卒業シーズンにもなるとよく聞くような言葉がありますよね。

また記念品というような形を捉える人も多いかもしれません。

皆さんは「目録」という言葉をご存知でしょうか?

よく卒業生の人が「目録!1つ!…」というような形で卒業式の日に言うと思いますが、目録って何なのだろうか?と思う人もいるのではないかと思います。

目録というのは簡単に言えば記念品を相手に贈るというような事ですが、あくまでもこれは正確な意味では無いのです。

言うのであれば、書物の内容の見出しをまとめて記録したものであったり、実物の代わりにその品目を記載して贈るというような意味があるのです。

少し難しい人もいるかもしれないので、後々で分かりやすく説明をしたいと思いますが、大人になってこの目録を聞くというような人も少なくなったのではないかと思います。

子供がよく「目録って何?」と聞いてくるような事もあったのではないかと思いますが、うまく説明し辛いというような事もありますよね。

よく「目次」と類似してもいますが、意味は似ています。

目次というのはいわゆる見出しに近いようなものですよね。

本などの最初に目次があってその中から気になるような話題を見るというような事は皆さんもよくしているのではないかと思います。

その様な目次があるととても分かりやすく見ることができるので、ほとんどの本にはその目次というものがあるのではないかと思います。

しかし「目録」とはかかれていないですよね。

「目録」を目にするというような人は、基本的に旅館などで見たりすることが多いのではないかと思います。

よく「お品書き」として書かれていることが多いと思いますが、料理などの中には目録と書かれてあるものもありますよね。

目録というのは簡単に言えば、その品目を整理してまとめたものという事になります。

様々な料理があっていても、入り乱れて書かれていては分からないですよね。

特に魚料理と書いてあったり、肉料理と書いてあったりするものは基本的にはこの「目録」というような形で書いてあるのではないかと思います。

高級なレストランでもこの様な言葉を目にしたという人もいるかもしれませんね。

今回はそんな「目録」について皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

特に今回の場合は、目録の書き方であったり、注意点やマナーなどをいくつかお教えしたいと思います。

実際に卒業式の際に目録を読んだ!という人は共感ができることが多いのではないかと思います。

当時は難しいと感じていた人も、今聞くと納得するような意味で捉えることができるかもしれないですよね。

目録という言葉は覚えておいても損はなく、書き方やマナーなどもしっかりとあります。

難しく固いようにも感じると思いますが、その目録について詳しく見てみたいと思います。

目録とは?

ではそんな目録というのはどの様な意味であり、読み方があるのでしょうか?

そもそも「目録」という漢字をあまり見ないというような人もいるのではないかと思います。

普段の生活では滅多に聞かない言葉であり、聞くとしても小学生や中学生と卒業をした時に聞くようなものですよね。

「目録!」と上級生が言っているのに対して当時は何て言っているのだろう?と思った人もいるかもしれません。

目録というのは少し難しい意味になってくるのですが、簡単に言いなおすこともできるので、これを機に覚えてみてはいかがでしょうか?

読み方「もくろく」

目録というのは「もくろく」と読みます。

なので卒業生の子たちが大きな声で読み上げている最初の文というのは「もくろく!」と言っている訳です。

よく「めろく」というような言い方をしたりする人もいますが「もくろく」という風に読むので覚えておくようにしましょう。

学生の頃は読み方を間違えやすいので、お子さんがいるというような人は注意をするようにしましょう。

またこの言葉をあまり聞かないというような人もいるかもしれませんが、今後どこかしらで聞くというような事が必ず出てくるのではないかと思います。

しっかりと読み方を覚えておくようにもしましょう。

意味


そもそも目録というのが何故卒業式の時などの聞くような言葉なのかというと、学校を卒業する記念として、その学校に何か贈るというような事で目録というようなものが存在します。

