それなりの年齢になってくると気になるのが結婚という二文字です。

特に女性は出産なども考慮したりすると、ある程度早めの年齢で結婚相手を探さなければいけないという考え方を持っている人も多いと思います。

しかし、結婚を意識する年齢の方はほぼ社会人として仕事を行っている方が多いです。

社会人として仕事をしているということは、当然ながら多くの時間を仕事に費やしている人が多いです。

特に日本は残業などが多い国でもありますので、毎日の業務に疲れ果てて自分の出会いまで気が回らないという人はとても多いと思います。

しかし、そのまま時が過ぎ去ってしまうと魅力的な人に出会えないまま、自分の年齢だけが積み重なっていくようになります。

そうなると気付いた時には結婚適齢期を過ぎてしまって…というような新たな悩みなども生まれてしまう可能性があります。

ただ、現実的に考えるとなかなか出会いを得ることができる場所がないのも事実です。

そこで、今回は恋活パーティーをテーマにして、仕事で忙しい方でも気軽に異性と出会うことができるおすすめの恋活パーティーをご紹介していきます。

初めて恋活パーティーに参加するという方でも、安心して恋活パーティーを見つけることができるようにいくつかのポイントをご紹介していきます。

異性との出会いが全くないと嘆いている方は、この機会に恋活パーティーの素晴らしさや、メリットを知り、恋活パーティをもっと身近なものに感じてみてください。

恋活とは

恋活という言葉を聞いたことがある方は場合によっては少ないかもしれません。

それに比べて、婚活という言葉はかなり広く知られている言葉であり、一度くらいは誰もが聞いたことがある言葉だと思います。

婚活とは「合コンやお見合いパーティーへの参加、結婚相談所や情報サービス会社への登録など結婚相手を見つけるための積極的な活動」を意味しています。

婚活という言葉と恋活という言葉は同じように聞こえるかもしれませんが、実は明確な違いが存在している言葉です。

しかしながら恋活という言葉はなかなか聞いたりすることも少ないので、両者の言葉の明確な違いなどを理解していない方も多いと思います。

では、恋活という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかということをご紹介していきたいと思います。

婚活のような結婚相手探しではない

恋活という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと言うと、「恋愛活動」という言葉の意味を持っている言葉です。

では、婚活という言葉とどのような部分が違うのかと言うと、大きな違いとして最終的な目的の違いが存在しています。

婚活という言葉は先ほどもご紹介した通り、自分自身の結婚相手を見つけるための積極的な活動を意味しているので、最終目的は結婚相手を見つけることです。

それに対して恋活という言葉は、結婚を前提とはしない出会いを求める活動を意味しているので、単純に自分の恋人を探したりすることを目的としています。

なので、結婚を目的としているか目的としていないかという明確な違いが存在しています。

どちらかと言えば恋活は、単純な恋愛相手を探す行動になるので、恋活にくらべると少しゆったりとした活動のイメージが持たれやすいかもしれません。

なぜならば結婚前提としていないので、恋愛を楽しむという目的のもと異性との出会いを見つけることができるからです。

どうしても結婚相手となるとそれなりに条件を掲げたりすることなども多いので、これらの理由から比較的ゆったりとした楽しみ方ができる活動だといえます。

結婚したいけど、まずは魅力的な恋愛を楽しみたいと思っている方は婚活よりも恋活を追い求めた方が魅力的な楽しい時間を得られる可能性が高いと言えます。

恋活パーティーおすすめ6選!

