日頃の生活の中で欠かせないものがあります。

それは強く望むという事です。

ですがそれを望みすぎると、日頃の生活でも支障が出てしまうような事もあるでしょう。

強く望むというのはいわゆる「要望」という事になります。

仕事や恋愛でもそうですが、相手に要望をするという事で、それが叶うと自分の思い通りになったりもしますよね。

要望というのは簡単に言うと、こうなりたい!というような願望に近いものですが、人によってはこの要望を上手く使いこなせていない時が多く、逆効果になってしまうような人も多いです。

その差というのは要望をどれだけ強く持っているのかではなく、要望という考え方にも繋がると思います。

例えば、要望を通したいけれどそのためには必要な準備というものがあると思います。

仕事などでこのようにしたい、といきなり言ってもその要望が通ることは少ないのではないでしょうか?

例えば残業を無くそうという事でも、一人だけではなく同じ社員の人達の意見を取り入れつつ要望を通すことで、それが実現となることが多いのではないでしょうか?

子の様に使い方を間違わなければ要望というものは通るものなのです。

しかりながら注意をすることがあります。

それは要望を通す際に、欲求不満にならないようにするという事です。

実現したいという気持ちが強ければ強いほど、それが叶わなかった時は反動がとても大きいです。

ショックを受けるかもしれませんし、逆にキレてしまうなんていうような事もあると思います。

感情のコントロールができないなんていうような事にもなるのです。

それほど要望というのは欠かせないものでありながら、その欲求が強いと逆効果になるというような事が「要望」というものには多く潜んでいます。

ですが成功をしていたり、物事が上手くいく人というのはこの要望なども通りやすく、普段の生活でも活かしきれているものばかりなのです。

今回はそんな要望について、通す秘訣などを考えてみたいと思います。

皆さんが例えば仕事や恋愛で相手に対して「要望」を通す際にはどの様なことを考えて言いますか?

またどの様にして頼みますか?様々な方法があると思いますが、要望を通す際に大事なことは相手のことが最も重要になってくるのです。

要望を通す相手が誰なのかというのはとても重要なことになるでしょう。

要望を通す秘訣を考えよう!

要望というのは簡単に言うと、自分の意見という事になりますよね。

例えばこの様にしたい!という要望であったり、この様に行動がしたいと仕事場などでは思う人は多いのではないかと思います。

そんな要望を通すには秘訣というものがあり、それを考える必要があります。

ですがまずは要望というものがどの様なものかを知る必要があります。

要望の意味からどの様なことを示すのかという事が大事になってくるのではないかと思います。

またこの要望というのは普段の日常でも使うことができるという事を覚えておくと良いかもしれません。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

要望とは?

要望というのはどの様なことを言うのでしょうか?例えば要望というのは強く望むという意味があり、強く物を欲しがるというような物欲のような意味も含まれます。

基本的に要望の1つ1つの字を見ると要、つまり最も重要なことというような意味が含まれており、それを望むという事を示すので、一般的には要望というのはこの様な意味があるという事を覚えておくと良いでしょう。

では更に詳しく見てみたいと思います。

実現を強く望むこと

実現を強く望むこととありますが、例えば皆さんは何かこうなって欲しいというような考えなどがありますか?

例えば会社のトイレが温水便座ではない!というような例があったとします。

どうしても温水便座にしたいのに何故違うのだろうと考えたりするのではないかと思います。

そんな時にその実現を強く望むこと、つまり「早く温水便座にならないかな」と考えることを言うのです。

ですが要望というのは基本的にはその様に思いつつも、相手に提案をすることを示します。

つまり上の人に「温水便座にしてくれませんか?」という考えを相手に伝えるという事を要望と言うのです。

簡単に言うと、自分はこうなって欲しいというような意見を相手に言うという事です。

強く物を欲しがること

また、強く物をほしがることでも言われているのではないかと思います。

言うのであれば、強く物をほしがるという事は、誰にでもあるものであり、これが物欲へと代わっていくのです。

強く物をほしがるというのは例えば「これが欲しい」と子供がよく言って、親に値だったりするような事が多いのではないかと思います。

その際に買ってもらうことができた!となればそれは要望が通ったという事になります。

しかしこれが無理な場合は要望は通らなかったという事になるのです。

要望を通すというのは簡単に表現をすると、この様なことを言いますが、皆さんは自分の要望が通ったことはありますか?

無いという人もいるかもしれませんね。

しかしながら要望というのは通すやり方があります。

確実とは言えませんが、確率はグッと上がるものばかりです。

ではどの様なものが要望なのか詳しく見てみたいと思います。

要望を通すやり方


要望を通すやり方というものがあります。

言うのであれば、要望というのは先ほども言ったように自分がこの様にしたいと思うものを相手に通すという事になりますよね。

例えばそれが通らない場合もありますし、相手によるという事です。

しかしながらその要望を通すというようなやり方があります。

例えば、仕事などの要望というのは皆さんも多くあるのではないかと思いますが、その場合は要望書などを作成することであったり、信頼されるようになるというのが第一前提になります。

タイミングなどを見計らうというような事など様々なタイミングというものが重要になります。

また恋愛の場合は相手に甘えるということや、相手の要望も聞くというような事が重要になるでしょう。

言うのであれば、相手と自分とを共有することができるような事であれば有利に運ぶことができるという事です。

今回はこの仕事の場面と恋愛の場面の2つに分けて説明をしていきたいと思います。

皆さんは要望を通す際にはどの様なことに気をつけていますか?

