世界は、色々なタイプの人間によって成り立っています。

違ったタイプだからこそ、色々な意見が出て行動する事が出来るのでしょう。

同じタイプばかりでは、世界が平和に回る事など無いのでしょう。

タイプが違うからこそ、良い部分が沢山あるのです。

10人居れば10人のタイプがあり、それぞれが違った性格をしています。

その中で、自分の事ばかりを考え行動する人が多くなればその集まりはまとまりがなくなってしまいます。

意見は多く出来かもしれませんが、まとめる人やそれを聞く人が居なければ意味がないのです。

人々をまとめる為には、聞き上手な人が必要です。

聞き上手な人がいる事によって、互いの気持ちを汲み取っり意見をまとめるのとが出来る様になる事でしょう。

聞き上手になる事は、その場をまとめる事ができる力を手に入れる事が出来ると言う事にも繋がります。

だからこそ聞き上手になる事は、その後の人生を大きく変えると言っても過言ではありません。

ですが、聞き者になる事はそう簡単な事ではありません。

誰もがなりたいと思いつつも、なる事が出来ないのです。

そこで今回は、聞き上手になるためのあいづちのポイントについてご紹介させて頂きます。

単純に自分の心の中だけで『聞き上手になりたい』と思っているのと、実際に効果的な方法を知るのとでは、効果の出方が違ってくるはずです。

より効率的に力をつけるためにも、コツを知ることは必要ない事でしょう。

あいづちとは

聞き上手になる為に必要な事。

それは、まずあいづち上手になる事です。

あいづちを上手に打つ事が出来るようになれば、話をしている相手は『自分の話をしっかり聞いてく経ている』と感じ、心を開きやすくなる場合もあります。

どんな人でも、自分の話を聞いてくれない人に対して話をしたいとは思いません。

心を開く事など無いでしょう。

反対に、自分の話をしっかり聞いてくれていると感じる相手ならどうでしょうか。

自然と色々な話をしたいと思うはずです。

相手に話を聞いていると思わせる方法はいくつかあります。

その中でも、最も簡単な方法が上手なあいづちです。

あいづちとは、つまりは『ウンウン』『そうなんだ』『凄いね』などと言う、会話の間に入る言葉の事を指します。

これが上手にできる人は、それだけで聞き上手としての個性を覚えてもらう事が出来るかもしれません。

聞き上手だからと言って、話を全て聞いているとさかと聞かれればそんな事はありません。

あくまでも聞いている様に相手に感じさせる事が大切なのです。

だからこそ、まず聞き上手になる為にはあいづち上手になりましょう。

あいづち上手になる6個のポイント

それではここからは、あちづちが上手になる6個のポイントについてご紹介させ頂きます。

その中には当たり前のようなものもあれば、目からうろこの珍しいものまである事でしょう。

すべてを実践する事ももちろんおすすめではありますが、自分に合っていると思う方法を一つづつ試していく事もおすすめです。

あれもこれもやろうとしてみた結果何をしたかったのかわからなくなってしまっては意味がありません。

自分ができそうだなと思う方法から無理なく開始してみればいいのです。

そうする事によって、いつの間にかその力が自分に備わっている事もあるでしょう。

あいづちは本来意識して行う物ではありません。

自然に出てしまうものなのです。

だからこそ、その部分をなおそうと思えば思うほど、なかなかうまく行動する事が出来なくなってしまう場合もあります。

不自然な動きとなり、かえって相手に警戒されてしまう事だってあるでしょう。

そんな風にならないようにするためにも、自分にとって負担の少ない形で進めていく事が大切です。

1.うなづく


あいづちと聞くと、基本的に声にだして話をすることをイメージするはずです。

『うんうん』『そうなんだ』『凄いね』など会話に合わせたコメントを入れるのです。

いわば会話の餅つきのようなもの。

相手がいかに気持ちよく話をすることが出来るかを意識して行っていくのです。

早すぎても遅すぎてもダメ。

絶妙なバランスで行う事が必要なのです。

ですが、それは少々技を必要とします。

