男女が差別なく働ける世の中になった今、仕事が忙しくて毎日家でご飯を作れない人も増えています。

外食だけでは栄養不足になるしお金もかかる、かと言って家でも満足に料理できない、、そんな人たちが今取り入れてるのが、「中食」です。

外食でも自炊でもない食事の取り方であり、特に時間のない若者や働く人々が利用するものです。

自分の生活サイクルに上手く中食を取り入れて、負担なく栄養補給・節約を実行することができるのです。

今回はそんな中食について、その素晴らしいメリットをご紹介していきたいと思います!

中食とは

中食といっても、なかなかピンとこない人も多いのではないでしょうか?

中には間食と勘違いして、朝食と昼食の間に食べる料理のこと?

なんて思う方もいるかも知れません。

中食という言葉自体初めて聞いた人がほとんどでしょうし、そもそも一体なんのことかさっぱりですよね。

実は、この中食とは誰しもが一度は経験したことのある身近なものなのです。

むしろ毎日中食をとっている人もかなり多くなった今、この「中食」という名称だけが知られていないだけなのです。

では、そんな現代人に不可欠な「中食」とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

内容を聞けばきっとあなたも「あー!そのことか!」と納得するはずですよ。

調理済みの食品を家庭で食べること

中食とは、すでに調理されたものを家に持ち帰って食べるごはんのことを指します。

外食のように外で食べるわけではなく、自炊のように自宅で一から料理をするというわけでもありません。

調理済みの食品というのは、ある程度料理がしやすいように下処理をされている食材というわけではありません。

魚などの魚介類はスーパーでも「下処理済み」なんてものが多いですよね。

中食は、もうそのままで食べられるようになっている「食事」を外で買って家で食べるということです。

お弁当やピザ、スーパーのお惣菜やテイクアウトの料理なんかがこの中食に当てはまるのです。

内食と外食の間

この中食とは、レストランなどのご飯屋さんに食べにいくわけではありませんし、かと言って食材を買ってきて家で料理をするというものでもありません。

いわば、外食と内食の間のような位置付けであり、それ故に「中食」と呼ばれているのです。

外食はお店に行ってシェフが作った料理を食べるということもあり、自炊よりもかなり経済面で劣ると考えられます。

さらに、レストランに行けば料理以外にも結局飲み物やサブメニューなどを頼んでしまい、全く節約には繋がらないというのが苦しいところです。

逆に、自炊はお金を最大限に節約できますが、時間がない人や料理が苦手な人にとっては非常に負担となりますし気がすすまないですよね。

また、自炊は自分の好きなものばかりを作ってしまう傾向にあるので、どうしても栄養面で偏った生活になってしまうというのが本当のところです。

これらに比べて、中食は作る手間も省ける上に外食ほどお金もかからず栄養もしっかりと取ることができます。

コンビニの普及に伴い中食が増えた

そんな中食ですが、利用者が増えた背景としてコンビニの普及が挙げられます。

今や全国どこに行ってもあるコンビニエンスストアは、なんでも売っているという便利さと気軽に寄れるということから爆発的にその数を増やしています。

コンビニが普及したことに伴い、サラダやカップラーメン、さらにはホットスナックやお弁当などわざわざ大きいスーパーに行かなくとも買えるようになりました。

お弁当屋さんやおにぎり屋さんなどの専門店では決まった食事しか買えない一方で、コンビニでは色々なものを少しづつ買うことができます。

