ピン札を用意しましょう」「ピン札だときれいだよね」というような言葉を聞いて、「この人は何を言っているんだろう?」なんて思っているそこのあなた!

あなたは、“ピン札”がどのようなものなのかを知っていますか?

ある程度の社会経験をしてきた方や冠婚葬祭などのイベントにたくさん出会わしてきた機会が多い人ほど、「ピン札」というのがどのようなものなのかを把握できているのではないでしょうか。

そのようにピン札がどのようなものなのかを把握できている人もいれば、なかにはまったく「ピン札がどのようなものなのかわからない!」という方もおられるはずです。

しかし、この社会では「ピン札」が必要なシーンってたくさんあるんですよね。

その際に「ピン札って何かわからないけどそのままにしておいていいや!」なんて思ってしまっては、あなたの社会人としての評価がさがるだけになります。

それじゃあ困っちゃいますよね!

それにできれば、きちんとしたマナーや常識のある人になっていたいと誰もが思っているはずです。

ということで、ここでは「ピン札」について特集しています!

よく見聞きする「ピン札」とはどのようなものをさしているのか?

また、それはどのようなシーンで使われるべきものなのか?

はたまた「ピン札」というのは、どのようにしてGETすればいいのか…。

などなど誰もが気になる疑問についてお伝えしています!

ぜひこの記事を読んで、あなたの「ピン札」にまつわる知識を深めていって下さいね。

ピン札とは?

あなたは、「ピン札」がどのようなものなのか知っていますか?

冒頭でもお伝えしましたが、おそらく社会人としての経験が長い方やこれまでに冠婚葬祭に参加することが多かった人ほど、「ピン札」がどのようなものなのかをしっかり把握できていることでしょう。

「ピン札」というのは、ずばりピンとはっているお札のことをいいます。

なんともまぁそのままの意味じゃないか!と思われるかもしれませんが、そのようなピンと張っているお札に出くわしたことがない人はなかなか想像できないかもしれないですね。

では「新札」というのを想像してみてください。

「新札」というのは誕生したばかりの、まだまだ世間に出回っていないお札のことを指していますよね。

そのようなお札って折れ目もないし、それに汚れなんて言うのもついてていません。

「ピン札」というのも、そのような「新札」と同じように汚れもなく、それに折れ目のない”きれいな状態のお札”になります。

とはいっても、必ずしも新札ということではないので新札とは全く別のものになります。

お金だって長い間きれいに使おうと思えば、雨にもぬれさせませんし、それに汚い手で触ることなんてまずないですよね。

そうすると、何年たっても―診察とは言えないくらいの月日がたったとしても―きれいな状態を保つことができるようになるんです。

そのようなお金も「ピン札」のままになっているはずです。

まとめますと、「ピン札」というのは、この文字通り「ピンと張っているお金」のことをさしていることになります。

ピン札が必要な場面

これまでに「ピン札」というのがどのようなものなのかについてお伝えしてきましたね!

それがどのようなことを指しているのかを理解することができたでしょうか?

理解することができてもお金なんて折りたたむのが当たり目だし、いつの日か汚れていくものではないか・・・なんて思われることでしょう。

しかし、この世の中には“ピン札が必要な場面”というのがあるといわれています。

それがどのようなシーンなのかあなたは知ってますか?

もう何度も繰り返していますが、社会経験の多い方や冠婚葬祭に出くわした機会が多い方ほど、ピン札をどのようなシーンで使うかをしっかり把握できているものです。

では、いったい「ピン札」というのはどのようなシーンで使われるべきお金なのでしょうか?早速見ていきましょう。

結婚式


「ピン札」というのは、見た目からしてとてもきれいですよね。

そのため、結婚式などのお祝いごとの際に使われることになります。

結婚式に参加する際には、必ず受付の際に「お祝い金」というのを渡しますよね。

そのなかに入れておくのは折れ目や汚れのないピン札でなければなりません。

それに、そのようなご祝儀袋を販売している会社の注意書きにも「必ずピン札を用意しましょう」なんて記載されているはずです!

それは、なぜだと思いますか?

