日本全体を覆っている閉塞感のため人々は心を閉じてしまい、心の許容性や柔軟性が失せて、周りの人との『』や違いに心を痛めるケースが増えています。

格差社会も時代の流れと共に深刻を増しています。

このため、日本人は周りの人と違っている点があると敏感に反応する傾向が強くなっていると言えます。

日本人は日々の生活の中で、自分と他の人とを『比較する』習慣があります。

比較した結果の『差』が劣等感を呼び起こして自分を苦しめることになるのです。

『差』は、『優劣』を表すものとして受けとめるため、『劣』を感じた心が劣等感で包まれてしまうのです。

代表的なところでは、スポーツ競技の世界では、スピードの差が優劣を決定づけます。

勉強の分野では、差が成績の優劣や順位を決定づけます。

差がつくことで、『優』に該当する人にとっては快い気分を味わうことができます。

しかし、『劣』に振り分けされた人にとっては、悔しい思いを味わうことになり、劣等感から自分を責めるケースが少なくありません。

スポーツや勉強の分野のように優劣や順位を競う世界では、人同士が『差』により振り分けされます。

『差』は、競争社会を象徴する『物差し』になっているのです。

人同士は、『差』という『物差し』によって『優』と『劣』に振り分けされます。

あなたは日々の生活の中で、『優』と『劣』のどちらに振り分けされていますか。

今の競争社会の中では、順位や優劣によって人の人格までも決定づける場面さえあります。

本来は、順位と人の持つ人格は別物ですが、日本の格差社会では『差』により人を評価することが蔓延しています。

また、今の競争社会では、『差』という『物差し』により、人の存在価値までもが左右されて、一喜一憂する場面が多々あります。

『差』が格差社会を維持する物差しになっているのです。

今の格差社会の中で、人々が『優』の立場、または『劣』の立場に振り分けされる中で、あなたが『優』の立場に振り分けされているなら、優越感に包まれた日々の生活を過ごすことができます。

しかし、あなたが『劣』の立場に振り分けされているなら、悔しい思いの中で、『優』の立場に立てるように挽回したい思いに駆られるのです。

人同士が同じ事をしているにも係わらず、結果に優劣の差がつく理由には様々な要因があります。

我々は日々の生活の中で様々な『差』に振り回されて、一喜一憂しています。

学校ではテストの点数の差により順位と優劣が決められます。

会社の中では、業務遂行能力の差によって評価され、給与など待遇面の差となって表れています。

スポーツの世界では、スピードタイムの秒単位以下の差が順位を決定づけます。

女性や男性の婚活では、容姿の差が人間関係に影響を及ぼすことがあります。

あなたが多様な価値観を受け入れて、他の人と比較する習慣を捨てることで、様々な『差』から心が解放されて伸び伸びとしてきます。

世界中をとり巻いている競争社会や格差社会の中で、『差』を価値判断に使う習慣が根付いている中で、『差』に振り回されて自信を失わないようにする秘訣を様々な観点からご紹介します。

周囲との差を感じているあなたへ


あなたが学生で、学校の授業で周囲の人との差を感じる日々を過ごしているなら、成績の順位を上げたい思いに駆られていることでしょう。

また、あなたが社会人なら、職場での仕事の成果に周りの人との差を感じているなら、挽回する方法を模索していることでしょう。

あなたは、周囲の人と同じことをしているにも関わらず、『なぜ差がつくのか』腑に落ちない気持ちに包まれていることでしょう。

学生なら、同じ授業を受けているにも関わらずテストの点数に差がつくのには幾つかの理由が考えられます。

テストの点数に差がつく理由として、授業の理解力の違いや持って生まれた能力の違いによると一般的には言われています。

しかし、理解力や能力というコトバで片づけることには、あなたは納得できないはずです。

テストの点数を上げるためには、授業を漫然と受け身で聞いていても理解に結びつかないことが多いです。

つまり、脳の機能を使わずに耳の機能だけ使っても講義内容の理解は中途半端になってしまうのです。

授業を聞きながら『この場合はどうなるのだろう』という疑問を絶えず自分自身に問いかけながら頭の中でシミュレーションして、頭をフル回転させながら授業に集中することで理解力と応用力が高まります。

