髪が伸びてくると、そのままにしておくと何だか纏まりがなくボサついて見えますよね。

そんな時には髪型をアレンジしてちょい足ししてみてはいかがでしょうか?ほんの一手間加えるだけで劇的に手がかかっているように見えるし、オシャレ度アップも間違い無しです。

ここでは簡単にできる髪型アレンジを中心にご紹介していますので、不器用さんも是非参考にしてみて下さいね。

️髪型アレンジにチャレンジ!

髪型をアレンジする事において最もやってはいけないのは「苦手意識を持つ事」です。

「私は不器用だから出来ない」と諦めてしまうと、出来る物も出来なくなってしまうのは当然ですよね。

どれだけ不器用でも、回数をこなせば出来るようになるものです。

苦手意識を捨てて髪型アレンジにチャレンジしてみましょう。

一手間でオシャレになれる髪型アレンジ


いつものヘアスタイルにほんの一手間加えるだけでオシャレになれる髪型アレンジをマスターすれば、忙しい朝の時間や外出先でも簡単にイメージを変える事ができますよ。

でもその一手間が難しい…

手先が器用な人や、アレンジが上手な人からしたら「一手間」かもしれないけど、不器用な人からしたらその一手間が難しいと思う事も少なくありませんよね。

その基本は全て「やってみる事」です。

不器用だと公言する人ほど「やった事がない」という回答が多い物です。

まずは、不器用でも不格好でも良いのでアレンジをしてみましょう。

誰しも初めて経験した日があるのです。

上手な人も器用な人も最初から綺麗なアレンジを出来た訳では無いという事を忘れないでいたいですね。

簡単ちょい足しで楽々イメチェン

普段のヘアスタイルでも、ポイント的にアレンジを加えると全く違う印象に仕上がります。

前髪を降ろしているのと上げているのではイメージが全く変わる様に、簡単ちょい足しで楽々イメチェンできるのです。

お仕事や学校などとプライべートタイムを髪型アレンジする事で切り返るのもおすすめですよ。

️髪型アレンジのちょい足しのコツ20選

ここからは髪型アレンジのちょい足しのコツをご紹介していきます。

基本的にポニーテールやハーフアップなど、簡単に誰でもできるアレンジに一手間加えて華やかにオシャレに仕上げる方法を紹介しています。

ちょい足しアレンジに必要なアイテム

ちょい足しアレンジを行う際には、コーム、ヘアピン、ゴムを用意しましておきましょう。

化粧ポーチ等に常に入れておくのがおすすめです。

また、軽いワックスやスプレーなどもあるとしっかりと固定できたり綺麗なアレンジをキープするのにも便利ですよ。

アレンジはウェーブヘアの方がやりやすい


ヘアアレンジが苦手な人に最も多い髪質がストレートヘアなのです。

一見すると、扱い易そうに見えますが、直毛であるとピンで止めた時に跳ね返ってきたりゴムでくくった時に短いストレートの髪がピンピンと立ってしまって仕上がりが綺麗に見えない事も少なくありません。

実はクセ毛、ウェーブヘア、巻き髪などベースの髪に動きがある状態の方が、髪の毛同士が引っかかりアレンジがしやすくなるのです。

クセ毛をストレートアイロンなどで伸ばしている人は特に、最初にストレートアイロンを使うのでは無くアレンジが仕上がった後、ポイント的にアストレートアイロンでクセを伸ばしていくのがおすすめです。

️ただのまとめ髪にちょい足し

あなたはポニーテールやお団子、一つくくり、ハーフアップなどの基本的なアレンジは出来ますか?

ここでは、それらの簡単にできるまとめ髪にちょい足しアレンジをしてオシャレさをグンとアップさせる方法をご紹介していきます。

マジックカーラーで前髪アレンジ

アレンジをする際に見落としがちなのが前髪です。

セットを始める前に前髪に少し大き目のマジックカーラーを巻き付けてドライヤーで少し温め、その後セットを始めるとアレンジが終わる頃には自然でフンワリしたカールが前髪につきますよ。

