睡眠ってとっても大事な事ですよね。

睡眠がおろそかになってしまうと、様々な事に影響が出てしまいます。

しっかりと休息が取れないと、日中の集中力もそぎれてしまい、非常に効率が悪くなってしまいます。

なので、睡眠は非常に重要なサイクルであり、睡眠時間を削ってしまうという事はすべての歯車がかみ合わなくなってしまう可能性があります。

それだけ重要な睡眠なのですが、時々寝たくても寝付けない時ってありませんか?
大事な事がある前の日であるほど眠れなくなってしまいますし、焦れば焦るほど睡眠が遠ざかって行ってしまいます。

なので、今回は快眠を得るために必要な事をご紹介していきたいと思います。

なかなか寝れないという方や、最近睡眠が浅いという方には是非試していただければと思います。

睡眠は健康にとっても非常に大事な事なので、早い段階で良い睡眠を得る事を意識してみましょう。

寝れない原因とは?

睡眠は非常に重要だという事は皆様ご存知だとは思いますが、なぜ寝れなくなってしまうのか?という事を考えた事はありますか?
一番重要なのはなぜ寝れないのか?という事をしっかりと把握しておく事が大事だといえるでしょう。

寝れない原因をしっかりと把握しておく事で、対策もしっかりとこうじる事が出来ますし、改善する事が出来ますよ。

なので、まずは寝れなくなってしまう原因をご紹介していきたいと思います。

ご紹介する中で、少しでも自分の行動に当てはまっているものがあれば見つめなおしてみてはいかがでしょうか?
改善を行う事で、きっと睡眠の質も上がるかと思いますし、普段の日中の変化も感じる事が出来るのではないでしょうか?
では見ていきましょう。

カフェイン等の摂取


カフェインという単語、おそらく皆様も聞いたことがあるかと思います。

このカフェインですが、睡眠に関して悪影響をおよぼすという事はご存知でしょうか?
普段口にする飲み物などの中に、カフェインが含まれている事が非常に多いので、うっかりカフェインが含まれているものを就寝前にとってしまうと、睡眠の質が下がってしまいます。

なので、どんな飲み物の中にカフェインが含まれているのかをご紹介していきたいと思います。

まず、カフェインの代表的な飲み物としては、コーヒーがあげられるでしょう。

なので、就寝前にコーヒーを飲んでしまう事は極力避ける事が睡眠の質を上げる事につながるのではないでしょうか。

そして、他にも紅茶であったり、ココア、抹茶、コーラなども多くのカフェインを含んでいるので、注意が必要です。

また、普段よく飲むであろうお茶などにもカフェインが含まれているので、注意が必要です。

なので、寝る前に喉が渇いてしまったという時には、カフェインが含まれていない飲み物を飲む事が非常に重要です。

お勧めとしてはホットミルクが一番お勧めです。

中にはお酒が寝る時にはとても良いと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、寝酒という言葉があるように確かに寝る事自体にはつながっているのですが、それからの深い睡眠に繋がる事が難しくなってしまうので、結果的にはあまり質の良い睡眠を取る事が出来ないという認識をもってもらえれば良いかと思います。

PCやスマホの使用。

次に多い理由としては、就寝前にスマホをいじったりしてしまうという事があげられています。

恐らく、心当たりがあるのではないでしょうか?
確かに、現代の若者にとってはスマホって必需品ですし、特段用がなくても、触ってしまいますよね。

なので、寝る時にも寝付くまでスマホをいじったりとか、SNSをしたりとかって誰でも経験があるかと思います。

ただ、スマホをいじってしまう事で、目がさえてしまい、逆に寝れなくなってしまう事に繋がります。

スマホから発せられる光の刺激が、睡眠を邪魔してしまい、結果的に質の悪い睡眠へとつながってしまいますので、しっかりと睡眠を得るためには寝る前のスマホいじりをやめる事が睡眠にとって非常に効果的であるという事を覚えておきましょう。

これに関しては癖になっている場合もあるので、毎日就寝前に触ってしまうという方は意識して改善してみる事をお勧め致します。

どうしても気になってしまう!という方は、早く寝て早起きして、朝起きてから触るようにするなど、少しの工夫をしてみてはいかがでしょうか?

生活習慣の乱れ


生活習慣が乱れてしまう事で、睡眠にも乱れが伝わってしまう事が多々あります。

どんな事がきっかけで睡眠に影響が出てしまうのか?という事なのですが、食生活の乱れであったりとか、運動不足であったりとか、生活習慣によっても睡眠に影響が出てしまうという事がわかっています。

また、普段の生活の中で、体内時計がしっかりと機能していない人もいらっしゃる事があります。

最終的に、生活習慣や睡眠が不足してしまう事で、時には肥満に繋がったり、生活習慣病である糖尿病や高血圧、または脂質異常症などの病気にまで発展してしまう事があります。

なので、しっかりと自分の体調管理であったりとか、普段の生活習慣はしっかりと気を付ける事で、健康な生活を送る事が出来ます。

結果的には、質の良い睡眠をとる事も出来るので、是非徹底してみてはいかがでしょうか?

