今や私たちにとってインターネットという存在は欠かせないものになっていると言えます。

もしも自分の今の生活にインターネットがなくなってしまったらということを考えてみると、とても恐ろしいことになってしまいますよね。

例えば、昔は知らないことや気になったことがあったとしても、情報を手に入れるということはとても大変なことでもありました。

知らないことや気になることがあれば、本を読んで必要な情報が描かれている場所を探したり、人から聞いたり、様々な方法で情報を手に入れようと奔走していたはずです。

しかし、今では知らないことが気になったことがあればインターネットを使ってすぐにそれを検索したりすることができるようになっています。

昔はその情報を手に入れるために膨大な時間が必要になっていたはずなのに、今では時間を消費する必要性がなくなっているんです。

それを踏まえて考えてみると、インターネットがある世界というのは非常に利便性が高く、今やインターネットは生活や仕事において欠かせない存在になっていると言えます。

そして、今ではインターネットを使った娯楽なども数多く存在しており、その中の一つにはSNSが存在しています。

SNSが発達したことや、LINEの出現によりインターネット上でのコミュニケーション方法は大きく変化し、今では当たり前のツールになっています。

そのようなツールを利用していると、時々目にするのがネット用語と呼ばれる言葉です。

一見すると難しく感じるような言葉なども多いですが、実際は利便性が高く、面白い言葉が多いのも特徴的となっています。

そこで、今回はネットでの交流に欠かせないネット用語の一つでもある、フラグという言葉をテーマにして、フラグの意味や使い方についてご紹介していきたいと思います。

フラグという言葉は非常に使用される率も高く、便利な言い回しの言葉でもあります。

なので、この機会にフラグという言葉を知らない場合は意味を知り、日常的に用いられるように言葉に対する理解を深めてみましょう。

フラグという言葉について

インターネット用語に関してはインターネット上で生まれた言葉がほとんどです。

例えば、インターネット上に存在している掲示板で他人と交流をするなかで生まれたような言葉もあれば、動画配信の中でのやり取りなどで生まれた言葉などもあります。

なので、普段からインターネットを使って何かしらの交流を行っているような人であればフラグという言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

インターネット上の交流ということを考えてみると、今の時代ではネット用語は必要不可欠なくらいにその存在は大きくなっています。

実際に、SNSなどを利用しているような人であれば、一度くらいはネット用語を見かけたことがあると思いますし、自分自身も使った記憶などがあると思います。

それくらいネット用語はたくさんの方から利用されており、コミュニケーションの際には欠かせない存在になっています。

つまり、ネット用語を知らないとインターネット上での相手との交流において、困ってしまうような場面なども出てくる可能性があるということになります。

例えば、相手が何を言っているのか理解できないと受け答えのしようがありませんし、楽しいとも思えなくなってしまいますよね。

なので、より良いコミュニケーションを行うためには、頻繁に使われる簡単なネット用語くらいは理解しておく必要性があるということになります。

それを踏まえた上で、ネット用語の中でも比較的頻繁に用いられるフラグという言葉の意味を考えていきましょう。

フラグとは


ネット用語の一つでもあるフラグという言葉は、どのような意味を持っているのかと言いますと、言葉の意味そのままで「旗」という意味で用いられています。

もともとフラッグという言葉が英語で旗と呼ばれており、フラグという言葉も同じような意味で使用されているようになります。

もともと旗の意味は「国家や軍隊その他種々団体や個人あるいは船舶などの標章として用いられる特別の布で、一定に定まった形態、図柄、色彩を持っているもの」とされています。

