人には様々な感情があります。

喜び・悲しみ・怒り。

その感情の中で、自分の考えを決め行動して行くのです。

人によっては、喜びだけを感じる人生を望む事もあるでしょう。

確かに、喜びに溢れた人生は素晴らしい物です。

ですが、喜びだけを感じる人生は果たして幸せなのでしょうか。

人は、辛い事があってこそその後の幸せに気が付く事が出来ます。

その当時は辛くとも、後になって振り返ればすべてが自分の糧になって居ると言う事もあるでしょう。

その為にも、いろいろな感情を全て受け止め行動する必要があるのです。

あなたがもし、今悲しみや怒りと言った負の感情で心がいっぱいになっていたとしても

いつかその経験のおかげで感じる事が出来る幸せに出会う事が出来るでしょう。

その為、現状を嘆くのではなく自分の心を成長させる為の時間だと捉え投げやりになる事の無いように過ごしていきましょう。

泣きたいときは我慢せずに思いっきり泣きましょう

感情の中でも、特に強い物の中に『悲しみ』というものがあります。

悲しみを多く感じてしまうと、人の心は疲れ果て、病気になってしまう事もあるでしょう。

しかし、悲しみが無ければ人は強くなる事が出来ません。

自分の悲しみを感じる事が出来たからこそ、人に優しくする事が出来る場合もあるでしょう。

その為、決して無くても良い感情では無いのです。

悲しみの表現として『泣く』という行為があります。

感情が高ぶる事で、涙が目から溢れる行為はより悲しみを増長させる事もあるでしょう。

しかし、とても素直な感情表現の一つでもあるので産まれたばかりの赤ちゃんや幼い子供などはダイレクトにこの感情を表す事が出来ます。

しかし、大人になるとそれはどうしても難しくなってしまいます。

泣く事時代が恥ずかしい様に感じてしまい、人前ではなかなか泣く事が出来なくなってしまうのです。

泣く=悲しみと考えられる場合が多いため泣く事はマイナスなイメージに考えられる事が多々あります。

しかし、泣く事は悪い事ばかりではありません。

泣く事で心の整理をする事が出来る場合もあり、そのおかげでスッキリして前向きに考える事が出来る場合もあるのです。

人前で泣く事は難しいかもしれませんが、自宅であれば誰かに心配される事も無いでしょう。

そのため、周りを気にせず思い切り泣く事が出来ます。

心のモヤモヤが取れない時は一度思い切り泣いてみるのもイイかもしれませんね。

泣くことはいいこと

子供の頃は当たり前に出来て居た事が大人になると出来なくなってしまう事があります。

涙を流すという行為もその一つです。

人間は産まれた時に既に泣いています。

これは科学的に言うと、呼吸をする為に思い切り声を出しているのだそうです。

幼稚園に上がる頃まで、人は何度と泣く人前で泣いて行きます。

しかし、心が成長して行くにつれて、段々と『人前で泣くのは恥ずかしい事だ』と言う事を理解し、泣かなくなっていくのです。

しかし、涙は悲しい時だけに流す訳ではありません。

いわば、感情が高ぶった時に泣くのです。

幼い頃は、悲しくて泣くという行為が一番強かったかもしれませんが多くの事を考えられる様になると喜びや感動などでも涙が出るようになります。

こういった涙は、周りを心配させる物でも無いので皆が暖かな気持ちになる事が出来るので、とても良い涙と言えるでしょう。

涙=良くない事という考えを止め、感情の赴くままに涙を流してみてはいかがでしょうか。

大人にだって泣きたくなるような時はあるのです。

そんな時は思い切り泣いてしまいましょう。

すっきりする

幼い頃、いつまでも泣き止まないでいると『いつまで泣いているの!』と怒られた物です。

確かに、悲しみをグジュグジュ長引かせ、めそめそしている姿は、周りからみても苛立ちを覚えるかもしれません。

しかし、泣く事自体はさほど悪い事では無いのです。

泣くと言う事は、それだけ感情が高ぶった事の証でもあります。

力いっぱい涙を流す事で、悲しみや喜び・感動といった多くの感情を力いっぱい味わう事が出来ます。

そうする事で、心の整理が付きスッキリするのです。

自分の中で、感情の整理が上手く出来ないとモヤモヤとした気持ちが残ってしまいます。

