大好きな恋人と別れたり、毎日が忙しかったりすると、恋愛が頭から抜けてしまうこともあるでしょう。

しかし、ふとした瞬間に恋がしたい!と思うこともあると思います。

また、気が付くと周りには恋人がいたり、結婚し始めたりすることもあるのではないでしょうか?

そうすると、結婚などはあまり考えていないにしても、恋人がほしいなーと思う人が多いんです。

今回は、そんな恋がしたい!恋人がほしい!という人のために、『恋活』を始める方法をお伝えしていきます。

恋活とは

恋がしたい!恋人がほしい!という人が始めるのが「恋活」です。

中には、恋活ってなに?なんて思ってしまう人もいるかもしれません。

“婚活”は多くの人が聞いたことあるフレーズですよね。

それに比べて、“恋活”という言葉に馴染みがないのも仕方ないでしょう。

まだ、あまり浸透していない言葉ですが、これからだんだんと浸透していくと思います。

とはいえ、何か特別なことをするわけではありません。

では、いったいどんな活動のことを“恋活”というのでしょうか?

結婚を前提とはしない出会いを求める活動のこと

ずばり“恋活”とは、結婚を考えずに出会いを求めることを指します。

“婚活”は結婚を前提とした出会いを求める活動のことをいいますよね。

ここが、“恋活”と“婚活”の大きな違いです。

しかし、結婚を前提としているかどうか以外、出会いを求める活動をすることはどちらも同じ。

結婚相手を探すために出会いを求めるのであれば、それは“婚活”になりますし、結婚はまだ考えていないけど恋人がほしいと出会いを求めるのであれば、それは“恋活”に位置付けられます。

つまり、これまでのように恋人を探す行動自体に“恋活”という名前がついたというだけです。

社会人になると、学生時代に比べて出会いの場がなくなってしまったり、同年代との絡みが少なくなってしまいますよね。

また、気になる人ができても、休みや仕事の関係ですれ違ってしまい、なかなか上手くいかないなんて人もいるようです。

そのため、学生時代よりも社会人になると、なかなか恋ができない、恋人ができないなんて悩みを持つ人が多いのも事実です。

そんな人たちが恋人を探すための行動が“恋活”なのです。

恋活を今すぐ始める方法

「よし、恋活するぞ」といっても、久しぶりすぎて分からないなんて人もいるかもしれません。

また、表立って恋活するのは恥ずかしいと思う人もいると思います。

ただ、恋活は動かなければ何も始まりません。

悩んで待っているだけでは、どうにもならないから恋活をしようと思ったんですよね?

であれば、悩んだり恥ずかしがってチャンスを逃がしてしまうことなく、恋活を始めましょう。

できない理由はいくらでも出てくると思います。

“仕事が忙しいから”や“いまは恋人がいなくても大丈夫”など、始めない理由を挙げようと思えばたくさん出てくるでしょう。

しかし、恋がしたい!恋人がほしい!と思ったのであれば、そのタイミングを逃すのはもったいなさすぎると思います。

何はともあれまず行動!

