世の中には仕事のできる人とできない人がいます。

この違いは一体どこからくるのでしょうか?もちろん、仕事の合う合わないといった理由もあるでしょう。

しかし、誰にでも当てはまる共通の原因もあるはずです。

その原因さえ分かれば、原因を改善して仕事ができる人に生まれ変わることも可能になるでしょう。

今回は仕事ができる人の特徴、仕事ができない人の特徴についてお伝えします。

あなたはどちらに当てはまるでしょうか?中にはどちらにも当てはまる項目がある人もいるでしょう。

人によっては仕事ができない人に共通する項目が多い人もいるかも知れません。

しかし、心配することはありません。

まずは原因を知り対策を実行することで改善すれば、自ずと仕事ができる人に変身してゆけるからです。

あなたも仕事ができる人の共通点をより多く身につけ、できる人間になりましょう。

仕事ができる人の特徴

あなたの周りにも仕事ができる人はいませんか?

どんどんと業績を上げて会社に貢献する人や、バリバリと仕事をこなして出世していく人など、仕事ができる人は社会で活躍します。

そんな現代のスーパーマン的存在である彼らには、どんな特徴があるのでしょうか?
この章では仕事ができる人の特徴についてお伝えします。

あなたも今日から仕事ができる人の特徴を真似て、自分自身のレベルアップに挑戦してみましょう。

1.時間を意識して仕事をする


仕事ができる人は自分で意識的に仕事をします。

時間や人生は有限だと自覚しているので、しっかりとスケジュールを管理して仕事をします。

計画的に仕事をするので、今何をすればよいかを本人が自覚しており、効率的な行動ができています。

そのため怠惰に流されたり、時間に振り回されることなく、有効に時間を利用して成果を上げます。

仕事ができる人の第一の特徴は、この意識して仕事をするということが挙げられます。

2.約束を守る

仕事ができる人は約束を守ります。

約束を守ることは常識と思われる人もいると思いますが、世の中には意外と約束を守れない人がいます。

仕事ができる人は約束をしっかりと守るので信頼感が増し、仕事での成果も上げています。

仕事ができる人は、仕事上の約束以外も守ります。

例えば借りた物の返却期限や、何かしら些細な約束事もちゃんと守るので、人々に信用されるのです。

あなたもまずは、約束をしっかりと守るところから始めましょう。

徐々に人の評価が変わり、周りの協力が得られるようになるでしょう。

3.マルチタスクをこなす

仕事ができる人はマルチタスクをこなしています。

マルチタスクとは、元々コンピューターの用語です。

パソコンやタブレット上で、二つ以上の事柄を同時進行で処理をしている状態をマルチタスクと呼びます。

仕事ができる人は、自分の行動をマルチタスク化、つまり、複数の事柄を同時進行で行い仕事の能率を向上させます。

例えば経理の処理をしながらお客さんへのメールを打ったり、営業で外回りをしながら空いている時間でプレゼンの資料を作成したりします。

