日本語の中には意味が複雑で分かりにくい難しい言葉がいくつか存在しています。

それは日本人である私たちにとっても、時には非常に難しく感じたりする場面があると思います。

例えば、日常生活を過ごしている中などで、難しい言葉だなぁと感じたりする場面は様々な場面が存在しているといえます。

人と話をしているときに、相手から難しい言葉を使われたりする場面や、難しい言葉が記載されている書面を見る場面など、考えるだけでも簡単にいくつかの場面が想像できます。

つまり、難しい言葉だったとしても、それを知らないままにしてしまっていると必ず困ってしまうような状況が起こり得てしまうといえます。

プライベートならまだしも、ビジネスの場面においては難しいからわかりませんという考え方では乗りきることができないはずです。

しかしながら、難しい言葉を理解すること自体、あまり気が進まないのも事実ですし、そもそも難しい言葉を考えてみろといわれて、すぐには思いつきませんよね。

そこで、今回は難しい言葉の中でも、比較的使用される頻度が高い言葉である、重ね重ねという言葉をテーマにして、意味や使い方などをご紹介していきたいと思います。

重ね重ねという言葉はビジネスの場面においても、場合によってはプライベートなどでも使われる言葉でもあります。

もしも意味がわからないのであれば、この機会に重ね重ねという言葉をマスターし、正しく扱えるようにしてみてください。

️「重ね重ね」を解説

あなたはこれまでに重ね重ねという言葉を聞いたことがありますか?

今現在社会人として活躍している人であればおそらく一度くらいは聞いたことがある言葉だと思います。

それぐらい重ね重ねという言葉はビジネスの場面やプライベートの場面など、様々な場面で用いられる言葉でもあります。

しかしながら重ね重ねという言葉は一般的に考えて難しい表現をする言葉でもありますので、意味がわからないと感じる方がいても不思議ではありません。

ただ、使用される割合が高いということを考えてみると、知らないままにしてしまうのは意思疎通ができなくなる可能性を野放しにしてしまうことにつながります。

一見すると難しい言葉に感じるかもしれませんが、よくよく考えてみるとそこまで難しくない言葉でもありますので、早い段階で習得することをお勧めいたします。

意味や使い方、そして重ね重ねという言葉を使った例文などを通して、重ね重ねという言葉を解説していきますので、まずは基本的な意味を理解してください。

️「重ね重ね」の意味


重ね重ねという言葉はどちらかといえばかしこまった表現方法の一つであると言えます。

実際に重ね重ねという言葉を聞いたことがある場面を想像してみると、かしこまった場面であることがほとんどであると言えます。

つまり、同じような立場の人間に対して用いる言葉ではなく上の立場の人間に対して用いたり、丁寧な表現をするべき場面で使用される言葉でもあります。

なので、ビジネスの場面や上の立場の人間に対して用いるべき言葉の一つでもあるのです。

だからこそ、間違った言葉遣いを行ってしまったり、間違った意味で解釈して用いるのは非常に危険だといえます。

しかし、その反面言葉の意味を正しく理解しておけば適切な敬語や言葉遣いを行うことができる人間であると思ってもらえる可能性が高くなります。

自分自身の評価を高める要因にもつながるといえますので、この機会にまずは正しい意味を知り、自分の価値を高めるという意味も込めて重ね重ねという言葉を知ってみましょう。

たびたび繰り返して

重ね重ねという言葉の基本的の意味として「たびたび繰り返して」という意味合いが挙げられます。

重ね重ねという言葉を考えてみた時に、まず着目していただきたいのが重ね重ねという言葉に使われている漢字です。

重ね重ねという言葉に使われている漢字は重いという言葉に使われている重という漢字が用いられています。

重という漢字を考えてみると、単純に重いという意味合いで用いられることもあれば、重ねるという意味合いで用いられることもあります。

それを想像してみれば、重ね重ねという言葉の意味などもある程度推測することができるようになります。

例えば、重ねるという言葉を想像してみると、「物の上にさらに同類のものを乗せる、ある物事に同類の物事を加える」という意味合いで解釈ができます。

つまり、これらの意味を言い換えてみれば、重ね重ねという言葉の意味である「たびたび繰り返して」という意味合いを推測することができるということになります。

なので、何度か同じようなことを行う場合には、重ね重ねという言葉を使って物事を表現することができるようになります。

日常生活を過ごしていればそのような場面に該当したりすることが多々あると思います。

そのような場面で丁寧な表現をしなければいけなかったり、目上の人に対してそれを表現したりする際には重ね重ねという言葉用いて表現するということを覚えておいてください。

