誰と一緒にいだとしても、ご飯に行くとしたら、誰が払うか、は問題になると思います。

あなたは率先して払う方ですか?

それともおごられる方ですか?

おごる方にもおごられる方にも、ルールやマナーがあります。

どんなに親しい仲でも、そこは金銭のからむところ。

きちんと礼儀を保ちたいですよね。

それが男と女になったら、それはそれでまた複雑になります。

ここではいろんなケースにおいて、おごり、おごられるときのアドバイスをしていきたいと思います。

おごり、おごられるのが当たり前?!

あなたは誰かとご飯にいったとき、おごる方ですか、あるいは、おごられる方ですか?

それとも割り勘ですか。

会社の同僚での飲み会、学生時代の同性同士のお茶会、セミナーや習い事で仲良くなった人たちとの集まりであれば、割り勘の場合が多いかと思いますし、計算機でパパパっと決めてしまえば考えることもありませんよね。

悩んでしまうのが、やはり男性と女性が食事をするパターン。

決して「恋人」でなくても、ここは払った方がいいのか、すなおにおごられていいのか、それとも少しだけでも出した方がいいのか。

実に悩みどころ。

どれが正解なのでしょう。

男性は基本女性に「おごる」


男性は女性と差し向かいで食事や飲みをするとき、たいてい「おごる」ことを基本に考えています。

確かに女性の方が収入が少ないパターンが多いですし、男性としても自分がお金を払うことにプライドを感じる人もいるようです。

また、好意を持っている相手であれば当然かっこいいところを見せたいので、おごることが多いですね。

そうすることで余裕のある自分を演出できますし、基本的に男性はものごと自分の範疇に収めておくと気持ちが落ち着きますから、好きな女性との時間を自分が演出したと考えるとワクワクするものです。

とはいえ男性は、好きではない女性でもおごることが多々あります。

それはやはり未だに男女が平等ではないから。

特に社会に出るとそれは顕著です。

そして、たいていの男の人は女性をリードしたいものなのです。

加えて、「ケチだ」というレッテルを貼られたくない、という気持ちも多くありますね。

よっぽどお金を貯めることに固執している男性でなければ、「ケチ」は最大級の欠点と一緒です。

そう思われないためにも、「おごるよ」ということもあったりします。

女性は男性に「おごられる」

男性に「おごられる」女性もたくさんいますよね。

ただこちらは、必ず、というわけではないので注意。

では、男性はどんな女性に「おごりたい」のでしょう。

まずは彼女候補の女性。

好意があって誘ったのでしょうし、いいところを見せて気に入ってもらいたいと考えていれば、女性に負担をかけさせるようなことはしません。

それから、お礼がきちんといえる人。

これはとても重要です。

といってもそれほど難しいものではありません。

食べている途中の「おいしいですね!」、帰り際の「ごちそうさまでした。

いい時間でした」、次の日の「昨日はありがとうございました」。

以上をを押さえておけば大丈夫です。

男性はもともと褒められたり感謝されたりしたい生き物です。

ですから、礼儀としても、そして実際の感謝のしるしとしても、最低その3回のお礼は忘れないようにしましょう。

加えて、おいしそうに食べる人。

これは男性としてもいろんなお店に連れて行ってあげたくなります。

おいしいものを食べた時に、どんなふうにおいしいか、をバリエーションを持ってつたえられるようになると、おごられ上手になりますよ。

「おごり、おごられる」が成立するパターン

世間の全てが「おごり、おごられる」でできているわけではありません。

そして、おごり、おごられるには必ずルールがあります。

ルールを知っておけば、恥をかくこともありませんし、相手を必要以上に困らせることもありません。

世間一般の「おごり、おごられる」のルールを理解して、実践することで、人間関係を円滑にし、そして自分の味方につけてしまいましょう。

会社の上司・部下の関係

「おごり、おごられる」パターンが当てはまるのが、会社の上司と部下が一緒に飲みに行く場合。

例えば「話があるから」と上司が誘ってきた場合、あるいはあなたから「相談があるんですけれど」と夕食の席を希望した場合、お会計の際、上司が全額払ってくれることは多いです。

