人というのは基本的には様々な欲求があると思います。

例えばですが、食欲というようなものであったり、睡眠欲というようなものもあるでしょう。

どうしてもその欲求などに勝てないというような時がありますよね。

そんな時にその欲求が満たされた場合は、とても快感に感じることはありませんか?

言うのであれば、自分にとって無我夢中になるものであったり、快感にさせてくれるような事という事です。

例えばですが、食べ物を食べる時にどうしても食べたい物があったとします。

その食べたいものを早く食べたいけれど、今は仕事中だから終わるまで我慢をしなくてはいけないというような時があるとします。

誰でもこの様な経験はあると思います。

何かを我慢してその時間になるまで他のことをしなくてはならないといけないという時があるのではないでしょうか?

そして仕事など、目的のものが終わった後に、いざその食べ物を食べるととても幸せに感じませんか?

よく「この為だけに仕事を頑張った!」というような非常な満足感を得られる時があったのではないかと思います。

この様な経験というのは誰もがすることですよね。

その様なことをエクスタシーと言います。

言うのであれば、これは最高の快感を味わっていたりする際に使うような表現です。

この場合は、美味しい食べ物をやっと食べれた時という事になります。

この感覚というのはその時でしか味わえない美味しさなどがありますよね。

何かを我慢するというような事は人によってはできないくらいに辛いことなのではないかと思います。

例えばですが、疲れていて汗だくな時にお風呂に入れないというような状況がありますよね。

夏の場合は特にその様に感じることがあるのではないかと思います。

ですがやっとお風呂に入れるというような環境になった時にとても気持ちが良いと感じることが多いのではないでしょうか?

この様なことも実はエクスタシーの一部になるのです。

そんな誰もがエクスタシーを感じていると思いますが、他にも皆さんはどの様にこの快感を感じることがありますか?

人によって感じ方などが違うので、様々な意見が出るのではないかと思います。

よく聞く中にはオーケストラなどを聴いて感動的になりエクスタシーを感じるというような人もいるのではないかと思います。

ではどの様なものがあるのか詳しくみてみたいと思います。

エクスタシーを感じたことがありますか?

エクスタシーを感じることというのは人によっては無いという人もいるかもしれません。

またどの様な感覚なのだろうか?というような人もいるでしょう。

基本的には自分自身にとって快感となるものがエクスタシーという事になります。

更に言うと本人にしか解らないような感覚という事ですね。

例えば先ほど言った美味しい物もそうですが、美味しい物というのは人によっては違います。

好き嫌いなものを食べる時に誰もがその食べ物を食べてエクスタシーと感じるような事は基本的に少ないです。

その食べ物が好きだからこそ感じるような、いわゆる満足感という表現が正しいのではないかと思います。

皆さんもこの様な感覚というのはあると思います。

しかし満足感であってエクスタシーではないというような人もいるかもしれませんね。

人によっては様々であるという事を覚えておくと良いかもしれません。

またエクスタシーに感じる人というのは基本的に少し人生において疲れているという人に多いです。

言うのであれば常に満足をしていないという人に多い傾向があるという事です。

満足感というのはどうしても誰もが持っているものであり、満足感が無いとストレスに感じたりすることも多いですよね。

その様な満足感をこれほどに無いくらいに感じることがあるのであればそれはエクスタシーと言えるのではないかと思います。

エクスタシーとは?

