スベスベで柔らかい肌は女性だけのもの。

そしてそれは努力なしには作られません。

反対にいえば、こまめなケアは絶対美肌の条件だということ。

とくに、まるで子どものように、肌触りがよくてお湯切れのいい肌は、男性の憧れですし、女性にとっても努力のしがいがあるところです。

某アンケートによれば、男性はスタイルよりも身長よりも胸のサイズよりも、肌のキレイさを重視するとのこと。

そしてスベスベ肌のこつは毎晩のケアです。

とはいえ人によって肌質は違うもの。

いくつか試してみて、自分にあったものを選んでくださいね。

今回はおすすめのボディミルクをご紹介します。

おすすめのボディミルク10選


ここでは、あなたにオススメのボディミルクを紹介していきます。

これは使ってみたいかも、というものがありましたら、ぜひドラッグストアなどで手に入れてみてくださいね。

1.マンダムオイルインボディミルク

保湿にこだわった、花の趣旨や花のオイルを融合した美容オイルです。

塗った後にふっくらした感じがするのと、かぐわしい花の香りが特徴です。

パッケージも手に取りやすいお花模様。

男性化粧品のイメージが強いマンダムですが、これなら女性も気軽に使えそうですね。

特徴は角質まで浸透するマカデミアナッツオイルとお花から取り出した美容オイル。

マカデミアナッツには、オレイン酸を始めとする不飽和脂肪酸が含まれているので、肌への浸透がとてもいいんです。

乾燥肌の人にぴったり。

そして花のオイルは、何種類かのハーブやローズから取り出した保湿用の天然オイル。

肌のふっくら感を叶えてくれます。

ホワイトジャスミンの香りとフローラルブーケの香りとビューティカクテルの香りがありますので、お好みでどうぞ。

マンダムオイルインボディミルク公式サイト
https://www.mandom.co.jp/dearflora/bodymilk/index.html

2.アロマリゾートボディミルク

アロマリゾートボディミルクはクラシエのモイスチャライザー。

主成分はベジタブルやフルーツから抽出したエッセンス。

さすがフルーツからつくられただけあって、ビタミンが豊富なのが特徴です。

その中でも特徴的なのが、収れん保湿に効くビタミンA含有カロット液汁(収れん保湿)、うるおいを保護するビタミンB含有ブロッコリー芽エキス、そして肌の調子を整えてやわらかくするビタミンC/クエン酸含有レモン果汁です。

そのほか、アイテム別にいろいろな保湿要素を準備し地得るので、自分の肌質にあったものを選べるのもいいですね。

オイルには、アボガドオイルやホホバオイル、ローズヒップオイルなど、保湿を重視したものが含有されています。

シリーズのアロマリゾートの中にはいくつか種類がありますが、オススメはボディミルク。

まるで肌が吸い込むように溶け込んでいきます。

種類も、ファンタスティックベリーの香り、ドリーミーブルームローズの香り、ハッピースイートピーチの香り、ファインアップル&ガーデニアの香りと、女の子の気分を上げる香りが揃っています。

幸せなアフターバスタイムを楽しみたい方にはぜひお使いいただきたい商品です。

アロマリゾートボディミルク
http://www.kracie.co.jp/khp/aroma/

3.モイスト・ダイアンボディミルクブライトニング

この商品の特徴は、何と言っても日本初に配合したホワイトタミ。

内側から輝く肌を目指せます。

ホワイトタミに含まれる成分はは、まず紫外線から肌を守り、古い角質が引き起こすくすみを防ぎ、今ある角質をやさしく除いてくれます。

また成分の一つホワイトクレイが輝く肌へと導いてくれます。

これらの効果で、美白を目指せるのです。

しかも香りはふわりとしたソフトフローラル。

つけた瞬間から、周りに膨らむように香ります。

コンセプトは、潤いを保ち、くすみのない明るく透明感のあるボディへ。

肌そのものの潤いをサポートしてくれるので、使っているうちに徐々に肌の調子が上がってくるでしょう。

モイスト・ダイアンボディミルクブライトニングホワイトフローラル
http://www.moist-diane.jp/premium/product/body_item05.html