例えばですが、パイプ椅子であったり机というようなものをいくつか贈るとなった時に、1学年分も現物を用意するというのはとても厳しいものがありますよね。

卒業式の体育館でその現物を用意してしまっては体育館が密集状態にもなってしまいます。

そんな事にならないように、その代わりとして「目録」を渡すという事になるのです。

いわゆるその記念品の代わりとなるもの、というような考えで良いかもしれません。

また難しく言うのであれば、進物をする際に実物の代わりに仮にその品目を記して贈るものとあります。

いわゆる代わりとなるものを学校に渡しているという事なのです。

では更にどんな意味があるのか詳しく見てみたいと思います。

書物の内容の見出しをまとめて記録したもの、目次

書物の内容の見出しをまとめて記録したもの、というような意味もあります。

これはいわゆる「目次」というものと似ていますよね。

目次と言うのはよく本を見る際に必ず最初にある見出しのようなものです。

まとめてあるもので、その項目からページに飛ぶことでその内容を深く見ることができるというのが本になっていますよね。

小説であれば区切りとなるページ数が書かれていたりすることもあるでしょう。

書物の内容の見出しをまとめているというような事は基本的に「目次」というような言葉を使われることが多いのですが「目録」というような形で書くような事もあります。

古い書物などに関してはこの「目録」が使われることもあるのではないでしょうか?

所蔵・展示などされている品目を整理して書き並べたもの

所蔵・展示などされている品目を整理して書き並べたものでもあります。

これが言うのであれば先ほど言ったレストランなどのものであり、また図書館などでもこの様な言葉が使われるのではないかと思います。

膨大な数の中から整理して書き並べたものというのは、とても分かりやすく書いてあるようになっています。

なのでどこに何があるのか、何を主に所蔵をしているのかというような事が直ぐにわかるので、その際にも「目録」という言葉を使うのではないかと思います。

進物をする際、実物の代わりに仮にその品目を記して贈るもの

これが先ほどから言っているように卒業式などで使うような意味になります。

進物をする際、実物の代わりとなるものを記してその品目を相手に贈るというような事です。

これは先ほども説明をしましたが、基本的には卒業記念の他にも退職記念であったり、結納品といういわゆる結婚式も使われるような意味になります。

芸道・武芸を門人に伝授したとき、その名目を書いて与える文書

芸道・武術を門人に伝授をしたときにその名目を書いて与える文書のことも「目録」と言います。

昔というのは芸道や武芸というのは全て伝授をしていき、その名目などを書いて与えることで初めて伝授をしたことになっていたのです。

その時の文書のことも「目録」という風に言うようになっています。

進物として贈る金の包み

進物として贈る金の包みのことも「目録」と言います。

よく封筒などで豪華に目録と書かれてあるものを見たりしませんか?結婚式の時には必要になるものの1つですよね。

これは婚約が決まっている人の両方の親が、品物などを交換する際に使われるものです。

わかりやすくまとめると、目録とは何か?

難しいような意味ばかりで分からないというような人もいますよね。

そんな時は一度整理をしてみると良いかもしれません。

ではそんな目録の意味を分かりやすくまとめるとどの様な意味なのでしょうか?大きく分けると2つの意味があるのが目録という意味になります。

まずその1つには収蔵しているもののリストというような意味があり、そのもう1つには実物の代わりに贈る品目名のリストであるというような意味があります。

基本的にはこの2つの意味が目録というような意味を持っているので、子供などに教える際には、この様な意味を分かりやすく伝えなければいけません。

また正式な贈答の時に使われることが多いという事です。

例えば結婚であったり、卒業などもそうですよね。

普段の友達にあげるプレゼントではこの目録というようなものは絶対に使わないのではないかと思います。

ではどの様な意味があるのか、簡単に見ていきましょう。

1.収蔵しているもののリスト

収蔵しているもののリストというような意味です。

簡単に言えば、図書館などで収蔵しているものの一覧表というようなものです。

目録というのは、その品目などを書き表しているものなので、基本的にはその一覧というようなイメージを持つと分かりやすいかもしれませんね。

よく図書館や博物館に入った際に案内板のようなもので様々な項目分けなどをしていると思いますが、あれも一部の目録というような形で見ると良いかもしれません。

目録というのは様々な方法で書いてありますが、基本的にはこの様な意味を持っていることが多いので、難しいという人は簡単に考えてみて覚えてみてはいかがでしょうか?