栄養を考えてサラダにチキン、スタミナをつけるために焼きそばも一つなど、食事を好きなように選ぶことができるコンビニは、人々の中食文化を発展させていったのでしょう。

年々中食をする人が増えている

中食という言葉があまり浸透していない一方で、実際中食をする人は年々増えているのが現実です。

コンビニなどの普及や節約志向の広がりとともに、人々は外食や自炊よりも中食を多く取るようになっているのですね。

特に、学生などの若い世代が頻繁に中食を取っていることも、中食の利用者の増加に繋がっていると考えることができます。

コンビニは比較的新しい文化ですが、その利用者達が親になり、子どもに中食をとらせる。

そして、その子ども達もまた日常生活で中食を取るようになった、というサイクルができているのです。

このままもっと手軽に料理を楽しむことができるようになれば、一層中食文化は発展していくと考えられるでしょう。

日本の孤食文化が影響している

また、この中食が増えた原因として日本の孤食文化も影響していると考えることができます。

少し前までは、家族揃って朝食・夕食を取ることが当たり前だとされていました。

昼食は学校の友人達や職場の同僚と食べることが多く、家にいる家族はみんなで食べていました。

今でもそうした家庭が全体に対して多いのは変わりありませんが、それでも一緒に食べる頻度やそうした家族の数は減ってきているのが現状です。

誰かと食べたいとは思っているが、忙しくて時間がなかったり食べる人がいないというこのことを「孤食文化」と呼ぶのです。

中には一人の時間が好きだという人も多いですが、女性も外に出てバリバリ働くようになった今、家庭でご飯を作って全員揃って食べる、という人は少なくなっているのでしょう。

中食の10個のメリット

中食文化の発達には様々な要因が考えられますが、これが人々にとってかけがえのない存在になってきているのは明らかです。

中食がなければ毎回の食事で自炊か外食をしなければいけないなんて、人によっては非常に困ることではないでしょうか。

ここからは、そんな大切な食文化「中食」の代表的なメリットをご紹介していきます。

今や当たり前になっている中食ですが、改めて考えてみるととっても便利だということが分かりますね。

今一度その存在感を確認して、自分の食生活のなかに上手いこと取り入れていくようにしましょう。

では「中食」のメリット10個、じくりとご覧ください!

1.気軽に買える


中食の一番のメリットと言えば、やはり気軽に気兼ねなく買うことができるというところです。

外食するとなればそれなりのお金が必要だったり、他人がいる空間で食べなければいけないなど、色々気を使う場面が多いですよね。

しかし、中食は買って一人で食べればいいだけなので、誰にも気を使うことなくゆっくりと落ち着いて食べることができるのです。

コンビニやファーストフード店などが増えた

特に、今はコンビニエンスストアやファーストフード店があらゆる場所に存在しています。

少し歩けばコンビニやファーストフード店を見つけることができるので、お手軽に購入して食事を済ませられるのです。

コンビニやファーストフード店には、今では非常に多くの競合店がありますよね。

コンビニなんかは統合している店舗も増えてきましたが、各会社によってカップ麺やホットスナックの種類が変わってきます。

都心ですとすぐ近くに競合店があったりするので、人々は好きなコンビニやファーストフード店に行って、食事を選ぶことができるのです。

また、最近では世の中の健康志向に乗ってオーガニック素材だけを謳ったファーストフード店なんかもできているようです。

採れたてのフレッシュな野菜に新鮮な肉を使ったバーガーなんかは、普通のファーストフードよりかは高いですがそれでも外食より節約できて栄養面も申し分ないということで非常に人気があるのです。

