留意点とはプライベートではあまり見かけない言葉だと思います。

意味はおろか、言葉でさえ今知ったという人の方が多いのではないでしょうか?

注意点とかいう言い方であればまだ分かりやすいかもしれませんね。

留意点はビジネスシーンではよく見かける言葉だと思って下さい。

留意点とは何か?

どんな時に使うのか?

ビジネスでもし使うことになったとき、あなた自身恥を書かないよう覚えておいて損はありませんよ。

「留意点」の意味わかりますか?

そもそも今回のキーワードである留意点の意味をご存知でしょうか?

ビジネスシーンではよく見かける言葉だとはもうしましたが、それがどんな時に使用するのか?
ちゃんと理解していない人の方が多いでしょう。

それ以前に目にする事さえない可能性もありますね。

留意点とは物事を心にとめておく事を意味します。

ざっくり言うと注意と同じ意味です。

意味にすれば分かりやすいとは思いますが、これ結構上司から言われるような言葉だと思いますよ。

ビジネスシーンで見かける言葉

私自身は留意点という言葉を言われた事はありませんが、ただ上司からはよく留意点の意味の方を言われていた記憶があります。

ややこしいですけど、注意よりも適切な言葉が見つからなかったのかもしれませんね。

頭においておくという曖昧なものなので、人からしてみれば微妙な認識なんですよ。

昔私は医療事務として勤めていた事があり、注意するまでではないけど何かしら気にかけておきなさいと言われていました。

分かりにくいですけど、何かしら疑問をもったらそのままにせず疑問を持っておけみたいな感じでしょうか。

ただこれ凄い難しいんですよ。

口にするのは簡単ですけど、頭に留めておけって言われるといざという時ピンと来ないんですよね。

「留意点」の解説

留意とは気をつける事とはお伝えしましたが、基本的にそこまで重たいものではありません。

基本的には自分というよりも相手に気遣って使用する事が多いです。

そもそも留意点自体、ある物事を心に留めておいてその事に気をつけるという意味にはなりますが、かなり曖昧な物言いにも聞こえますよね。

これらはどういう意味かと言いますと、そこまで重要ではないが気をつけて欲しい事というニュアンスだと思って下さい。

他者に使う時であれば、例として熱中症に気をつけて下さい的な感じです。

何かに気をつけてのように、基本的に留意点を相手に使用する場合は健康を気遣うような意味合いみたいですよ。

もしかしたらあなた自身も熱中症になるかもしれないから気をつけてよみたいな感じでしょうか。

「留意点」の意味

留意点の意味は軽く説明させていただきましたが、もっと深くまで見ていきましょう。

どういう用途で使われるべきか、またどういう事に気をつけた方が良いのか、そしてその使用する意味とは何かも重要な部分ですね。

企画や営業などに携わっているような人であれば、留意点は必然的に必要になってくるのではないでしょうか?

ちゃんとしている所ならまだしも、場所によっては留意点の意味や必要性を教えてくれるような所は少ないですね。

言葉の意味は調べた方が良いのですが、ビジネスやプライベートでも必要不可欠なものだという認識を持っておいて下さいませ。

まずは「留意」の意味

そもそも留意点とは曖昧なものに気をするべきというものですが、曖昧なものの割にはビジネスシーンで使用される事が多いんですよ。

言い方としてはフォーマルなものとして捉えられているようですね。

基本的にビジネスでは気をつけておいた方が良いのですが、男女問わず仕事をする上で必要不可欠な定義だと思っておくと良いでしょう。

何故なら留意とは自分に対してというよりも、相手に対して使うものですからね。

反対に相手側から留意するように言われる事もあります。

ある物事に心をとどめて、気をつけること

自分が気に留めている事を、相手にも気に留めておいて欲しいという言葉ですね。

ある物事に心を留めて気をつける事なんて、結構曖昧なもの言いではあるでしょう。

留意の重要な部分は短期間ではなく、長期間というよりも永久だと思ってください。

そのため留意する程度であればさして問題はありませんが、それ以上になってしまうと色々注意しなければいけない事が増えてきます。

これは認識的な問題なので結構難しいですよ。

では「留意点」の意味は?