ではそんなエクスタシーというのはどの様な意味があるのでしょうか?言うのであれば最高潮の快感というような意味が含まれています。

簡単に言うと今までに無いくらいの快感という事ですね。

先ほども言っているようにエクスタシーに感じるというのは人によって違い、様々なところでこの様に感じるというような人は多いです。

言うのであればエクスタシーとなるような事は、基本的にその快感に病みつきになるような事を言います。

例えばですが、感動的な音楽を聴いた時にエクスタシーを感じるのであれば、また一時したら聴きたいというような願望に変わってしまうのです。

この様に快感でありながらもその快感をもう1度味わいたいというような事にもなるのです。

例えばですが美味しい物も、毎回美味しいものを食べるのではなく、一定の間隔で食べるからこそ、また美味しい!と感じることが多いのではないかと思います。

言うのであれば繰り返してしまうといずれ飽きがきてしまうという事ですよね。

飽きがきてしまうと快感を覚えるというような事ができなくなってしまいます。

では更にどの様なことなのか詳しく見てみたいと思います。

最高潮の快感

最高潮の快感というような意味があります。

先ほども言ったように今までにないくらいの満足感、そしてその快感というのは人により違いますが、とてつもない程の気持ちよさというような意味があるのです。

例えばですが、何かをしている時、例えばスポーツで最後に逆転勝利をした時などというのはまさにこの最高潮の快感を味わうことができるのではないかと思います。

身体が震えるくらいに嬉しいことですよね。

スポーツで逆転勝利をすることができるというのは、とても素晴らしいことであり、諦めなかったからこそできた事だと思います。

その最高潮の快感というのはまさにこの様なことを言うのではないかと思うのです。

偶然できた奇跡だとしても、その快感というのは今までにないくらいのものなのではないかと思います。

この快感をもう1度というのはまた一時しないと味わえないものなのではないかと思います。

あまりの気持ちよさに自我を忘れてしまう

またこのエクスタシーという感覚はあまりの気持ちよさに自我を忘れてしまうというような事もあります。

言うのであれば嬉しすぎたりすると、よく頭が真っ白になったりしますよね。

その様な感覚かのように自我を忘れてしまうことが多いです。

先ほどのスポーツの話に戻すと、この様に感じてしまうと泣き崩れてしまうというような事もあるのではないかと思います。

逆転勝利をすることができたという嬉しさと、最後の決め手になったのは自分自身だと考えると様々なことを考える前に、頭が真っ白になってしまうのではないかと思います。

そして泣き崩れてしまうというような事になるので、この快感というのはとても味わえないものなのではないかと思うのです。

魂が肉体の外に出てしまうような感覚

言うのであれば魂が肉体の外に出てしまうような感覚です。

幽体離脱のような感覚というべきでしょうか。

自分の身体が軽くなったような感覚という人もいるかもしれませんよね。

これほどにない快感というのは言うのであれば癖にもなってしまいます。

ですがそれを何回もしてしまうと飽きがきてしまうので、その快感というものが無くなってきてしまいます。

ですがこの様なことであったり、美味しい物をやっとの思いで食べれるというような環境になった時にこそ味わえる感覚ということを覚えておくようにしましょう。

日本語の単語で言うと?

ではエクスタシーを日本語の単語で言うとどの様な意味になるのでしょうか?

エクスタシーというような単語を知っていても、日本語の単語で言うとどの様な意味になるのか解らないという人は多いのではないかと思います。

日本語の単語で言う場合は、忘我というような意味になるという事を覚えておきましょう。

忘我

忘我というのは簡単に言うと、無我夢中になるという意味です。

簡単に言えば夢中になって自分を忘れることという意味があります。

よく子供にあることですが、ゲームに夢中になっているというような事がありますよね。

そのゲームが楽しくてしょうがないというような子供は基本的にそのゲームの中に入ったような感覚になるのではないかと思います。

なので一時前に話題になりましたが「ゲームのしすぎで考え方が…」というような事がありました。

簡単に言うと人はいずれ亡くなってしまいますが、また生き返るのではないかという考えをする子供がたくさんできるようになったという事です。

簡単に言えばゲームで言う「コンテニュー」をすることができるという事になります。

この様な考え方を持つというのは基本的にゲームを集中してすることで、心がそちらに奪われているというような事になっているからなのです。

この様な考え方をするような子供たちが多くなったので、ゲームは悪影響だというような人達も増えたのではないかと思います。

無我夢中になりすぎてしまうのも、考え方を変えてしまうという事を覚えておきましょう。

エクスタシーを感じるとどうなる?


ではそんなエクスタシーですが、エクスタシーを感じたその後というのはどの様な感覚になるのでしょうか?

