男性へプレゼントする、となったとき、まずは何を一番に思いつくでしょうか。

定番はやはりネクタイではないかと思います。

何種類持っていても困らないですし、オケージョンによって 使い分けられますしね。

また、プレゼントされたネクタイというのは特別なもの。

それを身につけるたびに送り主のことを思い出すのではないでしょうか。

とはいえ、ネクタイには好みもありますし、趣味もあります。

どんなのが似合うかなぁ、どのブランドのものを買えば彼は気負いなくつけてくれるんだろう。

ちょっと悩んでしまいますよね。

ここではネクタイのプレゼントにオススメブランドとオススメの柄を紹介していきたいと思います。

ネクタイを男性にプレゼントするときのオススメブランド10選


オフィシャルな場でもいろいろな種類の服を着ることのできる女性と違い、男性はツース一辺倒。

もちろんスーツそのものでもオシャレかどうかが違ってきますが、やはり目立つのはネクタイですよね。

ここぞ、というときに身につける、勝負服ならぬ勝負ネクタイを持っている男性は多いと思います。

プレゼントするならば、その勝負ネクタイになるようなブランドものを選びたいですよね。

それがどんなものかわからない・・・。

という方はぜひ下記の10選のようなブランドを参考にしてみてください。

いずれもきちんとしたビジネスマンが身につけてはずかしくないブランドばかりです。

実際に買うときには、実物を見るのはとても大事。

デパートなどのネクタイ売り場に行き、これは彼に合うぞ、というものを選んでみてくださいね。

1.ポール・スミス

ポール・スミスはポール・スミス自身が1970年代に発表したブランド。

イギリスが発祥です。

コンセプトはブリティッシュ・クラシック。

そのせいかかっちりしたスーツに決まるものが多く、ネクタイのみならずバッグや財布なども人気があります。

また、品質を大切にするイギリスらしく、長く使える質のいいものが揃っているのも人気の秘訣。

そんなポール・スミスの中でも人気があるのが、ストライプ柄のネクタイ。

様々な青を織り込んだブルーのストライプネクタイや、グラデーションが際立つネクタイが定番かつ人気があります。

そのほかにも、ドットなどパーティの場にも身につけられるような華やかなものも。

カラーバリエーションも豊富なので、どんなシチュエーションで着て欲しいかな、と考えながら選ぶと楽しいですね。

2.エルメス

フランスブランドとして人気を誇るエルメス。

19世紀には高級馬具を作るメーカーでした。

その関係で現在も革製品の商品を多く取り扱っています。

女性にはスカーフやバッグなどが人気ですが、男性用のアイテムも揃っているんですよ。

もちろんネクタイもそのひとつ。

ラグジュアリーで質のいいネクタイは、他の商品同様、職人さんがすべて手作りしているんです。

その分品質には定評があるんですね。

質がいいことのほかに、エルメスのネクタイはデザインがすてきなんです。

派手過ぎないのに目立つち、そのデザインには芸術性すら感じられます。

人気なのは、エルメスの頭文字「H」をモチーフにしたデザインやシンプルだけど目立つ色使いのネクタイが人気です。

色が豊富なので、季節に合わせて選ぶのもいいですね。

ネクタイをあまり身につけたことがないという方は、スーツに合わせやすいブルー系のネクタイがオススメ。

「H」デザインの他に、小紋柄や遊び心あるデザインも人気です。

意外なところでは、イエローやゴールドも。

スーツが暗めなので、華やかな印象に仕上がるんですね。

結婚式などにもオススメですが、ビジネスの場であれば抑えた色合いの白っぽいものがいいでしょう。

それほど派手な印象にならないストライプ柄などがおすすめです。

3.グッチ

イタリア発祥の定番ブランド・グッチのネクタイもプレゼントにオススメです。

特に高級志向にこだわる方には喜ばれますよ。

グッチはもともと靴工房として生まれました。

今やバッグや財布など様々な商品を取り扱い、世界中の人々から愛されていますよね。

デザインの特徴はクラシカルでエレガントなこと。

決して派手で目立つ方向ではなく、さりげなく高級感を醸してくれるのがグッチネクタイの特徴。

人気はグレーや茶色などベーシックな色味がベースになったもの。

場所を問わずに使えるので、通勤だけでなく、取引先との会合やパーティなどにもはえますよ。

4.バーバリーブラックレーベル

バーバリーといえば、トレンチコートで一躍名を馳せたイギリスブランド。

その中でもメンズのレーベルがバーバリーブラックレーベルです。

バーバリーといえば、定番の赤と茶色のチェック柄を思い浮かべる方も多いかと思いますが、バーバリーブラックレーベルはその名の通りブラックを基調としたチェック柄が主流です。