単純に留意ではなく留意点とするとどうなるかというものですが、意味合い的にはさして変わりはありません。

正確に言えば気持ちを留まらせて気をつけないといけない点という意味でしょうか。

そこまで重要視ではないので特に困るような事はありませんが、注意点よりも効力は弱いですね。

確証はないけどとりあえず気をつけた方が良いというニュアンスになります。

特に注意する必要のある点

特に注意する必要のある点という意味でとらえておいた方が良いかもしれません。

自分が体験してわかった事なのですが、頭の片隅に置いておくというのは正直に言って難しい事です。

何故なら必死でやっている時や普通にしているような時は、頭の片隅にすら思い浮かばないからですね。

ある程度経験を積んだら可能ですが、新社会の皆さんは難しいでしょう。

何故なら意識しているかどうかはその人次第です。

強いて言うなら常に頭をフル回転させているかどうかかもしれませんよ。

頭をフル回転させていると、ひらめきや勘が働くようになります。

思い出す事が出来るかどうかにもよりますね。

若い方であればちょっとした事でも思い出せるかもしれませんが、年配者って思い出せない事ありませんか?

私の母が物忘れが酷く大雑把な方なのですが、留意点はおろか思い出せない事が多いです。

頭の片隅どころか、抹消レベルなので残念としか言いようがないですね。

気をつけるべき事柄

強いて言えば気をつけるべき事柄かもしれません。

しかしそこまで優先順位が高いわけではないので、軽くくらいでしょうね。

例えば体重維持に留意する、美意識を維持できるように留意するとすればどうでしょうか?
こう聞くとそこまで切羽詰った感じはないですよね。

別にそんなに大した事はないというものですし、気にしない人も多いでしょう。

「留意点」の意味まとめ

留意点は使い道がとても多いのですが、場面によっては留意点ではすまないケースがあります。

主に相手の健康などを気遣い意識してもらうようにするものですが、正直に言うと結構難しいんですよね。

留意点として本当に気をつけてもらわないといけないのか、そこまで切羽詰ったものでなければ気に病んでしまう人もいます。

捉え方次第かもしれませんが、人それぞれですね。

例えば取引先の企業への書類を完成させるため、間に合わせるように留意するというような言い方だと微妙だと思いませんか?

価値観の差かもしれませんが、納期に間に合わせるのはもちろんですがそれは留意で終わらせてしまってはだめな気がします。

留意点というのはあくまでも個人のさじ加減なので、留意点にしてはダメなケースも多々あるのです。

自分自身が留意点を使う場合は、重要か重要でないかというポイントを伝えましょう。

「留意点」が使われる場面

留意点が使われる場面は地味に多いですよ!

資料や書類、マニュアルはそうですね。

メール文章で使う人もいるようですが、私はやった事ないです。

資料や書類、マニュアルは自分自身で作る事が多いものなので、なるべく慣れておいた方が良いでしょう。

どちらかと言えば留意点という言い方ではなく、注意書きとする事の方が多いかもしれません。

マニュアル

見るマニュアルもですが、自分で作るマニュアルの方が分かりやすいかもしれませんよ。

私も昔マニュアルを作った事があるのですが、めちゃくちゃ注意書きとして留意点を記載した事があります。

何せ誰が見ても一発で分かりやすくがモットーでしたので、凄く苦労しました。

シンプルにはしましたが、どういう点でこうなるのかも書かないといけないのと、もしもの場合としてよく留意点は載っけてましたね。

会社のマニュアルとかは誰かが作成したものなので、その辺りは結構性格が出るでしょう。

留意点というのはもしもの場合として乗っけていたので、どういうもので必要かとかめちゃくちゃ考えました。

別にそこまで注意する事ではないけど、もしもの場合もあるのでと考えてやってましたよ。

マニュアルというのは自分がいなくてもみんなが出来るようにと考案されているものです。

いざという時対処出来るようにっていう感じでしょうか。

注意書きとして文書で見かけることが多い

基本的に留意点と直接書いているよりかは、注意書きとして文章で見かける事がおおいかもしれませんね。

大丈夫だとは思うけど気をつけて的な感じでしょうか。

ただ本当に万が一やこういうケースでというものなので、1年に1回あるかないかのものもあります。

注意点と違ってそこまで大した事はないですからね。

留意点の場合は深刻度がとても低いんです。

例としてこの家電製品を使う際の留意点というケースであれば、別にそこまで注意しなくても問題はないという言い方になります。

そんな中途半端な言い方をするのであれば紛らわしいから最初から書くなと思うかも知れませんが、疑問に思う人が何人もいたりする可能性があるため、事前に留意点として言っているのだと思って下さい。

