誰でも経験があるものの1つには旅行というものがありますよね。

例えば友達と行く旅行などはとても嬉しいと思います。

「久しぶりの休日に友達と満喫することができた!」というような言葉をSNSや様々な場所で聞いたりすることも多いでしょう。

ですがそんな旅行を嫌うような人もいますよね。

旅行というのは基本的に遠出をして休日をとるというようなものですが、そんな旅行でも「社員旅行」になると行きたくない!というような人が多いのではないかと思います。

社員旅行というのは簡単に言えば、会社で行く旅行という事になりますよね。

その社員旅行では、時には勉強会というようなものもあるかもしれませんし、本当に普通に旅行をするだけというような事もあるでしょう。

しかしながら大半の人がこの社員旅行を嫌うような人が多いです。

何故なら会社というのは基本的に仲の良い人というのが少ない場所でもありますよね。

よく話す関係と言っても、同期や先輩、後輩といった上下関係がしっかりとしているのが会社でもあるからです。

この様な環境というのは基本的に様々な悩みを抱えてしまいます。

例えば会社が楽しくないという事であったり、会社の上司と上手くいかないというような事もあるでしょう。

社員旅行と聞いて「嬉しい!」というような人は基本的に会社でも上手くしている人であったり、周りからも信頼が厚いというような人が多いのではないかと思います。

しかしながら多くの人がこの様に思っているのかと言われると決してそうではないのです。

先ほども言ったように人間関係が上手くいかないから行きたくないという人や、ただ面倒だという理由で行きたくないという人もいるでしょう。

社員旅行というのは基本的には日頃の疲れを癒す目的で行くことには変わりないですが「旅行」をするのであれば、友達や家族や恋人と行きたいというような人が多いのではないかと思います。

日頃の疲れを癒す目的で行く場所に社員などの人達がいると余計に気を使ってしまいますよね。

また、嬉しいというような人は基本的に上司達だけというような事も多いのではないかと思います。

新しく入った人達であったり新入社員だと、少し辛いと思う人も多いかもしれませんね。

今回はそんな人達のために、行きたくない時の言い訳というものについてもお教えしたいと思います。

社員旅行も行って見ると楽しいものかもしれませんが、どうしても行きたくないというような人のために、いくつかの方法をお教えします。

皆さんは社員旅行は普段どの様にしていますか?

もし1度も行っていないという人がいるのであれば、是非お教えしたいと思います。

社員旅行への参加を迷っているあなたへ

社員旅行への参加を迷っている人は多いかもしれません。

例えばですが国内なら良いけれど国外の旅行は嫌だというような人もいますよね。

実際に国内であれば安全だと思いますが、国外に出てしまうと危険があるのではないかと考えてしまうのも人だと思います。

それは個人それぞれが海外などに対してどの様に思っているのかという所にも繋がります。

また社員旅行の大半は国内ですることが多いです。

冬であればスキーなどをするために雪などが積もっている県に行ったりするというような事もあるでしょうし、夏であれば海水浴が出来る県に行くというような事もあると思います。

旅行の大半は国内であり、もし仮に勤めている会社が大手であったり、儲かっている会社であれば国外と行ったこともあるでしょう。

また社員旅行というのは本当に日頃の疲れを癒すためにいくものです。

基本的に仕事の事は忘れて社員たちとの親交を深める目的でもいくことが多いです。

なので社員旅行をきっかけに仲良くなった上司や同僚などもいるのではないかと思います。

仕事の後に飲みに行くようになったというような事もあるかもしれませんね。

社員旅行などを迷っている人は是非とも検討をしてみると良いでしょう。

ではまず社員旅行というものはどの様なものなのかを詳しく見てみたいと思います。

社員旅行とは?


