皆さんも一度は「メガネ男子」という言葉をどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

普段TVのバラエティー番組やCM、新聞の中刷りなんかにも掲載されていたことがあるので意外と身近な言葉でもありますよね。

それにしてもなぜメガネ男子はメガネをかけているだけなのにモテるのか?メガネ男子という言葉に隠された面白いこだわりを追及していくことで、その原因をご紹介します。

メガネ男子とは

メガネ男子とは、その名の通り「メガネをかけた男性のこと」をいいます。

眼鏡をかけていればメガネ男子か


眼鏡をかけていれば誰でもメガネ男子になるのかというとそうではありません。

メガネをかけた姿が洗練されていてかっこいい人のことだけをメガネ男子と呼べるんです。

以前は私も眼鏡をかければ皆メガネ男子になれると思っていたので、ただメガネをかけているだけではメガネ男子になれないことを初めて知った時はとっても驚きました。

メガネ男子になるハードルって結構高いんですよ。

まずはメガネ男子を知らない人でもメガネ男子がイメージし易いように、眼鏡が本当に良く似合う、おすすめメガネ男子俳優をご紹介します。

星野源さん

最初は今一押しのこの人!「星野源さん」です。

一見職場とか友達の中にいそうな雰囲気の星野源さんですが、その才能はマルチに渡って発揮されており、世の女性の心を掴んで話しません。

普段星野源さんは黒縁のメガネをかけていることが多く、医者の役なんかでは上側だけ縁のあるものを使用していたりもします。

基本的にはノーマルなデザインのものを好む傾向があるようです。

きっとそれが一番似合うようで、奇抜なデザインを利用しないのが星野流のようですね。

坂口健太郎さん


丸渕メガネが似合うといえば「坂口健太郎さん」です。

モデルのようにスリムで高身長な坂口さんは顔まで整っているので、元々メガネをかけていなくても女性に人気があるのですが、メガネをかけると「・・・!?」かっこ良さが1.5倍!可愛い&かっこいいが絶妙にミックスされてもうやばかっこよくなってしまいます。

坂口さんはとくに縁の薄い丸渕メガネが良く似合います。

メガネをかけた時の坂口さんに見つめられた日には、10秒くらい夢の世界へ行って自分が今生きていることさえも忘れてしまいそうですね♡

高橋一生さん

次におすすめのメガネ男子はここ最近カルテットのドラマを始め、甘いマスクに渋い声と演技で人気急上昇中の「高橋一生さん」です。

色んな役をこなす高橋さんですが、メガネをかける役柄としてはスーツを着ることが多いようで、シルバーの細い縁に、小さめのグラスをチョイスしているのを良く見かけます。

でも高橋さんがメガネ男子だるゆえんをもっともっと発揮するのは、丸渕×アニマル柄をかけている時です。

甘いマスクとアニマル柄がいい感じにコラボして、見ているだけで心はキュンキュンしてしまいます。

西島秀俊さん

大人の魅力があるメガネ男子といえばその①「西島秀俊さん」です。

細マッチョな体にスーツが似合うことは有名ですが、結構メガネをかけていらっしゃることが多いようで、上側だけの縁メガネや、スタンダードな黒縁をかけているところ良く見かけます。

メガネをかけるとせっかくの西島秀俊さんのかっこいい顔が隠れてしまうように思いましたが、西島秀俊さんのおかげでかっこいい人はメガネで渋さが増す!ということが分かりました。

まさに理想の彼氏であり理想の夫といったイメージです。

加瀬亮さん

大人の魅力があるメガネ男子といえばその②「加瀬亮さん」です。

身長は170センチ前後、これといって顔にも特徴があるわけではない加瀬亮さんですが、彼の魅力は絶大です。

普段はいたっておとなしめだけどどこかアンニュイ雰囲気が漂っている加瀬亮さん。

どこか普通っぽいのに何を着ていてもどこかおしゃれなイメージがあるんです。

メガネも本当に良く似合います。

そんな加瀬さんが最も似合うメガネは、小さい顔に良くマッチする大き目フレームの黒縁丸メガネです。

福士蒼汰さん

そして最後に、現段階で最強のメガネ男子俳優といえば・・・やっぱり「福士蒼汰さん」でしょう!彼は海外留学を経験したことがないにもかかわらず英語とイタリア語が堪能です。