幾重にも

次にご紹介する重ね重ねという言葉の基本的の意味として「幾重にも」という意味合いが挙げられます。

これはどういう意味かといいますと、「幾重にも」とは繰り返し、もしくはひたすらという言葉の意味が存在しています。

つまり、何度も何度も繰り返し行ったり、何度も同じようなことを繰り返したりするような場面において用いることができる言葉であるといえます。

例えば一つ例を挙げるとすれば、相手に対して何か大きなお願いをしたりする場合何度も何度も頭を下げてお願いしたりすることがありますよね。

そのような場合には幾重にもお願い申し上げるというような言葉を使ってみると、何度もお願いしているという意味合いで用いることができます。

適切な場面においては、何度か繰り返し行われるようなことを幾重にもという言葉で表現したりすることがあります。

そのような場合には幾重という言葉を重ね重ねという言葉で言いかえて、用いるようにすれば丁寧な言い方で言葉を表現することができるはずです。

同じようなことが繰り返される様子

次にご紹介する重ね重ねという言葉の基本的の意味として「同じようなことが繰り返される様子」という意味合いが挙げられます。

これに関してはこれまで説明してきた通りなので、難しい意味合いに感じたりすることはないと思います。

そもそもこれまでご紹介してきた重ね重ねという言葉の意味合いとほぼ同じような意味合いになりますので、そこまで難しい意味ではありません。

言葉として考えると全く違う表現方法になりますが、意味合いはかなり似ているので、そこまで難しく考えずに解釈してみてください。

念入りに何度も

次にご紹介する重ね重ねという言葉の基本的の意味として「念入りに何度も」という意味合いが挙げられます。

これに関しては相手に対してお願いをしたりする場面を想像してみれば理解しやすいと思います。

もしもあなたが相手に対してお願いしたいことがあるとすれば、当然ながら相手に何度もそれを頼むはずですよね。

そして重要度が高いお願いなのであれば、絶対に相手に協力してほしいはずなので、念入りに何度も何度も相手に対してお願いをすることはあると思います。

まさにこれこそが重ね重ねという言葉を表現している一つの状況であり、相手に対して何度も何度もお願いをする行為を重ね重ねという言葉で表現することができるということです。

例えば、相手に対して何度も何度もお願いしてやっと約束してもらえたという言葉を、相手に重ね重ねお願いしてやっと約束してもらえたと表現することができます。

どちらの表現方法も同じに見えではありますが、重ね重ねという言葉を使うことによって後者の方が圧倒的に丁寧な表現方法になります。

ビジネスの場面や上の立場の人間に対して話す際には、このような表現方法を使って言葉にできるということを覚えておきましょう。

️重ね重ねを使う場面

ここまでは重ね重ねという言葉の基本的な意味合いについてご紹介していきました。

ある程度重ね重ねという言葉の意味合いについて理解いただけたところで、ここからは重ね重ねという言葉を使う場面をいくつかご紹介していきたいと思います。

先ほどからお伝えしている通り、重ね重ねという言葉は比較的かしこまった言い方であり、上の立場の人間に対して用いたりすることがほとんどです。

だからこそ、重ね重ねという言葉を使うべき場面を正しく理解しておくことは正しい言葉を用いるということに繋がるので、意味と同様に必ず注意していただきたい部分になります。

重ね重ねという言葉を使うタイミングがよくわからないと感じている方は、どのような場面で使うのが一番適切なのかということを正しく把握できるようにしてみてください。

お礼を言うとき


まず初めにご紹介する重ね重ねを使う場面としては「お礼を言うとき」が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、その意味の通り、相手に対してお礼を伝えたりする際に用いたりするということです。

日常生活を過ごしていれば相手に対して俺の気持ちを伝えたりする場面は非常に多く存在しているといえます。

相手から好意を受けたり、何かしらの施しを受けた時に関しては必ずお礼を伝えるのは人としてのマナーでもあります。

しかしながら重ね重ねという言葉を使ってお礼の気持ちを表現したりする際には、それなりに適切な場面が存在しています。

まず相手と同じような立場であったり、あまりかしこまった言い方にする必要性がない時には重ね重ねという言葉は用いません。

つまり、逆を言えば自分より上の立場の人間だったり、かしこまった言い方にする必要性がある場面では重ね重ねという言葉で表現する必要性があるといえます。

例えば目上の人間に対して何かしらの施しを受けた場合は、「重ね重ねお礼申し上げます」といったような表現で用いることができます。

また、「重ね重ね感謝致します」というような表現方法でも相手に感謝の気持ちを伝えることができます。

このように、相手に対してお礼を伝える際には重ね重ねという言葉を使って表現するとより丁寧に相手に感謝の気持ちを伝えることができるようになります。

ただありがとうと伝えられるよりも重ね重ねという言葉を使った表現する方が、適している場面はいくつも存在しています。

なので、相手に対してお礼を伝える際には相手の立場やどのような場面なのかということを客観的に判断して用いるかどうか正しく判断するようにしてみてください。

お詫びをするとき

次にご紹介する重ね重ねを使う場面としては「お詫びをするとき」が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、相手に対してお詫びを伝えなければいけない場面でも重ね重ねという言葉を使って表現することができるということです。