図書館や博物館等で収蔵しているものの一覧


図書館や博物館等で収蔵しているものの一覧という事になりますが、基本的にはこれ以外の場所であまり目録というような事は使われないのではないかと思います。

基本的に先ほども言ったようにこの「目録」というのは贈り物などの実物の代わりに贈るリストというようなイメージが強いです。

本来の意味であればこちらの意味にもなりますが、一般的な認識は贈り物というようなイメージなのではないかと思います。

皆さんもこの様なものを見たことがあるのではないかと思いますが、実際に目録などを見たことがあるという人も少ないという事になるのです。

2.贈り物や進物等の実物の代わりに贈る品目名のリスト

贈り物や進物等の実物の代わりに贈る品目名のリストでもあるのです。

言うのであればこれは結納品や退職記念品であったり、卒業記念品でもあるという事になります。

目録には種類があるという事をご存知でしょうか?

先ほど言った3つあるのですが、比較的に聞くようなものは「卒業記念品」ですよね。

皆さんが小学校を卒業したり、中学を卒業した際に必ず学校側に贈りますよね。

その様なことで聞くというような人が多いので、一般的な意味ではこちらの意味になってしまうのではないかと思います。

では更に詳しく見てみたいと思います。

皆さんはこの3種類のものはそれぞれどの様な時に使うものなのか分かりますか?

結納品

結納品というのは簡単に言えば婚約が成立した際に、親が品物であったり、金銭的なものを交換する際に使用されるものであり、縁起が良いようにというような意味も込められてこのようなものがあるのです。

基本的には結婚などをしなければこの様なことは分からないですよね。

退職記念品

退職記念品というようなものもあります。

これは途中で退職をしたというような形で贈られるものではなく、定年退職をする社員の人達に対して贈られる目録となっています。

基本的にはお祝いとして贈られるようなものも多いですが、定年退職をする社員の場合ではこの退職記念品として目録が贈られるというような事もあるのではないかと思います。

卒業記念品

卒業記念品というのは、皆が知る目録の1つでもありますよね。

基本的にはこちらの意味での方が知っているというような人も多いのではないかと思います。

小学校や中学校を卒業した際に、卒業生が「目録!ひとつ!」というような事を言うのではないかと思いますが、その目録という事です。

卒業記念として学校に残していく記念品を渡すという事ですが、実物であれば大掛かりなものになってしまうというような事もありますよね。

そんな時にこの目録を使い、代わりとして渡すというような事になるのです。

当時小学生だったり中学生だったという人は一体何を母校に渡すのだろうと考えていたりした人も多いのではないかと思います。

卒業記念品というものが一番知る「目録」になりますが、今でも覚えていますか?皆さんはどの様なものを母校に贈ったのでしょうか?

3.正式な贈答の際に

正式な贈答の際にも、この目録というようなものを使います。

贈答というのは、交流のある家などとの間で物のやりとりをするというような事です。

例えば婚約していた人と結婚などをした後に、お互いの家で交流をしたりするような事もあるのではないかと思います。

その際に贈るというような事もあるのではないかと思います。

日本では必ず目録をつける

実は、日本では必ず目録をつけるようになっています。

例えば他の地方であればこの様な目録をつけるというような事は無いのです。

日本では必ずつけるようになっているので、気をつけるようにしましょう!

