「絶対音感があればなぁ…」なんて考えたことのあるそこのあなた!絶対音感というのは、相対音感とは異なって生まれながらの持っている才能の一つである“音感領域”ですよね。

そんな絶対音感を持っていれば、音楽業界で活躍することもできますし、絶対音感がある人は歌がうまいともいわれています。

大人になってから「絶対音感があればよかったのに」と思っても、すべての場合で時すでに遅し、なんですよね。

なぜかというと、絶対音感が身につくのは“子供の時期”だからなんです。

今からどこでもドアなんかを使って昔にタイムスリップすることができれば、当時の自分に教えてあげることができるかもしれません。

でも、そのように過去に戻ることなんてできないですよね。

だったら、あなたの分身でもある“子供”に絶対音感を身につけさせてあげましょう。

あなたがそれほどまでに絶対音感がほしいと考えているのであれば、あなたの子供が大きくなった時にも同じようなことを考えるようになるはずです。

そんなときにあなたが今まさに感じているように「どうして自分の親は絶対音感を身に着けてくれるような教育をしてくれなかったんだろう」と思うようになるでしょう。

とはいえ、子供に身に着けさせることができるのか?と心配なさっている方もいるでしょうね。

だって、絶対音感というと“生まれながらにして持っているもの”なのではないかと感じている人が多くいるからです。

この記事では、そんな“絶対音感”について特集をしています。

それはどのようなものなのか、どのようにすれば身に着けることができるのか…などなど、誰もが気になってしまうであろう“絶対音感”に関する疑問にお答えしています!ぜひこの記事を参考にして、あなたの子供に絶対音感を身に着けてあげられるようにしましょう。

絶対音感を徹底解析しよう

あなたは、「絶対音感」ときいてどのようなことを思い浮かべるでしょうか?

おそらく有名な音楽家の名前だとか、さらにはテレビで活躍している絶対音感を持っている人の名前や顔、または“天性の才能だから自分には関係のないこと”、自分のような一般人には関係のないこと…なんて想像するのではないでしょうか。

しかし、それって間違っているんですよね。

すでに絶対音感を持っている人、または絶対音感を持っていたために有名な曲を生み出すことができた…というのは、確実に絶対音感の享受を受けています。

しかし、「自分のような一般人が絶対音感を得ることができない」と思うのは勘違いなんですね。

大人になってしまえば、たしかに絶対音感を養うのは難しいです。

というか、できない等しいでしょう。

しかし、まだ何も知らない―何も吸収していない―無垢な子供であればあるほどに、絶対音感を養いやすいといわれているんです。

つまり、あなたも子供のころにそれ相応のトレーニングをしていたのであれば、絶対音感をえて、今となって使いこなせていたかもしれないんですよね。

とはいえ、よく耳にする“絶対音感”というものですが、実際はどのようなものをさしているのか、どのようなことを言っているのか知らない人というのは、多いのではないでしょうか?

ここでは、絶対音感とはどのようなものなのかをより詳しく解説しています。

絶対音感とは?

絶対音感・・とはそもそも何を言っているのでしょうか?絶対音感というのは、音をきいたときにその音の高さを正確に当てることができる、その音の段階を把握することができる能力を言います。

音といっても、純音だとか楽音というものがありますが、どんな音でも単独に耳に入れた時に、もともと記憶している音の高さとあわせることによって、記憶に基づいて絶対的に“この音だ!”と認識できることですね。

あなたは、何か単独の音―ピアノの音など―をきいたときに、「ドレミファソラシドの“レ”だな!」なんてすぐにその音がどの音なのかを言い当てることができるでしょうか?
もしもそれができるのであれば、あなたは絶対音感の持ち主かもしれません。

また、絶対音感というのは聞いた音がどのような音なのかをあてたりするだけではなく、実際に聞いたメロディーを即座に(即興で)自分の楽器で演奏することができる能力でもあります。

