これから着物を着るというそこのあなた♪昔の日本では、着物が普段着であったために着物を着るときにヘアスタイルにこだわるようなことはほぼありませんでした。

しかし、現代ではむしろ着物を着るほうが”非日常”なものになっているんですよね。

あなたは、どうして今回着物を着ることになったのでしょうか?

成人式?ちょっとしたパーティ?

友人の結婚式への参加?それとも、意味もないけれども久しぶりに着物を着たくなったのかもしれないですね。

日本人は他の国の人に比べると、”和風美人”という言葉があるようにとても着物がよく似合うものです。

そのまま着こなして、簡単に髪の毛をまとめるのもいいですよね。

しかし、せっかく着物をきるのでしたら、その魅力を最大限に引き出したいと思いませんか?

そうはいっても、着物なんてめったに身に着けないためにどんな髪型が似合うのか、またどんな髪型であれば着物に似合うのかが分からない方が多いんですよね。

だからこそ、今回着物に似合う髪形を検索されてきたのではないでしょうか♪

それにきれいに着物を着て、髪の毛までバッチリ決まっていたら満足できちゃいますものね♪

この記事では、これから着物を身に着ける機会がある方のために、着物の髪型で簡単なものをご紹介しています!

しかし、どんな髪型でもいいというわけではなく”着物だからこそ気をつけなければいけない点”というのがあるんです。

それらをご紹介するだけではなく、着物に似合う髪飾りもお伝えしています!

そこまで自分のオリジナリティをだして、あなたらしい着物スタイルを確立させちゃいましょう!

着物は日本人だからこそ身に着けたいもの

あなたは、どうして着物を身に着けるのでしょうか?今の時代、日常的に着物を身に着ける人はすくなくなってきました。

特に若い人ほど着物離れがあり、着物を身に着けるといっても成人式だけ、結婚式だけで終わってしまうような人もすくなくありません。

あなたは、これまでの人生の中でどれくらいの回数で着物を身に着けてきたでしょうか?
きっと指折り数えるくらいの小数派の人が多いですよね。

筆者もこれまでに着物を身に着けたのは、お恥ずかしながら5回ほどしかありません。

このように現代人の着物離れが進んでいる一方で、今回のように着物を身に着ける機会に出会えたのってとても嬉しいことなんですよ!

普段着として着物を着ていたら「おかしい」目で見られてしまいますから、ここぞというときに着物ファッションを楽しんでおきたいはず!

また、冒頭でもお伝えしましたが日本では、かなり昔から着物を身に着ける文化があります。

平安時代の巻物なんかをみると、多くの女性が着物を身に着けていますよね。

というか、着物以外のものを身に着けている人なんて見ないはずです。

子供から大人まで、着物を身に着けるのが当たり前だったわけです。

しかし、明治維新によって欧米のファッションが取り入れられるようになると、着物自体身に着けるほうがおかしいと思われるような考えが起こるようになりました。

まぁ明治政府の思ったとおりに国民の気持ちを動かすことが出来たということなんですが・・・。

でも、日本人は他の国の民族やそれらの地域の人達よりは、着物がとっても似合う体の形をしているんですよね。

高すぎない身長、細い首、少し眺めの首、そして黒髪。

現代では、髪の毛を染めてしまっている女性が多いですがそれでもなお、瞳の色などから着物が似合うという事実は変わりません。

つまり何がいいたいかといいますと、日本人にはもっと着物を身に着けてほしいんです!

だからこそ、少しでも着物を身に着ける機会があったのであれば、着物というスタイルやファッションを心から楽しんでもらいたいんですよね。

それに外国人は着物を来ている日本人が大好きですし、日本人=着物という方程式ができている人までいます。

異文化コミュニケーションをとる際にもぜひ身に着けたいファッションです。

それに着物ってなかなか身に着けないので、着物を身に着けているときのマナーについて知らない人もいることでしょう。

今回は、ヘアスタイルに注目して気をつけるべき点をお伝えしています。

ぜひ、確認してくださいね!