社員旅行というのは基本的に福利厚生の一種でなっています。

なので社員旅行をする際にはお金がかからないという事が何よりの利点だと思います。

社員旅行というのは主な目的としては日頃の疲れを癒す目的で行くことが多いです。

もちろん上司や社長などもいるかもしれないので、気を使うというような事があれば日頃の疲れが取れるのかという疑問が残るかもしれませんが、同僚との親交を深めるというような目的であれば、いつも話しをしなかった人と仲良くなったりするというような可能性があるので社員旅行をする意味というのも出てくるのではないかと思います。

また社員旅行と聞くとどの会社にもあるのだろうか?というような疑問もあるかもしれませんよね。

基本的には会社によっては無いところも多いです。

なので社員旅行などをする会社かどうなのかを見極めたりする事も大事かもしれません。

ではそんな社員旅行ですが、様々な疑問などがあると思うので更に詳しく見てみたいと思います。

福利厚生の一種というのはどの様なことなのでしょうか?

福利厚生の一種

そもそも福利厚生をあまり理解していない、どの様な意味か解らないというような人もいるのではないかと思いますので説明をしたいと思います。

福利厚生というのは社会保険や健康保険などを代わりに会社側が払うというような制度のことを言います。

言うのであれば健康保険などの負担をしてくれるというような事ですね。

更に言うのであれば、これは法的で決まっているものとそうでないものに分かれます。

例えばですが健康保険などは法定福利厚生と言われており、住宅手当などは法定外福利厚生と言われています。

大きく分けて2つあるのが福利厚生ですが、社員旅行の場合は法定外福利厚生になります。

言うのであればその会社がどの様にするのかによって決まるというようなものです。

法定外福利厚生という形であっても基本的には福利厚生の1種という事になるという事を覚えておくようにしましょう。

それと、この様な社員旅行の場合は会社によってあるか無いのかが決まるという事になります。

法定外というのはその会社によって決めるようなものなので、この社員旅行以外で考えるのであれば、社員食堂やスポーツなどもまた法定外福利厚生の1つになるのではないかと思います。

会社に入っても社員旅行が無い!といような会社であれば、この様なサービスを入れていないというような事になるのです。

社員旅行の目的とは?


ではそんな社員旅行の目的とはどの様なものがあると思いますか?

例えばですが、先ほども言っている日頃の疲れを癒すためであったり、親交を深めるというような事はあるのではないかと思います。

しかしながらこれは何度も言うように人によっては逆に疲れてしまうというような事にもなるので、個人差があるという事を覚えておいてください。

共通して言えることの1つには見聞を広めるというような事があるのではないかと思います。

言うのであれば観光などをして実際に経験をするというような事ですね。

これは社員旅行を通じてで最も効果的のあるものであり、仕事などにも中には影響をするものがあるのではないかと思います。

社員旅行というのは人によってはいきたくないと思っていても、案外楽しいと感じることが多いのも事実です。

ではそんな社員旅行の目的とはどの様なものなのかを更に詳しく見てみたいと思います。

日頃の疲れを癒す

日頃の疲れを癒す目的で社員旅行をするという所が多いです。

根本的な目的というのはこの日頃の疲れを癒すために行くものです。

基本的には会社の全員で行くというような事も多く、中には参加をしないという人もいるかもしれませんね。

普段から忙しいという人は家族との時間を取るという人もいるでしょう。

会社の中には家族でも参加ができるという形を取るところも多いです。

なので家族との時間をゆっくり過ごしたいという人は休んだりすることもあり、逆に家族と一緒に旅行に行きたいとなれば一緒に連れていけるというような事もできるのではないかと思います。

人によってはこの日頃の疲れを癒すという事ができないという人も多いです。

例えばですが家に帰っても直ぐに寝るというような人も多いのではないかと思います。

基本的には仕事によっては遅くまでするという事や、残業があるといった日は何もできないですよね。

休日になっても疲れを取ることができず、ずっと寝ているという人や何もしていないという人も多いのではないかと思います。

そんな日頃の疲れを癒すために社員旅行という方法も1つの方法です。

是非行って見てはいかがでしょうか?