つまり、楽譜を見ていなかったとしても音楽をきくだけで頭の中に「こんな感じの音の流れなんだな」とかその楽譜が浮かぶようになります。

絶対音感がない人にとっては、なんともいえないくらいに不思議な能力ですが、絶対音感を持っている人というのはそれを当たり前にしてすることができます。

音名だけではなく、階名までも説明することができるので音楽知識も詳しいということになりますね。

この「絶対音感」という言葉は、絶対的音感、絶対的音高感とも呼ばれており、音の高さを“直接的”に理解する認識力となります。

また、絶対音感といっても聞き取ることのできる“音域”は限られていることが実験や研究で明らかになっています。

ずばり、4kHz以上の音域は聞き取ることができません。

その4kHzというのが上限であり、それ以上の音は何度聞いても“同じ音”に聞こえてしまいます。

それは絶対音感を持っていない人が「ド」と「レ」の音階を同じように聞き取ってしまうのと同じですね。

ざっと「絶対音域」というのはどのようなものなのかをご説明しましたが、まだちょっとわからない…という方もいらっしゃるかもしれないですよね!そのような方のために、さらに詳しくわかりやすく“絶対音域”というものをご紹介していきます。

音の高さを識別できる能力

あなたは、音の高さを認識することはできますか?たとえば、「ドレミファソラシド」という音があったとして、最初の「ド」と最後の「ド」の音を聞き分けることはできるでしょうか。

ドレミファソラシド…という音が響くのであればそれを意識できますが、その二つの「ド」という音だけが示されていたら、なかなか区別できないかもしれないですし、人によっては「ド」ではなくて「シ」とか「高いレの音」なのではないかと思うかもしれないですよね。

そのような音の高さを認識できる、さらに識別できる能力のことを“絶対音感”というのです。

絶対音感を持っている人は、普通にその音がどんな音なのかをとらえることができることが当たり前と感じています。

他の楽器などの助けは不要

あなたの周りには、ある特定の曲を聴いた後にピアノやギターなどで音をあわせることによって、“耳コピ”というものをしている人はいませんか?そのようにしている人でも「絶対音感がある」ように見えるものです。

しかし、そのようにほかの楽器などの助けを求めて音を当てようとしている人というのは、絶対音感の持ち主ではありません。

絶対音感というのは、そのようにわざわざ楽器などで音を確認しなくてもそれがどの音を指しているのかを説明することができるし、充てることができる人をいうんです。

つまり、楽器などの助けを得て耳コピをしたり、音を当てている人というのは絶対音感モドキということができます。

音楽家で絶対音感を持つ人は多い


あなたは、「絶対音感」ときくと有名な音楽家の名前や顔を思い浮かべることができるかもしれませんね。

小学校や中学校の音楽室の壁に張り出されていた、音楽界の偉人たちの写真なんていうのも頭に浮かぶのではないでしょうか。

そのような音楽家として活躍していたり、これまでに活躍した来た人、名前を残している人というのは絶対音感を持っていることが多いんですね。

最近テレビでよく目にするバイオリニストであり、作曲家の“葉加瀬太郎”さんなんかも絶対音感を持っている人として知られているのではないでしょうか。

音楽家というとどこか壁を感じる、別世界のいるような人として想像しがちですが葉加瀬太郎さんのように“身近にどこにでもいそうな”人でも絶対音感を持っている人がいるんですよね。

つまり、あなたが絶対音感を持っていてもおかしくはないということになります。

その絶対音感があるからこそ、脳内に降りてきた音楽やメロディをそのまま楽譜にすることができ、そして自分で演奏することができるんです。

なかには、頭にメロディがおりてくるもののその音階(音の高さ)がどれなのかを正確にあてることができずに、素敵なメロディを楽譜化できず、損をしている人もたくさんいます。

もしも、あなたにお子さんがとてもユニークな発想ができる人でさらにメロディを思い浮かべることができるのに、そのようになってしまったらかわいそうだと思いませんか?

