あなたたちご家族の親子関係には何も悩みがないでしょうか?

「子供が何を考えているのかわからない」

「いつも反抗的な態度をとってくるのでどのように接したらいいのかわからない」

・・・などなどこれは一例ですが、このような悩みを抱えている人はどのように考えているのではないでしょうか。

そうはいっても、ほかのママ友やパパ友に相談しても「そんなのよくある話だよ!」なんていわれてしまいますよね。

それに、なにかをしても現在のこの状況が変わらないのではないか。

何をしても無駄になってしまうのではないか。

なんて感じている人もいると思います。

もしくは、すでにこれまでに何かを実践してきたけれどもそれによって親子関係の悩みを改善することができなかったりすると、どうしても「親子関係の悩み」には壁を感じてしまうんですよね。

そのように感じている親御さんというのは、あなただけではないんです!

あんなにかわいかった赤ちゃんだったのに、もう大きくなって、それはうれしいけれど子供がどんどん自分のもとから離れていくような気もして、なにもしたくなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、それでは一向に親子関係をよくすることはできません。

ということで、この記事では、世の中の多くの親子たちが感じている“親子における悩み”について特集しています。

ほかの親子たちはどのような悩みを抱えているのか?

また、どのようにして「その問題」を解決していけばいいのか改善法方法もアドバイスしています。

この記事を読めば、いま悩んでいるのがうそみたいにもう少し先の未来では“親子関係の悩み”を感じることなく、円滑で仲の良い親子関係を築けるようになるはずです!

親子関係でよくある悩み7選

あなたは、親子関係に対してなにか悩みを抱えているのではありませんか?

だからこそ、この記事を開いてくださったのだと思います。

とはいっても、親子関係というのは、友達関係や夫婦関係とは違ってどれも“初めての経験”になることが多く、どのように対処していけばいいのかわからないんですよね。

あなたもそうなのではないでしょうか?

とはいっても、親子関係の悩みをこのままにしておくのは、なんともいえないくらい心の中がモヤモヤに包まれる状態をいつまでも感じることにもなってしまいますよね。

あなたは、現段階で親子関係におけるどのような悩みを抱えているのでしょうか?

また、そのような悩みを抱えているとどうしても「自分だけがこのような悩みを持っているのではないか」「ほかの人はこんなことで悩んだりしないんだろうな」「自分ってどうしてこんなにだめなんだろう」なんて考えてしまうことになります。

あなたもそうではありませんか?

いいえ!

そのような悩みで苦しんでいる親というのは、あなただけではないんです。

子供はいつまでも手のかかる赤ちゃんではないですよね。

成長するごとに自分の自我を認め、そのなかで自立していくようになります。

つまり、子供が小さい時には感じることがなかった悩みこそ、子供が大きくなるにつれて感じるようになるんです。

とはいっても、実際に多くの親子たちがどのような悩みを抱えているのかわからないですよね。

そんなあなたのために、ここでは“親子関係でよくある悩み”というのを厳選して7つご紹介しています。

これらはほんの一例であり、あなたの悩みがあてはまっていないことであなたがおかしいということではないことをご了承くださいね。

それよりかあなたも「あるある!」「うんうん!こんな悩みも感じている」なんて首を縦に振りたくなってしまうはずですよ。

では、世の中の親たちは親子間帰依に対してどのような悩みを持っているというのでしょうか?

早速その悩みを7つ見ていきましょう。

1.あまり話してくれない

小さい時には「今日はこんなことがあったんだよね」とか「明日はこういうことをするんだ」「あの子が好きなんだ」なんていうようなことをたくさん聞いてきたのではないでしょうか。

こちら側から話を聞かなくても、子供から話をしてくれたこともありますし、それにこちらから「今日は何して遊んだの?」なんて聞けば、渋ることなく供してくれたことを教えてくれましたよね。