2.コンビニだと24時間好きなものが食べられる

コンビニには24時間営業しているところがほとんどなので、夜遅くでも好きなものが食べられるというのも中食のいいところです。

人の少ない土地や夜が栄えていない町なんかでは、24時間営業していない店舗もたまにありますが、ほとんどのコンビニは深夜や早朝まで営業しています。

夜遅くまで仕事をしている人や深夜勤務の人たちは、仕事の後に小腹が空けばすぐに買いに行くことができます。

特に夜勤の方なんかは、早朝にどこも開いていない中で、コンビニがあれば非常にありがたいですよね。

色々な職種がある今の時代には、こうした24時間営業のコンビニというのは人々の生活に欠かせないものになっているのです。

食べたい時間に食べたいものが食べられる

また、単純に食べたい時間に食べたいものが食べられるというのは嬉しいことですよね。

レストランや居酒屋では、ランチを出してもらえる時間も店の開店時間も全て決まっています。

夜にランチは食べれませんし、居酒屋は昼には閉まっています。

また、自宅で食事を取るにも作りたい料理の素材が冷蔵庫にあるとは限りませんし、風邪をひいている時に自分で買い物に行って料理することなんてできません。

そうした時にも、コンビニがあれば24時間どんな状況でも食べたいものを食べることができます。

ピザが食べたければデリバリーを頼むことができますし、しんどいときはコンビニで調理済みのおかゆを購入することができます。

3.食べたいものを必要な分だけ食べられる

中食では好きなものを好きな時間に食べられるということに加えて、食べたいものを自分に必要な分だけ摂取することができます。

外食に行った時、量が多すぎて食べきれずに残して気まずい思いをしたり、足りなくてもう一品余分に頼む羽目になったことはありませんか?

お店で出される料理は量が決まっているので、自分が食べたい量を選ぶということはできません。

大盛りや小盛りを選べる店は増えていますが、それには「プラス〇〇円」といった追加料金制度があったり、小盛りなのに同じ代金を請求されたりと気分良く食事を取ることができなかったりします。

一方で、中食は食べたいものを自分の必要な分だけ食べることができるので非常に便利なのです。

自分で量を決められる

中食はもうすでに出来上がっているものを購入するだけなので、目の前で好きな量のご飯を選ぶことができます。

また、サラダを多めに食べてメインを小さめののやカロリーの少ない食事にしたりというのも全て自分で調整することができるので、言わば完全自分流にカスタマイズした食事を取ることができるのです。

自炊にしても、一人分の量をしっかりと作るというのはかなり難しいです。

もう一人暮らしが長くて料理の腕前もそこそこあるという人であれば、好きな分量だけ作れるかもしれません。

しかし、そうではない人にとっては、作りすぎてしまって料理が無駄になったり、足りなくて結局他のものを買いにいくなんてこともおおいでしょう。

一発で好きな分だけ食事を取れるという面でも、中食はとても効率的で優秀な食事法なのですね。

4.種類が豊富である


中食の代表的存在であるコンビニは、その種類の豊富さも魅力の一つとして挙げられます。

コンビニには生活用品から充電器などの機器など本当になんでも売っています。

その豊富さは食べ物も同様で、お弁当やパスタ、ラーメン、牛丼などからお酒に栄養ドリンク、調味料までなんでも揃っています。

わざわざレストランを探さなくても、コンビニに行くだけでほぼ確実に自分の食べたいものを手に入れることができるのです。

選択肢が多い

こうした食事の選択肢の多さは、人々の食事への満足度もアップさせる効果があります。

自分の食べたいものを食べたいだけ、さらにいつもは見ないような味なんかも発見できるので、毎回の食事で非常に満足することができるのです。

また、コンビニなどは非常に価格も良心的であるために、食べたことのないようなメニューや味に挑戦することもできます。

もし気に入らなくてもお財布にそこまで負担はかかりませんし、精神的ダメージも低いです。

これが飲食店となると、せっかく高いお金を払っているんだからという気持ちから、いつも同じものを頼んでしまいがちですよね。

選択肢の多さは食生活を豊かにすることにもつながります。

中食は偏った食生活を見直すという意味でもいいのかもしれません。

5.健康にもメリットがある

中食は意外と健康にもメリットがあるのです。

中食といえばコンビニやファーストフードといったお手軽にご飯を購入できるお店が主流です。

なので、しかしこうしたお店って体に悪いというイメージがありませんか?