あなたが相談を持ちかけた場合でも、です。

こういう時は、一度はお金を払う気持ちを見せましょう。

少なくとも相談に乗ってくれたのですから、感謝の気持ちは大事です。

とはいえ、部下の管理は上司の責任。

部下の相談に乗り、問題を解決するのは上司の責任。

お金もその分もらっていますし、「ここは俺がご馳走する」と行ってくれることが多いでしょう。

そうしたら、素直にありがとうといいましょう。

そして、その日の夜と次の朝にもお礼をいうようにしましょう。

その後あなたのできることは、上司がくれたアドバイスをもとに、それだけのしごとをすることです。

けれども、上司が1人に部下が3人となったら、上司の負担は大きいくなってしまいますよね。

ちょっとした小料理屋ならば、1人6〜7000円になってしまうことも。

上司もサラリーマン。

いくら多少稼いでいても、お小遣いに限度はあります。

その場合は、お店を出た後、「ごちそうさまでした。

おいくらでしたか?」と聞きましょう。

フルで請求されることはないでしょう。

上司も配慮してくれるはず。

それでもお礼の気持ちを込めて、幾らかは払うようにしましょう。

さて、あなたが上司だったらどうでしょう。

家のローンが厳しくて、お小遣いもままならないような場合、部下を連れて行くのであれば、安価でちょっとおもしいところがいいかもしれません。

例えばガード下。

例えば立ち飲み屋。

気分も変わってリフレッシュして、次の日の仕事も頑張ってくれることでしょう。

割引券を貯めておくのもいいですね。

男女、あるいは恋人の関係


男女で食事に行くとき、あるいは恋人と行くとき、ここでも「おごり、おごられる」が色濃く関わってきます。

まず、単なる男女の友人なのか、これから恋人に発展しそうなのかで「おごり、おごられる」は変わりますよね。

お友達なら、他の関係と同じ。

大抵割り勘にするのではないでしょうか。

けれどもこれから恋に発展しそうかも、という関係の場合、男性側がお金が払うことが多いです。

男性は、自分が支払いをすることで社会的に格好が付くものだからです。

それを恋人になるかもしれない彼女に知って欲しいんですね。

でも待って。

その場合、ちょっといい感じのお店に行ったりしませんか。

素敵なイタリアン、ワインの美味しいビストロ、小料理が美味しい和食店。

そういうところは得てして高いものです。

ですので、全額彼に払ってもらうのは負担かもしれません(相当稼いでいる人ならいいですが・・・)。

お店でのお会計は彼に任せましょう。

そしてその場合、お会計がいくらかは見ないようにしましょう。

その上で、お店を出た後「いくらだった?」と聞くのです。

全額伝える人はほとんどいません。

「今日はご馳走するよ」「3000円くらいでいいよ」と適度な額をいってくれると思います。

そうしたら、素直にその額を渡しましょう。

そして笑顔で「ありがとう。ごちそうさま」といえるといいですね。

さて、恋人の場合は少し違ってきます。

なんといっても会う頻度がちがいますから。

週に何回も会うようであれば、毎回外食は辛いですよね。

どちらかが一人暮らしをしている場合は、お家でで手作りということもあるかと思います。

そのパターンでしたら、外食の場合はおごられてしまいましょう。

その際、元気に「ありがとう!すっごくおいしかったね」というのを忘れずに。

そしておうちで手作りするときには、最大級の感謝と愛情を込めて丁寧に作りましょう。

決してレストラン級に美味しいものでなくても大丈夫。

(あまりにも不味いと驚かれてしまうかもしれませんので、最初は簡単で得意なものから作るようにしましょう)お礼、思いやり、スキンシップ。

そういったもので男女の仲は積み重なっていくのです。

男性がおごる、女性がおごられるが常識になったのはなぜ?

