事な部分です。

ここで柔らかさを表現できないオルチャンメイクは、絶対に成功しないでしょう。

眉毛を柔らかく描くには、筆で全体をしっかり描いてしまうのではなく、パウダーを上手く使って全体的にぼかしていくと良いでしょう。

筆は足りない毛を補う用に最小限に使用を抑え、後は薄い色のパウダーで整えるといった感じにすると、濃くなり過ぎず自然な太眉を作ることができます。

眉が目立って浮いてしまう

また、眉毛を濃くすることのデメリットとして、眉が目立って浮いてしまうということも挙げられます。

日本人の顔に合わせて眉毛も生えてくるので、元々は薄く細い眉毛の人が多いはずです。

そこに、無理やり濃すぎる眉毛を描いてしまうと、嫌でも悪目立ちしてしまうのはすぐに想像できますよね。

眉が目立つとせっかくほかの箇所をがんばっても、眉毛にしか目が行かなくなってしまいます。

極端な例ですが、お笑い芸人のイモトアヤコさんはいつも眉毛をマジックで書いていますよね。

あれのせいで顔の他の目や口などの部分が一切印象に残りません。

それほど眉毛とは顔全体の中で一番幅を取るものであり、印象を左右する鍵になっているのです。

もしあなたがお笑い芸人を目指していないのであれば、全体とのバランスをしっかり取れるように、まずは眉毛の濃さからうまく調節できるようになりましょう。

ファンデーションはなるべく薄塗りに

ファンデーションはなるべく薄塗りにしましょう。

陶器のような白い肌にするために、多くの下地やファンデーションを重ね塗りしてしまう人がいますが、これは透明感がなくなってしまうのでオルチャンメイクからはかけ離れてしまいます。

ファンデーションはアイラインやアイブロウと違ってそれほど濃くしてもあまり分からないと思っている女性がいます。

しかし、実はファンデーションの厚塗りは他人から見ると最もよく見える部分でもあるのです。

というのも、時間が経ってよれてきたのが一番わかるのもファンデーション、厚塗りすぎて他の首や腕などと色が全然違うとバレてしまうのもファンデーションなのです。

真っ白なくすみのない白い肌に近づけるのは必要ですが、あまりにも不自然に隠してしまうのはかえって逆効果なのでやめておきましょう。

厚塗りは時間が経つとヒビが入る

特に、ファンデーションがよれて汚く見えるのは表面にヒビが入ってしまっているからでしょう。

薄塗りだとヒビが入るなんてことはほぼありえませんが、厚く塗りすぎると乾いた絵の具のようにひび割れしてしまうのです。

良くほうれい線あたりや頬のてっぺんあたりがなんとなく割れている女性がいます。

あれはきっと下地やらクリームファンデーションやらをひたすr塗りたくってしまった証拠でしょう。

特に男性は女性の肌を見て年齢や清潔さを見極めるので、ファンデーションの厚塗りは老けて不潔に見えてしまうのです。

ファンデで隠さずまずは素肌を綺麗にしよう

ファンデーションで隠したくなるのは山々ですが、まずは全てを隠そうとせずに素肌を綺麗にすることを目標にしましょう。

素肌の色は生まれつきですが、ニキビやくすみ、シワなどは自分で気をつけてケアするだけで全然違う状態に生まれ変わります。

ファンデーションで隠すのは、最低限のシミや顔の赤み程度と意識しましょう。

それ以上やると、肌に余計な負担をかけてしまってさらに素肌をボロボロにしてしまいます。

素肌の透明感に叶う化粧はありません。

自分に合うファンデーション、そして肌のケア用品を探して素肌の手入れから始めてみてくださいね!