つまりどういうことかと言いますと、もともとは統率のしるしを示したり、地点を表したり、敵味方を表すという意味が存在しています。

実際に私たちが住んでいる世界においてはそれぞれの国に国旗が存在しており、その旗がいわゆる国家を示している存在であるということが考えられます。

なので、旗自体の意味としてはそこまで難しくないような言葉になると思います。

では、これがインターネット上で用いられる場合どのような意味になるのか?と考えてみると、若干ながら意味が相違してくるようになります。

ここがインターネット用語の難しいところで、言葉そのものの本来の意味で使われるものもあれば、若干ながらひねった意味合いが用いられる場合もあります。

しかしながら、どのような言葉においても意味さえ知っておけば、なるほど、と納得できるような利便性の高い言葉ばかりでもあります。

それを踏まえた上でフラグという言葉がインターネット上ではどのように用いられるのかということについて詳しくご紹介していきたいと思います。

コンピューターで使う言葉

もともとフラグという言葉に関しては、ネット上では本来の意味と少し違う意味で使用されていました。

フラグという言葉は、コンピューター上での意味合いとしては「ソースコードにおいて、条件を満たしているかどうかを判断するために使う変数」として用いられています。

ソースコードとはどのような意味なのかと言いますと、とても簡単にお伝えするとプログラミング言語の一つとして知られており、テキストとして解釈されています。

私たちが普段用いている利便性が高い物などに関しては、プログラミング言語が設定されており様々なプログラムが作動していることが多いです。

例えば、何かを操作するときには当然、そういう行動をするようにプログラムが設定されているからこそ機械などがそれを感じとって行動してくれるようになります。

つまり、ソースコードであるプログラム言語を書いておかないと、機械は動いてくれないということになります。

そして、ソースコードに関しては当然ながらそのソースコードごとに条件が設定されており、その条件がクリアされて初めてその行動をとるようになります。

そして、その条件を満たしているかどうかということを判断するために用いられる変数のことをフラグという言葉で表現しているということになるのです。

つまり、簡単に言えば条件が成り立っているかどうかを判断するためのツールの一つでもあると解釈をすることができます。

このように、フラグという言葉に関しては、コンピューター上での意味合いと、一般的な解釈ではそれなりに意味に違いが存在しています。

なので、フラグという言葉の意味合いが混同してしまったり、わかりづらくなってしまうこともあると思います。

ただ、基本的な意味合いを理解しておけばそこまで難しい言葉の意味にはなりませんので、
この機会に使いわけができるように意味の違いを覚えておいてください。

ネット用語フラグの正しい使い方とは


ここまでフラグという言葉はどのような意味を持っている言葉なのか簡単にご紹介してきました。

ある程度フラグという言葉が持っている基本的な意味を理解いただけたのことで、ここからはネット用語におけるフラグという言葉の使い方についてご紹介していきたいと思います。

先ほどお伝えした通り、フラグという言葉はネット用語の中ではかなり頻繁に用いられるような言葉でもあります。

そして、今の時代にとってネット上での交流であったり、コミュニケーションなどは欠かせなくなっています。

つまり、インターネット上で交流をするための方法などを身につけておくべきであると考えることができます。

だからこそ、フラグという言葉をはじめとした簡単なネット用語くらいは知っておいたほうが絶対に良いはずです。

知らない言葉を勉強したり、普段使わない言葉を使ったりするのはエネルギーが必要になるかもしれませんが、ネット上での交流を円滑にしてくれるツールになってくれます。

なので、基本的な言葉の意味や、使い方などは理解しておいたほうが絶対に困ることはありませんので、この機会に使い方に関しても正しく把握できるようにしておきましょう。

フラグが立った

まず初めにご紹介するネット用語のフラグという言葉の正しい使い方として「フラグが立った」という使い方が存在しています。

フラグが立ったとはどのような意味なのかと言いますと、意味としては「そうなるであろう、そうなる条件がそろった」という意味として解釈することができます。

これはどういうことかと言いますと、フラグという言葉の基本的な意味さえ理解しておけばそこまで難しくない解釈ができます。

もともとフラグという言葉の意味は「ソースコードにおいて、条件を満たしているかどうかを判断するために使う変数」という意味が存在しています。

これを簡単に解釈すれば、条件がそろったという意味で解釈することができます。

つまり、フラグが立つということは、何かが起こる条件がそろったという解釈をすることができ、「そうなるであろう」という意味で解釈できるということです。

そして、この言葉に関してはもともとパソコンなどのアドベンチャーゲームなどで用いられてきたことでも知られています。

例えば、ゲームをしたことがある方ならばわかると思いますが、ゲームの中には様々な条件を揃えて初めて起こるようなイベントなどが存在しています。

つまり、そのイベントが揃う条件を全てクリアした状況において、フラグが立ったという言葉で表現することができるということになります。

もちろん、これは何もインターネットの世界だけに用いられるような表現ではありません。

現実の世界においてもこの表現を使って様々な出来事について表現をすることができるようになります。

例えば、現実の世界において何かしらの出来事がこれから起こりうるであろうことを予測した際に使うことができます。

何かが起こるということは当然ながら何かしらの過程があって初めて起こるのであり、中にはこれがそろえば、これからこれが起きるだろうということを予測できることがあります。

