大好きな彼氏がいることはとても素晴らしいことだと思います。

大好きな人がいるだけで自分自身の安心と自信に繋がります。

しかし、限度を超えてしまうとそれは「依存」に変わってしまいます。

依存してしまうと、彼氏がいることで自分に自信があるのではなく、

自分に自信がないからこそ彼氏がいないと何もできなくなってしまったりするのです。

「依存」は自分をもかえてしまうのです。

真の自分になるために「依存」をやめるにはどうしたらいいのでしょうか。

今回はそんな彼氏への「依存」について調べてみました。

彼氏に依存しきってツラい、やめたい


皆さんは「依存」した経験がありますか?

今の彼氏と出会うまでは一人で暮らしてなんでも自分で決めて生活してきたのに、今は彼氏がいないと不安で仕方がなくなってしまったり、

仕事も人間関係も何もかも、彼に聞いてみないと決めることができなくなってしまって、自分自身がなくなってしまってつらいなんて思っている人は意外に少なくないのです。

これは彼氏への「依存」に悩んでいるのです。

「依存」は自分を見失ってしまいます。

「依存」状態に陥ってしまうと、今まで自分で決めてきていたことも、

自分で決めなくてはいけないことも「依存」している彼氏がいないと何もきめられなくなってしまうのです。

そして、彼氏がいないと何も手がつかなくなってしまったり、不安になって重くなってしまいます。

「依存」をやめて真の自分になる為にはどうしたらいいのでしょうか。

【診断】彼氏依存行為チェック

自分は彼氏に「依存」なんてしていないから大丈夫と思っていても実は軽く「依存」しはじめてしまっていたり、

自分が気づいていないだけでかなりの「依存」をしているなんて場合も以外に少なくないのです。

彼氏依存行為をしていないか一度チェックしてみましょう♪

あなたは依存していますか?していませんか?

