皆さん、32歳の女性にどのようなイメージを抱きますか?

やはり、皆さんの年齢によって32歳の女性に対するイメージは様々だと思います。

例えば、子どもだともう32歳と言うといい大人という感じがして、悪い言い方をすれば「おばさん」だと思っている子もいるかもしれません。

だけど、だんだんと20歳以上になってくることに、素敵なお姉さんだと思えるようになり、同年代の男性だったら十分に恋愛対象になります。

また、年上の人から見ても32歳の女性は魅力的です。

昔は、25歳以下の人でないと、残念ながら「行き遅れ」というイメージがありましたが、

今は女性も 30代を超えても綺麗な人が多く、魅力的な人が多いですよね。

昨今では、30代を超えての結婚もそんなに珍しくなくなってきました。

また、昔は30歳を超えての初産だと丸高出産等と言われましたが、

今は医療の技術も進歩して、その年齢も35歳までに引き上げられましたよね。

そんなこともあって32歳は「まだまだ!」という感じですよね。

では、この32歳の女性が本当にモテるのかどうかということを掘り下げて考えていきます。

32歳になると女性はモテる?

では、32歳の女性が本当にモテるのでしょうか?

どちらかと言うと、モテると言えば20代というイメージがあります。

だけど、20代はまだまだ社会人として駆け出しのところもあり、頼りないところもやはりあります。

それはみんな通ってきた道ですので、ある意味仕方のないところがあります。

ですが、20代で色々と苦労をして、30代で落ち着きが出てくることもあります。

例えばですが、いろいろな某男性アイドルのグループのメンバーたちを見ても、

10代や20代の時はとんがったところがありますが、それでも30年過ぎてくるとみんな落ち着いてきます。

それは女性にも言えることだと思います。

やはり、ただ恋愛を楽しむだけだったら10代でも20代でもいいのかもしれませんが、

落ち着いて大人の関係を築くというのであればやはり30代になってからがベストタイミングです。

では、32歳の女性にどのようなイメージを抱かれることが多いのでしょうか?

その特徴を一つ一つ見ていきましょう。

しっかりもののお姉さん

20代と言うとしっかりとしている女性もいるにはいますが、やはりみんなどこか頼りないところがあります。

それは社会経験を積んでいないのもありますし、20代ですのでまだまだ未経験なことが色々とあるのです。

20代の人がしっかりしていないように見えてしまうのも、ある意味仕方がないところがあります。

ですが、30代超えるといろいろな経験を積むこともでき、だんだんとしっかりとしてくるのが特徴です。

年下の方から見たら32歳の女性はとてもしっかり者のお姉さんに見えるのです。

そして、まだ「おばさん」と言うような感じもしないところがあります。

いろいろな女性を見ていて思うのは、大体35歳位から徐々に老化の現象が出てくる傾向にあるようです。

ですので、32歳と言うとまだまだ老化現象が出てくる前ですので、まだまだ女ざかりと言ってもいいです。

(女性陣の皆さん、本当にごめんなさい!)

年下からは頼れる姉貴

20代と言うとまだまだ頼りないところはありますが、年下から見ると30代はとてもお姉さんに見えるのです。

それはやはり20代の頃にいろいろな経験をするからこそというのもあります。

大学を出てから就職しても大体社会人生活をしてから10年位にはなりますので、その点からしっかりとしているイメージが出てくるのです。

もし皆さんが20代の男性であったり新社会人と言うことであれば、32歳位の女性はとても頼れる姉貴的な存在に見えるのではないでしょうか?

やはり、それぐらいの年代の時は、30代位の女性はおばさんではないけれど、新社会人の20代位の頼りなさはなく、非常にちょうどいい感じがしたものです。

それでいて可愛いところにグッとくる

普段はこのように仕事をバリバリとこなし姉貴的な存在であっても、それでもやはりかわいいところがあるのです。

そんなところを見ると、そのキャップがまたグッとくるのです!