そうすると、どうしてもスッキリとした気持ちになる事が出来ません。

反対に心の赴くままに思い切り涙を流す事が出来れば心がスッキリし、気持ちを切り替える事が出来るきっかけになるのです。

大人になろうとするあまり、自分の感情に蓋をしてしまう人がいます。

我慢のしすぎは何の意味もありません。

心が何も感じなくなってしまう恐れもあるのです。

そのため。

自分が感じた、嬉しい・楽しい・悲しいといった気持ちを大切にしていきましょう。

泣いたほうが切り替えが早い

時に人は、とてつもなく大きな壁にぶつかる事があるでしょう。

越えられない悲しみに、心が潰されてしまう時もあります。

あまりの現状にどうする事も出来ず、立ち止まってしまう事があります。

自分の気持ちに正直に、時間をかけて向き合っていく事はとても重要な事です。

しかし、一人ではなかなか心の整理が出来ない事もあるでしょう。

そんな時は、思いきり泣いてみてはいかがでしょうか。

悲しみがあまりにも大きいと、人は泣く事すら忘れてしまいます。

しかし、悲しみから涙が出ると言うのは、人間の中にある当たり前の感情です。

その為、その当たり前の機能を呼び起こして上げるのです。

悲しみで、泣く事を忘れてしまった人も、涙を流す事が出来ればその悲しみとしっかりと向き合う事が出来ます。

そのため、心の整理をする時間を作る事が出来るのです。

また、思い切り声を出して泣く事が出来ると心がスッキリとします。

一度心の整理をきちんとする事が出来れば気持ちの切り替えもスムーズに行う事が出来るでしょう。

過去の悲しみからなかなか抜け出せず、ずっと心のどこかに暗い気持ちがある方はこの機会に思い切って泣いてみてはいかがでしょうか。

そうする事で、長年心の中にあったモヤモヤを吐き出す事が出来るかもしれません。

ガマンしなくていいからせいせいする

大人になると、人はどうしても気持ちのままには生きる事が出来ません。

自分の感情を抑え、相手に合わせたり、社会のルールにしたがって生きる事が当たり前のようになっています。

その為、知らず知らずのうちに我慢する癖がついてしまっています。

その癖はとても厄介で、自分でも気が付かないうちに、我慢する必要が無い場所で我慢してしまっている可能性があるのです。

我慢を続けて居ると、心がその現状に慣れてしまい麻痺して来てしまいます。

悲しい・嬉しい・楽しいいろいろな感情が分からなくなってしまうのです。

そのため、正常な心の成長をする事が出来なくなってしまいます。

嬉しい時は嬉しい。

悲しい時は悲しい。

当たり前の事を当たり前の様に感じる事が出来る人になりたい物です。

そのため、自分の感情を我慢する事は止めましょう。

嬉しい時は笑い、悲しい時には涙すれば良いのです。

人前ではなかなか難しいかもしれませんが、家に帰れば誰にとがめられる訳でもありません。

自分の思うままに行動して行けば良いのです。

涙を素直に流す事が出来れば、我慢する必要が無いのでせいせいとした気持ちを味わう事が出来るでしょう。

そうする事で、心が元気になり前向きに行動する事が出来る様になるかもしれません。

今まで我慢を続けて来た方は、これを機に我慢を止め心に正直に過ごしてみてはいかがでしょうか。

泣いた後は笑顔になれる

泣くいう行為は、どうしてもマイナスなイメージを持たれがちです。

その為、多くの方が大人になるに連れて人前で泣く事が出来なくなっていきます。

しかし、泣く事は決して恥ずかしい事ではありません。

自分の感情に素直になる事が出来れば、心のストレスを軽減させる事が出来ます。

また、自分の中で、抱えきれない程の悲しみに襲われた時も涙を流す事で心の整理を付ける事が出来る事もあります。

力いっぱい涙を流す事で、心に溜まったモヤモヤを全て吐き出し、冷静になる事が出来るのです。

その為、涙を流す事無くグズグズとずっと現状を嘆いて居るのであれば

思い切り涙を流して前向きな気持ちに切り替えた方がよっぽど良い方法と言えるのです。

涙を流している最中は悲しみの絶頂かもしれません。

しかし、それを過ぎてしまえば、自然と心に栄養が戻り元気になる事が出来るかもしれません。