同僚との親交を深める

同僚との親交を深めるために行くという利点もあります。

基本的に会社というのは長い付き合いになる場合とそうでない場合とありますが、もう数年と働いている場所であれば、同僚や後輩ができますよね。

ですがまだまだ話をしたことが無いというような人もいるのではないかと思います。

そんな時にこの同僚との親交を深めることで更に交流の幅が広がるのではないかとも思います。

仮に仕事が楽しいと感じる人がいるのであれば、その理由の中には仲の良い後輩や同僚がいるからなのではないかとも思うのです。

会社に行きたい!と思わせる理由の中には、良い交流関係があるからというのもあるのではないかと思います。

親交を深めることができれば、もっと会社に行きたいという気持ちであったり、周りとのコミュニケーションも取ることができますよね?

社員旅行の目的というのは、このコミュニケーションというのも重視されることが多いです。

周りとの意思疎通というものが取れていない状態であると、会社というものは成り立ちません。

見聞を広める

見聞を広めるために行くという目的もあるでしょう。

その場所に行ったことや見た物というのは自分自身にとっての経験へと変わります。

あの時に行っておけば良かった、と後悔をするのではなく実際に行って見ることで解るものというのもあるでしょう。

例えば先ほど言った交流関係も同じく、周りの人達のことを知れるチャンスでもあるのです。

普段のオフの日常というのは人によっては仕事の時と雰囲気が違うというような人も多いのではないかと思います。

見聞を広める際にはその様な事も見ると良いかもしれません。

普段の皆がどの様に思うのかという所が重要になるのではないかと思います。

どの会社にも社員旅行があるの?

ではそこで疑問に残ることがあります。

まずどの会社にも社員旅行があるのか?

という話ですが、これは先ほども言ったように福利厚生の一種ですが、法定外福利厚生にあたるので、会社によりけりという事になります。

よく募集要項の中に、福利厚生の一覧には様々な事が書かれていることが多く、住宅手当や健康保険はもちろんの事、その時に社員旅行という形で書く会社も多いです。

仮に社員旅行に行きたい!という人は入社をする前の説明の段階で聞いてみるのも良いでしょうし、行きたくない!というような人であればまず確認をすることから見てはどうでしょうか?

基本的には社員旅行に行くというのは充実している会社というのが前提になります。

小さな会社であったりする場合は、社員旅行というものは無いものだと思っていても良いかもしれません。

その会社の売り上げなどにより決まるでしょう。

国内旅行のほうが多い

実は社員旅行と聞くと海外を想像する人が多いかもしれませんが、国内旅行の方が多いという事に気付いたでしょうか?

基本的に国内旅行の場合と海外旅行の違いには値段の差と安全性というものがあります。

国内旅行の場合は気軽に行くことができるので、誰でも参加をしやすいのではないかと思いますが、海外になると話は違いますよね。

参加が多いのが国内旅行なので、会社も気を使って国内旅行をする事が多いです。

安全性で言えば国内旅行の方が安心をすると思います。

また、家族で一緒に行くというような人達も多いです。

これも会社側の負担になる事が多いですが、参加をする際に家族はどうするか?

というような事も聞かれる場合があります。

海外に行くとなると観光などでは嬉しいですが、国内でしたら気軽に家族も連れていけるというような事が多いので、国内旅行が多いというのもあるのではないかと思います。

海外旅行は大企業やよほど儲かっている会社

海外旅行は大企業やよほど儲かっている会社でなければ行けないようなところが多いです。

例えば海外旅行の場合は国内旅行と違って料金なども数倍近く跳ね上がります。

また何泊もかけて行くというような状態になれば更にお金がかかってしまいますよね。

なので海外旅行というのは基本的に大企業やよほど儲かっている会社でなければ行くことができないという事を覚えておきましょう。

行き先は誰が決めるの?

そんな社員旅行ですが行き先というのは誰が決めるのか?という所に疑問が残りますよね。

実はこれは会社によっても違うというような事があります。

例えばですが、社内旅行にどこに行こうかと社長や上司達が決めることもあれば、全員に聞くアンケート形式のようなところもあります。

基本的にどこに行きたいのか、予め候補を3つか4つほど決めておいてその中で希望を聞くというようなアンケートも多いです。

会社によっては勝手に決まっていた!なんていうような事もありますが、基本的には上司や社長が決めているものだと思っていて大丈夫です。

気になるという人は上司などに聞いてみると良いでしょう。