知らないことがあるからこそ不安になるだけ。

知っていれば、その着物ファッションをより楽しむことが出来るんです。

着物のヘアスタイルで気をつけること

あなたは、着物を身に着けているときに気をつけなければいけないことがある・・ということを知っていましたか?特にヘアスタイルで気をつけなくちゃいけないところがあるなんて、まったく知らなかった方が多いのではないでしょうか。

というのも、筆者も成人式で着物を身に着けることになったときに髪型の暗黙のルールとして知らないことがあり、美容師さんに教えてもらってとても驚いたからなんです。

なんとなくお手本にしていたファッション誌があてにならないことをよく悟ったのを覚えています。

それに気をつけるべきことに気をつけないで着物スタイルでの1日が始まってしまったら、それに気づいたときに着物ファッションを楽しむことなんてできなくなってしまいますよね。

それどころか早く着物を脱ぎたい、いつものスタイルに戻したい・・なんて感じてしまうはず。

それじゃあ楽しむべき時間を楽しむことが出来ません!

着物に似合う色々なヘアスタイルをチェックする前に、まずは着物のヘアスタイルで気をつけるべきことを確認しておきましょう!

1.着物に似合った雰囲気の髪型に


あなたは、現段階で着物を着たときにはどのような髪型にしようと考えていますか?

もしかしたら、普段アレンジしているような髪型にしようかなぁなんて考えているかもしれません。

それでもいいかもしれないんですが、果たしてその髪型が着物に似合うかどうかを想像してみてください。

着物は”和”を強調するものです。

その雰囲気に似合わない”洋”のイメージのものを入れすぎてしまうと、せっかくの着物を目立たせてあげることが出来ません。

それに全体的にバランスが悪くなってしまうので、あなたの魅力を最大限に引き出せないなんてことも。

まず最初に抑えておくべきなのは”着物に似合う雰囲気の髪形を選ぶ”ことになります。

どうしてもやりたい髪型があるかもしれませんが、それが着物にあうかどうかでそれにするか決めましょう。

アップスタイルが基本

もしかしたらあなたは、髪の毛をおろそうとしているかもしれませんね。

はかま姿であれば、ハーフアップをしても似合わせることが出来ます。

しかし、着物だとそれがなかなか似合わないんですよね。

それどころか髪の毛がたれているので、”汚らしい”印象を与えてしまうことも。

人によっては、汚いエロさをだしてしまうことになりますので気をつけましょう。

着物の髪型の基本は”アップスタイル”です。

いつも髪の毛をアップにする習慣がなくて恥ずかしい!と思われる方もいるかと思いますが、着物をきるのですからいつもと違う自分に変身しちゃいましょう!

