大学にいざ進学をしても上手くいかないというような時ってありませんか?

例えば講義が面白くないというような事や興味が無いというようなものばかりだったり、友人関係であまり上手くいかないというような事もあるでしょう。

またバイトなどで忙しくて大学に行かないというような人もいたかもしれません。

そんな時に皆さんが取る行動の1つは大学に行き続けるというような事が1つあがるのではないかと思います。

単位を最低限まで取って大学を卒業するというような人が多かったのではないかと思います。

また留年をしてしまうというような事もあったでしょう。

単位が足らなかった、事情で休学をしていたというような人もいるかもしれませんよね。

特に大学では外国に行って学ぶというような制度も一部の大学ではあったかもしれません。

その時の単位というのは向こうで取れるにも関わらず、単位が普段より少ないので多めに取らなければいけないというような事にも繋がります。

英語を勉強したいから留学をするというような人も数多いです。

そして皆さんが取る行動のもう1つには大学を中退するといような事もあるでしょう。

事情は様々あると思います。

例えばお金が単純に足らなくなってしまった、家などの家計が厳しくなり就職をしたいと思ったから、家の仕事をつがないといけないからというような事が様々あると思います。

事情は人それぞれだと思いますが、中退をした後というのはどの様に過ごしてましたか?現に今大学を中退して働いているというような人もいるかもしれませんよね?

ですがそれをして失敗をしたという人も耳にしないものだと思います。

何故ならちゃんと働いている、就職をしているという事ができているからです。

今の時代というのは就職をする事すらも難しい時期になってきました。

例えば短期アルバイトなども誰でもという訳ではなく、必ず面接などで通すようになっています。

地元などのアルバイトであれば良いかもしれませんが、都会になるにつれて倍率などもどんどん高くなり、アルバイトでさえも難しいというのが今の状況なのではないかと思います。

しかしながら大学を中退していても、働けているという人は数多くいますよね。

何故なら就職活動というものをキチンとしていたからだと思うのです。

今回はそんな大学を中退してしまった人に、就職を決める際のコツや選び方についていくつかお教えしたいと思います。

現に今大学を中退してどの様にしようか考えているという人や、就職活動をしていて悩んでいるという人は必見です!

就職活動というのは大学を出ていると有利になるとありますが、最近では試験などで見て判断をしたり面接で実際に会って判断をするというような企業が多いです。

大学の名だけでは就職をしても活躍できずに転職を続けるというような人もいるかもしれませんね。

転職をするという事は悪いことではなく、自分にあった場所を探すという意味でも良いことなのです。

では就職を決める際の選び方などについてお教えしたいと思います。

皆さんはどの様なところを選んでいますか?

大学中退者数

そもそも大学中退者というのはどの様な人達のことを言うのでしょうか?言うのであれば大学を途中で辞めてしまった人という事になります。

大学に行くという事は義務ではないので、何らかの事情で行けないというような人も多いですよね。

しかしこの様な人が就職することができるのかと言われると、できてしまうのが現実なのです。

それは選び方や就職先を決めるのが上手い人という事になります。

必ずコツというものがあり、大学を中退していても、大学卒業している人たちと対等に並ぶこともできるのです。

ではそんな大学中退者数ですが、1年間に約8万人を前後する人達が辞めているのです。

その様に考えると、4年間で1割の人は辞めているという事になります。

よく「何時の間に辞めたの?!」というような事があると思いますが、これは当然のことなのです。

大学というのは高校などより人口が多く、また様々な人がいると思います。

講義なども必ず同じものを受けるというような事がなく、自由に参加をしたりすることもできるので、いつの間にか会わないと思っていた人が大学を中退するというような事はよくあることなのです。

そしてこの大学中退者数というのは基本的に年によっても前後することがあり、その多くの理由というのは経済的な面だという事が分かっています。

言うのであれば大学中退者というのはほとんどの人がお金的な問題で辞めていくという事なのです。

折角入れていても毎年また多くのお金を払わなくてはいけないというような事もあるので、大学中退者数も年々前後しているのではないかと思うのです。

また大学に行ったけれど興味がなくなってしまったというような人達が辞めるというような事もあります。

理想の大学とは違ったという事で転校をするというような人もいるかもしれないですよね。

大学中退というのは基本的に様々な理由がありますが、その多くは経済的な面であったり、転校やケガをしてしまったからというような事もあるのです。

大学中退率

ではそんな大学中退率についてお話をしたいと思います。

実はというとこの大学中退率というのは偏差値と関連することが多いのです。

例えばですが偏差値が50の所と70の所ではどちらが中退率が多いと思いますか?