色々考えたり、自分と向き合う時間も大切なはずでしょう。

ただ、ずっと自分と向き合っているだけでは、新しい出会いは降ってはきません。

恋人との別れの後に自分と向き合い、前向きに変わる時間はたしかに必要です。

そして、どこかで踏ん切りや整理がついたら、次に目標を見つけたり恋活をスタートすることだって大切でしょう。

「失恋を忘れるには新しい恋」という言葉だってあるほどです。

もちろんこの記事を読んでいることも行動の一つだといえると思います。

闇雲に恋活をするよりも、どうせするのであれば成功率を高めたり、ポイントをおさえておくのも効率よくするためには大事なことでしょう。

今回の記事で、恋活のポイントをつかんで、なるべく短い時間で良い出会いができるようにできるのが一番良い恋活の方法かもしれません。

「出会いがない」は言い訳

自分からなかなか行動しない人の中には、恋人がいない理由に「出会いがない」と言う人もいますよね。

ただ、実は出会いがないというのはただの言い訳でしかないのです。

職場と家の往復だけでは、なかなか出会いなんてないのは分かると思います。

出会いというのは、自分で探しに行かなくては見つけることは難しいでしょう。

そのため、恋人ができない理由が本当に出会いがないからだと思っているのであれば、すぐにでも恋活をすることをおすすめします。

世の中には、恋人や相手がいる人ももちろんいますが、別れたばかりの人、恋人を探している人、探してはいないけどシングルの人など、とても多くの人がいるんです。

そして、恋活の場には相手がいる人よりも相手を探している人のほうがずっと多いでしょう。

そうすれば、出会いがないという言い訳は出てこなくなるのではないでしょうか。

出会いがないと言ってしまう前に、まずは出会いの場に繰り出したり出会いを探しに行く努力をしてみましょう。

恋活を成功させるための12個のポイント

恋活をすることがどれだけ大切なことは分かってもらえたと思います。

良い出会いを引き寄せたいなら、自分から積極的に求めにいかないといけないんです。

しかし、何も考えずに恋活をしていても、成功するとは限りません。

方法やポイントをおさえていなければ、いつまでもだらだらと恋活することになってしまいます。

それでもいいのであればいいですが、少なくともはじめはそれが目的ではなかったはずです。

出会いをたくさん増やして満足ではなく、その出会いの中から恋の相手を佐賀図ことが恋活の目的でしょう。

そのためには、恋活を成功させる必要があります。

そこで、ここからは恋活を成功に導くためのポイントを12個紹介していきます。

これからご紹介していく恋活成功のポイントを上手に使い、楽しく幸せな恋をゲットしましょう。

1.理想の恋人像をはっきり持つ


まず恋活のゴールである恋人探しの基本からです。

恋人がほしいと漠然と考えているだけでは、出会ってもなかなかピンとこなかったり、大事な場面で消極的や待機体制になってしまい、チャンスを逃がしてしまう可能性があります。