メールで常に状況確認

一緒にいない時間や会わない日など、どれくらいメールをしていますか?メールの内容はどんなものでしょうか。

たわいもない会話をお互いにしているなら問題はありません。

ですが、相手の状況をこまめに聞いていたり、自分の状況をこまめに伝えていると「依存」しているまたはしはじめてる可能性があります。

自分と一緒にいない時相手が何をしているのか不安になってしまうことから相手の状況が常に気になってしまうそうなんです。

やたらベタベタと触りまくる

大好きな彼氏に触れていたいと思うことは誰しも普通にあることですが、

常にベタベタと触れている、触れてないと不安になったりする場合は要注意なんだそうです。

彼氏に触れていないと精神状態が保てないとなると「依存度」は結構なものでしょう。

相手が「ベタベタしすぎ」と少し嫌がっていてもやめられない場合もあり、関係を悪化させてしまう原因にもつながってしまいます。

彼氏に自分のことばかり話す

彼氏に自分のことばかり話すのは要注意です。

自分の話ばかりする人は自慢にも聞こえ、さぞかし自分に自信があるのだろうと思いがちですが、

それは実は勘違いで自分に自信がなく、不安だからこそ自分の話ばかりしてしまうそうです。

そして褒めてあげればあげるほどその褒めてくれた人に「依存」してしまう傾向にあるそうなんです。

自分の存在を認められたいという気持ちが大きくなっているのだそうです。

彼氏が他の女性と話してるだけでも怒る

自分以外の他の女性と彼氏が話している事は通常、そこまで過剰に反応することはないでしょう。

ただ、「依存」している人は、彼氏が他の女性と話しているだけでいら立って怒りが隠せません。

もしかしたら浮気に発展するんではないか、もしかしたら相手の女性は彼氏を狙っているかもしれないと

よからぬことまで不安になってしまうからこそこういう態度をしてしまう傾向にあるそうなんです。

彼氏以外に人間関係がない

通常、友達や仕事場の同僚など人間関係があります。

しかし、彼氏に「依存」している人は、彼氏意外に人間関係がないという場合が多くみられます。

それは、彼氏に「依存」していることで今まであった人間関係もこわしてしまうのです。

彼氏に依存しすぎてしまうがゆえ、他の人との人間関係を保てないもしくは、

全て彼氏に聞いて彼氏の言う通りにして過ごしてきてしまっていることがあるからなんだそうです。

そうしているうちに自分から周りの友人などへの関係性もうすくなりますし、友人達もまた離れていってしまうからなのでしょう。

彼氏に依存してしまう人の特徴

さて、依存チェックにあてはまるものはあったでしょうか。

一つでもあてはまることがあるのならもしかしたら「依存」の可能性もあるかもしれません。

また、全てあてはまる方は気づかぬうちに彼氏に「依存」してしまっているのかもしれません。

この彼氏に「依存」してしまう人というのは、実はいくつかの特徴がある人が多いそうなんです。

この特徴があるからこそ、「依存」しやすい環境下にいるのかもしれません。

それはどんな特徴なのでしょうか。

過去に辛い経験がある

極度に「依存」してしまっている人にとても多いのが、過去になんらかの辛い経験がある人です。

・彼氏に好きな人ができて振られてしまった。

・彼氏からDVをうけていた。

・彼氏に浮気をされていた。

・彼氏からひどい言葉を浴びせられ続けた。

など、昔の恋愛で深く傷ついた人は、この人もいなくなってしまうかもしれないと不安にかられて「依存」してしまったり、

昔の彼氏と違って自分を傷つけたりしない自分を大切にしてくれる人なんだと「依存」に走ってしまう場合がとても多いそうなんです。