一見「ながら族」と呼ばれる人達の行う何かをしながら作業を行うことに似ていますが、マルチタスクは複数の事柄で成果を上げる違いがあります。

マルチタスクができると一気に生産性が上がりますが、慣れないうちはかえってミスを起こしてしまう可能性もあるので、初心者は簡単な事柄から始めてみましょう。

4.なんのための仕事か理解している

仕事ができる人は、何のための仕事をしているか、理解しながら仕事をしています。

このことはシンプルですが、意外と見落としがちな大切なことです。

何のために仕事をして、その仕事をすることの意義やメリットを自覚できれば、仕事に意欲的になれます。

その結果、仕事の能率も向上するのです。

一方で仕事ができない人は、惰性や無目的に仕事をしてしまいがちです。

今の仕事を何のためにしているのか、その点を意識して仕事をしてみましょう。

5.次の仕事を考えながら進めている

仕事ができる人は、いつも次の仕事を考えながら進めています。

頭の中で仕事の段取りを決めているので、無駄なことをせずに仕事が進められています。

また、トラブルなどが発生しても、そのことも想定しているので対処をスムーズに行います。

このように、仕事を常に先を見ながら行う人は、成果を上げやすく、トラブルの解決も早い傾向にあります。

6.現状に満足しない

仕事ができる人は、良い意味で現状に満足せずに、常にさらなる成果やレベルアップを目指します。

常に改善点はないか、向上できる部分はないかをチェックして行動に移しています。

そのため、短期間の間に成果を上げやすく、常に先を見ているのでリーダーシップも発揮されます。

例えば仕事ができる人は、現状で十分に成功していてもさらなる飛躍を目指します。

一見欲張りに見えますが、その志が大きな飛躍と成功の維持を実現します。

また、多くの人がその恩恵に与れるので、経営者などに向いた人ともいえます。

7.言い訳しない

仕事ができる人は、言い訳をしません。

中には明らかにその人の責任ではないような事柄でさえ、自分の責任として処理しようとする人もいます。

結果として多くの人望を集めて、協力者も表れ成功していきます。

言い訳は冷静に分析すると、その人の評価を下げて、仕事の能率も下げてしまいます。

仕事ができる人はそのことを重々承知しています。

言い訳をしない方が得であると理解しています。

このような視点の違いが、大きな結果の違いとなって表れるのです。

仕事ができない人の特徴

この章では前章と対照的に、仕事ができない人の特徴についてお伝えします。

仕事ができない人は、やはりそれなりの特徴があります。

ここでお伝えするその特徴を反面教師にして、あなたも仕事ができる人の仲間入りをしましょう。

1.ダラダラ仕事をする


当たり前ですが、ダラダラと仕事をする人は仕事ができません。

例えそれで本人のノルマをこなせていても、印象が良くないので出世が見込めませんし、周りの協力も得にくくなってしまいます。

もしあなたが上司だとすれば、同じ能力の部下がいたら、キビキビと仕事をする人と、ダラダラ仕事をする人のどちらを評価するでしょうか?