絶対音感はどうやったら身に付く?

これまでに絶対音感とはどのようなものなのか、どのようなことをいうのかについていろいろな角度からお伝えしてきました。

今まさにこの記事をお読みになっている“大人”の人が絶対音感がほしい!と思っていたとしても、それはかなわないかもしれません。

でもこの世界には、絶対音感を持っている人とそうではない人がいますよね。

その“差”ってなんなのでしょうか?ここでは、絶対音感とはどのようにすれば身につくのかについて、詳しくご説明しています。

大人のあなたも、子供をお持ちのあなたも、ぜひ“絶対音感を身に着けたい”という気持ちがあるのであれば、参考にしてみてくださいね!

何歳くらいまでに基礎ができる?


ずばり、絶対音感というのは「何歳になってからでも身につくもの」ではありません。

絶対音感の反対のものをさしている相対音感というのは、何歳になってからでも身につくものですね。

でも、今回特集している絶対音感に関しては、“子供のころ”にしか身に着けることができないんです。

それも“だいたい8歳くらいまで”と調査・研究で明らかになっています。

この記事をお読みになっている方のほとんどは8歳以上の大人だと思うので、少し残念ではありますがあなたはこれから絶対音感を身に着けることはできません。

でも、8歳までの子供であれば、絶対音感の“基礎”を身に着けることができます。

ここで注意してほしいのが8歳までに絶対音感を身に着けることができたとしても、その基礎を発展させるような音楽生活をしなければきちんとした絶対音感は育つことはない…ということなんですよね。

ぜひ、あなたのお子様は8歳未満でしたら今からでも絶対音感が身につくように仕向けてみてほしいですね!

絶対音感があるメリットとは

あなたは、絶対音感をほしいと思っていますか?それとも絶対音感なんてこの人生の中で必要のないものだ!と思っているでしょうか。

絶対音感があることによって、音楽家として成功する人もいれば作曲家として大儲けしている人もこの世の中にはいますよね。

でも、どうしても自分の生活には関係のないような気がする…とか、絶対音感があっても意味がないような気がする…と感じる人もいらっしゃることでしょう。

そんなあなたのためにここでは、絶対音感があるメリットをいくつかご紹介しています。

このメリットを確認することによって、あなたのお子さんに絶対音感を身に着けさせる行動をするのかそうしないのかを決めてみてもよいのではないでしょうか?

他人の演奏の耳コピーができる

音楽を一度聞いただけで、その特定のメロディの楽譜を見ずに演奏できる人ってとてもカッコイイですよね!そのように他人の演奏を耳コピすることができるようになります。

普通であれば音で聴くだけではなく、譜面を確認することによって「この音だ」と演奏するのですが、絶対音感の持ち主は一度聞くだけで脳内にオリジナルの楽譜が出来上がってしまうのでそのような作業をしなくてもいいんですよね。