営業などによって、普段からお客様と会話をする機会が多い人にとってはさほど難しい事ではないかもしれません。

ですが、聞き上手になろうと思っただけでまだ具体的な行動に出ていない人にとっては、何を開始したらいいのかわからない事でしょう。

そんな時は、まずはうなずいてみてください。

会話の中でうなずく事によって、相手に見ていることをアピールする事が出来ます。

けれど話をするわけではないので、会話の腰を折る事も無く、無難な形であいづちを行う事が出来るようになるのです。

この方法は、うなずくだけで、話を聞いているイメージにする事が出来ます。

だからこそ、誰でも簡単に実践する事が出来る方法です。

人の会話の中であいづちをするという事は、意外と難しい部分もあります。

変な反応をすれば周りの人から話を聞いていないと誤解されてしまう事もあるでしょう。

そうなってしまわないようにする為にも、出来るだけ自然に会話の中で沢山うなずいてみてはいかがでしょうか。

会話のスピードに合わせて

うなずくと言っても、ただうなずいていては意味がありません。

必要な事は、相手に話をきちんと聞いていることをアピールする事なのですから。

だからこそ、自己満足でうなずいていても相手の印象を変える事は出来ません。

必要なのは、相手に合わせる気持ちです。

会話にはスピードが必ずあります。

早口の人もいれば、のんびりのんびり話すひとだっている事でしょう。

にも拘わらず、同じような速度であいづちをしていても満足のいく結果とはいません。

相手の人も、適当に話を聞かれていると感じて機嫌をそこねてしまう事もあるでしょう。

そうなってしまっては意味がありません。

意味のあるものにする為にも、きちんと相手の顔を見ながら相手の速度にあわせてしっかりとあいづちをすることが大切です。

深くやゆっくり等、会話に合わせて

うなずくと言っても方法は一つではありません。

深くゆっくりうなずく事もあれば、早くコクコクと頭を動かす事だってある事でしょう。

会話に合わせた方法を身に着ける事によって、誰もがもっと沢山話をしたいと思う事が出来る存在になる事でしょう。

2.声を添えて

うなずくことが出来るようになってきたら、次は声をだしてみましょう。

会話のとぎれた瞬間を狙って声を添えていくのです。

これは、意外と難しいものではありません。

勿論、話を聞いて切り返しを考えるなどすれば、難しい部分も出てくることでしょう。

ですが、あいづちの一環としてとにかく声を出す事が出来ればいいというのであれば、比較的誰でも簡単に行う事が出来るようになる事でしょう。

あぁ、えぇ等

あいづちの際に出る言葉ので持っても多いのが『あぁ』『えぇ』です。

これは、相手の意見を肯定も否定もしていません。

単純に受け止めているだけなのです。

だからこそ、相手もどんどん気持ちよくなって会話を続けていく事でしょう。

相手の意見と自分の意見が違った場合、それを口にだして伝える事は難しい事もあります。

うまく出来なければ、相手を怒らせてしまう事もあるからです。

だからこそ、自分の意見を伝えたりするこ戸が苦手であいづち上手になる事が出来ないという人もいるかもしれません。

ですが、肯定も否定もしない『あぁ』『えぇ』という言葉であれば、深く考えずに自然と口に出す事が出来るでしょう。

まずは、声を出してみる事が大切です。

その中で、段々とコツをつかめてくる事もあるでしょう。

難しく考えて行動する事が出来ないのであれば、思い切って動いてみてはいかがでしょうか。

時には感情も表して

『あぁ』『えぇ』という言葉であれば、誰でも簡単に話す事が出来ます。

ですが、いつも単調な会話を続けていると相手もつまらなくなり、うまく会話を進める事が出来くなってしまう恐れもあります。

そんな時は、そこに感情を追加してみましょう。

『あぁ』『えぇ』という言葉だけでも、感情を入れる事は可能です。

他の言葉を入れずとも、自分の気持ちを相手に伝える事が出来るかもしれません。

話している方としても、淡々と聞かれるよりは、さまざまな反応をしてくれた方が話しやすいという事もあるでしょう。