大体留意点を書いているようなものは、他の人から何回か同じような質問があった可能性が高いですね。

当人としては気づきにくいものですが、自分が使う側になって考えてみましょう。

大半の人はそれだったら書いておいてよと思うかもしれません。

私の経験上、大体50代以上の男女が言ってくるものです。

若い人で言うのはあまりないのですが、年配者ほど人の話を聞かず、自分本位で行動する人間が多いのでそういう事を言ってくるような人がいるんですよ。

私は関西住民の人間ですが、地域柄なのかそういう事を言ってくるような人めちゃくちゃいます。

1回くらいなら良いんですが、何人も同じ様な質問をされるようであれば対応するのが面倒くさいんです。

つまりお客さんから質問されそうな事を予め書いておいて、電話や何かしらかけて来るのを防ぐというものですね。

別に悪い意味ではなくお客さんなどの疑問点を払う事が出来ますし、ちゃんと書いていないのは当人側の責任ですからね。

「留意点」の例文

留意点の例文は実際使っている人はそんなに少ないかもしれませんが、よくよく観察してみればありますよ。

自分がマニュアルや資料を作成する場合や、健康に気をつけてもらうように言う時ですね。

ただ本当にオフィシャル的な言葉なので、日常生活において使うと意味不明みたいな顔をされるでしょう。

別に相手が知らなくても、自分が知っていれば問題はありませんし、間違った事は言っていませんので安心して下さいませ。

例文1「この作業を行う際の留意点を教えていただけますか?」


新入社員や初めて行う作業がある場合、留意点は聞いておいた方が良いでしょう。

このケースの留意点を聞いておく事で、結構得する事があります。

何故かと言いますと、質問している相手の留意点は自分が体験した事を話してくれる可能性が高いからです。

注意点だと別にマニュアルを読めばなんとかなるだろうと思っており、そこまで重要ではないため留意点については答えてはくれません。

留意点を確認しておく事で、先輩のあったケースやマニュアルには書いていないけどこういうのもあるんだよという風に教えてもらえるでしょう。

ただこれは聞く人を間違えてしまえばアウトですね。

経験していなければ、単なる無意味な質問となります。

歴が長い人に教えてもらえるのであれば、留意点は確認しておいて損はないでしょう。

親切な人やトップのであれば、自ら留意点を話してくれる事もありますよ。

例文2「バイトに関しての留意点を確認しておいて下さい」


バイトや軽作業で働く際の書類に、いくつか留意点が記載されている事があります。

私が昔短期派遣していた時、バイトに関して書かれていた気がしますね。

ごくごく当たり前の事なのですが、時間や服装などについて書かれていました。

時間厳守、ストッキングは何色やジーパンはNGなどになります。

このケースでは注意書きではなく、あくまでも留意点として使用するのが正しいかもしれません。

何故なら別に命の危険性はなく、当たり前のような事だからです。

バイトや軽作業だけではなくどこの会社でも一緒ではないでしょうか。

必要最低限の注意事項とは言え、守ってもらえなければ特に誰かが困る訳ではありません。

何せ困るのはあなた自身ですからね。

だから注意点ではなく、留意点なのです。

例文3「健康を維持するためには、いくつか留意点が必要です」

健康を留意するという言葉もなかなか聞いた事はないかもしれませんが、注意するよりもどちらかというと留意の方が使い方は正しいですね。

何故なら健康を維持するというのは、かなり曖昧だからです。

健康そのものを維持するというよりも、維持する方法だと思って下さい。

よく他者から寒い時期には風邪引かないようにや、流行り病のときには気をつけてと言っている事が多いですが、これってよくよく考えたら別に短期間ではなく長期間ですよね?
相手に対して気をつけてほしいと思っている点はいくつかあるでしょう。

