自分の容姿や性格など、何かと他人と比べてしまうという経験はありませんか。

誰でも少なからずそのような劣等感というものは持っているものですが、人一倍気にしてしまうという人は世の中にはたくさん存在しているのも事実です。

今回はそんな劣等感とはなにかをまとめてみました。

️劣等感ってどんな感情?

自分では特に意識をしているつもりでは無くても、何故か些細な事で他人と自分を比べてしまうという時ってありますよね。

そして、そんな時は決まって落ち込んだり悩んだりしてしまうものです。

劣等感に年齢はあまり関係ないようで、子供から大人まで持っている感情ですが、できる事ならそのような感情にはなりたくないと思いますよね。

劣等感とは

そもそも劣等感とは一体どのような感情なのでしょうか。

ここからは具体的に劣等感の感情についてご紹介します。

これまで劣等感を感じた事が無いという人も是非チェックしてみて下さいね。

自分が人よりも劣っていると感じること

劣等感という言葉はオーストリアの精神科医である、ジークムント・フロイトが初めて用いたとされており、自分が人よりも劣っていると感じるという意味を表します。

日本ではコンプレックスという言葉と混同される事が多いですが、精神分析学としては別の意味の言葉とされています。

元々、他人は全て異なる存在のはずなのですが、人はどうしても自分と他人を比べてしまい、容姿や性格などが人より劣っていると感じてしまう事は日常的によくある事です。

その為、世の中には劣等感を全く持っていないという人は存在しないのかも知れませんね。

自分と他人を比較した時に起こる感情

劣等感を感じる時って一体どんな時なのでしょうか。

それは主に自分と他人を比較した時に起こる感情であると言われています。

例えば日常生活の中で、自分ができない事を簡単にこなしてしまう人を見ると、何だか自分が情けなくなってしまったりする事があるという人も多いのではないでしょうか。

他にも、すれ違った人が自分よりもスタイルが良かったりすると、つい自分と比較してしまい、劣等感を感じてしまうという人も多いようです。

このように、普段は気にしていないという人でも、自分と他人を比較してしまう事で、劣等感を感じる場面は少なくないのです。

自分にも心当たりがあるという人も多いのではないでしょうか。

劣等感を感じると同時に沸く感情

そんな劣等感を感じる時、人はそれと同時に沸く感情というものがあります。

それはその時の状況や人によって様々ですが、いずれにしてもネガティブな感情なものばかりです。

劣等感を感じる時に一体どのような感情が沸いてしまうのか、ここからは具体的にご紹介します。

悔しさ

劣等感を感じた時に同時に沸く感情の一つとして、悔しさという感情があります。

実際に「どうして他人にできて、自分にはできないんだろう」と悔しい思いをした事がある人も多いのではないでしょうか。

学生時代には勉強やスポーツなどで、他人と比較してしまったりする事もありますし、社会人になっても今度は仕事で悔しい思いをする事も少なくありません。

劣等感から沸く悔しさという感情は年齢や性別に関係無く、誰にでも起こり得る感情なのではないでしょうか。

悲しさ

劣等感を感じた時、場合によっては悲しいという感情を同時に感じるケースもあります。

劣等感を感じる時には、自分の意志だけで感情が動かされるというわけでもありません。

他人からさり気ない一言で、傷つけられて劣等感を感じるケースも少なくないのです。

例えば、自分の事を誰かが他人と比べるような事を口にしているのを聞いてしまったら、劣等感を感じると共に、悲しいという感情も沸いてしまう事もありますよね。

特に、学校や職場などといった集団の中では、自分と比べられる対象となる人は必然的に多くなってしまいます。

もし、自分でも心無い一言を言ってしまった事があったかも知れないという人は、知らず知らずのうちに他人を傷つけてしまっている可能性がありますので注意した方が良いかも知れませんね。