また、恋愛以外の過去のつらい経験から「依存」してしまう人もいるようです。

・子どもの頃に親から十分な愛情をもらえていなかった、愛情を感じなかった。

・親から暴力をうけていた。

・否定される言葉ばかりを聞かされてきた。

など、家庭内において幼少期から親との関係性において「依存」に陥ってしまうケースもあるようなんです。

子どもの頃に十分な愛情をもらえずに過ごすと、必要以上に愛情に飢えた大人になってしまい、彼氏からの愛情に敏感に反応しすぎてしまうのだそうです。

極端なまでに自信がない

自分に自信が極端にない人は、誰かに頼っていたいと思うので彼氏に頼り、頼りすぎた結果「依存」に変わってしまいます。

自分に自信があるかないかはとても大きなことです。

自分に自信がなければ、何をするにも不安がつきまとい、決断することができずに前に進む事もできません。

その自信のなさを、彼氏に「依存」することで、全て彼氏が決めてくれるからと相手を信頼しすぎて頼りすぎて自分の全てを彼氏にゆだねてしまう傾向にあるそうなんです。

人付き合いが下手

人間だれしも他の人との触れ合いがあるからこそ、色々な事を学びますし自分の自信や行動にも繋がります。

しかし、人付き合いが苦手な人も中にはいます。

人付き合いが極端に下手な人は、人と触れ合う機会が極端に少ないので一人でいることがとても多いのです。

その為、誰かに認められることもなく、注意されたりすることもないので、自分の殻に閉じこもりがちになってしまうことがおおいのです。

しかし、女性は特に誰かに自分を認められたいという感情があります。

そして、誰かに認められることで価値を見出す傾向にあるため、自分を認めてまもってくれる彼氏に「依存」してしまうのです。

友達がいない

彼氏に「依存」してしまう人の多くは友達がいないということがあるそうなんです。

友達がいるということはかなり大事なことなのです。

人は何をしていても多少のストレスや不安が伴います。

その時、友達に吐き出したり共有することでそのストレスや不安を解消しているのです。

この行動は家族や身近な人ではなく友達に素直に話すことで共有することで解消されることが多いので、

素直に話せる友達がいるということはとても大切なことなのだそう。

しかし、友達がいない人はそういうストレスや不安を吐き出すこともできませんし、彼氏ができても相談する相手がいないので

多少の彼氏に対する疑問や不安があっても、それを聞いてアドバイスや注意してくれる人がいないのです。

その為、彼氏に全てをゆだねて「依存」していってしまうのです。

彼氏以外に男性を知らない

誰しも初めてということには慎重にもなりますし、そこをラインにこれから先のことも考えます。

今まで男性を知らなかった人は、初めての彼氏に全てを学んでいるようなものなのでなんでも知っている彼氏に頼りっきり、全てをゆだねてしまいます。

彼氏として彼がどうなのかなどは初めてで友達もいなければよくわからないのです。

だからこそ、彼氏への「依存」がつよくなってしまうそうです。

裏切られるのを極端に恐れる

裏切られること、傷つくことは誰だって嫌ですし、そうならないように回避したいと思うのは当然です。

しかし、裏切られるという行為を極端に恐れている人は、裏切られない為に必死になります。

裏切られない為に彼氏の不安になる要素を極端に減らそうとしたり、日頃の行動が気になってしまったり、

常に一緒にいたいと、触れていたいと必死になっているうちにいつのまにか彼氏に「依存」していってしまうのです。

このまま依存性が高まるとどうなる?

彼氏に「依存」しているからといって、そこまで困ることもないし、この先ずっと大好きな彼氏といられれば大丈夫だと思いますか?