今まで涙を流しては行けないと感じて来た方も思い切って涙を流してみてはいかがでしょうか。

心がスッキリして前向きな気持ちになる事が出来るかもしれません。

【その他の泣くことのメリットについては、こちらの記事もチェック!】

泣きたいときはこれ!泣ける映画・アニメ

自分に起きた出来事によって、涙を流す事はとても悲しい事かもしれません。

しかし、全く関係の無いTVや映画などをみて涙を流す事は、実は心を元気にする為にとてもおすすめの方法なのです。

と言うのも、涙を流す事で人は日々のストレスを軽減させる事が出来ると言われています。

自分に起きた出来事で思い切り泣いても、すぐには元気になれないかもしれませんがメディアの世界で起こった事であればすぐに気持ちを切り替える事が出来ます。

その為、涙を流した際に得る事が出来るスッキリとした気持ちのみを手に入れる事が出来るのです。

ストレスの解消方法は人によって違います。

人と合う事でストレスを発散する事が出来る人も居れば、美味しい物を思い切り食べたり、買い物を楽しむ事でストレスを軽減する事が出来る人もいます。

それと同じように、泣く事でストレスを軽減させる事も出来るのです。

泣いてストレスを発散する事は、時間を気にする事無く一人で行う事が出来ます。

その為、どんなに不規則な生活の人でも自分の時間を見つけて簡単に行う事が出来るでしょう。

最近、仕事や私生活でストレスを感じて居る方は、思いきり涙を流してみてはいかがでしょうか。

心がスッキリし、予想以上の効果に癖になるかもしれません。

今回は、泣きたい時におすすめの映画やアニメをご紹介させて頂きます。

泣ける映画

映画は、実際にある街などが舞台になって居る場合が多々あります。

その為、よりその世界に入り込みやすいという利点があります。

自分が行った事の無い国でも、その風景を見る事が出来るので旅行気分で楽しむ事も出来るでしょう。

また、自分とは違う人種の文化などを学ぶ事も出来ます。

その為、映画の内容だけでは無く様々な事を学ぶ事が出来るツールとして利用する事が出来ます。

その為、邦画・洋画にこだわる事無く様々な作品に触れて見てはいかがでしょうか。

映画の中には、昔から語り継がれえいる人気の作品というものもあります。

人気の作品には、それだけの理由があります。

一つずつ見ていく事で、自分の中の教養を深めて行く事も出来るでしょう。

1.きみに読む物語

この作品は、1996年に人気恋愛小説家ニコラス・スパークスが出版した小説で、今でも高い人気を誇る作品です。

ストーリーは、身分違いの純愛を貫く若い恋人同士だった二人の、今と現在を繋いでいくお話です。

純愛で結ばれた鵜足でしたが、彼女が認知症によって過去を全て忘れてしまいました。

そんな彼女に、彼は自分たちの話を読んで聞かせるのです。

こんな恋愛を自分がする事が出来たら。

そんな思いにさせてくれる作品です。

2.ビューティー・インサイド

この作品は、起きる度に姿が変わってしまうという一風変わった設定のお話です。

心以外の性別・人種・年齢全てが変わってしまう主人公は、ある日一人の女性に恋をします。

彼女を振り向かせる為、理想の体になる日を待ちそこから3日間寝ずに彼女とのデートを重ねます。

しかし、ついに彼は電車で寝てしまい全く別の姿に。

人として大事なのは、心と見た目どちらなのか。

そんな本質を問いかけてくる作品です。

自分の恋愛に悩んだ時にこの作品を見ると、勇気が貰える。

そんな韓国ラブコメディーです。

3.タイタニック

こちらは、世界的に大ヒットとなった作品です。

これまでにも数多くの映画の題材となってきたタイタニック号の沈没ですが、

そこに身分違いの恋という設定を合わせる事で多くの人を魅了する作品となりました。

劇中に出てくる二人のポーズは、今でも真似をする方も多いのではないでしょうか。

たった数日とう短い時間の中で一生の愛を貫いた二人の姿を見る事が出来るでしょう。

彼女を助ける為に死んでしまった彼と、その彼の思い出と共に強く生きた彼女の姿をお楽しみください。

4.ゴースト ニューヨークの恋人