やるせなさ

劣等感を感じる時には、同時にやるせない感情が沸いてしまう事もありますよね。

人によってやるせなさを感じるのは様々で、自分はこれで良いと決めたはずの事なのに、何故かいつまでも引っかかっていたり、自分はちゃんとやっているつもりでも周りの人からはそれ程評価されていないと思ってしまうなど、やるせなさを感じる時は実に色々なケースがあります。

しかしながら、劣等感を感じる時に沸いてくるやるせなさとは、やはり他人と自分を比べてしまった時に起こる感情です。

あまりに自分と他人との違いに気づかされた時、怒りや悲しみというよりも、そんな自分に呆れてしまったり、どうしようもない現実にやるせなさを感じてしまう事もあるのではないでしょうか。

落ち込み

劣等感を感じる時、同時に沸く感情の中には落ち込みというものもあります。

他人と自分を比べてしまう事で、落ち込んでしまう人は世の中にはたくさん存在しているのです。

そんなあなたももしかしたら、日頃から他人と自分を比べてみてはため息ばかりついていませんか。

しかしながら、幾ら精神的に強いという人であっても、世の中は決して自分一人だけで生きていく事はできませんよね。

その為、誰にでも少なからず他人の目を気にしてしまいますし、もし自分の方が他人より劣っていると感じた時は、その違いが大きければ大きいほど落ち込んでしまうものです。

容姿などの外見的な事のみでなく性格や考え方、弁城の成績や仕事の業績、運動神経など他人と比べてしまうところは実にたくさんの種類があります。

無気力感

劣等感を感じる時に「もうどうでもいいや」などと感じてしまった事がある人もいるのではないでしょうか。

このように、劣等感を感じた時に生じる無気力感というのも、よくある感情の一つです。

自分としては精一杯やったつもりなのに、結果を見てみたら散々だった時などに、つい他人と比べてしまった場合はショックを通り越して無気力感を感じてしまうケースも少なくありません。

そんな自分を責めたり、いつまでも引きずってしまう事もありませんが、無気力になり過ぎて人生を投げやりになってしまわないよう十分注意しましょう。

怒り


劣等感を感じた時、場合によっては怒りの感情が沸くケースもあります。

人は少なからず、自分に対して周りの評価が気になってしまうものですよね。

例えば自分が良いと思ってした行いであっても、他人からは喜ばれなかったりするような事もあります。

それだけならまだしも、別の人間がした行いの方が他人から喜ばれてしまったら、嫉妬や怒りを感じる人もいるのではないでしょうか。

「何故自分の事を他人はもっと理解してくれないのだろう」という気持ちが劣等感と同時に怒りの感情を生んでしまうのです。

特に、普段から何でも思い込みが激しい人などは、このような怒りの感情を生みやすい傾向があります。

人間関係のトラブルを抱えてしまう可能性もあるので注意した方が良いかも知れませんね。

むなしさ

劣等感を感じた時に、何だかむなしいという感情が沸いてきたという経験はありませんか。

私たちは無意識のうちに、日頃から他人と意地を張りながら競争をしているものです。

もし、そのいつから始まっているのかも分からない競争に、自分が敗北してしまった時には一体どのような未来が待っているのでしょうか。

普段はそのような事を考えた事が無いという人も、想像するだけで何だかむなしさを感じてしまうのではないかと思います。

「やっぱり自分には無理だった」や「結局自分なんてこの程度の人間なんだ」といった気持ちは、まるで何かを悟ってしまったかのような感情です。

気が付いたらため息ばかりついていたという人は注意しましょう。

そもそも、他人との競争には始まりも終わりも決められたものではありませんよ。

️どんな時に劣等感を感じるか

みなさんが劣等感を感じるのは一体どんな時でしょうか。

男性や女性では感じ方が異なりますし、その時の自分の気持ちやその場の状況によっても様々ですよね。

ここからは一般的にどんな時に劣等感を感じるのかについてご紹介します。

自分にも過去に経験した事のあるものが見つかるかも知れないので是非チェックしてみて下さいね。

自慢されたとき

あなたの身近に自慢話が好きな人に心当たりはありませんか。

自分の知っている知識を人前でやたらとひけらかしたり、自分の充実したプライベート自慢など、こちらからはそんな事まで聞いていないような事までペラペラと自慢話を聞かされてしまっては気分もげんなりしてしまいますよね。