基本的には偏差値50の方が問題などは簡単ですが、70などの所は難しすぎると感じますよね。

しかしながら実際は中退している人というのは、偏差値50のところの方が多いのです!これはあくまで理由の1つにすぎません。

他にも様々な理由があると思いますが、多くの人が大学の勉強についていけなくなってきているからというのもあるのではないかと思います。

例えばですが偏差値70の所というのはそれくらいの学力を持っている人達が多いという事になります。

なのでどんなに難しいものがきても、勉強をして頑張ろうというような人も多いという事になるのです。

しかしながら50の所というのはその偏差値前後の人達が多いという事になります。

講義についていけなくなってきているという人や、逆に簡単すぎて講義がつまらないというような人もいるかもしれないですよね。

そこで左右されてくるのではないかと思うのです。

確定な情報というものはまだ分かっていない状況ですが、大学中退率というのは偏差値なども関係してくるという事を覚えておくようにしましょう。

また、大学を中退している人というのは基本的に2年生などに多いようにも思えます。

これは大学1年で何とかついていけていたものの、2年になると難しくなっているという事であったり、人間関係で上手くいかなかったりするというような事も多いのではないかと思うのです。

なので1年で直ぐに辞めるというような事ではなく、2年まで様子を見て辞めるというような人も多いのではないかと思います。

大学中退後の就職の5個のコツ


ではそんな様々な事情で大学中退をしてしまった人のために就職のコツというものをいくつかお教えしたいと思います。

大学を中退しているからと言って嘘を答えるというような事だけはしないようにしましょう。

また大学中退後の就職というのは大学卒業をしている人達に対しても対等に並ぶことができます。

例えばですが大学中退をしているのをどの様にして伝えるのか、相手に対して今後どのように向き合うのかというのはとても大事な意思表示にもなりますよね。

それを企業に伝えることで熱意があると思われるようになる可能性もあるという事になります。

大学中退後の就職というのは人によっては逆に有利に進めたりすることもできるので、決して大学を進学しているからと行って有利不利というような状況ではないという事を覚えておきましょう。

また直ぐに就職をしなければいけないという焦りというものもあるかもしれません。

しかしながら焦る必要はありません。

落ち着いて就職先を見つけるという事も大切になります。

自分にあった仕事を見つけるというのはとても苦労することであり、入ってしまったらとても辛かったというような事もあると思います。

大学中退後というのは少し不利に聞こえるかもしれませんが、状況によっては有利に進めることもできるので、覚えておくようにしましょう。

ではどの様なコツがあるのか詳しく見てみたいと思います。

1.大学中退理由をどう答えるか

1つ大事なコツとしてはやはり大学の中退理由についてですよね。

どんな事があってもこれは経歴に書かなければいけない事です。

嘘などを仮についていたとしても直ぐにばれてしまいますよね。

大学中退というのは必ず履歴書にも書くと思いますし、これは必ず言わなければいけない事になるのです。

どうしてなのか、その理由というのは今言えたりできるでしょうか?それを言えないというような状況になれば少し就職は不利になってしまいます。

どんな事があっても過去のことよりも今どうしたいか、を前向きに考えてそれを言えるようになることが必要になるのです。

ではどの様な事なのか、更に詳しく見てみたいと思います。

主な理由は、経済的な事情、転学、学業不振等

主な理由というのは人それぞれあると思います。

例えばですが先ほども言っていた経済的な事情の面であったり、転校をしたからというのもあるでしょう。

転校となればまだ良いかもしれませんが、学業不振になったからというような理由もあるのではないかと思います。

人によってはケガをしてしまったからずっと休養をしていたという人もいるかもしれないですよね。

基本的には大学を中退する理由というのは様々ですが、大学を中退というのは、会社で言うところの会社を辞めたという事とイコールな関係にあると思うのです。

何故辞めたのか、それを明確に言えなければ就職でも不利になってしまうことが多いのではないかと思います。

言いたくない、というのではなく、この様な理由があって行けなくなったという事を伝えることが大事です。

特に人間関係で辞めてしまったという人は、その事を必ず相手企業にも伝える必要があります。

仮に言わなければまた同じような事になってしまうというような可能性があるからです。

必ず言うようにしましょう!