しかし大概が単純に病気には気をつけてと大まかな事しかいっていないので、どうやって気をつけるのかはすごく曖昧な気がします。

例えばマスクを付けるだの、うがいをするだの、食事に気をつけるだの、人によって予防法なんて曖昧ですよ。

ただお医者さんが言う留意点はいくつかあります。

糖尿病予備軍患者の場合は、お菓子は食べすぎたらだめですよと言われた人がいるようです。

これは注意点にも取れますが、長期間継続に渡り継続が必要なものですので留意点の扱いになりますね。

例文4「ダイエットを行うための留意点を説明しましょう」

健康を維持するのにも近いですが、ダイエットもまた長期間挑むものですよね。

ダイエットというのは、女性ならわかるかもしれませんがみんなやらなきゃと思っている人が多いでしょう。

お菓子を食べちゃだめ、甘いものを夜に食べたらだめとか全部留意点な気がします。

誰かに言われている訳ではありませんが、ダイエットを行うことって全部留意点なんですよね。

長期間かつ曖昧なものなので、ダイエットをやらないといけないという頭があっても、上手くいかない人が多いのはそのためだと思って下さい。

ダイエットを成功させる事は留意というよりも注意する事ですね。

人間は何かしら目標がないとやる気が出ない生き物です。

それはダイエットに限らず、勉強でも何にでもあてはまります。

やらなきゃいけないと思っていても、いざ切羽詰まらないと出来ないものでしょう。

ある意味で言えば一番いい例がダイエットかもしれません。

ダイエットの留意点は本当にどれも継続しなければいけないものばかりです。

頭では分かっているのに、体が言うことを聞かなかったり、他の人との付き合いなので出来ないという人も少なくはなかったりします。

嫌な言い方をすれば言い訳にしか聞こえませんよね。

結構テレビ番組を見ていても、お医者さんが留意点を散々言っていたにも関わらず守れなかったのが芸人の安田大サーカスのクロちゃんでしょう。

お医者さん達から留意点を言ってもらっていたのにも関わらず、更に悪化してしまい注意していたのにそれを継続し、命の危険性にまで及んでしまいましたからね。

ある意味では本当に留意点が超えたらどうなってしまうのかといういい例かもしれません。

人間は自分に実害がなければ危機感を持てない人間なのですよ。

大半の人は留意点で気をつける人もいれば、注意されれば守る人もいます。

理想的なのは安田大サーカスのHIROさんですね。

HIROさんも肥満が原因で命の危険にまでさらされましたが、今現在は回復され健康を留意するように努めているようです。

人間は1回死にかけないとわからないケースもあるのですが、クロちゃんのように本当に死ななければわからないお馬鹿さんもいる事はたしかでしょう。

そういう人ほどあの時留意点を守っていればという気持ちになっちゃうんですよ。

留意点を守ってさえいれば、そのままの生活を維持できた人はたくさんいると思います。

軽視されがちな留意点ですが、留意点はあくまでも目安の1つにすぎません。

自分が気をつけるかどうかによってかかってきます。

「留意点」の言い換え

留意点を言い換えするのであれば、注意点や重要点や注意事項かもしれませんね。

あくまでも強いてで言えばだと思って下さい。

どちらかと言えば注意点という言い方の方がよく聞くかもしれません。

私自身も文章にする時は注意点という言葉を結構使用します。

そのくらい言いやすい言葉ではありますが、そもそも注意点自体何か分かっている人はいるのでしょうか?

大体の言葉の意味は理解出来ると思うのですが、留意点と注意点の違いやその他の言葉のニュアンスは地味に異なります。

意味はちゃんと理解しておかないととんでもない事になりますよ!

ただ言葉の意味は複雑なので、これはこんなものだと思っておくとビジネスでもやりやすくなるでしょう。

注意点

留意点は気持ちを留めておく程度で気をつけるという意味合いのものでしたが、注意点は大きく異なります。

注意点というのは気持ちを集中させて気をつけるというものです。

すなわちかなり警戒する事を意味すると思って下さい。

実際注意する時って神経めちゃくちゃ使いませんか?

ある物事を一点集中して気をつけているため、強い意識がそちらに向けられていると言ってもよいでしょう。

反対に留意点は強く意識する訳ではなく、潜在意識的なもので気持ちをある物事に留めておくというものになります。

留意点と注意点の明確な違いは、留意点は曖昧であること、注意点は具体的で明確に何に気をつけるかですね。

日常生活でもビジネスシーンでもよく使用します。

どちらも必要なものですからね。

注意点とは危険に対して使うような言葉かもしれません。

留意点のような曖昧なものではなく、常に気をつけておきなさいという状態においておけと言っているようなものです。

高速などでたまにクマ注意とか落石注意とかの看板がありますよね。

あのような看板を見た時ってどう思いますか?

熊が出るんだとかのんきな気持ちにはならないでしょう。

むしろ熊出るんだ、襲われたら怖い!と思うはずです。

注意点とは相手に本当に危機感を持ってという事だと思って下さい。

留意点のように曖昧なものではなく、本当に身の危険を感じろと言っているんですよ。

留意点と混合しやすい

留意点と混合しやすいものにはなりますが、かなり違いがあります。

認識しているかしていないかの差かも知れませんが、基本的には留意点よりも注意点の方が認知度が高いため、意味合い的には注意点と誤認されやすいのです。

正直な話何事にも気をつけておいた方が良いのは事実ですけどね。

基本的に人間なんて余程の危機感が迫っていないと、あまり気にする人はいないんですよ。

留意点が重要視されていない部分はそういう所です。

別に特に困らないからという意味合いが大きい為、よほどしっかりしている人間や注意深いような人間でないと留意点を守らない人がたくさんいます。

実際気をつけられるかと言われたらそうでもないでしょう。

だって大体の人は何かしら言われているはずですよ?