例えば満足感なども挙げましたが、一番の事は辛いことを忘れられるというような感覚になるという事です。

言うのであればそれが快感になるので、それ以外のことを全て忘れられるというような事になります。

しかしながらこれは一時のみです。

ずっと忘れられるというような事は無いのではないかと思います。

他にも疲れが一気に取れることがあります。

エクスタシーを感じる際に疲れが一気に取れてしまい、身体が軽くなった気分になるというような事はまさにこの事を言うのです。

感じ方が違ってくるというような事もあるでしょう。

簡単に言うと喜怒哀楽の表現が強くなるというような傾向もあります。

感情的な行動を起こしやすくなるというような事です。

この様な傾向があるのが、このエクスタシーと呼ばれるものです。

ではどの様な感じ方をするのか更に詳しく見てみたいと思います。

辛いことを忘れられる


どんな人にも辛いことというのはありますよね。

辛い時にこの様な快感を味わったら辛いことなんて忘れるのではないかと思います。

その忘れることが一時であっても辛いことというのは常に脳裏にあるものですよね。

今までに辛かったことは何だったのだろうと思わせるくらいの快感というのは、その辛いことを忘れさせるくらいのものなのではないかと思います。

しかしながら先ほどから言っている通り、エクスタシーを感じるという事は常に辛いことがあったり、ストレスを抱えているという人に多い傾向があります。

言うのであれば、辛いからエクスタシーを感じることをするというような人も中にはいるという事です。

その1つが美味しい物を食べるという行為に繋がるのではないかと思います。

疲れが一気に取れる

疲れが一気に取れるという事もあるでしょう。

快感に感じるというのは身体が軽くなったような感覚になります。

なので疲れが一気に取れて気持ちが切り替わったりするというような事にもなるのです。

美味しい物を食べて疲れを取る、疲れている時にお風呂に入って疲れを取る。

この様なことは基本的に全て快感に思っているからこそできるようなものなので、疲れが一気に取れるという事は、今している事に満足をしてしまい、その一時を過ごしているからなのではないでしょうか?

現実か非現実かが分からなくなる

現実か非現実かが分からなくなるというような事もあるでしょう。

例えばですが、これは夢なのではないか?と感じるくらいに嬉しいことってありますよね。

好きな人に片思いをしていてその人から告白をされたという事や、夢が叶ったときというのはまさにこの様なエクスタシーを感じるのではないかと思います。

現実か非現実かが分からなくなるというような事は基本的にどの様なことでもそうですが、夢なのではないか?と考えてしまうからです。

エクスタシーに感じる際には、この様に思うという事は、夢が叶ったり、夢みたいな出来事があるからという事なのではないかと思います。

皆さんもこの様な経験はしたことがあるのではないでしょうか?

喜怒哀楽が強く表れる

喜怒哀楽が強く表れるというような事もあるのではないかと思います。

基本的には喜怒哀楽というのは、悲しい時には悲しいと感じ、楽しいというときには楽しいと感じる感情表現の1つですよね。

それが強く表れるというような事もあるのです。

言うのであれば、例えば美味しいと感じるような事があれば人は喜びを感じますよね。

普通であれば美味しいと笑顔になるのではないかと思います。

その喜びが更に強く表れるという事は、今までにないくらいの笑顔を見ることができるという事です。

例えば友達がその特定の時にだけ、凄い笑顔をするような事ってありませんか?