いづれにせよ、マイナスイメージを挽回する回答の工夫を


どんな企業もそうですが、大学を中退したという事はどちらかと言えばマイナスイメージが強いですよね。

これは先ほども言ったように会社を辞めたという事と同じなので、言うのであれば前の会社を辞めたと企業に伝えなければいけないという事になります。

転職というのは様々な理由があり、就職などでも言うことが多いですよね。

面接などでは特に重点的に聞かれる項目の1つになります。

しかしそのマイナスイメージをいかにプラスにして言うのかという所が大事になるのです。

反省点を素直に述べる

反省点を素直に述べることはとても大事な事になります。

何故中退をしてしまったのかという回答をする時に嘘を述べていても仕方ありません。

何故なら嘘を述べてしまうとまた同じような繰り返しにもなってしまうからです。

自分は悪くないというような事ではなく、違った考えを持つという事が大事になります。

止む得ない事情の場合は仕方ありませんが、反省をするべきというのは、中退をしてしまったからというのではなく、その時にどの様な行動をしていたかという事になるのです。

例えば対策をしていなかったのであればそれを反省すべきですし、何もせずにただ不満があって辞めたのであれば、その不満を言うというような事をしなくてはいけないですよね。

そのままの環境というのは何も解決策へと向かうことができなくなってしまいます。

反省点を素直に述べるというような事はとても大事なことです。

面接での同期でマイナスなイメージを既に中退という時点で持っているので、その時のことを素直に言い、反省点を述べるべきなのではないかと思います。

今後どうしていきたいかを前向きに語る

反省をするだけではいけないですよね。

中退をもうしないという意思表示などもしなくてはいけません。

今後どのようにしていくのか、同じような繰り返しをしないためにはどの様な行動をするのか、前向きに語る必要があります。

言うのであれば中退をしたから就職ができないというような事はないという事です。

入りたい会社があるのであれば、その企業にどの様なことを言うのか、中退をしてしまったからどの様に今後はしていきたいのか、という事を具体的に述べるようにしましょう。

その様に行動をすることで反省点と同時に相手にも伝えることができるのではないかと思います。

入社したい理由の際に述べても良いものだと思います。

深堀されるのが嫌だというような人は基本的に言われたら答えるという形をすると良いかもしれません。

2.正社員を目指すならなるべく早く就職活動を

入社をする際には正社員なのか、それとも契約なのかというような事がありますよね。

正社員であれば待遇などもよく様々なものがついてきたりするものです。

しかしながら正社員ではなく契約社員であったり、派遣というような事もありますよね。

入社する会社によりけりだと思いますが、正社員になるというのはとても難しいことであり、同じように考えているというような人がたくさんいます。

その中でも正社員を目指すのであればなるべく早く就職活動をするという対策を立てることができます。

正社員を目指すのであれば、大学を中退して直ぐにでもという行動を起こさなくては不利になってしまう可能性が高くなるからです。

これは年齢なども関係してくることだと思います。

年齢が若いことは有利

年齢というのは若ければ若いほど有利になります。

言うのであればもう歳を取ってしまうと将来伸びる人材なのかどうかという見極めが厳しくなってしまうからです。

若い人をよく取る会社というのは若い頃のうちにその会社で慣れるというのと同時に、成長をして上を目指して欲しいからという理由があるのです。

言うのであればまだまだ伸びる可能性がある人物だという事になりますよね。

仮に大学を中退してバイトをずっとし続けるのより、大学を中退して直ぐにでも就職活動をするようにすることで、他の人達よりも有利に進めることができるようになるのです。

しかしながら中退という理由なだけで中には取ることが難しいというような企業もあります。

しっかりと募集内容を見て判断をするようにすることも大切になるのです。

行動は早いうちに、特に20代などはまだまだ職を探せる時代でもあるのです。

是非諦めずに探してみてはいかがでしょうか?