また、他人の演奏をすぐに即興で演奏できるので、応用がきく、編曲をすることもできるという利点があります。

作曲しやすい

人によっては、作曲をしたい!と考えている人もいるでしょう。

それにしても、なにもないゼロからのスタートでこれまでに存在していなかったような曲を作るのって、すごいことですよね。

その作曲をする人の中には、絶対音感を持っていない人もいます。

そのような人はいろいろな音を組み合わせることによって、作曲をしています。

しかし、絶対音感がある人というのは、作曲をするためになにかをするようなことはしません。

普通に暮らしている中で勝手に舞い降りてくるんですよね。

また「こんな感じのイメージの曲を作りたいな」なんてちょっと考えるだけで、そのイメージにあった曲を作り出すことができます。

それは、どの音がどのようなイメージを持っているのかを把握しているということ、そしてそれが作曲しやすいようにしてくれているんですね。

そのため、音楽の道に進みたい、もしくは進もうとしている人ほど絶対音感は必要不可欠なものになるでしょう。

聴覚が研ぎ澄まされ英語の発音なども良くなることも

あなたは、絶対音感というと音楽の才能だけを伸ばすことができる…と思っているかもしれません。

もちろん、絶対音感を身に着けることができれば、そのような音楽の才能を伸ばすことは可能です。

しかし、それだけではないんです!なんと聴覚が人よりも研ぎ澄まされるので、「耳」に関してはとても強くなるんですね。

ちょっとした音でも拾うようになりますし、人によっては英語の発音がよくなるなんていうことも…!今の日本はまだまだ遅れていますが、これからさらにグローバル化が進み、日本でも英語を使う機会が増えるといわれています。

英才教育をしたい、もしくは英語を聞き取れるようになりたい人も絶対音感を身に着けておいたほうがいいということになりますね。

それに日本人の音楽家のほとんどは、海外でも活躍していますね。

それは英語までもマスターしているということを示しているのではないでしょうか。

聴覚だけでなく五感が優れるきっかけになる

“音”というのは、必ずしも音楽だけで聴けるものではないですよね。

自然が発するような“自然の音”なんていうのもありますし、特定の音を聞くことによってなにかをイメージしたり、そのイメージしたことから何かを学ぶこともできます。

つまり、音というのはほかの五感までも成長させる材料になるということになります。

絶対音感を身に着けることができれば、聴覚はもちろんのこと、それ以外にも視覚・嗅覚・触覚・痛覚などを研ぎ澄ますことができるようになるんです。

感情豊かな人になるなんて言うこともあります。

絶対音感の反対は「相対音感」

これまでに「絶対音感」がどのようなものなのか、それを得ることによってどのようなメリットがあるのかについてお伝えしてきました。

そのなかで「絶対音感の反対のものは“相対音感”である」ということもちらほらお伝えしていたのですが、覚えているでしょうか?

絶対音感の反対が相対音感というものなんだなぁ…となんとなく分かっていたようなつもりになっても、実際にその相対音感というのがどのようなものなのかわからない人もいるのではないでしょうか。

ずばり、相対音感というのは、特定の音を基準にすることによってその後に聞いた音を識別できる能力を指しています。

例えば「ドレミファソラシド」の「レ」の音を覚えておいて、それ以外の「ソ」の音を聞いたときに「レ」よりも明らかに音階が高いことを識別できるような感覚のことです。

この相対音感というのは、この世の中のほとんどの人が持っているものになります。

相対音感があるからこそ絶対音感が生まれる?

相対音感というのは、何か基準になる音を知っていなければなりませんよね。

それって“音を記録している”という点においては、絶対音感と同じものになります。

そのため、相対音感を養うことができるといわれているんですね。

つまり、絶対音感が身についている人というのは、必然的に相対音感も備わっているということになります。

大人になってからも身に付く

誰もが身に着けたいと一度は感じる絶対音感を身に着けるには、相対音感が必要ということでした。

「この曲いいな」とか「このアーティストの作り出すメロディは本当に好きなんだよね」なんて感じることができるのであれば、あなたには相対音感が備わっているということができます。

しかし、そのように音楽に対して感じることができない人もいますよね。

そのような人にはまだ大人になってても“相対音感”が身についていないということになります。

相対音感が身についていないと恥ずかしい・・・と感じるかもしれないですね。

しかし、相対音感というのは絶対音感とはちがって大人になってからでも身に着けることができるものになります。

そのため、もしも相対音感がないと感じていたとしても、あきらめることはないということになります。

モーツァルトの絶対音感

あなたは、偉人としてたたえられている“モーツァルト”の絶対音感については、学生時代の音楽の授業で学んだことがあるのではないでしょうか?