こちらは、古くから愛されている作品の一つです。

劇中の広範囲出てくるロクロを一緒に回すシーンは、映画を見たことが無い方でも知っている方も居るのでは無いでしょうか。

死んでしまった恋人が、愛する彼女の事を守ろうと奮闘する姿が描かれております。

最初は、彼の存在に気が付く事の無かった彼女ですが、霊媒師の言葉を借りるなどし何とかその真実を彼女に伝える事が出来たのです。

今では、死んだものが目の前に現れるちという設定はよくあるものになりました。

しかし、当時は画期的な設定であり多くの方が驚く内容となっておりました。

時間が経った今でも、その内容の素晴らしさを感じる事が出来るのでは無いでしょうか。

5.エターナル サンシャイン

ある日、恋人と喧嘩をした主人公が謝る為に彼女を迎えにいく。

すると、彼女は彼の事を忘れており、全く違う新しい彼氏を作って居たのだった。

彼女は何と、記憶を消す手術を受けていた。

それに気が付いた主人公は、自分も記憶を消す事にする。

その中で、自分の記憶と現実世界とが入り混じった世界が展開される事となる。

彼女の記憶を消されない様にと抵抗して行くものの、最後は全てを忘れてします。

お互いに全てを忘れてしまった二人だが、再び出会い愛し合っていく姿をみる事が出来る。

結局どんなに傷つき忘れたいと願っても本質的には忘れる事は出来ないのでは無いか。

そんな真意を説いた作品となっております。

主人公の二人を取り巻く様々な人々の姿も人間らしく、それらを通じても物語を楽しむ事が出来ます。

伏線の多い作品なので何度見ても楽しむ事が出来るでしょう。

6.グリーンマイル

ある日、刑務所で看守をしている主人公のもとに凶悪な殺人犯が収監されてきた。

しかし、その見た目とは裏腹に優しい心を持った彼に、違和感を覚える。

彼と接して行く中で、彼の中にある不思議な力の存在に気が付く。

彼は、人の病気を吸い取り治す事が出来るのである。

その後、彼の罪状は冤罪であった事が分かったが、証明する方法が無い。

看守達が脱獄を進める中、彼は自ら死を選ぶび電気椅子へと登っていく。

彼の死に関わった主人公は、彼に助けて貰った副作用もあり、その後家族の誰よりも長生きをする。

これは、神から与えられた試練だとし静かに余生を過ごす事となる。

清く美しい心を持った人と、それを取り巻く歪んだ感情の持ち主との差が描かれて居る作品です。

人間の醜さと美しさを感じる事が出来る作品です。

泣けるアニメ

『アニメ』と聞くと、子供向けアニメが主流だったころの年の方は少し馬鹿にしたような見方になります。

『アニメを見るなら本を読め』そんな風に言われた事がある方も少なく無いのでは無いでしょうか。

しかし、日本における漫画やアニメの文化は世界的にも評価されており、大変高いクオリティーの物が揃っています。

そのため、決して子供向けの物だけではなく大人も十分に楽しむ事が出来る作品が多く存在しています。

アニメにはアニメの良さが。

漫画には漫画の良さがあります。

今まであまりアニメの世界を見た事が無い方は、この機会にご覧になってみてはいかがでしょうか。

最近のアニメは、高い技術が集まっており大変美しい世界観を見る事が出来ます。

内容だけではなく、映像だけでも楽しむ事が出来るので大変おすすめな作品ばかりです。

7.一週間フレンズ。

最近実写映画にもなった人気の作品です。

主人公は、いつも教室で一人で居るある女性の事が気になり、友達になろうとします。

しかし、彼女はそれをかたくなに拒否、原因は『友人との記憶を1週間で忘れてしまう』というものでした。

しかし、周りの人々の差さえもあり彼女は少しづつ記憶を残して行ける様になります。

しかし、小学校の同級生が転校してきたことにより彼女の症状はもとに戻ってしまいます。

その彼と仲良くしていた事で、周りの女子から反発にあった事が、彼女が記憶を無くしてしまう原因でした。

原因が解明された事により、主人公と彼女との関係も少しづつ進展して行くのです。

真っすぐでひたむきな主人公の彼女を思う気持ちに心を打たれる方も多いのではないでしょうか。

