私たちが普段用いている日本語の中には、複雑な意味合いであったり、似たような意味合いを持っているような言葉が数多く存在しています。

例えば、非常に似たような意味を持っている言葉においても、より深く考えてみると若干の意味が違いが存在していたりして、同じ意味の言葉ではない言葉なども多くあります。

それを踏まえて考えてみると、若干の意味の違いによっては、きちんと言葉の使い分けをしないと間違って使ってしまうような場面が訪れる可能性もあります。

なので、言葉のちょっとした意味の違いというものは、正しく理解しておかなけれなばいけませんし、誤解を与えないためにも言葉選びは注意しておかなければいけません。

自分の中では正しいと思っているような使い方でも、他人から見てしまえば、間違って使ってしまっているようなこともよくあります。

また、そもそも似たような意味合いの言葉については細かい意味の違いを把握できていなかったりするようなことなどもあります。

なので、日本語はとても複雑で難しい言葉であると考えられています。

実際に、アメリカにおいては習得が非常に難しい言葉として認知されており、難易度の中でも一番高いレベルに設定されている事実があります。

なので、私たち日本人にとっても理解が難しい日本語が存在しているのはしょうがないことでもあります。

しかし、社会人になれば様々な難しい言葉などを聞いたり、用いたりするようになります。

言葉の意味がわからないと意思疎通だけではなく、場合によっては信頼の面においても問題が発生してしまう可能性もあります。

なので、ある程度基本的な言葉の意味はやはり覚えておくべきですし、習得しておく必要性があります。

そこで、今回は様々な言葉の中でも難しい言葉として考えられている考察という言葉をテーマにして、考察の意味や使い方をご紹介していきたいと思います。

考察という言葉は、普段なかなか使ったりするようなことがない言葉かもしれませんが、社会人になると比較的多用されがちな言葉でもあります。

もしも考察という言葉の意味を知らないのであれば、この機会に正しい意味合いや使い方を習得できるようなきっかけとして活用してください。

考察とは?

あなたは考察という言葉を聞いてどのようなイメージを持ちますか?

おそらく、大抵の人の場合は考察という言葉の意味はある程度想像することができると思います。

あまり日常的に使ったりするような言葉ではありませんが、意味が想像できないくらいに難しい言葉というわけでもありません。

漢字から考えてみても、それほど難しい漢字というわけでもなく、比較的意味を推測することができるような漢字が用いられています。

なので、一般的に考えるとそれほど脅威に感じるような言葉ではないのですが、実は考察という言葉は意味が複雑な言葉として考えられています。

おそらく大抵の人が考察という言葉は「考える」という意味を持っている言葉だろうと考えていると思います。

しかし、考察という言葉にはどのような意味が存在しているのか、具体的に説明を求められると、なかなか細かい部分まで解釈しての説明は難しいかと思います。

この細かい部分が非常に重要であり、この細かい部分の意味によって、複雑な意味として認知されているようになるのです。

そこで、まずは考察という言葉がどのような意味を持っている言葉なのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