彼の英語の発音は本当に上手ですよね。

最近ではアクションもこなすようになっているのだとか。

福士さんは元々メガネが好きなようで、プライベートでもおしゃれな黒縁を愛用しているようです。

あれだけかっこいいので、メガネなしで外を歩けばすぐに見つかって人だかりができてしまうのでしょうね。

福士さんはこれまでは正統派のメガネをかけていることが多いので、今後よりおしゃれでキュートなメガネをかけているとこを拝見してみたいものです。

いかがでしょうか、大分メガネ男子のイメージがついたのではないでしょうか!前準備ができたところでもっともっとメガネ男子の「モテる理由」を探って行きましょう。

ポイントは洗練、かっこいい


眼鏡をかけてる男性がメガネ男子になれる最大のポイントは「メガネをかけた姿が洗練されていてかっこいいかどうか」です。

メガネという知的なイメージを含むアイテムだけあって、最終的にはどこか知的で品のあるイメージをプラスさせるのがポイントです。

もちろんメガネの選び方は大変重要で、顔立ちに合わないフレームやデザインをチョイスしてしまうと、かっこいい人なのにおじさんぽっく見えてしまったり、メガネをかけない時よりもダサクなってしまうので要注意です。

メガネっ娘の男子版

メガネ男子はメガネをかけたイケメンのことを意味しますが、その女性版のことを「メガネっ娘」といいます。

メガネっ娘も、ただメガネをかけた女の子を意味するのではなく、メガネをかけた可愛い・魅力的な女性を意味します。

メガネっ娘の代表といえば新垣結衣さん、宮崎あおいさん、綾瀬はるかさん、しょこたん、北川景子さん、佐々木希さんですよね。

大人の色気があるメガネっ娘なら、井川遥さんや安室奈美恵さんなんかがラインナップするのではないでしょうか。

メガネっ娘がメガネ男子と大きく違うところは、イケメンがメガネをかけると70%はメガネ男子になれるのに対し、美人でも約30%程度しかメガネっ娘になれないというところなんです。