普段頼れる人が甘えてきたりすると、そのギャップから「やっぱりこの人も普通の女の人なんだ!年上かもしれないけど守ってあげなくては!」という男の保護本能が働きます。

やはりか弱い人を守りたい!というのは、男に刷り込まれた本能的なところです。

ですので、普段は仕事をバリバリとこなしてしっかり者ではあるけれど、

プライベートではやっぱり男だからこの人守ってあげなくてはと思えるような可愛い一面が、32歳女性の良いところですよね。

余談ですが、結構姉さん女房の芸能人夫婦もいるのですよね。

例えば、向井理さんと国仲涼子さんですが、国仲涼子さんの方が年上です。

年下の向井さんの方が亭主関白なんだそうですね。

30代の女性とは少々話がそれますが、年上の女性であっても年下の男が「守ってあげたい!」と思える事は実際にあるのだなと思い知らされます。

年上からはまだまだ可愛い

32歳の女性というと十分に大人のイメージがありますが、30代半ばから40代位の方にとってはまだまだかわいらしいところがあります。

昨今は30代超えての結婚も珍しくないので、32歳の女性が見込んであってもそんなに驚かなくなりました。

それに、最近の女性は美容にも余念がないですし30代を超えたらおばさんという感じでもなくなってきました。

そして、最近は35歳くらいまででしたら初産でも安全に出産できるケースも増えてきましたので、32歳でしたらまだまだこれからです。

ですので、年上の方からもまだまだ十分に愛される可能性は大なのです!

婚活において、20代位が適齢期と言われていますが、最近は35歳位までその適齢期は伸びています。

甘えるのが許される


年上の方から見たら32歳というとまだ十分にかわいい女性ですので、甘えてきたからといって気持ち悪いと思われる事はありません。

むしろ、そのような一面がかわいいと思うのではないでしょうか?

ですので、もしご自身が32歳の女性で年上の男性にアプローチをするということであれば、

甘えるのは許されるので、そのようなアピールの仕方も悪くないかもしれません。

もし、「私は普段しっかりと仕事をしているイメージが持たれて、甘えるなんてことをしたら幻滅されてしまったんではないか?」

と心配している方がいるかもしれませんが、そんな心配は一切必要ありません!

女性が男性のギャップに弱いように、男性もまた女性のキャップには弱いものです。

普段はしっかり者の女性が自分に甘えてこられたら、とてもうれしいです!おそらく他の男も同じなのではないでしょうか。

彼女のこの姿は自分しか見られないのだと思うと、なんだか優越感を感じるところもあります。

ですので、年上の方であっても臆せず、皆さんの女性らしさをアピールしましょう。

仕事も任せられる


32歳の女性と言うと、このように可愛いばかりではありません。

確かに、20代の女性はその「可愛い」一面だけで許されるところもありましたが、32歳の女性と言うとだんだんとしっかりとしてきますので、仕事を任せることもできます。

ですので、お仕事の中でも、仕事内容によっては出世をしたりもあります。

32歳というと、恋愛においても楽しめますし、仕事もキャリア積んでいるので

出世がある仕事でしたらだんだんと頭角が出てくるということもあると思いますし、一般職であっても仕事に慣れて余裕が出てきます。

かわいいところがありつつも、そのような仕事ができたり、20代に比べて色々とできることが増えてきたり、

わかることが増えてくると言うところも、デザインとしては非常に適齢期ではあるのではないでしょうか?

結婚適齢期よりも少し上だけど大丈夫

確かに結婚適齢期と言えば20代位の人を差しますが、32歳だとまだまだ大丈夫です!

