アラフォーはもうオバサン?それとも大人女子?私たちにも、まだ恋愛のチャンスはあるの?…アラフォー女性の恋愛の悩みは切実ですよね。

微妙な年齢に差し掛かったアラフォー女性。

世の中で見れば、40歳はオバサンと呼ばれてもおかしくない年齢です。

でも最近では、オバサンと呼ぶのがはばかられる美魔女なる人も出現!

大人の落ち着きがありながら、美意識が高くいくつになっても女子としての感覚を忘れない…。

最近では、そんな女性たちが『大人女子』と呼ばれるようになっています♡

しかし、いくら大人女子と呼ばれようと、アラフォーはアラフォー。

その事実は変わりません。

若いころはそれなりにモテたのに、アラフォーに差し掛かったころからなんだか雲行きが怪しい。

そんな状態に焦りを感じている人もいるはず!

そこで今回は、“モテる大人女子・モテない大人女子”を徹底調査。

モテない理由と、モテる大人女子になる方法を、それぞれ解説します。

アラフォー独身の筆者とともに、モテ大人女子を目指しましょ♡

最近モテなくなった?大人女子は若い男の子からの支持が高いんです!

今は晩婚化だし、やりたいこともいっぱいあるしと油断していたら、もしかして行き遅れた!?今まではそれなりに恋愛できていたのに、よく考えたらご無沙汰。

最近モテなくなった気がするし、この先私に恋愛のチャンスはあるのだろうか…。

そんな不安を抱えるアラフォーの皆さんに朗報です!大人女子は、「若い男の子からの支持が高い」ってご存知でしたか?

なんでも、大人女子には同世代の女子には無い魅力があるのだとか♡若い子にはない落ち着きと余裕。

上品な色っぽさなど…頼れて可愛い大人女子にドキっとしてしまうそう。

しかし、もちろんそれには条件が!若い男の子に人気なのは、“大人の女性”ではなく“大人女子”。

オバサンでもなく“大人女子”なんです。

あなたは大人女子?それとも…?

モテない大人女子の9個の理由。だからモテないんじゃない?

アラフォーにもなると、胸中穏やかではありません。

話題になっている『大人女子』も、結婚している大人女子と、結婚していない大人女子ではまた違う!

結婚していて子供もいて、さらに女子力も高いとなれば、それはある意味勝ち組!一方、男性に負けまいと仕事に没頭してきたアラフォー女性は、大人女子と呼ばれても何だか物足りない…。

そう!それは結婚です!結婚するためには、ただの大人女子じゃなく『モテる大人女子』でなければなりません。

婚期を逃した大人女子なのか、まだまだこれからの大人女子なのか、結婚していないアラフォー女子が目指すは、もちろん後者ですよね♡

しかし…最近モテなくなったような気がしているあなた。

その原因はどこにあるのでしょうか?ここからは、『モテない大人女子の理由』をご紹介していきます。

当てはまる項目があるあなたは、モテる大人女子じゃないのかも。

それどころか、オバサンと大人女子の境界線に居る可能性も…!?

1.私仕事出来るんですけどアピールがすぎる


アラフォーにもなれば、仕事ではベテラン!社会経験も恋愛経験も豊富な人が多いですよね。

若い子には負けられないし、アラフォーだって、人に認められたいのが女性というもの。

それでつい、「私、仕事出来るんですけど」アピールなんて…していませんか?

モテなくなったのは、それが原因なのかもしれません!

実際に仕事が出来るかどうかは置いておいて…「アピールする人は嫌われやすい」というのは世の定め。

しかも、経験が長ければ仕事が出来るのも当然。

アピールしなくても、それはおのずと結果として表れます。

それをわざわざアピールしてしまうのは、ちょっとイタイ。

若い子が虚勢を張っているならまだ可愛いものの、大人のそれは見苦しくなってしまうのです。

仕事できますけど!なんてアピールしなくても、あなたは十分実績を積んできたはず。

それが何よりの、できる大人女子の証明になりますよ!

