よく職場などで働いている人が問題になるというような事は様々あります。

例えば仕事のミスをしてしまい大きな迷惑をかけたという人もいるでしょう。

誰でもミスというものはあるのですが、ミスをしてはいけない所でミスをしてしまうと申し訳ないという気持ちで一杯いっぱいになりますよね。

では他にはどの様なことがあるのでしょうか?

職場の問題のもう1つには人間関係というものがあります。

同僚と上手くいかないという事もあり、コミュニケーションが取れないという人も多いのではないでしょうか?

よく職場などで重視をする1つとしてはコミュニケーション能力というものがあります。

言うのであれば人と会話をすることをしないとどの仕事もできないものだと思うのです。

どんな事でもそうですが、人と話しをする機会というのはたくさんあるのではないかと思います。

その中で人と話すことが無い仕事というのは本当に一握りくらいなのではないでしょうか?

仮に誰とも喋らない日があるという事があったとしても、コミュニケーションというものは大事になってきますよね。

会話などが上手くいかない場合であったり、意思疎通ができないと、その会社でやっていけるのだろうかという不安があるのではないかと思います。

そんな多くの人達が働いていて様々なことに困っているなか、もう1つ代表的な問題というものがあります。

それがよく聞く「パワハラ」と呼ばれる行為です。

パワハラというのはパワーハラスメントの略であり、簡単に言うと上の立場にいる上司が、部下たちに無理な要求をしたり、嫌がらせ行為をするような事を言います。

これだけ聞くと相談をすれば良いのでは?と思う人もいるかもしれませんよね。

もちろん相談をすることも大事なのですが、弁護士に相談をするという方法もありますし、この様なことを報告するというのはもっと大事になります。

例えばこれでよくあるのが、周りから信頼を得ている人がこの様なことをしていた場合です。

言うのであれば、このパワハラというのは気にくわない人であったり、生意気と思った人に対してする人が多く、上司が更に上の人に対してこの様なことをするという事がありません。

なのでどうしてもターゲットが下の人達に行くことから、この様なことが問題になったのではないかと思います。

言うのであればこのパワハラというのは、どの会社でも実はおこっている事でもあり、最近ではその数が多く見受けられます。

報告をされていないだけで、実際に嫌がらせを受けていたり、私生活に入ってきたりするというような事もあるのではないかと思います。

またパワハラの特徴というのは仕事を与えさせないというのも1つあります。

仕事を与えさせないという事は、仕事ができないという事になり、成績なども下がってしまうというような事にもなりかねません。

この様なパワハラ問題というのはどんどん多くなっていくので、減るような傾向がありません。

ですが、もしこの様なことがあった場合には必ず報告をすることが必要になります。

言うのであれば社長などに相談をするという事でも良いということになるのです。

この様な問題というのはとても重要なことになり、今後もどの様に対策をしていくかという事が重要になるでしょう!

では今回はそんなパワハラ対策について詳しく見てみたいと思います。

パワハラ上司をどうにかしたい!対策を考えよう

皆さんもパワハラの経験などはありましたか?