その大きな理由としては、医学の進歩によって、出産の年齢として、リスクが高いと言われる高齢出産の基準が35歳に引き上げられたことです。

昔は30代と言うと高齢出産というイメージでしたが、それももう昔の話です。

今35歳位までであれば問題なく出産できる可能性が高いことがわかってきました。

20代が結婚適齢期と言う感じでしたが、今はそれより少し上だからと言って焦る事はなくなってきました。

「自分が結婚適齢期を増えすぎてしまった…。」と悩んでいる女性の方は、決してそのような事はないので安心してください。

それに、昨今は35歳以上であればリスクが高いと言われてはいるものの、30代後半で初産を迎える方も増えてきました。

32歳だったら本当にまだまだ!です。(大事なので繰り返しました。)

オバサンとは言われない絶妙な時期

最近は若い人も増えてきましたので、32歳だったらまだおばさんとは言い難いところがあります。

確かに、これぐらいの年代になると、ご自身の兄弟に子供が生まれて「叔母さん(伯母さん)」と言われることがあるかもしれないけれど、

それは血液関係の叔母(伯母)と言う意味で、歳をとったから「おばさん」というわけでは無いのです。

人によるので一概には言えませんが、人よってはまだ「お姉さん」といってもいい位の年代の人も多くいます。

もちろん、一概には言えませんが、どちらかと言うと出産前の方はまだまだ若く見える方も多いです。

焦っているようにも見られない

昨今は、35歳位で結婚するっていうのも特に珍しいケースではなくなってきましたので、32歳女性と言うとまだまだ焦っていないようにも見えますね。

この時期は仕事が油にのってくる時期かもしれませんので、仕事が楽しい方にとっては仕事一辺倒に見えるかもしれません。

このように32歳の女性というと仕事に油がのり、仕事に慣れているのでもし休暇があれば海外旅行に出かけるなどアクティブに過ごす方も多いかもしれません。

ですので、焦っていないように見え、親御さんから「結婚はまだ?」と聞かれることもあるかもしれません。

32歳は、まだ老化現象で体の調子が悪いこともないので、まだまだ若々しく、結婚ももうちょっと先でも大丈夫そうに見えることがあるのです。

でも、32歳の女性は実際にどのように思っているものなのでしょうか?

本当はかなり焦っている

32歳の女性と一口に言っても、それぞれにいろいろな人がいるので一概には言えませんが、本当はかなり焦っているという人もいるようです。

確かに、20代が結婚適齢期と言われているので、それを過ぎてしまったと思っている人も多いです。

彼氏がいる方でしたらまだしも、特に現在付き合っている人がいないのであればその焦りはかなりのものです。

著者も若い頃、同じ会社の年上の女性で、30代で婚活を頑張っている人がいました。

やはり、婚活をしては断られ、時々うまくいったかと思うと途中からうまくいかなくなるケースも多々あり、見ていて痛々しかったです。

このように、恋人探しからという事であれば、結婚したくて焦っている方からすれば、かなりピンチの状態だと言えるようです。

大人の余裕を見せてバッチリ

確かに、内心ではとても焦るものがあります。だけど、その焦りを見せてはいけません。

女性が結婚にがっついているように見えると、男性はついつい逃げたくなります。

基本的に男は女性を追いたいのです!追われる立場というものにあまり慣れていません。

ですので、「いつ結婚してくれるの!?」と勢いよく来られると男性は恐ろしくなって逃げたくなってしまいます。

また、女性にしても結婚に焦っている同性にはどのように接したらいいかわからず悩んでしまうこともあるようです。

やはり、人間として仕方がないところがありますが、婚活の進み具合によって、

卑屈になったり優越感を感じるような態度をしてしまうことで同性である女性からも嫌がられてしまうところがあります。

内心焦っていてもここは頑張って大人の余裕を見せてください。

年下の男性から見て

32歳の女性だったらまだまだ年下の男性を狙うと言うことも十分に可能です。

著者の子供の奥さんで、奥さんの方が5歳年上というご家庭も知っています。

実際に、子供の習い事の関係でご一緒した事はありますが、奥さんがしっかりとリードしている感じで、とても仲がよさそうでした。

確かに平均寿命的には男性の方が短いので、むしろ年上の女性の方が(このような言い方は変かもしれないですが)釣り合いが取れるかもしれません。

また、昔から一歳年上の女房が1番というような感じの諺がありましたね。

このように、結婚相手には年上の女性も非常に釣り合いが取れているのです。

年上の男性から見たら32歳の女性はまだまだ可愛い感じですが、年下の男性から見るとどのような感じなのでしょうか?