20代は実務経験より、ポテンシャルや意欲

20代というのは実務経験というものがほとんど無いですよね。

30代の人と20代の人の違いというのは経験の差だけという事になります。

例えばプログラミングというくくりの中でも様々な仕事があると思います。

その方面を専門としている人というのも多くいて、そちらの経験などは他の企業でも即戦力になる可能性が高いので十分にあり得るのではないかと思うのです。

しかしながら20代というのはその様な経験というものが無いですよね。

大学で学んだという経験があっても、実際に仕事でするというのは初めてな人が多いのではないかと思います。

そんな時に企業というのはどこを取るのかという話になるわけです。

例えばポテンシャルもそうですし、意欲もあるでしょう。

中退をしている、していないに関わらず大事な事というのはその企業で働きたいという意欲にあります。

その意欲が無ければ企業に入るというような事が難しいところばかりです。

何故なら似たような企業というのはたくさんあるからです。

それでもその企業を選ぶというのは必ず理由があります。

その意欲を相手に伝えることでより有利に就職を進めることができるようになるでしょう。

学歴ではなく人柄ややる気を評価してくれる企業も

学歴で見るというような企業も多いですが、最近では人柄ややる気を重視してみるような環境も多くなってきました。

例えばですが学歴などがあって優秀となっていても、いざ仕事になるとコミュニケーションなどを重視しなくてはいけなくなりますよね。

その学歴であればこの様なことは分かると相手には伝わりますが人間性というものが全くもって伝わることがなくなってしまいます。

どんな事に関してもそうですが、人柄ややる気というのは熱意などがあるのかどうか、面接だけでは伝わり難いものばかりです。

しかしここで伝えることができるのであれば、より有利に進めることもできるようになるでしょう。

また基本的に最近の企業というのは人間性を重視する理由に、学歴などがあっても周りと意思疎通ができるのかどうかという所に注目をしている企業が多いからです。

言うのであれば1人で仕事をしているというのではなく、皆で仕事をしているので、1人が自分勝手にしていたり誰かを命令したりというようなものはなく、皆が一丸となって考えてプロジェクトを立ち上げるというような事が重要になるのです。

命令をされて動く、というような人ではなく、自分で考えて動けるような人材が欲しいという事になりますが、その前提というのはいわばコミュニケーションがあるのかどうなのかという所になるので覚えておくようにしましょう。

3.大学中退をアピールポイントに

大学中退というのはアピールポイントにすることもできるのです。

先ほども言ったとおり、中退だけでマイナスイメージを持つ企業もいますが、今をどの様にして過ごしているのかという事を重要視している企業も多くいます。

どの様な理由であれ人というのは様々な考えを持っていますが、中退したからといって逸れ者という訳ではありません。

中退を逆にアピールポイントとして相手に伝えるというような事もできるようになるのです。

合理的なりゆうをもたせる

合理的な理由をもたせることは大事です。

例えばいい加減な理由を持って行動をするというようなことではなく、ちゃんとした理由をもたせることが大事になるでしょう。

失敗を糧にする姿勢を

失敗というのはそこで立ち止まっていては仕方ありません。

前進をしなければ人というのは成長をしていかないものですよね。

どんな事でもそうですが、完璧な人というのはいません。

失敗を重ねるからこそ反省をして前に進むことができるようになるのです。

その失敗を糧にする姿勢というのは何よりも大事なことになります。

今をどうしているのかを見ている企業が多いという話をしましたが、失敗をして何もしないというような人は、基本的に物事をどうでも良いと思っている人ばかりです。

こうしなければいけない、この様にしよう、というような考えは必ずあるはずです。

就職をするという事は、その以前のような失敗をしないように働くというような事でもありますよね?

失敗を糧にする姿勢というのは常に大事にしなくてはいけないので覚えておくようにしましょう。

4.志望動機をしっかり考える

志望動機をしっかり考えるというような事も大事になります。

例えばですが、今の希望している企業以外にも似たような会社というのは様々ありますよね。

でも「貴社を選んだ理由とは?」というような事を聞かれることが多いです。

どこにでもあるような内容ではなく、その会社だからこそ入りたい!というような事を考えなくてはいけません。

これは大学を中退しておらずとも考えることですよね。

志望動機をしっかりと考えて言えるようにする事が大事になります。

大学中退者は自分なりの回答を入念に準備

大学中退者の場合は自分なりの回答を入念に準備することが大事です。

先ほども言ったとおりマイナスイメージを持つこともありますが、実は他の人が持っていない武器にも変わるのです。

言うのであれば「大学を中退しているけれどこの様な経験をしてこの様な会社で働きたい。

ここには他の会社には無いものがある」というような事を伝えることで、相手にアピールをすることができるようになるのです。

過去の失敗を糧に今をどうしているのか、その会社でどの様にして働きたいのかという事が重要になるという事です。

他社でも言える内容は避ける

他社でも言えるような内容は極力避けることが重要になります。

例えば他のところでも言えるような内容にしているというのは、その会社ではなく他の会社でも良いという事になりますよね。

必ず理由というのは言うと思いますが、その企業の魅力というものを話さなくてはいけないと思います。

仮に他の企業にもその様なことがあるのであれば、仕方ありませんが、説明会などのインターンシップというようなものはありますよね。

それに参加などを積極的にしたりするというような事も大事になるのです。

入社後の抱負を伝える

特に入りたい理由と同時に、入社することができたのであればどの様に活躍をしたいのか、貢献をしたいのかを伝える必要があります。

入社後にこの様なことをしたいという具体的なことがない状態になると、また辞めてしまうのではないかと思わせてしまうからです。

入社後の抱負というのは基本的に必須な理由の1つにもなるので、必ず言うようにすることが大切になるでしょう。

5.中退を意識しすぎない

ここで大事なことがあります。

それは中退を意識しすぎないという事です。

言うのであれば中退というのはマイナスイメージを持たれることはあったとしても、過去の事だと思いませんか?大事なのは今だという事です。

中退を意識しすぎてしまい、どこからも受け入れてもらえないというような考えはしないようにしましょう!