リップはビビッドな色を唇の中心だけに乗せる

可愛くぷくっとしたリップを作るときには、ビビットなはっきりとした色を唇の中心に乗せるようにしましょう。

唇が非常に薄い人であれば、少し拡張して描く分には可愛くなります。

しかし通常は真ん中部分にビビットカラー、そして周りにくいくにつれてグラデーションカラーで薄くしていくと綺麗なぷっくりリップを作ることができます。

色はやはり先ほどもご紹介したように、赤リップを真ん中に乗せるのが理想的です。

そうすることで、周りとのグラデーションもはっきりと出すことができて、主張しすぎない可愛らしい口元を演出することができます。

全体に塗ると金魚を咥えているように見える

真ん中だけでなく全体をビビットカラーに仕上げてしまうと、どこぞの魔女のようになってしまいます。

それはまるで金魚を加えているかのようなどぎつい顔になり、寄ってくる者も寄ってこなくなってしまいます。

目には時間をかけて化粧する人も、口にはそこまで時間をかけないという人が多くいます。

ただ色付きのリップを塗って終わりという人は多く、そうした人が全体にぼってりと色を乗せてしまう傾向にあります。

リップも顔の印象、オルチャンメイクを成功させるのにとっても大切な箇所です。

しっかり時間をかけてあげて可愛く仕上げてあげましょう。

クレヨンリップで内側だけ塗るのもおすすめ

真ん中に色を乗せるには、グロスや通常の口紅ではなかなか色がはっきり出ないことがあります。

そんなときは、クレヨンリップを使って唇の内側だけ塗るようにしてみてください。

クレヨンリップは近くのドラッグストアでも買うことができるお手軽品で、そのコスパと能力の高さに若い女性たちから非常に人気があるコスメです。

クレヨンのような形状で、ぬるとこれまたクレヨンのようにマットな色がしっかりと表現できるのです。

潤いやすい唇の内側ですが、クレヨンリップはなかなか落ちないことも魅力の一つ。

内側に少し塗るだけでもそお存在感は抜群です。

コンシーラーやファンデで一度唇の色を消すと上手くいく

また、自分の唇にもともとはっきりと色が付いているという女性もいます。

そういった場合はコンシーラーやファンデーションで一度唇の色を消してから色を乗せると上手くいきます。

コンシーラーはシミ消しに使われるものですが、今は唇用のコンシーラーも販売されています。

これが結構がっつり色消しをしてくれるので、その上からすきな色を塗ることができます。

CMなんかでヌーディなベージュのリップを塗っている女優さんがいますよね。

彼女たちも一度唇の色を消してからその上にベージュリップを乗せているのです。

じゃないとあんなに綺麗にベージュが乗ることはありません。

リップはオルチャンメイクの肝です。

しっかり化粧をした日には、ちゃんとメイク落としで綺麗にして素の唇を労ってあげてくださいね。

長いアイラインは垂れ目風に引く

長めに描くアイラインについては、必ずたれ目気味に描くようにしてください。

つり目の人であっても、アイラインで少し下向きにラインを引くだけで、とても優しい印象に変わります。

先にご説明した「くの字型」にラインを引く方法がもっとも人気なメイクアップです。

オルチャンメイクをする女性は大体がこのくの字型ラインを活用しています。

これがちょっと濃いと感じる人は、上から引いたラインをそのまま下向きに流すだけでもオッケーです。

くの字にすると少し囲い目のようになりますが、流すだけなら目尻のまつげと同調して自然に仕上げることができます。

上に引くとキツい印象に

逆に、長いアイラインを上向きに引いてしまうとかなりきつい印象になってしまいます。

つり目の人は少なからずきつい印象、サバサバしていたり美人系だったりとオルチャンメイクからはかけ離れています。

また、上向きかつアイラインを長くしすぎると、舞台化粧のようになってしまいます。

歌舞伎やダンスの舞台化粧では、ほとんどが上向きにアイラインを引きます。

歌舞伎俳優を思い出してもらえばとてもわかりやすいと思いますが、みなさん上向きのラインを引いてとてもきつそうに見えますよね。

アイラインはその向きが下か上かで全く違う印象になってしまいます。

オルチャンメイクのときは必ず下向きに引いて、タレ目の可愛い顔づくりを意識するようにしましょう。

チークはほぼ不要

オルチャンメイクは可愛い系だからチークも濃く!と思ってはいませんか?

これは絶対にNG行為です。

チークは薄め、またはほぼつけないぐらいがおすすめです。

オルチャンメイクでは、太眉に長めのアイライン、そしてぷっくりと存在感のある唇が特徴的です。

これだけで顔はかなりはっきりとして見せることができ、逆にこれ以上行くと厚化粧の若作りにしか見えなくなってしまいます。

チークは一歩間違えると、若作りしたいおばさんのように見えてしまいます。

発色の良さが他の箇所から頭一つ抜きん出ているので、つけすぎるとすぐにその存在感をマックスにしてしまうのです。

チークをどうしてもつけたいなら、ベージュなどのあまり目立たない色を選ぶようにしましょう。

涙袋を強調させ過ぎるとクマに見える

最後は瞳をうるうるさせて可愛さを強調する涙袋の注意点です。

涙袋は一番調整しにくい箇所であり、自分では濃いのか薄いのかがわかりづらい部分でもあります。

涙袋はない人とある人で極端に分かれるため、その化粧の施し方も人それぞれ合った方法があります。

この涙袋を自分に適した濃さよりも強調してしまうと、それがクマのように見えてしまうことがあります。

クマがあるだけで女性の顔は一気に老け込んで見えますよね。

それと一緒で、涙袋を強調させすぎると一気に老け顔になってしまうのです。

特に、アイラインを目尻にくの字に入れている人が濃い涙袋を描いてしまうと、ダブルパンチでものすごく体調の悪い人になってしまいます。

パールの強いアイシャドーで涙袋を作ろう

涙袋がクマになってしまわないようにするためには、パールの強いアイシャドウを使う必要があります。

涙袋を描くときに、みんなどうしてもマットな暗い色でやってしまいがちです。

というのも、涙袋専用ライナーなんかを見ると、ギラギラのラメが入っていてとても挑戦する気にはなれないからです。

アイシャドウについている白のシャドウもまた、強いラメが入っていることが多く、激しくしたくないがために暗い色を選んでしまうのです。

しかし、暗い色を下まぶたに引けば、それはもうただのクマです。

思い切ってパールの強いアイシャドウを使ってみてください。

実際にやってみるとそこまで派手ではなく、いい感じに瞳がうるうるして見えるはずです。

もしそれでも気になるようであれば、アイシャドウを塗る範囲を狭めてみましょう。

広範囲だと目立っていた涙袋も、細いラインにすれば綺麗にあなたの顔に収まるはずですよ!

オルチャンメイクを失敗してぶすにならないように!

人気が終わらないオルチャンメイク。

その魅力は十分に伝わりましたか?

若い世代からアラサー女子まで、幅広く愛されているオルチャンメイクは意外と簡単にできてしまうものなのです。

今日ご紹介した注意点さえ守れば、すぐに可愛らしいアイドルのような顔を手に入れることができますよ!

化粧は女性の魔法、常に挑戦し続けて自分の理想の顔を手に入れてくださいね!