結婚というのは、新しい人生の門出ですよね。

人生において新しいことをスタートさせるときに、折れ目があったり、多少でも汚れているようなお金があったりするとまるで「あなたたちの結婚は汚らしいものだ」と言っているように感じるものです。

しかし、きれいで折れ目のない、そして汚れのないお金を受け取ることができれば、なんだか自分たちは本当に新しいスタートを切れたような気持になることができますよね。

つまり、だからこそ結婚式のお祝い金にはピン札を使うべきなんですね。

なかには、そのことを知らずに折れ目があったり、汚れがついているお金を入れてしまう人がいます。

「ばれないだろう」なんて思われるかもしれませんが、ほとんどの方―ほぼ全員―がピン札をいれているものですから、すぐにわかります。

というか、目立ちます。

そして「この人は一般的な常識がない人なのだな」と思われるようになってしまうんです。

お年玉


あなたは、子供のころにお年玉をもらったことがあるのではありませんか?お年玉にもピン札を使うべきだといわれています。

とはいっても、お年玉を入れるポチ袋によってはとても小さいサイズなのでお札を折っていれるのが当たり前になっていますよね。

しかし、それでもピン札ということは伝わるんですよね。

汚れていたり、もともと折れ目のついているお札というのは、どんなにきれいにのばしても、きれいにいれようとしても「汚い」ように感じるものだからです。

子供ながらに「ああ、この人は汚いお金を入れてきた」なんて思っていることもあるようですよ。

あなたも子どものころにお年玉をあけていたとき、「なんだかこのお札は汚い」なんて感じたことがあるのではないでしょうか?

お年玉というのは、そもそも“年のはじめ”に渡すものであり、その年を楽しく過ごしなさいよ、楽しみなさいよという意味合いで渡すものになります。

そこに汚くて折れ目のもともとついているお金を渡すことになったら、人はなんだかその1年を暗い気持ちのままに過ごすことになってしまうような気持になるかもしれないですよね。

お金ってエネルギーの交換でもありますから、お年玉でも―たとえ相手が子供であっても―ピン札をいれるべきなんですね!

出産祝い

お祝い事の際には「ピン札」を渡すのがあたりまえとのことでした。

とはいっても、ほかにどのようなお祝い事があるのか想像できない方もおられることでしょう。

ずばり「出産祝い」もお祝いごとに入りますよね。

この地球に生命を受けて、それも何事もなく誕生することができるのですからとてもめでたいことです。

それにこれから、その子供は誰も体験したことのないその子供だけの人生を歩むことになります。

それってとても素晴らしいことですよね!

そしてその生命を受け取ることになった家族もまた、うれしい気持ちでいっぱいになっていることでしょう。

そのような”新しい門出”をお祝いするためにも、お祝い金を渡すことになっている方はおられるのではないでしょうか。

金額などはその関係性にもよりますが、どんなに少ない金額であっても出産祝いでも「ピン札」を使うのが当たり前だといわれています。

ぜひ、その出産祝いを渡す際にも「ピン札」をいれるようにしましょうね!

これもまた、結婚祝いのお金を入れる封筒の注意書きに書かれているように、同じく「ピン札をいれるようにしましょう」なんて記載されていますから、そちらも必ずチェックしておくようにしましょう。

入学祝い

お祝いといえば、子供の出産の次にやってくるのが子供の“入学”になります。

人によっては“入園祝い”なんていうのをあげることになっている、という人もいるかもしれないですよね。

そのような場合でも、やはり人ひとりの人生の門出には間違いありませんし、それに新しい門出を祝うに越したことはありません。

つまり、お祝い事なのですから「ピン札」を入れることになります。

入学祝いといえども、親御さんが受け取る子供がまだ幼いパターンもあれば、もう子供は大人への過渡期を渡っている最中の大学や高校のお祝い金なんていうのもあるでしょう。

相手が大人であれば必ずピン札かどうかをチェックしていることもありますので、おかしな風に見られないためにも必ずピン札を用意するようにしたいですね!

お世話になった人へのお礼金

これまでにお伝えしてきたのは「お祝いする場面」でピン札を使用するとのことでした。

しかし、それ以外にも何かのお礼を伝える際にお金を手渡すこともありますよね。

そのようなときにも「ピン札」を使うようにしましょう。

「ピン札」には明るい気持ちを込めることができますから、お世話になった人へのお礼金としても活用することができるんですね。

お祝い金をもらう側としてはどんな形態のお金であってもうれしいものですが、やはりそれがピン札で歩かないかによっては、さらに受け取る気持ちまでも変わってくると思いませんか?

あなただって、もらうお金がピンとしていればしているほどになんだか気持ちをアゲることができるのではないでしょうか。

ピン札にはそのように“心理コントロール”までもすることができるということなんですよね!

