皆さんは様々な考え方をすると思いますが、どの様な考え方をしますか?

自分から見た意見を言うような考え方という人は多いのではないでしょうか?

どうしても考えるというような行為は、基本的に自分の意見が入ることが多く、自分の考えを述べるというような人は多いのではないかと思います。

例えば「目の前に水が入っている水槽をどの様にして空にしますか?」というような問題があったとします。

その際の答えというものは特にないですよね。

言うのであれば空にすることができればどれも正解だと言うことになります。

普通の考えというものであれば「バケツを用意して水をじょじょに取り出す」というような事であったり「水槽からホースで水を抜く」というような人もいるでしょう。

ですがこの考えというのがいわゆる自分から見た意見という事になりますよね。

自分の場合はこの様にするというような考え方です。

個性が出るような考え方をする人もいますよね。

今回のラテラルシンキングという考え方というのはまさにその個性が出るような考えをするような人になるというような事です。

どの様なことを言うのかというと、この時にどの様な答えをすることができるのかという事です。

水を抜く方法に対して様々な方法を使うと思いますが、その水を抜く際にときには違うような方法をするという事です。

例えば「そのまま放置して蒸発するまで待つ」というような考え方というのはとても個性がありますよね。

この場合は物などを使わず自然に水を消滅させています。

また「水をペットボトルに入れてその水をどんどん日ごとに飲む」というような方法もあるのではないでしょうか?

この場合は簡単に言うと、その日に水を取り出すということではなく、時間をかけて水を取り出すというような発想になるという事です。

普通の、一般的な考えというのは誰もがするものに対して、この様な発想をする考え方というのは、物事を異なる場所から見て考えているという事になります。

多くの人は目の前に「水が入っている水槽を空にする」という考えをしたのではないかと思いますが、この様な人達の場合は「どうやって水を水槽から出すのか」という考えをしたことになります。

言うのであれば空にすることだけを考えるのではなく、水を空にするという事は誰にでもできることなので「どの様にして水を出そうか?」というような事を考え始めたという事になります。

基本的にこの様な、異なる場所から見るような考え方を「ラテラルシンキング」という風に言うのですが、これはビジネス界においてはとても重要なことになるので覚えておくようにしましょう!

皆さんも違った見方をしたりすることがありますよね。

いわゆる客観的な視点という事です。

それは人などに限らず、物にも同じような事が言えるのではないかと思います。

ではそんな「ラテラルシンキング」についてどの様な意味があるのでしょうか?詳しく見てみたいと思います。

️聞いたことある?「ラテラルシンキング」について

皆さんは「ラテラルシンキング」という言葉を聞いたことはありましたか?よくラテラルシンキングともう1つ「ロジカルシンキング」と呼ばれるような考え方も一緒に出てくるのではないかと思います。

聞いたことがないという人も多いかもしれません。

これは基本的にビジネスなどで使うような用語であり、様々な考え方をする際には大事なことになるのです。

実際にこのラテラルシンキングというのはとても面白い発想をすることができるようになります。

言うのであれば先ほどの水の問題と同じく、その発想があったのか!というような思考の幅を広げて物事考えることがラテラルシンキングです。

なので先ほどの問題の水でも思考が広がるからこそ「蒸発させる」というような答えに辿りついたという事になりますよね。

それに対してロジカルシンキングというのは、物事を順序立てて考える思考のことを言います。

いうのであれば最初に言った「バケツを使って水を出す」というような考え方をロジカルシンキングというのです。

では更に詳しく見てみたいと思います。

ラテラルシンキングとは?

ラテラルシンキングというのは詳しく言うと、水平思考という意味があります。

どういう事かと言うと、例えば先ほどの水のような問題の際には考えられることは「正解というのは1つではない」というような考えをラテラルシンキングという風に言います。

更に詳しく言うのであれば、ラテラルシンキングというのは基本的に、様々な考えが出るので想像以上のものを考え付いたりすることが多いです。

正解が1つではない状態の時に効果を発揮することができるものがラテラルシンキングです。

様々な物を違う視点から見ることができる、考えることができるというような方法のことを言います。

先ほどの水の理論でも「物を使うのかどうか」という所にこのラテラルシンキングは働きかけていると思います。

例えば「水を無くすには→物を使おう→バケツやホースを使う」という考えというのは順序だてているのでロジカルシンキングになりますよね。

ですがラテラルシンキングの場合は「水を無くすには→物を使う方法もあるけど使わないで捨てる方法があるのではないか?」というような考えをするのがラテラルシンキングという事になります。