仕事の場面

先ずは仕事の場面の場合について詳しく見てみたいと思います。

例えばですが、仕事の場面の場合は要望書などを利用すると良く、タイミングをしっかりと見計らうという事が重要になります。

例えばですが、繁忙期などに要望を出しても通らないというような事が多く、その時の仕事の雰囲気というものが重要になるのです。

また、仕事の場合は要望というのはそれ1つだけではなく、複数のパターンを考えて提出をすると要望が通りやすくもなるのです。

いわゆる企画書などを考える際にも複数のパターンを用意しますよね?それと同じような事をするのです。

仕事の場面というのは基本的にタイミングを誤ってしまうと通らないことなどが多いので、タイミングを見計らうという事が一番大事になるのではないかと思います。

ではどの様にすると要望が通るようになるのでしょうか?詳しく見てみたいと思います。

皆さんはどの様にして要望を通したりしますか?

要望書などを利用する

要望書というものがあります。

この要望書というのはそのままの通りで要望をするためのものであり、他にも似たようなものが多くあるのではないかと思います。

要望書を利用する際には、先ずどの様なことを要望をするのか明確にする必要があるのではないかと思います。

例えば先ほど言った「トイレを温水便座にする」というような事を書いたとしても、その理由というものが無いと意味が無いですよね。

様々な理由があげられると思います。

不衛生であるというような理由であったり、より快適に、キレイにトイレを使うためにというような様々な理由があるのではないかと思います。

その理由なども添えて要望書を書くという事が必要になるでしょう。

そうする事で上司や社長などが目を通しやすくなり、書類として残すことができるので、口頭で言うのではなく、残すという事が重要になるのです。

信頼されるようになることが大事

そして何よりも大事なことがあります。

それは信頼されるようになる事が大事だという事です。

例えばですが、要望をする際には相手の信頼なども関わってきます。

見ず知らずの相手に対して要望をされても、何故?とうような事になってしまったり、他人には無理だというような形になるのが普通です。

何故なら要望というのは基本的には、その相手との信頼関係があるからこそ通るもので、知らない人に対してや、信頼関係が無い人にとってはただの意見として捉えられることが多いです。

要望書を出す際には要望書を書く前に、相手との信頼関係を大事にするという事を覚えておきましょう。

例えば上司などとよく行動をするようにしたり、社長などがいる場合は挨拶などをしたりするというよな事でも良いです。

誠意を取るような行動というのは基本的にどの上司からも好かれます。

信頼されるようになるという事は、こちらも誠意を持って行動をする必要があるという事です。

決してこの様にしたいからというような欲を出して行動をする事は避けるようにしましょう。

タイミングをしっかり見計らう


タイミングをしっかり見計らうという事が大事になるのではないかと思います。

例えば仕事というのは基本的に繁忙期であったり、この時期だけは忙しい時期というような事があるのではないかと思います。

仕事のプロジェクトによっては、差があるのではないかと思いますが、基本的にその繁忙期に出したとしても要望が通るというような事は少ないです。

何故なら基本的に繁忙期などの時期というのは今の仕事で忙しいというような状況も多く、自分自身も要望を出せる状態ではないというような事が多いからです。

なので仮に出したいとしても出さないようにすることが大事になるのではないかと思います。

またタイミングをしっかり見計らうというのは、どの様な時でも重要なことになりますよね。

上司の機嫌などを伺いつつも、機嫌が悪い時に出してしまったりすると通らないというような事も多いのではないかと思います。

では一番大事なのはどの様な時期かと言うと、繁忙期ではなく、上司などの機嫌が良い時というような事になります。

比較的に忙しくない、普通な状態の時というのが一番ベストなのではないかと思います。

いくつかのパターンを提示する

要望を出す際によくあるのが、自分の要望をすることを1つしか書かないという場合です。

言うのであれば要望というのは1つだけではありませんよね?

思うところはたくさんあるので、その中の数個を候補として挙げると良いのです。

例えば「会社をよりよくするための要望書」として出す際にその提案の1つに「トイレの温水便座」と書いて更にもう2つほど考えるというような事をすると良いのではないかと思います。

例を言うと「毎朝朝礼をするようにする」という事や「掃除の当番を決める」というような形です。

例えばですが、1つだけだとその事に関してはというような形ですが、最初に書くものを「毎朝朝礼のようにする」と書いてその後に「トイレの温水便座」というような書き方をすると比較的に通りやすくもなるのです。

言うのであれば、通りやすいものを先に書いてしまい、通り難いというようなものも後に書くという方法をすることで、より通りやすくなるのではないかと思います。

これは相手の心理をついているものでもありますが、最初のものが良い考えだと後々のものも良い考えになるような方向にいくことが多いです。

なので少し無理かもしれないというような要望でも通るようになるので、要望を出す際には候補を1つだけという形にするのではなく、複数のパターンを用意するとより良いのではないかと思います。

恋愛の場面

では次は恋愛の場面です。

言うのであれば、恋愛というのはお互いの意思疎通というようなものが大事になります。

特に甘えたりするというような事は要望を通しやすいですが、相手からの要望もあるのではないかと思います。

その時に「嫌だ」というような形になってしまっては相手もその要望を通し難くなってしまうのです。

なので恋愛の場面で大事な事というのは基本的に相手の事も聞くという事が大事になります。

自分だけのワガママでは要望というのは通り難いという事になります。

ではどの様にすると要望が通りやすくなるのか更に詳しく見てみたいと思います。

仕事のパターンと違うのは、相手をより理解できるかどうかにかかっています。

上手く甘える

まずよくある事ですが上手く甘えるというような方法があるのではないかと思います。

上手く甘えることで相手の要望などを聞いたりすることができ、またどんな事でも聞いてくれるというような相手が多いのではないでしょうか?

基本的にラブラブなカップルなどの場合は特に、お互いが甘えたりしますよね。

その際に上手く甘えるというような事ができれば、相手も要望を通しやすくなるので、甘えるというのは大事なことだと覚えておきましょう。