趣味について語っているときであったり、念願のライブに行った時など様々あるのではないかと思います。

喜怒哀楽が強く表れるというのはこの様に、人によっては見えないところでも、感じることが多く、そしてエクスタシーに感じる場合はそれ以上に強く表れるのです。

自分の感情を抑えられなくなる

言うのであれば自分の感情を抑えることができなくなることです。

嬉しすぎてつい顔がにやけるというような事があるのではないかと思いますが、それに近いと考えると良いかもしれません。

自分の感情というのは抑えれないことが多いと思いますが、嬉しいことなどはつい顔に出てしまったり行動に出てしまったりしますよね。

告白された日などは、家にかえってもずっとドキドキとしていたあの感覚という事です。

頭真っ白にもなりますよね。

どうしようと考えたりすることもあります。

でも嬉しすぎてたまらない!というようなそんな感情になるという事です。

エクスタシーを感じる8個のこと

では皆さんが実際にエクスタシーに感じる事というのはどの様な事がありますか?例えば感動的な音楽を聞くという事もそうでしょう。

実は断食で空腹を感じなくなった時なんていうのもエクスタシーに感じることの1つなのです。

また、嬉し泣きや感動の涙を流している時など様々あります。

エクスタシーというのは人によっては違うことでも感じることが多いですが、一般的に感じることはこの8個のことではないかと思います。

もちろん他にあるという人もいるかもしれません。

感じ方が違うというのも人の個性であり、自分を理解しないとエクスタシーというものはそもそも感じることができません。

何故なら自分のことを理解しなければ、何が嬉しいのか、そして何がストレスに感じてしまうのかなどが解らないからです。

ではどの様なことがあるのか詳しく見てみたいと思います。

感動的な音楽を聴くこと

感動的な音楽を聴くことでエクスタシーを感じる人は多いのではないかと思います。

例えばですが、感動的な音楽を聴くというのは基本的にコンサートであったりオーケストラなど生で聴くからこそ味わえることですよね。

感動的な音楽というのはその様な環境で聴くという事が重要であり、実際にCDなどで聴いていても感動を覚えるというような事はありません。

何故ならCDというのはどこでも聴けるものに対して、コンサートやオーケストラというのは生で聴くからこそ魅力を感じることができるからです。

生のプロの演奏であったり、オペラなどではその声を聞くだけでも鳥肌が立ちますよね。

鳥肌というのもいわゆるエクスタシーの一部です。

快感に感じることができるので、また聴きに行きたいというような事にもなるのです。

感動的な音楽を聴くというのはエクスタシーを感じることができる、簡単なものなので、実際に感じてみたいという人はオーケストラやコンサートなどに行って見てはどうでしょうか?何より感動的ですよ!

断食で空腹を感じなくなった時

実は断食で空腹を感じなくなった時にもこの様に感じることが多いです。

断食というのは基本的にその種類のものは一切食べないというような事を決めることです。

例えば肉類を食べないというような事になった時に、いつもは肉を食べないと満腹感などを感じなかった、どうしても肉が食べたかったというような感覚になると思いますが、その断食を続けていると、食べないでも何とかなるようになった!という達成感が出るようになります。

その時にエクスタシーに感じることができたという人が多いのではないかと思います。

断食というのは基本的にダイエットなどでも使われることが多いですよね。

なので女性などではこの様に感じる人は多いのではないかと思います。

疲れ切っている時に入るお風呂

疲れ切っている時に入るお風呂でもエクスタシーを感じることができます。

例えばですが夏の場合は特に汗でじめじめとしますよね。

そんな時にお風呂に入りたいと誰もが思うはずです。

ですが仕事が終わらなければ入ることができないとなると、とても辛いものを感じるのではないかと思います。

疲れ切っている時のお風呂というのはとても良いもので、身も心も洗われる感覚になるのではないかと思います。

特に身体的に疲れているという人にとっては凄い効果があり、お風呂に浸かるだけでも身体が軽くなり、まさにエクスタシーに感じることがあるのではないかと思います。

お風呂というのは温泉と同じく、身体には良いもので、特に疲れている時だからこそリフレッシュできるものですよね。

ゆったりとしている感覚を味わうことができるので、疲れきっている時のお風呂というのはエクスタシーを感じることができるのです。

大好きな食べ物をようやく食べた時

先ほどから説明していた大好きな食べ物をようやく食べた時はまさにエクスタシーを感じるのではないかと思います。

言うのであればこの様になるという人は多く、様々な人が幸福感を味わえるのではないかと思います。

幸福感というのはこれほどにない幸せな感覚というような意味もありますが、満足することができるというような意味もあります。

なので大好きな物をようやく食べた時というのはこれほどにない幸せを感じるのではないでしょうか?

また、この様に感じるという人はとても多く、一般的にエクスタシーを感じることができるものというのはこの大好きな物を食べた時なのではないかと思います。

よく顔がにやけてしまったり笑顔になる人も多いですよね。

まさにその時はエクスタシーを感じているという事になるのです。

嬉し泣きや感動の涙を流している時

嬉し泣きや感動の涙を流している時にも感じることが多いです。

例えば相手に同情をしている時であったりするような事はありませんか?

ドラマや映画で主人公などに感情移入をしてしまうような人に多いのがこの嬉し泣きや感動の涙を流している時なのではないかと思います。

基本的にはこの様なことをする人は、喜怒哀楽がとても強く、想像力が豊かな人に多いのが特徴的です。

この様に感じてしまうという人は、常に相手のことを考えられる人なのではないかとも思います。

人に頼りにされたり感謝される時

人に頼りにされたり感謝される時にも満足感というものがありますよね。

それが快感になるというような事もあるのです。

なので人に頼られたりするような行動をする人はよくこの様なことになるのではないかと思います。

大好きなペットと戯れている時

大好きなペットと戯れているときというのはとても楽しいし幸せに感じる時間なのではないでしょうか?