派手過ぎないように

着物の柄によっては、髪型も派手にしたいなぁ、色々なアクセサリーをつけたいなぁなんて感じている方もいるかもしれません。

しかし、さきほどもお伝えしましたが着物は”和”をイメージさせるものです。

その”和”とは、「動か静か」といったら”静”のほうになります。

あなたの髪型は、はたして”静”なイメージになっているでしょうか?若い人、また着物の柄がかなりド派手だとどうしても髪型までも派手ハデにしてしまいたくなるもの。

しかし、それではせっかくの着物が映えないですよ。

髪型はあくまでおまけであり、あなたの魅力を引き出す”秘密のポイント”にしておくべきです。

2.着物を汚さない

日ごろから着物を身に着ける習慣がないと、着物を着て行動することに苦痛を感じてしまうものです。

髪の毛のセットを自分でおこなうという方は、髪の毛のセットをしているもの、セットしたものによって着物が汚れないように気をつけましょう。

ではどのように気をつければいいのでしょうか?普段から身に着けていないと、どこで気をつければいいのかすらも分からないですよね。

着付けの前にセットを


髪の毛のセットをするのは、着物を着る前にしましょう。

なぜかといいますと、着物はあなたが思っている以上にとても重いものです。

その着物を身に着けながら、腕をあげたり色々な動作をするのって大変なんですよね。

しかし、着付けの前にセットをすることによって、理想としていた髪型を作ることが出来るだけではなく、着物を汚す必要もなくストレスを感じることがありません。

美容室で着付けと髪の毛のセットをおこなってもらう場合でも、必ず髪の毛のセットをしてから着付けになるはずですよ。

整髪料が心配なら大丈夫な生地で

では、何が着物を汚してしまうのでしょうか?ずばり”整髪料”になります。

着物を着るとなると、いつもの生活のようにすぐに髪の毛を治すことが出来ません。

また、長時間身に着けていることが多いので、どうしても髪の毛のくずれを起こさないようにしておいて欲しいんですね。

そんなときに便利なのが”整髪料”になります。

髪の毛のセットを着付けの前にしたとしても、整髪料が着物についてしまうのではないかと不安になってしまう方もいるのではないでしょうか。

もしもそのような不安を持っているのであれば、思い切って整髪料がついても大丈夫な着物を選ぶようにしましょう。

今では少し安めの着物で、洗濯可能なものも出ています。

しかし、高級な着物ほど家で洗濯なんかできませんし、一度のクリーニングでかなりの代金をとられてしまうので気をつけるようにしてください。

3.アクセサリーはつけない

着物を身につけてもいつものように大好きな指輪をしたり、ブレスレッドをしたり、ピアスやイヤリングをつけたい!と思っているかもしれません。

でもそれはやめましょう。

着物を着るときは着物が主役です。

その主役をジャマするようなものを身につけるべきではないんですね。

特にゆらゆらゆれるものは、着物をバカにしているように思われるので気をつけましょう。

時計のみが基本

着物を着ていると荷物を最小限に抑えることになるかと思います。

いちいちスマホを見ていることもできなくなるので、腕時計だけはつけておきましょう。

また、着物を身に着けているときの基本のアクセサリーは時計だけといわれています。

とはいっても、あまりにも高級すぎる時計だとかアクセサリーのような時計はつけないようにします。

それが目立ってしまって着物が主役になれないのであれば、着物を身に着ける意味がないからなんです。

4.髪飾りは着物に合うものを

のちほどオススメの髪飾りをご紹介していますが、着物を身に着けるときには”着物に似合うアクセサリー”を身に着けるようにしましょう。

といっても、どんなものがいいのか分からないですよね。

ずばり、そんなときは着物屋さんにいってみてください。

また、着物アクセサリー専門店などもあるのでそこにいけば”着物に似合うアクセサリー”を学ぶことが出来るでしょう。

あなたが既にお持ちのもので「着物に似合うかもしれない」と思っていたとしても、実際に着物を身に着けているときにつけたら違和感を感じることだってあるんです。

小ぶりでシンプルなものを(生花や造花、白い花の飾りは花嫁さんがつける)

何度もお伝えしていますが、着物を身に着けるときは着物が主役といってもいいでしょう。

そのため、髪飾りをつけるのであれば、小ぶりでシンプルなものを選ぶようにしてください!
どうしてもおおきめの髪飾りをつけてしまいたくなるかもしれませんが、着物を身に着けているときだけでもその気持ちはガマンして!

また、あなたが花嫁さんで結婚式で着物を身に着ける場合は、生花や造花、そして白い花飾りをつけてもいいでしょう。

しかし、その花も小さめのものを選ぶようにしてくださいね。

着物に似合う髪型6選

これまでに着物を着るときに気をつけるべきヘアスタイルの注意点について、4つお伝えしてきましたね。

なかには、「そんなの知らなかった!」なんていうものがあったのではないでしょうか。

知らないまま着物を身に着けることにならなくてホッと一安心しているあなたに、ここから一番気になっているであろう”着物に似合う髪型”をご紹介していきます!