3.共感を伝える


聞き上手になりたいと思うのであれば、自分がどんな時に話をしやすいかを想像してみてください。

自分に置き換える事によって、必要なポイントをより明確に知る事が出来る場合もあるのです。

例えば、共感してもらう事も一つのポイントです。

何を話しても『でも』『だって』といわれてしまうと、段々と話をする事が嫌になってしまう事でしょう。

どうせ話しても理解して貰う事が出来ないと、そのまま何も話さずに諦めてしまう事だってあるのです。

そうなってしまっては勿体ないでしょう。

せっかく話をしてくれる機会があるのであれば、そのタイミングをつぶすようなことをしてはいけません。

相手の機嫌を損ねないようにする為にも、まずは相手の会話に共感する事が大切です。

どんな人であっても、自分を否定してくる人よりも肯定してくれる人と一緒にいた方が楽しいはずです。

意見を理解して貰う事ができれば、ついついあれもこれもと会話を続ける事もあるでしょう。

それだけ、人は共感してもらう事によって安心感を持つ事が出来るのです。

私もと同調

共感を伝える為には、『私も』という言葉を使用することによって簡単にその気持ちを相手に伝える事が出来るようになります。

人は自分の話に共感してもらう事が出来れば、それだけでも嬉しいと感じるものなのです。

普段話をしないような相手との会話で、何を話したらいいのかと不安に思っているときも、相手からの『私も』というあいづちによって安心することが出来る事もあるでしょう。

同調する事によって、相手の心を開く事が出来るのは、聞き上手のテクニックの一つです。

これをすることが出来るようになるのであれば、聞き上手になっていると言っても過言ではありません。

なるほどと納得

相手の意見をに同調することは、聞き上手になる為には必要な事です。

ですが会話の中には、同調することが出来ないものもある事でしょう。

中には悪愚痴のようなものもあり、それに賛同することによって新たな問題を生み出してしまう恐れが出る場合もあります。

だからこそ、そうならないようにする為にも、あいづちのバリエーションを持つ事も重要です。

もし、相手の話に同調する事が出来ないと思う際には『なるほど』といって切り返しましょう。

『なるほど』という言葉は、とても便利な言葉です。

意見同調しているようにも見えますが、実際には同調しているわけではなく、あくまでも納得しているだけに過ぎないのです。

つまりは『そういう考え方もあるんだね』と受け止めているだけなのです。

この方法を使用する事によって、同調しにくい会話にもうまく溶け込む事が出来るようになります。

聞き上手になりたいからと言って、イエスマンになる必要はありません。

自分の意見は自分の意見として、しっかり持っておく必要があります。

その中でも、他人の意見を否定せずにやりこなす事が大切なのです。

その為にも、さまざまなあいづちを覚えておきましょう。

4.繰り返す

人は単純な生き物です。

自分と同じ意見を持っている人に対して共感したり、心を開いたりする傾向があります。

だからこそ、聞き上手になりたいと思うのであればその気持ちを相手に感じさせる事が重要です。

しかしながら、すべての人の意見に合わせていては自分が結局何をしたいのかわからなくなってしまう事もあるでしょう。

全ての会話を覚えておく事も出来ず、疲れてしまうはずです。

そんな時にお勧めの方法があります。

それは繰り返す事です。

相手が話している内容をもう一度復唱するのです。

そうする事によて、話をしている人は自分の意見をしっかり聞いてくれている。

理解してくれていると思うようになるのです。

これは、聞き上手になる為には大切なポイントです。

全ての会話に神経を集中し、相手の気持ちを読む事は大変な事もあるでしょう。

時には聞き流してしまいたいと思う事だってあるはずです。

そんな時、この技を利用すれば、相手の機嫌を損ねることなくうまくその場をやり過ごす事が出来るようになるのです。

言葉尻のオウム返し

『オウム返し』とは、鳥のオウムにちなんでつけられた言葉です。