新札とピン札の違い

あなたはどんなシーンで「ピン札」を使うべきなのかを把握することができたでしょうか。

すでにそのようなシンーンはしっているけれども「ピン札が新札とどのように違うのかを知りたい!」と思っている方もおられるかもしれないですね。

これについては、先ほどもお伝えしましたがおさらいを含めてさらに深く解説していきましょう。

「新札」というのは、その言葉の通りでまったくもって新しいお札のことを指しています。

お札は、中央銀行で発行されていますよね。

そこで誕生したばかりのお札のことをいい、あまり人に出回っていないものを指しています。

当然とてもきれいな状態なお札になります。

しかし、「ピン札」というのは、状態はきれいなものの誕生してからはかなりの月日が経っている場合もあるお札のことを指しています。

さきほどもお伝えしましたが「ピン札」というのは”ピン”とはっている、汚れがなくきれいで、そして折れ目のついていないお札のことを指しています。

でも、新札ほどまでに新しいということではないんですよね。

どんなものでも大切に扱えばまるで新品のように見えるように、お札も同じく大切に扱うことができれば、まるで新札のようなピンと張った状態を維持することができます。

新しいかどうかという点で違いがみられるんですね。

また、「ピン札」ではない少し汚れている、折れ目のあるお札をピン札にすることもできます。

そのやり方についてはのちほどご紹介していますので、今すぐにピン札がほしいけれどもどのようにして手に入れるかわからない方はそちらも必ずチェックしてみてくださいね。

ピン札を使ってはいけない場面

これまでに「ピン札」というのはどのようなシーンで使うのが好ましいのかについてお伝えしてきました。

そのシーンを想像することができたかと思いますが、なかには”ピン札を使ってはいけないシーン”というのもあるんです!

手元にピン札しかないからこれを使うしかない…という場合でも、以下のシーンでは必ず”ピン札を使わない”ようにしてください。

もしもそのようなシーンにおいてピン札を使ってしまいますと、これまた常識のない人と思われてしまうので注意が必要になります。

さきほどは「お祝い事」などの良いことがあったときには「ぴん札」を用意するべきだとお伝えしましたよね。

それを踏まえれば「ピン札を使ってはいけないのはどのようなシーンなのか」ということまでも理解できるようになるはずです。

早速見ていきましょう。

お通夜

誰かがなくなるというのは、とても残念なことですよね。

宗教によっては死んだことによって現代の苦しみから解放されたのだからよいことであるなんて思っている方もいるかもしれませんが、一般的なお通夜ではピン札を使ってはいけません。

あまりにも汚れているようなお金も好ましくありませんが、そこにはお祝いの気持ちや喜ばしい気持ちを込めることはできませんから必ず折れ目がついていたり、少し汚れているようなお金を用いるようにしましょう。

間違ってピン札を入れてしまうと、縁起でもないことになりますから気を付けてください。

葬式

お通夜の次に告別式などの葬式でもピン札を使ってはいけません。

ひとつ前の項目でもお伝えしましたが、人がなくなるのは基本的に“よろしくないこと”“残念なこと”ですよね。

だからこそ、生前にその人たちにかかわってきた人たちがその気持ちを伝えるためにお葬式に参加するわけです。

なかには感謝の気持ちを伝えることもありますが、葬式というシーンでは必ず汚れているお金を用いるようにしましょう。

これまた、お通夜と同じく常識のない人と思われてしまうので注意が必要になります。

覚えておくと便利!ピン札の入手方法7個

あなたは、これまでにピン札を使っていいところ、使うべきところ、使ってはいけないところを学んできました。

もうすでに「ピン札についてはばっちりだわ!」なんて思われているかもしれないですよね。

しかし、冠婚葬祭などでピン札が必要になるシーンというのは突然やってくるものです。

あなたもそうなのではないでしょうか?

あらかじめ結婚式があることが分かっていたとしても、そのピン札をどのようにして手に入れればいいのかわからない方もおられることでしょう。

そのような方のために、ここではピン札を手に入れる方法をなんと7個もご紹介しています!

この7個を知っておけば、必要な時に必ずピン札を手元に用意することができるようになります。

これまでは金融機関にいって両替してもらっていた方も、もうそのようなめんどうなことをしなくても家にあるものでピン札を手に入れることができることが分かって驚くはずですよ!

では、いったいどのようにしてピン札を入手していけばいいというのでしょうか?早速その方法についてみていきましょう。

1:銀行で両替してもらう

今まさにお伝えしましたが、銀行でお札をピン札に両替してもらうことも可能です。

銀行というのはお金が集まる場所ですから、ピン札だけではなく新札までもそろっているんですね。

そのため、どの方法よりも確実に手に入れることができることになります。

また、あなたがその銀行の口座をもっていなくてもピン札に交換することができますから、急いでいるときには近くにある金融機関に足を運んでみるといいでしょう。

その際に「どうして両替するのか」という理由を聞かれることがありますが、冠婚葬祭のためと答えるだけで大丈夫なので何も心配することはありません。

2:郵便局で両替

銀行のほかにお金を扱ってくれている場所といえば「郵便局」ですよね。

郵便局でも口座を作ることができますし、人によっては投資信託などを行っている方もおられるのではないでしょうか。

そのようなサービスも行っているため、郵便局でもお金を両替することができるんですよね!

