常に時代は変化しており、昔と今では様々なことが変化し続けています。

私たちの生活環境も大きく変化していますし、それ以外にも私たちの生活に必要な道具、そして仕事の取り組み方なども大きく変化しているといえます。

例えば、昔の日本は残業することに対して一種の美徳的な意識が存在していました。

どういうことかと言いますと、残業することは偉いことであり、残業している人はとても素晴らしい人間であるという考え方です。

今もこのような意識を持っている人はいるかもしれませんが、時代の変化とともに考え方が変わってきています。

どのように変化しているのかと言うと、残業することは悪いことである、とても非効率的な行いであるという考え方です。

残業することを美徳だと思っている人からしてみれば、全くもって気に入らない考え方になるかもしれませんね。

しかしながら時代の変化とともに考え方が変化することは珍しいことではありません。

実際に現在ではこのような考え方が日本という国全体に広まっており、日本を率いている総理大臣までもがこの考えを支持しています。

そこで、今回はどうしても残業したくない日に確実に仕事を終わらせる方法をご紹介していきたいと思います。

仕事をやる気になれず、どうしても今日は早く家に帰りたいと思ったことは必ず誰しもがあると思います。

そのような時には今回ご紹介する内容を思い出して、1秒でも早く家に帰れる方法として実践してみてください。

日本は残業が多い?

日本で暮らしている私たちからしてみると、当たり前のようなことでも海外から日本を見てみると当たり前ではないようなことがたくさんあるはずです。

有名な話としては日本人は相手に対して謝りすぎるということが指摘されており、実際に日本人は相手に対して謝ることが口癖になってるような人がとても多いです。

このように日本人と海外で暮らしている人の間には考え方や文化の違いが存在しており、細かく考えてみると非常に様々なことが考えられます。

その中の違いの一つに、今世界的に指摘されていることが日本人の働き方問題です。

聞いたことがある人も多いと思いますが、とにかく日本人は海外に住んでいる人と比べて働きすぎているという現実が存在しています。

どういうことかと言いますと、私たちが考える労働時間と世界的に考えられている労働時間は、非常に大きな差が存在しているということです。

日本でしか暮らしたことがない人からしてみれば、気づくことがあまりないかもしれませんが、実際に私たち日本人は働きすぎている人種だと言えます。

そもそも日本は世界的に見ても長時間労働を行っている国であり、さらに基本的な考え方の違いとして残業することが当たり前だと思っている意識があります。

この時点で既に日本人は考え方がおかしいと言われても仕方がありません。

なぜならば国によってはそもそも残業という考え方や概念自体がない国が存在しているからです。

もちろん日本以外の国が全く残業しないのかといえばそうではありませんが、それでも残業する国の中で残業時間が長い国は日本がトップクラスです。

このことから、日本は仕事に対する考え方が異常だと指摘を受けているのです。

残業をしない人は仕事をしない人?


なぜ日本が世界的に比べてこれほど残業が多い国なのかということを考えた時に、当然ながらいくつかの理由が存在しています。

まず仕事を行う上で残業をすることができるかどうかということが非常に重要な判断基準として置かれているからだと言えます。

どういうことかと言いますと、当然ながら仕事を行うということは会社と雇用契約を結ぶということになります。

そして雇用契約を結ぶ際には様々な条件を交わしたりすることになりますが、その中の一つに残業することができるかどうかということを確認される場合が多いです。

大体の場合、面接などが行われた時に残業することができるかどうかということを直接問いただされたりすることが一般的です。

もしもこのような状況で残業することができないと答えた場合、公にはしませんが採用してもらえる確率が非常に下がってしまうことは暗黙の了解として存在します。

なぜならば、残業を行うことを当たり前に考えられているので、残業を行わない人間を雇った場合、業務効率が下がってしまうと会社側は考えるからです。

しかしながら、魅力的な会社なのであれば、残業することを許容しててもその会社に入社したいと思うのが当たり前の考え方になりますよね。

なので、結果的に会社の意向に従わざるを得ない状況が生まれ、周りの人もみんな残業しているので自分も残業しなければいけないという強迫観念に駆られたりしやすいのです。

日本の企業にはこのような環境が常に取り巻いているので、たくさんの人が長時間残業を行っているということになるのです。

また、もしも周りの人が残業をしている中自分だけが帰ろうとした場合、帰るという行為を選択しただけで仕事ができない人間だとレッテルを貼られてしまう可能性もあります。

このような考え方を持っている人が役職を与えられ、管理職として存在している場合、その人の能力関係なく残業しない人は仕事をしない人だと決めつけられる場合があります。

特に年齢が上の世代に関しては、長時間労働を当たり前として考えてきた世代になるので、
このような考え方を持っている人がかなり多いといえます。

ノー残業デーを取り入れている会社もある

日本人が長時間労働を行っている原因は企業の考え方や体質が大きく関係しているということをご紹介していきました。

実際に世の中にはブラック企業と呼ばれている企業が多く存在しており、労働基準法を無視した時間外労働を強いてるような企業もたくさん存在しています。

自分の会社の業務効率を優先するあまり、法外な時間の労働を強いてるような会社は意外と身近に存在していたりします。

しかしながら、時代の変化とともに考え方は変わってきています。

昔は残業することなどを美徳と考えられていたので、このようなことがまかり通っていたかもしれませんが、今の時代はよりコンプライアンスを意識した働き方が注目されています。