オウムとい鳥は、とても賢いとり名なのです。

だからこそ、人間が話している言葉を真似して話をするようになります。

しかし言葉の意味が分かっているわけではないので、質問をされても質問で返答してしまいます。

『ポーちゃん元気?』と聞かれれば『ポーちゃん元気?』と返してしまうのです。

そんなやり取りが、オウム返しです。

会話の中でのオウム返しは、本当のオウムのようにすべてを返すわけではありません。

言葉尻などを使用して、同じ話をしていることを相手に印象づけるのです。

そうするる事によって、相手に親近感を感じさせ仲間意識を植え付ける事が出来ます。

どんな時でも、自分の言葉に関心を持ってくれる人は嬉しいものです。

それが例えオウム返しであったとしても、自然の会話の中で行う事が出来ればそれは意外と気がつかないものでしょう。

だからこそ、いかに自然とオウム返しをする事が出来るのかが大切です。

関心があることを伝える

話をしている際、相手の反応によて興味があるかないかを判断する事が出来ます。

自分がどんなに楽しく会話をしていたとしても、相手がつまらなそうにしていれば会話をする事が嫌になってしまう事もあるでしょう。

出来るだけ、楽しそうに聞いてほしい。

そう感じるはずです。

実際に、聞いている方は楽しんで聞いているのかもしれません。

ですが、その気持ちをうまく表す事が出来ていないと、相手に嫌な思いをさせてしまう事につながるのです。

だからこそ、興味があるという事を相手にしっかりと伝えましょう。

その為にも、繰り返した会話は有効的です。

話をしっかりと聞いていることをアピールする事が出来るとともに、次の会話にもつなげやすくなるからです。

思っているだけでは気持ちは伝わりません。

本当に会話が楽しいと思っているのであれば、それを相手が理解できるような行動をとりましょう。

そうする事によって、話をすることがもっと楽しくなる事でしょう。

どう反応していいかわからない時にも効果的

全ての会話が楽しいかと聞かれればそんな事はありません。

会話の中にはつまらないと感じるものもある事でしょう。

言っている事が理解できないものや内容を共感することが出来ないものだってあるはずです。

ですが、時にはそんな会話でさえもきちんと聞かなければならない事もあります。

仕事などのかかわりの場合には、あまりにも適当な反応をする事などできないなんて事もあるでしょう。

そんな時でも役立つのが、繰り返しの方法です。

内容によってどう反応したらいいかわからない時も、繰り返す事だけで反応している事につながるのです。

相手の意見を聞き、うまく行動祖する事も聞き上手のポイントです。

無理に理解しようとせず、相手の気持ちを納得させることが有効な時だってあるのです。

だからこそ、理解できない事や共感できない事についていちいち気にする必要はありません。

相手が気持ちよく会話をする事が出来ればそれでいいのです。

5.一言感想を添える

『聞き上手』というと、ただただ相手の意見を聞いているだけの人のように感じる事でしょう。

確かに、良く話す人に聞き上手は居ないかもしれません。

自分が話すよりも相手の会話をしっかりと聞く事が出来るからこそ、聞き上手になる事が出来るのでるから。

とはいえ、ずっと話を聞いているわけではありません。

時には話をする事だってあるのです。

どんなに上手にあいづちを打ってくれるからと言って、自分がひたすら話し続ける事は意外と難しいものです。

時には相手にも話に参加してほしいと思う事だってあるかもしれません。

だからこそ、聞き上手になりたいと思っていたとしても、そこに一言感想を添えてみてください。

感想を入れるだけでも、会話の幅はぐっと大きくなるものです。

会話をしている中で、自分の話をとにかく聞いてほしいと思う人もいれば時にはアドバイスを求めている場合もあります。

そんな人にとって、ただ聞いてくれるだけの存在はありがたいように思うもののどこか物足りない気持ちになってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも、自分の気持ちを一言添えるのです。