防腐剤や賞味期限ギリギリの商品だったり、油や糖ばかりで不健康まっしぐらの食事だと考える人は少なくありません。

しかし、実際は健康面でも中食はメリットがあるとされています。

というのも、コンビニにはサラダや栄養ドリンク、低脂肪の鶏肉など、想像している「不健康ご飯」の他にもさまざまな栄養食品が取り揃えられているのです。

自分で食べるものを決められるコンビニでは、「ラーメン一品だけ」ではなく、一緒にサラダと野菜ジュースを購入するなどバランスを考えて食事を取ることができるのです。

外食だと不足しがちな野菜をとれる

外食だとどうしても野菜が不足してしまいます。

シェフたちは自分の料理を頼んでもらうためにその料理を作っていますので、客の栄養や健康面なんかは関係ありません。

ですので、毎日外食ばかりでメインの料理だけを食べ続けていれば、非常に栄養が偏ってしまうのです。

中食ではそうした栄養バランスを自分で整えることができるので、好きなだけ野菜を取ってすきなだけ肉を頬張ることができるのです。

また、栄養ドリンクや豆乳など、体の調子を整える飲み物も種類が豊富で、自分の食べたいものに加えてそうしたサプリメントで必要な成分を補うこともできます。

6.少し贅沢ができる

中食は貧相な食事だと思われがちですが、普段の食事よりも少し贅沢することだってできるんです。

中食の醍醐味といえばお手軽お手頃、節約しながら色々なものを食べることができるという点でしょう。

いいものでも一品1000円未満で購入することができるので、その分他のデザートを買ったり好きなお酒を買ったりと、いつもより出費を抑えて贅沢することができるのです。

外食ほどお金はかからないり

特に、毎食を外で飲食店に行ったりしていれば、かかるお金も相当なものです。

ランチでも1000円程度する上にディナーとなれば安くて1500円、その上モーニングも食べればとんでもないことになりますよね。

しかも、外食は一品だけでその値段です。

メイン料理だけで中食の一食分を軽く超えてしまうので、毎日続けていれば破産してしまいます。

一方で中食はサラダも肉も我慢せず、しかもデザートまで食べて外食より安く済むのです。

ただし、安いからといって買いすぎてしまっては意味がありません。

そこはしっかりとお金の管理を行って、外食よりか安く済むように程よい贅沢に留めるよう心がけましょう。

7.働く母親の助けになる

中食は働く母親の助けにもなる優れものです。

子どものためと思って毎食分手作りのご飯を用意するママたちがどれほど多いか計り知れません。

作るだけでも大変なのに、栄養バランスや一人一人の食べる量を計算しなければいけないので、それが毎食となれば非常に大変です。

働く母親となれば、その負担は想像に苦しくないですよね。

そんな忙しいママたちの味方になるのがこの中食です。

子どもにしっかりと栄養を取らせることもできるし、ご飯を作る手間ヒマもかからないので一石二鳥の素晴らしい食事法なのです。

準備片付けがなくなる分時間ができる

ご飯を作るのは、フライパンで炒めるだけではありません。

材料を買ってきて下ごしらえをして、料理が出来上がると次は片付けに洗い物など、、想像以上にいつも時間がかかってしまって大変ですよね。

一方で中食は買ってきてそのお皿のまま食べて捨てるだけで良いのです。

準備といえばせいぜい食べる前にテーブルを拭くぐらいでしょうか。

自分で選んで買うことができるので、栄養バランスもよく準備片付けの時間もなくすことができるので、その分自分の仕事や子どもと遊ぶ時間に使うことができるのです。

子どもからしても、必死に忙しい中ご飯を作ってイライラしている母親より、中食で落ち着いてご飯を出してくれる母親の方がいいですよね。

中食は頑張るママたちの強い味方なんですよ!