婚活という言葉と恋活という言葉の違いを理解いただけたところで、ここからはおすすめの恋活パーティーについてご紹介していきたいと思います。

恋活パーティーと一言に言っても、恋活パーティー毎によって全く特徴などが異なるようになります。

何も考えずにただ恋活パーティーだから参加するというような考え方だと、場合によってはパーティー選びに失敗してしまう可能性はあります。

その逆に、しっかりとパーティーの特徴などは把握した上で選ぶようにすれば魅力的なパーティーのみに参加することができるようにもなります。

そのためには自分自身の希望や自分の性格などを分析した上で、自分にマッチしたパーティーを選ぶ必要性があります。

では、恋活パーティーにはどのような種類が存在しているのかということについて詳しくご紹介していきます。

パーティー系

1.少人数タイプ


まずは恋活パーティーをタイプ別に分けて、メリットやデメリットには何があるのかということをご紹介していきます。

恋活パーティーにおいてまず大きく分類することができるとすれば、少人数か、中人数、大人数でのパーティかどうかということで分けて考えることができます。

これを単純に人数が違うだけと捉えるか、人数の違いから細かい差が生まれるというところまで考えることができるかで明暗がわかります。

なぜならば、人数が異なることによって様々な細かい点が違ってくるようになるからです。

なので、まず恋活パーティーの少人数タイプの具体的な参加者人数やメリットやデメリットなどについてご紹介していきたいと思います。

参加者人数

恋活パーティーの少人数タイプに関しては参加者人数はパーティー事によって違います。

しかし、一般的に少人数の場合は男女合わせて20人程度の人数で開催されることが基本的には多いです。

20名程度と聞くと一見多いように感じるかもしれませんが、男性と女性合わせて20人になるので、男性10人女性10人という比率で開催されるようになります。

そう考えるとどちらかといえば少人数での規模に該当し、参加してみれば分かりますがそこまで多い人数という印象はあまり感じないパーティーになるといえます。

では、少人数の恋活パーティーにおいてどのようなメリットやデメリットがあるのかということをご紹介します。

メリット

少人数の恋活パーティーに参加をするメリットとして、まず大きなメリットは自分のことをアピールすることができるチャンスが豊富にあるということです。

なぜかと言うと、参加者が少人数であるということは、言い換えてみれば狭く深くいろんな人と話をすることができるということになります。

たくさんの人数がいるとたくさんの人と少し話したりするだけでもかなり多くの時間が消費されてしまいますよね。

しかしながら、少人数であるということは、一人の相手に対して長い時間をかけることができるということになります。

一人の相手に対して長い時間話をすることができれば、自然と相手のことを深い部分まで知ることができるようになります。

そうなることで込み入った話をすることもできるようになりますし、気になった相手と長い時間会話を楽しんだりすることも十分可能だと言えます。

それは言い換えてみれば自分自身の魅力を相手に伝えることができるチャンスであると考えることもできますよね。

時間がない場合はどうしても簡単な内容しか話をすることができませんし、自分の魅力を相手に伝えたりする時間もどうしてもなくなってしまいがちです。

しかしながら少人数のパーティーにおいてはその欠点はなくなりますので、しっかりと相手と話をすることが可能です。

場合によっては恋活パーティーに一度参加するだけで自分の理想通りの人と出会ったりすることなども十分可能です。

なので、少人数の恋活パーティーにおいては自分をアピールすることができるチャンスが豊富に存在するということが大きなメリットになります。

デメリット

少人数の恋活パーティーにおいて、デメリットを挙げるとすれば、理想の相手に出会える可能性が低いということが挙げられます。

なぜ少人数の恋活パーティーは理想の相手に出会える可能性が低いのかと言うと、大きな理由としては恋活パーティーに参加する人数が少ないからだと言えます。

例えば、大型のパーティーと比べると少人数のパーティーではどうしても参加する人数が少ないので、当然分母が減ってしまうようになりますよね。