前髪アレンジを取り入れるだけでヘアアレンジの完成度がグッと上がるので是非実践してみて下さいね。

万が一、カールが強すぎた場合は、慌てず目の細かいブラシで数回撫でつける様に梳けば自然にボリュームが抑えられるのでご心配なく。

最後にスプレーを振っておけばカール感をキープできますよ。

顔周りのちょい巻きアレンジ

ポニーテールやお団子ヘアにする時、多くの人が顔回りの髪を少し残して降ろしますよね。

その残し毛をちょっとカールアイロンで巻くだけで、華やかさが増しオシャレな印象に仕上がりますよ。

ナチュラルな内巻きにしても良いし、思い切って外巻きにしてもハイセンスに仕上がるのでおすすめです。

ゴム隠し

ポニーテールや一つくくり、ハーフアップをした際に、飾りっ気の無いゴムが丸見えになっていると、ちょっと残念ですよね。

そんな時はくくった先の髪を一束だけとって捩じりながらゴムに巻き付ければ丸見えだったゴムも隠れてオシャレに見えますよ。

巻き付けた髪はヘアピンで固定してしまいましょう。

両サイド編み込み

編み込みができる方は、再度の髪を編み込みにしてから全てを一つに纏めてしまうだけでも十分アレンジが効いておしゃれな印象に仕上がりますよ。

更に、ゴム隠しを取り入れると完璧です。

編み込みが出来ない場合は、両サイドに三つ編みを作り、それを残った髪とまとめて一つにくくってしまう方法でもOKです。

編み込みや三つ編みは崩しアレンジが肝

編み込みや三つ編みをする時には、結び目を指先で引き出して崩しアレンジを取り入れるのが今時です。

そうする事でゆるふわなイメージになりやすく、更にヘアアレンジのオシャレ度がアップしますよ。

崩しアレンジをすると三つ編みや編み込みのボリュームが増すので、最初からあまり太く作り過ぎないように注意しましょう。

三つ編みアレンジ

三つ編みを取り入れるとどんなヘアスタイルでもオシャレに仕上がりますよ。

ショートヘアやボブヘアの場合は前髪を三つ編みにアレンジしたり、一つくくりの毛先を三つ編みにしても可愛いですね。

その際は毛先を止めるゴムを飾りのついた物にすると、より今風のオシャレな仕上がりになりますよ。

ロープ編みアレンジ

近頃、三つ編みに似てるんだけど何だか三つ編みとは違う編み方をしているアレンジを良く見かけませんか?

