よくビジネス界などで言葉にすることがあると思います。

例えば「ご用命」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか?

ご用命という言葉は言うのであればビジネス用語のうちの1つです。

なので逆に言うと、ビジネス系にいかなければこの言葉を聞かないという事になります。

ですが聞く機会があるというような人も中にはいると思います。

例えば、電話などをしている際に相手から「ご用命を…」というような事を言われたりすることがあるかもしれませんね。

これはどういう事かと言うと、用事を申し付けてくださいというような意味もあるのです。

言うのであればよく聞く場所というのは、どこかの企業に対して何かを注文するときなどという事になりますよね。

ご用命というのは基本的に目上の人に対して使うような言葉でもあるので、あまり聞かないという人も多いかもしれません。

ですが正しい使い方などをすることができるのでしょうか?

ビジネス用語のうちの1つではありますが、基本的に丁寧語や尊敬語といったような表現というのはとても難しいですよね。

どんな事でも気をつけなければいけないのがこの様な言葉の選び方になるという事です。

ご用命と聞くと、相手に対して敬意を払いつつも相手に誠意を見せるというような言い方なのではないかと思います。

またご用命と聞くと、聞く相手はどの様に思うのでしょうか?

例えば「注文をしてください」というような表現はあまり良い表現とは思いませんよね。

どんな事でも相手が目上の人であれば「注文してください」というような言葉は恐ろしくて使えないのではないかと思います。

上司などに対して使うと怒られるというような表現の1つなのではないかとも思います。

ですがその際に「ご用命ください」という事で、相手に誠意などが伝わり、とても好印象を持たれるのではないでしょうか?

いざという時に頼ることができたり、悪いと感じる人というのはほとんどいないはずです。

それほどこの「ご用命」という言葉はビジネスでも使われる言葉であり、大事な言葉の1つになります。

ではこの「ご用命」という言葉はどの様にして使うのか、またご用命というのはどの様な意味で使われているのかなどについてお教えしたいと思います。

例文などもあるので参考程度に覚えておくと、いざ自分自身がこの言葉を使った際に役に立つかもしれませんね!

またこの言葉というのは基本的にメールにはもちろんのこと、電話などでも使えます。

もちろん日常的な会話でも使うことができるので上司とのコミュニケーションなどが捗るのではないかとも思います。

ではどの様な表現があるのか詳しくみて見たいと思います。

「ご用命」についての解説

まず「ご用命」という意味についてお話しをしたいと思います。

先ほどから言っているようにこの言葉は基本的にビジネス用語の1つでもあるのですが、あまり聞かないという人も多いですよね。

仕事柄で使うというような人も多いと思いますが、滅多にその言葉を耳にしないというような人もいるのではないかと思います。

ご用命というのは基本的には「用命」という意味に丁寧表現の「ご」をつけて「ご用命」という風に使うことが多いです。

言うのであれば「用命」の丁寧表現という事です。

この用命の意味はどの様な意味なのか、そしてどの様な使い方をするのかというのが重要になるのではないかと思います。

ビジネス用語のうちの1つ


「ご用命」というのはビジネス用語の1つとして使われています。

ビジネス用語と聞くと働いている人にしか解らないような単語ばかりですよね。

仕事をしていて初めて聞くような言葉ばかりだと思う人も少なくないです。

例えば「アサイン」と呼ばれる単語をご存知でしょうか?

この言葉というのは「割り当てられた」という表現で使われたり「任命された」というような表現で使われる言葉です。

なので英文などで「アサイン」というような表現が出た際にはどこかに割り当てられたというような表現ができるという事です。

他にも様々なビジネス用語がある中で「ご用命」というような言葉は基本的によく聞く言葉の1つになるのです。

ビジネス用語の中でも聞く言葉と聞かない言葉と様々あると思います。

その中でも今回は比較的によく耳にする「ご用命」について更に詳しく説明をしていきたいと思います。

「ご用命」の意味

ご用命というのはどの様な意味なのでしょうか?