あるという人もいるでしょうし、気付かなかったという人もいるかもしれませんよね。

また平和的に終わったというような事もあるでしょう。

基本的にパワハラをする上司というのはあなたに対して好意を持っているという事を覚えておきましょう。

言うのであれば気になって仕方なく、ついパワハラをしてしまうという考えを持つと気が少しでも楽になれるかもしれません。

仮に今現状でパワハラを受けているという人は、一刻も早くその対策を練る必要があるでしょう。

パワハラの問題というのは先ほども言ったように、大きなことにはなっていませんが問題となる場面は多く、様々な会社の中でおこっています。

簡単に言うとニュースにはなっていないけれど問題となるものは多くありますよね。

それと同じように、パワハラもニュースなどにはならなくとも、問題になる部分になるのです。

パワハラを実際に受けているという人や、教えてくれて初めてパワハラを受けているという人は、是非対策を練ってみてください。

その対策をも尽くしてしまった場合は、弁護士などに相談をするという事もすると良いでしょう。

その際に注意をしておくことがあり、それはその相手に気付かれないように相談をしたりすることが重要になります。

パワハラをしている上司というのは簡単に言えば、ターゲットを絞っているのではなく様々な人に対してパワハラをしている行為が多いです。

なのでパワハラ上司をどうにかしたいと思う際に様々な人に相談をすることはNGです。

仲の良い同僚に相談をするのか迷うということであれば、一番は社長です。

パワハラをする際に狙うターゲットというのは、上下関係を重要としているのでどうしても上の人に対してすることができません。

なので会社の社長であれば一番上の人ですし、その様にするというような事が無いと思うので、社長に相談をするという事もオススメします。

ではそんなパワハラですが、どの様な種類があると思いますか?実はパワハラにも種類があり、それぞれで苦労をしているという人も多いでしょう。

どの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

【パワハラのタイプはどれ?】パワハラの種類を把握しよう

パワハラのタイプというのは5つのタイプに分かれます。

例えば身体的攻撃のパワハラであったり、精神的攻撃のパワハラ、人間関係に関するパワハラなど様々あります。

よくある種類で多いのは、無理な要求をするパワハラであったり、人間関係に関するパワハラです。

会社というのはどうしても人付き合いというものをしなくてはいけませんよね。

苦手な人であったり好意を持つような人というのはたくさんいると思います。

その中でこのパワハラを受けるというのはとても辛いことだと思います。

何故なら人間関係の場合は、その人との関係をも崩れてしまう恐れがあるからです。

そして何よりも問題なのが個人の損害のパワハラです。

これは一番問題になるのですが、後々で説明をしたいと思います。

ではどの様なタイプがあるのか詳しく診て見たいと思います。

①身体的攻撃型のパワハラ

まず身体的攻撃型のパワハラがあるでしょう。

これは言うのであれば身体に対して害を加えたというものです。

例えば殴られたというものであったり、傷つけられたというような事もあると思います。

よくドラマなどでは水を頭にぶっかけるというような事があるのではないかと思いますが、実はそれもパワハラの1つです。

最近ではこの様な描写が無いですよね。

身体的攻撃型のパワハラというのはこの様なことが含まれているのです。

他にも髪を引っ張られたという事もあるかもしれませんが、これも実はパワハラの1種になります。

いわゆるカップル同士の喧嘩でおこりそうなものは全てパワハラになるという事です。

これを後輩に対してする上司などもいるという事を覚えておきましょう。

②精神的攻撃型のパワハラ


精神的攻撃型というタイプもあります。

例えば悪口というのは当然のことであり、「使えない」というような表現をするのもこの精神的攻撃型のパワハラです。

言うのであれば「辞めれば?」という事や「役に立たないな」というような事も実はこの精神的攻撃型のパワハラに入るのです。

よく友達の言い合いでもこの様なことがあるのではないかと思いますが、これが仕事になるとパワハラになるという事を理解すると良いかもしれません。

と言うのも、基本的に喧嘩での言い合いになると酷い口調になってしまいますが、それを仕事でするというような事は無いですよね。

何故なら喧嘩というのはお互いが知っていて喧嘩をしています。

なので言うのであれば仲の良い状態であったり、一緒にいる時間が長いからこそおこってしまうことです。

しかしながらこの精神的攻撃型のパワハラの場合は、不意にしてきたり、ちょっとした事でイライラするから罵倒をするというような事になるので、とても失礼ですよね。

その様なものも全てパワハラになるという事を覚えておくようにしましょう。

③人間関係に関するパワハラ

人間関係に関するパワハラというのもあります。

これはよくある事なのですが、職場で仲良かった人と急に話さなくなった、いろいろな人から避けられているというような事は全てこの人間関係に関するパワハラに入ります。

例えば人というのは誰でも好きになるというような事はありませんよね。

どうしても相手によっては好き嫌いというものがあります。

しかしながら人間関係に関するパワハラの場合は、上司が他の部下に「関わるな」という事を言っておいて仲間はずれにしたりすることを言うのです。

簡単に言うと弱い者いじめをしているという事になります。

人間関係に関するパワハラの場合は、他にも無視をされるというのもあるでしょう。

おはようございますというような挨拶でさえも無視をしてしまう、他の人とは違うことを要望してくるというような事は全てこの人間関係のパワハラになってしまうのです。

④無理な要求をするパワハラ


無理な要求をするパワハラというのもあるでしょう。

先ほど言った、違うことを要望してくるというようなものに近いものを感じますが、例えば一人で作業をすることがきついものを平然と要求してくるというような事を言います。

また、個人的な要求をするのもパワハラの1つです。

例えばお互いがプライベートで仲の良い人であれば良いですが、仕事中に別のことを要求してきたり、仕事とは全く関係の無いものまで頼むというような事は全てこの無理な要求をするパワハラに当てはまるのです。