その分大人っぽく、シックに見えます。

そしてメインラインのバーバリーよりカジュアルなのもその特徴。

といってもイギリスらしいかっちりさは忘れていないのがさすがバーバリー。

ちょうどいいバランスが生かされているのが人気です。

さてそのネクタイですが、バーバリーらしくチェック柄が多いのが特徴です。

色は様々。

黒っぽいのから白、グレー、ブルー、パープルなど、それぞれ洗練されたチェック柄やストライプ柄のものが販売されています。

中には冬に付けてみたいニット製のネクタイもありますよ。

ビジネスの場には合わないかもしれませんが、ちょっとオシャレな会合などでは目立つこと間違いなしです。

5.シャネル

シャネルといえば、ココ・シャネルが帽子店を始めたことからはじまったブランド。

今はバッグや小物、時計にはじまり、服や香水、化粧品など幅広く商品を展開しています。

シャネルの商品は基本的には女性に似合うように作られています。

その分、男性向けの商品にもその上品さや繊細さが反映されています。

その分優しい印象になるのが特徴。

会う人会う人に不快感を与えないデザインが人気です。

使いやすいので、どんな方へのプレゼントにもバッチリ。

シルクでできたチェック柄は落ち着いていて、一目でシャネルとわからないデザインが人気です。

反対にシャネルのCマークが目立つように配されたものも。

色の薄いものは男性というより女性が身に付けたいデザインかもしれません。

反対に色の濃いものは男性にとっても付けやすいもの。

黒やネイビーを基調にCマークがさりげなく入ったものは、男性でも臆さず身に付けられるので、プレゼントにも最適です。

シャネルのネクタイは、シャネルにネクタイがあると知らない人が多いせいか、持っている人もあまりいません。

その分特別感が増しますよね。

しっかりした作りなので、ビジネスだけでなく、会合やパーティなどでも使えるシャネルのネクタイ。

ぜひプレゼントの候補にあげてみてくださいね。

6.ルイヴィトン

普段のスーツをさらにかっこよく見せたい! という男性であれば、ルイ・ヴィトンのネクタイもオススメ。

ルイ・ヴィトンは19世紀中盤、旅行がブームとなった時代にトランクを発売。

軽くて使いやすいバッグはたちまち人気となり、万国博覧会でも表彰されました。

ちなみにルイ・ヴィトンといえば、のモノグラムですが、これは海賊版防止のためにルイ・ヴィトンの頭文字と花と星を組み合わせたもので、一説では日本の家紋からアイディアを得たといわれています。

