転職は人生をステージアップさせるための手段です。

面接官に好印象を与え納得させるための転職理由は、あなたが自分の人生の将来を如何に真剣に考えているかによります。

面接官を納得させるためには、あなたが将来に向けて人生をステージアップさせたい意気込みと具体的な目標を明確に伝えることが大切です。

転職は人生の目標を達成し、充実した日々の生活を送るために必要なことです。

今の世の中は、将来に向けた人生の目標を実現させるために転職を有効活用できる時代になっています。

バブル期と言われた時代では、働き方も『終身雇用』が一般的でした。

しかし、世の中の経済のグローバル化により、企業を取り巻く競争激化のため、『大企業はつぶれない』という神話は崩れ去りました。

グローバル化した競争社会において、今や会社組織の大小に関わらず、生き残るための経営戦略がシノギを削っている現状があります。

競争がグローバル化している状況の中で、会社組織が『社員を守ってくれる』という常識が崩れ去りました。

激しい競争社会の中で、会社組織は生き残るために、従業員を『守る』余裕が無くなってきたのです。

従業員など働く人にとっては、自分の職場が将来の生活を『守ってくれる』ことは幻想になってしまったのです。

今や、自分と家族の生活を守り将来に向けた目標を実現させていくためには、『転職』が生活を守り発展させるための『キーワード』になっているのです。

転職が自分の人生の目標実現に向けたキャリアアップの手段であることを、自分が得た貴重な経験をもとに明確な言葉で伝えることが面接官を納得させるための秘訣です。

人生を積極的にステージアップさせるための手段としての転職であることを面接官にアピールできるかが大きなポイントになります。

今回は、転職の理由を面接で聞かれた時に、好印象を与えるポイントをお伝えします。

考えるほど難しい転職理由

転職理由には幾つかのパターンがあります。

特に今の日本全体を覆っている閉塞感のために人間関係の息苦しさが増している状況にあって、学校や職場の中で繰り返されるイジメを受けて『弱者』の立場に追い込まれた人が、精神的な疲弊から解放されることを目指して転校や転職を望む人が年々増えています。