基本的にはこの様な考え方というのはとても重要であり、ビジネスなどでも違った見方をすることができるので、とても役に立つことばかりなのです。

ロジカルシンキングとの違い


ではそんなロジカルシンキングとの違いですが、結論から言うと「正解が1つなものがロジカルシンキング」であり「正解は複数あるというのがラテラルシンキング」という事になります。

どうしてもロジカルシンキングの場合は論理的な考えをしてしまうので、その行程に沿って考えることが多いです。

ロジカルシンキングの場合は「水を無くすには→物を使う」というような物事を順序立てて考えるので正解が「バケツやホースなどの物を使って水を捨てる」というような考えになってしまうのです。

なのでこちらのロジカルシンキングの場合は答えとなるものが1つにたどり着いてしまうというような事が多いです。

いわゆる数学的な考えというのがまさにロジカルシンキングと言えるのではないかと思います。

逆にラテラルシンキングの場合は答えは複数ある国語のような形と捉えても良いかもしれません。

クリティカルシンキングとの違い

クリティカルシンキングというものもあります。

いきなり新しい単語が出てきたと思いますがこのクリティカルシンキングというのは、簡単に言うと批判的な考えをするような事をクリティカルシンキングと言います。

よく物事を疑ってかかるような人がいると思いますが、まさにあのような考えをするという事です。

ですが全てを批判するというものではないという事を先ずは覚えておいてください。

極端な話ですが「本当に水を減らすことができるのだろうか?この答えで正しいのだろうか?」というような考えをすることができるのが、クリティカルシンキングになるという事です。

この考えをするうえで重要なことというのは「この考え方で良いのだろうか?」という点です。

仮に順序通りに思ったとしても「この答えで大丈夫なのだろうか?」と新たに考え直すことを言うのです。

なのでこの場合はどちらかと言うとテストの問題で選択肢の問題が出た際に「本当にこのAであっているのだろうか?Bの可能性はないのだろうか?」とおもう1度見直したりしますよね。

それと同じという事を頭に入れておきましょう。

なのでラテラルシンキングは答えが1つではないので、幅広い答えをすることができるのに対して、こちらのクリティカルシンキングというのは「本当にあっているのか?」という疑問に対して更に1から考えていくというような「本当にあっているものを探す」というような考え方をするのがこのクリティカルシンキングだという事を覚えておいてください。

️ラテラルシンキングの重要性

今回はそんなラテラルシンキングの重要性についてお話をしたいと思います。

この考え方というのは簡単に言うと、その問題に対して様々な方向から見ることで答えがいろいろなものが出るという事になります。

先ほどの水問題もそうですが「物を使わない」という発想もあれば「水を飲む」なんていうような発想もありましたよね。

この場合で重要なことは、正解が1つではないという考えになるという事です。

例えばですが、テストの問題というのは完全にロジカルシンキングとクリティカルシンキングが役に立つ考えになりますよね。

特にそのテストが数学であったり理科の問題であれば尚更その方法が役に立つという事になります。

しかしながらこのラテラルシンキングをテスト問題に例えるのであれば、国語といったことになるのです。

簡単に言えば正解は「この様な表現が入っていれば合格」というような主人公の心情を読み取った問題というのがよくありましたよね。

この水問題の場合は「水を無くすことができればそれが答え」という事になります。

なのでいかなる方法を使ってでも水を水槽から無くすことができればクリア!というような事になるのです。

このラテラルシンキングのような、様々な考え方で答えを複数出すというのは、実はビジネス界ではとても重要なことなのです。

何故ならこのラテラルシンキングというのは、その1つに前提から疑うというようなことがあります。

今回の場合は「水を無くす場合」になりますよね。

その時に「物を使うという前提でなければならないのか?」という発想までいくという事になります。

なので「水を無くすには他の方法はないか?」というような考えをすることになり、様々な答えが出てくるようになるというのがこのラテラルシンキングです。

この考え方は、例えばビジネスなどでは大きな変化が欲しいときにこの考え方をすると良いでしょう。

また、何か新しいことをする時にもこの様な考え方というのは重要になってくるのです。

ラテラルシンキングは様々な使い方をすることができる

言うのであればこのラテラルシンキングというのは普段の日常生活でも使えることが多いです。

言うのであれば「掃除をしたい→どの様に掃除をするのか?」というような事に対して様々な掃除方法を考えれるでしょうし、「今日は何の料理を作ろうか?」という事に対しても使うことができます。

