あなたは「用紙のサイズ」に焦点をあてたことはありますか?

この世界には、多くの”用紙のサイズ”というのが存在しているのですが、その用紙を販売している会社などに勤めていたり、さらには印刷機を使ってなにかをコピーする機会がなかったりするとそこまでかかわらない世界ですよね。

そのため、「用紙のサイズなんてどうでもいいし、そんなのにこだわっている人っているの?」なんて思われているかもしれませんね。

あまりかかわりがない人でもいざコピー機を使ったり、印刷機で印刷をすることになった時などに「どのサイズで印刷すればいいのかわからない!」と悩んでしまった経験はあるのではないでしょうか?

そう、用紙って特に意識して考えないからこそ「どれを印刷するときにはどのサイズがいいのか」なんて全く分からないし、最終的にはテキトーなサイズを選んでおかしな状況になってしまうんですよね。

用紙といえども、たったの1枚でもお金が発生していますね!印刷機であれば、1枚10円ものお金、カラーコピーであれば50円以上ものお金を支払っていることになります。

これまでに何度失敗したのでしょうか?

失敗するたびにたったの10円と思っていても、その金額は積み重なっていき、最終的には100円になったり、人によっては1000円近くの損をしてしまった人もいるのではないでしょうか。

書類を提出するときにあらかじめサイズが指定されていればいいものの、サイズが指定されていないと「どのサイズにすればいいか」なんていう悩みで数時間も悩んでしまう人もいますよね。

それじゃあ、時間もお金ももったいない!…そう思いませんか?

そのように誰かが悩んでしまうということは、用紙のサイズというのは”とても奥深い世界”ということなんですよね。

それぞれのサイズによって、どんなものに適しているのかなんて言うのも全く異なっています。

今まさにどんなサイズにすればいいのか悩んでいるそこのあなた!

または、もう用紙のサイズで悩みたくない!時間もお金もとられたくないと考えているあなたのために、この記事ではA5サイズをはじめ、用紙サイズについて特集しています。

こんな特集をしているのってなかなかないですよ~。

どうして用紙サイズにはA版とB版があるの?それぞれのサイズってどれくらいなの?なんていうような素朴な疑問から、それぞれのサイズを使用するときに最適なものまでもお伝えしています!

この記事を読めば、今は憎き存在の用紙サイズでもどこか愛らしく感じられるようになるかもしれません!

紙のサイズってよく分からない

あなたは、用紙のサイズについて説明することができますか?説明ってなんだよ!なんていうつっこんだ声が聞こえてきそうですね。

紙は紙、そうサイズなんて気にしないで書くことができればいいのよ!なんていう人もいるはずです。

しかし、この世界には世界規模で定められている”用紙のサイズ”というのが存在します。

どんなサイズがあるかといえば、身近なコンビニなどにおいてあるコピー機を思い出してみてください。

もしも通勤しているオフィスに印刷機があり、それを触る機会が多いという方はその子を思い出してみて。

コピーするものを配置する箇所には必ず「サイズ」が記載されていますよね。

A4だとかB4だとか、もう訳が分からないような数字が並んでいるかと思います。

最近のコピー機や印刷機というのはとても分かりやすく、「これくらいのサイズになりますよ」というのがもともと記載されているのですが、それでも「今印刷をしようとしているものって大きいほうがいいのかな?それとも小さいほうがいいのかな?」なんて悩んでしまうこともあるでしょう。

それにそのコピー機が指示した通りにコピーするはずの用紙を設置しているのに、全く違うサイズの印刷としてコピされることもありますよね。

まぁこれは機械オンチな筆者だから体験したことかもしれませんが、この世界では毎日のようにそのように「用紙のサイズ」で悩まされている人ってたくさんいると思うんです。

でも、今になって大人になってから「これってどうなの?」なんて周りの人になかなか尋ねることはできないですよね。

筆者は、コンビニのコピー機をよく使いますが、それでもなれないものです。

一時期はコンビニに勤めていたということもあり、コピー機については深く知っていた”つもり”でした。

しかし、いまとなってはコンビニの店員さんに頼る側に…。

そう、サイズで悩んでしまうためになかなか前に進むことができないんですよね。

あなたは、A4サイズといわれてすぐに「これくらいのサイズでしょ!」なんて説明することができるでしょうか?もしもできるのであれば、もしかしたらこの記事を読まなくていいかもしれません。

反対に「どんな大きさなのかまったくわからない」という方ほど、この記事を読むことでサイズについて勉強してほしいですね。

サイズは人によって違う!?