目録を書く際の5個の注意点

目録を書く際に気をつけるべき点というものがあります。

どの様なことについて注意すれば良いのか詳しく見てみたいと思います。

1.通常縦書き

通常書く場合は縦書きになります。

目録で横に書いてあるものというのは基本的に見たことがありません。

特に縦書きをすれば良いというものではなく、奉書紙を折って右側の欄、中央の欄というような分け方をしているものが多いです。

通常は縦書きですが、書く場所というのも重要になり、右側には何を書くのか、中央の欄には何を書くのかというような事もしっかりと決まっています。

間違った書き方をしないようにすることが大切になるでしょう。

ではどの様なことを書けば良いのか詳しく見てみたいと思います。

右側の欄に表題「目録」「贈」等

まず右側の欄には表題を書くことが必須です。

例えば目録であれば「目録」というような形を右側の欄に表記することが必須になるでしょう。

また違う言い方であるのは「贈呈」というような言葉です。

右側の欄には必ずこの「目録」というような言葉で始まり、大きく中央に書くことが重要となるでしょう。

中央の欄に品名と数量

そして中央の欄には品名と数量を書くことが必要になります。

例えば卒業式の記念として目録をする場合は、その中央に何を贈呈するのかを書くという事です。

例として「一、パイプ椅子数十台、一、机数十台」というような書き方をすることで何を贈呈したのかが分かるようになるのではないかと思います。

また大事なのはその後に「卒業記念として…」というような形で書かなくてはいけません。

そして最後には贈呈をする日にちを書きます。

書き方は20○○年というような書き方ではなく、令和○○年というような書き方をすれば良いです。

いわゆる和暦を書いて、その日付を書いた後に左の欄へと移っていくのです。

2.言葉

言葉というのも大事になります。

普段の手紙や話し言葉ではなく、品目やシチュエーションによっては変わるというような事も覚えておくと良いでしょう。

例えばですが、卒業記念としてのものや、退職記念としての書き方というのも違ってきます。

その時がどの様な目録であり、どの様な言い方をするのかというのも1つの注意点になるでしょう。

ではどの様なものなのか詳しく見てみたいと思います。

右、○○としてお贈りします。

この「右、○○としてお贈りします」というような場合は、長寿祝いの際に書くような事が多いです。

長寿祝いというのは基本的にその年齢になった際のお祝い事という風に捉えてもらって大丈夫です。

この場合は「お贈りします」というような形を取ることが大事になるのです。

右、○○として寄贈いたします。

「右、○○として寄贈いたします」というような言い方の場合は退職記念品として書くような事が多いです。

基本的に退職記念というのは定年退職をする社員に渡すようなものであり、他の社員には渡すことが無いのではないかと思います。

しかし先ほどの「お贈りします」というのと「寄贈いたします」というのには差がありますよね。

言うのであれば、より丁寧な言い方になっているのではないかと思います。

基本的にその時にどの様な行事なのかで様々な言い方になってしまうというのも目録の1つです。

なので例えば退職記念などの時に「お贈りします」というような言葉はNGになってしまうという事なのです。

覚えておくようにしましょう!