このタイプの人も多いかもしれませんね。

特に無理な要求をするというような事は多くあり「それができないなら会社辞めてしまえ!」というように脅しをかけてくる上司も多いです。

ですがその際には直ぐに辞めるというのであれば辞めても良いですし、社長などに相談をするというのも良いでしょう。

仮に社長もあまり信用できないとなれば、弁護士などに相談をすることをオススメします。

また、他の会社に助けを求めるというような事も良いかもしれません。

一番はどんな事があっても信用できる人を作るという事です。

⑤個人の損害パワハラ

個人の損害パワハラというのもあるでしょう。

これもよくあるケースの1つであり、一番問題になってくることなのですが、誰にでもプライベートというものがありますよね。

会社の人達には触れられたくない場面というものがあるのではないかと思います。

そんなプライベートもプライバシー関係なく、様々なことを聞いてくるというような人もいます。

どこに住んでいるのか、普段は何をしているのか、どこで買い物をしているのかなど、プライベートのありとあらゆることを聞いてくる上司はいませんか?

その様な人は基本的に個人の損害パワハラのタイプに入ります。

言うのであれば、この様なタイプの人というのは基本的にプライベートに首を突っ込むような人が多いので、注意をするようにしましょう。

パワハラの対策法6個!

ではそんなパワハラの対策方法の6個をお教えしたいと思います!

今あげたパワハラのタイプの用に、どうしてもこの様なことをされてしまうというような人は多いですよね。

一番パワハラの悪いところというのはそれを平然としていても周りが何とも思わないという事であったり、特に厄介なことはバレないようにするというような人が多いです。

誰にも見られていない場所で個人の損害に関するパワハラをしてきたり、上司の更に上の人の前では良くしていてもいなくなると直ぐに態度を変えてしまうというような人は多いのではないかと思います。

その様な人も多いので、本当にパワハラを受けているのか、それはパワハラになるのだろうかというような事が疑問として残るのではないでしょうか?

場合によってはパワハラにならない何ていう様なこともありますよね。

その場合はもう辞めるという手段しか取れなくなってしまいます。

ではどの様な対策方法があるのか、詳しく見てみましょう!

1、同じ部署で「同士」を作る

同じ部署で「同士」を作ることはとても大事なことです。

言うのであれば仲間を作るという事ですね。

例えばですが、同じようにパワハラを受けている人達で集まるという事でも良いでしょう。

同じ人に受けているというような事であれば、尚更ですが、それ以外にも他の人が他の人に対してパワハラをしているという可能性は低くありません。

なので同じ部署で作るというような事をすることで、より対策を取れるのではないかと思います。

できれば信頼できる上司に相談

できれば信頼できる上司に相談をすることが一番良いです。

例えばですが、上司に相談をできるとなると、その上司が相手に向かって注意をしたり、何か対処をしてくれるという可能性が高くなります。

また、信頼できる人に頼んで社長に言って貰うというような事をすることができるので、その様に対処をしても良いかもしれません。

1人でどうにかしようとするのではなく、誰かに頼むというような事も時には大事なことになります。

特に会社というのは様々な人がいるので、その事に関してよく思っていないというような人は多いでしょう。

できれば信頼できる上司に相談をすることが一番のオススメでもあります。

2、社内の相談窓口に相談する

会社内には相談窓口を設けているところが多いです。

この窓口というのはいわゆる会社内の安全を守るためにあるようなものだと思っていてください。

例えば何かハラスメント的な行為を受けているという事や、何か会社で困ることや悩み事があるといった際に相談をすることができる所でもあります。

社内の相談窓口は場所によっては無いところもあるので、あるという人は積極的に相談をするという方法を頼ってみてはいかがでしょうか?