そのような姿を“当たり前”だと感じていると、小学校半ばあたりからやってくる“思春期に突入している子供”についていけなくなってしまうことがあります。

思春期になると、子供たちは自分たちの自我を確立するためにあまり自分のことを他人に話さなくなるんですね。

特に“親”には、そのようなことを話さなくなります。

親になったあなたもそのような時期があったとはいえ、それでも何があったのか、どんな友達と一緒に遊んでいるのか、今日はこんな遅くまで何をしていたのか、携帯料金がどうしてこんなにも高いのか・・・聞きたくなることがたくさんあったとしても「うるさいな!」なんて反抗的な態度を示すだけで、その本質を話してくれないんですよね。

見えないところが増えれば、だれでも不安に感じるもの。

子供は誰もが必ず大人へ成長していくので、どの親でもこのような悩みを感じることになります。

学校での様子がわからない

親御さんが子どものことで一番気になるのが“学校での様子”ですよね。

幼稚園や保育園というのは、学校以上に先生たちから「いつもこのようなことをして遊んでいる」と教えてもらうことができますし、それに幼稚園や保育園に通う時間も短いのでいつでも目の届く範囲にいてもらうことができるんですよね。

しかし、小学校などに入学すると学校で過ごす時間がどんどん増えていき、一緒にいる時間が減ります。

そうすると、子供が何をしているのか、どんな友達と一緒に遊んでいるのか、学習態度はどうなのか、給食は残さずにすべて食べきっているのか…などなどわからないところがたくさんあるんですよね。

現代では子供がしっかりと学校に投降したかを知らせるシステムを導入しているところもありますが、公立の小中高校となればそのようなシステムがないことも多いです。

そのため、さらに「子供が何をしているんだろう」と不安になってしまうんですよね。

子どもによっては家庭とは全く違うように学校でふるまっていることもありますからね。

お友達のことがわからない

さきほどもお伝えしましたが、親とて一番に気になるのは「どのような人とかかわっているのか」ということでしょう。

幼稚園や保育園となれば“ママ友”と一緒に子供たちを遊ばせていたり、子供から「今日は○○ちゃんとあそんだ」なんて言葉をきくことができたので、ある程度把握することができていたかとおもいます。

しかし、学校に上がるとそのような話はしなくなりますし、人によってはお母さん同士のコミュニケーションもとらなくなってしまうのでどのような友達と付き合っているのか全く分からないんですよね。

人というのは、人から影響をよく受けることをわかっているからこそ、「おかしな友達」と付き合っているのではないか、変な異性に騙されているのではないかと心配になってしまうんですよね。

2.向き合う時間がない


親子関係の悩みでは、子供を中心として悩む親御さんもいれば、“向き合う時間がない”“向き合う時間が少ない”と思っている人もいるんですよね。

子供とは、どんなときでも一緒にいたいものです。

それにいつまでもそばにいて成長を見守ってあげたいと思いますよね。

しかし、自分の立場や状況によっては、そのように向き合う時間がないということもあります。

では、向き合う時間がないというような悩みが出てしまうのは何が原因となっているのでしょうか?

共働きで忙しい

あなたの家では、夫婦ともに働きに出ている“共働き”なのではないでしょうか?

現代社会では女性の社会進出、男性の非正規雇用などから、夫婦共働きをするのが当たり前になってきていますよね。

つまり、共働きをしていると子供との時間をとることが難しくなってしまうんですよね。

子供が帰宅する時間でも働かなくてはいけない、その時間帯を抜かせば雇ってもらえなくなる…なんていうような雇用条件をのみこむことで、子供との時間が少なくなっています。

