誰にでも経験はあるもので、これをするのが嫌だ!というような人がいるでしょう。

謝罪」というのは基本的には相手に対して「何かしてしまった!いけない事をしてしまった!」というような時に使うものです。

謝罪をしない人なんていません。

特に日常生活でも「ごめん」と謝ったりすることはあると思いますが、それと似ているのを謝罪と言います。

そもそも謝罪の意味とはどの様な意味か皆さんはご存知でしょうか?

言うのであれば、この謝罪というのは簡単に言うと「自分の過ちを認めて、相手に許してもうらうこと」というような意味があります。

更に簡単に言えば「許してください」というような侘びをするような意味も含まれていますよね。

謝罪をする時というのは様々な場面で使われることが多いです。

例えば友達であったり、会社の上司にというような人もいるでしょう。

様々なところでこの謝罪というのは日常的におこっているものです。

ですがそんな謝罪を間違った使い方をしている人はいませんか?

言うのであれば、謝罪をする時にはどのようにして謝っていますか?

「すみませんでした!」とよく言う人がいますが、これは実はNGなのです!

意外にも思うかもしれませんが、謝罪をする際には「申し訳ございません」と会社の上司などに言うのが適しています。

また相手によっては言い方なども変わりますよね。

尊敬語なのか、謙譲語なのか、言葉の意味を知って使わなければ間違った使い方をしてしまうのも無理はありません。

そして重要なことは、この謝罪というのは相手との人間関係が危うくなるようなものです。

言うのであれば、信頼関係を失ってしまうような事をしてしまったという事にも繋がるからです。

今回はそんな謝罪に関しての6個の注意点とNGフレーズについてお話をしたいと思います。

皆さんが普段から言う「すみませんでした!」というような事は実はNGなのです。

重要なのはお詫びの言葉として言う、そして対応策を言うという事が大事になるでしょう。

対応策が無ければ、相手からの信頼は失ったままです。

今後の対策というのもとても重要なことであり、何かしてしまった後の責任というのは自分自身が取るようになっていますよね。

その事は相手も理解をしたうえで、対策をどの様にするのか具体的に相手に伝えるようにすることが大事になるでしょう。

ではどの様な謝り方をすれば良いのか見てみたいと思います。

すみませんでした!はNG?どうやって謝ればいいの?


謝罪をする事は誰でもあると思います。

例えば家庭に対して「ごめんなさい」という事や友達と喧嘩をした時も「ごめん」と言うようなことを言うと思います。

相手が仲の良い人であったり、友人となれば軽い謝罪で済むと思いますが、中には会社の上司や社長などにするというような事もありますよね。

特に取引先の相手に対してミスをしたり、失敗をした際には謝罪ではすまないというような事もあると思うのです。

会社からも言われ、最悪の場合には退職をせざるおえないなんていうような事もあるのではないかと思います。

ですが、どんな事があっても悪いことをしたのであれば、謝罪をしなくてはいけませんよね。

では謝罪をする際にはどんなコツが必要だと思いますか?

謝罪の基本的なコツについてお教えしたいと思います。

謝罪の基本的なコツとは


謝罪の基本的なコツというのは様々ありますが、例を踏まえて説明をしたいと思います。

例えば「重要書類を間違えて破棄してしまった」という事にします。

この様なことをしてしまった場合は、まず上司に謝罪をしなくてはいけません。

謝罪というのはお詫びの言葉が無ければ謝罪とは言いませんよね。

「ごめんなさい」や「申し訳ありません」というような言葉が無ければ、自分の過ちを認めていない状態になってしまいます。

そしてその対応策を言う必要があるでしょう。

「重要な書類を捨ててしまった事に気付いてどの様にしたのか?」という説明もしなくてはいけません。

基本的に謝罪をする人に多いのですが「失敗をしてそのままにした」というような事ではなく「失敗をしてその後にどうしたのか?」という事を相手に言う必要があります。

いわゆる直ぐに対応をした事を言えば良いという事です。

失敗をして何もしなかったという事は先ず無いですよね?

もちろん、失敗に気付いて直ぐに上司に報告をするというような人もいますが、その様にしても良いと思います。

そしてその後に「どの様にして失敗をしたのか?」という経緯を説明しなくてはいけません。

間違えて破棄をしたのであれば、どの様にして捨ててしまったのか?