寝ようという意識が強い。

大事な事や、楽しみな事がある前の日って寝付きにくくなる事ってありませんか?
それは、寝ないといけないという意識がもたらす、あせりの心理的な効果が引き出しているからかもしれません。

基本的に、早く寝ないと…と焦ってしまうと余計に寝れなくなってしまいますし、そんな状態ですぐに寝れたという方は少ないのではないでしょうか?
また、そんな寝不足な日には早く寝ようとして早くベッドに就く事ってありませんか?
ただ、その行動自体が不眠症という病気に近づいている行為になるそうです。

基本的には就寝する時は体がリラックスして、精神的にもリラックスした状態で体を休める事が出来ます。

なので、早く寝ないと…と感じている時は神経は圧迫されているような状態なのです。

なので、就寝とは正反対の状態にあるという事を覚えておきましょう。

良い睡眠とは、寝るという事をあまり意識せずに迎える事が、良い睡眠につながっているという事を覚えておきましょう。

焦ってしまって寝れないという方は、最初はなかなか難しいかもしれませんが、意識する事自体をまずやめてみてはいかがでしょうか?

睡眠障害と言われるもの

これまでにご紹介してきた内容と違い、一種の病気のような、不眠症という病気にくくられる事も睡眠を邪魔する大きな理由になるのではないでしょうか。

かなり広義的な意味を持つ単語になるのですが、睡眠に何らかの問題がある状態をいいます。

環境や生活習慣、身体的な問題や精神的な問題、様々な事から引き起こされるような問題になるので、なかなか原因を特定する事が難しい症状にもなります。

一時的な問題ではなく、継続的な問題で睡眠が得られないという方に関しては病院に通って、しっかりと症状を改善できるようにお医者さんに診てもらう事が非常に大切であるといえるでしょう。

寝れない時の3個の睡眠方法

では、寝れない時にはどうすれば寝付く事が出来るの?と思う方も多いかもしれません。

基本的には先ほどご紹介した内容の事を気を付けて頂く事、そしてこれからご紹介する内容をしっかり実践していただければ改善する事が出来るかもしれません。

人によって治る方法って違いますし、効果的な事も人によって様々です。

なので実践あるのみなので、自分にあった睡眠法があれば是非取り入れてみてはいかがでしょうか?
どれも簡単に実践出来る内容となっているので、もし少しでも最近睡眠の質が悪いような…と自分が当てはまると感じている方は行ってみてはいかがでしょうか。

睡眠に関しては、早い段階で改善を行う事を非常にお勧めしております、なぜなら非常に大事な生活サイクルの一部なので、しっかりと休息を得る事が日中の行動の効率を上げるポイントになりますし、健康においても非常に大事な事です。

なので、少しでも気になっている人は早期に解決するように意識してみてくださいね。

では見ていきましょう。

呼吸法で眠る。

皆さんは呼吸法ってご存知ですか?
普段皆さんは生きるために呼吸をしていると思いますが、おそらく呼吸を意識した事がある方ってそう多くはないのではないでしょうか?
意識した事があるという方も、鼻呼吸とか口呼吸とか、そのあたりになるのではないでしょうか?
今回ご紹介する呼吸法なのですが、普段あまり意識する事がなかったような呼吸法となっているので、是非疑っている人は一度試してみてはいかがでしょうか?
全部で3種類ありますので、自分に合った呼吸法があるのかどうか確認してみると面白いかもしれませんよ。

1.瞑想の呼吸

まずはじめにご紹介するのが瞑想の呼吸方法です。

瞑想の呼吸と聞いてどんな事を思い浮かべますか?
恐らく、目を閉じてあぐらをかいて…というような事を思い浮かべた方は多いのではないでしょうか?
あまり難しく考える必要はありません。

大きなポイントとしては腹式呼吸を実践してみてください。

簡単なポイントとしては、息を吸うときにお腹を大きくふくらましてみてください。

また、息を吐くときにはお腹を大きくへこましてみてください。

寝る時にこういった呼吸法を意識する事で、集中する事が出来、意識が散る事を防ぐ効果があります。

ゆっくりと呼吸する事で、リラックスする事もできますし、息遣いを感じながら瞑想に入る事も出来ます。

結果的には、睡眠へとつながっていき、質の良い睡眠が得られるといえるでしょう。

2.4‐7‐8呼吸法

 なかなか聞きなれないような呼吸法になるかと思いますが、とても有効な呼吸法になるので、是非実践してみて頂きたいと思います。

では、どのように行うの?という事なのですが、とても簡単な方法です。