「依存」とはとてもこわいものです。

自分自身をなくしてしまいます。

自分がなくなってしまっても彼氏がいて自分を支えてくれるから大丈夫というわけでもありません。

これから先、いつ何があるかわかりません。

このまま彼氏に対して「依存」が強くなっていくとどうなってしまうのでしょうか。

彼氏はあなたがイヤになるかも

彼氏への「依存」が強くなれば強くなるほど、彼氏への負担や気持ちの重さは大きくなります。

男性は女性に頼られるとうれしくなる傾向にあり、なんでもしてあげたい、頼られたいと思う傾向にあるそうです。

しかし、それは限度があります。

付き合い初めは頼られていて自分だけをみている彼女に悪い気はしません。

ですが、「依存」が強くなれば次第に彼も疲れ、重いと感じてきてしまうのです。

初めはよかった触れていたいという気持ちも時間が経ち関係に落ち着きがでてくれば、

あまり必要以上にベタベタと常に触れられていることも不快に変わってしまうこともあります。

何も決められず、全てを彼に聞いて決断をゆだねられても自分を一切もっていない彼女に、

全てを決めさせられることの負担に彼氏も疲れてしまいます。

常に不安になり、関係ないなんとも思ってない女性と話さなきゃいけない状況であっても他の女性と話している事に怒り出す彼女に生活のしづらさを感じてしまいます。

そうしているうちに彼女自身をいやだとおもってしまうかもしれません。

そうすると、おそらく別れを切り出される

そんな彼氏の彼女に対するイヤな気持ちのまま、彼女からの「依存」が続けば、彼氏から別れを切り出される可能性はとても高くなるとおもいます。

彼女の「依存」が強くなれば強くなるほど、彼氏の疲れや、彼女に対する嫌悪感は強くなってしまうのです。

相手にたいして、嫌悪感や不信感、彼女を重いと感じている時に、彼氏を追えば追う程、「依存」すればするほど彼氏は逃げたいと思ってしまうでしょう。

あなたは精神的なキズを負うことに

そうなってしまえば、あなたが恐れていたからこそ「依存」してしまっていたはずなのに、一番恐れていた精神的なキズを追う事にもなりかねません。

「依存」していればしている程キズは大きくなってしまうでしょう。

もう二度と立ち直れないかも

別れて大きなキズを追っても時間がたてば解決してくれて、キズも癒えるでしょうとは言えないほど、

「依存」していたからこそ二度と立ち直れない場合もあるそうなんです。

それだけ「依存」していたからこそ、かれからの裏切りに、破局にとてつもないキズをおってしまうことは大いにあるそうです。

そして、今までそれだけ「依存」してきた分、彼にすべてをゆだねてきた分、自分では何もきめられず不安でしかたがなくなってしまうなんてことも多いそうです。

精神的に全てをゆだねてきてしまったからこそ、一人では生活できず精神的に崩壊してしまうなんてことは

彼氏に「依存」してしまっていた女性の末路としてとても多い話なんだそうです。

逆に、彼女を「意図的に依存させる」彼氏には要注意


上記でお話させて頂いたことは、自分自身に問題があり、「依存」していってしまうということでしたが、そうじゃない場合の依存もあるのです。

それは、逆に彼氏が意図的に彼女が「依存」するようにしむけている場合です。

上記のチェックであてはまらなかったし、自分自身に自信をもって生きている、「依存」なんて無縁だと思っている人でも、

付き合う彼氏によって「依存」する人に知らず知らずになっていっているなんて場合もあるのです。

あなたは奴隷にさせられる!

この場合は、もはやあなたを奴隷にしようとしているのです。

男性は女性に頼られたい、甘えられたいと思う生き物です。

そして、独占したいという気持ちもあるそうなんです。

その気持ちの強すぎる男性は彼女を自分に「依存」させて、自分だけにたより、

自分だけが彼女自身をまもってくれて、大切にしてくれるかけがえのない人だとおもわせようとする人がいるそうなんです。

自分に「依存」させることで、自分だけをみてくれて、裏切ることのない、

逃げることのない奴隷のように自分のおもいのままにしたいからこその行動なのだそうです。

大げさにいってしまえば、彼女の人間関係もこわし、DVなどに陥ってしまっても逃げることなく自分を愛してくれるなんてことにもなりかねないのです。

すぐにそんな人物からは離れて!

そんなことになったら、あなたの人生もあなた自身も壊れてしまいます。

すぐにそんな人物からは離れてください。

そんな人と付き合ったところで、あなたにとっていいことはありません。

そして、「依存」させて、自分だけの裏切らない存在にさせられて、あなたがどれだけ彼氏のことを大好きで大切にしていたとしても、

こういうことをする人は別の人に目がいってしまうことも多いにあります。

そうなったら、どれだけあなたが「依存」してしまっても、他の女性のもとにいってしまう可能性も高いのです。

自分自身の為にもそういう人に深入りはしないことをおすすめします。

依存から脱却するためにあなたがすること

さて、「依存」をやめたいと思った時、どうしたらいいのでしょうか。

きっと、すでに彼氏に「依存」してしまっている人の中でも、依存していることをやめよう、やめたいと思ったことがある人はたくさんいるでしょう。

だけど、どうにもできずに今に至るという人もいるでしょう。

一度はまってしまった「依存」から抜け出すことは、大変ですし辛いこともあるかもしれません。

しかし、抜け出すことでこれから先、今の彼氏と幸せにやっていけるようになることもあるでしょうし、

何よりも自分の為にはとてもいいことだと思うので、「依存」から抜け出す勇気をもって頂けたらとおもいます。

一人で外出する時間を増やす


彼との時間はすごく大切でしょうし、彼と一緒にいることが一番安心して安定した時間を過ごせていると思っているでしょうが、

「依存」から抜け出す第一歩として、自分一人で外出する時間を少しづつでもいいので増やしていってください。

一人の時間を過ごすことは大切です。

一人の時間は自分を見つめなおすいい時間ともなりますし、なにより自分の時間を持つということはいいことばかりなのでだそうです。

自分の時間を持つことは、精神状態にもとてもいいそうです。

誰かに合わせることもなく、自分のペースで動きながら色々なことを無意識に考えたりしていると精神状態にもよく、

精神病などがある人にも効果があると言われているそうです。

また、集中力を高めたり、人との人間関係にも効果があると言われているので自分の時間を少しづつでも増やしていけるといいと思います。

自信を持てる趣味を持つ

自身を持てる趣味を持つということは大切なのだそうです。

好きなことをするのは精神面上でもいいことなんだそうで、普段彼氏に「依存」している時の彼氏への自分への不安や

あまりよくない精神状態を趣味に費やすことで趣味に集中していることでそういう感情をいったん消してくれるのです。

一度、感覚をあけて考えないようにすることで常に考えているよりも精神状態は安定するようになるそうです。

そういう風に感覚をあけたり、一度そういう感情を忘れている時間があることでこういうサイクルを繰り返すことでマイナスな感情をコントロールしやすくするということがあるそうなんです。