実はその時もエクスタシーを感じているのです。

言うのであればその事に関して無我夢中になるというような事はありませんか?可愛くてしょうがないペットと戯れているときというのは、とても楽しいと感じるのではないかと思います。

美しい大自然に包まれている時

この様な感覚もあるのではないかと思います。

美しい大自然に包まれているときというのは何もかもを忘れさせるような感覚にするのではないかと思うのです。

例えばですが、よく大自然や草原の中でつい寝転んでしまいたくなるというような環境になる人はいませんか?

この様な人というのは基本的にエクスタシーを感じているような人という事になるのです。

とても気持ち良さそうにも感じますよね。

エクスタシーを感じやすい人の特徴とは?

そんなエクスタシーを感じやすい人というのはどの様な人なのでしょうか?

これは簡単に言うと、エクスタシーを感じる前にどの様な人なのかを理解できている人という事になります。

例えば現実逃避をしたがる人だからこそ、忘れたい気持ちがあるというような感覚になり、エクスタシーを求めるというような人もいるのです。

他にも様々な特徴がありますが、基本的に多いのは感受性などが豊かな人であったり、想像力が豊かな人は多いのではないかと思います。

またストレスを多く溜め込んでしまっているという人もいるでしょう。

では他にはどの様な特徴があるのか詳しく見てみたいと思います。

感受性が豊か

感受性が豊かな人はこの様な傾向が強いです。

感受性というのは簡単に言うとどんな事に対しても敏感な人であったり、自分の気持ちに正直な人にこの様な傾向が強いのではないかと思います。

【感受性が豊かな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

想像力が豊か

想像力が豊かな人も実はエクスタシーを感じやすいです。

言うのであればこれは、想像をすることでこの様になるというような事を考えてしまうので、ついいろいろな事を考え始めます。

その際にその様な快感なども感じたいという強い思いからエクスタシーを感じるような事が多いのではないかと思うのです。

例えば物を食べるにしても、この様に食べる時は凄い美味しいのだろうな、というような事を考えるので、それが実現した際にはとても嬉しく食べるという事になり、エクスタシーを更に感じるのではないかと思います。

いわゆる満足感に近いような感覚ですね。

現実逃避したがる

また快感を求めてしまい、現実から逃げたくなるような人は多いのではないかと思います。

こえは夢だ、現実ではないというような考えをする人は、このエクスタシーを大きく感じる人が多いのではないかと思います。

現実逃避というのは簡単に言えば目の前のことから逃げ出したくなるような事ということです。

辛いことや悲しいことなどあると思いますが、そんな時にこのエクスタシーに感じるような事をすることで、少しでも忘れようとするような気持ちをする人が多いのです。

ストレスがたくさん溜まって疲れている

ストレスがたくさん溜まって疲れている人にも多い傾向があります。

言うのであれば、ストレスを溜めすぎてしまうとどうしてもそれを発散しようとしてしまい、自分の欲求を満足させようとします。

あれが欲しいということであったり、これが食べたい!と思う時にはそれを何としてでも食べてしまうというような気持ちにもさせるのです。

なので欲求を満たすという事でエクスタシーを感じるという人も多いのではないかと思います。

物事に依存しやすい

物事に依存しやすいという特徴があるでしょう。

言うのであれば、何かに縋っているという事や、自分の考えではなく他の人が正しいと考えてしまうような人に多い傾向なのではないかと思います。

自分に自信がない

自分に自信が無いという人もいるかもしれません。

この様な人というのは基本的に現実逃避をしてしまい、常にネガティブに考えてしまう傾向があります。

なので自分に自信が無いという人も、エクスタシーを感じたいと思い、欲求を満たしたりする人が多いのではないでしょうか?

芸術的センスの高い人

芸術的センスの高い人も実はエクスタシーを感じやすいです。

これはどういう事かと言うと、芸術駅センスの高い人がエクスタシーを感じる部分というのは、自分の作品に対してエクスタシーを感じるという事です。

いわゆるこの作品は自分の中でも完璧だというようなものがいくつもあるのではないかと思います。

その様な人というのは自分の作品にとてつもない満足感や快感を覚えるような人です。

芸術的センスの高い人にこのエクスタシーを感じる人が多いというのは、自分の作品に魅力を感じているからというのもあります。

他の人が見ても感じることが多いでしょうし、自分自身が見ても魅力に感じるという人が多いのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

エクスタシーに感じることというのはたくさんあり、誰でも経験をしたことあるものばかりです。

エクスタシーに感じることをしすぎて、自我を忘れないように注意をしましょう。