また、用紙のサイズって人によって感覚が違うということもあります。

それは正しく言えば「きちんと用紙のサイズを理解していない」ということになるのですが…。

もしも、用紙のサイズがわからない!と悩んでいる人がそのサイズがどんなものなのかを知り合いに聞いたとしましょう。

その知り合いは、自信をもって「これくらいのだよ!」なんて教えてくれました。

自信をもってそのように説明してくれたということもあり、「これくらいのサイズなのか!」なんて納得してしまったかもしれないですね。

しかし、人によって間違った理解で用紙サイズをとらえている人もいるので必ず自分で確認しておきたいものです。

特に論文の印刷をするとき、社内で配るプレゼン資料の印刷…などでどう考えてもあり得ないサイズで印刷してしまえば、どのようになるでしょうか。

論文であれば受け取ってもらえないかもしれないですし、プレゼン資料も目を通さないだけではなく「ちょっとおかしな人」扱いされるようになるかもしれないです。

つまり、用紙サイズに関しては人に頼るのではなく、自分自身でしっかりと理解しておくべきだということになります。

なんとなくで使っている

あなたはもしかしたら「用紙サイズなんてそんなに意識しなくていいんだよ!」とか「A5とB4さえ分かっていれば問題ないでしょ?」なんて軽い気持ちで用紙サイズについてとらえているかもしれないですね。

そう、そのようにあなたも含めて多くの人が―特に何度も用紙サイズと向き合う場面に出くわした人―”なんとなく”で用紙サイズを使っているんです。

でも、その”なんとなく”でも通用してきたということでもあるんですよね。

それは、資料などを印刷するときには「B4」だとか「A3」なんてあらかじめ決められていることが多いからになります。

先人や先輩、上司などがそのようなサイズを使っているのを見れば「あのサイズにすればいいのか」と説明を受けなくても、見て学ぶことができますよね。

しかし、もしもそれ以外のサイズで何かをしなくちゃいけないことがあったらどうなるのでしょうか?写真をわざわざA3サイズで印刷するのでしょうか。

なかにはそのように大きめの写真を飾りたくてA3サイズで印刷をする人もいるかと思いますが、ほとんどの場合でそのようなサイズでは印刷をしないですよね。

そうではなくハガキサイズの、写真屋さんで印刷してもらえるような小さ目のサイズで印刷をすることになるはずです。

そう、そうやって応用が利かないのも問題のひとつだと思いませんか?そんな悩んでしまう”用紙サイズ”だからこそ、詳しく勉強しておきましょう!

そもそもなぜA判・B判に分かれているの?


あなたは、用紙サイズには”A判とB判”という2種類が存在するのを知っていますか?
印刷するときに選択したり、コピーするときに必ず選択しなければならないものですよね。

それってどうしてA判とB判というのでしょうか。

なかには「ABCDEのアルファベット順があるからそんな風にしているんでしょう?」なんて単純に考えている人もいるかもしれないですね。

しかし、そのようにして決められてるのではないんですよ!

実は、A判とB判というのは、国際基準で決められているサイズなのか、それとも日本独自のサイズなのかで分かれているんです。

まさか用紙のサイズにそんなにまでこだわっていたなんて…!と驚かれる方もいることでしょう。

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

A判は国際基準のサイズ

用紙サイズには、A判とB判に分けることができますね。

”判”というのは日本独自の呼び方になります。

正式名称は、A規格・B規格になるんです。

そのなかでも、まずは”国際基準によって定められているA規格”である「A判」について解説していきましょう。

”A判”というのは、そもそも841mm×1189mmの用紙サイズを示しています。

それが用紙の大本の標準値になるということになります。

では、このA判サイズというのはどのようにして誕生したというのでしょうか?ずばり、昔のドイツでこの用紙サイズが出来上がったんですよね。

本来は、ドイツのみで使われていた用紙サイズでしたが、多くの国にそのサイズの用紙が広まることによって”標準のもの”として多くの国で採用されるようになったんです。

今では、ドイツだけではなく、日本・アメリカ・他ヨーロッパ・中国などでもこのサイズが標準とされています。

また、あなたがビジネスなどにおいて用紙をプリントする機会が多い方であれば、「どうして書類を印刷するときにはA4サイズでなければいけないのだろう?」なんて思ったことがあるかもしれないですね。