モーツァルトといえば、だれもが知っている昔にさまざまな作曲をしていた音楽家ですね。

なんともいえないヘアスタイルで印象的なあの方です。

実は、あのモーツァルトも絶対音感を持っていたといわれています。

今の時代でも絶対音感を持っている人はたくさんいますが、なかでもモーツァルトというのは“超人的”な絶対音感を持っていたといわれているんですね。

聞き取るのが難しいとされている「ミレーゼ」という曲を2度聞いただけで完全に耳コピをしました。

それだけではなく、音を楽器で確認することなくすべて脳内で音を組み替えたりして、作曲をしていたんです。

彼にとっては“譜面”というものは必要なかったんですよね。

そのような才能をあこがれる人もいれば、なかには怖さを感じている人もいたようです。

今では広く知られている絶対音感という才能ですが、昔ではまるで魔法使いのように感じられてしまいますよね。

絶対音感を子供に身に付けさせるための6個のコツ

これまでに絶対音感のメリットをお伝えしてきましたね。

大人になってから身に着けることができるのは相対音感であり、絶対音感を身に着けることができないと知ってショックを受けた方もおられるでしょう。

もしかしたらあなたと同じような気持ちを、あなたのお子さんが大人になったときに感じてしまうかも知れません。

そのようにならないように、今から絶対音感を子供にみにつけさせてあげませんか?そうはいっても、簡単に絶対音感を身に着けることはできません。

ということで、ここではどのように子供に絶対音感を身につけさせてあげればいいのかに対するアドバイスをしています。

なんと6個のコツをおさえれば、どんな子供でも楽しく絶対音感を身に着けることができるんです♪ぜひ、お子様に絶対音感を身につけさせたいと感じている方は、参考になさってくださいね!

8歳までに訓練を終える

8歳までに必ず絶対音感の訓練を終えるようにしましょう。

さきほどもお伝えしましたが、絶対音感の基礎を作り出すことができるのは子供の時代、それも8歳までの期間になります。

それまでにさまざまな音や音楽に触れさせる機会を作ったり、これからお伝えしていくようなことを行うようにしてください。

後になればなるほど“純粋に持っている音への感覚”が汚れてきてしまいます。

その前に手を打っておきましょう。

始めるのは小さければ小さいほど良い

あなたのお子さんは、いくつでしょうか?もしも8歳に近いからと言ってあきらめることもありません。

しかし、0歳に近ければ近いほど絶対音感の基礎が身に付きやすくなります。

その理由としては、「純粋無垢」で何も知らない状態だからなんですよね。

社会人でも自分なりのやり方を知ってしまっている人を雇うのと、全く自分のやり方を確立していない人を雇うのであれば、雇い主として扱いやすいのは後者になるはずです。

それはまだ“空き容量”が多くなっているからですね。

そのように小さければ小さいほどに子供も絶対音感の基礎を身に着けやすくなります。

ピアノなど決まった音が出る楽器を家に置く

あなたの家には、音が出る楽器がおいてありますか?楽器といっても「ドレミファソラシド」のような決まった音が出る楽器を置くようにしてみましょう。

そうすることで、小さいながらにもその音を覚えるようになります。

それに小さければ小さいほどにこれまでに見たことのなかったものに、とてつもなく興味を示しますよね。

それを利用して、音の決まっている楽器で遊ばせるようにしましょう。

そのなかで“強制”するようなことはしないように。

上手にその楽器に触れるように導いてあげるのも重要な作業になります。

定期的に調律してもらうことが大事

音というのは、知らない間に乱れてしまうものです。

そのままにしておくとせっかくの純粋無垢な子供に、その間違った音を暗記させることになります。

そうすると絶対音感どころか、少しオンチになってしまうんですよね。

それじゃあ困っちゃいますよね!ということで、それを避けるために定期的に調律をしてもらうようにしましょう。

親御さんができるのであれば親御さんが行えばいいのですが、できればプロに任せるのが安心です。

お金はかかってしまいますが、子供の将来のためと思えば安くなるのではないでしょうか?