また、通学の電車の中でも、授業のテキストを振り返りながら『この場合はどうなるのだろう』と自分に問いかけることを習慣づけることが大切です。

自分への問いかけを習慣づけることで、観方や考え方に広がりが出てきます。

考え方に広がりが出ることで応用力も身について、周りの学生が気付かない点にも考えが及ぶようになり理解力が深まってきます。

理解力が深まることで、周囲との差を感じていた劣等感から解放されるようになります。

あなたが社会人で、仕事の成果について周りの同僚との差が生じて、行き詰まりや伸び悩みを感じているなら、自分の頭に固定化している発想方法や固定観念を見直すことが必要です。

世の中は日々進化と変化を繰り返していますので、仕事への取り組み方にも身に付けてきた方法に固執せずに日々見直ししなければ、効果的な成果を出すことはできません。

あなたの頭を『柔らかく』して、固定観念を払拭して発想の転換を繰り返すことを習慣づけることが大切です。

通勤途中の電車の中でも、頭の中で仕事の取り組み方に新たな方法を取り入れたシミュレーションを繰り返しましょう。

シミュレーションを繰り返すことで確信が持てたなら、新たな方法を実際に試みる積極性を職場の中で発揮しましょう。

失敗を恐れずに、新たな取り組み方にチャレンジすることで、周囲との差を感じる弱気な自分から『脱皮』できるようになります。

あなたが学生であっても社会人であっても、自分の奥に秘めている『潜在能力』を信じてあげることで自信と積極性が甦ってきます。

自信と積極性が甦ることで、周りの人との差が気にならなくなり、劣等感を解消することができます。

みんなが気にする差の種類とは?