この考え方はどんな事に対しても通用をするので、ビジネスだけではないという事を覚えておくと良いかもしれません。

️ラテラルシンキングの鍛え方

ではそんなラテラルシンキングの鍛え方というのはどの様なものがあると思いますか?例えば今あるものをスライドさせるというような鍛え方もありますし、前提条件を疑うというような鍛え方もあります。

言うのであればラテラルシンキングというのは思考の幅を広げるというような行為なので、様々な見方や思考法というものを意識するという事が大事になるでしょう。

もちろんラテラルシンキングだけが重要という事ではありません。

先ほど言ったロジカルシンキングであったりクリティカルシンキングなどもとても重要なものになります。

今回はそんなラテラルシンキングの鍛え方をいくつかお教えしたいと思います。

実際にこの様な考え方をするというのは、実は楽しいことなのですよ?

1、今あるものをスライドさせる

今あるものをスライドさせるというような鍛え方をすることができます。

例えばですが、その物などを全て考えたものを横にどんどん置いていく、スライドさせていくというような方法です。

この鍛え方は基本的にその考えを1つに絞るのではなく、他にもあるのではないかと考えることです。

最初はクリティカルシンキングに近いようなものを感じるかもしれませんね。

ですがそれを慣らすことでどんどんラテラルシンキングの様な考え方へと変わっていきます。

また最初は難しいと思うのであれば、問題集などもたくさんあるので、その問題集などを解いてみてはいかがでしょうか?

答えをロジカルシンキングにしてしまいがちな人でも楽しめる本にもなっています。

2、前提条件を疑う


前提条件を疑うというような鍛え方もあると思います。

この鍛え方はまさにラテラルシンキングを身に付ける方法の1つ目であり、前提条件を疑うという事が必須になります。

言うのであれば様々な見方をするので、正解というものは1つではないですよね。

その際に前提条件というものが何なのかを疑うことです。

水問題の場合は「水槽から水を無くす」というのが前提条件になりますよね。

他のことに関しては何も書かれていないと思います。

この様な考え方などは何回もしないと身につかないものなので、様々な問題を解いたり、疑うというような事をすれば良いのではないかと思います。

3、逆転の発想

逆転の発想というのもあるでしょう。

言うのであれば、水を無くすには物を使わなくてもいけるのではないか?というような現実的には考えないような発想をすることが重要になるのです。

ラテラルシンキングの大切なことは、まずは前提条件を疑うという事。

そして新しい見方などをするというような事になるので、逆転の発想、つまり誰も思いつかなかったものを思いつくような見方をするという事が大切になるのではないかと思います。

この様な鍛え方もあるので是非覚えておくようにしましょう。

4、今あるものを組み合わせて考えてみる

そしてラテラルシンキングで大切な事はそのある物を組み合わせて考えるという点です。

言うのであれば、今あるものを組み合わせて考えることで、他の答えを導き出すというような事をすることができます。

例えば「水を無くす際に物を使わないという発想ができたのであれば次はどの様にして水を無くそうか?」というような考えをすることが大切になるという事です。

この組み合わせがあるからこそ様々な考えをすることができるようになるので、思考の幅というものがどんどん広がるのではないかと思います。

5、日常生活や仕事で実践する

日常生活や仕事で実践をするという方法もあるでしょう。

例えば日常生活で掃除をする、料理をするという事でも様々な考え方が出てきますよね?例えば部屋をキレイにするのであれば極端な話自分が掃除をしなくても良いというような考えもあるのではないかと思います。

その1つに業者に頼むというような方法もありますよね。

自分が掃除をするのではなく、家事代行を頼むというような発想をすることもできるのではないでしょうか?