例えば、テストで0点を取れば親から怒られるのは目に見えており、想像にたやすいと思います。

これを親から怒られるフラグが立ったという言葉で表現することができるので、現実の世界においても表現できるということになります。

フラグが倒れた

次にご紹介するネット用語のフラグという言葉の正しい使い方として「フラグが倒れた」という使い方が存在しています。

フラグが倒れたという言葉に関しては、どのような意味になるのかといいますと「そうならない」という意味で解釈することができます。

これはどういうことなのかと言いますと、とても簡単にお伝えするとすれば先ほどお伝えしたフラグが立つという言葉が全く反対の意味で解釈することができるということです。

そもそも、フラグという言葉に関してはフラッグという言葉が起源になっており、フラッグは旗を意味しているとご紹介しました。

つまり、フラグが立つ=旗が立つ、フラグが倒れた=旗が倒れたという意味で解釈ができますので、結果的に逆の意味で解釈することができるということになるのです。

例えば、自分自身がこれから起こり得そうなことを予想し、フラグが立った状態になったとします。

しかし、場合によっては予想外の出来事などが起きてしまったりして、それが起こりえなかったりするようなことなどもあります。

そのような場合には、フラグが倒れたという言葉で表現することによって、「そうならない」結末になってしまったと表現することができます。

日常生活の中には、このように感じる出来事などは数多く存在していると言えます。

なので、フラグが立つ、フラグが倒れる、という言葉さえ知っておけば、様々な表現で会話を成立させることなども可能になります。

利便性が高い言葉でもありますので、この表現方法くらいは基本的な使い方をして覚えておくようにしてください。

恋愛フラグ

次にご紹介するネット用語のフラグという言葉の正しい使い方として「恋愛フラグ」という使い方が存在しています。

恋愛フラグという言葉に関してはどのような意味があるのかと言いますと「二人の今後の関係を予見する言動が行われる」ということを意味しています。

まず、考え方としてはこれまで同じように、これから何かが起こるということを予測していることには違いありません。

そして、恋愛という言葉がついていますので、それが恋愛に関係しているような状況であれば用いることができるという解釈になります。

例えば、具体的にどのような状況で用いられるのかと言いますと、漫画やアニメなどで恋愛が結ばれるようなパターンなどで使われるようになります。

さらに具体的には、喧嘩などをよくしたり、相反する二人であることを印象づけるようなシーンなどがあると思います。

しかし、一般的には喧嘩をよくしたり、相反するような性格の二人が恋愛関係に陥ったりするようなことなどは、お決まりのパターンであるともいえます。

このような状況が漫画やゲーム、または現実などにおいて起きた場合に恋愛フラグという言葉を使って表現することができるとも言えます。

現実の世界においても、なかなかないかもしれませんが、落とした消しゴムを一緒のタイミングで拾ったりだとか、恋愛を予想させるような状況で使用することもできます。

考えてみれば、現実の世界においても広い場面で用いることができるので、覚えておけばいろんな場面で使用することができる表現方法だとも言えます。

死亡フラグ

次にご紹介するネット用語のフラグという言葉の正しい使い方として「死亡フラグ」という使い方が存在しています。

死亡フラグとはどのような意味合いなのかと言いますと「ある人物が死亡した時に生前に特定の行動や発言をしていたため死亡が確実になった説」のことを意味しています。

つまり、死亡という結果に対するフラグが立ったことを意味している言葉であると考えることができます。