簡単に言うと、先ほど言った「用命」という意味を理解しているのかという事が重要になります。

用命とは用事を言いつけるといった意味であったり、言いつかった用事という意味で使われます。

商品などを注文すること、という意味でも使われるのがこの「用命」という意味ですが、それを丁寧表現したものが「ご用命」という事になるのです。

これは少し難しいかもしれませんが、よく丁寧語になると「ご」をつけることが多くなります。

なので「ご用命」という単語で見るのではなく「ご」+「用命」という形で考えるととても解りやすくなるのではないかと思います。

どんな単語もそうですが、基本的に丁寧語になると「ご」をつけたりすることも多く、ビジネス用語などでは必須のように使われることが多いです。

ビジネスをする上では相手の人、目上の人というのは特に多いですよね。

そんな時に使うような言葉でもあるという事を覚えておくようにしましょう。

では更にどの様な意味があるのか詳しく見てみたいと思います。

ご+用命=ご用命

ご+用命=ご用命という事は先ほどもお話をしました。

基本的にこの様な言葉というのはその元の単語をしっかり理解しているかという事が重要になります。

この場合は用命という言葉ですが、用命という言葉の意味を理解していないと、いざ「ご用命」という言葉を使うにしていも変な文章になっていたりする可能性があるのです。

他にも「ご」をつけるような単語はたくさんありますよね。

例えば「ご確認」というような言葉もそうですが、基本的に「ご」+「確認」といった「ご」に元の単語をつけることで丁寧な表現をすることができるという事です。

ちなみにこの「ご確認」というのもビジネスなどで使う表現の1種なので覚えておくと良いかもしれません。

「用命」に丁寧表現の「ご」をつけている

「用命」に丁寧表現の「ご」をつけているという話をしましたが、「ご」という言葉は基本的に相手を立たせるというような行為でも使われることが多いです。

例えば先ほど言った「ご確認」もそうですが「ご説明」というような表現であったり「ご報告」というような、自分から相手に対してというような表現で使うことが多いです。

相手が目上の人なので、というような意味もありますが、基本的に自分自身に対して「ご」というような表現をしないという事を覚えておくと良いかもしれません。

また「ご」をつける単語というのは様々ありますが、ビジネスなどで使う際には間違った使い方、文章によっては「ご」をつけないというような表現もあるので覚えておくと良いでしょう。

用命の意味

ではまず用命の意味についてお話をしたいと思います。

用命という言葉が解らないと「ご用命」という言葉は使えないですよね。

意味をしっかりと理解しておく必要があると思います。

例えば用命というのは注文というような意味があります。

これはどういう事かと言うとビジネスなどの電話で「ご用命を賜る」という事になれば、商品などの注文を受けますよというような意味になるという事です。

少し難しいですが、基本的にはこの様な意味で使われることが多いのがこの言葉です。

しかしこの場合は「ご」をつける事が多いのですが、用命だけでは他の意味で使われることが多いです。

そこについても詳しく見てみたいと思います。

仮に皆さんが「用命」という言葉を聞くとどの様な意味が出てくるでしょうか?注文という意味以外にも様々あるので覚えておくようにしましょう。

用を言いつけること

用命というのは用を言いつけることという意味があります。

例えば誰かからの伝言を伝えたり、用事がある際に代わりに誰かに伝えたりというような事があると思います。

ビジネスなどで言えば誰かに用事を言うというようなことであったり、相手から受け取った用を他の人に伝えるというようなときにもこの用命というような事をするという事です。

これはビジネスなどをしなければ解らないことだとも思います。

簡単に言うと、例えば大人の人が子供に対してこの様にしなさい!というような事を言いますよね。

用事などを伝える、言いつけるというような事はまさにこの事を言うのです。

言いつかった用事

では言いつかた用事というのはどの様な意味があるのでしょうか?

例えば言いつかった用事というのは簡単に言うと、誰かから受けたことを他の人に伝えるという事です。

これは相手が目上の人に対して使うような言葉であり、用命というのは、例えば上司から伝言を言い付かっているというような形で使われることが多いです。

メールや電話など、普段の会話からでも伝言のように言うことが多いので、この様な表現をすることが多いのも特徴の1つと言えるでしょう。

注文

「注文をしてほしい」というような意味も含まれているのがこの「用命」という意味です。

あまり聞かないとは思いますが、運送業などでよく「ご用命を…」というような言い方をしているのですがお気づきでしょうか?