2.みんなを引かせるヒステリー

みんなを引かせるほどのヒステリーを起こす。

これは、モテない大人女子の特徴というより、オバサンの特徴です。

大人女子じゃないなら、残念ながらモテないのも当然かもしれません。

みんなが憧れる大人女子って、大人の余裕があって、上品な振る舞いをする人です。

ヒステリックなようでは、大人女子と呼ばれるのは難しいかもしれませんね。

ただ、アラフォー女性がヒステリーを起こしやすいのには、ホルモンバランスが影響していたりもしますよね。

いわゆる更年期障害というもので、情緒不安定になりがちなのがこの年代。

自分でもどうしようもなく、ヒステリーを起こしがちだったりします。

でも、そんなこと周りの人には分かりません。

分かってもらえないもどかしさもありますが、わからない以上「ヒステリックでめんどくさいオバサン」になってしまうのです。

モテないどころか、周りの人はどう扱えばいいのか分からず困っている可能性も…。

ヒステリーを起こしがちなあなたは、まず自分の不安定さを自覚する必要があるのかも。

3.年下のイケメンにだけ優しいボディタッチがすぎる


オバサン化どころかオヤジ化してしまう…。

案外、アラフォー女性にありがちです。

あなたは、年下のイケメンにだけ優しくボディタッチしたりしていませんか?

オジサンが、よく若くて可愛い子にちょっかいを出したりしますが、イケメンへのボディタッチもそれと全く同じ行為です。

つまりはセクハラ!ノリのいい男の子なら軽く受け流してくれるかもしれませんが、内心どう思われているか分かりません。

モテないどころか嫌悪感を抱かれているかも…。

年下のイケメンって、ついちょっかい出したくなりますよね。

若い子と触れ合うことで、自分が若返るような気分になることもあるかもしれません。

でも、よく考えてみてください。

自分が若いとき、オジサンのボディタッチに「キモッ!」って思ったはず。

それに、何かとボディタッチしてくるオジサンや、セクハラ発言してくるオジサンを、下品だと思っていたのでは?それなのに、いつしかそうしたセクハラにも免疫がついてしまったアラフォー女性は、知らぬ間に自分がその立場になってしまうのです。

憧れられる大人女子は、上品な大人の女性です!自分が下品になっていないか、行動を見返してみましょう。

4.厚化粧

アラフォーにもなれば、隠したいところがいっぱい!シミにクマにほうれい線…それでつい、厚化粧になってしまいますよね。

そこは許して〜!と言いたくなりますが、世間から見ればそれは立派なオバサン。

オバサンである以上、モテないのです。

あなたも毎朝鏡の前で、ファンデーションを塗りたくっていませんか?その艶感のない厚塗りメイクは、若作りとしては逆効果。

また、ひと昔前の流行りメイクをし続けるのもオバサンに見えてしまう原因です。

とはいえ、若い子のメイクをそのままマネするのもNG!自分の年代を考え、かつトレンドを意識したメイクをしなければならないのです。

5.下ネタが限度を超えている

若いころは下ネタを言う人に嫌悪感があったのに、気づけば下ネタでウケを狙っている…。

そんなアラフォーになっていませんか?

男性と対等に仕事をしてきたアラフォー女性にとって、下ネタは男社会を生き抜くテッパンネタだったりしますよね。

最初は恥ずかしかったのに、今では自ら下ネタトークで男性たちの話題の中心にいる。

なんてことも…。

時には話題として必要な下ネタですが、それも限度を超えれば、ただの下品なオバサンになってしまいます。

若い男の子が引いてしまうほどの下ネタを平気で言えるという人は要注意!それがモテない原因かもしれません。

6.みんなの前で怒る(怒ってる自分に酔ってる)

みんなの前で怒るというのは、あまりスマートな行為ではありません。

会社でいつも、部下をみんなの前で怒っているというあなたは、周りにどう見られているか考えてみたほうがいいのかも。

“怒る”という姿は、見ていて気持ちのいいものではありませんよね。

たとえ自分が怒られているのではなくても、嫌な気持ちになるものです。

ましてや怒られている本人は?見せしめにされて、自尊心を傷つけられて…。

プライドはボロボロです。

一方怒っている本人はというと…怒っている自分がカッコイイなんて思ってしまうものです。

つまりみんなの前で怒るという行為は、怒られる本人のためというより自分のため。

自分のプライドが満たされる行為なのです。

立場上、部下を注意しなければならないアラフォー女子ですが、モテる大人女子なら注意の仕方もスマート!その後のフォローも忘れません。

だから憧れられる存在になるのです。

みんなの前で怒鳴り散らしているようでは、モテないどころか嫌われてしまいます。

7.悪口が多い

いつも悪口が口癖になっていませんか?