美人なのに、どんなメガネをかけてもなぜかちょっと不細工になる現象が起きるんです。

メガネと女性の関係はただ単純に美人度と比例しないところに面白みがあるんですよね。

プラス材料の増幅装置

基本は男性の方が女性よりもメガネが似合う確率が高いのですが、似合わないメガネをかけてしまえば、男性でもやはり普段よりも不細工になってしまいます。

洋服や靴や帽子などと同じようにいかにメガネをいかにプラス材料の増幅装置にしているかどうかがモテる重要なポイントです。

メガネ男子がモテる理由とは

メガネ男子がモテる理由は、なんといってもその雰囲気にあります。

ひと昔前なら、茶髪・金髪・ロン毛・イケイケ・アゲアゲ・パラパラみたいなチャラめの男性に人気がありました。

でも今モテるのは塩顔とか、中性的な感じとか、芥川賞をとった又吉直樹さんのような文学的で自分を持っている知的なタイプです。

まさにチャラめとは真逆の男性なんですよね。

メガネはそんな現代のモテる男性の雰囲気にばっちりのアイテムといえます。

メガネ男子好きの女子にいわせると「メガネをかけているとどことなく強靭なメンタリティーを持ち合わせているような気にさせてくれる」のだとか。

確かにメガネ男子=仕事ができる、メンタルが強いという印象があるかもしれません。

おしゃれ

メガネをかけてモテるためには、メガネ男子になるためには、そもそもおしゃれでなければなりません。

メガネをただの眼鏡=目が見えないから矯正する意味だけで使用しているだけではメガネ男子にはなれないのです。

ダサい男性はいちいちメガネを選ぶのが面倒なので、なんでもいから着け心地の良いものを選んでしまいます。

でもメガネ男子なら、何個ものメガネを洋服と同じように試着したり、1個のメガネを毎日ずっと愛用するのでなく、最低5本はコレクションを持っています。

本物のメガネ男子ならメガネの数が5本を超えたあたりで、サングラスにも手を出し始める傾向も。

選んで欲しいのはRAYBANやフェラガモのアンティークのサングラスなどです。

めちゃくちゃ高級というサングラスではなく、手が出しやすいくらいの価格帯で、自分の顔のタイプにあっておしゃれ度が上がるもの、そんなサングラスを選べれば、メガネ男子の仲間入りです。

こんなサングラスをかけている男性、モテないわけがない!

こだわりや自分らしさを感じる

メガネに興味がない人にとってメガネ男子のメガネはただ視力を回復させる為だけのアイテムに見えるかもしれません。

しかしメガネ男子のメガネには、その人それぞれのこだわりや自分らしさが、あの小さいフレームの中に詰め込まれているんです。

たまに「またメガネ買っちゃった♡」なんて可愛らしいことをいっているメガネ男子に向かって「え?また同じようなメガネを買っちゃったの?」とセンスのない言葉をかけている人に出会います。

同じに見えるメガネ?それって全然違う2つのメガネです。

例えば似たような茶色でも、濃いめのと薄いのとか、べっ甲の黄色い部分がこっちの方がちょっと多いとか、フレーム全部がゴールドのものと、一ヵ所だけ赤が入っているものとか。

それらは全て全くの別物、ユニークなものなのです。

メガネにはまると、その日のファッションに合わせてメガネを変えたくなります。

それがメガネ男子のメガネ男子たるこだわりなのです。

このこだわりが女性のおしゃれ心を揺さぶって「こんな人を隣に連れて歩きたい」「友達や親兄弟に自慢したい彼氏」という気持ちにさせるのです。

もしあなたが男性で「べっ甲フレームのメガネは全部同じ眼鏡」なんてことを思っているとしたら、繊細な女性の気持ちが理解できず、女性からおしゃれな人と思ってもらえないが為にモテていないのかもしれません。

ほんのちょっとファッションやメガネに繊細になることで、男性は女性からモテるようになれるんです。

さぁあなたもモテる為にメガネ男子になりましょう。

似合うメガネにセンスを感じる

メガネ男子のメガネ選び、これを侮ってはいけません。

彼らはここぞというメガネに出会うまで5年も10年もかかる場合があるんです。

それまで一体どうやってメガネを買うのかというと、とりあえず買う時は「お!これだ」とぴんときたものを購入しています。

でも家に帰って見慣れた鏡で確認してみると「あれ・・・何か違う」と期待はずれの結果になってしまうことがほとんどです。

メガネってきっと自分で見て決めるよりも、他人の目で見て決めてもらう方が上手くいく確率が高いのだと思います。

恐らく目元がメガネのフレームで隠れているからか、顔全体や体全体がより冷静に見れない為なのか、メガネがその人にマッチしているかどうかの判断は、自分でするよりも他人(おしゃれな人限定)に頼むのがポイントです。

アクセサリーとして

メガネ男子にとってのメガネはアクセサリーとしての役目も果たしています。

人は本当のメガネ好きになると、メガネに夢中になってしまって、他のアクセサリーは腕時計くらいにしか興味がなくなってしまうくらいメガネにはまることがあります。

例えば女性の場合、超がつくメガネ好きになるとメガネとピアスを同時に使用することはありません。

だってメガネのすぐ横にくるピアスはメガネのファッション性を邪魔してしまうのですから。

男性の場合はピアスの代わりにネクタイやヘアスタイルをメガネに合わせてコーディネートします。

「このメガネにはこのネクタイとこのヘアスタイルで」彼らにとってメガネとは女性にとってのまさにアクセサリーのような存在なんです。

知的


メガネをかけると大概の人は知的に見えます。