あまり電話をしないので聞くというような事が無いのかもしれません。

ですが基本的にはビジネスで使うようなことが多い言葉なので、普段から聞くという機会が少ないのかもしれませんね。

いざ自分自身がこの様な業界に行った時には、使うような言葉だと思うので是非覚えておいても良い言葉だと思います。

意味も様々あるという事を理解でしたら良いですね。

目上の人に使う表現が「ご用命」

「用命」というような意味を理解できたと思います。

言うのであればこの言葉は基本的にビジネスで使うような言葉であり、「ご用命」という表現をする場合は、目上の人に使うような言葉という事が解ったのではないでしょうか?この他にもたくさんのビジネス用語などや、言葉遣いで「ご」をつけるような事が多いのではないかと思います。

目上の人に使うこと以外でこの言葉を使う場合は、それは間違っているという事を覚えておいてください。

よく言葉遣いなどで間違っているというような人が多いです。

しっかりとした言葉を使うことで、相手からも好印象であったり、安心感を与えさせてくれるものになるので、この様な言葉を使う場合はしっかりと使い方に注意をするようにしましょう。

「ご用命」の使い方

ではそんな「ご用命」という言葉ですがどのような使い方があると思いますか?

例えば「ご用命ください」というような表現であれば、私に言ってくださいというような表現になりますし他にも様々あります。

言葉の使い方というのは基本的に相手がどの様な人に対して喋るのかで決まるものです。

例えば相手が友達であったり、家族の場合にこの「ご用命」というような言葉は使いませんよね。

普通に「何か用事があるなら言ってね」というような表現をするのではないかと思います。

他にも「伝言を預かっているよ」というような、普段の会話になると「ご用命」という言葉ではなくその似たような言葉を使っているのではないかと思うのです。

他にも様々な言い方があるかもしれませんが、この「ご用命」という言葉が基本的に目上の人に対して使うという事は頭の中に入れておきましょう。

仮にここで間違った使い方をしてしまうと、恥ずかしい思いをしてしまうという人がいるかもしれませんが、何より相手から不安がられてしまうのです。

どんな事でもビジネスというものは取引などがあり、それを任せたり、成功をするかどうかという所に鍵がかかっています。

そんな時に「ご用命」というような言葉を正しく使うことができず「ご用命」という文章をせっかく使っているのにというような事になりかねません。

ここではそんな「ご用命」の使い方についてお教えしたいと思います。

いくつかの例文を見て仕事でも使いこなせるようにしておきましょう。

「どうぞ私にご用命ください。」

この場合は自分に何か用事などがあれば言って下さい、申し付けてくださいというような文で使われることが多いです。

この場合は普段の会話ではもちろんのこと、メールや電話などでも使える文の1つであり、相手の人というのは目上の人ばかりなので、何か私に言いつけて欲しいというような表現をしたい場合はこの「ご用命ください」というような表現を使うと良いでしょう。

「なんなりとご用命ください」


なんなりと、という事は「何でも申しつけてください」というような意味になるのがこの文章です。

よく使われる表現の1つでもあり、電話などでも使うことができる文章なので、直ぐにでも使えるような例文となっています。

「配達へのご用命は◯◯会社…」

これは電話でよくあるのですが、フリーダイヤルなどで使われることが多いです。

自動音声などを使う際にこの「ご用命」という言葉を入れることで、相手の人に何かあればこちらまでというような表現をすることができます。

皆さんが聞いたことがある場所というのはこのフリーダイヤルなどが最も多いのではないかと思います。

運送業などに電話をしたりする際にこの様なことを言われたことがあるという人もいるかもしれませんね。

「ご用命賜ります」

これは普通の「ご用命ください」というような文を更に丁寧にした言い方になるのです。

例えば相手の人が目上の人であっても、様々な人がいますよね。

他会社の社長などであったり、代表の人であるというような可能性もあると思います。

そんな時にこの「ご用命賜ります」というような言い方をします。

賜るという意味は「もらう」という意味の謙譲語の意味です。

言うのであれば「ご用命賜ります」というのは何かあれば申し付けてください、というような表現を更に丁寧にした文章という事になるのです。

人によっては使い分けていくというような事も言葉遣いとしては重要なことなので、覚えておいて損は無いものだと思います。

「またのご用命お待ちしております」

この意味というのは相手からのご用命を預かったりした際に言うような言葉です。

会話の終わり際、電話などで注文を受けた場合など、その際の最後に言うような文章になっています。

基本的にビジネスで使われることが多いこの文章ですが、意味からも解るように、配送業などで使われることが多いです。

なので最後にこの様なことを言われたことがあるというような人も多いかもしれませんね。

様々な例文がありますが、一般的に聞くというのはこの様な例文もあるからです。

「ご用命」を使うと相手はどう感じる?