もちろん、死亡したという事実がなくても、死亡をにおわせるような行動や発言などがあった時点で死亡フラグという言葉を使うこともできます。

では、どのような場面が該当するのかと言いますと、映画やゲーム、アニメなどの世界における発言や行動などが主に該当するようになります。

自分自身は助かるというような発言をしたような人や、一見すると死ななさそうな人ほど死を迎えてしまったりすることが多いです。

なので、上記のような発言や行動などを取っている人物がいれば、それは言い換えてみれば死亡フラグが立っているという表現をすることができるということです。

しかしながら、死亡フラグという言葉に関しては現在では非常に広い意味で使用されたりすることが多いです。

現実的に考えると、簡単に死は訪れないので、現実の世界ではあまり使わなさそうに感じるかもしれませんが、別の意味で代用するとよく用いることができるようになります。

例えば、死亡という意味を「失敗、負け」という言葉に置き換えて考えてみると、現実の世界においても使用することができるようになります。

例えば、仕事で大きなミスをするということは、自分自身にとって不都合になりますし、後々に上司から叱責されるような状況であることはいうまでもありません。

つまり、それは失敗や負けを意味するので、自分のミスを死亡フラグが立ったという風に表現することもできるということです。

このように、知っておけば広い意味で表現することができる便利な言い回しに変化するようになりますので覚えておきましょう。

その他の「フラグ」という言葉について

ここまではフラグという言葉を使ったいくつかの表現について、それぞれの意味をご紹介していきました。

ある程度フラグという言葉の種類や意味を理解いただけたところで、ここからはその他のフラグという言葉についてご紹介していきたいと思います。

フラグという言葉は非常に多くの種類の言葉があり、簡単に表現することができる便利な言葉ばかりです。

しかし、本来の意味合いとしてはパソコンにおける意味合いで用いられていることもあり、パソコンの機能に関連した意味で用いられることが多いです。

そこで、ここからはパソコンやスマートフォンなどの便利な機能の一つでもあるメール機能に絡んだフラグという言葉についてご紹介していきたいと思います。

メールでのフラグ機能

昔と比べて今の時代においてはなかなかメール機能を使ったりすることは少なくなっていると思います。

なぜならば、LINEが発達したことによって、LINEで相手とメッセージのやり取りをする機会が多くなっていることから、メールを使うことが少なくなっているからです。

しかしながら、まったくメールを使わないのかと言われればそうではありません。

今でもビジネスの面においてはメールを使った相手とやり取りをすることなどは当たり前になっていますし、人によってはメールを使って連絡を取り人もいます。

だからこそ、メールに関する基本機能くらいは知っておく必要性があります。

それを踏まえた上で、ここからはメールに付随している機能のひとつであるフラグ機能についてご紹介していきたいと思います。

このメールのフラグ機能については、普段なんとなく見過ごしてしまっているという人はとても多いと思います。

とても便利な機能なので、知らない場合はこの機会をきっかけに、どういう機能を持っているのか把握できるようにしましょう。

メールでの「フラグ」の意味とは

メールの中に備わっているフラグ機能に関してはどのような意味を持っているのかと言いますと、簡単に言えば「目印」の機能であると言えます。

今では様々なところに会員登録などをしたり、迷惑メールなどが送られてくることも多いので、ついつい必要なメールなどを見落としてしまったりしてしまいませんか?

また、過去に読んだメールが新しく来ているメールの中に埋もれてしまって探すのにとても時間がかかってしまうような経験をしたことはないでしょうか?