考察という言葉の意味を正しくすべて説明できない方は、まずは正しい意味を知り、考察という言葉が何を意味しているのか考えてみてください。

考察の意味


考察という言葉の意味を考えた時に、まずたくさんの方が考え着くのは「考える」という意味だと思います。

確かに考察という言葉はとても簡単にお伝えすると考えるという言葉の意味と全く同じような意味合いになります。

しかしながら、それでは考えるという言葉だけで事足りてしまいますので、考察という言葉が用いられる意味がありませんよね。

つまり、考察という言葉には考えるという言葉の意味だけではなく、それ以外の意味も存在しているということになります。

そして、この意味こそがなかなか理解されていなかったり、細かい意味合いに位置付けられてしまいますので、複雑な言葉として認知されやすくなってしまいます。

しかしながら、逆の発想するとこのちょっとした部分も意味を理解しておけばきちんと他の言葉と意味を区別して理解することができるようになるということです。

日本語には複雑な言葉が多いですが、このちょっとした部分を理解しておく事によって正しく意味を把握することができる言葉はたくさん存在します。

なので、この機会に考えるという言葉と考察という言葉の違いなどを正しく把握できるように意味の違いを捉えてみてください。

物事を明らかにするためによく考え調べること

まず初めにご紹介する考察という言葉の意味は「物事を明らかにするためによく考え調べること」という意味が挙げられます。

私たち人は当然ながら生きていれば何かしらの疑問を持ったりするようなことが日々あると思います。

例えば、何かを勉強したりする上で理解ができないことがあれば、その疑問点を解決するために様々なことを考えたりするようになると思います。

それは仕事においても全く同様ですし、プライベートにおいても全く同様であると考えることができます。

仕事においてもわからないことがあれば考えますし、プライベートでも料理のレシピなどを考えたりするようなことなどはあるはずです。

このように、生きていれば何かしらの疑問を持ちますし、疑問を持てばそれに対して解決できるように自分自身で考えたり、調べたりすることがあるはずです。

まさしく、そのような状況で何かを考えたり、調べたりするような行動こそが考察という言葉の意味として挙げられるようになるということです。

しかし、考察という言葉に関しては非常に複雑な意味合いを持っている言葉でもあります。

考察という言葉は、分解して考えてみると「察して考える」という言葉が使われています。

つまり、「見たり、調べたりした結果から物事を明らかにするために深く考える」というような意味合いとしても用いられているのです。

つまり、簡単に言えば「今目の前にある事実や結果から、何がわかったのかを十分に考える」という意味合いになるのです。

なので、この意味を考えてみれば、考えるという言葉の意味とは若干違った意味合いであるということがお分かりいただけると思います。

考察という言葉がただ考えるという意味を持っていると思っていた方は、この細かい意味の違いを把握し、意味の区別ができるようにしてください。

自分で考え理論を組み立てる

次にご紹介する考察という言葉の意味は「自分で考え理論を組み立てる」という意味が挙げられます。

この意味合いについては、そこまで難しい意味合いではないかと思います。

なぜならば、この言葉の意味合いは普段から私たちが自然に行っていることであるからです。

例えば、何かを考える際には、当然ながら自分の中で様々な理論などを組み立てながら考えたりするようになるはずだからです。

そもそも、わからないことを理解するためには、なぜそうなるのか?という理由などを分析したり、考えたりして、情報をすべてをつなぎ合わせる必要性があります。

わからないと感じてしまうのは、情報に一貫性がなく、宙に浮いている状態であるからであって、すべてが一つにつながった時点で疑問などは解消されるようになるはずです。

その逆に、なぜそうなるのか?という理由がわからないと当然ながら正しく理解できているとは言えません。

理由がわからないとその前後のつなぎ合わせができずに、もやもやした気持ちになってしまい、理解できていない状況がおとずれてしまいます。

そうならないために、私たちは疑問を持った場合は自分の中で自然と様々な理論を組み立て、それに伴う理由を考えたりして疑問を解消しています。

なので、考察という言葉の意味は日常生活における一般的な思考の形の一つでもあるので、そこまで意味合いを理解するのには難しくないということになります。

考察をするときに気をつけた方がいいこと

考察という言葉の基本的な意味合いなどをご紹介したところで、ここからは考察をするときに気をつけたほうがいいことなどをご紹介していきたいと思います。

先ほどお伝えした通り日常生活を過ごしているだけで何かの物事に関して考察をしたりするようなことはよくあると思います。

それは仕事だけに限らずに、プライベートの面においてもそうであるはずです。

様々な場面で常に私たちは何かを考えたりして、様々な答えを見つけ出しています。

それを踏まえて考えてみると、考察をするときに気をつけた方がいいことをあらかじめ知っておくことは非常に重要なことです。

考察のコツを知っておくことによって、より自分自身の考えを巡らせることができるようにもなりますし、より良い答えを見つけられることにもつながります。

仕事の面においては様々なことを考えたりするようになりますので、必ず身に着けておけば役に立つスキルとして活用することができます。

なので、考察のコツをこの機会に学び、普段の生活の中で生かせるようにしてみてください。

1.主題との結び付きを外さないようにする

まず初めにご紹介する考察をする時に気をつけた方がいいこととして「主題との結び付きを外さないようにする」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、当然ながら何かについて考察するということは考察するテーマが存在しているということになりますよね。

何かに対して疑問を持つのであればその何かが必ず存在するはずであり、ただ闇雲に疑問を抱いて、闇雲に整理したりするようなことは通常ありません。

なので、必ず疑問の主題を意識した状態で様々な考察をするということを忘れないようにしなければいけません。

時々考察をしている中で、もともとの主題とかけ離れたような考えを巡らせてしまうような人がいます。

様々な考えを巡らすたりするのは良いことではありますが、その考えが主体との結びつきがなくなってしまうと全く意味のない結論になってしまいます。

より様々な考えを巡らせることで、自分の中で主題との結びつきが曖昧になってしまうことはよくあります。

なので、きちんと一定ごとに自分の考察はきちんと主題と結びついているか?ということを確認した上で答えを出すようにしてください。

そうしないと、まったく見当違いの答えを導き出してしまう可能性もありますので、考察を巡らす際には必ず注意するようにしてください。

2.結論の書き方


次にご紹介する考察をする時に気をつけた方がいいこととして「結論の書き方」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、自分の考えを巡らしたうえで、結論を相手に対してどのように伝えるのか?ということです。