その昔、といっても近代の話ですが、男性の方が立場が強かったのです。

もちろんお給料も桁違いでした。

「おごり、おごられる」というのは、反対にいえば、社会的な強弱関係を示していることと似ています。

今はそうでもありませんが、昔はとくに男性の方が強く、女性の方が弱かったのです。

少し上の世代に専業主婦が多いのと似ていますね。

お給料もはっきりと金額に差がありました。

就かせてくれる仕事も違いました。

その分、男性はお金を持っていて、だからこそ女性におごるようになったのです。

また、今のようにこれほど頻繁に、男女混同の友人同士で飲みに行くということもあまりありませんでした。

そうするとやはり、男性が奢る機会が多かくなっていったのです。

今の30代前後の親はその風潮の中で育ったでしょう。

従って、その影響を受けている部分はあります。

またバブルの頃も、どちらかというと男性が女性におごる文化。

一晩遊んでも女性は一銭も使わなかったということも。

バブルを直接体験した人たちは、どちらかというと今も男性がおごる、女性がおごられる、と考えているところがあります。

「おごり、おごられる」に対する男女の本音

とはいえ、「おごり、おごられる」ということについては、金銭がともなうもの。

みなさん少しずつ考えが違うと思います。

時代も変わってきていますしね。

それぞれ育ってきた環境おもあると思います。

ここでは、「おごる」ことの多い男性と「おごられる」ことの多い女性の本音について見てみたいと思います。

「おごる」立場の男性の本音

男性としても、このご時世、「おごる」ということを考えないわけではありません。

誰であればおごりたいのか、どうしておごりたいのか、そこに自分の「男」としての矜持があるのかどうか、そういったことを紹介してきます。

かっこつけたい

男性がおごる時、まずは「かっこつけたい」という心理があります。

お金を持っている男性はかっこいいという意識が、しっかり働いている男性にはあるものです。

だからそれをきちんと相手の女性に知って欲しいのです。

自尊心も満たされます。

世の中には太っ腹といいますか、お礼をいわれるだけで満足する人もいて、「ごちそうさまでした」という言葉をいわれたいがために奢る男性もいます。

お礼をいわれるってかっこいいですからね。

自分としても嬉しいですし。

これは、女性・男性に関わらずおごる傾向のある男性に多いです。

好意を持っているから

男性が女性におごるとき、これが一番大きな動機になります。

好きだから、自分が経済的に困窮しているなんて絶対に思って欲しくない(かっこつけたい、ともいいますが)、楽しく会話ができれば今後恋人に近づける可能性もある、社内や友人たちが知らない彼女を知ることができる。