このように、世の中には自慢をしたがる人が少なからず存在しています。

正直なところ、そのような自慢話は聞いていたくないものですし、劣等感を感じずにはいられなくなってしまうかも知れませんが、本当に才能を持っている人はやたらと人前で自慢などはしないものです。

心の中でコッソリと「この人も劣等感をかんじているのかも知れないんだな」と広い心で接して上げるようにしましょう。

そうすればいちいち腹を立てたり、劣等感を感じる事も無いはずですよ。

すごい才能を見たとき


ニュース番組などでスポーツ選手が活躍をしているシーンを観た時は、観ていて気持ちが良いものですし、それと同時に尊敬してしまいますよね。

それも、自分が好きなスポーツ選手だったら尚更です。

しかしながら、あまりにもすごい才能を目の当たりにしてしまった時、場合によってはそれがきっかけで劣等感を感じてしまう事もあるようです。

自分が目指している夢も、そのようなすごい才能を見てしまった事によって「到底自分にはできそうにない」という気持ちになってしまい、言わば挫折に繋がるケースもあります。

しかしながら、そのようなすごい才能の持ち主も、私たちには想像できないような努力を日々積み重ねているはず。

突然才能が開花したというのはごく稀です。

見えるもの全てをいちいち気にし過ぎてしまわないよう、別の視点からも見てみるようにしてみましょう。

自分よりいい成績を見たとき

頭が良くて勉強ができる人って見ていてとても羨ましいと感じる人も多いのではないでしょうか。

学生の人は、自分と同じクラスや学年に自分よりも良い成績の人を見る機会もあるかと思いますが、このような場合も劣等感を感じる事があるようです。

「自分と同じ学年なのになんでこんなに成績が違うのか」と普段から勉強を頑張っている人にとっては、気になる存在ですよね。

そんな人にライバル意識を持って、更に勉強を頑張るきっかけとなれば良いのですが、場合によってはそれが劣等感となり、やけくそになってしまう事もあります。

せっかくこれまで頑張ってきた勉強も、諦めてしまっては勿体ない事です。

すごい才能を持っている人を見た時と同様、自分よりも良い成績の人にも、見えないところで努力をしているのかも知れません。

他人と比較し過ぎたり、結果だけを見て判断をしてしまうのは控えた方が良いでしょう。

自分より美人の人を見たとき

女性にとって美は永遠のテーマですよね。

今よりも少しでも美しくいたいと、日々ダイエットやスキンケアなどに精を出している女性も多いのではないでしょうか。

しかしながら、ある日突然自分よりも美人の人を見てしまった時、それが劣等感となるケースもあります。

勉強やスポーツなら努力次第で何とかなるかも知れませんが、美人かどうかは生まれつきなのでどうしようもないと嘆いた事がある人も、もしかしたらいるかも知れませんね。

ただ、美人の人を見る度にそのような事を思っていてばかりいては、とても心が持ちません。

他人と自分を比較過ぎている証拠なので、あくまで他人は他人、自分は自分と割り切る事も必要です。

それに、そんな自分を他の誰かが羨ましいと感じている人だっているかも知れませんよ。

いい境遇・環境の人を見たとき

家が元々、お金持ちだったり、都会で華やかな環境で生活を送っている人を見る事によって劣等感を感じてしまうケースもあります。

また、自分とそれほど変わらない環境であるはずなのに、何故かその人だけ良い境遇にあっているという人を見ていると、何だか不公平と感じてしまう事もあるのではないでしょうか。