ではそんな「ご用命」を使うと相手はどう感じるのでしょうか?例えば誠意を感じるというような事があるでしょう。

言葉遣いというのはどんな時でも大事な事になりますよね。

相手がどんな人であろうと、言葉遣いをしっかりと使いこなせているという人は誠意が見られて好印象にも見られることが多いです。

例えば受付などをしている人が、間違った言葉遣いをしているとなれば、少し不安な気持ちになりますよね。

会社というのは基本的にキチンとした言葉遣いであったり、様々なマナーというものをキッチリと守らなくてはいけません。

会社の方針であったり、様々な規則というようなものがあることでしょう。

その中でもやはり会社内というのはその人自身がどの様な人なのかで雰囲気なども変わったりすることが多いです。

なのでその1人1人が小さなことに注意をすることで、言葉遣いなどもしっかりとした会社になるのではないかと思います。

ビジネス界で聞くような言葉だからこそ、言葉遣いなどをしっかりしていなければ、相手に嫌な思いをさせてしまったりするのではないでしょうか。

しっかりとした言葉遣い、どの様に、どんな時にこの言葉を使うのかを理解するようにしましょう!

では今回はそんな「ご用命」ですがこの言葉を使うと相手はどの様に思うのでしょうか?

詳しく見てみたいと思います。

誠意を感じる

誠意を感じることが多いのではないでしょうか?

相手からするとちゃんとした言い方をされるというのはとても誠意が感じられるようになり、こちらも相手に対して何か用事を伝えるというような事ができます。

また誠意が感じられない場合どの様になるのかと言うと「またかけなおす」というような事になりかねないという事になります。

誠意というのは「偽りのない心」というような意味が込められています。

言うのであれば本心という言葉に近いものです。

誠意を感じられないと、相手もこちらに対してどうしようか迷うというような事にもなりかねません。

誠意を出す際にはキチンとした言葉遣い、そして相手を受け入れるというような姿勢が無ければ伝わらないでしょう。

この様な誠意を持った行動でかつ「ご用命」というような言葉を使いこなすことができれば、相手を満足させることもできるのではないかと思います。

厚意が伝わる

熱意が伝わるというような表現でならば聞いたことがあるかもしれませんが、今回の場合は厚意になります。

厚意というのは思いやりのある気持ちというような意味があり、相手を思いやる気持ちが伝わるという事になるのです。

「ご用命」という言葉は先ほどから言っている通り、目上の人に対して使うような言葉ではありますが、用事があれば何なりと言って下さいというような意味が込められていますよね。

普通は、何かあると自分から聞いたりするというような事が普通ですが、相手が何かある場合に「力になりますよ」というような意味でもあるのです。

この厚意が伝わることで相手も悪い気分にはならないはずですよね。

何故なら「ありがとう」というような感謝の気持ちで一杯になるからです。

解らないことというのは必ずあります。

その事について気兼ねなく聞くことができるというのはとても良い印象を与えるのです。

好印象になる

好印象になることは間違いないでしょう。

「ご用命ください」と言われるだけでもこちらとしては、申し訳ないと思う人もいるのではないでしょうか?

目上の人であっても、この言葉遣いというのは、良い社員を持っているというような意味でも捉えられることができます。

また、その言葉遣いというのは普段使いこなせるというような人が少ないです。

言うのであればメールなどでもそうですが、メールに「ご用命ください」というような表現をする人は少ないですよね。

「注文をお願いします」というような言葉を使ったりするのではないでしょうか?

もっと他の言い方をするというような人もいるでしょう。

ですがその際に「ご用命ください」と言うだけでも、とても好印象になるという事なのです。

何かあったとき頼れそう

これは先ほども説明しましたが、何かあった時は頼っても良いというような考えになります。

例えば解らないことであったり、気兼ねなく話しかけることができるので、相手のことを信頼することができるようになるのです。

仮に相手は仕事としてやっていたとしても、こちらからするととても助かるというような気持ちで接することができます。

ビジネス界で必須なことは基本的にコミュニケーションなどはもちろんの事、目上の人と話すことが多いというような事が多いですよね。

そんな時に何かあったら頼れるというような人が欲しいと相手は思うはずなのです。

事務員でも仕事というものはキチンとありますし、お茶を出したりする際にもこの様なことを言うだけで、相手から頼られたりするかもしれません!