なので、いちいち必要なメールを探したりするのも無駄な時間がかかったりしますので、人にとってはとても無駄な時間だと感じて嫌になってしまうこともあると思います。

しかしながらこのフラグ機能を使うことによって、そういった困った事態をなくすことができるようになっています。

例えば、フラグ機能を使えば必要なメールに対して目印をつけることができますので、そのメールの部分だけ色を変えることができるようになります。

つまり、どれだけたくさんのメールが来たとしても一発でそのメールが分かるようになりますので、判別に時間がかからないというメリットを得ることができるようになります。

とても便利な機能でもありますので、今までメールを探すのに困っていたという人に関しては、フラグ機能を利用してみると効率が良くなるはずですよ。

その他ネット用語の意味と使い方

ここまではメールにおけるフラグ機能についてごしょうかいしていきました。

フラグという言葉に関する理解をいただけたところで、ここからはネット用語に関して詳しくご紹介していきたいと思います。

今回はフラグという言葉をテーマにして、フラグというネット用語の意味合いをご紹介していきましたが、ネット用語は何もフラグという言葉だけではありません。

フラグという言葉以外にもネット用語は様々存在しており、多用されたり、便利な意味合いを持っているような言葉などはたくさんあります。

なので、すべてを覚える必要性はありませんが、利便性が高い言葉などに関しては最低限覚えておくことをお勧めいたします。

そこで、ここからはネット用語の中でも比較的利便性が高い、多用できる言葉をいくつか絞ってご紹介していきたいと思います。

ネット用語などに疎く、意味がよくわからないという方はこの機会に意味合いや使い方などを覚えておくようにしてください。

マジレス

まず初めにご紹介する様々な場面で用いることができるネット用語として「マジレス」という言葉が存在しています。

これはどういう意味かといいますと、まずマジという言葉は説明するまでもないかもしれませんが、本気、真剣という意味を表している言葉です。

そして、レスという言葉に関してはレスポンスと同様に、返信や返すという言葉の意味で用いられています。

つまり、マジレスとは「真剣に返す、真剣に返信する」という意味で解釈することができます。

では、どのような場面で用いられるのかと言いますと、「ネタの発言に対して真剣に返事をしたりすること」を意味しています。

例えば、相手に対して冗談で発言をしたのに相手がそれを真面目に受け取って本気で返されてしまったような状況で用いることができるということになります。

インターネット上でのコミュニケーションというものは相手と直接会わない状態になるので、相手の感情であったり表情などが見えにくかったりします。

なので、相手の発言を真面目に捉えてしまったり、冗談だと判別しにくかったりするような状況が生まれやすいです。

そのような場合にはマジレスという言葉を使ってその状況を言い表すことができますので、覚えておくようにしてください。

また、この表現に関しては現実の世界においても使用することはできます。

現実の世界においても、冗談を冗談と受け止められずに本気で受け答えしたりするような人がいたりすると思います。

そのような人に対して「マジレスすんなよ」というように使ったりすることができます。

【マジレスについては、こちらの記事もチェック!】

うp

次にご紹介する様々な場面で用いることができるネット用語として「うp」という言葉が存在しています。

うpとはどのような意味なのかと言いますと「ファイルをサーバーにアップロードすること」を意味している言葉になります。

打ち間違いに感じる方もいるかもしれませんが、あくまで「うp」が正しく、読み方は「うぷ」という意味で解釈することができます。

なぜこのような表現で言葉が用いられているのかと言いますと、ファイルをサーバーにアップロードしたりする場合はアップローダーと読んだりすることが多いです。

なので、アップローダーという長い言葉を略すという意味においてもうぷという言葉が用いられ、そこからさらにうpという形に変化するようになっています。

難しく考える必要性はなく、何かをアップロードするときには「うpして」というようにして使いことができるようになります。

これは現実の世界においても使用することができ、例えば今では写真などを撮影してみんなで共有したりするようなことなどがあると思います。

そのような場合には、知り合いに「写真うpして」という風に伝えたりすることで意思疎通を行ったりすることができるということです。

ググる

次にご紹介する様々な場面で用いることができるネット用語として「ググる」という言葉が存在しています。

ググるという言葉はどのような意味なのかと言いますと「Googleで検索する」という意味で解釈することができます。

そもそも、今の時代と比べて昔の時代は情報を取得するのに困難な時代でした。

例えば、今でこそわからないことがあればすぐにインターネットで検索をして、情報を取得することができますが昔はそうではありませんでした。

必要な情報を取得するためには本屋に足を運んだり、図書館に行って勉強したりする必要性がありましたが、今はそのような必要はありません。

なので、わからないことや知りたいことがあれば、まずは「ぐぐれ」という風に情報取得をしなさいという意味で用いられているようになっています。

もちろんGoogle以外にも検索エンジンやブラウザなどはたくさん存在していますが、世界的に見てもGoogleは知名度が高いので、ググれという言葉が使用されている状況です。

非常に便利な言葉でもあり、日常生活の中でふとした時に用いたりすることができるような言葉でもあります。

何かわからないことを自分に対して聞かれた時に、自分のわからなかったり確証が持てないのであれば「ググってみれば?」というように用いることができます。

意外と様々な場所で用いることができる言葉でもありますので、覚えておきましょう。

【ググるについては、こちらの記事もチェック!】

まとめ

今回はフラグという言葉をテーマにして、ネット用語におけるフラグという言葉の意味は基本的な使い方についてご紹介していきました。

あまり日常的にネット用語などを使ったりしない人からしてみれば、意味や使い方などが少し難しく感じることもあるかもしれませんね。

しかしながら、正しく意味を理解しておけばそこまで難しい言葉でもありませんし、様々な状況で用いることができる利便性が高い言葉であると考えることができます。

これはフラグという言葉に限ったことではなく、今回ご紹介した他のネット用語に関しても全く同様です。

インターネット上でのコミュニケーションが盛んになってる今だからこそ、インターネット上で用いることができる利便性の高い言葉などは覚えておくべきです。

もちろん全て覚えるのはそれなりの労力がいりますし、時間も必要になりますので、ある程度頻繁に用いられるような言葉に限定して覚えるのも一つの手です。

今回ご紹介したネット用語はすべて頻繁に用いられる言葉でもありますので、この機会に意味や使い方をマスターして日常生活で用いることができるようにしておきましょう。