親兄弟から何かした方が良いという注意を、単純に留意に捉えてしまっている人もいます。

そういう意味ならわかりやすいでしょう。

諸注意

「しょちゅうい」と読みます。

諸とはその他もろもろの意味を示す言葉です。

すなわち諸注意とはたくさんの注意という事ですね。

多分諸注意なら1回位は聞いた事はあるのではないでしょうか。

遊園地などのアトラクションで、係員から諸注意をしてもらった事があると思います。

実際係員からの注意はたくさんの注意のはずです。

注意点とすると1個程度ですが、他にも気をつけて欲しい時は諸注意という言い方をします。

明確に諸注意という言い方をしているのは遊園地くらいかもしれませんが、その他に映画や病院でも諸注意を受ける事はあるでしょう。

言葉には出していない事も多いですが、諸注意は日常生活の方がよく使われるかもしれません。

1個程度なら諸注意とは言いませんが、いくつか注意してもらいたい事がある場合は諸注意という言い方をします。

何せ注意は気をつけておかないと、危険なものもありますからね。

考えてみれば結構諸注意って当たり前のような事は言っているようでも、全部命の危険性があるものでしょう。

注意事項

ビジネスでは留意事項というものがよく使われるそうですが、一般的によく見るのは注意事項かもしれません。

これは色んな所で目につくと思いますよ!

居酒屋さんだと20歳以下の方はアルコールをお出しする事が出来ませんや、薬の使用上の注意事項に関してとか様々ですね。

この注意事項というのは命にかかわるものや、行ってしまった場合色んな危険性がある重たいものとなります。

誰でも注意事項と書かれていたら、軽視する事なんでできないでしょう。

何故なら実際自分や他の誰かが痛い目にあるのです。

注意事項をしていないお店は、自分にも被害が来るからこそ注意事項を掲げているんですよ。

別に留意点くらいであればしていないと思います。

重要点

重要点とはキーポイントという意味になります。

そもそも重要とは何か?という事ですが、物事の本質などに大きく関係していることです。

留意点や注意点と比べると、丁度その中間くらいかもしれません。

重要点は他者から見ればそうではありません。

注意点は老若男女問わず全員が注意すべき事でしたよね。

留意点は曖昧なものであり、長期間にかけて意識的に気をつける事を指します。

では重要点とは何か?

曖昧ではなく明確で具体的なものではありますが、あくまでも当人にとってはというレベルです。

本当に言葉って難しいですよね。

「留意点」は使い方に気をつける

留意点は使い方を気を付けましょう。

重要視すべきものなのか、ちょっと気にかけておく程度で良いのか、判断が分かりにくいかもしれません。

使用するとしたらわかりやすい注意点の方を使いたいを思いますからね。

注意という言葉の方がよく耳にしますし、物事に対して集中できます。

ただ留意点は留意点で軽く見てはいけません。

何かしらの重要すべきことだと思っておいたら良いかもです。

ちょっとした忠告みたいなものだと思っておくと良いでしょう。

日常生活もですがビジネスでもよくあります。

基本的にビジネスやってたら、何かしら注意しないといけないことばっかりですもの。

最初の内は右も左も分からないから注意しないといけない事ばっかりでしょう。

むしろそのくらいの方がいいんですけどね。

ある程度慣れてしまったら留意どころか、人は注意する事を忘れてしまうんですよ。

一番ダメなパターンなのですが、そのまま何も出来なくなってしまう人もいます。

ある程度慣れてきたらこそ、何に注意すべきか何を留意点とするかで分けるようにしましょう。

ずっと注意してたら精神的にしんどくなってしまうので、自分の留意点を作っておくと仕事の失敗が少なくなります。

私はずっとそうしてきました。

昔の上司が留意点を作っておくとミスを減らせると教えてくれたからです。

本来人に対して留意点は言うものですが、自分自身に留意点を作っておくと仕事でのミスは減らせます。

意識するって簡単な事に聞こえるかもしれません。

でも簡単ではないのです。

別に医療系に限らず仕事って全部同じだと思いますよ。

ただ適当にやっていれば良い仕事なんてないです。

ミスを防ぐには自分自身しかいません。

よくミスをする人ほど留意点は必ず作っておいて下さいね!

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718