三つ編みだとちょっと子供っぽくて取り入れにくいという大人女子はロープ編みをちょい足しアレンジとして取り入れているんです。

やり方は簡単です。

まずは髪の束を2つに分けます。

それぞれを反対方向に毛先まで捩じり、その2本を捩じりながら編んでいくだけです。

説明を見ると何だか難しそうですが、実は三つ編みよりも簡単で慣れるとロープ編みの方が取り入れやすいという方も多いですよ。

くるりんぱ

近頃のヘアアレンジの主流になっている「くるりんぱ」ですが、簡単なのにオシャレに仕上がるという事で大人気のちょい足しヘアアレンジです。

やや緩めにくくった髪の根本を二つに分けてそこに上かた下へと毛先の髪をくぐらせると捩じりアレンジを加えたような仕上がりになります。

一つくくりや、ハーフアップに取り入れるとオシャレに見えますよ。

くるりんぱをするとゴムもしっかりと隠れます。

Wくるりんぱ

くるりんぱをマスターしたなら、次はステップアップしてWくるりんぱに挑戦してみましょう。

一つ目のくるりんぱのすぐ下に、もう一つ同じ様にくるりんぱを作るだけなので、やり方が分かれば誰でも出来るちょい足しアレンジですよ。

Wくるりんぱをする際は特にゆるふわ感があった方がオシャレに仕上がります。

くるりんぱをして捩じれている部分を指でつまんで引き出すとふんわりした質感に仕上がってオシャレで手が込んでいる様に見えますよ。

逆くるりんぱ

逆くるりんぱはその名の通り、逆にくるりんと捩じって作るくるりんぱです。

普通のくるりんぱは根本を分けた部分に上から下へと毛先をくぐらせますが、逆くるりんぱは下から上へと毛先をくぐらせます。

その為毛先がふんわりと持ち上がりボリュームがでるので、ポニーテールと組み合わせるのがベストですよ。

お団子ヘア

ポニーテールを作ったのなら、そのまま毛先を捩じりながら根本に巻き付けてピンで固定していけば簡単にお団子ヘアが作れますよ。

また、ポニーテールの毛先を三つ編みにして巻き付ければややカッチリしたお団子ヘアも思いのままに作る事ができます。

可愛く元気な印象にしいたいのであればお団子ヘアが断然おすすめですね。

ねじりアレンジ

ショートヘアやボブヘアの場合、再度をネジってピンで止めるだけでもアシメ風のスタイリングに見えてとてもオシャレに仕上がります。

ポイントは両方にねじりアレンジをするのではなく、どちらか片方にのみアレンジを加える事です。

片方にする事でお顔が引き締まって見えるのも嬉しいですね。

毛先巻き

ポニーテールや一つくくり、ハーフアップにしたら、その毛先をほんの少しカールアイロンで巻いて仕上げましょう。

たったそれだけの一手間を加えるだけでヘアアレンジが格段におしゃれにしあがりますよ。

ただし、カールアイロンで巻く時には小さい束ずつ巻くのがおすすめです。

あまりに大きな束で巻いてしまうと型が付きにくくなってしまうので注意が必要ですね。

️ヘアアクセサリーでちょい足し

もっと簡単にちょい足しでアレンジしたい!という方はヘアアクセサリーをちょい足しするのもおすすめです。

近頃では安くで可愛いものが多く販売されているので、ファッションに合わせて使い分ける事ができる様に様々な種類を持っておくのが良いかもしれませんね。

バレッタ

くるりんぱアレンジや、ハーフアップをする時にはバレッタを使うとオシャレに仕上がります。

近頃の流行は大振りなバレッタです。

モチーフのあるものから、長方形のものまで様々ありますので、その時のファッションに合うものを選びましょう。

ちなみに、バレッタはゴムの上から止めると、厚みが出過ぎて止まり難かったりバレッタの金具が壊れてしまう原因となります。

ゴムでくくっているやや上の当たりにバレッタを止めてゴムを隠すのが正しい使い方ですよ。

今年は三角バレッタやフェザーバレッタが人気

バレッタにも流行の形があり、今年は三角モチーフのバレッタや水鳥の羽の形を模したフェザーバレッタが流行しています。

季節によってゴールド、シルバー、鼈甲など素材を選ぶのもポイントですね。

ヘアクリップ

ジワジワと人気を拡大しているヘアアクセサリーが簡単に髪を纏める事のできるヘアクリップです。

その名の通り、クリップタイプになっているので挟み込むだけで、髪をしっかりまとめておく事ができ、とても便利なアイテムですね。

大人女性にはリボンクリップが人気

大人女性やオフィスで仕事をしている人にはクリップにリボンがついているリボンクリップが人気です。

上品で清楚な大人女性を演出してくれるので、キチンとしたスタイルにしたい時にもオススメのアイテムですね。

髪が多い人はバナナクリップがおすすめ

髪が多くヘアアクセサリーがつけにくいという人にはバナナクリップがおすすめです。

バナナの様に弧を描いた形をしていて、下から挟み込む形になっている為ポロポロと髪が落ちる事も無く毛量が多い場合でもしっかりと髪を纏めてくれる頼もしいヘアアクセサリーです。

シュシュ

ゴムアレンジを可愛く仕上げるならシュシュがとても簡単でおすすめです。

大振りの物から小振りな物まで様々ありますよね。

基本的に毛先のボリュームが大きい程シュシュは大きいものを使うと華やかでバランスの良い仕上がりになりますよ。

髪が細かったり少なかったしる場合でも大振りなシュシュを遣いたいのであれば毛先をカールアイロンでしっかりと巻くなどしてバランスを調整するようにしましょう。

最近では違う色味のシュシュを2つ使ってボリューム感を出すのも流行していますね。

ヘアピン

可愛い飾りがついたヘアピンもアクセントに持ってこいです。

前髪やサイドを少し止めたいだけなら、シンプルなアメリカピン等を使うよりも飾りがついたヘアピンを使った方が断然オシャレな仕上がりになりますよ。

また、全くヘアピンが必要無い所に飾りとしてカラーピンを付けるのも有りです。

ヘアピンを上手に付けて三角や四角の形を作るのも若い女子の間では流行していますね。

リボン

器用な人やアレンジ上級者はリボンを使ったちょい足しもオシャレでおすすめです。

くくった根元に巻き付けてリボン結びにしても良いですし、編み込みや三つ編みをする際に髪を一緒にリボンを編み込むアレンジもとってもオシャレに仕上がりますよ。

また、最近ではリボン結びが飾りとしてついているヘアゴムやピン、バレッタなども販売されていますのでリボンアレンジをしたいけど難しいのは出来ないという方はそちらを使ってみるのも有りですよ。