残念ながら、誰でも親や生まれた環境は自分では変える事ができません。

しかしながら、上を見ていたらキリが無いというのも事実です。

自分が見ている限り、そのような良い暮らしをしている人にだって何かしら不満を抱えていたり、悩みを持っているのも不思議ではないのです。

このような劣等感も考え方次第で、緩和する事ができます。

世の中には、もっと過酷な生活を強いられている人だってたくさん存在しているはず。

このような劣等感や不満を感じていられるだけ、自分は幸せなんだと思えば気持ちが楽になるのではないでしょうか。

️劣等感は良くない感情

頭の中では分かっていても、つい無意識に感じてしまう劣等感。

厳密には劣等感とコンプレックスとは異なる意味の言葉ですが、他人と比べて自己否定をしてしまったり、それがきっかけでネガティブな感情が沸いてしまうのはやっぱり良い気分ではありませんよね。

そのような気持ちをいつまでも持ち続けていれば、きっと更に暗い気持ちのままでいなければなりません。

現在、劣等感で苦しんでいるという人も、今回の記事を参考にして今後は劣等感でくよくよ悩まずに生きていけるようにしていきましょう。

️劣等感を克服する9個の方法

そんな劣等感で悩まずにいられるようになるには一体どうすれば良いのでしょうか。

劣等感を感じやすい人でも、考え方次第できっと劣等感を感じずにいられるようになりますよ。

ここからは具体的に劣等感を克服する方法についてご紹介しますので、是非チェックしてみて下さいね。

人は人、自分は自分と考える

劣等感を感じてしまう大きな原因の一つとして挙げられるものと言えば、やっぱり自分と他人を比較してしまうというものがあります。

普段から劣等感を感じやすいという人は尚更ですが、そうでないという人も案外無意識に感じてしまうようです。

また、自分と比較してしまう対象となる人物は、自分にとって身近な存在であるとは限りません。

人から聞いた噂話や、テレビやインターネットを通じて、実際に会った事も無い人であっても気になってしまう可能性は十分にあります。

そんな時でもとにかく「人は人、自分は自分!」と言い聞かせるようにしましょう。

人と比較をしない

自分よりも優れた人を目にしたり、他人にはできる事が自分にはできなかったりすると、そんな自分と他人をどうしても比較してしまいがちですが、そのような考えはネガティブな気持ちの原因となります。

そのような事がある度に、毎回他人と比較してしまうようでは、とてもキリがありません。

生きていればどうしても他人を意識してしまうのは仕方のない事なのです。

意識するだけなら良いですが、比較をし過ぎて自分を見失わないようにしましょう。

学歴や容姿を備えているからと言って、その全ての人が何不自由なく生活しているとは限らないのです。

そのような事を考えるよりも、自分の長所を見つけてあげる方が、きっと自信がつくはずですよ。

人の良い所を素直に褒める

劣等感を感じやすい人の中には、自分と他人を比較するだけでなく、言い訳をしてしまいがちです。

また、そんな他人を憎んだり、距離を置きたくなってしまう事もあるようです。

確かに、自分が嫌いな相手となるべく接しないようにする方が、気を遣う事も無くなって都合が良いと感じるかも知れません。

しかしながら、それでもまた別の誰かと自分を比較してしまう可能性はあります。

そうやって何度も繰り返していると、やがて集団の中で孤立してしまうかも知れません。

気が付いたら自分が悪者になってしまって、誰からも相手にされなくなってしまうなんて事にもなりかねません。

そんな事にならないよう、劣等感を感じる相手の良い所を素直に褒めてあげられるよう意識してみましょう。

意地やプライドを持つ事も大切な事ではありますが、意固地になり過ぎるというのも人間関係を悪くさせてしまう原因となります。

もう少し心にゆとりを持ち、相手の見えるところだけでなく、そう見られる理由についても考えたり、いつもとは違った視点で見てみると今までとは違った印象に映るかも知れませんよ。

