人には様々な感情があります。

喜び・悲しみ・怒り。

その感情の中で、自分の考えを決め行動して行くのです。

人によっては、喜びだけを感じる人生を望む事もあるでしょう。

確かに、喜びに溢れた人生は素晴らしい物です。

ですが、喜びだけを感じる人生は果たして幸せなのでしょうか。

人は、辛い事があってこそその後の幸せに気が付く事が出来ます。

その当時は辛くとも、後になって振り返ればすべてが自分の糧になって居ると言う事もあるでしょう。

その為にも、いろいろな感情を全て受け止め行動する必要があるのです。

あなたがもし、今悲しみや怒りと言った負の感情で心がいっぱいになっていたとしても

いつかその経験のおかげで感じる事が出来る幸せに出会う事が出来るでしょう。

その為、現状を嘆くのではなく自分の心を成長させる為の時間だと捉え投げやりになる事の無いように過ごしていきましょう。

泣きたいときは我慢せずに思いっきり泣きましょう

感情の中でも、特に強い物の中に『悲しみ』というものがあります。

悲しみを多く感じてしまうと、人の心は疲れ果て、病気になってしまう事もあるでしょう。

しかし、悲しみが無ければ人は強くなる事が出来ません。

自分の悲しみを感じる事が出来たからこそ、人に優しくする事が出来る場合もあるでしょう。

その為、決して無くても良い感情では無いのです。

悲しみの表現として『泣く』という行為があります。

感情が高ぶる事で、涙が目から溢れる行為はより悲しみを増長させる事もあるでしょう。

しかし、とても素直な感情表現の一つでもあるので産まれたばかりの赤ちゃんや幼い子供などはダイレクトにこの感情を表す事が出来ます。

しかし、大人になるとそれはどうしても難しくなってしまいます。

泣く事時代が恥ずかしい様に感じてしまい、人前ではなかなか泣く事が出来なくなってしまうのです。

泣く=悲しみと考えられる場合が多いため泣く事はマイナスなイメージに考えられる事が多々あります。

しかし、泣く事は悪い事ばかりではありません。

泣く事で心の整理をする事が出来る場合もあり、そのおかげでスッキリして前向きに考える事が出来る場合もあるのです。

人前で泣く事は難しいかもしれませんが、自宅であれば誰かに心配される事も無いでしょう。

そのため、周りを気にせず思い切り泣く事が出来ます。

心のモヤモヤが取れない時は一度思い切り泣いてみるのもイイかもしれませんね。

泣くことはいいこと

子供の頃は当たり前に出来て居た事が大人になると出来なくなってしまう事があります。

涙を流すという行為もその一つです。

人間は産まれた時に既に泣いています。

これは科学的に言うと、呼吸をする為に思い切り声を出しているのだそうです。

幼稚園に上がる頃まで、人は何度と泣く人前で泣いて行きます。

しかし、心が成長して行くにつれて、段々と『人前で泣くのは恥ずかしい事だ』と言う事を理解し、泣かなくなっていくのです。

しかし、涙は悲しい時だけに流す訳ではありません。

いわば、感情が高ぶった時に泣くのです。

幼い頃は、悲しくて泣くという行為が一番強かったかもしれませんが多くの事を考えられる様になると喜びや感動などでも涙が出るようになります。

こういった涙は、周りを心配させる物でも無いので皆が暖かな気持ちになる事が出来るので、とても良い涙と言えるでしょう。

涙=良くない事という考えを止め、感情の赴くままに涙を流してみてはいかがでしょうか。

大人にだって泣きたくなるような時はあるのです。

そんな時は思い切り泣いてしまいましょう。

すっきりする

幼い頃、いつまでも泣き止まないでいると『いつまで泣いているの!』と怒られた物です。

確かに、悲しみをグジュグジュ長引かせ、めそめそしている姿は、周りからみても苛立ちを覚えるかもしれません。

しかし、泣く事自体はさほど悪い事では無いのです。

泣くと言う事は、それだけ感情が高ぶった事の証でもあります。

力いっぱい涙を流す事で、悲しみや喜び・感動といった多くの感情を力いっぱい味わう事が出来ます。

そうする事で、心の整理が付きスッキリするのです。

自分の中で、感情の整理が上手く出来ないとモヤモヤとした気持ちが残ってしまいます。

そうすると、どうしてもスッキリとした気持ちになる事が出来ません。

反対に心の赴くままに思い切り涙を流す事が出来れば心がスッキリし、気持ちを切り替える事が出来るきっかけになるのです。

大人になろうとするあまり、自分の感情に蓋をしてしまう人がいます。

我慢のしすぎは何の意味もありません。

心が何も感じなくなってしまう恐れもあるのです。

そのため。

自分が感じた、嬉しい・楽しい・悲しいといった気持ちを大切にしていきましょう。

泣いたほうが切り替えが早い

時に人は、とてつもなく大きな壁にぶつかる事があるでしょう。

越えられない悲しみに、心が潰されてしまう時もあります。

あまりの現状にどうする事も出来ず、立ち止まってしまう事があります。