8.手軽な値段で美味しいものが食べられる

中食は価格が安い分外食よりも美味しくないんじゃないの?なんて思っている人も多いことでしょう。

たしかに、一食何千円もする高級料理店には劣ってしまうかもしれませんが、最近の中食クオリティはかなり高くなっているのです。

例えばイートインの店でテイクアウトもやっているようなお店。

そこで料理をテイクアウトすれば、中で食べる料理と味が変わらないのにテイクアウトの方が値段が安いのです。

これは、イートインの価格の中にお水代や席代、皿洗いや店員の手間代など色々なサービス代が含まれているからなのです。

また、店内で食べればその分綺麗にお皿に持って食べることができるので、テイクアウトよりも高くなるのです。

値段設定があまり高くない

中食では家に持って帰るので見た目よりも安全さ重視で、サービス料もないため値段設定が低くなっているのです。

最近の節約志向の日本人からすれば、味が変わらないなら家で食べた方が安いし気使わないしいいじゃないかと考えるのですね。

やすくなった分は、他の飲み物に充てたり服を買って少し贅沢したりすることができます。

中食が美味しくないという時代はもう終わったのです。

今はコンビニでもとっても美味しいものが食べられる時代、これからもより安く手軽な中食が食べられるようになっていくはずですよ。

9.作ったことのないものを試すことができる

中食はその安さと自分でカスタマイズできるという点が人々に人気が出た理由です。

種類も豊富なコンビニなどでは、自分の作ったことのないようなものを買ってみて、自分の料理の参考にすることもできるのです。

今の女性たちはインスタ映えを狙って、さまざまな可愛い料理や飲み物などを追い求めていますよね。

そんな流れもあってか、料理番組も豊富で色々な料理が考案されています。

そうした料理の味を試すためには、この中食が最適なのです。

いきなり食べに行ってもいいですが、それが自分の口に合わなければお金がもったいないですよね。

また、中食であれば家に持ち帰ることができるので、味を見比べながら作ることができるのです。

少量試してそのあと作ったり食べに行ったりすることができる

中食でまずは味を試してから、そのあと自分で作ったりお店に食べに行ったりすることができるのです。

目新しい料理は食べてみたいけどちょっと勇気も必要ですよね。

自分で作るにしても正解がわからないし、食べに行くにしても少しハードルが高い、、そんな人にとって、中食はちょうどいいサイズと価格なのです。

最先端の食文化を取り入れているコンビニやテイクアウトなどの中食だからこそできること。

もし気になる料理があれば、まずは安全に中食から挑戦してみてはいかがでしょうか?

10.後片付けが楽である

中食はなんといっても後片付けが圧倒的に楽です。

食事って家で作るとその前処理から後処理までやたらと面倒ですよね。

しかも一人暮らしの人なんかは、キッチンも満足に大きくないので、ちょっと進めては洗い物をしたり整理したりしないと料理ができないので、どうしても億劫になってしまいがちです。

食べた後が一番のネックで、漬けておいた食器を洗って拭くという作業がなんとも面倒です。

中食はそんな面倒なことは一切なく、買ってきて食べて捨てるだけです。

お腹が空いていてもすぐに食べれますし後片付けもほとんど何もありません。

家事を早く終わらせることができる

自分の仕事がたまっている時や、どうしても約束があってすぐに家を出たいときなんかは非常に便利です。

食事にかける時間を他の家事に回すことができるので、その分ゆっくり準備ができて失敗も少ないです。

特に家事がたまっているときなんかはありがたいですよね。

ご飯を作っている間に洗濯物が終わってしまうと困りますし、かといって洗濯物を待っていたらいつまでもご飯が食べれない、、また、ご飯を作っているときに掃除をするのも、埃がまって衛星的に良くないです。

どうしてもやることがいっぱいある日、忙しい日には中食を買ってきて時間短縮するというのが一番の方法と言えるでしょう。

中食はどんな人にオススメ?

あまり聞きなれない言葉「中食」。

その実態は、めちゃくちゃ便利な現代的な食事法なのですね!

中食は今や若者から高齢者まで誰もが少しは関わっているものですが、そんな中でもどんな人に需要が高いのでしょうか?

中食を是非生活に取り入れてほしい人々を厳選してみましたので、当てはまっている人は是非、中食文化を始めてみてくださいね!