例えば、仕事で優れた功績を残した同僚を見た時なども「よく頑張ったね!」と褒めてあげましょう。

ずっと相手の事を憎んでいるよりも、素直に褒めてあげる方がきっと相手だけでなく、自分も清々しい気分になれるはずですよ。

影で愚痴って発散する

そうとは言いつつも、いつも周りの人から自分だけ認めてもらえなかったり、自分の思うように物事が進まなかった時というのは悔しい気持ちになってしまうものですよね。

しかしながら、その気持ちをそのまま誰かにぶつけてしまうと、結果的に言い訳をしていると思われたり、素直じゃないと思われてしまいかねません。

そんな時は、ぐっとこらえるか影で愚痴って発散してしまいましょう。

その際はくれぐれも本人の耳にはいってしまわないように注意しましょう。

陰口を言っているのがバレてしまったらかえって惨めな思いをしてしまいますよ。

誰にも聞かれないところでコッソリと愚痴を言うくらいなら、いつまでも我慢をしてストレスを抱えるよりも心の健全を保つことができるでしょう。

他人の事を影で悪く言うのは気が引けるかも知れませんが、時には自分自身の事も大切に考えてあげる事も劣等感を克服する方法の一つです。

努力して追いつく

勉強や仕事などではどうしても周りの人たちを意識してしまうものですよね。

そんな時に、自分よりも良い成績を残した人たちを見ていて、悔しい思いを経験した事がある人も多いのではないでしょうか。

そのような事がある度に「どうせ自分なんてこの程度の実力なんだ」と決めつけてしまってはいませんか。

そんな人は少し努力をして追いつこうという考え方を持ってみましょう。

勿論、はじめはやる気が出ないかもしれませんが、日々の努力はきっと着実に身についていくはずです。

一気に追いつこうと焦らず、長い目で少しずつ追いついていけば良いのです。

それに、もしかしたらあなたが比べている対象となる相手も、実は過去にあなたと同じような悔しい経験をしていたのかも知れません。

そう思うようにすれば、少しは気が楽になりますし、自分が努力をする事だけに集中できるでしょう。

どうせ悔しい思いをするのであれば、ただあきらめたり言い訳をするよりも、その気持ちをバネにして自分の成長に繋げられるようにした方が良い結果になるのではないでしょうか。

自分の長所を見つける

自分と他人を比べた時に、劣等感を感じる多くの人は自分を責めたり、相手の欠点を探そうという気持ちになりがちです。

しかしながら、そのような事ばかり考えていても、劣等感を忘れる事は難しいのではないでしょうか。

人には個性があり、得手不得手が少なからず存在しているものです。

あなたが劣等感を感じている相手にもそれは当てはまる事であり、世の中に完璧な人というのは存在しないのです。

そして、そんなあなたにもきっと長所と呼べるものが一つや二つはあるはず。

その事を忘れてしまって、他人と比べてばかりいるのはネガティブな気持ちをいつまでも持ち続ける事になってしまいますよ。

「誰も自分を評価してくれないから長所なんて無い」と思っている人もいるかも知れませんが、それなら自分自信で長所を探してあげましょう。

どんなに些細な事でも構わないので、自分の長所を書き出してみれば何かしら思いつくものがあるのではないでしょうか。

自分の長所を見つける事ができれば、たとえ劣等感を感じる事があったとしても、きっと心の支えになってくれるはずですよ。

自分だけの才能を見つける

才能とは何もその全てが生まれ持った天性のものとは限りません。

才能に目覚め、自分の才能を磨く事によって今まで自分でも気が付かなかった才能が開花するというケースだってあるのです。

自分が持っていない才能を持っている人を見ると嫉妬をしたり、自分を小さい存在だと感じてしまう事もあるかも知れませんが、それはその人の才能であったというだけなのです。