人の悪口って、つい言いたくなるものですが、聞いているほうは気持ちの良いものではありません。

聞いているだけで、気分が沈んでしまいます。

それに、オバサンって悪口や愚痴が多いイメージがありませんか?

オバサンになると何故か人のアラを探し、陰で悪口を言うようになります。

いつも何かの不平不満を口癖のように愚痴るのです。

それって結局、自分に余裕がないからですよね。

何をしても「若いから」と許されていた時代が終わり、年相応の対応を求められる。

無茶をしても体力も肌もピチピチだった若いころと違い、歳に勝てなくなっている自分がいる…。

年齢に焦りを感じ、若いころのようにいかなくなった自分に苛立ちを感じているのです。

そのため、自分が努力するよりも他人を貶めたくなってしまうんですよね。

しかしそれこそがオバサン化している証拠。

モテる大人女子は、他人の悪口を言う暇があったら自分を磨いています!

8.服装、髪型が古い

おしゃれな大人女子が増えた一方で、若いころの服装や髪型のままの人もいます。

まだ着られるからと若いころ流行った洋服を今も着ていたり、若いころに「似合う」と言われた髪型のままだったりしませんか?

服装や髪型には、その時代を象徴する流行りがあります。

その移り変わりはものすごいスピードで、去年の流行りがもう古いと言われてしまうのが今の時代。

そんな時代にあって、若いころの服装や髪型をしているというのは時代遅れもいいところです。

アラフォーにもなれば、そのトレンドについていくのが面倒。

トレンドが似合わないことだってあるし、若いころのお気に入りにしがみつきたくもなりますよね。

でも、それでは自分をオバサンだと言っているようなもの。

「トレンドを追えなくなったらモテなくなる」と覚えておきましょう。

9.パーツがだるだる(膝とか首)

隠したいところだらけで厚塗りメイクになってしまうように、“パーツがだるだる”というのもオバサン。

年齢に逆らえなくなってくるアラフォーが、オバサン認定されるか大人女子と呼ばれるかの境界線は、パーツのゆるみがあるかどうかです。

とくに年齢が出やすい膝や首。

引き締めるのが難しく、あまり目立たないからと意識していないパーツのゆるみにこそ、オバサンを感じやすいのです。

女性は、オバサンと呼ばれるようになったら女性と見られていないも同然。

女性として見られなければ、モテることもありません。

体のあちこちがゆるみっぱなし。

年齢のせいにして諦めている。

そんな人は、自ら女子でいることを諦めてしまったようなものです。

オバサンになりたくないなら、「女子でいたい」という気持ちを忘れてはいけません!

覚えておきたい、モテ大人女子になる12個の方法

オバサンと言われればそれまで。

一気に女性ではなくなってしまいます。

でも、大人女子なら女と認められている証拠。

今アラフォー世代の女性が目指すべきは、「大人女子でいること」です。

ちなみに…大人女子といえば、思い出すのは2015年に放送され話題を呼んだドラマ『大人女子』。

“オトナになっても女子であることを諦めない”をコンセプトに、アラフォー女性3人が幸せを掴むべく奮闘していくストーリーでした。

その主人公・亜紀を演じたのは人気女優の篠原涼子さん。

そして、友人には吉瀬美智子さんと鈴木砂羽さんという豪華な顔ぶれ!このドラマの美しき大人女子の3人が、一気にアラフォーはオバサンじゃないこと。

そして、ただ若いだけの女子でもなく、大人の魅力を備えた大人女子であることを知らしめてくれましたよね♡

とはいえ、「どうせドラマの世界でしょ」と感じてしまうのも私たち。

さらに『モテ大人女子』になるには、外見だけではなく内面も磨かなければなりません。

どうすればいいかも分からないし、やってみたところで無理そう…なんて諦めたくもなります。

しかし!ここで諦めればオバサンまっしぐら。

女子でいることも、恋も諦めたくないですよね?