社会人にとって転職の理由は様々です。

今まで携わってきた職種から新たな職種へのキャリアチェンジのために転職をする人。

前職からキャリアアップさせたいために新たな職場を目指して転職をする人。

将来に向けた人生をステージアップさせるために転職をする人。

将来に向けた人生をステージアップさせ、私生活面も充実させるため転職をする人。

今までの仕事で心身ともに疲れ果ててメンタル面や肉体面で病気の一歩手前に追い込まれ、自分の心身を守るために転職をする人。

前職での人間関係に疲弊し、ウツに陥る瀬戸際に追い込まれたために転職をする人。

前職でのイジメのために心がボロボロになり、転職に追い込まれた人。

前職でのセクハラやパワハラから逃れるために職場を去らざるを得なくなった人。

転職を目指す理由は色々です。

自ら望んで転職を目指す人や、前職を辞めて止むを得ず転職せざるを得ない立場に追いこまれた人など、転職を目指す人が置かれている状況は様々です。

あなたが新たな職場を求めて転職を志すなら、『なぜ転職したいのか』自分の心境を冷静にシッカリと頭の中で整理する必要があります。

今の自分にとって、転職は本当に『必要なのか』、転職をしなければどのようなデメリットが生じるのかを整理する必要があります。

併せて、転職を志すことのメリットも整理する必要があります。

転職を志すことで『何を期待するのか』を考えて頭の中を整理することで、面接官に転職理由を明確に語ることができます。

面接官に好印象を抱いてもらうためには、転職理由が『攻め』のためであって、『逃げ』のためではないことをハッキリと伝えることが大切です。

面接官が求める人財は、転職理由が『攻め』の人なのです。

1.正直な理由は言いづらい


転職を志す理由には、正直には言いづらい事があります。

面接官には正直に言えない理由を抱えている人が少なくありません。

正直な理由が言いづらいため、別の理由を面接官に答えた結果、転職出来ても、何かのキッカケで本当の理由が知られることもあります。

また、本当の理由を隠すことで、心が晴れずに転職先の仕事に専念できない複雑な心境に追い込まれることもあります。

あなたが面接の場面で『正直な理由が言いづらい』心境に陥ったなら、その職場はあなたにとって相性が合わない可能性があります。

ですから、正直な理由を言える雰囲気をもつ転職先を探すことも必要です。

あなたにとって、相性の合う職場であれば、面接の場面で転職理由を正直に話しても面接官が理解を示してくれることがあります。

転職先を選ぶときのポイントとしては、自分と相性の合う職場を探すことが大切です。

一方、転職が前職からの『逃げ』のためであるなら、面接官に正直な理由を言うとマイナスの印象を与えてしまいます。

面接官は、『この人を採用しても、また逃げ出してしまうのでは』という不信感を抱きます。

正直な理由を言いづらい人にとっては、転職先の職場で実現させたいキャリアアップの目標に的を絞って面接官に伝えることができるように、『逃げ』の理由を払拭させる前向きな意欲を自分に言い聞かせることが大切です。

2.前向きな転職理由を考えようと悩む

自分の人生のステージアップや仕事面のキャリアアップを常に考えて、物事に積極的に取り組んできた人にとっては、前向きな転職理由は自ずと頭の中に浮かんでくるものです。

しかし、自分の人生を積極的に考えてこなかった人にとっては、前向きな転職理由を考えることは、作文を考えることと同列になってしまいます。

転職理由を考えることは『作文』を考えることではありません。

一方、自分の人生をより良くするために、難しい物事にも真正面から取り組み乗り越えてきた経験を積み重ねてきた人にとって、前向きな転職理由に悩む必要ありません。

自身の経験に裏打ちされた生き様を語ることで、面接官に好印象を抱いてもらうことができます。

3.転職理由が前の会社の悪口になる

面接の場面で、あなたが前職の会社の悪口を話す姿を観た面接官は、『この人を採用しても自社の悪口を言うようになる』と懸念し、採用することはしません。

前の会社の悪口を言う姿は、自分自身の軽率さを露わにする姿として、面接官の目には映ります。

転職理由には、前の会社の悪口を言わないことが鉄則です。

4.会社を辞めた言い訳が思いつかない


会社を辞めた言い訳を考えても面接官を納得させることはできません。

言い訳は単なる『空論』でしかありません。

会社を辞めた言い訳を面接官に話すことは、自分の思慮の無さを露呈させることになるだけです。

あなたが会社を辞めた言い訳が思いつかないのは、今まで歩んできた人生が安易な惰性に任せた人生を歩んできたことを物語っているのです。

人生を前向きに考えてこなかったことを如実に表しています。

一方、人生を前向きに考えて様々な物事を乗り越えてきた経験を持つ人は、前職を辞めた理由を考えなくとも、自ら積み上げてきた経験を面接官に伝えることで好印象を抱いてもらえます。

5.良い転職理由はないものか

転職は人生の将来設計を実現させるための手段として、計画的に行っていることを面接官に積極的にアピールすることが大切です。

前職の職場や仕事から逃げるための手段を転職理由にすることは、面接官にマイナスの印象を与えてしまいます。

面接官に好印象を与えるための良い転職理由としては、将来の人生設計を明確に伝えるとともに、転職はキャリアアップのために必要であることを強調します。

自分の人生を将来に向けてステージアップさせるためのキャリアプランを面接官に伝えることで人生に積極的に取り組んでいる印象を与えることができます。

将来に向けた人生設計を実現させるためには、転職によりキャリアアップしていきたい意気込みを伝えることが必要です。

人生の将来設計を実現させるための手段を転職理由として、力強く語ることで面接官に良印象を与えることができます。

ですから、転職する理由は、前職から逃げるためではなく、積極的に人生を切り拓いていくための手段としていることを日常生活の実体験を交えて語れるようにすることで、面接官への説得力が増してきます。