4.BOTANISTボタニカルボディーミルクモイスト

植物由来で人気のボタニカル。

特にこのボディーミルクはミルク感が際立ち、肌の奥まで潤い成分が入っていきます。

塗ってから触ってみるとびっくり。

子どもの肌かと思うほどに、もちもちで水切れのいい肌になるんです。

香りはカシスとジャスミンというダブルフレグランス。

塗った後から深呼吸したくなります。

もちろん植物由来の優しいフォーミュラもあって、弱酸性。

そしてノンシリコンや合成着色料も不使用です。

マッサージ用としても有用。

疲れている方はぜひ、パートナーと一緒にマッサージしてみてくださいね。

BOTANISTボタニカルボディーミルクモイスト
https://botanistofficial.com/product/body_care/09/

5.ビオレu角層まで浸透するうるおいミルク

日本人に安心のボディケア商品といったら、なんといってもビオレ。

そのビオレからも「ビオレu角層まで浸透するうるおいミルク」という商品が出ています。

この商品の特徴は、何といっても時間がかからず楽なこと。

そのためお子さんをお持ちのママさんを中心に人気があります。

種類は、無香料のものと、フローラルの香りのものと、フルーツの香りのもの。

お子さんと一緒に好きなものを選んでもいいですね。

まずこの商品の特徴としては、ポンプタイプだということ。

いちいち蓋を開けて・・・という手順を踏まずに済むのが、忙しい人達にはありがたいですよね。

そしてもちろんビオレブランドですから、しっかり保温は当たり前。

しかもべたつかないのですから、なんとも役に立つ一品です。

詰め替え用もあるので、たくさんつかても安心。

ファミリーで使えますね。

ビオレu角層まで浸透するうるおいミルク
https://www.kao.co.jp/bioreu/body_c/milk/

6.メンソレータム薬用ボディベールうるおいミルク

ニベア同様、日本人に絶対の信頼を持つメンソレータム。

リップクリームを買ったことがない方はいらっしゃらないのではないでしょうか。

そのメンソレータムから薬用ボディベールうるおいミルクという商品が出ています。

こちらは乾燥してしまった肌に、3つ配合された成分で肌の保湿を保つというもの。

さすがメンソレータムだけあって、しっとりとした潤いは肌の奥へと浸透し、長時間の効果が見込めます。

しかも、用法もたくさん。

肌の調子を整え、乾燥を防ぐだけでなく、しもやけやひび、ほてり、日焼けなんかにも効くんです。

さすがですね。

一家にひとつあると便利かもしれません。

7.ヴェレダボディミルク

ヴェレダはスイスが発祥のオーガニックコスメ。

コンセプトは、心と体、そしてそのバランスです。

これこそが健康美をもたらすと商品開発を続けてきたヴェルダ。

表面的な「キレイ」ではなく、肌の奥から調子を整えていくことで、健康美をめざしています。

だからこそ、有機農法にこだわり、高い水準を設け、その基準をクリアしたオーガニック製品だけを使用しています。

また、環境事業にも従事していて、サステナビリティやアントロポロジー(人智学)をその商品づくりの根底においています。

もちろん品質もピカイチ。

肌をスベスベにしてくれうだけでなく、免疫力も上げてくれるので、肌の弱い方におすすめです。

何しろオール自然成分由来。

自然派の方にはぜひ試してほしい一品です。

ヴェレダボディミルク
https://www.weleda.jp/?gclid=Cj0KCQjw-JvaBRDGARIsAFjqkkpTZr4NRs3Riq8zlXrL8N-6-Ub_nl5C2PargTOO3XP3xS_gZb9S35MaAqVoEALw_wcB

8.資生堂尿素配合ボディミルク

尿素が肌に効くというのは、昨今ではほとんど常識にでもありますよね。

天下の資生堂もその尿素に着目しました。

そして作り出したのが、資生堂尿素配合ボディミルク。

あまりべとつかず、さらっとしていて、伸びがいいので、キーボードを使うお仕事の方に人気です。

また全身につかえるのもいいところ。

特に乾燥肌の人に使ってほしいですね。

資生堂製品ですから、持ちは非常にいいです。

また、カサカサになりやすい肘や膝、踵などにも効果絶大。

続けていくと、ふわふわの肌になりますよ。

しかも比較的安価なので、日常使いができるのが嬉しいところ。

子どもも使えるので、ぜひ一緒に塗って上げてください。

資生堂尿素配合ボディミルク
http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070210.seam?shohin_ctgry_cd=04&birui_cd=01&p=1