様々な心の傷と向き合い、前を向いて成長して行く姿を見る事が出来ます。

8.TARI TARI

こちらは、高校の合唱を通して描く青春物語です。

ただ合唱をする訳では無く、何とバトミントン部都の合同部。

それぞれが自分の部の存続をかけて戦った結果、合唱部が勝ったものの、彼らの熱意に負け兼用の部となったのです。

5人の真っすぐでひたむきな姿を通じて、青春時代の姿を思い出す事が出来る人も多いのでは無いでしょうか。

自分自身が部活を全くしてこなかった方も、物語を通してその熱い思いを疑似体験する事が出来るかもしれませんね。

9.あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

この作品は、作品の舞台となった地域をファンの人が訪れたりする聖地巡礼という行為が話題となった、社会現象にもなった作品です。

物語は、仲の良かった6人組の仲間の死から始まります。

それぞれが彼女の死に、後悔や悲しみを抱き、自分の心の中に様々な思いを抱きます。

それがきっかけとなり、仲の良かった5人は全く別々の人生を歩んでいく事となります。

リーダー的存在だった主人公は、高校生になり引きこもりのような生活を送っています。

そんな彼のもとに死んだはずの彼女が現れます。

最初は幻覚として無視していた彼ですが、彼女の叶えて欲しい願いというものを叶えるべく、奮闘していく姿を見る事が出来ます。

友人の死という残酷な現実を通して、成長していく心の葛藤を感じる事が出来る作品です。

子供より、大人に人気の高い作品で、忘れてしまった純粋な心を感じる事が出来る作品となっております。

10.CLANNAD ~AFTER STORY~

こちらは、元々ゲームが元となっている作品です。

現実世界に生きる主人公や幼馴染みとの成長に絡めて、架空現実に生きている人々の話も出てきます。

その為、単なる成長物語では無い内容を楽しみながら見る事が出来るでしょう。

アニメ化するにあたり、ゲームを愛している方々からは不満も多く出た作品の一つです。

アニメでは伝わりにくいニュアンスもあるようなので、この作品を気に入った方はゲームも一緒にやってみてはいかがでしょうか。

11.ONE PIECE

世界的にも人気の高い作品で、日本でも爆発的な人気を誇っており様々な物とのコラボも行われています。

その為、名前だけでも知っている方は多いのでは無いでしょうか。

ストーリーは、海賊王という海賊の頂点を目指す少年の成長や仲間との友情を中心に描かれています。

登場人物の設定が作りこまれており、物語の中には伏線が多くあります。

その為、初めは単純な物語の様に感じますが、その作品の内容の深さに虜になる方が続出しています。

また、出てくるキャラクター設定もしっかりしており兄弟・家族などの繋がりもあります。

その為、ドンドン内容の濃さに驚かされる事間違い無しです。

特に主人公を初めとした、クルーのメンバーの強い絆には心を打たれます。

強大な的にも決して屈する事の無い強い信念が見る者の心を熱くします。

こんな風にまっすぐに生きれたらと思うものの、現実世界ではそれはなかなか難しいものがあります。

その為自分たちが出来ない理想とする姿をアニメのキャラクター達に重ねて見てしまうのです。

その為、子供たちは勿論様々なしがらみの中で生きている現役世代の男性にも高い人気のある作品です。

12.フランダースの犬

こちらの作品は、フランダースと言う町に住む貧しい少年のネロと愛犬パトラッシュの葛藤と悲劇を描いた作品です。

絵を愛し、絵の力を信じているネロの事を街に住む人々は冷たい仕打ちで過ごします。

たくましく生きていく姿を描いた作品ですが、最後には二人とも寒さや飢えに耐えかねて無くなってしまうという悲しい作品です。

このアニメを見たことが無い方も、最後のシーンであるノートルダム大聖堂出のシーンはなんとなく記憶にある方も居るのではないでしょうか。

自分の境遇を嘆き、人を恨む事無く真っすぐ生きた少年の美しさを見る事が出来ます。

泣くのは恥ずかしいことじゃない

どうしても、大人になると人前で涙を流す事が恥ずかしい事と考えられてしまいます。