そもそも、相手と話をしたり、文章で考えを伝えたりする上で、結論というものは非常に重要性が高いものであると考えることができます。

なぜならば、結論とは言い換えてみればその問いに対する答えであり、その答えをどのようにして伝えるかで全く聞き手の印象が変化するようになるからです。

なので、結論をどのように書くのか?ということは、言い換えてみればどのようにして結論を相手に伝えるのか?ということと等しいということになります。

この伝え方を意識することで、日常生活の中での相手との会話は飛躍的に向上するようになるはずです。

これはどのような場面においても役立てることができるスキルにつながるので、考察の場面んだけではなく、自分の意思を伝える場面でも役に立つことを覚えておいてください。

先に結論を書く場合の注意点

結論の書き方について考えてみると、主に二つの方法があるといえます。

具体的には、先に結論を書く場合と最後の締めとして結論を変えたりする場合の二つの方法が存在するということです。

では、この二つの方法はどのような違いが存在し、どのような注意点があるのかということについて具体的にご紹介していきたいと思います。

まず、先に結論を書く場合の注意点としては「いかにして主題と結論を結びつけることができるか」ということが重要になります。

これはどういうことかと言いますと、当然ながら結論を先に書くということは、その結論に対してどのような考察をしたのか論理的に説明する必要性があります。

しかし、結論を先に書いてしまった場合、注意しないと考察の内容を書く上で主題から全く外れてしまったりするような場合があるということです。

主題から全く外れてしまった場合は、相手に伝えたい内容がちぐはぐな内容になってしまい、うまく自分の意見が伝わらなくなってしまう可能性があります。

なので、結論を先に書く場合は、いかにして上手に主題と結びつけながらその過程を説明できるかということが重要になるということです。

先に結論書いた場合には必ず論理的にその過程であったり、考察内容を記述するようにしてください。

そうすることで、主題から外れてしまったり、見当違いの内容を書いたりするようなこ戸を防ぐことができるようになるはずです。

また、きちんとその都度内容が主題から外れていないかどうか自分自身で確認することで、統一性のある文章を作成することができるようになるので、意識してください。

締めに結論を書く場合の注意点

先に結論を書くのではなく、締めに結論を書く場合の注意点としては「文章構成をきちんと組み立てられているか」ということです。

これはどういうことかと言いますと、結論を後に書く場合は、きちんと文章構成を組み立てておかないと、意味がわかりにくくなったりするということです。

そもそも結論に関しては、なるべく早い段階で相手に対して伝える方が読み手としては理解しやすい文章になります。

それを最終的に締めの部分で伝えるとなると、どうしても読者からしてみれば意味がわかりにくい文章になってしまいがちです。

なので、そうならないためにもきちんと文章構成を間違わないようにし、違和感を感じさせないように文章を作る必要性があるということです。

意識していただきたいのは、本論への導入部分(問題提議、執筆動機、自分の主張)、そして考察を通してわかったこと、そして結論という構成です。

これらを意識することによって、最終的に文章を執筆した後に読者がわかりやすい文章になるかどうかが分かれるようになります。

よくありがちな間違いとしては、導入部分→結論→考察を通してわかったこと、というような流れで執筆をしてしまいがちな問題です。

しかし、この書き方をしてしまうと、書くべき内容がわからなくなってしまったり、おかしな文章の構成になってしまったりする場合があります。

なので、必ず基本的な流れを意識した上で、どのように文章を構成していくのか考えるようにしてください。

3.結果に基づいた考え方ができているか

次にご紹介する考察をする時に気をつけた方がいいこととして「結果に基づいた考え方ができているか」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、考察において重要なのは、筋道の通った正しい考え方をする必要性があり、それをする場合は結果に基づいた考え方をする必要性があります。