面接で注意したいこと

面接で注意したいことは、転職が決して前職からの『逃げ』ではないことを理解してもらうことです。

転職が自分のキャリアアップのために重要であることを明確に面接官に伝える必要があります。

面接官に好印象を抱いてもらうためには、自分の将来設計をハッキリと伝えることが大切です。

人生をステージアップするために日々取組んでいることについて、実体験を交えて伝えることができるようになっている必要があります。

このためには、『付け焼刃』的ではなく、実際の経験に裏打ちされた話が面接の場で語れるように心がけることが大切です。

一方、前職での人間関係や職場の問題点を転職理由にすることは、事実であったとしても面接官にはマイナスの印象を与えてしまいます。

今の日本の閉塞感に包まれた社会の中で、様々な職場でイジメや仕事環境の問題点を抱えている状況はめずらしいことではありません。

ですから、前職から『逃げる』手段として転職した人は、転職先でも同様な問題に直面することは少なくありません。

前職での人間関係の複雑さやイジメから逃れて救いを求める心境で転職を目指しても面接官を納得させることはできないと言えます。

面接で注意したいことは、自分のキャリアプランを実経験に基づいて語れるように準備することが大切です。

自分の人生を積極的に築き上げる意気込みを自分自身に言い聞かせることで、人間関係の複雑さやイジメで疲弊した心境から脱することができます。

前職から逃げるための手段としての転職であるとき、面接官の理解を得ることは難しいため、語ることは控えるべきです。

自分の人生を将来に向けて築き上げる意気込みを面接官に伝えることを心掛けましょう。

1.嘘はつかない

転職の理由を面接で聞かれたときは、経験とは違う嘘をつくと面接官は話の流れの矛盾に気づき実経験に裏打ちされていないことに気づきます。

面接官は『人を観る』スペシャリストですから、付け焼刃的な嘘をついても見破られてしまい、面接官からの信用を失います。

あなたの転職理由が面接官を納得させる内容に乏しくとも、将来の人生計画の実現に向けた決意を語ることで好印象を与えることができます。

面接に備えて、嘘のストーリーを考えることは難しいです。

むしろ、実経験に基づいた話の内容を伝える方が説得力をもちます。

将来への人生計画を実現させるためには転職が必要であることを、自信をもって語れるようにすることで面接官に好印象を抱いてもらえます。

面接に嘘は禁物です。

嘘をつくことで、信用を失うことになります。

面接で嘘をつくことは、将来に向けた人生にも嘘をつくことになります。

実際の経験に基づいた転職理由を伝えることで面接官を納得させることができます。

経験豊富な面接官には見抜かれてしまう

経験豊富な面接官は、『人を観る』プロですから、嘘をついても簡単に見抜かれてしまいます。

面接官は嘘の内容に気づき、『なぜ嘘をつかなければならないのか』疑問を抱きます。

疑問は不信感となり、『この人を採用しても仕事上で嘘をつき、自社の社会的信用を失墜させる懸念がある』と面接官は考え、内定を与えることはしません。

経験豊富な面接官は、嘘をつく人の話し方や表情から簡単に見抜いて、『嘘をつく人は自社には来てほしくない』というレッテルを貼ります。

レッテルを貼られた人は、人間性が『欠落』していると観られて、信用を失うことになります。

嘘をつくことは、あまりにもリスクが大き過ぎると言えます。

より掘り下げた質問で一貫性のない応えになる

面接で応えるために嘘の内容で話のストーリーを考えることはたいへん難しいです。

実際の経験を伴わない作り話になりますので、面接官から具体的な経験を問われたときに、ツジツマが合わない一貫性に欠けることが露呈してしまいます。

面接官から、より掘り下げた質問をされたとき、あなたは落ち着いた心境で居られなくなり、慌てて応えのストーリーを考えることになります。

掘り下げた質問を繰り返される度に次第に応えのツジツマが合わなく一貫性が失われて、面接官に不信感を抱かせることになります。

結果として、嘘をついていることが露わになり、あなたは面接の場面で人間としての信用を失うことになります。

嘘を重ねて収拾がつかなくなる

日常生活における職場やプライベートの人間関係の中で嘘を重ねるとツジツマが合わなくなり、周りの人に不信感を抱かせることになります。

面接の場面でも嘘の応えを重ねると、話の矛盾点が露呈してきて収拾がつかなくなります。

嘘は日常生活の中での様々な経験に基づかない作り話しですので、繰り返すたびにツジツマが合わなくなり矛盾点が浮き彫りになってきます。