安心感がある

何より安心感というものがあります。

「ご用命」という言葉を使うという事は、相手も理解をしているという事になりますよね。

何かあれば言えば良いという安心感、気兼ねなく聞けるような形になるので、他の人とは違った印象を受けることが多いのではないかと思います。

取引先などもそうですが、何よりも不安感を与えるのではなく、安心感があるからこそ人というのは安全に取引などをすることができるのです。

信頼関係が無ければ取引などもすることができないですよね。

なので安心感があるというのはとても強い武器にもなります。

言葉遣いをしっかりとマスターすることで、相手の信頼を得ることができるでしょう。

悪く感じる人はほとんどいない

以上のことをふまえて、悪く感じる人というのはほとんどいません。

逆に好印象を持たれたり、しっかりとした社員だと思われることは間違いないでしょう!

また、相手からもどんどん話しかけてくるというような事もあるかもしれませんね。

悪く感じさせてしまうというような状況になっていれば、こちらに何か問題があったという事になります。

もしかしたら態度などにも影響があったのかもしれない、言葉遣いが間違っているなど、あるかもしれません。

ですがキチンとした態度や言葉遣いで「ご用命」という言葉を使うという人は基本的に悪く感じる人はいないという事を覚えておくようにしましょう。

「ご用命」は文面で使いやすい

ではそんな「ご用命」ですが文面で使いやすいという事はご存知でしょうか?

メールなどではあまり見ないというような人もいるかもしれませんし、文書であったり、会話で聞かないというような人もいるでしょう。

それは同じビジネス業界でもどの様な職種についているのかで変わってくるものです。

事務職となればメールなどをすることも多いでしょうし、外に出るような営業関係であれば会話で使うというような事が多いのではないかと思います。

人によっては一切使わないというような人も多いでしょう。

ですがこの「ご用命」という言葉は基本的に文面で使いやすいという事が解ると思います。

言うのであればメールや文書などで使うことで相手に良い印象を与えることができるという事になるのです。

ではどの様なものがあるのか、更に詳しく見てみましょう。

これを見て是非明日からも使ってみてはいかがでしょうか?

メール

メールで使うことが多いというような人もいると思います。

例えば「弊社までご用命ください」というようなメールを出すとしても、相手が目上の人であり、何かあれば言って下さいとより丁寧に言う際にはメールで「ご用命」という言葉を使うのが良いです。

基本的に取引先の相手であったり、相手の人に誠意を込める際にも「ご用命」というような言葉を使うので、メールで使うというような人も多いのではないかと思います。

文書

文書で使うというような事もあるでしょう。

例えば書類など、会議中に配る書類にも書いておいたりすることで、会議終了後に様々なことを聞かれたりするというような可能性が高くなります。

基本的に「ご用命」というのは取引先などはもちろんのこと、自分の目上の人、つまり上司や社長などにも使うことが多いです。

なのでその際に文書などに書いておくことで、より相手に誠意を伝えながらも用件などを聞くというような事もできるのではないかと思います。

看板や名刺

実は看板や名刺などでも使われることがあるのはご存知でしょうか?

例えば「◯◯会社まで」というような形の説明を例文でしたと思いますが、それを看板や名刺に使うという事です。

これも1つの方法であり、この場合は多くの人に宣伝などもできるので、とても効果的なのではないかと思います。

キャッチコピー

キャッチコピーに使うというような事もできるでしょう。

キャッチコピーというのは簡単に言うと顧客の心を掴むというようなことを言います。

簡単に言うと、よく看板などでもそうですが、上手いセリフであったり決まり文句みたいなものがありますよね。

それに対してしっかりと相手の心を掴むことができた場合のことを言います。

もちろん会話で使ってもOK

もちろん会話で使ってもOKです。

普段の会話で使わないという人も多いかもしれませんが、相手が目上の人であれば会話でも使っていくことで、相手に誠意や厚意などを見せることができるのではないかと思います。

「ご用命」の使い方をマスターしよう!

いかがでしたか?

「ご用命」について様々なことが知れたと思います!

ご用命という言葉は普段は使い慣れない、解らなかったというような人も多いかもしれません。

ご用命の使い方をマスターして、是非ビジネス界でも使ってみてはいかがでしょうか?