私たち個人個人の考え方が変化しているだけではなく、日本政府も社会問題化する長時間労働の是正に向けて現在大きく働きかけています。

具体的には厚生労働省が時間外労働45時間以内とするルールを厳格化したりするなど、日本という国自体が働き方を変えようとしているのです。

そしてその影響は様々な会社などにも表れており、現在ではノー残業デーなどを取り入れているような会社も多く存在しています。

残業しない日を作ることによって、長時間労働に対する概念を変えたり、労働者の時間を確保することができるようになっています。

まだ全ての会社がこのような考え方に達しているとは言えませんが、近い将来このような考え方がさらに広く浸透することは予想できます。

まさに、時代の変化とともに私たちの働き方や雇用環境も大きな変化を迎えようとしているといえます。

フランスやドイツはほとんど残業をしない


日本は世界的な国々と比べて残業時間が著しく多いということをご紹介していきました。

では、世界の国々はどのような労働環境にあるのか、他の国の労働環境について簡単にご紹介していきたいと思います。

まず結論からお伝えするとフランスやドイツなどの国々はほとんど残業しないことで知られています。

今の私たちの日本の労働環境からは全くもって想像がつかないような状況だと思います。

そもそも私たち日本人の労働者の年間労働時間は平均で1745時間だと言われています。

それに比べてドイツに関しては1393時間と言われており、これを比べて考えてみても年間で352時間も差が生まれているということになります。

一日8時間で計算したとしても、48日も労働に費やす時間が違うということになります。

また総務省の労働力調査によると、週49時間以上働く長時間労働者の割合は日本が21.6%なのに対して、ドイツはその半分の10.5%と言われています。

また、フランスに関しては年間労働時間が1479時間で、労働力調査の結果は10.8%と言われています。

このようにして数字で比較して考えてみても日本とヨーロッパ諸国では労働時間が圧倒的な違いが存在しているということが分かるはずです。

それだけならまだしも日本は諸外国と比べて、生産性が低い労働を行っているのではないかという指摘も受けています。

どういうことかと言いますと、長時間労働を行っている割には労働生産性が上がらないので、意味のない時間を過ごしているのではないかということです。

このことから、働き過ぎということは実は良いことではなく悪いことなのではないか?という疑問が沸き上がっているのです。

残業をしないと起こるいい事

残業することは本当は悪いことなのではないかという風潮が大きく世の中を動かしています。

しかしながら、それでも残業をすることを美徳と考えている人達は一定数存在しています。

確かに残業行うことは完全な悪だと言い切れるわけではありませんが、それでも残業しないことによって巻き起こる良いことは考え切れないほど多く存在しています。

例えば家族が存在しているのであれば、家族と過ごせる楽しい時間を毎日得ることができるようになります。

それ以外にも自分のキャリアアップのための特別な勉強を行うこともできるようになりますし、有意義な趣味の時間を得ることもできるようになります。

残業しないことによって毎日数時間自分の時間を得ることができるとすれば、年間に換算すると非常に大きなまとまった時間を得ることができます。

その時間を有意義に活用することができるかどうかは自分次第ではありますが、工夫次第によってはとても大きな変化を得ることができるようになります。

毎日残業ばかりして自分の時間がないと思っているのであれば、たまにはちょっとした工夫を行って残業を行わず、自分の時間を得ることも考え方次第では有意義といえるはずです。

今日は帰る!仕事を早く終わらせる方法

日本は残業がとても多いということをご紹介していきました。

実際に多くの日本人が毎日の業務の中で残業を強いられて、自分の時間をなくしてしまっていると思います。

しかしながら時には早く家に帰ってゆっくりしたいと思うこともありますし、自分の時間を使って何か熱中したいことがある場合もありますよね。

ただ、先ほどもご紹介したように日本の会社の風土として残業することを美徳として考えている企業はまだまだ数多く存在しています。

また年功序列という制度もありますので、自分よりも年上の人間や自分よりもキャリアが上の人間が残業しているのに自分が帰ったりするのは気まずい場合もあります。

このように早く帰ろうと思っても早く帰れないような理由が存在していることはザラに存在しています。

そこで今回はどうしても今日は家に帰りたいと思った場合に、仕事を早く終わらせる方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

早く家に帰りたいのにいつも残業があるという方は、自分の仕事のやり方に何かしらの工夫を取り入れるべきだと言います。

なぜならば工夫を行うことによって、これまでと違って圧倒的に早く仕事終わらせることができれば、そもそも残業しなくても良くなる可能性があるからです。

自分の時間がなくて毎日うんざりしている方は、これからご紹介する仕事を早く終わらせる方法を身につけて、業務の効率化や時間の確保を実践してみてください。

1.仕事毎にプライオリティを考える

まず初めにご紹介する仕事を早く終わらせる方法の一つとして「仕事毎にプライオリティを考える」ということが挙げられます。

そもそもプライオリティという言葉自体が何を意味しているのかよく分からない方もいると思います。

プライオリティという言葉は簡単に言えば「優先順位、先取権、優先権」などという意味を持っている言葉です。

今やビジネス用語として広く用いられてる言葉でもありますが、一般的には優先順位という意味合いで用いられている言葉です。

つまり、仕事毎によって優先順位をよく考えて、考えて業務を行う必要性があるという意味合いになります。

ただ自分が与えられた仕事をやみくもに行っているようでは効率よく仕事を行っているとは言えません。

自分が与えられた仕事の中できちんと優先順位を考えて仕事を行うことによって、劇的に業務の効率化を図ることができるようになります。

もしもただ仕事を行っているだけなのであれば、もう少しプライオリティを考えて仕事を選ぶようにしてみると良い結果を得ることができるはずです。