大事なポイントは、一言という所。

ここにあまりにも多くの感想を入れてしまえば聞き上手とは言えないでしょう。

相手の気持ちだけではなく、自分の気持ちをちょっとだけ伝える。

そんな奥ゆかしさも、聞き上手には必要なのです。

あくまでも主導権は相手

ついつい会話をしていると、自分が沢山話してしまったという事もあるでしょう。

それは悪い事ではありません。

ですが聞き上手になりたいと思うのであれば、マイナス行為になってしまう場合もあります。

聞き上手というくらいですから、聞く事が基本です。

にも拘わらず、自分がどんどん前に出てしまっては意味がないのです。

主導権はあくまでも相手にある事を忘れずにいてください。

そのことを忘れて話をしてしまうと、聞き上手とは言えません。

それはそれで楽しい会話になるとは思うものの本来の目的を達成する事が出来ないという事を覚えておいてください。

6.時には質問も

会話を聞く事は、聞き上手の基本中の基本です。

会話を聞かずに聞き上手になる事など不可能でしょう。

ですが、ただ聞いていればいいかといえばそんな事はありません。

時には、その会話に質問をしてみる事も大切です。

聞き上手になる為には、ただ聞くだけではなく会話を膨らませる事も需要なポイントです。

これが出来てこその『聞き上手』なのです。

ただ聞くだけでいいのであれば、誰でも出来るはずです。

適度なあいづちをうちつつ、会話が広がるように質問を追加していく。

それが出来て、はじめて聞き上手になる事が出来るのです。

話しの幅が広がる

どんな話好きな人でも、一人でずっと話をしているとつまらなくなってくる事があります。

自分の意見を相手に伝えたいという思いはあるものの、それに対する感想なども教えてほしいと思う事だってあるはずです。

そんな思いを汲み、質問する事も聞き上手になる為には必要な事です。

適度な質問をはさむ事によって、会話を膨らませる事が出来るようになります。

そうする事にっよて、話している人も楽しく会話を続けることが出来るようになrます。

主導権はあくまでもあちらですが、その人が話しやすい環境を整えてあげる事も重要な仕事なのです。

話している人は、環境を整えてもらっている事に気が付いてい無いかもしれません。

ですが、それでいいのです。

気が疲れないサポートをしっかりする事が、縁の下の力もちならではの行動です。

聞き上手は目立つ行為ではありません。

だからこそ、一つ一つの細やかな心遣いが大切になる事もあるのです。

質問のしすぎに注意

質問をする際、どんな質問でもいいというわけではありません。

あくまでも相手が話しやすい環境を整える事が目的なので、話しにくい内容などは避けるようにしましょう。

大切な事は、相手が楽しく会話を続ける事なのです。

質問することによって、会話の幅を広げる事が出来ます。

ですが、それをやりすぎてしまうと相手を困らせる事にもつながります。

そうしてしまうと、結局会話が続かなくなり楽しい会話をしているとは言えない状況になってしまう事でしょう。

そうなってしまっては、聞き上手にはなれません。

あくまでも、相手の気持ちを尊重しつつ、話をしやすい環境を意識して作り出す事が大切です。

相手に質問をしているのにも関わらず、会話がうまく続かないという人はもしかしたら相手が困るような内用の話をしてしまっているのかもしれません。

それでは、いくら質問をしたところで会話を続けることなどできないでしょう。

自分の質問内容をよく考え、相手の気持ちになって考えてみてはいかがでしょうか。

人に好かれるあいづちを

聞き上手になると言うことは、他人から好かれる様になると言うことにも繋がります。

だからこそ、人から好かれるあいづちを意識して過ごしてみて下さい。

他人が言われてどう思うのか。

嫌な気持ちにはならないのか。

そんなところを意識する事によって、あなたの人間関係も更に良いものになっていく事でしょう。