話しの矛盾点が浮き彫りになるに従い、収拾がつかなくなります。

面接官は、嘘を重ねていることに気づき、不信感を抱くようになります。

嘘が露呈することで、人間性が疑われます。

嘘を重ねて面接官に不信感を招かせることは、あなた自身の信用を失うことになり、転職先への道を閉ざすことになります。

2.乗り越えようとしたか

日々の生活の中で起きる物事から逃げずに真摯に向き合い乗り越えることが習慣づいている人は、将来に向けた人生にも真摯に向き合ってきたと言えます。

自分の人生と真摯に向き合う中で、将来に向けた人生を切り拓いていくために転職が必要になることがあります。

転職は目の前の物事を乗り越えてキャリアアップするための手段の1つと言えます。

キャリアアップするための転職は、人生に前向きに取り組んでいる証しですので、面接官に好印象を伝えることができます。

自分の人生から逃げないために転職を選択することは、面接官にプラスの印象を与えます。

問題に向き合い冷静に対応したか

仕事やプライベートの場面で起きる物事から逃げずに正面から向き合い冷静に対応できる人は、今まで歩んできた人生との向き合い方を如実に表しています。

人がもつ人生観は、日々の生活の中で起きる問題への向き合い方に表われてきます。

人生を安易な惰性で考えている人は、目の前の問題に向き合わずに逃げ道を探します。

一方、人生を前向きに捉えている人は、目の前の問題から逃げずに、真摯に向き合い冷静に対応する方策を考えることができます。

目の前の問題への向き合い方で、その人の人生観が露わになります。

面接官は、その人の人生観が露わになるような質問を投げかけてきます。

面接官は受応えの内容から人生観や価値観、人間性を読み取ります。

面接で好印象を抱いてもらうためには、目の前の問題に直面したときに冷静に対応してきた経験談を語れるようにすることです。

クリアしようとどんな努力をしたか

今までの人生の中で、目の前の問題から逃げずに向き合い、冷静に対応してきた人は、面接官に応える際に、実体験を交えた話しができるため、好印象を与えることができます。

目の前の問題をクリアするために行ってきた努力を積み重ねることで、実体験を交えて伝えることができるようになります。

一方、目の前の問題をクリアするための努力をせずに逃げることを繰り返してきた人は、面接の場面で、実体験を語ることができません。

面接で好印象を与える転職理由の6個のポイント

面接で好印象を与える転職理由とは、将来の人生をキャリアアップさせていくための手段が転職であることを実体験を交えながら明確に語れるようにすることです。

あなたが転職を希望しているなら、応募先に関する経営理念や事業動向などの情報を事前に収集し、求めている人材像を把握することが大切です。

転職先が求める人材像にマッチングさせるように転職理由を組み立てる必要があります。

面接官は応募者を面接する際には、自社が求める『人財』にマッチングするかを最も注目してあなたを観ます。

応募する人は、自分のキャリアが転職先の求める人材像とマッチングすることを面接官に印象づける必要があります。

一般的に、会社が求める人材像には幾つかのポイントがあります。

例えば、将来に向けた成長のノリシロを持ち合わせている人か。

自社の社員との人間関係をスムーズに築くことができる人か。

今まで培ってきたキャリアを活かして自社の発展に貢献できる素養を備えている人か。

などの『物差し』と照らし合わせて内定可否を判断します。

ですから、転職理由を伝える際には、面接官の『物差し』から大きくズレないような内容に組み立てることが大切です。

1.給与

給与は、転職先を考える際の大切な選択ポイントの1つといえます。

しかし、給与の額だけに注目すると大切な部分を見落としがちになります。

給与の額が多くても自分が描く仕事への情熱が転職先の社風と合わなければ長く勤めることができません。

また、給与の額が会社への貢献度合いや仕事の実績を適正に評価した結果に基づいているかに注目する必要があります。

仕事の業績や成果を適正に評価してくれる職場であれば仕事へのモチベーションが上がり、自分の能力を最大限に発揮できで充実感を抱くことができます。

充実感を抱くことでキャリアアップへの情熱も増して、結果として職場への貢献度を増すことができます。

しかし、単に給与の額だけに注目して転職先を決めた後、給与の高い他の職場を知ったとき、また転職への欲望が湧いてくることになります。

面接官から観ると、給与の額だけに注目して応募してきた人は、採用後に給与の高い他の職場が現れたとき自社を辞めて『転職を繰り返す』ことを懸念し、内定を見送る結果になります。