確かに、自分の感情のみでオイオイ涙を流す人は、相手が驚いてしまうかもしれません。

それによって、人間関係が上手く行かなくなってしまう事だってあるでしょう。

しかし、自分の感情に蓋をする必要はありません。

家など、他人に迷惑をかけない場所であれば、どんなに泣いたって問題無いのです。

また、今回ご紹介させて頂いたような作品を通じて感受性を磨き涙する事は

心に栄養を与え溜まったモヤモヤをスッキリさせてくれるという効果があります。

その為、とても良い行為と言えるでしょう。

泣く事=恥ずかしい事 では無く、時と場合を考えれば全く問題の無い行為なのです。

むしろ、日々のストレスを効率的に解消して行く為にも是非行って欲しい人間らしい感情の一つでもあります。

泣いたり笑ったり。

自分の感情を思うままに表現する事は、とても素晴らしい事です。

子供に戻ったつもりで自分の気持ちに素直になって見ましょう。

最も人間らしい

人間には様々な感情があります。

その中でも、泣くという行為はとても人間らしい感情の現れとも言えます。

実際、この世界に居る多くの生き物の中でも『悲しみ』という感情があり、更に涙という物が流れる生き物はそう多くはありません。

その人間らしい感情を無くす必要はありません。

是非その素直な気持ちを大事にしてみてはいかがでしょうか。

とはいえ、大人になるとどうしても人前で泣く事が出来なくなってしまいます。

しかし、様々な作品に触れ涙する事は悲しみの涙とはまた違い、相手に心配をかけたり不快な思いにさせる事がありません。

そのため、その場だけの感情としてさらりと流す事が出来るでしょう。

なかなか普段涙を流す事が出来ない方も、作品を通して涙を流す事で心に溜まったモヤモヤをスッキリとさせる事が出来るかもしれません。

今まで泣く事を我慢していた方は、この機会にその思いを思い切りはきだして見てはいかがでしょうか。

泣く事は人間に与えられた特権です。

すっきりとした気持ちになり、より素晴らしい日々を過ごす事が出来る様になります。

感性が身につく

アニメや映画を見て泣く事が出来ると言う人は、それだけその物語の中の内容を理解し、登場人物達に感情移入をする事が出来て居ると言う事でもあります。

それはつまり、自分以外の相手の気持ちをしっかりと考える事が出来ていると言う事にも繋がります。

最近では、相手の気持ちを考える事が出来ず上手くコミュニケーションを取る事が出来ない方も増えて居ると言われています。

そんな中で、相手の気持ちを考える事が出来る能力を上げる事はとても重要な能力です。

相手の気持ちを考える事の出来る、感受性の高い人になる事が出来る人はそれだけ良い人間関係を築いて良く事が出来る人ともいえます。

人は一人では生きていく事が出来ません。

そのため、周りの人といかに友好な関係を築いて良く事が出来るかどうかは、あなたの人生にとってもとても重要なポイントと言えるでしょう。

多くの作品を見て自分の中にある感受性を磨く努力を続ける事をお勧めします。

泣ける人間になろう

いかがでしたでしょうか。

ご紹介させて頂いた作品は、どれも心温まる作品ばかりです。

悲しさだけでは泣く、そこには感動や喜びなど多くの心が詰まっています。

そのため、それらの作品に振れる事で心が元気になり、前向きに活動する事が出来る原動力になる事でしょう。

今少し、心に元気が無かったりストレスを感じて居る人はこの機会に思い切り涙を流してみてはいかがでしょうか。

そうする事で、心に重くのしかかった物を整理する事が出来、心を軽くする事が出来るのでは無いでしょうか。

普段なかなか思うように行かず、日々の感情を押し殺してしまっていいる方はこれを気に思い切り吐き出してみてはいかがでしょうか。

泣く事が出来るという事は、それだけ心が素直であると言えます。

自分の感情を大事にし、心の思うままに行動してみてはいかがでしょうか、泣く事は決して恥ずかしい事ではありません。

自分の気持ちを大事にし、素直に涙を流すことが出来る人になりましょう。

それが出来る様になれば、自分の心だけではなく相手の気持ちにも寄り添う事が出来る優しい人になる事が出来るでしょう。