1.相手が気持ちよく話せるように

あいづちで一番大切な事は、相手の事を思う事です。

自分が話していて気持ちが良かったとしても意味がないのです。

いかに相手の気持ちを気持ちよくする事が出来るかが、重要なポイントとなります。

話しやすい環境をきちんと作る事が出来れば、相手が気持ちよく話す事が出来ることに繋がります。

結果的に、それが相手が気持ちよく話す事が出来る環境へと繋げる事が出来るのでしょう。

あいづちは、あくまでも裏方の存在です。

だからこそ、あいづちを打つことを意識するのでは無く、あいづちをされた人が嫌な気持ちにならないかどうかが重要なのです。

だからこそ、相手の気持ちを考えましょう。

2.相手の話をより引き出せるように

あいづちが上手に出来るようになると、相手も気持ちよく話をする事が出来るようになります。

これこそが、聞き上手になる為に大切な事なのです。

いかに相手の話を聞きながら気持ちよく過ごして貰う事が出来るか。

そんな事が大切になってくるのでしょう。

話しやすい環境を作る事が出来れば、相手の会話を引き出すことも出来るようになります。

これは、普段の生活だけでは無く営業などの仕事に役立たせる事も可能です。

自分が聞きたい話などを相手から引き出す為にも、相手が思わず話してしまう様な状況を作り出すのです。

それが出来れば、自分のメリットとして引き出す事が可能となるでしょう。

会話を弾ませる

相手と会話をする中で、話をキチンと聞く事は大切な事ですどんな会話をしていても、話を聞いてくれたら嬉しいものでしょう。

ですが、会話を聞いてくれるだけでは、物足りなくなることもあるでしょう。

大事なことは、相手が会話をしていて楽しいと思う事です。

それを思わせる事が出来るかどうかによって、聞き上手かどうかも変わってくるでしょう。

会話を弾ませるアクセントとしても、あいづちはとても有効です。

上手に使いこなす事によって、相手も知らず知らずのうちに会話を楽しませる事が出来るようになっているかもしれません。

自分の事だけでは無く、相手の気持ちも尊重し出来るだけ楽しい環境作りを心がけて行きましょ。

そうする事によって相手が気持ちよく話す事が出来るだけではなく、自分も過ごしやすい環境を作り出す事が出来るようになる事でしょう。

聞き上手はあいづち上手

普段から、私たちは会話をするときに相手の話にあわせてあいづちをしているものです。

ですが、そのあいづちは恐らく何かを考えて行っているものではなく、自然と出てきている物なのでしょう。

自然と出てくるあいづちが悪いというわけではありません。

しかしながら、無意識なあいづちによって、聞き上手な印象を与える事が出来る人はそう多くはないでしょう。

他人の心を開きさまざまな会話をするた為にも、聞き上手になる事はとても重要なポイントです。

無理やり聞いても、話をしてくれる事はないでしょう。

いかに相手の機嫌を損ねることなく必要な事なのです。

その為にも、話しやすい環境を作りやすい聞き上手な人は、とても大切な人材です。

聞き上手になる事が出来れば、自分自身にも大きなメリットがやってきます。

だからこそ、自分の中にある可能性を伸ばしていきましょう。

その為に必要な事は、あいづち上手になる事です。

実際には話の内容をきちんと聞いていなかったとしても、上手にあいづちを打つ事が出来れば、それだけで相手の機嫌を良くする事だって出来るのです。

あいづち上手は聞き上手です。

『聞き上手になろう』と思うと、なにから始めたらいいのかわからなくなってしまいます。

しかし、まずは会話の中でのあいづちをきちんと行おうと思えば、よりぐたいて着なイメージも持ちやすくおすすめと言えるでしょう。

今まで聞き上手になりたいとおもっていたものの、なかなか上達しないという人は、そもそものアプローチを変えてみる事も必要です。

まずは、自分のあいづちを見直してみましょう。

一度身につけた力は、自分の事を守ってくれる糧となるはずです。