自社よりも給与の高い職場が現れれば、そちらへ転職を繰り返し、仕事への熱意のない人と観られてしまいます。

給与の高低よりも、気持ちよく仕事ができる職場であれば長く勤めることができ、日常生活にも心の余裕が生まれてきます。

転職の度に精神的エネルギーを多く費やす疲労感を抱かずに済みます。

結果にこだわる高い意識を示す

転職を目指すあなたは、給与だけに拘ることはせずに、仕事の成果や業績、職場への貢献度を重視することに拘る高い意識をもっていることを面接官に伝えることが大切です。

面接官は採用可否を判断する過程で重要視する点の1つに、自社の発展に貢献してくれるキャリアと仕事への熱意、積極性を持ち合わせているかを注視して内定可否を判断します。

職場が求める人材像は、社会の景気動向や経済状況の変化に動揺することなく、安定した経営を維持するために貢献できる人です。

自社の発展に貢献する人財を多く確保できることが安定した経営を実現させてくれます。

様々な職場は『経営の発展に貢献できる』人財を求めています。

経営資源である、人財、資金、設備、情報の中で、人財の確保は最も重要と言えます。

あなたが職場の求める人財になっていくためには、給与だけに固執することなく、経営への貢献度や業績の結果に拘る高い意識を示して、面接官に伝えることが大切です。

結果を評価してほしい

あなたが面接の場面で、『結果を評価してほしい』と熱意をもって語ることができるなら、面接官は好印象を持って、あなたが語ることに耳を傾けてくれます。

仕事への熱意や自信を持てる人は、自分の能力やチカラを信ずることができるため、『結果を評価してほしい』と言えるのです。

今まで歩んできた人生の中で、難しい物事に直面したとき、乗り越えてきた経験を重ねてきた人は、面接官に『結果を評価してほしい』と自信をもって言えます。

一方、難しい物事に直面したとき逃げることに終始してきた人は、自信が持てないため『結果を評価してほしい』というコトバが出てきません。

面接官は、『結果を評価してほしい』と言える人には『仕事にも真摯に向き合う人』と判断し、自社が求める人材像にマッチングした人と観て好印象を抱き、『ぜひ来て欲しい人』として評価します。

評価基準がしっかりしている会社で働きたい

仕事への情熱と積極性を合わせ持っている人は転職先として、仕事の実績を適正に評価してくれる会社で働くことを望みます。

ですから、仕事の業績への評価基準がしっかりしている会社で働きたいという気持ちが強いのです。

評価基準がしっかりしている会社で働くことでモチベーションが上がり、持ち前の能力をフルに発揮でき、結果として会社の業績向上に大きく貢献できる存在になっていくのです。