それはおごる以上に男性側にとってメリットのあることです。

次へも繋げやすいですしね。

それに、あなたの気持ちや動向を知ることもできます。

好きな人と2人の時間を過ごせること。

これはおごってもお釣りがくるくらいに大きな利点なのです。

あわよくば、ということもありますが。

おごるのが当たり前になっていると辛い

おごるのが当たり前になってくると、やはり負担が大きくなりすぎて辛いものです。

特に一人暮らしの男性であれば、家賃に水道光熱費、普段の生活費にランチ代などは勝手に出ていってしまうお金です。

その上で「おごる」ということが加わり、それが当たり前になると、どのくらいの負担になるかは想像できるのではないでしょうか。

どんどん金額の減っていく銀行口座を見るのは辛いものですよね。

それを察してあげて、時には自分が払う、家で料理を披露する、面白そうなテイクアウトフードがあったら買ってくる、などあなたの方でも工夫をしてみましょう。

それだけで彼はあなたといるとを安心をするはずです。

おごるのは最初だけでいい

もしある女性と長く付き合いを続けたいと思っている場合、毎回毎回おごるのは、男性にとって負担です。

外食はそれほど安くありません。

それに、女性と一緒にいて、まさかファーストフードや牛丼屋、定食屋に行くわけにいかないですしね。

最初の1回、2回であればよくても、もし彼女との付き合いを真剣に考えているのであれば、よっぽどのおぼっちゃまでない限り、資金は有限ですからね。

彼はきっと相談してくるでしょう。

そうしたら、むしろ喜んでください。

あなたに真剣になりつつあるということですから。

そうなったら、あなたのできることを考えてみましょう。

告白がまだなかったとしても、あなたは彼女候補です。

彼女としてできることを「おしつけがましくない」程度で提案してみてはいかがでしょう。

その時に大切なのは、彼に「こんなことをしても迷惑にならない?」と聞くことです。

男性もプライドがありますからね。

いきなり愛妻弁当(まだ妻ではありませんが)なんか渡されたら、戸惑ってしまうわけです。

会社で開くにしても、誰もいない1人の場所で、ということになってしまいます。

人間関係が満ちるのには時間がかかります。

おちついて、2人の関係を作って行くようにしましょう。

「おごられる」立場の女性の本音

「おごられる」ことの多い女性としては、おごられるのは嬉しいものではあると思います。

まず第一に、女性の方が日常に使わなければいけないお金が高いです。

美容院にネイルサロン、フェイスケア用品に性能のいいドライヤーなど、「美しさ」を保つために必要な費用・時間が多いのも事実です。

とくに気になっている男性とどこかに行くとなれば、その場所に合わせた服も新調しなければなりませんし、アクセサリーも新しいものが欲しい。

それだけお金を使った上で「割り勘」といわれてしまうとちょっと期待はずれかな、と思ってしまいますよね。

好きな人なら一番綺麗な自分を見て欲しい。

なのに「割り勘」だったら、この人は私のことに興味がないのかな、と思ってしまっても仕方ありません。

男性がおごるのは当たり前

おごられ慣れている人の中には、男性におごられるのは当然と考えていると思います。

大抵経済的に余裕のある年上の人との付き合いが多く、若いうちに経験としていいレストランやバーに行っているのではないでしょうか。

もう少し成長してから、実際にそういう場を設けられても焦りませんですしね。

ただ、男性がそうやってちやほやしてくれるのは、若いうち。

どんな会話をしても目を細めてくれるのも、若いうち。

大人になればなるほど、知性が求められます。

相手の会話にあなたにはどこまでついていける知識がありますか。

相手が仕事とも趣味とも全く関係のないことをいっても、話を理解することはできますか。

男性は価値のある人にはおごるでしょう。

どうかあなたの価値が、若いうちに中身の充実につながりますように。

ちなみに、そういう女性ある程度美しさと可愛らしさを兼ね備えている人は、いつまでも男性におごられますよ。

おごられると気を遣う

反対に男性におごられるのが苦手な女性もいます。

おごられる=貸しと思ってしまうんですね。

あるいは弱みを握られたとも。

つまり対等な関係でいたい人が、「おごられる」ことが苦手なんです。

女性も仕事を得て、男性と同じくらい、あるいはそれ以上に働くようになりました。

成果を出している人もたくさんいます。

会社を経営している人もたくさんいます。