例えば、何かを考察する上できちんとその主題に沿った内容を考えるためには結果に基づいた考え方をする必要性があります。

主題に沿わずに考えを巡らせてしまうと、当然ながら最終的な結論は主題に合わないような見当違いの結論になってしまうことが予想されます。

なので、考察をする際にはきちんと結果に基づいた考え方ができているとか自分自身で確認をしながら考えを巡らす必要性があります。

そのためには論理的な思考を行う必要性があり、いわゆるロジカルシンキングのもとで考えを深めていくようにすれば、より分かりやすくなるはずです。

例えば、主題に対して自分が持っている疑問を解消するためには、なぜ、なぜと掘り下げて考えていく必要性があります。

そうすることによって、根本的な原因であったり、問題点などが浮き彫りになりやすく、結果的に疑問が解消されたり、わかりやすい内容に変化するようになります。

これができていないと、結果に基づかない考察になってしまい、意味がわからなくなってしまうようになりますので、注意するようにしてください。

結果を見て原因を追求することができているか

冒頭でもご紹介した通り、私たちが疑問に感じたり理解ができないと感じたりしているのは、情報が宙に浮いている状態であるからだと言えます。

例えば、物事を理解している場合は様々な情報がひとつに繋がり、きちんとその前後が明白になっている状態であると言えます。

しかし、理解していない場合はその前後などが宙に浮いてしまっており、うまく結びつきができていない状態であるはずです。

なので、いかにしてうまく結びつけ、前後の内容を理解できるかどうかということが理解につながるということになります。

それを踏まえて考えてみると、やはり結果に基づいているかどうかということはそのつながりを意識した考え方になっているということになります。

その逆に、結果に基づかない考え方をしている場合はその結びつきがおろそかになってしまって、うまく内容をつなぎ合わせることができなくなってしまいます。

それは言い換えてみれば、結果を見て原因を追求することができていないような状態であると考えることができます。

なので、結果を見て原因を追求することができているかどうかということについて意識をすることも、正しい理解を得るために必要なことであると言えます。

4.感想や反省などを書かない

次にご紹介する考察をする時に気をつけた方がいいこととして「感想や反省などを書かない」ということが挙げられます。

そもそも何かを考察する上で自分自身の感想や反省などは必要がない存在となります。

何故かといいますと、考察をする上で自分自身の感想や反省などを織り交ぜてしまうと読み手が分かりにくい内容になってしまう可能性があるからです。

そもそも、私たち人が物事に対して抱く感想などは千差万別であり、人によってその感じ方などは変化するようになります。

同じような物事を経験したとしてもそれは人によって感じ方が違いますし、自分自身の環境によっても全く受け取り方は変化するのが当たり前の話なのです。

なので、何かに対して考える際に自分自身の個人的な感想であったり個人的な反省などは書く必要性がないことであるといえます。

時々何かに対して考察をする上で自分自身の感想や反省などを書き連ねたりするような人もいますが、これは文章を読む人にとってみればどうでもいいことであり、必要ないです。

何かに対する考察を見たところで、次は~したい、~だったので残念だった、などという内容などが書かれていても、たいていの方からしてみれば不要な内容にしかなりません。

なので、必ず何かについて考察をする際には自分自身の余計な考えなどはまとめないように注意してください。

論文に感情は必要ない

何かに対する考察をまとめる際には、論文などにそれらの内容をまとめたりするようなことがあると思います。

例えば、あるテーマに沿って論文を書き、それを目上の立場の人などに読んでもらったりするようなことが社会人になれば当然経験するようになります。

その際には、必ず自分自身の感情などは入れないようにしてください。

先ほどもお伝えした通り何かを考察する上で自分自身の感想や反省などは全く意味がなく、必要がないものになります。

そもそも、考察とは調査や実験結果からわかったことをまとめたり、その結果からどういうことが考えられるのかということをまとめたりすることを意味しています。

なので、自分自身の感想や反省であったり、自分自身の個人的な感情が欠落たりするということはそもそも考察には値しないことになります。

何かに対して自分の考えを書き連ねたりする際には、どうしても自分自身の感情が入ってしまいがちになるかもしれませんが、必ず内容の区別はつけるようにしてください。

なので、書いている途中で読み返し、考察という枠から外れていないかどうか、自分自身でチェックしながら内容を確認することが必要です。

その都度チェックを忘れてしまうと、場合によっては個人的な内容の論文になってしまう可能性もありますので、注意してください。

5.主題とは関係ないものは書かない

次にご紹介する考察をする時に気をつけた方がいいこととして「主題とは関係ないものは書かない」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどもお伝えした通り何かに対して考察をするということは考察をするテーマが存在するということになります。