『人材』から『人財』へと様変わりする素質を備えている人であることが、業績により認められていきます。

一方、仕事への熱意が高くない人は、仕事へのモチベーションも低いため、業績で評価されることを避けたい心境になっています。

ですから、評価基準がシッカリしている会社で働きたいという熱意をもったコトバが出てきません。

2.人間関係

今の日本を包み込んでいる閉塞感は、様々な職場の雰囲気までも包み込んでいます。

このため、職場での人間関係も息苦しい状況に陥っているケースが少なくありません。

職場で働く人の中には、人間関係の息苦しさや複雑さから心が疲弊し切ってウツ状態に追い込まれるケースが観られます。

ウツ状態に追い込まれた結果、他の職場を求めて転職を目指す状況が増えています。

転職先での面接の場面で、転職理由として前職での人間関係を語ることはマイナスの印象を面接官に与えることになります。

様々な会社を見渡すと、人間関係の複雑さやイジメの問題を抱えている会社は珍しくありません。

むしろ当たり前のように存在しています。

ですから、転職先の職場で人間関係の問題から解放されるとは限りません。

人間関係の煩わしさから逃げて転職しても、新たな職場で人間関係の問題に直面することが起こり得ます。

面接の場面では、後ろ向きのコトバは使わずに、人生を前向きに歩むための手段として転職を志していることを語れるように準備する必要があります。

職場での人間関係をプラス志向で捉えて、周りの人と連携した仕事に就きたいという前向きな熱意を面接官に伝えることが内定を獲得する秘訣です。

個人プレーではなく、人間関係をプラスに活かしたチームワークの仕事に取り組みたい考えを面接官に伝えましょう。

個人主義よりチームでの仕事に魅力を感じる

様々な経営方針をもつ会社がある中で、仕事への取り組み方に個人プレーを重視する会社やチームワークを重視する会社があります。

あなたの前職では、個人プレーが重視されていた会社であれば、チームワークを重視する会社で仕事に携わりたい考えを面接官に伝えましょう。

前職が個人主義を優先する会社であったため、自分の能力を充分に発揮できなかったことを転職理由として語れるようにしましょう。

また、個人主義を優先する職場では、働く人同士がシノギを削ることに心血を注ぎ込むため、お客様の存在が二の次になっていた経験も伝えましよう。

お客様の存在を二の次にすることで、お客様を満足させる仕事の取り組み方が失われるとともに、お客様からの信頼も失われていた経験を語ることで、お客様を大切にする気持ちが面接官に伝わり好印象を抱いてもらうことができます。