分母が減ってしまうということは、そもそも自分の魅力的に感じられる人がそのパーティーに参加していない可能性が高まってしまうということになります。

少人数のパーティーは自分のことをしっかりとアピールしたり、同じ人と深い話をすることができるチャンスなどはたくさんありますが、それは相手が魅力的なのが前提です。

もしも参加している人たちが自分の魅力に感じないような人たちばかりなのであれば、しっかりと話をすることができても、ときめくことがない可能性もあります。

より多くの魅力的な相手を探したいと思っているのであれば、少人数のパーティーに参加すると自分の理想通りにはいかない場合があります。

なので、少人数の恋活パーティーに参加する際にはしっかりとメリットとデメリットを把握した上で参加するかどうか決める必要性があると言えます。

2.大人数タイプ


恋活パーティーには大人数で楽しむことができる規模のパーティーもいくつか開催されています。

パーティーに参加したことがない人はわからないかもしれませんが、大人数でのパーティーはかなり広い会場が用意されてることが多いです。

それぐらい恋活パーティーに参加する人数が多く、たくさんの人と出会うことが可能なパーティーだと言えます。

また、少人数のパーティーと比べてドレスコードなどが設けられていたりすることもあり、かなり華やかなで楽しい時間を過ごせる場合も多いです。

では、大人数のパーティーにはどれぐらいの参加者が存在し、どのようなメリットやデメリットがあるのかご紹介していきます。

参加者人数

大人数での恋活パーティーにおいては、参加者の数はかなり多く男女合わせて200人以上の人が参加したりする場合もあります。

なので、恋活パーティーの会場となる場所はホテルのホールであったり大きなレストランやクラブなどを貸切にして行われたりすることなどもあります。

それを踏まえて考えてみると、少人数での恋活パーティーと比べると比較的華やかでワイワイした雰囲気を楽しむことができます。

また、場合によっては会場が海やビアガーデンなどで行われたりすることなども十分考えられます。

かなり大規模なパーティになるので、非常に気分も上がりやすく、非日常を味わえるような雰囲気も大人数でのパーティならではの特徴だといえます。

メリット

大人数での恋活パーティーにおけるメリットとしては、とにかく出会いのチャンスが豊富に存在しているという点だと言えます。

なぜ大人数での恋活パーティーはたくさんの出会いのチャンスがあるのかと言うと、非常にシンプルな理由で、たくさんの人が参加しているからだと言えます。

先ほどもお伝えした通り大人数でのパーティーに関しては男女合わせて200人の大人数が参加したりすることもよくある話です。

そうすると、少人数のパーティーよりも当然ながら異性の分母が多くなるようになりますので、多くなれば多くなるほど魅力的な人が参加する可能性が高まります。

つまり、たくさんの人が集まれば魅力的な人に会える可能性も高まるということから、出会いのチャンスが豊富に存在するというメリットを得ることができます。

少人数だと狭い人数の中から自分の魅力的な人を探さなければいけませんが、大人数だとたくさんの人と話しながら自分の魅力に沿った人を探すことができます。

少人数だとちょっとした妥協しなければいけない場合もあるかもしれませんが、大人数ではまだ他の異性を探すチャンスもありますので、大きなメリットだと言えます。

デメリット

大人数での恋活パーティーにおけるデメリットとしては、積極的な人間性を持っていないとつまらない時間に乗ってしまう可能性があるということです。

これはどういうことかと言いますと、まず少人数での恋活パーティーを想像してみると、少人数なので自然と周りの人と仲良くなる可能性が高まります。

しかしながら、大人数でのパーティーに関しては狭い場所ではなく広い場所で開催されるので、たくさんの人が歩きながら積極的に話を行う伝えるになります。

つまり、自分から相手に話しかける積極性を持っていないといつまでも話しかけられずに孤独な時間を過ごしてしまう可能性が生まれてしまいます。

女性であればまだ声をかけてもらえる可能性はあるかもしれませんが、男性の場合だと積極的さが求められるので、内気な人だぞ孤立してしまう可能性が高いです。

