好きな人が出来ると、当たり前ですが相手にも自分のことを好きになってほしいと思うはずです。

しかし、そんなにうまくいくものじゃないですよね。

難しいと分かっていても相手の男性にも同じ気持ちになってほしいと思うのは、恋する女性ならどうしようもないことでしょう。

今回はそんな悩める女性のために、相手の男性にも恋心を抱かせ、好きと思わせるためのテクニックをご紹介していきます。

テクニックと聞くと、ハードルが高そうな気や、あざとくて周りの反感を買ってしまうんじゃないかと心配になってしまうかもしれませんが、そんなに特別なことではないものが多くあります。

ただ、男性は知らないうちにそんな女性に惹かれていってしまう。

そんな男性をその気にさせる簡単なテクニックをまとめていきますので、ぜひ参考にして、実践してみてください。

男性は追われるよりも追いかけるほうに夢中になる

本能的に、男性は追いかけられるようりも追いかける恋愛のほうに惹かれて、夢中になる傾向にあります。

そのため、相手の興味がないうちに好きなことがバレてしまうと、なかなかその気にさせられなかったりするかもしれません。

ただ、最近の男性は奥手な草食系男子も多く、全く自分に興味がなさそうな女性には、追いかえることもできないなんて男性もいたりします。

なので、あなたも相手の男性に興味がある素振りをすることは必要になってくるでしょう。

興味があって優しくするけど、好きだと感じられないようにするのは、なかなか難しいかもしれません。

そんなときに、これからご紹介していく簡単テクニックを実践していくと、だんだん男性の気持ちを揺れ動かしていくこともできるでしょう。

ですから、実践しやすいテクニックを中心に、いくつか試してみてください。

手応えがなくても、少しずつ確実に刺さっていることもあるはずです。

めげずに頑張ってみましょう。

相手にも好きと思わせる17個の簡単テクニック


ここからさっそく相手の男性にも好きだと思わせるための簡単なテクニックをご紹介していきます。

17個紹介していくので、使えるテクニックもハードルが高くて実践できなさそうなテクニックもあると思います。

そんなときは無理せずに、自然体で出来るテクニックから試してみてください。

また、男性によって好きなテクニックなども違うと思いますので、接している感覚や話していることを元に、厳選するのもいいと思います。

あとは、男性の性格や好きなタイプなどが分かれば、それを元に絞り込むこともできるかもしれませんね。

ここからは、行動編と会話編、そしてLINEやメール編とシチュエーション別にまとめていきます。

色々使い分けるのも必要になってくると思います。

できれば、全てのシチュエーション1つずつでも実践してみるといいのではないでしょうか。

そうすることで、男性も常に意識していき、それが興味や好意に変わっていくことだって考えられます。

行動編

まずは行動でのテクニックを見ていきましょう。

日頃から職場などで会う人なのであれば、一番使うタイミングがあるのが、行動かもしれません。

また、ふとしたことで本人が気が付かないうちにどんどん意識していってしまったりするのも行動のテクニックのいいところです。

毎日の積み重ねで少しずつ確実にあなたを意識させていくことで、気が付いたときにはとても好きになってしまっているなんてこともあるかもしれません。

少し時間がかかることもありますが、その分効果のあるものが多いので、どんなものがあるのか知るだけでも役に立つことがあることも考えられます。

チャンスは突然くることもあるので、準備しておくことをおすすめします。

1.優しくする

好きな人にはとびきり優しくしてあげましょう。

男性も女性も優しくされたら、その相手に対して良い印象を持つのではないでしょうか。

なので、まず相手からの印象をよくしたいと考えたら、少しだけ周りの人よりも優しく接するようにしてみるといいと思います。

ここで大切なのは、あからさまに差をつけて優しくしてしまわないことです。

周りに分かるほどしてしまうと、ひょんなことから相手の男性の耳に入ってしまうこともあるかもしれません。

男性の中には、女性の気持ちを知ると意識して、自分までいつの間にか好きになってしまう人もいますが、反対にからかわれたりして、照れくささから、興味ないと言い切ってしまう人もいます。