自分がするという前提ではなく、他の人に頼むというような発想も大事になるのではないかと思います。

6、ラテラルシンキングに関する問題集を解く

ラテラルシンキングに関する問題集を解くというような方法もあるでしょう。

ラテラルシンキングの様な考え方というのはとても重要なことであり、誰もが身につきたいと思っています。

そんな問題集がいくつかあるのでその問題集を解くことで鍛えることができるのではないかと思います。

この問題集というのもまた、面白いところがあり、それはその様な回答があるのかという事を学ぶことができるからです。

いわゆる自分の考えとは違った別の発想を見ることができるという事になりますよね。

ラテラルシンキングに関する問題集というのは後ほどでいくつか紹介をしたいと思いますが、ラテラルシンキングを鍛えたいという人は、是非問題集を買って解いてみてはいかがでしょうか?

7、いつも他人と違うことをする

いつも他人と違うことをするというのも重要になるでしょう。

他人と違うようなやり方というのは基本的には考え方が違うという事になります。

マニュアル以外のことをするというのはさすがにいけない事ですが、ちょっとした事でも違うことをすることで、この様なこともあるのかと実感ができるのではないかと思います。

何事も試すというのはとても重要なことになるので覚えておくようにしましょう。

また、この様な考え方をすることで、先ほど説明したスライドさせるというような考え方に辿りつくことができます。

1つの発想を思いついたのであれば、そのまま答えを出すのが普通ですが、その様にするのではなく、他の発想方法は何か思いつかないかと考えることが重要になるのです。

8、ラテラルシンキングに関する本を読む

ラテラルシンキングの考え方というのはとても重要だと話をしましたが、最近ではビジネス書であったりラテラルシンキングに関する本などが多く出ています。

その本についていくつか紹介をすることができたら良いなと思います。

ずるい考え方ゼロから始めるラテラルシンキング入門

ずるい考え方ゼロから始めるラテラルシンキング入門という本があります。

「ずるい」と聞くと誤解を招くかもしれませんが、ラテラルシンキングについての考え方などが乗っているわかりやすい本です。

まさにずるい考え方になってしまうのも、このラテラルシンキングがあるからこそなのではないかと思います。

ポール・スローンのウミガメのスープ

これはビジネス書などではなく、いわゆる問題集の1つです。

どの様な発想ができるのか、面白い発想をすることができるのかという事が重要になる1冊なのではないかと思います。

こちらの本は問題集としてもとても良いものなので、是非1度手に取ってみてみることをオススメします。

水平思考の世界

いわゆるロジカルシンキングではなくラテラルシンキングを活用して様々な問題に立ち向かおうというのがこの水平思考の世界という本です。

こちらは少し大人向けのものとなっていますが、内容は良いものとなっている1冊です。

3分でわかるラテラル・シンキングの基本

この3分でわかるラテラル・シンキングの基本もラテラルシンキングというものは何かという事について解りやすく書いてある本です。

こちらの本も有名となっており、見たことがあるという人もいるのではないかと思います。

ひらめく人の思考術:物語で身につくラテラル・シンキング

ひらめく人の思考術:物語で身につくラテラル・シンキングという本もあります。

この本は様々な難題というものをラテラルシンキングで解いていこうというような本になっています。

9、新しい見方をしてみる

新しい見方をしてみるというのも重要になります。

ラテラルシンキングを鍛える際にはとてつもないほど考え方というものを変えなくてはいけません。

なので新しい見方をするというような事もあるでしょうし、様々な選択肢が出てくるものではないかと思います。

しかしながらここで大事なことがあり、自分の趣向や考えを曲げないという人は、是非この新しい考え方をしてみてください。

自分の考えを曲げないというのも良いかもしれませんが、世の中というのは正解が1つではありません。

なので新しい見方をして考え方も改めてみると別の可能性が見えてくるのではないかと思います。

10、オズボーンのチェックリスト法を試す

これも有名な考え方の1つですがオズボーンのチェックリスト法というものがあります。

これはいわゆるブレストと呼ばれるブレインストーミングの元となったものです。

言うのであれば、アイデアに困った際に無理やりでも考えることができるようなチェックリストになっています。

様々な項目があり、例えば水の問題に当てはめると、水をどの様にするのかという所から始まり物を使うのかどうかというような考えであったり使わない方法とは?というような様々な選択肢を与えるものがこのオズボーンのチェックリストになるのです。