自分の気持ちに正直に、時間をかけて向き合っていく事はとても重要な事です。

しかし、一人ではなかなか心の整理が出来ない事もあるでしょう。

そんな時は、思いきり泣いてみてはいかがでしょうか。

悲しみがあまりにも大きいと、人は泣く事すら忘れてしまいます。

しかし、悲しみから涙が出ると言うのは、人間の中にある当たり前の感情です。

その為、その当たり前の機能を呼び起こして上げるのです。

悲しみで、泣く事を忘れてしまった人も、涙を流す事が出来ればその悲しみとしっかりと向き合う事が出来ます。

そのため、心の整理をする時間を作る事が出来るのです。

また、思い切り声を出して泣く事が出来ると心がスッキリとします。

一度心の整理をきちんとする事が出来れば気持ちの切り替えもスムーズに行う事が出来るでしょう。

過去の悲しみからなかなか抜け出せず、ずっと心のどこかに暗い気持ちがある方はこの機会に思い切って泣いてみてはいかがでしょうか。

そうする事で、長年心の中にあったモヤモヤを吐き出す事が出来るかもしれません。

ガマンしなくていいからせいせいする

大人になると、人はどうしても気持ちのままには生きる事が出来ません。

自分の感情を抑え、相手に合わせたり、社会のルールにしたがって生きる事が当たり前のようになっています。

その為、知らず知らずのうちに我慢する癖がついてしまっています。

その癖はとても厄介で、自分でも気が付かないうちに、我慢する必要が無い場所で我慢してしまっている可能性があるのです。

我慢を続けて居ると、心がその現状に慣れてしまい麻痺して来てしまいます。

悲しい・嬉しい・楽しいいろいろな感情が分からなくなってしまうのです。

そのため、正常な心の成長をする事が出来なくなってしまいます。

嬉しい時は嬉しい。

悲しい時は悲しい。

当たり前の事を当たり前の様に感じる事が出来る人になりたい物です。

そのため、自分の感情を我慢する事は止めましょう。

嬉しい時は笑い、悲しい時には涙すれば良いのです。

人前ではなかなか難しいかもしれませんが、家に帰れば誰にとがめられる訳でもありません。

自分の思うままに行動して行けば良いのです。

涙を素直に流す事が出来れば、我慢する必要が無いのでせいせいとした気持ちを味わう事が出来るでしょう。

そうする事で、心が元気になり前向きに行動する事が出来る様になるかもしれません。

今まで我慢を続けて来た方は、これを機に我慢を止め心に正直に過ごしてみてはいかがでしょうか。

泣いた後は笑顔になれる

泣くいう行為は、どうしてもマイナスなイメージを持たれがちです。

その為、多くの方が大人になるに連れて人前で泣く事が出来なくなっていきます。

しかし、泣く事は決して恥ずかしい事ではありません。

自分の感情に素直になる事が出来れば、心のストレスを軽減させる事が出来ます。

また、自分の中で、抱えきれない程の悲しみに襲われた時も涙を流す事で心の整理を付ける事が出来る事もあります。

力いっぱい涙を流す事で、心に溜まったモヤモヤを全て吐き出し、冷静になる事が出来るのです。

その為、涙を流す事無くグズグズとずっと現状を嘆いて居るのであれば

思い切り涙を流して前向きな気持ちに切り替えた方がよっぽど良い方法と言えるのです。

涙を流している最中は悲しみの絶頂かもしれません。

しかし、それを過ぎてしまえば、自然と心に栄養が戻り元気になる事が出来るかもしれません。

今まで涙を流しては行けないと感じて来た方も思い切って涙を流してみてはいかがでしょうか。

心がスッキリして前向きな気持ちになる事が出来るかもしれません。

泣きたいときはこれ!泣ける映画・アニメ

自分に起きた出来事によって、涙を流す事はとても悲しい事かもしれません。

しかし、全く関係の無いTVや映画などをみて涙を流す事は、実は心を元気にする為にとてもおすすめの方法なのです。

と言うのも、涙を流す事で人は日々のストレスを軽減させる事が出来ると言われています。

自分に起きた出来事で思い切り泣いても、すぐには元気になれないかもしれませんがメディアの世界で起こった事であればすぐに気持ちを切り替える事が出来ます。

その為、涙を流した際に得る事が出来るスッキリとした気持ちのみを手に入れる事が出来るのです。

ストレスの解消方法は人によって違います。

人と合う事でストレスを発散する事が出来る人も居れば、美味しい物を思い切り食べたり、買い物を楽しむ事でストレスを軽減する事が出来る人もいます。

それと同じように、泣く事でストレスを軽減させる事も出来るのです。

泣いてストレスを発散する事は、時間を気にする事無く一人で行う事が出来ます。

その為、どんなに不規則な生活の人でも自分の時間を見つけて簡単に行う事が出来るでしょう。

最近、仕事や私生活でストレスを感じて居る方は、思いきり涙を流してみてはいかがでしょうか。

心がスッキリし、予想以上の効果に癖になるかもしれません。