せっかく良い出会いに恵まれても、それでは成功しません。

なので、まずは恋活でさがす恋人の理想像を考えてみましょう。

人それぞれ大事なポイントは変わってくると思います。

その中でも、これまでとこれからを考えたうえで、自分にどういった人が似合うのか把握して、その理想像に近い異性を見つけるようにすることで、成功は近づくはずです。

また、恋活中にも理想の恋人像が変わったり、ポイントが増えたり減ったりするでしょう。

それに、好きだと思う人はその理想の恋人像とは全く違う人かもしれません。

それはそれでいいのです。

ただ、漠然と恋人を探す!ではなく、こんな人が理想の恋人と頭の中で考えておくことも大事なポイントです。

2.相手の条件のハードルを下げてみる

理想の恋人像を決めたときに、多くの人が陥ってしまう落とし穴があります。

それは、理想だからといって恋人のポイントのハードルを高くしすぎてしまうことです。

それでは、当てはまる頭数が少ないので、良い人もどんどん対象外になってしまうでしょう。

当てはまる人数が少ないということは、成功率もどんどん下がっていくことにもなります。

それに、良い相手には何かと相手がいることだって大いにあり得ます。

そこで、あなたがすべきことは、条件のハードルを下げて出会いに期待することです。

人それぞれ向き不向きがありますし、性格だって全く同じ人はいません。

本当はここが出来てほしいけど、その分こんな良いところがあるとなる場合だってあるのです。

その中でもどうしても譲れないこともあるでしょう。

それ以外は一度条件からは外して考え、たくさん出会いがあったときに選ぶ基準にするのも手です。

そうすることで、それまでは恋人の対象としては見ていなかった相手が、とても良く見えたり、その中から実際に良い出会いがあったりもするはずです。

恋人の条件のハードルを下げることは、何もあなたの評価やレベルを下げてしまうものではありません。

人にはそれぞれ良いところと悪いものがあるものです。

悪いところをカバーできるほどの良いところを持っている人だってたくさんいます。

どうせ恋活をするのであれば、たくさんの人と出会い、選択肢も多くあったほうがいいですよね。

3.明るく楽観的に考える

恋活をしていると、うまくいくことばかりではないと思います。

中には、なかなかうまくいかなかったり、行き詰ってしまうこともあるでしょう。

しかし、そんなときに悲観的になり、恋活をお休みしてしまってはもったいないです。

上手くいかない、自分には魅力がないなんて考えていると、その気持ちは顔や言葉、行動にも出てきてしまうはずです。

マイナスな思考になると、何をするにも後ろ向きになってしまい、普段であればうまくいくものも失敗してしまったりするかもしれません。

なので、上手くいかなかったとしても、なるべく明るく楽観的に考えるように心がけることが大切です。

そうすることで、少なくともチャンスは逃さないようになるでしょう。

そして、いつも明るく楽観的に考えられるようになれば、考えや表情なども明るく魅力的になるはずです。

それだけでも成功率はアップしますよね。

「どうせ~」はご法度!

なかなかうまくいかないと、“どうせ私なんて”や“こんなに頑張ったってどうせ”なんて言葉が出てきてしまうかもしれません。

失敗続きになると、“どうせ”と言ってしまいたくなる気持ちも分かります。

しかし、この“どうせ”という言葉こそ、どんどん理想の恋人から遠ざけてしまう言葉でもあるんです。

“どうせ”という言葉の前後につくものって、諦めの言葉のことが多いはずです。

自分や出会い、恋活に対して諦めた気持ちで取り組んでいては、うまくいくものも上手くいかなくなってしまうでしょう。

そのため、思ったようにうまくいかないなーと感じても、簡単に“どうせ”といって諦めてしまうのはおすすめしません。

また、どうせと思っていても、口に出さないことも大切です。

口に出してしまうと、途端にそういった思いになってしまうこともあるんです。

逆に、心でどう思っていても、口では明るく楽観的にふるまうことで、自然と気持ちも上向きにいくことだって考えられるでしょう。

なので、なるべく前向きに明るく恋活を楽しむ気持ちを持つことが大切です。

4.積極的になる

恋活をする上で大切なのは、待っているのではなく、自分から積極的に行動することなんです。

それまでの恋愛では、男性のほうからアプローチをされて引っ張っていってもらっていたかもしれません。

しかし、恋活の場合は自分のほうから積極的にいかなければ、そのアプローチをしてもらう段階にいかないのです。

出会えなければ、アプローチや好意を持つなんてタイミングないですよね。

また、仮にそんなタイミングがあったとしても、もともとの知り合いでなければ、キッカケをつくることすら難しいものです。

学生時代のように、同じ時間を過ごすわけではないので、お互いが出会いたいという気持ちをもっていなければ、なかなかうまくはいかないでしょう。

なので、恋活をするときには、それまでの自分よりも積極的に前向きにを心掛けるようにすることで、男性に注目されるポイントも増えるかもしれません。

こういったところも恋活では、とても大切になってきたりするようです。

5.出会いを大事にする


恋活の目的は、恋をすることや恋人を作ることですが、それだけではないですよね。

なにも恋人がほしいだけなら、現在知り合っている人の中で探すことも不可能ではないはずです。

しかし、その中に理想の相手がいないからこその恋活だと思います。

であれば、一つ一つの出会いを大切にしましょう。

出会った当初は、ちょっとなぁと思ったとしても、話したり連絡をとるうちに良いと思うこともあるかもしれません。

また、出会いは目の前の異性だけとは限りませんよね。

そこから友達に広がっていくかもしれませんし、その人自身がとても大事な友人になることだってありえます。

恋活だからといって、目の前の人で恋人だけを探さなくてはならないというわけではないと思います。

そういったことを考えると、早めに切ってしまうのはもったいないです。

恋活をしているときには、一つ一つの出会いを大事に、どんな出会いにも目を向けてみるようにしましょう。