そいう人からとったら、「おごられる」というのは、下に見られているとも思える行為なのです。

これまで一生懸命仕事をしてきたことを考えても、私は負けていない、と考える人も多くいるでしょう。

むしろ私がおごる、という女性も。

もしそういう女性と一緒になったら、彼女の胸中を慮りましょう。

もしあなたが彼女を好きなら、ちがうアプローチ方を考えるべきです。

例えば相談にのる、いつもとは全然ちがう世界に連れだしてみる。

それから小さなプレゼントをあげるのもいいですね。

そうしていくことで、彼もあなたとの仲を深めていけるでしょう。

おごられる女性必見!守るべきおごられマナー

さて、ここまで読んでいただいて、女性の方が圧倒的におごられる機会が多いというのがわかっていただいたかと思います。

それでは、女性はただおごられていればいいのでしょうか。

笑顔を振りまいていればいいのでしょうか。

いいえ。

おごられる側にも礼儀というものがあります。

これがしっかりしていないと、次に誘ってくれるかどうかわかりません。

おごられるときに守るべきマナーをみていきましょう。

財布を出して払うそぶりを見せる

あ、これはおごってくれるな、と思ったとしても、払うそぶりは見せましょう。

できればお店を出て(というのも、お店の人に「この男性は全額払うんだ、かっこいいな」と思われるためです)、それから「いくらお払いしますか」と聞きましょう。

ちなみにコツは、ありがとうございました、といってから聞くこと。

その「ありがとうございました」の言葉で男性は気が大きくなっていますし、少なくともあなたが「全額負担させようという甘えんぼさん」ではないと思うからです。

その上で彼は「いいよいいよ、おいしかったし」といってくれるでしょう。

そうしたらもう一度お礼をいってくださいね。

もしそれが彼が選んだお店なら、そのお店や料理をを褒めるのも忘れずに。

男性は、自分が選んだお店は、まるで自分のもののように感じていますし、そこを褒められるのは自分が褒められることと似ているのです。

割り勘にしてもらう気持ちでいる

やはり「おごる」という行為は負担が多いもの。

日本の平均的な年収を見ても、なかなかそんな余裕はないのでは、と思ってしまいますしね。

なので、最初から「おごられる」ことを期待せず、割り勘にしてもらう気持ちで彼と会うのも重要です。

その方が自分の好きな食べものを注文できますし、飲み物も頼めます。

しかも、なんとなく気兼ねがない雰囲気になりますので、もしかしたらその方が彼との距離が縮まるかもしれません。

食事が終わり、お会計となって、それでも彼が払ってくれる、ということでしたら、「本当に?ありがとう」といえばいいのです。

彼も、あなたらしいあなたを見ることができて満足でしょうし、あなたが割り勘にする、という気持ちがあるとわかったら、次回からも誘いやすくなりますよ。

先輩や上司には素直に奢ってもらおう

先輩や上司に誘われたら、素直におごってもらいましょう。

素直な部下の方が好かれます。

この時のコツは、帰り際に、本当に楽しかった、ということと、食事に対する心からの感謝を伝えることです。

できれば、上司や先輩と話したことで、勉強になったことも付け加えられるといいですね。

一番大事なのは、そのおごってもらった分、仕事に反映させ、成績として返すことです。

そうすれば先輩も上司も、あなたに目をかけ、時間をかけて話したかいがあるというもの。

それが一番のお礼です。

もちろん、次の朝に、お礼の言葉と勉強になったことを伝えるのは必須です。

感謝の気持ちとお礼は忘れないで

どんなにいつもお会計を任せてしまって、おごられ慣れてしまった彼だとしても、それを当たり前にしないこと。

彼とのおつきあいが長くなっても、毎回「ありがとう」と「ごちそうさま」は忘れないようにしましょう。

ここがカップルが長続きするかどうかの分かれ目といっても過言ではありません。

そういう気遣いができるかどうか、彼はあなたを見ていますからね。

とはいえ、もしあなたがいつも素直な心で彼と接していれば、感謝の言葉は自然に出てくるものです。

反対にいえば、彼に対して、うがった見方もせず、疑いもせず、いつまでも素直な気持ちで接していられる女性は大丈夫だということです。

大方の男性はそういった女性を大切にしたいと心から思うものですからね。

「今度お礼させてね」とひと言付け加える

いつもおごられてばかりいると、ちょっとは恐縮する気持ちが出てきますよね。

でも、彼はいつ会ってもお財布は自分から開く人。

その場合、「次のお茶は私にご馳走させてね」といってみましょう。