3.日付と送り主の名前を左側の欄に

先ほど右の欄と中央の欄についてお話をしましたが、次は左側の欄のお話しです。

左側の欄には日付と送り主の名前を書くような事が必須になります。

先ほども少しお話しをしましたが、西暦などを書くのではなく、和暦を書くというような事も重要になります。

基本的には令和○○年というような形で書き、その後に日付、そして誰に宛てたものなのかという事を書かなくてはいけません。

西暦ではなく和暦の元号で

西暦ではなく和暦の元号で書く必要があります。

例えば20○○年と書いてしまうと、折角の目録も台無しになってしまいます。

西暦ではなく和暦であるのは日本独自のものだからこそなのではないかとも思います。

先ほども言いましたが目録を必ずつけるのは日本だけだそうです。

似たような事があっても、必ずつけるというようなのは日本だけだそうですね。

4.宛名は左側の欄の一番最後に

そして最後に宛名を書きますが、それは左側の欄の一番最後に宛名を書くようにします。

基本的にははがきなどを書いたりする時は中央に宛名を書いたりしますよね。

しかしながらこの場合は中央ではなく左側の欄の一番最後に書くというような事になっています。

宛名の書き方も少し注意が必要になります。

例えば母校に対して贈る場合は、○○学校の○○様というような形で贈らなければなりません。

この場合は校長先生にあたる人の名前を入れるべきなのですが、よくこの時に○○学校○○校長というような書き方をする人が多いです。

しかしながらこれは間違えであるので注意しましょう。

正式には○○学校校長○○様というような形を取るので注意をするようにしましょう。

よく先生なども見落としてしまうようなところでもあるので、気をつけましょう。

5.のし袋に入れる

そして書き終わったものはのし袋に入れることが大事になります。

のし袋というのは違う読み方をするのであれば祝儀袋というような呼び方が近いのではないかと思います。

最後に書き終わったものは基本的にのし袋に入れて相手に渡すというような事をするのです。

皆さんもよく祝儀袋などでお金を包むというような事をしたのではないかと思います。

それと同じく、この目録ものし袋に入れる必要があるという事なのです。

のし袋には水引をつける

のし袋には水引をつける必要があります。

この水引というのは基本的に飾りのようなものであり、よく結ばれているようなものがあったりするのを見かけたことはありませんか?これは結び方であったり、その時の状況によっても水引が変わってくるという事を覚えておきましょう。

例えば長寿祝いなどの場合は、蝶結びをするものに対して、結びきりと呼ばれるものは基本的に結婚関連に影響をする目録の場合に使われることが多いです。

よく売っているのし袋ですが、その時に既に水引がついているものもありますよね。

その形をよく見て適切なものなのかどうなのかを見極めることが大事になるのではないかと思います。

目録のマナー

注意点について学ぶことができましたが、目録というのはマナーもしっかりとあるのです。

例えば関東と関西では異なるようになっているのでしっかりと調べる必要があったり、荷物が重いことを考慮して、目録のみを贈る場合もあります。

その時に受けとるというような事ができないという場合は、後に郵送をするというような事もできますよね。

最近では様々なものを郵送というような形で運ぶというような事もできるようになりました。

この目録などもそうですが、後に贈るというような事も増えてきているのです。

他にもマナーがたくさんありますが、その一部を紹介したいと思います。

1.賞品や記念品を渡す場合に添える

賞品や記念品を渡す場合に添えるというような事が多いです。

基本的に目録というのは、その記念品を渡す場合に添えることが必須ともなっています。

なのでその物と一緒にどの様な目録なのかを渡すという事になるのです。

2.結納品目録は関東と関西で異なるためしっかり調べる

地域によって結納品目録が違うというような事があります。

関東の場合と関西の場合では項目などが違い、やり方も違ってくるのではないかと思います。

特に結納品が各個人で置かれるというのが関西なのに対し、関東では一台に載せて飾るというような事が多いです。

またお互いが関東、関西というような事になった場合は、相談をすることが必須になるでしょう。

男性の場合が優先することが多いですが、相談をすることで解決できることなので、勝手に決めてしまうというような事が無いようにしましょう。

3.荷物が重いことを考慮して、目録のみ贈る場合も

荷物が重いことを考慮して目録のみを贈る場合もあります。

目録のものを全て贈るというような事になれば後々の荷物が重くなってしまいますよね。

その様な時の場合は目録のみを贈るというような事ができるので、その様な方法を取るというような人もいるのです。

4.のちに品物を郵送する等配慮する

特に品物を郵送をするというような配慮をすることもできますよね。

今の時代では昔とは違うので、郵送をするというような手段もあります。

重いのであれば郵送する等の配慮というのはとても大事な事になるのです。

相手に失礼のないように(まとめ)

いかがでしたか?少し難しいお話をしましたが「目録」についての意味やその使い方、どの様な種類があり、マナーや注意点などについてお話をしました。

いずれは皆さんも目録について何かをするというような事があるかもしれないですよね。

その様な時にある程度知識を持っていることで、スムーズに事を進めることができるのではないかと思います。