そんなあなたのために、ここからは『モテ大人女子になる方法』をご紹介します。

実はちょっとした心がけで目指せるのがモテ大人女子。

あなたも憧れられる大人女子になりましょ♡

1.妬まない、僻まない!もう若い娘に敵わないことがあるって気づく!

モテる大人女子になるには、妬みや僻みは禁物!大人女子なのであって、女子ではないのがアラフォー女子。

若いころに戻りたいと思っても、それは無理な話です。

ピチピチの肌。

シミの無い肌。

一晩寝れば疲れも回復しちゃう体。

なんでも無敵に思える精神力…。

やっぱり、若い娘には適いません。

でも、大人女子には若い娘にはない魅力があります。

経験値の高さ。

包容力。

余裕のあるセクシーさ。

しっとりとしたほほ笑み…。

年齢を重ねたからこそ内面からにじみ出てくる大人の魅力は、若い娘が欲しがっても絶対に手に入れることができないモノです。

むしろ私たち大人女子は、努力すれば美しい肌や体力、ポジティブ思考など、モテる大人女子の条件をいくらでも身に着けることが出来るんです。

それに、妬みや僻みなどのネガティブ思考は、言葉や仕草、表情に表れます。

若い娘には適わないモノがあることを自覚し、今の自分の魅力に気づくこと。

若い娘と比較するのは辞めて、今の自分を好きになること。

“今”を楽しむよう心掛ければ、大人女子は無敵です♡

2.大きな心を持つ

ヒステリーを起こしやすい人は、心が狭い人でもあるんですよね。

若さに対抗できず、老いていく人生に悲観しがちなアラフォー女子は、その不安や焦りから心が狭くなりがちです。

モテ大人女子になりたいなら、大きな心を持ちましょう。

モテる大人女子は、余裕があって落ち着いた大人の魅力を備えています。

それはきっと、自分が経験してきたことや、その経験によって今があることに誇りを持っているから。

自分に自信があるから、小さなことなんて気にしないのです。

余裕がある大人女子に、若い子は敵いません。

そして魅力あふれるその人に、憧れを持つようになります。

大きな心を持つよう心掛ければ、モテ大人女子も夢じゃありません♡

3.身だしなみ、最低限の努力をして清潔感を!

身だしなみは大人のマナーです。

もう何をしても無駄だからと身だしなみに気を遣わなくなったら、女子でいることを放棄しているも同じ!若い子に張り合う必要はありませんが、最低限の身だしなみができる大人女子を心がけましょう。

TPOに合わせた身だしなみを整えること。

マナーを守った服装をすること。

自分に似合う小綺麗さを心がけること。

人が見て不快感を持たない、「なんか素敵♡」と思われるような身だしなみが出来れば完璧!

清潔感があるよう心がければ、颯爽とした大人女子になれますよ♡

4.自慢話は周りに言わせる。本物の仕事が出来る人になって!

人に認められたくて、つい「仕事できますけど」アピールをしてしまいがちなアラサー女子。

本当に仕事ができるならまだいいものの、仕事に自信がない人ほど余裕が無くて、アピールでカバーしようとしてしまいがち。

先輩を目標にしたい若い世代にとって、それほど見苦しいものはありません。

仕事ができる大人女子なら、アピールしなくても周りが勝手に尊敬してくれます。

「こんなに素敵な先輩がいる」って、勝手に自慢話もしてくれます。

アピールする労力を、仕事の実績を残すことに注ぎましょう。

そうすればあなたも、周囲から尊敬されるカッコイイ大人女子になれるはず!それが結果的に、モテ大人女子に繋がります♡

5.女性ホルモンとの付き合い方をチェックしよう(受診もあり)