なので、出来ることなら二人きりのときだけ特別優しくするなど工夫するのもいいと思います。

そうして、相手が自分にだけ優しいことに気が付いたら、意識してくれるようになるのではないでしょうか。

違和感がないように、普段から周りの人にも優しくしておくといいかもしれません。

2.相手の視界に入る

なかなか話すタイミングがなかったり、直接的な関わりを持つ機会がない場合、せめて相手の視界に入るようにすると相手が気にしてくれることがあります。

近くにいくほうが声をかけられる可能性は高くなるので、飲み会などのときに隣に行ったり前に積極的にいく女性も多いかもしれません。

しかし、隣や正面というのは、距離が近すぎて緊張してしまったりあまり話が盛り上がらずに落ち込んでしまうこともあるようです。

その点、相手の視界に入るようにすることは、直接関わることはないにしても、気にしてもらうことができるかもしれないんです。

あなたの笑っている顔や困っている顔、美味しそうにする顔などのコロコロ変わる表情に、目が離せなくなってしまうなんて男性もいるようですよ。

また、隣や正面と違って、席を移動しても視界に入るように気をつけることはできるので、常に見えている場所を心掛けるようにすれば、そんなに難しいことや勇気のいることでもないと思います。

3.動きや会話、動作を真似する

有名な恋愛テクニックの中に、『ミラーリング効果』というものがあるのはご存知でしょうか。

人は、自分と同じ動きや会話、動作をする人に対して好意を抱きやすい傾向があったり、好きな人の動きや会話、動作を意識していないのに、真似してしまっていたりするんです。

長く付き合っているカップルや夫婦って、だんだん似てきたりするという話も聞いたことあると思います。

これは気のせいや意識的なものではなく、好きなもの同士が一緒にいることで、だんだんとお互いがお互いに寄せてきてしまうんです。

そのため、好きな人の動きや会話、動作を意識的にでも真似することで、相手はあなたに対して良い印象を抱く可能性が高くなります。

しかし、中には動きや会話、動作などが逆の人に惹かれるというタイプもいないわけではないので、過去の恋愛などをさりげなく聞いてみると参考になるかもしれませんね。

4.さりげないボディータッチ

男性に対して有効なテクニックといえば、ボディータッチですよね。

ずいぶん知られているテクニックでもありますが、男性はやっぱり女性にそっと触れられるときゅんとしてしまうそうです。

ただ、このときに注意なのが過度にタッチしすぎたり、わざとらしくボディータッチしてしまわないことなんです。

あからさまなボディータッチや、大胆すぎるボディータッチには、男性は引いてしまったりガツガツしすぎて逃げられてしまうこともあるんだとか。

あくまで自然にさりげないボディータッチを心掛けることが必要です。

転びそうになってつい身体に触れてしまったり、立ち上がるときに肩に触れたり、そんな動きの中でのごく自然な触れ方に、男性は気を抜いていて思わずきゅんとしてしまったり、触れられた部分が気になってしまったりするかもしれません。

そして、ボディータッチをする際はなるべく周りにも知られないくらいの自然さで、あくまで手を貸してほしかったり、つい手を借りてしまったなどの好意を全面に出さないほうが警戒されずに済むでしょう。

5.特別扱いをする

ちょっと大胆にいくのであれば、特別扱いをしてしまうのもいいかもしれません。

これまでの方法は、なるべく周りの人にバレないように自然にすることでしたが、特別扱いをするのであれば周りにはバレてしまうだろうと思いますよね。

しかし、これも勘の良い人にはバレてしまうかもしれませんが、周りの人にあまり騒がれたりウワサされないように特別扱いをすることも可能です。

たとえば大人数で話しているときに、特別扱いをしなくても、後からこっそり特別扱いをすることだってできるでしょう。

その際、『いつもお世話になっているので、◯◯さんだけ特別です。』などと言葉を添えると、相手に負担なく伝わるはずです。

また、何人かで話していたとしても、何か理由を付けて特別扱いをしても、男性は意識してしまうかもしれません。

ただ、勘が良い人はこれだけで疑ってしまったりするので、周りになるべくバレないようにしたい場合は、回数を調整したり特別扱いをしているところを見られないようにすることが必要になってくるでしょう。