さてそのルイ・ヴィトンのネクタイですが、毎年新作が出ることでも有名。

新しい柄をコレクションしている人も多いとか。

バッグなどは高級ですが、ネクタイであれば毎年買ってもOKなお値段。

まずはのブランドはじめにルイ・ヴィトンという方もたくさんいらっしゃるようです。

ただ、さすが人気のブランド、ルイ・ヴィトンなので、残念なことに偽物も多く出回っているんです。

買うときには直営店か信用の置ける百貨店などで買うようにしましょう。

さて、そのルイ・ヴィトンのネクタイの中でも人気なのが、やはりロゴやモノグラムの入ったもの。

ルイ・ヴィトンのネクタイは質も高く目立ちますので、特別な機会や改まった場など、気合を入れたいときに身に付けてほしい一本ですね。

7.ヴィヴィアンウエストウッド

ちょっとパンクで個性的なヴィヴィアンウエストウッド。

男女問わず、他人とは一味違ったアイテムがほしいという方に人気です。

発祥はイギリス・ロンドン。

そのせいか、前衛的なデザインの中にかっちりとした虎トラディッショナルな雰囲気も醸しています。

ちなみにあの有名なロゴは地球と王冠を合わせたもの。

そしてヴィヴィアンウエストウッドのテーマは「冒険と探求」。

毎年進化を続けるブランドとして、コレクションなどにも注目が集まっています。

その中でもネクタイは人気商品。

パンクファッションをベースにしているため、派手派手かと思いきや、意外と落ち着いたストライプ柄が多く、会社などにも付けていけるデザインのものもがたくさんあります。

それでも、アクセントにヴィヴィアンウエストウッドのロゴが入っているのがお茶目なところ。

カラーバリエーションも豊富なので、いろんな雰囲気を出せるのもいいですね。

また、ジーンズやチノパンなどのカジュアルダウンされたコーデにも似合うのがヴィヴィアンウエストウッドのネクタイの特徴。

こちらは遊び心たっぷりのネクタイを選びたいですね。

8.アルマーニ

高級ブランドといえばコレ、のアルマーニ。

1975年創立のイタリアンブランドです。

複数のラインがあり、また服や小物だけでなく、レストランなども経営しているというのですから、すごいですよね。

そんなアルマーニの特徴はやはり高級感。

素材から職人さんまでイタリアでつくられた世界最高峰のものを揃えています。

またデザインはカジュアルというより、出来る男性にふさわしいような重厚感と洗練さが感じられるフォーマルなもの。

セレブをはじめ、世界中の男性をとりこにしています。

そのアルマーニのネクタイは、ブランドの他のデザインと同じく、重厚な高級感とシックな雰囲気。

ビジネスの場で使いやすいのもポイントが高いですね。

デザインはいろいろありますが、使いやすいのはやはりストライプタイプ。

シックな黒と白を基調にしたものから、アルマーニの文字が入ったもの、種類の違うストライプを掛け合わせたものと、選ぶのにも迷ってしまいそうですね。

他にも、ドット柄のものも人気です。

通常ドット柄といえばカジュアルな雰囲気のものが多いですが、さすがそこはアルマーニ。

シックかつクールに決めてくれます。

ほかにもパターン柄やチェックなどもありますので、ぜひHPやお店で実物を見て、プレゼントに合いそうなものを選んでくださいね。

9.フェンディ

誰でも知っている名ブランド、フェンディ。

バッグや靴などを持っている方も多いのではないでしょうか。

そしてフェンディはネクタイも商品展開しているんです。

しかもユニークでここでしか買えないデザインが多いのも特徴。

あの人のネクタイ、かっこいいな、と思っていたらフェンディだったということもあるかもしれません。

定番のストライプも、ネイビーやブルーというだけでなく、身に付けているだけで目立つゴールドのものからショッキングピンクのもの、マルチカラーのものと種類豊富。

他にも絵の具を散らしたようなデザインからフェンディらしい四角のドット模様などもあります。

ただ気をつけてほしいのは、やはりフェンディは高級ブランドだということ。

20代の新人社員がいきなりフェンディのネクタイをつけて会社に行ったら、それこそ驚かれてしまいます。

せめてある程度成果を出し、部下を従えるくらいになったらにしましょう。

フェンディのネクタイは自分の成果の証でもあるのです。

そのネクタイが似合う男性になれるよう、期待を込めて贈る、というのはいいかもしれませんね!

10.ビームス

ビームスは1976年に創業したセレクトショップ兼オリジナルブランドを展開するブランドです。

カジュアルからフォーマルまで幅広く取り扱っているので、困ったときはビームスという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アメリカなラフさとイギリスのエレガントさを併せ持つのがビームスの特徴です。

その分、どの国や文化にも寄らず、アメリカっぽくも、ブリティッシュっぽくも、イタリアンっぽくもきこなせる自在さがあります。

もちろんネクタイも多数の種類を展開していますよ。

その骨頂はやはりストライプ。

幅の広いものから細かいもの、トリコロールカラーから原色を掛け合わせた派手なものまで、種類は豊富です。

他にも、ドットやペイズリー柄も人気。

とくにペイズリー柄は、他にあまり持っている人がいないので、他人とペアルックみたいに見えるのが嫌だ、という人にはぜひ一度試してもらいたいネクタイです。

アイボリー色など、プレゼントをする本人が絶対買わないような鮮やかなデザインもいいですね。

ネクタイを男性にプレゼントするときのオススメの柄6選


ビジネスマンなら必ず身につける(最近は夏はクールビズということでネクタイをつけない会社も多くありますが、営業の人など、外部の人と会う場合は必ずネクタイを身につけているのではないでしょうか)ネクタイ。

毎日のことですから、おしゃれをきにする男性なら、雰囲気を変えるために何本も持っていたいもの。

その分、コーディネートの幅が増えますからね。

ネクタイを男性にプレゼントするときにきになるのが、「柄」。

ストライプからドット、無地までいろいろあって困ってしまいます。

いったいどんな柄を選べばいいのか、ここでいくつか例をご紹介いたしますのでぜひ参考にしてください。