つまり、考察をする際にはテーマにそった内容を書いたり、考える必要性があり、主題と関係ない内容になってはいけないということになります。

しかし、考えを巡らせれば巡らせるほど、様々な内容について考えたりすることが求められるようになります。

そうなってくると、当然複雑な物事を考えたり、余計な事などを考えたりする場合などが生まれてしまい、内容が複雑になってしまいがちになります。

しかし、そこで話が脱線してしまったり、関係ない内容などを書いたりしてしまうと統一性の無い内容になってしまいます。

それでは論文の意味がありませんし、正しい考察ができていない文章になってしまいます。

なので、必ず考察をする際には主題とは関係がないものをかかないように注意しなければいけないということになります。

議論をそらして書いてしまうといけない

先ほどもお伝えした通り、考えを巡らすれば巡らせるほど様々な複雑な内容などを考えたりするようになります。

単純な考察であれば、複雑になるようなことはありませんが、難しい内容などを考察する場合には考えの複雑化は避けられません。

なので、複雑になればなるほど元々の議論から話がそれてしまいやすくなってしまいます。

必ず何かについて考察をする際には、考察のテーマからそれないように気を付けつつ、内容をまとめるようにしなければいけません。

常に何について考察をしているのか、最終的に考察のテーマとどう結びつけるのか、ということなどを考えた上で、文章を作成するようにしてください。

これを常に意識しているのと意識していないのとでは大きく内容に差が生まれてしまいます。

とても難しいことではありますが、癖づけておくことによって、精度の高い文章を作成できるようになるので気を付けてください。

6.文言の選択に注意する

次にご紹介する考察をする時に気をつけた方が良いこととして「文言の選択に注意する」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、何かに対する考察をする上で、それに適した内容の文言を選択する必要性があるということになります。

例えば、何かに対して考察をして文章を書き連ねたりする場合、当然ながら文章という形式でその内容などを表現していくことになりますよね。

なので、なるべく読み手が分かりやすいような文言を選択し、分かりやすい文章を執筆必要性があるということになります。

ビジネスの場面において何かの文章を作成する際には、なるべくビジネスの場面に沿った言葉遣いや表現方法を行う必要性があります。

知り合いや友達と会話をするような内容でビジネス文書などを書いたりすることは通常あり得ませんよね。

なので、それと同じように、論文を書く際や、テーマに沿って考察をする際には、読み手に伝わりやすい言葉をチョイスする必要性があるということになるのです。

また、それは文言の選択だけではなく、文章の構成に関しても全く同様の内容があてはまります。

文言や文章の構成を意識し、なるべくわかりやすく伝わりやすい内容を執筆できるように注意してください。

考察での文言の書き方

何かに対する考察をする上で、分かりやすく文言を書くためにはいくつかのポイントが存在しています。

例えば、文章を書く際にはなるべく長すぎず、短すぎないような文章を書くということも一つのポイントになります。

例えば、一文が長くなってしまうと情報量が多くなってしまい、何を伝えたいのか意味がわからなくなってしまいます。

なので、必ず長くなってしまう場合はいくつかの文章に分けて執筆するようにする必要性があります。

また、それ以外にも読み手の視点に立った文章内容を執筆できるかどうかということも重要なポイントになります。

これを判断するためには、読み手にとって必要な情報であるかどうかということを意識しながら内容を執筆する必要性があります。

例えば、先ほど触れた自分の感想や反省、感情などがそれに該当します。

読み手にとって必要な情報であるかどうか、常に自分自身の頭の中で考え、読み手にとって必要な情報を書くことが読み手の視点に立った文章になります。

考察をする上でのポイントはいくつか存在するので、自分なりに重要なポイントをいくつか抑えておけば、文章の内容などはより精密な文章に変化します。

なので、考察をする上で何の文言を選ぶのかだけではなく、どういった書き方をするのかということも考えを巡らせるようにしてください。

まとめ

今回は考察という言葉をテーマにして、考察の意味や考察をする時に気を付けたほうが良いことなどをご紹介していきました。

何かについて考えたり、それをまとめたりするということは単純なようでとても複雑で難しいことでもあります。

そして、私たち人は毎日様々な場面で様々なことを考えて生活をしています。

なので今一度考察という言葉の意味や、考察をする際にはどのようなことに気をつければいいのかということを考える必要性があります。

考察をするポイントを抑え、身につけておけば自然とより精度の高い考察をすることができるようになります。

それは結果的に自分自身の考える能力を飛躍的に高めることにもつながります。

なので、自分にとって大きな力になってくれるということを改めて認識し、考察力を高められるように普段から考察のポイントを意識してください。