9.ニベアプレミアムボディミルク

恋人に触ってほしい、という肌に仕上げたかったら、ニベアプレミアムボディミルク。

吸い付いていくような潤いが浸透して、肌を柔らかく、かつ手触りよく仕上げてくれます。

高保湿なのでドライスキンの人にとてもおすすめ。

このニベアプレミアムボディミルクを塗る時のコツは、肌になじませるだけでなく、それから軽くマッサージをして、指先が軽くなったら終了です。

というもあまりに使い心地が軽やかなので、サラっと塗ってしまいがちなんです。

それでは保湿成分が浸透しませんからね。

その潤い成分は、高保水型ヒアルロン酸。

塗ると、思わず深呼吸したくなるようなローズの香りも人気の秘訣です。

ニベアプレミアムボディミルク
https://www.kao.com/jp/nivea/nva_body_premium_00.html

10.ジルスチュアートJILLSTUARTリラックスボディミルク

ジルスチュアートといえば、女の子大好きブランドですよね。

そんなジルから出ているリラックスボディミルク。

もう、ジルだというだけで効いてきそうです。

こちらの仕上がりは軽いタッチの仕上がり。

保湿効果が高いといわれているローズやオレンジのハチミツ成分、暑い国のフルーツ、それからシルクの成分を配合しているので、高い潤い成分が期待できるんです。

また、水分の蒸発を抑える効果のあるエモリメントを配合しているので、潤いを閉じ込めてくれるのです。

さすが女の子の憧れジルらしく、透明なボトルにはピンクのリボン。

ラベルも可愛いので、ぜひチェックしてくださいね。

しかも上品なフローラルのフレグランスでで、周りの男性が意識しずにはいられない香りです。

ジルスチュアートJILLSTUARTリラックスボディミルク
http://www.eshop.jillstuart-beauty.com/ItemDetail?cmId=531

ボディミルクの効果


さて、ここまでボディクリームを紹介してきましたが、実際の所どのように使ったらいいのかわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ボディクリームは、名前の通り、ボディケアをするももの。

触った感じは乳液のようです。

それで保湿ができるの? と思われるかもしれませんが、前述したような製品なら大丈夫。

それにボディクリームは塗り心地がいいので、小さな容器に入れておけば、気が付いた時に使える便利なものなんです。

ボディミルクとは

ボディクリームは、保湿のために作られたクリーム。

肌の潤いをはじめとして、乾燥によって失われた水分補給し、油分を保ってくれます。

ボディクリームといっても、種類はいろいろ。

最近の種類は滑らかで軽いタッチのものですが、かたいクリームタイプもあるんですよ。

また誕生当初から開発が重ねられているため、本来の目的の保湿や乾燥対策にプラスして、引き締めや美白効果のあるものもでてきました。

またいい香りがするのも改良されたボディクリームの特徴。

利用方法はいろいろなので、みなさんいろいろな方法でボディクリームを使用しています。

ボディクリームの効果的な塗り方

さて、その効果的なボディクリーム。

いつどこで塗るのが効果的なのでしょうか。(やはり使うからには最大限の効果を引き出したいですよね)

何よりもおすすめなのはお風呂上がり。

お風呂上がりは肌が柔らかく、こういったクリームの浸透率が高いのです。

タオルでかるーく(ここ、重要です)水気を取ったら、残った水分とボディクリームを一緒に混ぜ込んでぬてチキましょう。

丁寧に、足なら足、腕なら腕と、一つずつ塗っていくのがコツです。

塗り終わったら、最後のタオルオフは抑えるだけ。

でないとせっかく塗ったボディクリームが取れてしまいますからね。

塗り方としては、腕、脚などにコイン一枚くらいを出して、塗ってみてください。

もし肌が乾いてしまったら、少し多めでも大丈夫です。

また、人の肌というのは、季節や個人の体調によっても変わってくるもの。

ですから、それに合わせて量も変えてください。

体の中でも乾燥しやすいのは先端部分。

手先や腕、肘、ひざ、脚です。

反対に背中や胸のあたりは、服を着ていることもあって、熱がこもりやすい場所。

特に湿気の多い日本であれば、それほど気にすることはありません。