恐らくほとんどの人がキビキビと仕事をする人を評価すると思います。

せっかく仕事をするのであれば、ダラダラと仕事をせずに、良いイメージで仕事を行いましょう。

2.締め切りを意識していない

仕事ができない人は、締め切りを意識しません。

つまり、時間のペース配分ができないために、仕事にムラや遅れが生じてしまうのです。

また、気分にも流されやすくなってしまうので、どうしても能率が悪くなります。

3.同時並行を好まない

仕事ができない人は、仕事の同時並行を好みません。

何かひとつの事柄を終わらせないと次の仕事に取り掛かれないため、効率が悪く成果が中々表れません。

そのため、同時並行で仕事が可能な人からどんどん遅れをとり、気が付けば大きな差ができてしまうのです。

4.作業そのものしか見えていない

仕事ができない人は、作業そのものしか見えていません。

作業の先にある次の過程や、その作業に課せられているテーマなどが見えていないので、仕事が遅くなったり、あらぬ方向へ進んでしまう場合もあります。

仕事には作業に集中する面と、全体を見渡す広い視野の二つの視点が必要になります。

5.ひとつのタスクにしか意識がない

仕事ができない人は、何かひとつのタスクにしか意識が向かないので、急な対応や応用が苦手です。

そのため、状況が変わると対応しきれなくなり失敗してしまう場合があります。

6.改善に気がまわらない

仕事の現場では、結果から改善をすることで次の成長につなげていきます。

しかし、仕事ができない人は、結果までで終始してしまい、改善まで気が回りません。

そのため同じミスを繰り返してしまうのです。

同じミスを繰り返さないためには、結果から改善策を常に模索する必要があります。

7.愚痴っぽい

愚痴っぽい人は仕事ができません。

仕事に回すべきエネルギーを愚痴を言うことで消費してしまっているからです。

また、周りからも内心疎まれているので、周りの協力も受けにくくなります。

仕事ができるようになるには、愚痴を言う分のエネルギーを生産性に向けることです。

仕事ができる人とできない人の決定的な違い5選

前章までで、仕事ができる人と、仕事ができない人の特徴についてお伝えしました。

この章ではさらに掘り下げて、できる人とできない人の決定的な違いについてお伝えしていきます。

この違いを意識して、できる人の特徴を真似ることで仕事の効率が上がるでしょう。

1.コスト意識があるか

仕事ができる人は、常に時間や予算が有限であると自覚しています。

そのためコスト意識があり、しっかりと成果や結果が出るように計算しながら仕事ができています。

一方で仕事ができない人は時間や予算が無限にあると錯覚しているので、大きなロスや時間の浪費をしがちです。

この違いから評価に大きな差が生まれるのです。

2.納期を必ず守れるか

納期を守れるかどうかは、信頼を得る上で重要な事柄です。

仕事ができる人は納期を必ず守るように心がけています。

そのため、万が一納期が守れなくても普段の信頼から許してもらえることも多く、仕事がスムーズに進みます。

仕事ができない人は納期をあまり守らないので、信頼されずに徐々に仕事が減ってしまう傾向にあります。

信頼の構築を考えているか

納期を守るということは、単に仕事上の約束を守るということではなく、そこには信頼関係が築かれる土壌があります。

納期をしっかりと守る人には信頼関係が構築されて、見えない部分で仕事がスムーズに進む土壌が作られるのです。

3.優先順位をつけられているか

仕事ができる人は、常に仕事に優先順位をつけて、今やるべき事柄に集中します。

そのためスピード感がある仕事が可能になり、大きな成果を生みだします。

仕事ができない人は適当に仕事をしてしまい、優先順位をつけません。

行き当たりばったりで仕事をする傾向にあるので、能率が良くありません。

正しいつけ方ができているか

仕事の優先順位には、正しいつけ方があります。

仕事のスケールだけ見るのではなく、納期や取引先の重要度、情報の鮮度なども見て決める必要があります。

仕事ができる人は、正しい優先順位をつけ、効率よく仕事をこなします。

4.仕事の全体像を掴んでいるか

仕事のできる人は、仕事の全体像を掴んで仕事をします。

今自分は仕事のどの部分に関わり、最終的にはどこに行こうとしているのかを常に把握しています。

そのため、最終ゴールまで迷わずに行きつけますし、例え迷っても軌道修正が可能です。

一方で仕事ができない人は、その場の仕事をこなすことで目いっぱいです。

そのため、目標を失い失速してしまう場合もあります。

仕事の全体像を見渡すことは、できる人になるための大切な要素です。

5.流れを把握しているか

仕事ができる人は、仕事の流れを常に意識しています。

自分の意思のみで動くのではなく、全体の流れに乗る形で仕事を進めるので、流れに逆流することなく、自然と大きな成果を手に入れます。

個人よりも集団や組織の力を重んじて、その力に逆らわらずに大きな仕事をするのです。

当たり前のことが質よく行われているか(まとめ)

いかがでしたでしょうか?突き詰めれば、仕事ができる人とできない人の違いは、当たり前のことが質よく行われているかどうかの違いといえます。

仕事の能率を向上させるには、当たり前の連絡事項や提出期限を守るなどの、仕事の基本を疎かにしないことが問われます。

また、人間関係も基本になる挨拶や労い、気遣いや連帯感などがあると、良好な人間関係が築けるので仕事が上手くいきだします。

このような基本を守れる人が、周りの信頼感を得て、大きな仕事を回してもらえるようになるのです。

そして、その大きな仕事も周りの協力も得てこなしていくので、ますます評価が高まることにつながります。

あなたも仕事ができる人を目指すには、当たり前のことをきちんとこなすことから始めてみましょう。

きっと大きな成果につながり、できる人として評価される日が来るでしょう。