話しやすい

32歳というと、そんなに説教臭くもなく話しやすいところがあります。

どういうわけか40代を超えると、いろいろ若い人にいろいろ教えてあげたいという思いがあるからか、説教じみてしまうところがあるのです。

でも32歳くらいでしたらまだまだ若い頃のほうが近いので、「年下の男性だから説教してやろう!」という事がないので、非常に話しやすい存在です。

大体10歳位の年齢差でジェネレーションギャップを感じる事はありますが、それ以内でしたら意外にも、見ていたテレビ番組等は似たり寄ったりだったりすることがあります。

ですので、昔の話にしても非常に盛り上がりやすいところがあるのです。

聞き上手

いろいろな人がいるので一概には言えないけれど、一般的に女性は楽しくなると話してばっかりになってしまうところがあります。

確かに、女性が色々と話楽しそうにしているところはかわいいところがあるのですが、やはり、時には男性も色々と話したいことだってあるのです。

その、32歳位の女性になってくると、だんだんと聞き上手になるところがあります。

やはり、そこは周りを見て、どのように振る舞えば良いのかも分かってくるようになるのですね。
(ただし、個人差があるので一概には言えません)

そのようになるには、話すぎて失敗してしまったような体験や、人によっては口が災いして思いがけない失敗をしてしまったこともあるかもしれません。

このように、いろいろな経験を積むことから、だんだんと聞き上手になってくるところがあるようです。

安心感がある

やはり、20代のうちは色々と経験をする時期です。

その分頼りなく見えるようなところもありますが、20代のうちにいろいろ経験することによって32歳位の女性になると安心感が出てきます。

例えば、10代や20代くらいの時は遊んでばっかりだったような女性でも、30代になるにしたがってだんだんと落ち着いてくる事はよくあることです。

色々な経験をして、その経験をもとにいろいろな行動ができるようになるので、本当にヒヤヒヤすることもなく、安心して見ていられるのが32歳の女性の特徴です。

ただ、こちらも個人差があるので一概にはいません。

でも、30代位になると落ち着いて話せるような人がだんだんと増えてきます。そこが安心感になって出てくるようです。

何でも話せて打ち解けやすい

30代というとまた若いところもありますが、基本的にいろいろな経験をし色々な話ができるようになります。

10代や20代というと結構迷いがあったりもしますが、30代になると自分のこともだいぶわかるようになってきて落ち着きが出てきます。

もし何か失敗談を話したとしても「分かる」と言ってもらえる可能性も高いです。

10代や20代くらいは勢いがって非常に良いのですが、悪く言うと世間知らずなところもあるので話していると少々的外れなこと言われることもあります。

だけど30代になるとだんだんと落ち着きが出てきて、そのような的外れなことも言われなくなってきます。

例えばですが、ミュージシャンを諦めてサラリーマンになった話をすると、若い子だったら「そんなに簡単に夢を諦めてしまうの?」と言ってしまうこともあります。

だけど30代位なると夢だけでは食べていけないということも理解できるようになって「夢諦めてはダメじゃないの!」と言う人はだんだんと少なくなってくるところがあります。