銀行と同じく、どのような理由で両替をするのか聞かれることがありますから、必ずそれには正しい理由を伝えるようにしましょう。

これは犯罪防止のために聞いているだけであり、あなたのことを疑っているということではないということをご了承くださいね。

また、店舗によっては両替を受け付けていないこともあるので、無駄足にならないようにあらかじめ電話にて両替を行っているかどうかをきいておくといいでしょう。

3:スーパー・コンビニ

もっと身近にピン札を手に入れたい!と思っているのであれば、お近くのスーパーやコンビニでやってみましょう。

とはいえ、お店によっては両替自体を禁止している店舗もありますからその際には「なんで両替できないんだよ!」なんて怒鳴らないように気を付けてくださいね。

もともとスーパーやコンビニというのは金銭の授受をする場所ではなく、モノを販売する場所です。

つまりお金を両替することを好ましく思っていない人たちもいるんです。

ですから、こちらも郵便局と同じくあらかじめ電話などで両替を行っているのかどうなのかを確認してみるといいでしょう。

ちなみに筆者が以前アルバイトをしていたセブンイ○ブンやファ○リーマートというのは、両替をするのを一切禁止していましたが、ガチャガチャをおいているスーパーでは小銭のみの両替は受け付けていましたよ。

4:会社の経理に相談して交換

もしもあなたが会社に勤めているのでしたら、その会社の経理さんに相談するのも良いかも知れません。

というのも、経理さんというのはお金を管理している人達ですから、ずばり金庫を管理していることになります。

すると気前のよい人であれば、ピン札に両替してくれることもあるんですよね。

とはいっても、必ず理由を聞かれますから嘘をつかずに正しい理由、そしてどうしてもお願いしたい旨を伝えるようにしましょう。

それだけですぐにピン札を手に入れることができるかもしれません。

これまでにお伝えしてきた銀行・郵便局・スーパー・コンビニなどに足を運ぶよりかはもっとすぐに解決できることでしょう。

5:結婚式場やホテルに足を運ぶ

あなたは、結婚式場やホテルに足を運んだことはありますか?

そのような場所って基本的に高級なサービスを提供していることがおおく、おつりに渡すためのお札までにこだわっているところが多いです。

つまり、お釣りとしてピン札を手に入れることができるかもしれません。

とはいっても、千円札、五千円札などになってしまいますから、万札のピン札がほしい方にはあまり向いていません。

それにホテルといってもあまり高級ではないところにいってもそのようなサービスを行っていないこともあるので、ホテルなどでピン札をGETしようと思っているのであれば、それなりに名の知れている場所にすることをお勧めします。

それこそお金の無駄遣いになってしまいますよね。

6:銀行の両替機にて

あなたは、銀行に行ったら窓口の担当の人と会話をしなくてはいけないのではないか?なんて思っていませんか。

たしかにそのように感じているかもしれませんし、そうなってしまうこともあります。

しかし、銀行によっては両替機が設置してあることもあるんです。

そこの両替機を使えば無人で、好きな時に好きなだけお金を両替することができるようになります。

ぜひ銀行の両替機を使ってみてくださいね。

小さな銀行よりかは敷地面積も広い銀行に行くとおいてありますし、ホームページに両替機の有無が記されていることもあるのでそちらも参考になさってください!

7:友人や恋人に尋ねる

どうしても銀行や郵便局には頼りたくない!

もっと手っ取り早くピン札を手に入れたい!

と思っているのであれば、友達や恋人にお願いをしてみましょう。

確実にピン札を持っているとも限りませんが、もしかしあらタイミングよくお財布に入っている、家に確保しているなんて言うこともあるかもしれないですよね。

その際には、両替してもらえるようにおねがいしましょう。

また、人によってはこれからご紹介するようなピン札にする方法を知っていて、わかりやすくあなたに教えてくれたり、代わりにピン札にしてくれるなんていうこともあるかもしれません。

その際には必ずお礼を伝えるようにしましょうね。

ピン札を自力で作る方法

これまでにどのようにすればピン札を手に入れることができるのか、その方法についてお伝えしてきました。

その方法を理解することはできたでしょうか?

人によっては、「もっと手っ取り早くやりたい」とか「できれば自分でこの手元にあるお札をピン札にすることができればいいのになぁ」なんて感じている人もいるのではありませんか?