アラサー女子がヒステリーになりがちなのは、女性ホルモンも影響しています。

更年期の症状は人それぞれですが、強く出てしまうことがヒステリーの原因になることも。

ツライ時期ではあるのですが、それが原因でオバサン認定されるなんて悲しいですよね。

「昔は違ったのに、40代になってからヒステリーを起こしがち…」という人は、女性ホルモンとの上手な付き合い方をチェックしましょう。

更年期にはホルモンバランスが乱れ、それは自律神経にも影響します。

体も心もバランスを崩し、ストレスを感じやすくなってしまうのです。

さらにストレスは、幸せホルモン『セロトニン』を減少させてしまう原因にもなるそうです。

更年期ではなくても、女性はちょっとしたことでホルモンバランスが乱れやすく、精神的に不安定になりやすいもの。

解消するためにも、女性ホルモンの仕組みを知り、体や心にどう影響するのかをしっかり把握しておきましょう。

食品や生活リズムを改善するだけでも解消に役立つことがありますし、どうしても収まらなければ婦人科を受診するのもひとつの方法です。

自分の体の状態を知り、管理するのも大人女子としては必要!穏やかな自分を取り戻して、モテ大人女子になりましょ♡

6.セクハラからイケメンを守るタイプの女になる

モテ大人女子になるためには、イケメンにちょっかいを出すオバサン達から、彼らを守ってあげる側にならなければなりません。

イケメンに色気立つのも、色目を使うのも、アラフォー女子がやってしまっては下品なだけ。

ちょっかいを出すなんてもってのほかで、それはセクハラにしかなりません。

セクハラオヤジから女子を守るオジサンがヒーローになるように、大人女子はオバサンのセクハラからイケメンを守らないと!

そんな頼もしくも優しい大人女子に、イケメンは憧れを抱くのです♡

7.化粧は素肌感、つや感命!(目の周りや口の周りにはファンデが詰まりやすいから薄くして)

厚化粧で自らオバサンアピールをしてしまうアラサー世代。

とはいえ、少なからずシミが目立ってきたその肌を、スッピンでさらすのもマナー違反です。

もちろん、若い世代のような派手なポイントメイクもNG。

大人女子のメイクは、ずばり素肌感&つや感命なんです。

若作りではなく、尚且つ厚化粧にならない上品なメイクこそ大人女子に似合うメイク。

モテ大人女子はみんな、“きちんと化粧をしているけどオバサンには見えない”。

そんなメイクをしています。

小じわやシミを隠そうと、つい目の周りや口の周りをファンデで埋めたくなりますが、それが厚塗りの原因。

最初はキレイでも、すぐによれて汚くなってしまいます。

それに、埋めよう、隠そうとすると素肌感やつや感は損なわれるばかり。

隠したくなる目元や口元は、よれやすく詰まりやすいから薄塗りが鉄則。

化粧前には保湿を行い、肌をふっくらさせておきましょう。

メイク下地で土台作りをきちんと行えば、ファンデーションの厚塗りをしなくて済みます。

モテ大人女子になりたいのなら、粉っぽさではなく艶っぽさを!厚塗りではなく素肌感を意識してくださいね♡

8.下ネタをセーブさせる側にまわろう

セクハラ同様に、下ネタもする側になっていませんか?モテ大人女子になるには、セーブする側にまわらないと!

セクハラも下ネタも、免疫がついてしまったアラフォー世代。

下ネタはウケがいいからと、つい自分から振ってしまったり、年下男子をからかったり…。

そんなことをしていたら、オバサンと呼ばれるだけ。

もはや女性とは見られなくなってしまいます。

男子が喜ぶからと下ネタを繰り広げるのは下品なオバサン。

羞恥心のなくなったオバサンたちの下ネタトークは、見苦しいだけです。

そんな下品なトークを制止するのが大人女子の役目。

スマートにセーブできれば、周囲からは羨望の眼差しで見られます。

モノを言える、頼れる大人女子がモテ大人女子。

オバサンたちのパワーに負けず、サクッと下品トークを制止して、みんなの頼れる大人女子になりましょ♡

9.注意するときは他の人に聞かれないよう配慮を

部下を注意するときは、他の人に聞かれないよう配慮をするのがモテ大人女子。

みんなの前で怒鳴り散らすのはスマートな姿ではありません。

怒られる本人の自尊心を傷つけてしまうし、みんなの前で怒られていたら恥ずかしくて、注意もほとんど耳に入っていないでしょう。

もちろん、人を怒っている姿というのも見苦しいもの。

周囲の空気も悪くなってしまいます。

周りに気を遣えないようでは、モテ大人女子失格です。

自分のためにも、部下のためにも、怒るのではなく冷静に注意をするよう心がけましょう。

10.悪口はプラスの言葉に変換する!