ブレインストーミングでも良いかもしれませんね。

11、いつもの思考法を意識的に変えてみる

いつもの思考法を意識的に変えてみるという事も重要です。

なので先ほど言った考え方や見方を変えるというような事と同じくラテラルシンキングを鍛えるにはこの思考法を意識的に変えてみる必要があるのです。

いつもはこの様に考えていたけれど、他の考え方は無いのかと立ち止まって考えるだけでも実はラテラルシンキングを鍛えていることになります。

考え直すというような事が重要になるという事です。

️ラテラルシンキングを磨くための問題集

ではそんなラテラルシンキングを磨くための問題集がいくつかあるのでその問題集について紹介をしたいと思います。

実はというと最近ではこの考え方はとても重要になっており、問題集としても売れています。

ビジネスで活用をしたいというような人が多いので、是非手にとって買ってみてはいかがでしょうか?では今回はそんなオススメの2冊を紹介したいと思います。

ポール・スローンのウミガメのスープ

先ほども紹介したポール・スローンのウミガメのスープという問題集の本があります。

これはよく解りやすく、そして面白い回答なども見ることができるのでオススメの問題集となっています。

「ずるい思考術」練習帳

周囲の人から思わず「ずるい!」と言わせるような思考をさせるのがこの「ずるい思考術」練習帳です。

クイズ形式であり、様々な回答をしたり自分の思考法を鍛えることができるのではないかと思います。

️ラテラルシンキングの活用シーン

ラテラルシンキングですが、どの様な時に活用をすることができるのでしょうか?

言うのであればこれはビジネスで活用することが多いですが日常生活でも多い要素の1つになります。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

ビジネスにて活用する

ビジネスでおおいに活用をすることができるでしょう。

言うのであればビジネスで活用をする際には様々な企画などで活用をする場合が多いです。

例えばビジネスでの会議であったり、新しい事業を展開する際にはとても役に立つものなのです。

詰まってしまったとなれば、困った時にすることがブレインストーミングです。

いわゆる先ほどのオズボーンのチェックリスト法を試すときなのではないかと思います。

ビジネスにおいてはこのラテラルシンキングに限らず、最初の方で説明をしたロジカルシンキングであったり、クリティカルシンキングも役に立つので、どんどん活用をするようにしましょう。

新規事業の企画

新しく事業を始めた会社であったり、どの様な方針にするのかというような会議ででもこのラテラルシンキングというのは活用をしたりします。

言うのであれば、どの様にしたいのかという事に対しては様々な意見が飛び交うのではないかと思います。

そんな中でこのラテラルシンキングのような考え方をする人がいれば、良いアイデアとして意見が出てくる可能性が高いです。

なので、新規事業の企画などでは特に良い活用方法となっているのではないかと思います。

日常生活で

また先ほども言ったような料理や掃除などでも発想の考え方を変えることができます。

いわゆる日常生活でもこのラテラルシンキングを活用することが多いのではないかと思います。

先ほどから言った掃除や料理もそうですし、他にも洗濯などで活用をしたり、模様替えをする時にも使えるのではないかと思います。

日常生活のいたるところでもこのラテラルシンキングというものは活用をすることができるので、是非とも皆さんも考えてみてはいかがでしょうか?

️まとめ

いかがでしたか?ラテラルシンキングについて今回はお教えしましたが、この考え方というのは基本的に答えが1つではないものに対して使える有効な考え方です。

この考え方を学びたいという人も多いかもしれませんが、鍛えて誰でも身に付けることができます!

この考え方をすることで、周りの人からも「その発想は思いつかなかった!」というような驚きなどを与えたりするので、是非ともこのラテラルシンキングを鍛えてみてはいかがでしょうか?

またこの考え方以外にもロジカルシンキングであったり、クリティカルシンキングとの違いについて学んだと思いますが、この3つの考え方を上手くバランスよく使えるような人こそ、良い人材になったり活躍をするのではないかと思います。

大事な事は、考え方を様々な視点で見るという事です!

そうする事で今回のラテラルシンキングを身に付けることができるのではないかと思います!

勉強と同じく何度も繰り返しすることで身につくものなので、直ぐには考え方というものは変わらないと思います。

しかしながら繰り返すことで身に付けれるのであれば、身に付けたいと思いますよね!是非とも諦めずに見に付けてみてはいかがでしょうか?