親切に対応をしてくれるところが多いので、1度相談をするというのも1つの手なのではないかと思います。

3、労働省や窓口に頼る

労働省や窓口に頼るという方法もあります。

いわゆる社内の相談窓口が無い場合に相談をするという候補のもう1つという事になります。

労働省や窓口というのは基本的にはどのようなことでも対応をしてくれることが多く、特にこの様な場所の場合は、期間から会社へといくので、言うのであれば社長に対してこの様なことがあったという通達をすることができるという事です。

しかしながらこの場合は社長からすると「直接言ってくれればよかったのに」というような感覚にもなるので、この方法を取る場合は、もう何もする手段が無いというようなときにすることをオススメします。

4、決定的な証拠を残しておく

何よりも大事なことは決定的な証拠を残しておくという事です。

言うのであればどの様なことがハラスメントになるのかというのは口頭だけでは説明をし難いですよね。

どんな事でも証拠となるものを持っておくと良いです。

ハラスメントなどを受けていてその証拠を残すというのはとても良い材料になりますし、相手も言い逃れができないようにもなっています。

なのでもし仮にこの様なことがあったという証拠になるためにも、残しておくと良いかもしれません。

録音しておこう

その1つには録音ということがあるでしょう。

録音をすることでその証拠を残すことができます。

いわゆるこれは精神的攻撃のパワハラであったり無理な要求をするというパワハラ、個人の損害のパワハラに有効的です。

基本的に他の場合は映像などが無いと厳しいというものばかりですが、録音をしておくというのは1つの方法になります。

仮に仲間がいるのであれば、その仲間が録音をするというような方法を取ることができるので、録音をして証拠を残すというような方法はとても良い方法なのです。

パワハラを記録しておこう

相手を言い逃れできないようにするというのは録音の他にも映像として残すというような事があると思います。

例えば社内にカメラがあるというようなところは、いつにどの様なことが起こったのかというのが映像で流れますよね。

人と関わる仕事をしている人であればこの様なことがあるのではないかと思います。

その様なことが無いという人は録音をするだけではなく記録をするというのも良いかもしれません。

この日にこの様なハラスメントを受けたというような記録をすることはとても大事なことになるので、こまめな記録を残すというのも大事な証拠になるのではないかと思います。

5、小さいパワハラなら無視しておく

対策のもう1つには小さなことであれば完全に無視をするという方法があります。

言うのであればハラスメントというのは小さなこともあり、それがパワハラにならないというような可能性もあるからです。

しかしながらパワハラをしている人というのは、小さなことで無視をされた場合は過剰に反応をしてしまいます。

言うのであれば過激になるという事です。

その小さなパワハラで無視をして過激になるのであれば、その時にすべき事は録音などになりますよね。

小さなことでも記録をしておくと損はないかもしれません。

そして何よりそれを無視することも必要だということです。

仮に無視をして収まればそれならそれで良しと考えるようにしましょう。

6、弁護士に相談する

弁護士に相談をするという方法もありますが、これも最終手段と思っていてください。

例えばですが相談をする相手というのは様々いると思いますが、怖いのは社長とその人が繋がっていた場合です。

言うのであれば社長がその上司がハラスメントをしていることを知っていてわざと何もしないというような事になれば、最終手段として弁護士に相談をすることができます。

言うのであればこのケースというのは珍しくなく、よくあることの1つにもなっているのです。

挙句のはてには社長もハラスメントに加わっていたというような事も多いので、その様なことになっていそうだと感じてしまった場合には、弁護士に相談をすると良いでしょう。

パワハラ対策で注意しておきたい点

パワハラ対策で注意しておきたい点というのはいくつもあります。

例えば先ほど言ったように小さなことであればパワハラにならないという点です。

パワハラと言っても全てがパワハラになるのではなく、ならない可能性のもあるという事です。

その様なことが無いようにするために証拠というものが重要になってくるのですが、仮に手を出されたとしてもやり返しては意味がありません。

手は出さないようにすることが大切です。

そして証拠などを集める際には逆パワハラにならないようにすることも大切です。

相手がこの様な酷いことをしてきたのだからこちらも同じようにしてやる!というような事にならないようにしましょう。

ではどの様なことなのか具体的に見てみたいと思います。

それがパワハラにならない可能性がある

先ほども言ったようにそれがパワハラにならない可能性があります。

例えばパワハラになる状況というのは先ほど言った5つのタイプからなるものですが、その様にならない場合というのもあるのです。

例えば「お前はアホか」というような軽い感じで言ってきた場合はパワハラになるのでしょうか?