そして、何か自信を持てる趣味を持つことによって、こんなことが自分にもできるんだという自分自身への自信にもつながるのです。

「自分のことは自分でなんとかする」という意識を

常にだれかに頼り切って生活していると、自分自身で考えることがなくなってしまい、

余計に誰かに頼ってしまうという悪循環に陥ってしまい、自分で何かをすることができなくなってしまいます。

自分のことは自分でなんとかするという意識をもって、できることは自分でして、

今までできなくなってきていたことも、自分でなんとかできるという意識をもって取り組みましょう。

何かをするときに自分で決めてみる、一人でいる時間には彼氏に連絡したり状況を確認したりしない、

自分のことは誰かに頼らず自分でするということを心がけて行動するようにしましょう。

意識して繰り返していくうちに習慣づいて、自分のことを決められるようにもなりますし、自分自身の自信にもつながります。

彼氏の気分を害すことを恐れない

彼氏から「依存」するように仕向けられていたとしても、なんでも頼っていいとされていても、

彼氏の気分を害してしまうことばかりを考えて恐れたりせずに、きちんと自分らしさをもちましょう。

何もないときに自分の時間をきちんととるとか、あれもこれもしてあげるとされていても、自分のことは自分でする。

彼氏がこうした方がいい、ああした方がいいと言われても、きちんと自分で決めたことを通すなど、人間関係も彼氏以外の人とも作るようにして、彼氏だけというのはやめましょう。

友達と遊びにいく時間を増やす

彼氏と常にいるだけではなく、友達と遊びにいく時間も増やしていきましょう。

彼氏とだけ、常に一人の人しかいない状態で生活していると他には何も一切見えなくなってしまってしまうのです。

そして、それが彼氏への「依存」に変わっていってしまいます。

一人の人とだけしかいない状態でずっといると、精神状態もよくないのです。

だからこそ、一人の人とではなく、他にも遊んだり話したりする相手がいて、

自分の感情や精神状態を理解してもらえるのも分散されているのとされていないのでは全然違います。

なにより、彼氏と一緒にいることとは友達と遊んでいる時間を持つことは

また違った貴重な時間をもつことができるので少しでも友達と遊ぶ時間も増やすといいと思います。

【彼氏依存を減らすために、友達を新しく作るためにはこちらの記事もチェック!】

彼氏依存症は悲しい結果に

そうなる前に克服を!

ここまでお話させて頂きましたがいかがだったでしょうか。

彼氏に対しての「依存」、彼氏から誘導された「依存」、他の彼氏以外にしても何に対しても「依存」するということは、いいことはありません。

「依存」は自分自身も周りもダメにしてしまうものだと思います。

その「依存」している彼氏がいないと生きていくことができない、「依存」している人が自分の全てになってしまいます。

彼が突然いなくなったらどうしますか?彼が突然、別れをつげてきたらどうしますか?

あなたには何もなくなってこの先の人生がみえなくなってしまいませんか?

大切なのは、自分があるということだと思います。

自分自身があるということは人生において一番大切なことで、自分自身があるからこそ、生きていけるのだとおもうのです。

楽しいとか、うれしいとか、感情の全ても自分がなくなってしまったら、その分感じることができなくなってしまうものだと思います。

大好きな彼氏との関係もそうだと思います。

彼氏も大好きな彼女が「依存」することを望んではいないでしょう。

これから先の二人の幸せな時間を過ごすためにも「依存」から抜け出す勇気をもってください。