学歴に関わらず自分の強みに向き合う

大事なのは学歴などに関わらず自分の強みと向き合うことです。

自分の強みは何なのか、今どうしているのか、どの様にしてこの事と向き合うのかという事が就職を有利に進めるコツでもあります。

過去はこうだったけれど、変えるような努力をしているのであればそれを相手に伝えるようにしたり、学歴に関わらず自分の強みをしっかりと出していくようにすることで、就職などもすることができるようになります。

不採用でも自分を否定しない

不採用でも自分を否定しないことです。

その会社1つが全てではないという事です。

基本的にはその会社で働きたいとなれば、もう1度面接に行くというような事でも良いかもしれませんが、不採用の場合は自分を否定しないようにする事が大事になります。

大学中退後の就職先の選び方

大学中退後といっても就職先の選び方で悩むというような人がいますよね。

コツは知っていてもいざ探すとなるとどこを探せば良いのだろう?と考える人もいると思います。

そんな人のために選び方やどの様なことを重視して探せば良いのかをお教えしたいと思います。

1.中途採用枠での応募となる

中途採用枠での応募となるので、時期などはいつでも良いことになります。

しかしながらここで注意が必要なことがあり、学歴はどうなるのかという事になります。

これは言うのであれば最終学歴に関わることになりますよね。

この場合は大学ではなく、高校卒業という事になるのです。

最終学歴は高卒

最終学歴は高卒での条件となります。

なので大学卒業をしている人という条件の場合は応募をすることができないという事になるのです。

高卒歓迎の求人を

高卒歓迎の求人というのはたくさんあります。

人手不足なところもあるでしょうし、条件が正社員と違うかもしれませんが、似たような待遇がある高卒歓迎というような場所もあります。

探す際にはまず高卒歓迎の求人を見て、その中から選ぶとより採用をされる可能性が高くなるのです。

2.企業の規模や業界を重視しない

何よりも就職をするというのは様々な業界や規模というものがあります。

大手のものから中小企業まで様々あると思いますが、重視をする事は職業であって、規模や大きさというのはあまり見ないようにすることも大事です。

いかに仕事というのは自分自身にあっているのかという事が重要になるので、業界や規模というのはあまり見ないようにしましょう。

職業で選ぶ

職業で選ぶことが大事になります。

言うのであれば、職業というのは基本的に様々あり、自分にあったものというのは数多く眠っています。

どの職業をしたいのか、という大まかな部分を決めることでより選びやすくもなるのではないでしょうか?

内容で絞って効果的なアピールを

内容で絞って効果的なアピールをすることも大事になるでしょう。

言うのであれば、どの様なことが活かせるのか、どの様なことであれば自分はすることができるのか、という事を相手に伝えるというのはとても大事なことです。

例えばですが介護という職があっても、その中で事務処理をするという日がくるかもしれないですよね。

その際に事務処理をすることができるというアピールをすることもできるという事です。

この仕事のこの部分で活かせると考える

この仕事のこの部分で活かせると考えることが大事になります。

先ほども言ったように、どこをアピールポイントとして考えるのか、という事が重要になるので、会社にとって欲しい人材であるというアピールをすると良いでしょう。

3.自分の性格や適性とマッチするかどうか

自分の性格や適性とマッチするかどうかという事も重要になります。

仮にマッチするのであればその企業に応募というような形もできますが、入ってみないことには分からないことばかりですよね。

その時に大事なのは入った後にどの様なことをするのかという事を書いてある企業があるので、その様な企業を見て興味があれば応募という形をすれば良いのです。

キャリアアップしていけそうな仕事を

特にキャリアアップしていけるような仕事というのは、どんどんその業界に入ることができるという事になります。

その仕事で長く続けるには、自分の技能をどんどん上げていく他ないという事になるのです。

キャリアアップなどを取り組んでいる会社や企業というのは多くあるので、その様な仕事をしてみてはいかがでしょうか?

焦らずに就職活動を(まとめ)

いかがでしたか?大学を中退しているとしても不利になるというような事はなく、逆に有利に運ぶこともできるのではないかと思います。

中退をしているからといって諦めるのではなく、焦らずじっくりと就職活動をして、自分にあった企業などを探すと良いかもしれません!