ずばり、それって出来ちゃうんです。

それもお金もかけることなく、人に会うこともなく、あなたがピン札がほしいと思ったときに作り出すことができちゃうんです。

でも、そんなこと絶対にできるわけがない!無理だと感じている方もおられることでしょう。

そのような方のために、ここでは自力でピン札を作る方法をご紹介しています。

ぜひこの方法を用いて、あなたも自ら自分の手でピン札を作り出してみてはいかがでしょうか?

すると、お金に対する愛着もさらにわいてくるかもしれないですよ!

アイロンをかける

あなたの家にはアイロンはありますか?そのアイロンでピン札にすることができます!

とはいっても、お札に直接にアイロンをあてるようなことは絶対にしないようにしましょう。

まずは、薄手のハンカチなどを用意します。

アイロン台の上にピン札にしたいお札を置き、その上にハンカチを重ねます。

そうしたら、低温設定であったまったアイロンをするだけなんです!

とはいっても、あまりにも長い時間、お札にアイロンをあててしまいますとお札が焦げてしまうこともあるのでそこだけは気を付けてくださいね。

少しずつ様子を見ながら、きれいになっているか?

どこのしわ伸ばしが足りないか?

などに注目しながらアイロンをかけると、さらにきれいなピン札を作り出すことができます!

この際にお財布に入っているすべてのお札をピン札にすることができれば、あなたの気分もあがるかもしれません。

火傷しないように気をつける

これまでにアイロンをしたことがある方であれば問題ないかもしれませんが、人によってはアイロンがはじめてで初めて行うという人もいるかもしれないですよね。

そのような方は、やけどだけには気を付けましょう!

アイロンってどうしてもどれくらい熱いか想像することができません。

それにアイロンを置いていたことを忘れてしまって、間違って蹴っ飛ばしてしまったり、なかには触ってしまうような人も…。

アイロンが冷めるまでにもかなりの時間を必要とすることがありますから必ず時間がたってから片付けるようにしましょう。

せっかくピン札を作り出すことができてもそのピン札を使う手がやけどしてしまっては、なんだか見苦しいですよね。

ピン札が出てくる可能性が高い金融機関

あなたはピン札にしてみる努力をしてみましたか?

なかには、アイロンを持っていないからやはり外部の機関に身をゆだねなくてはいけないことが判明した方もおられることでしょう。

そのような方は、ぜひともこれからご紹介している「ピン札が出てくる可能性が高い金融機関」というのをチェックしてみてください。

不思議なことに金融機関によって、ピン札が出てきやすいところとまったくそのような傾向のないところがあるんですよね。

つまり、ピン札が出やすい金融機関でお金をおろすことができれば、あなたはピン札をいとも簡単に手に入れることができるかもしれないんです!

ということで、それはどのよな金融機関なのでしょうか?早速みておきましょう。

ゆうちょ

さきほど郵便局で両替を行うことができる、とお伝えしましたがもしもゆうちょ銀行を持っているというのであれば、ゆうちょでお金を引き出してみてください。

もしも口座をお持ちでない方でも即日で作ることができるので、ぜひ作ってみてくださいね。

かなりの確率でピン札を手に入れることができます。

みずほ銀行

大手銀行の中のみずほ銀行もピン札がとても出てきやすいです。

とはいっても田舎にあるような店舗よりかは、都会の真ん中に位置しているような店舗を狙うようにしてください。

窓口でもそうですし、ATM機械でも必ずのようにピン札が出てきます。

三菱東京UFJ銀行

大手銀行では、みずほ銀このほかに三菱東京UFJ銀行でもピン札が出てきやすいことになっています。

そのため、身近に三菱東京UFJ銀行がある方はそちらでお金をおろしてみるといいでしょう。

ピン札の保管方法

ピン札が特に必要のない時に手元にやってくることがありますよね。

そのようなときには、どのようにして保存しておけばいいのでしょうか?その保存方法を見ておきましょう。

長いものにいれておく

ずばり”長いもの”に入れておくということになります。

別の財布や封筒などに入れておくだけでも、折り曲げてしまったり、汚してしまう可能性が低くなりますよね。

その場所もしっかり管理しておくようにしましょう。

間違っても銀行口座などに入れないように気を付けてください。

まとめ

今回は「ピン札」にまつわるあらゆる疑問にお答えしながら、ピン札について特集してきました。

いかがでしたか?

今まさにピン札に持っている疑問を解決することができたのではないでしょうか。

両替するだけではなく、自分でピン札を作ることができれば、もっとお金を大切にすることができるはずです。

ピン札を使う場所を間違えないように気を付けていきましょう。