聞いた音を譜面に書かせる練習をする

音を聞くだけでは絶対音感を身に着けるのは難しいです。

子供によっては聞くだけですぐに吸収し、脳内で譜面を想像できるようになる子もいます。

しかし、すべての子がそうとは限らないですよね。

あなたにも個性があるように子供一人ひとりにも必ず個性があるものです。

ですから、どんな子供にでも確実に絶対音感を身に着けてあげるために聞いた音を譜面に書かせる練習をしていきましょう。

そのときに、子供は譜面がどういうものなのか、どの音がどの音符なのかを知りません。

それをわかりやすく優しく教えてあげましょう。

そして覚えてきたのであれば、譜面に書かせる練習をします。

楽しく明るい雰囲気でトレーニングする

絶対音感を身につけさせたい!どうしても音楽家として成功させたい!なんて考えるようになると、親御さんによってはきつく教えることになるかと思います。

しかし、そのようにきつく教えたとしてもあなたのお子さんは絶対音感を身に着けることはできません。

それどころか「音楽嫌い」の子供に成長してしまうかも知れません。

あなただって「楽しいこと」のほうが長い時間携わっていたいと感じるのではないでしょうか?

まだまだこれからの人生を歩んでいく子供は大人よりも楽しいことが好きです。

ですから、それを利用して楽しく!明るい雰囲気でトレーニングできるような環境を作りましょう。

子供の覚えが遅くたっておこらないこと。

子供には子供のペースがあります。

嫌々やらせては逆効果

あなたはすでにお子さんに絶対音感を身に着けさせるためのトレーニングを始めているかもしれないですね。

嫌々いってるけどなんだかんだやってくれる…なんて感じていませんか?それは、あなたの前だけでそのようにふるまっています。

嫌々やらせても本当に身につきません。

“身についたふり”をするようになります。

そうしないと親御さんに怒られるし、そのいやな時間を早く終わらせることができないからです。

まずは、もっと客観視して「自分の子供がどのようにしたら楽しんでくれるか」というところに注目しましょう。

押し付けたって逃げたくなるだけですよ。

褒めることを大切に

あなたは褒められて育ちましたか?

そのようにして育てられた方というのは、同じように自分の子供にもほめるようになるものです。

しかし親御さんにいつでも厳しくされ、褒められるどころか罵倒されるような教育をされた人というのは、ほめることができません。

それどころか自分が親にされたようにほめずに罵倒するようになります。

「そのようにひどいことをいって闘志をもやさせるんだ!」と考えている人もいるかもしれないですね。

しかし、それはあなただけであって子供もあなたと同じような性格をしているとは限りません。

反対に繊細な心の持ち主だったらどうなるでしょうか?

子供は褒めて伸ばす

それに子供というのは基本的に褒められるとうれしくなります。

そして、またうれしい気持ちになるために頑張ることができるんですよね。

だからこそ、子供はほめて伸ばすようにしましょう。

これは教育・子育ての基本でもありますよね。

厳しくして伸ばす、という発想は捨てるようにしてください。

作曲をさせてみる

絶対音感のトレーニングの合間には、できればお子さんに作曲をさせてみましょう!「何か好きに引いてごらん」とか「◯◯ちゃんの曲が聞きたい!」なんて明るくおねだりするのもいいですね。

すると、大好きな親御さんに頼まれたことを一生懸命実行します。

あらゆる音楽的感性が刺激される

そのようにして作曲をする…曲について考える機会をもうけることによって、脳を刺激することができるんですね。

つまり、あらゆる音楽的な感性を磨くことができるんです!それはのちのちの絶対音感を育てることに役立ちますし、音感の復習にもなります。

絶対音感は早いうちに身に着けよう

今回は、絶対音感について特集してきました!いかがでしたか。

絶対音感というのは、大人は身に着けることはできないものの子供であれば、まだ身に着けられる可能性があるということでした。

そして、子供に絶対音感を身に着けさせるためのコツまでもお伝えしてきましたね!

一緒に成長するつもりで、怒らずゆっくりと子供のペースにあわせて絶対音感を磨いてあげてくださいね。