そのような点から、何でも話せるところがあり、何でも話せることによって打ち解けやすいという特徴があります。

急に甘えてくると守りたくなる


このように、現実的にもなってきて、しっかりとしてくる32歳の女性ですが、それでもまだまだかわいらしい女性ですので、急に甘えて来られると守りたくなるのです。

それは、年上の男性のみならず、年下の男性でも同じです。

やはり、男には保護本能があります。

自分を頼ってくるような人は守りたくなるのです。

それは、例え年上の女性であっても同じです。

むしろ、普段しっかりとしていて非常に現実的なのに、急に甘えてくれることでギャップを感じることができ、ドキドキしてしまうのです。

もし、32歳の女性で、年下の男性で気になる人がいるのであれば、自分をさらけ出してみましょう。

案外とすんなり受け入れてくれるかもしれませんよ。

年上男性から見ると

32歳の女性を年下の男性から見るとどのような感じに見えるのかということを見てきましたが、一方で年上の男性から見るとどのようなところがあるのでしょうか。

32歳の女性もまだまだ結婚適齢期ですが、32歳の方にとって年上の男性もまた結婚適齢期です。

男性の場合は基本的に40歳位までは問題なく結婚ができます。

それは、男性は女性に比べて妊娠する事はありませんので、そこまで子供を産むためのリミットが厳しくないところにあります。

ですので、32歳の女性が年上の男性にアピールする十二分にありです。

では、32歳の女性を年上の男性から見るとどのような感じがするのかというのを見ていきましょう。

まだまだ若くて可愛いく感じる

年上男性から見れば、32歳の女性はまだまだ若いです。

女性陣の皆さんには大変申し訳ないのですが、女性の老化は35歳から始まると言われます。

残念ながら、これぐらいの年齢になると女性ホルモンが減ってしまうようですね。

ですので32歳はまだまだ女盛りです。

32歳の女性で年上男性にアピールしたいのであれば「私はおばさんだから…。」と卑下してはいけません。

おしゃれをして化粧をし、せっかくの女ざかりを楽しんでください!

大切なことなので繰り返しますが、32歳が決してまだまだおばさんではありません!

落ち着いた会話も楽しめる

30代半ばや40代くらいの男性は若い女の子は確かにかわいいけれど、話についていけないということがあります。

時に、落ち着いて会話なって楽しみたいのです。

その点では32歳の女性は非常にぴったりです。

落ち着いて会話を楽しむ意味では30代でいろいろな経験を積んだからこそ、できる話もあります。

確かに男は若い女の子が好きなところがあります。

でも、落ち着いた会話を楽しみ、対等に付き合っていこうと思えば、そこそこ年齢が近い人もいいなと思うものです。

よく30代の女性が「若い女の子には勝てない」という話をすることがありますが、決してそのような事はありません。

20代の子にはないような落ち着いた会話を楽しめるような会話力があれば、男性もその魅力に気づくことができます。

会話が成り立つ

やはり、世代ごとにジェネレーションギャップがあります。

昨今では、20代前半位の子がゆとり世代と言われていますね。

このように、(ゆとり世代の子が悪いというわけでは決してありませんが)、30代40代の人過ごした時代とは違う時代を過ごしたという事は確かです。

ですので、中には会話が成り立たないことがあるのです。

例えばですが、著者には子供がいますが黒電話のことを知りません。

今でこそ携帯電話も非常に小さくなりましたが、1,980年代は携帯電話はとても非常に大きな電話持っていたのです。

そんな時代背景の違いだから話が合わなくなるのはよくあることです。

ですが、30代でしたら少し年下という位ですので、極端に話が噛み合わない事は無いので、そのような点からも32歳の女性は30代や40代くらいの男性とってはぴったりなのです。