という事を言わなくてはいけないのです。

例えば「重要でない書類と混ぜてしまい捨ててしまった」というような事で良いでしょう。

他にも「書類の確認をしている際に、間違えて捨ててしまった」というような事でも良いです。

基本的に大事なのはその時にこうなった、という説明をする必要もあるからです。

そして最後に今後の対策をする必要があります。

「この様なことが無いように、事前に確認をしてから書類破棄をする」というような今後、この様なことが無いようにする対策をする必要があるという事です。

謝罪というのはこの様に4つの事が大事になります。

コツと言っても基本的に言っているというような人達ばかりだとは思いますが、この4つは大事なことなのです。

言うのであれば、最近ではこの4つのことを言わないような人達が多いです。

一番の理由は「何故そうなったのか」という事を言わないというような人達ですね。

これは基本的に相手から怒られたくないという気持ちがありながらも、自分がだらけてしまってこうなったというような事を隠したいからです。

基本的に小さなミスなどでは隠してしまうのが人ですが、大きなことになった場合でも何も言わないというような人が多いです。

どの様なことになるか解らないから、ずっと黙っているというような人もいますよね。

直ぐに言えば良かったのにも関わらず、後々になってしまったから事が大きくなったというような事があるでしょう。

謝罪をする際にはただ謝るというのではなく、誠意が込められているのかが重要になります。

ではどの様なことなのか更に詳しく見てみたいと思います。

1.お詫びの言葉

謝罪をするにあたってお詫びの言葉が無ければ、それは謝罪とはいえないのではないかと思います。

お詫びの言葉というのは、「ごめんなさい」や「申し訳ありません」というような言葉ですが、基本的にお詫びの言葉を言う時というのは何かをしてしまった時ですよね。

誰に対しても何か悪いことをしてしまった際にはこの言葉というものが必須になります。

最近ではお詫びの言葉を言わないというような人もいますよね。

「こちらも謝るけど悪いのはそっちだ!」というような相手が悪いというような事を言ったりするという人が多いです。

人というのはよく優劣をつけたがってしまうので、謝罪などをする際にも「こうなったのは私のせいですが、この様な環境を作った会社側にも問題がある」というようなことを言ったりする人もいるのではないでしょうか?

仮にその様なことを思うのであれば、それは謝罪をしているとは言えません。

本当に申し訳無いと思うのであれば、相手に問題があるというような事は無いはずだからです。

どんな事でもそうですが、この謝罪というのは「自分の過ちを認める」という事が前提であり、相手のことではなく自分自身のした事という事になりますよね。

そこで仮に相手にも問題があるのであれば、その過ちをする前から対策というものができたのではないかと思うのです。

「会社の雰囲気が悪いのであれば問題になる前に相談をする」といっやことや「この作業効率をもっと早くするにはこの様にする」といった、予め過ちをおかす前に考えられるものがいくつかあるという事です。

社会などに出る際にはこの様なことも考えないといけないので、辛いと思う人も多いかもしれませんね。

それがストレスへと変わってもいきます。

ですが、相手に対してではなく、まずは自分自身の反省をするのが先になるという事なので、覚えておきましょう。

2.対応策

仮に何か失敗をしてしまった際にはお詫びの言葉を言った後は、どの様にしたのか、という所が重要になります。

言うのであれば失敗をして、今後失敗しないための対策を言うのではなく、その時にどの様に対処をしたのかを言わなければなりません。

よくこの対応策を言わない人が多いですが、対応策というのは「失敗をしてしまってどの様に対処をしたのか?」という所にあたります。

例えば「書類を間違えて破棄してしまったので、もう1度印刷をして揃えた」というような事が対応策の1つになりますよね。

書類を間違って破棄したのであれば、もう1度印刷をすることでそのミスを対応しているという事になります。

基本的にはミスをした事でその時そのままにしておくのではなく、どの様にして対応をしたのかという所が重要になります。

謝罪をする際にも、どの様に対応をしたのかというのをハッキリと言わないと、次にどうするのかという所が考えられなくなります。

その為にも、この対応策というのはしっかりと言わなくてはいけません。

3.経緯の説明

経緯の説明をする必要もあるでしょう。

言うのであれば、何に対して失敗をしたり、謝罪をしたのかというのは当たり前ですが、どの様にして失敗をしたのかという所が重要になります。

これは何故?という部分にあたるもので、普段であればミスはしないだろうという事になっていてもその様なミスをしてしまったのには経緯というもの、つまり順序というものがあるのです。

間違えて書類を捨ててしまったのも、コピーをしている最中に捨てたのか、コピーを全部終えて、整理をする際に捨ててしまったのか、というような事があると思います。

この経緯なども解ると、より次の対策が立てやすくなるので、必ずその物ごとを順序だてて説明すると良いかもしれません。

例えば「疲れていてボーっとしていたため」というような事であれば休憩を必要とするでしょうし、「確認をしなかった」という事であれば確認をするようにする、というような事を考えることができるので、経緯の説明というのは黙っているのではなく、どうしてこうなったのかをちゃんと説明をするようにしましょう。

怒られるから説明をしないというような人もいるかもしれませんが、謝罪というのは怒られてなんぼのものだと思います。

ちゃんと言うように心がけましょう。

また、経緯の説明を嘘を混ぜて言う様な人もいるかもしれませんが、ちゃんとその時に起こったことを話すことをオススメします。

何故なら、その後の対策ではそのミスからどの様な対策をするのかと考える必要があり、それはミスをした本人だけではなく、他の周りの人にもその対策をしなくてはいけないからです。

経緯の説明をする際には、正直に答えるようにしましょう。

4.今後の対策

今後の対策を言う必要もあります。

この様な経緯でミスをしてしまったので、今後はこの様にする!というような事をハッキリと相手に伝える必要があるのです。

今後の対策というのは、簡単に言うと自分自身だけではなく、今後同じような事をする人を防ぐためにも考える必要があります。

よくある対策の1つには「パソコンの付近では飲み物を飲んでいけない」というようなルールが様々な会社であると思います。

この理由というのは「パソコンの付近で飲み物を飲んでいた時に、その飲み物を溢してしまい、パソコンを使えなくしてしまった」というのがあると思うのです。

また、書類を塗らしたという事や、データが壊れてしまったというような事もあると思います。

その時にその人だけがパソコンの前で飲み物を飲んではいけないというようなものではなく、今後の対策として他の社員達も同じようなことをしないために、対策というものを立てるのです。

言うのであれば、他の人も同じような事をしてしまう可能性があるという事ですね。

自分だけではなく他の人もミスをしてしまう可能性があるのを防ぐためにこの様なルールとなるものがある訳です。

これはどこの会社でもあると思います。

ルールというのは何かミスがあったからこそできたものです。

「この様にしないとミスをしてしまうからこの様な対策をしよう」というような考えはとても大事なものになります。

対策もしっかりと考えることが謝罪をする時の秘訣になるのです。