6.ギャップを見せる

人のギャップを見ると、それまでと見る目が変わったり、近づきやすく感じるようになったりすることってあると思います。

それは男性も同じです。

可愛らしくてふわふわした見た目なのに、責任感が強く意識が高いところを発見したりしたら、思わず“おっ”と思ってしまうかもしれません。

また、逆に普段はしゃきっとしていてきつそうな人の、ちょっとした可愛らしい失敗や可愛らしい一面を知ると、近づきやすい存在に感じるでしょう。

さらに、もしこのときに効果を上げたいのであれば、ミラーリング効果を狙って、好きな人の好みや趣味などに寄せていくと、同じ感性や趣味なのかなと、ぐっと近付くことができるかもしれません。

7.第三者の助けを借りる

また、もし仲良い人がいるのであれば、その人に打ち明けて仲を取り持ってもらったり、協力してもらうとスムーズに物事が進むこともあるそうです。

協力者がいることで、何かと一緒に作業したり行動するように自然に仕向けてもらったり、話すキッカケくれることもあるでしょう。

話の中でも、一人で空気を作っていくよりも、二人でのほうがずっと自然に上手くいくはずです。

ただ、この第三者の協力者は、口が堅く信頼できる相手でなくてはいけません。

もし、口が軽ければ、周りにあっという間にあなたの好意が広まってしまったり、気まぐれに裏切られてしまうかもしれないからです。

なので、もし第三者の助けを借りる際は、すでに相手がいる人や確実に同じ人が好きではないと分かっているときのほうがいいと思います。

効果も期待できますが、トラブルなどに繋がることも考えられますので、できればラッキーくらいに考えたほうがいいでしょう。

会話編

次に会話編をご紹介していきます。

行動編は色々とあっても、なかなか実行っが難しかったりタイミングがなかったりすることもあるでしょう。

それに比べて、会話は直接会って話すのはもちろん、電話などの顔が見えない状況でも可能になるので、難易度は比較的下がるかもしれません。

ただ、直接触れたり行動を共にするわけではない分、会話の端々に必要になってきたり、アピールする頻度は高くしないといけないという側面もあります。

しかし、継続すれば意識してもらえる可能性も十分考えられます。

また、男性側も奥手なタイプだと、こうした会話を重視したり意識するようになることもあるでしょう。

行動も実行できる人は、話す内容や話し方によって、さらに好きな人の意識を自分に向かせることもできるはずです。

8.常に笑顔


直接話をするときに会話の内容よりも大切なことは、表情です。

人は、視覚に左右される部分が多いので、どんなに魅力的な会話をしていたとしても、表情がなかなか読み取れなかったり、無表情だったりすると、効果は半減してしまうんです。

逆になんでもない会話をしていたとしても、いつも楽しそうにニコニコ笑っていると、人は好印象を持ちやすい傾向にあります。

なので、好きな人と話すときは常に笑顔を心掛けるようにしましょう。

そうすることで、あなたへの印象が明るい印象になり、顔を見るだけで元気がもらえると思ってもらえるかもしれません。

しかし、中には悲しい話などをする機会があると思います。

そんなときは話に合わせて表情を作り、励ますときにその分笑顔を見せるようにすると、表情のギャップを見せることができるので、男性は惹きつけられてしまったりするようです。

9.話すときは相手の目を見る

人と話すときに、なかなか顔や目が見れない人や、積極的に相手の目を見る人がいると思います。

どちらのほうが話しやすいと感じたり、良い印象をうけますか?
多くの人は積極的に相手の目を見る人に対して良い印象を持つのではないでしょうか。

同じ話をしていたとしても、目を見て話すかそうでないかでは、話の信頼感も変わってくるでしょうし、興味があるかないかも変わってくるかもしれません。

好きな人と目を見て話すのは、照れてしまったり恥ずかしいと逸らしてしまいがちの人もいるはずです。

ただ、ずっと見る必要はないので、なるべく相手の目を見て話すようにしてみるといいでしょう。

全く見ないの違って、少しでも目を見るように心掛ければ、好きな人にも恥ずかしいのが伝わるかもしれません。

そうなれば、興味がないわけではなかったり、話すのが嫌なわけではないのが分かってもらえるでしょう。

もし、普段から人の目を見て話すことが苦手なのであれば、少しずつ見るようにすることで自然と目を合わせて話せるようになることも考えられるのではないでしょうか。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718