家に帰ればすぐにお風呂や食事の支度、食事をするにしてもすぐに食べ終えて明日の支度をして眠る。

そのような生活を送っていると、どう考えても子供たちとの時間をとることはできないですよね。

なかには、深夜帯でも夫婦共働きをしている家族もおり、子供たちは1日の多くを保育施設などで過ごしているなんて言うこともあります。

忙しさをどうにかしようとも、家計をささえ、子供たちに嫌な思いをさせないためにはどうしようもないんですよね。

ゆっくりコミュニケーションが取れない

ひとつ前の項目にて、「食事をとるときに少ししかコミュニケーションをとれない」ということをお伝えしましたよね。

それってゆっくりコミュニケーションをとることができないんです。

子供が話そうとしているのをわかっていたとしても、自分はしなくてはいけないこと(家事やほかの子供の育児、人によっては持ち帰った仕事)があるのでいつまでも子供にかまうことができません。

その結果、話しても話したりない、子供が伝えたいことをすべて受け取ることができないような状況になってしまうんですよね。

これが原因となり、子供から何も話さなくなってしまうこともあります。

3.反抗期

これまでに少し触れてきましたが、子供には反抗期がやってきますね。

あなたも反抗期になって、あなたの親御さんを困らせてきたのではないでしょうか?その反抗期というのはあなたの子供にもやってきます。

その反抗期があるからこそ、自分の意見をしっかり主張できるような一人前の大人になることができるんですよね。

そうはいっても、何を言っても怒ったり怒鳴ったり、いったい何を考えているのかわからない反抗期の子供に対しては“お手上げ”状態になってしまう親御さんは少なくありません。

全く言うことを聞かない

どうして多くの親御さんが反抗期の子供に対して、てこづってしまうのでしょうか?それは“いうことを聞かなくなる”ことになります。

あなたのお子さんはいうことを聞いてくれますか?

子供は大人のおもちゃではないので、すべてのことに対していうことを聞いてはくれないでしょう。

しかし、まったくいうことを聞かない、注意してもなおすような気配を感じられないでいると、親御さんによっては自ら距離をあけてしまうことになるのではないでしょうか。

反抗期は自然と収まるものですが、それででもやはり反抗期真っ最中の子供達にはどのように接したらいいのかわからないんですよね。

返事すらしない

反抗期といえどもちゃんと返事を返してくれる子供もいれば、なかには返事すらできないような子供もいます。

あなたの子供は返事をしてくれますか?

返事をしてくれればなんとか心の平穏を保つことができるのですが、無視(いわゆるシカト)をされるとなると困ってしまいますよね。

だって、相手が聞いているのかもわからないし、自分が伝えたいことが伝わっているのかもわからないからです。

そこで「聞いてるの!?」なんてたずねれば、「うるせえな!」なんてどこでそんな汚い言葉を習ってきたのよ…とつっこみたくなるような汚い言葉で返してくることも。

反抗期が来る前まではお利口さんだった子供を持っている親ほど、どのように接したらいいのかわかりませんし、そのような状況にショックを受けることも。

4.兄弟姉妹で全く違う


お子さんが二人以上いる親御さんの悩みのなかに「兄弟姉妹で全く違う」というものがあります。

そりゃあ子供とはいえ、一人の人間なのですから性格が違うことなんて納得できますよね。

でも自分の子供がそのような状態になってしまうと「どうして?」と疑問に感じてしまうんですよね。

それに性格がまったくの正反対だと、どちらか一方の性格の子供には接しずらくなってしまうことも。

そんな自分に自己嫌悪を感じたり、なかには自己嫌悪を感じることによってさらに子供によく接することができなくなってしまいます。

”悪いループ”の中に入ってしまうということなんですよね。

同じように育てたつもりが

あなたは、お暗示用に育てたはずなのにどうしてここまで性格が違うんだろう?なんて思っていませんか。

たしかに同じように育てたとしても、それぞれ本来から持っている”自我”というものがありますから、決して同じように育つことはないんですよね。

たまに似たような雰囲気、似たような性格をしている兄弟がいることもありますが、それもまた彼らの個性になります。

…そのようなことを頭の中ではわかっていても、実際に自分の子供がそのようになってしまうとなかなか理解できないんですよね。

それに親御さんがおとなしい性格だとおとなしい性格の子供には接しやすいですが、そうではない性格をしている子供にはどうしても接しづらくなってしまうんですよね。