場合によってはイベントのスタッフさんなどがリードしてくれる可能性もありますが、それも毎回行ってくれるというわけではありません。

イベントによってはそもそもフリートークが主体になっており、会話のチャンスをリードしてくれるスタッフさんがいない可能性なども考えられます。

特に大人数でのパーティーに関しては少人数のパーティーに比べてサポートしてくれる割合が少ないので、大人数の恋活パーティならではのデメリットだと言えます。

3.中人数タイプ

恋活パーティーは中人数で開催されたりする場合もあります。

恋活パーティーの割合の中では中人数で開催されるパーティーが一番多いといえます。

つまり、身近な恋活パーティーの中で自分が経験する可能性が高いパーティーのタイプとしている人数のパーティーが挙げられるということになります。

そして、中人数の恋活パーティーにおいてはこれまでご紹介してきた少人数の恋活パーティーと大人数の恋活パーティーのメリットやデメリットが複合されています。

それを踏まえた上で、中人数パーティーにはどれぐらいの参加者が存在し、どのようなメリットやデメリットがあるのかということを確認してみてください。

参加者人数

中人数の恋活パーティーにおいては、参加者の人数は一概に決まってはいませんが大体30人から50人程度が想定されている場合が多いです。

男女合わせて30人から50人の人数になるので、大規模の恋活パーティーとまではいきませんがそれなりにたくさんの人と出会うことができる規模になります。

では、中人数の恋活パーティーにおいてはどのようなメリットやデメリットを得ることができるのかご紹介していきます。

メリット

中人数の恋活パーティーにおけるメリットとしては、少人数と大人数の恋活パーティーのメリットをどちらも掛け合わせたものになると言えます。

まず参加者人数はそれなりに多いですが、時間内にすべての人と会話をしたりすることは十分可能だと言えます。

それなりにたくさんの人と会話をすることができますので、自分の魅力的だと感じる人と出会える可能性も高いですし、気になった人とまとまった時間話すこともできます。

大人数になると全ての人に行き届かなくなってしまったりする場合がありますが、中人数ならこれもカバーできますし、全員魅力的ではないと感じる可能性も低くなります。

つまり、魅力的な人に出会える可能性が高く、尚且つその人としっかりと話す時間も十分確保することができるということになります。

また、大規模なパーティーと比べると、歩きながら相手を探したりせずに、ゆっくりと椅子に座りながら話をしたりすることができる会場である場合も高いです。

つまり、ゆっくりとリラックスしながら相手の会話をしたりすることも十分可能なので、込み入った話もできる可能性が高まります。

場合によっては一度参加するだけで自分の魅力的だと感じた人と仲良くなることも出来ますし、簡単に連絡先を交換したりすることもできるといえます。

なので、まさに恋活パーティーのメリットを全て詰め込んだような特徴を持っているといえます。

デメリット

中人数の恋活パーティーにおけるデメリットとしては、場合によっては自分の魅力的だと感じた人を奪われてしまう可能性があるということです。

これは大人数のパーティーにも言えることかもしれませんが、中人数のパーティーといってもそれなりに参加者の数は多く存在しています。

自分が魅力的だと感じる人を見つけられる可能性も高まりますが、それと同時に自分と同じ人を魅力的だと思っているライバルに出くわす可能性も高まります。

つまり、ライバルが増えてしまうことによって自分の理想の相手とカップルになることができる確率が低くなってしまうというデメリットがあります。

また、それなりに人数も多いのでやはり積極的さは持ち合わせていないと孤独な時間を生んでしまう原因につながりかねません。

あまり積極的ではない人に関しては、どうしても話しかけるのを待ってしまう時間が増えてしまい、楽しい時間を過ごせない可能性もあります。

なので、それなりに積極的そう思っていないと中人数の恋活パーティーは成功しない確率が高まるといえます。

もしも自分自身があまり積極的ではない人間性を持っていると自覚しているのであれば、中人数の恋活パーティーよりも少人数の恋活パーティーの方が合っている可能性があります。