実はこれはならない可能性の方が高くなってしまいます。

どうしてもパワハラというのは攻撃的なものばかりなので、軽い感じで言うのではなくどちらかというと罵倒をしているのに近いです。

なので今受けていることがパワハラになるのかを見極めることも重要になります。

徹底的な証拠を残しておこう

徹底的な証拠を残しておくためにも、その録音などをしておくという事はとても便利になります。

例えばですが証拠を残していた場合、相談した際にどの様な感じなのかを再確認することができますよね。

徹底的な証拠を残しつつ、これはハラスメント行為だとなれば、それがハラスメントになります。

しかしながら先ほど言った軽い感じのものであったりするので徹底的な証拠を残しておく必要があるという事になるでしょう。

手を出されても手を出さない

手を出されても手を出さないという事にも注意をしなくてはいけません。

言うのであればやり返さないという事です。

これをしてしまっては同じような事を繰り返してしまうので、注意をするようにしましょう。

またハラスメントというのは基本的には一方的にされるというような感覚になります。

仮にそこで手を出してしまい立場が逆転をしてしまったというような事もあり、その場合は逆パワハラになるので注意をするようにしましょう!

逆パワハラにならない程度に対策する

逆パワハラにならない程度に対策をする必要があります。

先ほど言ったように手などを出してしまうとどうしても逆パワハラにもなってしまうので、そうならない程度に対策をする必要があるという事になります。

逆パワハラというのは基本的には先ほど言ったように手を出してしまう、いわゆる仕返しをするという意味になってしまうので、逆パワハラにはならない程度に対策をする必要があるという事を覚えておきましょう。

よくそれもパワハラになってしまうというような事をする人を見かけます。

注意をするようにしましょう。

パワハラは事前に防げる!パワハラ上司の特徴

ではそんなパワハラを事前に防ぐために、上司の特徴を知っておく必要があります。

言うのであれば、予めどんな人なのかでパワハラをするのかという特徴がわかるという事です。

どの様な特徴があるのか詳しく見てみたいと思います。

完璧主義で頑固

完璧主義で頑固な人はどうしてもこの様な傾向になることが多いです。

完璧主義というのは基本的に自分の思い通りにいかないと気がすまないタイプが多いです。

それは自分自身に対してもそうですし、部下などに対するような事でも完璧主義でいないといけないと言えるのです。

家庭環境が複雑だった……

家庭環境が複雑だったというのもあるでしょう。

簡単に言えば家庭環境で複雑になってしまったせいで、そのストレスの発散方法がハラスメント行為に繋がっているというようなパターンです。

また羨ましいと感じる人も多いかもしれませんね。

家庭環境がこの様な感じだったからこれと同じ苦しみをというような感覚になる人もいるかもしれません。

支配力が強い

また支配力が強いという人も多いでしょう。

言うのであれば、全部私の思い通りに動いてくれるというような思いからその様にしてしまうという人が多く、物のように見ているという人が多いのです。

なので自分がトップになって動かすというような意識はあっても、それを人としてみないような人が多いです。

人をコントロールしようとする

いわゆるこれはコントロールしようとする傾向が強い人にあります。

宗教的なものはこれに近いようなものを感じますよね。

コントロールをして同士を集めるというような事は、まさに支配力が強いからなのではないかと思います。

強いコンプレックスを持っている

何よりも強いコンプレックスを持っているのも特徴的です。

言うのであれば強いコンプレックスというのは基本的に自分の嫌いなものとして捉えることができます。

それを部下に対して当たってしまうというような事も少なくないのです。

プライドが高い

何よりもプライドが高い人に多い傾向があります。

言うのであれば上下関係を意識するような人という事です。

どんな事でも同じ人ではありますが、社内では上下関係があってもおかしくはないですよね。

それを重く捉えているのか、軽い形で皆も一緒だと考えるのかという事です。

まとめ

いかがでしたか?

ハラスメントというのは様々なタイプがあり、それぞれ違ったものがあります。

仮に今受けているという人は、すぐさま証拠などを集めて相談をすると良いでしょう。

この問題というのは様々なところでおこっていますが、大きくならないのはその社内で解決をすることが多いからです。

社長などに相談をする、同士を作るというのはとても大事なことなので、ハラスメント行為に負けず立ち向かってみてはいかがでしょうか?