自分の憧れている人を目標にしている人も、それが叶うかどうかは分かりませんし、仮に叶ったとしてもやっぱりそれは全く同じ才能であるというのは考えにくい事です。

それでも諦めたくないと感じる人もいるかも知れませんが、時には自分に足りないものについて素直に受け入れる気持ちも大切です。

他人の人生を同じように歩む事ができないのと同じように、他人と全く同じ才能を手に入れるというのは現実的ではありません。

目標になる人を目指しつつ、自分の才能とは何なのかという点についても考えるようにしてみましょう。

もしかしたら他人が羨ましがるようなあなただけの才能が眠っているかも知れませんよ。

客観的に考える

劣等感を感じる時というのは、自分と他人を比べる事ばかり考えてしまう為、どうしても視野が狭くなってしまいがちです。

もし、今後そのような気持ちになった時は、少し冷静になって客観的に考える癖をつけるようにしましょう。

そうする事によって、今まで気が付かなかった事や、普段とは異なる視点で物事を捉える事ができるようになるはずですよ。

例えば、自分よりも頭の良い人と比べた時に、何故相手の事が羨ましいと感じるのか、そんな自分に今できる事や足りないものとは一体何なのかと考えてみると良いかも知れません。

ただ他人の事を直感的に「嫌だな」と感じて終わりにせず、そのような気持ちになった理由について自分に問いかけてみましょう。

案外些細な理由であったり、ただ自分が考えすぎていただけだったという可能性も十分にあります。

このように、客観的に考える事で劣等感を感じずに済むケースは少なくないのです。

劣等感を克服できた時の自分を想像する

劣等感を感じている時というのは、心も不安定になっているものです。

そんな時、頭に浮かぶ事と言えばどれもネガティブな事ばかりという経験がある人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、それも考え方次第ではもっと違った事を想像できるようになれますよ。

自分を責めているのであれば、暗い感情になりますし、ネガティブな事ばかり思い浮かんでしまうのも不思議ではありません。

今はそうであったとしても、それはこれからいつまでも続く事なのでしょうか。

劣等感を克服したいという気持ちがあるのであれば、その先にある克服できた時の自分の事についても想像できるはず。

今は自信が持てなくても、きっといつかは克服できるという気持ちがあるだけでも心の支えになるはずですよ。

そう思えるようになれば、今悩んでいる事だってちっぽけな存在に感じる事ができるでしょう。

自分から進んで他人が喜こんでもらえるような事をやってみる

幾ら自分の長所や才能を探しても何も見つからない・・・という人も諦めないで下さいね。

そのような謙虚な心の持ち主である人は、その気持ちを他人に向けてあげてみてはいかがでしょうか。

自分の身近な人は勿論、世の中には困っている人がたくさん存在しています。

「自分なんて人の役に立つわけがない」と決めつけず、他人の為に何かしてあげてみて下さい。

誰だって助けてもらえたら嬉しいと感じるもの。

それは、何も大きな事である必要はありません。

自分の為だけに何かをしてもらえたというその気持ちが嬉しいと感じるのです。

自分で考えても自分の良いところが見つからない人も、他人が喜ぶ事してあげる事で、自分が今まで知らなかった良いところを気付かせてくれるかも知れませんよ。

そして、その積み重ねが少しずつ劣等感を和らげ、自信を持てる事にも繋がっていくでしょう。

️劣等感を感じてもあまり気にしないこと

これまで劣等感についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

劣等感とは多かれ少なかれ誰もが感じるものであり、私たちが生きていく上で今後も関わっていく事となる存在です。

そして、その劣等感の多くは「なりたい自分」と「現在の自分」とのギャップに苦しむ事で生まれるものだったりします。

最近何だか他人の事ばかり気になったり、自分に自信が持てないと感じた時は、少し自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。

自分と他人を比べている時というのは、どうしても気持ちが焦ってしまいますよね。

劣等感を感じてもあまり気にせず、自分だけにできる事や、努力次第で足りないところを探してみる事に目を向けるようにしましょう。

劣等感を自分を成長させるエネルギーに変える事ができるかどうかはあなたの気持ち次第かも知れませんよ!