あなたが日常生活の中で、容姿や仕事、恋人の有無を他の人と比較することに拘っているなら、あなたは『差』に振り回されていることになります。

海外の多民族の国のように様々な国の人々で構成されている国では、多種多様な価値観や文化をもった人々で構成されているため、自分と他の人を比較することが無意味です。

一方、他民族の国とは言えない日本では、多様な価値観や文化を認め合う土壌が乏しいため、自分と他の人とを比較して、周りの人との違いを気にする傾向が強いと言えます。

あなたが、常日頃から自分と他の人とを比較することを習慣としているなら、比べた結果の『差』に振り回されることになります。

あなたが、比較する相手の違いによって、比較結果の差にも違いが出てきます。

比較する度に異なる差が生じるため、自分自身の立ち位置が揺らぐ結果になり不安が募り落ち着きのない日々の生活に陥ってしまいます。

あなたが他の人と比較した結果の差により、自信を失い劣等感に陥ることがあります。

比較する対象が、外見や職業、既婚か未婚などにより、比較結果の差も様々です。

あなたが比較結果で生じた差に拘って、一喜一憂するなら、自分の自信の無さを露わにする姿として周りの人の目には映ります。

あなたは『差』への拘りを捨てて、心の平安を持ち続けることを第一とする人生観をもつ必要があります。

他の人と比較をして生じた差は、川面に浮かぶ浮草のように時の流れとともに視界から消え去ります。

あなたが気にする差が外見や経済力、学歴などであっても、『差』が優劣を表すものではなく違いを表しているに過ぎません。

あなたは差を気にしない精神的な落ち着きを持つことで、心に余裕が生まれて平安な人生を築くことができます。

外見

外見は周りの人へ与える第一印象を決定づける面があります。

しかし、あなたが気にしている外見を他の人と比較する時、比較相手の外見によって生じる『差』は千差万別です。

あなたが女性なら、どのようなタイプの女性と比較するかによって全く異なる差が生じます。

あなたは自分と似たようなタイプと比べるか、または全く異なるタイプの女性と比べるのかにより生じる差には大きな違いがあります。

比べるところが顔なのか体形なのか、または服装なのかにより、比較結果の差も様々です。

顔などの外見は個性の一部ですので、比較することは無意味といえます。

ひとり一人の顔や体形は異なりますので、違いがあって当たり前なのです。

外見を比較することで気づく色々な差に一喜一憂することは、心に落ち着きを持つ快い生活の妨げになりますので、差への拘りは捨てて、心の平安を取り戻すことが大切です。

心の平安を取り戻し、ユトリのある表情が創り出す外見は、『差』の無意味さを象徴することとなります。

経済力


経済力は職業によって差が生じることがあります。

企業などの組織に属する立場で仕事に就いている人にとっては、組織の中での役職によっても経済力が異なってきます。

経済力は社会的地位を象徴する面をもっていますので、経済力に差が生じていることは、社会的地位にも差があることを物語っています。

しかし、観方を変えると経済力は幸せの度合いを物語るものではありません。

経済力があることと幸せの度合いは別物です。

ですから、経済力に差が生じて低く見られていても、幸せに満たされた日々の生活を送っているケースも多くみられます。

経済力の面で差が生じても拘りを捨てて、幸せで平安な生活を保つことの方が大切です。

学歴

日本の学歴優先社会の中で、高学歴であることは就職などの面で優位に立つことができます。

あなたが周りの人と学歴を比べたとき、比較相手によっては優越感を感じたり、または劣等感を感じたりすることがあります。

世間一般では、高学歴は高収入と社会的地位を得やすい立場にあると言えます。

しかし、高学歴であっても幸せな将来を約束するものではありません。

また、学歴が高くなくとも幸せな生活を送っているケースも多く見られます。

あなたが学歴の差に拘るなら、高学歴を獲得するために目標の学校への入学を目指して最大限努力する生き方があります。

一方、学歴差があっても拘りを持たずに、自分の優れた面を活かしながら快い人間関係を築き、周りの人からの信頼を得て認められる存在になる道を選択する生き方もあります。

学歴差への拘りを抱く人生を歩むか、または学歴差よりも人間性を重視した快い人間関係を築くことを優先するか、あなたの価値観に沿って無理せずに選択することが大切です。

職歴

世間には、様々な分野の職業があります。

多種多様の職業がある中にあって、職歴を安易に比較し『差』を見つけ出して優劣を判断することはできません。

様々な職歴には、それぞれ独自な特徴を持っていますので、異なる職業を比較することは、安易過ぎて意味がありません。

世間一般では、世間における認知度や組織の規模、社員数、年商額を物差しにして優劣を比較する傾向があります。

しかし、様々な職場を観ると規模は大きくなくとも永い歴史と文化を背負っている老舗があります。

また、規模は大きくないけれど、特化した特許技術で世界から注目されている会社もあります。

ですから、職場の知名度や規模だけで職歴を比較して差を見つけ出そうとすることは誤解を招くだけですので行うべきではありません。

恋人や結婚相手のレベル

恋人や結婚相手を選ぶレベルとして、経済力を示す年収や職業、学歴、外見を選択の判断とする人は少なくありません。

将来の幸せな生活を思い描くとき、伴侶にする人に求めるものとして、経済力の有無は大きなポイントになってきます。

今の格差社会の世の中で安心できる生活を夢見るとき、伴侶とする人に求めるものは経済力が第一で人柄は二の次になることがあります。

一方、伴侶とする人には人柄を第一に考えて選ぶ人も居ます。

恋人や結婚相手のレベルは、伴侶を求める人の価値観や人生観によって差が生まれます。

持っている物

持っている物を金銭的価値として評価する人にとっては、相手の人を見るとき、高価なものを持っている人に注目することがあります。

人の持ち物を比較するとき、金銭的価値の差で比較する人にとっては、高額なものを持っている人を高く評価します。

持っている物の金銭的価値の差を生活レベルのバロメーターとする考え方もあります。

しかし、高額な物を持っている人が幸せな生活を過ごしているとは限りません。

持っている物の差を生活レベルの差とする考えは、生活の一部分しか見ていないため誤解を招くことがあります。

持っている物の差は、単なる趣味の違いと考えることで、快い人間関係を保ち続けることができます。