あなたは、既にどんな髪型にしようかなんとなくのイメージをもっているかもしれませんね。

しかし、それ以外にも着物に似合う髪型って実はたくさんあるんです!ここでは、そんな髪型を詳しくお伝えしていきます。

ぜひ、あなたが着物を身に着ける際の髪型にしてみてくださいね☆また、自分でヘアアレンジをするという方のために簡単なアレンジ方法もお伝えしているので、ぜひ練習がてら手を動かしてみてください。

着物を着ている自分のイメージが湧いてくるはずです。

1.夜会巻き

夜会巻きというと、夜のお仕事をしている人がする髪型だと感じているかもしれません。

しかし、そんなことないんです!夜会巻きをしているだけで、なんともいえない優雅で美しい印象を他者に与えることが出来るんですよね。

夜会巻きとは、一見お団子をしているように見えるんですがよくよく見るときれいに髪の毛がまとめられており、きれいに巻き込まれているので大人っぽい印象も与えることが出来る髪型になります。

テレビドラマの「お水の世界」の”ママ”なんていわれる人がよくしているあの髪型です。

そんな夜会巻きを作る方法をお伝えしましょう!クシやコームなどを使いながら、髪の毛をきれいに束ねていきます。

そしてその束ねた髪の毛を片側にまきこみながら、左右非対称になるようにピンでとめます。

左右非対称にすることによって、エレガンスさ、そしてどこかつかめない雰囲気を出すことが出来るんですよね!

着物姿の定番

実は、この髪型・・・着物姿の定番なんです♪多くの女性が着物を着ているときのヘアスタイルに困ったとき、この髪型をオーダーするのだとか♪
また、そのように多くの人に選ばれているからこそ着物に絶対に似合うんです。

前髪があってもなくてもチャレンジできる髪型になります。

2.ポンパドール

ポンパドールとは前髪をまぁるくする髪型のこと。

夜会巻きとは反対に可愛らしさを出すことが出来ます。

しかし、可愛らしさではなくかっこよさをだしたいのであれば、全体の髪の毛を巻かずにストレートにすることでそのようになりますよ!

前髪をまとめ、そしてオールバックになるように後ろにもっていきピンで留めるだけの簡単アレンジ♪

ショートヘアの方におすすめ

このポンパドールアレンジは、特に髪の毛が短い方におすすめです。

髪の毛が短くてアレンジをするとなると、とても大変ですよね。

しかし、前髪だけアレンジするのであれば時間もかかりません。

もしもミディアム、ロングヘアの方がポンパドールをするのであれば、髪の毛をおろすことなくお団子にしたり夜会巻きにするなどしましょう。

3.巻き髪でアップ

女性らしさを出したい!いつもよりも大人っぽくみせたい!というのであれば、巻き髪アップがおすすめ♪まずは髪の毛全体をしっかり巻いていきましょう。

特に38mmか32mmのコテがオススメです。(髪の毛が短い方は28mmくらいを使用して)

そのように巻き髪にすることによって、ふんわりさを出すことが出来ます。

しかし、そのままにすることはできないので、その巻いた髪の毛をまとめてふんわりとアップスタイルにしましょう。

毛先を巻いて編み込み等でまとめて

全体を巻くときには、毛先を中心にまくのがポイントです!

そして、編み込みなどで髪の毛をまとめることによって、汚らしくない美しいアップスタイルを作ることが出来るんです。

髪飾りは派手すぎないものを

巻き髪にしているだけでも華やかさを出すことが出来るのですが、それでもなお派手にしたい!目立ちたい!何か物足りない!と思うのであれば、髪飾りをプラスするのもいいでしょう。

とはいっても、さきほども注意点でお伝えしたように髪飾りは絶対に派手すぎないものを選ぶようにして!
そうすることで髪の毛のアップも主張できるし、着物もきれいに映えさせることが出来ます。

4.モダン風に

古風すぎる髪型にするのはイヤだったり、いかにも着物っぽい髪形をするのも嫌な方もいることでしょう。

そのような方は、”モダン風”の髪型にするのがオススメ!しかし、モダン風の髪の毛っていったいどんなものなの?なんて思ってしまいますよね。

モダン風の髪型とは、まさに大正時代にはやったようなヘアスタイルを組み込んだ髪型になります。

派手な着物を身に着けるのであれば、夜会まきやポンパドールよりも”モダン風”にするのがおすすめです。

まさにイマドキ感を出すことが出来ますし、ひとくせある髪型ばかりなので”自分だけの髪型”を作ることも可能!
しかし、常にヘアアレンジをしている人でなければ、自分ひとりでアレンジするのは難しいかも。

モダン風にしたいのであれば、信頼できる美容師さんなどに頼むようにしてみましょう!