応募先の社風にも触れる

転職先会社を探す過程で、数ある中から何故当社を選択したのかを面接官に問われますので、応募先の社風について予め情報収集し把握しておく必要があります。

把握した社風の中で共感した点について、あなた自身の見解を語れるように準備が必要です。

数ある会社の中から自分が求める応募先会社を絞り込むためには、候補会社のホームページや求人情報パンフレットに掲載されている経営理念や社風を把握することが必要です。

あなたが応募先に求める拘りの点と候補会社の経営理念や社風とマッチングするかを確認しながら応募先の絞り込みをする方法があります。

あなたにとって仕事がし易く充実感をもって高いモチベーションを喚起してくれる職場であれば前職の時よりも、持ち前の能力をフルに発揮できることが期待できます。

高いモチベーションは、キャリアアップに向けた道筋を築き易くしてくれます。

応募先会社について情報収集する過程で会社訪問により、社風についてあなたの五感を働かせた心身で触れることが大切です。

五感で感じ取ることで、職場の雰囲気や社風を的確に知ることができます。

また、自分の価値観や仕事観と社風との相性の良し悪しを事前に知ることができるため、
的外れの応募先選択を防ぐことができます。

ホームページや求人情報だけで応募先企業を絞り込むことは片手落ちになり勝ちですので、会社訪問は的確な会社選びには欠かせないことです。

面接の場面では、あなたが求めるキャリアアップの目標と転職先の社風がマッチングすることに触れることで好印象を抱いてくれます。

3.仕事内容

転職理由があなたのキャリアアップを目指す手段であるなら、転職先の仕事の内容を事前に知ることで、キャリアアップの道筋に合致しているか確認することができます。

面接の場面では、前職の仕事内容とあなたが目指すキャリアアップの考えを伝えて、面接官に知ってもらう必要があります。

あなたが目指すキャリアアップの方向とベクトルの合う仕事であれば、キャリアアップの実現はヨリ現実的になってきます。

面接官には、前職の仕事の内容を伝えて、あなたが目指す仕事を知ってもらうことで、転職理由が明確になり、面接官の理解を得やすくなります。

一方、自分のキャリアプランを明確に描くことができなければ、就きたい仕事の内容を面接官に伝えることができません。

就きたい仕事をハッキリと語ることができなければ、面接官は自社が求める人材像に合致するか判断することができません。

興味のある分野がある

興味のある分野に合致する転職先を選ぶことは大切です。

面接の場面では、興味のある分野と転職先の仕事がマッチングすることを伝えることで好印象を抱いてもらえます。

興味のある分野の仕事について語ることで、仕事に積極的に取り組む情熱を面接官に伝えることができます。

あなたが興味を持てる仕事であれば、忙しい時期に残業が続いても乗り切ることができます。

しかし、興味のない仕事であれば、忙しく残業が続く事態に直面すると乗り越えることができずにリタイアすることになります。

興味のある分野の仕事であれば、先輩からの指導や職場研修でも苦にすることなく積極的に覚える意欲が湧いてきます。

あなたが興味を抱いている仕事の分野を面接官に伝えることで、面接官にとっても自社が求める人財であるかを判断し易くなります。

ステップアップしたい

将来に向けた人生をステップアップさせたいと考えている人は、具体的な人生計画を描いています。

人生をステップアップさせたいと考えている人にとっては、転職はステップアップするためのチャンスです。

面接の場面で転職理由を語る際には、あなたが今まで乗り越えてきた人生経験を交えながらステップアップへの意欲を語ることで説得力が増してきます。

将来に向けたステップアップを実現させるための手段として転職を目指していることを伝えることで、面接官の理解が深まってきます。

ステップアップへの明確な目的意識を語ることで、面接官は好印象を抱いてくれます。

より専門的な知識を身につけたい

前職で専門的な知識を必要とする職業に就いていた人は、より高度な専門的知識を身につけるために転職を志していることを語ることで、面接官に熱意が伝わります。

専門的な知識を伸ばすためのキャリアアップの手段として転職を目指していることを語ることで好印象を抱いてもらえます。

より専門的な知識を身につけたいという上昇志向の強い人は、現職での限界を感じて新たな職場への転職を考えるようになります。

自分の知識レベルがアップするに伴い、より高度な知識の習得を目指すことは必然と言えます。

面接官に転職理由を語る際には、より専門的な知識を身につけるため、キャリアアップを目指した転職であることを伝えることが大切です。

4.経営方針

転職先の会社を選ぶ過程で、目指す会社の経営方針は、あなたの人生が将来に向けて拓かれていくかを左右する大切なことです。

転職先候補となる会社の経営方針に関する情報を収集し、あなたの将来設計を実現させてくれる可能性があるかを見極めることが必要です。

あなたが、顧客に喜んでもらえる納得のいくサービスを提供する仕事を望んでいるなら、顧客との信頼関係を最優先する経営方針を掲げている会社を見つけて応募する方法があります。