若すぎると付いていけない

先ほどにも少し触れたように、若過ぎるとやはりその若い感性についていけないところがあるのです。

このような事例を挙げるとご本人たちには少々悪いですが、加藤茶さんが40歳も年下の奥さんと結婚されましたよね。

そして、ブログなどを見ていると、こう言ってはなんですが、おじいさんなのにとってもこってり系の料理ばっかりを出されているのに驚きのコメントが複数ありました。

あまりに歳が違いすぎると、このような食文化などにも差が出てくるのですよね。

やはり、若い女の子は男にとっては非常に可愛くて好きなものですが、それでもずっと一緒にいるとその感性についていけなくなるところはあります。

「どうせ男は若い子が好きだから…。」とあきらめる必要全くありません。

こちらにも合してくれそう

若いというのは確かに魅力的ですが、未熟なところもあります。

若い頃はついつい自分をベースにしてしまうところがあります。

色々な掲示板を見ていて思うのは、若い方はついつい自分をベースに考えてしまう事から恋愛がうまく行かなくなって掲示板で相談している方を結構目にします。

(決して否定ではなく、多くの人が通る道だから、その経験から大人になっていくのだと思っております。

「自分が!自分が!」とならないところが、32歳の女性の落ち着いた魅力といったところです。

若い子のペースに付き合わされるよりかは、32歳位の女性の方が落ち着いていて、こちらに合わせてくれそうで安心だと思われるのも一理あります。

とことんアピールしよう

このように、結婚適齢期を少々過ぎているというところはありますが、32歳の女性は若い女性にはない魅力がたくさんあります。

また、「おばさん」と言うとしてはありませんのでどんどんとアピールしましょう。

普段、お仕事をされていて、仕事をがんばっているのであれば仕事に熱心に取り組みましょう。

そして、ときには年上であっても年下であっても男性に甘えても良いのです。

仕事も頑張り、時には男性に甘える32歳女性がいても悪くありません。

どんどんと自分をさらけ出してください!

【アピール方法を学びたい人は、こちらの記事もチェック!】

後輩男性の悩みを聞いてあげる

後輩男性で気になる人がいるのであれば、まずはその男性の「仕事の」悩みを聞いてみましょう。

いきなりプライベートの悩みになると相談するのにハードルは高いですが、仕事に関することだったら、皆さんにも関係することですので素直に話してくれるかもしれません。

相談内容にもよりますが、もしご自身も既に経験したということだったり、こうしたらうまくいくのではないかと思ったことをアドバイスしてあげると喜ぶかもしれません。

もっと親しくなれば、プライベートの悩みを相談してくれるようになるかもしれませんよ。

仕事は厳しく、時に甘える

例え後輩男性の1人が気になったとしても、仕事面で甘い顔してはいけません。

贔屓するようなことをするとその男性社員からも不信を買いますし、周りからも不快な思いをさせることがあります。

お互いにやりにくくなるので、仕事の事は厳しくしましょう。

だけど、仕事に関して少し頼ってみるのも悪くはないかもしれません。

ただ、その1人の人だけにすると怪しまれるので、女性の後輩にも分け隔てなく時に頼る姿勢を見せてみましょう。

そして、うまく仕事をしてくれたら男女関係なく褒めることを忘れてはなりません。

20代男性は年上に憧れやすい

20代男性は、年上の人に憧れやすいです。

ですので、かっこよく可愛らしい32歳の女性を目指しましょう。

やはり、32歳となると、かわいいばかりではなくかっこよさ、凛としたところもあるとよりそのような男性の憧れの的になること間違いなしです。

普段とのギャップを見せる

でも、凛としたかっこよさがあるのはいいけどずっとそれだと疲れてしまいますよね。

ですので時にはだめなところや女性としての弱いところを出すのもいいかもしれません。

「完璧な人間なんていない、この人もただの1人の女性なのだ」ということを意識させることができます。

ただ、ダメなところや弱みを見せるだけだと、ただのダメな30代ということになってしまいますので、時にはというのが良いのです。

飲み会では気配りをする

30代の女性は20代の時に比べると、飲み会の回数も色々と経験しているので気配りの仕方ができるようになります。

お酌のタイミングなども、何回も経験を積むことでだんだんとわかってくるようになります。

上の世代の方とも、下の世代の方ともうまくやっていけるようなところを見せることで、「この人は人間としても女性としてもできる人だな。」と思ってもらえる可能性大です!

さりげない気配りをする事は男にとっては非常に嬉しいものです。

飲み会の際はうまく立ち回って気配りをしましょう。

大人の女性をアピールする機会が多い

32歳の女性とまだまだ若いですし、とは言っても若すぎない年齢ですので、大人の女性として見てもらえやすい年齢です。

しっかりと大人の女性をアピールする機会が多いのです。

仕事はしっかり、おしゃれもしっかりし、プライベートも充実させましょう。

まだまだ30代前半は若いですし仕事も軌道に乗ってきて1番輝く時期です。

異性のみならず、同性からも憧れられるような素敵な女性になってください。

30代前半はそんな素晴らしい時期ですので、あせらずゆっくりと恋愛もしてきましょう!