二次会のドレスにもそのまま使える

もしも着物を着た後に二次会にいくとか、パーティに参加する機会があるのであれば、モダン風はいいかもしれません。

というのも、夜会巻きと同様にモダン風の髪型は着物にもドレスにも似合うからなんです♪
着物にしか似合わない髪形をしていってもドレスに着替える際に髪の毛をいじっている暇なんてほとんどないはず。

二次会やパーティでも輝くことの出来るうあなたでいることができるので、あなた自身の自信につながります。

また、着物を身に着けているときには小ぶりの髪飾りにして、ドレスアップしたときには大ぶりのアクセサリーや髪飾りに変えるのもオススメです。

5.ギブソンタック

ギブソンタックなんてあまり聞いたことがない言葉かもしれないですね。

しかし、ヘアアレンジ好きのあなたであれば、既にチャレンジしたことがあるでしょうし、どこかで目にしたことがあるはずです。

ずばり、ギブソンタックとは、髪の毛をふんわりとさせるだけではなく、そこに編み込みやくるりんぱなどのあらゆるヘアアレンジテクニックを使って作り出す髪型のことです。

そのため、ギブソンタックて一見すると”難しそうに感じてしまう髪型です。

しかし、ゆるまきにして、編みこみにして、くるりんぱにして・・・など基本のヘアアレンジテクニックを駆使しているだけなので、誰でも簡単に作ることが出来ちゃうんです!

とはいっても、最初の一発目で成功することは少ないでしょうから、着物を着る数日前までにはマスターしておきましょう。

マスターして普段着にも応用

ギブソンタックってどう考えても着物やドレスアップしているときだけにするような”華やかな髪型”のイメージをもっている方のほうが多いのではないでしょうか?

しかし、これってマスターすることができれば日常生活でも使うことの出来るアレンジ方法なんですよね!あなたの身近にはいませんか?いつもこっているヘアアレンジをしているような人。

あなたもそのような人になることが出来ちゃうんです。

そんな難しそうなアレンジを自分で出来るとなると、一目おかれること間違いなし♪

6.おだんごスタイル

最後におすすめするのは、おだんごスタイルです。

おだんごスタイルは日常生活でもヘアアレンジとして、行っている人が多いのではないでしょうか?
これは髪の毛をひとつにまとめて、ピンでおだんごを作るというもの。

髪の毛の長さが多少でもあれば、このスタイルを作ることが出来ます。

また、髪の毛をゆるまきにしておだんごを作ったり、少し三つ編みにしたものをいれるなどするとオリジナリティを出すことが出来ますよ!

シンプルで挑戦しやすく、すっきりまとまる

これまでにお伝えしてきたヘアスタイルのなかでおだんごスタイルは、とてもシンプルなもの。

そのため、本当に誰でも簡単に!ヘアアレンジ初心者であっても作り出すことが出来るんです♪
また、すっきりとまとめることができるので飾り立てるのが好きではない人にもオススメのアレンジになります。