前の会社の問題点を具体的に明示

面接の場面で、前の会社の問題点を問われた際には、お客様対応など具体的な事例を交えて応えることです。

しかし、問題点を語る際には批判するコトバを使わないように配慮することが大切です。

前の会社の問題点を具体的に明示する内容は必要最小限に留め、前職のプラスの面も併せて面接官に伝えましょう。

批判をするコトバを使うことは禁物です。

批判するコトバを使うと面接官は、『この人を採用しても自社を批判するに違いない』と懸念し、好印象を抱くことはありません。

自分のやりたいこととの乖離を明確に伝える

転職の理由として、前の会社の経営方針と自分の価値観や仕事への考え方に乖離があったなら明確に面接官に伝えるべきです。

前職において、経営方針やビジネスプロセスと自分のやりたいことに乖離があったことが転職理由であることを明確に伝える必要があります。

但し、前の会社を批判することは慎みましょう。

面接官が聞きたいことは、前の会社の批判ではなく、あなたのやりたいことを具体的に知ることです。

自社が求める人財になり得るかを見極めようとするのです。

5.業績の悪化

前職を辞めた理由が業績の悪化であるなら、面接官に伝えることは控えましょう。

会社の経営は、時代の景気動向などから業績の悪化を招くことがありますが、乗り越えることで経営力が強くなっていきます。

あなたが業績の悪化を理由に辞めたなら、会社への愛着心が無かったことを露わにしています。

業績の悪化を理由に前職を辞めて転職を目指す姿を観た面接官は、あなたを採用する考えにはなりません。

会社が業績の悪化に直面することは時代の変化の中で避けることができません。

業績の悪化を乗り越えることで社会的な信頼を獲得できるのです。

あなたの会社が業績の悪化に陥っても辞めずに、業績回復のために全力投球すべきです。

業績悪化の会社から逃げ出して転職を目指しても、面接官の理解を得ることは難しいと言えます。

納得のいく仕事ができない環境

前の会社では納得のいく仕事ができない環境であったことが転職理由なら面接官の理解を得ることは難しいと言えます。

あなたが納得のいく仕事ができない環境に直面したとき、安易に辞めることだけに終始したのであれば、転職先の会社でも同様な状況に直面したときには逃げ出すことでしょう。

納得のいく仕事ができない環境を変えるために、あなたがどれだけ尽力したか、チカラを尽くしたかが問われます。

面接官が最も注目し知りたいことは、あなたが納得のいく仕事ができる環境に変えるためにどれだけエネルギーを注いできたかです。

あなたが、仕事環境の改善のためにどれだけ尽力したのかを面接官に語ることが出来なければ、前の会社から『逃げてきた』としか観られません。

やりたいことが実現できなくなった

前の会社で、やりたいことが実現できなくなった原因は色々あることでしょう。

しかし、『やりたいことが実現できなくなった』という考えは、あなた自身の自己満足を得るためのコトバとして聞こえますので、面接官には自己中心的な人という印象を与えることになります。

面接官は、あなたが自己満足を満たすために仕事に就いている人という印象をもちます。

あなたのやりたいことは、将来に向けたキャリアアップのためであるなら、将来に向けた人生計画を明確に伝え、自己満足を得るためではない事を伝える必要があります。

6.残業

職種に関わらず、仕事の繁忙度合いに応じて残業が必要になることがあります。

しかし、残業が慢性化している会社なら経営方針を再確認する必要があります。

あなたが前職を辞めた理由が残業の多さにあるなら、あなた自身が考える残業回数の許容範囲を面接官に伝える必要があります。

面接官は、自社の残業回数とあなたが示した回数の許容範囲を比べて内定可否の判断材料の1つにします。

残業が日常的に発生している会社では、従業員の疲労が慢性化しており、職場全体の覇気や働く人の気力が低下して、仕事の効率が下がり残業の効果が出難くなることがあります。

また、働く人の気力が低下することで気持ちの余裕が失せてしまい、大切なお客様への気配りがナイガシロになり、業績低下につながっていきます。

あなたが転職先会社を絞り込む際には、勤務時間における残業回数を限定して、ダラダラ感のない仕事の進め方を徹底している会社を選択することが必要です。

メリハリをつけて働きたい

仕事の忙しさが慢性化している職場では、働く人の心身の疲れがうっ積していて、覇気が失せて効率的な進め方とは程遠い状況に陥っていることが多々あります。

転職先の絞り込み段階では、緩急を使い分けたメリハリをつけて働ける職場を選ぶことが大切です。

メリハリをつけた勤務時間の職場では、働く人の心身にストレスや疲れがうっ積することも無く、気持ちに余裕を持って仕事に取り組むことができます。

気持ちの余裕をもてることで、大切なお客様への気配りもでき、お客様満足度を向上させることができます。

前職でメリハリをつけて働くことが出来なかったことが転職理由なら、応募先の職場見学を事前に行い、職場環境や働いている人の雰囲気を五感で感じ取っておくことが大切です。

面接官に響くように

面接官の観点は、応募者が自社の求める『人財』にマッチングするかに注目して人選します。

求める人財は会社により様々です。

また、転職者の採用可否を判断する1つに、前職の経験で身につけてきたキャリアと言われる技術力や専門的知識の習得レベルがあります。

面接官に響くように伝えるためには、前職までにキャリアアップしてきた技術力や専門的知識が転職先会社の発展に貢献できることを具体的な経験を踏まえた言葉でアピールすることが必要です。

あなたがキャリアアップを目指す考えを伝えるとき、転職後のキャリアアップ計画も語れるようにすることが必要です。

また、最適な転職先を絞り込むためには、転職先の経営理念や事業方針を詳細に把握し、面接の場面で、あなたの見解を伝えることができるようにすることで、転職先会社への熱意が伝わります。

このためには、会社のホームページや企業情報誌からの情報収集を怠らないことです。

面接官には、入社後のスキルアップ計画や御社の発展に貢献するための取り組み計画を具体的に伝えることが大切です。

自分のスキルアップ計画のみではなく、顧客を大切にする取り組みについての考えを伝えることで、面接官の理解を得易くなります。

最も大切なことは、面接官に語ったことを入社後に実践していくことです。

『面接をクリアできれば済み』ではありません。

入社後の実践力の度合いに応じて、あなたは上司から評価されることになります。

転職後は、あなたの有言実行が問われるのです。