自分の性格を客観的に分析し、どういうパーティーで一番自分が輝くことができるのかということを考えた上で選択することが重要だと言えます。

イベント系

ここまでは恋活パーティーにおける人数別のメリットやデメリットをご紹介していきました。

婚活パーティーと一言に言っても、人数が違うだけでまったく特徴などが異なるということが理解いただけたと思います。

その上で、ここからは恋活パーティーの中でも少し雰囲気が違うイベント系の恋活パーティーについてご紹介していきます。

これからご紹介する恋活イベントの中で、自分にとって大きく魅力的だと感じたものがあるならば、パーティーよりもイベント系の恋活を行うことをおすすめします。

4.料理合コン

まず初めにご紹介する恋活イベントの種類として「料理合コン」が挙げられます。

料理合コンとはどのような恋活イベントなのかというと、簡単に言えば一緒に料理を作る合コンと思っていただければ分かりやすいと思います。

異性と一緒に料理教室を楽しんだりすると考えてみると想像しやすいと思いますが、これも非常に魅力的な恋活イベントの一つです。

男性は料理ができる女性を非常に魅力的に感じる人も多いので、料理が得意な女性は参加することによって自分の魅力を大きくアピールすることができます。

また、料理好きな男性なども多いので、男性ものように自分の魅力をアピールする場として活用することもできます。

なので、料理好きな人は積極的に料理合コンに参加してみると自分の魅力をアピールしつつ魅力的な恋人を探すことができる可能性が高まると言えます。

5.スポーツ恋活

次にご紹介する恋活イベントの種類として「スポーツ恋活」が挙げられます。

スポーツ恋活とはどのような恋活イベントなのかというと、その名前の通り一緒にスポーツを楽しみながら行う合コンと言えます。

スポーツと一言に言っても様々なスポーツが存在しており、一緒にゴルフを楽しんだりするものもあれば、卓球やスケートを楽しんだりできる場合もあります。

スポーツに関してはグループで楽しんだりするものもあり、そのようなスポーツは共同作業をすることによって一気に距離感を近づかせることが可能です。

異性と会話をすることが苦手だと感じている人でも、スポーツを介すことによって自然と相手とコミュニケーションを取ることができます。

なので、体を動かすのは得意だけど異性と話すことが苦手としているような人は非常にお勧めな恋活イベントの一つだといえます。

6.趣味コン

次にご紹介する恋活イベントの種類として「趣味コン」が挙げられます。

趣味コンとはどのような恋活イベントなのかと言うと、自分と同じ趣味を持った人と楽しむことができる合コンです。

様々な趣味のグループが存在しており、その趣味に沿って同じ趣味を持った人同士が合コンを楽しむことができるようになっています。

これは相手を探す上で非常に重要であり、同じ趣味を持っているということは相手と趣味を分かち合うことができるという大きなメリットがあります。

同じ趣味を持っていれば自然と相手と会話の内容に困ることはありませんし、しっかりと相手と価値観を共有しながら楽しむことができるようになります。

それに基づいて相手を後日誘ったりすることもしやすいですし、友達として付き合ったりすることも十分可能だと言えます。

今では数も細かく存在しており、スポーツが好きな人や料理が好きな人、映画やアニメ、ゲーム、インドアなどの細かいジャンルに分けて開催されています。

恋人を見つけたいけど自分の趣味を楽しみたいという方は趣味コンに参加することによって、非常に魅力的な相手を見つけることができるはずです。

【おすすめの趣味コンは、こちらの記事もチェック!】

自分に合う恋活パーティーの見つけ方のポイント3個

ここまでは恋活パーティの種類や恋活イベントの種類などをいくつかご紹介してきました。

ある程度どのようなパーティーやイベントが開催されているのかということが理解いただけたと思います。

しかしながら、恋活パーティーや恋活イベントに初めて参加する人は最初は緊張するはずですし、どのように選べばいいのか不安な人も多いと思います。

そこで、ここからは自分に合った恋活パーティーの見つけ方やそのポイントについてご紹介していきます。

初めて恋活パーティーや恋活イベントに参加する人は、これからご紹介するポイントを踏まえたので間違いのない恋活パーティ選ぶを行ってみてください。

1.参加できる年齢や資格をチェックする

まず初めにご紹介する恋活パーティーの見つけ方のポイントとして「参加できる年齢や資格をチェックする」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、恋活パーティーにおいては一般的に参加する年齢条件や参加条件などが定められていることが多いです。