A3サイズのような大き目のサイズの用紙で印刷したほうが、読み手も読みやすいんじゃないか、もっと資料をわかりやすく相手に伝えることができるのではないか・・と思うからです。

でもそれって、テキトーにA4サイズを標準にしているのではなく、A判サイズというのが”国際基準”だからこそ、そのサイズを採用しているんです。

ビジネスというのは、日本だけではなく海外とも契約を結んだり、提携を結んだりして”日本だけで完結しない仕事”ってたくさんありますよね。

特に国際分野の仕事についている人ほど、「用紙サイズは徹底しましょう」なんて言われた経験があるのではないでしょうか?

それは、国際的にでも通用する書類を作りなさい、という意味だったんですね!

そのような国際レベルでの仕事をしている人のビジネス書類だけではなく、世界共通で閲覧することのできる公文書でもA4サイズが採用されています。

海外の人も閲覧できるデータを配信している海外のサイトのWEB資料でも、A4サイズが指定されているはずです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

また、A判サイズというのは、国際規格のISO216にのっとっています。

B判は日本独自のサイズ


A判サイズはドイツから発症した用紙のサイズ、ということでしたね。

では、A判サイズはどのように誕生したかといいますと我らが「日本」独自のものとして作られた用紙のサイズになります。

でもあまり「B判サイズ」を使用する機会ってないのではないでしょうか?

おそらく日本独自のサイズだからこそ、日本人が使うにきまっているし、多くの日本人が多用しているに違いない…なんて思えるのですが、そうでもないんですよね。

このB判サイズというのは、さきほどご紹介したA判サイズの沿ってるISO216とは別の日本の基準であるJIS規格に沿ったものになります。

もともとの基準が違っているということですね。

かといって、日本だけで使われているわけではないというところに注目しておきましょう。

A判サイズは本当に世界各国で使われている用紙サイズになります。

B判サイズも負けずに日本だけではなく、”一部のアジア各国”では使われているサイズになります。

とはいっても、やはりA判サイズに比べると使用している頻度や国々の数というのは少ないですね。

では、アジアでも使われるようになったB判サイズというのは、日本のどの時代に発症したというのでしょうか?紙を発明した後の時代になるのは誰でもお分かりいただけることでしょう。

ずばり、「江戸時代」になります。

江戸時代といえば、多くの巻物などが記録されて現代にまで語り継がれていますね。

そのなかでも美濃判(みのばん)がルーツになっているといわれています。

歴史スキの方であれば、美濃判がどんなものなのかすぐに想像できるかと思いますが、歴史に疎い方はそれがどんなものなのかなかなか想像もできないでしょうね。

ずばり、美濃判とは、美濃紙判の大きめのサイズの紙のことを指しています。

江戸時代でも現代と同じように、用紙のサイズというのがもうけられていたということなんですよね。

大きな美濃判を使う人もいれば、小さなサイズの美濃判を使う人もいたということになります。

それは、用途によって使い分けていたということであり、現代と同じということができますね!

A判のサイズ

これまでにA判とB判サイズそれぞれはどのような基準で作られたものなのか、どのようにして発症してきたものなのかについてお伝えしてきましたね!理解することはできたでしょうか。

まさか用紙にも歴史があるなんて思いもしなかった人もいることでしょう。

では、その二つのサイズ基準のうちの”A判”サイズについてもっと詳しくご紹介していこうと思います。

思い出してみてくださいね。

A判サイズというのは、国際基準のISOに沿って定められている用紙のサイズでした。

A判というのは、841mm×1189mmのことをさしていましたね。

では、多くの人が使っているA4サイズとかA2サイズとかA3サイズ…というのは、どのような用紙のサイズを指しているというのでしょうか?ここでは、そのサイズがどれくらいの大きさになっているのかをご紹介し、さらにはそのサイズで使われるものの一例をご紹介しています。

ぜひ参考になさって下さいね。