子育て中のお母さん

中食を是非おすすめしたいのは、まずは子育て中のお母さん方です。

待望の赤ちゃんが産まれて幸せいっぱいのお母さんも、その後の育児疲れで疲労困憊しているのではないでしょうか?

特に、まだ物心がついていないような赤子の間は、意思疎通もできずイライラして家事すらままならない時だってありますよね。

そんな子育てに奮闘中のお母さんは、家でご飯を作らなければいけないという考えは捨ててしまいましょう!

中食を取り入れることで、自分に時間を作って余裕を持てるようになれば、育児ストレスも軽減されて楽になるはずですよ。

また、中食なら準備も片付けもほとんど必要ないので、泣いている赤ちゃんのことを一生懸命構ってあげることができますよ!

一人暮らしの人

一人暮らしの人にも、生活に上手く中食を取り入れていただきたいですね。

一人暮らしだと、お金もかかるし家事も大変だしでなかなか辛い時期もありますよね。

特に、自炊が苦手な人ややったことがないなんて人は、無理に自炊しようとすれば余計にお金がかかってしまって、且つ美味しくないご飯に落胆してしまうこともあるでしょう。

その点、中食はある程度のクオリティが保証されていますし、価格帯もお手頃なので一人暮らしには最適なのです。

量も自分で選ぶことができるので、自炊で作りすぎてしまうということもありません。

自炊できないからいつも外食しているという人、そのお金相当無駄になっていますよ!

まずは自炊ではなく中食から始めて、一人暮らしをより豊かにしていってくださいね!

独身サラリーマン

一人暮らし同様、独身のサラリーマンも中食を自分の生活に取り入れてみると良いでしょう。

仕事で毎日疲れて帰って来てからご飯を作るなんて地獄ですよね。

かといって、外食ばかりだと仕事をする元気も栄養も満足にとれないです。

でも前の日や週末に作り置きするような技術はない、、そんな人は、中食をうまく取り入れていくことで、しっかりと栄養バランスを整えて負担も減らすようにしましょう。

クタクタでしんどいときに、節約のために無理してご飯を作るのは良くありません。

長く続かず結局散財してしまうでしょう。

中食で少しの贅沢と時間の余裕を作りながら、余裕のあるときは自分で自炊すると心も軽くなって健康も保つことができるはずですよ。

共働き家庭

共働きの家庭では、どちらがご飯を作るかというので定期的に揉めてしまいますよね。

共働きということは、二人ともが働きたいかもしくは家計が苦しいかのどちらかです。

後者の場合、絶対に外食なんてせず全て自炊にしようと頑張ってしまいますよね。

料理を分担しても結局料理が上手い方がやるようになり、徐々に負担がたまっていくのです。

共働きのご夫婦も、たまには中食で手を抜くことが必要です。

中には二人で1000円もしないような中食もたくさんあります。

ある程度中食を取り入れることは、夫婦の関係を良好に保つためにもおすすめできるものですよ。

高齢者家庭

高齢者がいる家庭では、なかなかご飯を作る体力がでなかったり、買い物に行くのが辛いときがありますよね。

また、高齢者を介護している家庭なんかも、介護に追われてなかなか家事に手が回らないときが多々あります。

そんな高齢者家庭でも、中食は非常に役に立ちます。

準備にかかる負担を軽減するとともに、自分たちの好きなものを少量ずつだけでも食べられるので、高齢者にとっては非常に有難いものです。

外食なんかも、そこまで行くのがしんどいときだってありますよね。

そんなときは、近くのお店やコンビニで中食を買って、できるだけ楽に生活できるようにしてみてくださいね!

賢く中食をとりいれてみよう

中食というのは、生活の質を上げるためには不可欠な要素となってきています。

大変な時だけ、週に何日と決めて賢く取り入れることで、しっかりと栄養バランスのとれた心身ともに健康な生活を送ることができます。

是非この機会に自分の周りの中食を探してみて、自分に合った方法で取り入れてみてくださいね!