例えば、恋活パーティーの中には職業が限定されているものや、年収が限定されているような場合などがあります。

それを確認せずに恋活パーティーに参加してしまうと、場合によっては恥をかいてしまったり、浮いた存在になってしまったりする可能性もあります。

なので、事前に参加する恋活パーティーがどのような人が対象になっているのか、自分が該当しているのかということを確認した上で参加するようにしてください。

2.自分の強みをアピールできる企画を選ぶ

次にご紹介する恋活パーティーの見つけ方のポイントとして「自分の強みをアピールできる企画を選ぶ」ということが挙げられます。

先ほどもご紹介したように恋活パーティーにおいては様々なことがテーマになったパーティなどが多く存在します。

なので、事前に自分の強みをしっかりとアピールすることができる企画かどうかということを考えた上で参加するようにしなければいけません。

例えば、料理をすることが嫌いで料理を作るのが下手な人が料理教室合コンに参加したとしても自分の魅力をアピールすることはできませんよね。

それどころか自分自身が楽しむことができない可能性も高いですし、自分自身が楽しめないと楽しく会話をしたりすることも当然できなくなってしまいます。

そうなると魅力的な人と楽しい時間を過ごしたりすることはまず絶対にできないはずですよね。

なので、自分が何が得意で何をアピールしたいのかということを考えた上で、それをアピールすることができるような目的のイベントに参加する必要性があるということです。

これをしっかりと考えた上で行動している人と、何も考えずにパーティー参加している人とでは最終的な成果が全く異なるようになります。

これも自分自身の恋愛を成功させる一つの要因につながるので、必ず自分の強みをアピールできる企画を選んでイベントに参加するようにしてください。

3.自分の性格で選ぶ

次にご紹介する恋活パーティーの見つけ方のポイントとして「自分の性格で選ぶ」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、自分の性格を考慮した上で恋活パーティーに参加しないと場合によっては後悔してしまうということになるからです。

例えば、自分から話しかけることが得意な人間なのであれば、大人数のパーティーに参加した方が魅力的な人と話をすることができる確率は上がりますよね。

その反対に、自分から話しかけることが不得意なのであれば、なるべく少人数のパーティーに絞って出会いを探した方が成功する確率は高まります。

このように、しっかりと自分の性格を把握した上で恋活パーティーを選ぶようにしないと、パーティーの時間が楽しい時間だと感じられなくなる可能性があります。

そうなってしまうとせっかくパーティーに参加したのに出会いを見つけることもできない、楽しい時間を過ごせない、と負の連鎖になってしまいます。

なので、まずは自分が楽しめる環境かどうか、自分に合った環境かどうかということを考えながらパーティを選ぶようにしてください。

まとめ

今回は恋活パーティーをテーマにして、恋活パーティーの種類とメリットやデメリット、そして恋活パーティの選び方のポイントをご紹介していきました。

恋活パーティーと一言に言っても、様々なパーティーが存在し様々な特徴が異なっています。

しっかりと自分自身に合ったパーティーかどうかということを考えながら選ぶことが、自分の恋愛を成功させる重要な要因になります。

特に最初は緊張してしまいがちで相手と話したりすることもできなかったりする場合があるので、少人数のパーティーから慣れていくことをお勧めします。

自信がある人は大人数のパーティーに参加してたくさんの人と話すことができれば、魅力的な人と出会える可能性もありますので、出会いを求めて是非チャレンジしてみてください。