お茶くらいなら彼も負担に感じないはず。

あるいは「いつもよくしてもらっているお礼だから」とケーキを持っていったり、質のいい男性小物をプレゼントしたり。

食べることと違う形ではありますが、そのような形で少しずつお礼をしてみてはいかがでしょう。

あなたのことが好きならば、あなたが選んであげたものは彼にとって宝物になるでしょう。

値段はそれほど関係ありません。

手持ちのお金に余裕がなければ、ブランドものなんかじゃなくてもいいのです。

大切なのは気持ちです。

それから、プレゼントをする場合は、カードを添えるのを忘れずに。

これが効果絶大です照れてしまうかとは思いますが、心からの感謝と愛情をしたためましょう。

「おごる」側の男性のマナー

「おごる」側の男性にもマナーがあります。

たとえば「おごってやってるんだよ、感謝しろ」なんて態度で接したら、その女性とデートするのは一回だけでしょう。

おごる側のマナーは、なるべく自分の負担にはなっていないふりができること、その場を思いっきり楽しむこと、そして相手に気を使わせないことです。

そうすれば、その温かい雰囲気に惹かれて、彼女はもう一度誘いに乗ってくれるでしょう。

おごるという行為は、実はおごられるよりも難しいです。

自分の気持ちを押し付けてしまいがちになりますから。

その点を気をつけて、謙虚に、けれども思いっきり楽しみましょう。

やみくもにおごるのは危険!

誰でもいいからやみくもにおごるのは絶対的にNGです。

おごられたら、女性は期待します。

2人きりであれば尚更です。

この人、全額払ってくれた、私のことが好きなのかもしれない。

2人で過ごした時間がおもしろければおもしろいほど、彼女はあなたが自分に気があるのではないかと誤解します。

もちろんあなたがその人を好きならばいいですが、誰でも、となるとそうはいきませんよね。

世の中には気持ちが高じてストーカーのようになってしまう人もいますし、時期が開いて連絡が間遠になれば、あなたにフラれたかもしれないと不安が募ってしまって、精神科にかかる人もいます。

ですから、とくに2人きりで会おうと誘う女性は見極めましょう。

大丈夫かな、と思っても心の奥底は見えないもの。

できれば彼女の女友達から少し噂を聞けるといいですね。

あなたがその人に本気でも本気でなくても、恋愛が絡めば豹変する人はたくさんいますから、身を守るためには重要なことです。

おごる女性に「ギブ&ギブ」を教える

世の中ギブ&テイクといいますが、それではその関係をフルに感受できないことがあります。

その最もたるものが男女関係。

これをやったから、これを返してくれ、では女性も男性もそのうち疲れてしまいます。

それよりずうぅっと有効なのがギブ&ギブ。

お互いに与え合うのです。

優しい言葉をかけたから、彼が優しくしてくる、ということではなくて、自分が優しい言葉をかけたいからそうする。

キスをしたいからする。

抱きしめたいから抱きしめる。

するときっと彼も同じことをしてくるでしょう。

人間の感情は鏡のようなもの。

あなたの気持ちも彼の気持ちも、お互い鏡のように反射しあって輝くのです。

だから、「欲しい」なんて思う必要はありません。

自分の愛情をしっかり伝えることを大事にしましょう。

そうすることで彼もあなたがもっと愛おしくなり、もっと愛するようになるでしょう。

(重いのは禁物ですよ!そこらへんは人によって感覚が違うので、彼の様子を見ながら調整してみてください。)

お互い嫌な気持ちにならないようにするのがマナー

「おごる・おごられる」という場面になったとき、最も大切なのは、あなたがおごってもらうだけの女性かどうか、です。

ひとによっておごってくれる金額は違うでしょう。

そこらへんの居酒屋かもしれないし、高級フレンチかもしれません。

どちらにしても、あなたと時間を過ごしたいから、あなたと一緒にいたいから、おごることで一緒ん時間を過ごそうとしているんです。

もしあなたにおごられるだけの価値がなければ声はかからないでしょう。

反対に歳を取っても男性から誘われている女性もいます。

それは見た目がいいからだけではありません。

会話が豊富だったり、意外な知性を持っていたり、疲れた男性に癒しをくれる人だからです。

そりゃあ、あなた自身がひとりでその全てを完璧にこなせるわけではありません。

ただ、男性が魅力的な女性と一緒にいたいと思うことは当然のこと。

あなたも、自分の得意な分野を生かし、また外見にも磨きをかけて、生涯現役の「おごられる」女性になりましょう。