着物に合う髪飾り

髪の毛をアレンジするのであれば、その髪型を少しでも可愛く見せたり、かっこよくみせるために髪飾りをつけたいですよね♪

小ぶりで着物に似合うものであればいいんです。

とはいっても、たくさんある髪飾りの中からどんなものを選べばいいのか分からないはず。

そんなあなたのために、ここでは着物に似合う髪飾りをご紹介していきます!ぜひ、ヘアアレンジのあとにつけてみてくださいね。

1.かんざし

着物といったらはずすことが出来ないのが”かんざし”です。

かんざしは、お団子やアップスタイルにさすことで身に着けることができます。

間違った場所につけてしまってもすぐに取り外し、そしてお目当ての場所につけることができるので初心者でも使いやすい髪飾りになります。

つまみかんざし

かんざしには、色々な種類があるんです!ひとつめは”つまみかんざし”。

つまみかんざしは、お花などをモチーフにしたものがたくさんついているので華やかにしたい方におすすめ。

七五三の子供がよくつけているのがつまみかんざしになります。

玉かんざし

玉かんざしは、時代劇にも出てくるかんざしです。

なんと耳掻きに玉がひとつついた、とてもシンプルなかんざし。

髪の毛にさしておくだけでシンプルに輝くことが出来るんですね。

平打ちかんざし

平打ちかんざしとは、形が薄いのが特徴です。

1本または2本の足がついており、円状の飾りになっています。

大人でも子供でもつけることのできるポピュラーなかんざしです。

櫛かんざし

あなたは髪の毛をクシでとかしますよね?コームを想像してみてください。

そのような形をしているかんざしのことを”櫛かんざし”といいます。

昔は何も飾りのないシンプルなものしかありませんでしたが、現代ではパールなど輝いたものがついているものが主流です。

そのまま二次会にいけるスタイルにももってこいですね。

2.Uピン

着物にあう髪型を作るには、絶対に用意しておかなければならないものがあります。

それはUピン!主に黒地のUピンで髪の毛をとめることになりますが、それだと華やかさにかけてしまいますよね。

そんなあなたにおすすめなのが、飾りのついたUピンになります。

ガラスで出来た小ぶりの花がついているものが主に販売されていますし、かなり凝っている会社のものですとそこにレジンでできたものがつけられていることも。

小ぶりにしかできないからこそ、そこでも小さなオシャレを楽しみたいですね。

3.コーム

さきほどかんざしのところで”櫛かんざし”というのをご紹介しましたね。

ずばりそれは”コーム”と同じ様なものだとお伝えしました。

現代人でも毎日のヘアアレンジの際にコームを使っている方がいるのではないでしょうか?

可愛らしいアクサセリーがついているもの、高いものであればダイヤモンドがついているものなど。

そこまで高級にする必要はありませんが、コームを髪飾りにしておくことによって、少し髪の毛がずれたときにささっと治すことが出来ます。

昔の人は、そうやって髪の毛の美しさを保っていたのかもしれないですね。

また、このコーム型も髪の毛に差し込んでおくだけでいいのでかなり簡単に使うことが出来ます。

4.バレッタ

一時期女性の間で”バレッタ”がはやりましたね。

バレッタとは、ピンドメで髪の毛につけるのですがそこに布が張られていて、おしゃれな模様などがプリントされたり、刺しゅうされているものをさしています。

昔ほどバレッタの需要はありませんが、着物専門店でもバレッタを販売しているところはありますし、アクセサリー屋さんには必ずおいていますね!

色々な模様、形、そして刺しゅう、カラーがあるのであなたの着る着物に合ったものを選ぶことが出来ます。

それにピンどめでパチッととめるだけなので、初心者でも使いやすいです!

5.カチューシャ

着物にカチューシャ!?と驚かれたかもしれないですね。

カチューシャって存在感が控えめなものが多いので、着物によく似合うんです♪

ちょっと輝きをはなっているもの、ひとくせあるものなどなど。

あなたの着物やあなたの髪色に似合うものを選んでくださいね!

着物に合うよう品よく仕上げて(まとめ)

今回は、誰もが悩んでしまいがちな”着物に似合う髪形”について特集してきました!

いかがでしたか?

「やってみたいなぁ」と思うような髪型に出会うことが出来たでしょうか。

それにアレンジをするだけではなく、そこつけるオススメの髪飾りもお伝えしてきましたね。

髪型や髪飾りを選ぶことで、さらに着物を着るのが楽しみになるのではないでしょうか♪
そしてその気持ちを夢で終わらせるのではなく、実際に着物をきたときに実感してください!

アレンジ次第であなたは着物をもっと映えさせ、輝くことが出来るのですから。