悪口は聞いている人の気分を害し、さらに自分の品位を下げるものです。

品が無いアラフォー女子は、ただのオバサン。

モテ大人女子の道のりは遠くなってしまいます。

モテ大人女子を目指すなら、悪口をぜひプラスの言葉に変えてみて!

「あの人頼りなくて全然ダメね」なんて言いたいときは、「温厚で優しい人ね」なんていかがでしょう?のんびりして行動力が無い人にイライラしたら、「じっくり物事を考えられるタイプ」だと思ってみては?

悪口は、見方を変えればいくらでも誉め言葉に変換できます。

「だらしない→おおらか」「小賢しい→頭がいい」など…。

つい悪いほうで考えてしまう人は、良い意味で人を評価できるよう訓練してみてくださいね。

あなたからポジティブな言葉がたくさん発信されれば、自分もポジティブに、周囲の印象もグッと良くなります。

「あの人ポジティブでいいな」「いつも素敵な言葉を使っているな」なんて思われれば、モテ大人女子の道も近づきます♡

11.若者の流行りを大人の服に少しだけ取り入れる!

アラフォーにもなると、服装選びに迷いますよね。

オバサンっぽい服装は嫌だけど、若い子の服も似合わない…。

そうやってめんどくさくなり、ファッションのトレンドを追うのを辞めると途端に時代遅れになってしまいます。

そうならないためには、若者の流行りを大人服に少しだけ取り入れること!トレンドを意識しつつ、トレンドだけで固めない。

TPOに合わせた上品な大人服を、センス良く着こなすのがモテ大人女子なんです。

メイクも服装も髪型も、トレンドに振り回わされるのではなく自分に似合うものを上手に取り入れることが大切。

今っぽいけどやりすぎないファッションで、大人の魅力を最大限に引き出しましょう♡

12.年齢は首元、膝、などのパーツにでる。最低限のケアで清潔感を!

首元や膝は年齢が出やすいパーツ。

メイクやファッションで若作りしても、ふとした瞬間に「あれ?この人若くない?」と感じさせてしまいます。

たるみが出てきてしまうのも仕方のないことだけど、だらしなく見えないように気を遣いたいものですよね。

それに、首や膝のケアって忘れがちじゃないですか?目立たない部分だから、つい何もせずに過ごしてしまう人も多いはずです。

裏を返せば、何もしないから年齢が出るということなんです。

モテ大人女子は、こうした細部のパーツにも気を抜かないもの。

ケアを心がけ、キレイな見た目を保つ努力をしているのが、モテ大人女子です。

顔は一生懸命スキンケアしているけど、首は特に何もしていない…。

という人は要注意!首の皮って、目の周りの皮膚と同じくらい薄いそうです。

つまり首も、シワが出来やすいということ。

顔同様に、保湿と紫外線対策が必要です。

そして見落としがちな膝。

黒ずんでいたりしたら、一発で年齢がバレてしまうかも。

アラフォーになると膝を出す服装をすることも少ないかもしれませんが、ふとした時に見えたら恥ずかしいですよね。

黒ずんでいる人は、膝の保湿ケアも忘れずに行いましょう。

また、たるみが気になる人にはリンパケアがおすすめです。

老廃物を流してあげるだけでも、スッキリした見た目になるでしょう。

さらにぜい肉が気になる場合は、引き締めトレーニングやウォーキングなどを取り入れてみて♡

モテ大人女子が若々しく美しいのは、こうした努力を怠らないからです。

それに、いつ誰に見られてもいいようにしておかないと、自信を持って恋することもできませんよね。

モテ大人女子がモテるのは、何より恋に前向きだからに他なりません♡

大人女子だから出来る大人な対応で、一目置かれる存在に!

いかがでしたか?今回は、『モテない大人女子の理由』と、『モテ大人女子になる方法』をご紹介してきました。

少しの心がけと、「女子でいたい」という気持ちを忘れなければ、あなたもモテ大人女子になれるはず!

若い娘にはない大人の魅力で、年下男子を虜にしちゃいましょ♡