長い人生を生きていれば相手に対して謝罪をしたりしなければいけない時は必ず存在しています。

また、年を重ねて社会人となった時に、社会人という立場を考えた上で相手に対して謝罪をしなければいけない場面も必ず出てくるようになります。

立場を考慮した上で相手に対して謝罪をする場合は、当然ながらかしこまった表現になることが容易に想像できます。

そのような場面などで重ね重ねという言葉を用いてお詫びの言葉を伝えるようにすれば、必ず言葉の受け取り方は変わるようになります。

例えば、相手に対してお詫びを伝える時にすみません、ごめんなさいという言葉だけではどうしても気持ちが伝わらないですよね。

しかしながら、「重ね重ねお詫びを申し上げます」、「重ね重ね申し訳ございません」というような表現方法でお詫びの気持ちを伝えるとどのような印象になるでしょうか。

おそらく後者のほうが明らかに謝罪の気持ちが大きく伝わるようになるはずですよね。

このように言葉一つ工夫して相手に伝えるようにしてみると全く印象が変わるようになりますので、謝罪の場面でも重ね重ねという言葉を使えることを覚えておきましょう。

頼み事をするとき

次にご紹介する重ね重ねを使う場面としては「頼み事をするとき」が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、相手に対して頼みごとをするときは一般的に相手に何度もお願いをしたりすることもありますよね。

そのような場面を想像してみれば、重ね重ねという言葉を扱うことができる場面に該当するということになります。

例えば、ビジネスの場面などにおいて何度か同じような頼み事をしたりすることはあると思います。

具体的には、直接相手に頼みをした後に、相手とメールなどで連絡を取り合ったりしている時や、再度あったときにその旨を伝えたりすることなどもあると思います。

そのような時には何度も何度も同じような言葉を繰り返し伝えたりするのは、場合によっては鬱陶しく感じられてしまう可能性がありますよね。

だからこそ相手に対して何度か同じようなことを伝える際には、枕詞に重ね重ねという言葉を使うことによって、印象を変えることができるようになります。

何度も同じ言葉をそのまま使われるよりも、重ね重ね~というように言われるほうがしっくりきますし、くどくなりません。

なので、相手に何度も同じような頼み事をする際には、「重ね重ねをお願い申し上げます」などのような表現をしてみると適切な言葉遣いを用いることができるはずです。

熱意を伝えるとき

次にご紹介する重ね重ねを使う場面としては「熱意を伝えるとき」が挙げられます。

なぜ熱意を伝える時に重ね重ねということを伝えるとかと言いますと、熱意があればあるほどそれを相手に伝える頻度が増してしまうからです。

熱意があればあるほど、当然ながら熱意があることをアピールしたり、訴えかけたりするようなことはありますよね。

あなたの周りにも、強い熱意を持って行動したり、仕事をしているような人がいませんか?

そのような人は総じて、熱意がない人と比べるとアピールなどが強かったりする傾向にあります。

しかしながらそのような人はきちんと礼節をわきまえた行動をとらないと、場合によっては失礼に該当してしまう場合もあります。

だからこそ、一方的な自分の熱意を伝えるだけではなく、熱意を伝える際には重ね重ねという言葉を使うことによって相手に対する礼節を感じさせることが大切になるのです。

一方的に自分の主張ばかりを伝えていると相手はうんざりしてしまいます。

しかしながら、重ね重ねという言葉を使うことによって相手に対して恐縮している気持ちを感じさせることができるようになります。

なので熱意を伝える際に、何度か同じような言葉を相手に投げかける際には重ね重ねという言葉を使うようにしてみてください。

注意をするとき

次にご紹介する重ね重ねを使う場面としては「注意をするとき」が挙げられます。

重ね重ねという言葉はどちらかと言えば相手に対してへりくだって使ったりするような場面が多い言葉でもあります。

しかしながらその反面相手に対して注意をしたりする場面でも用いる言葉でもあります。

具体的に該当する場面としては、相手に何度か同じような事を注意したことがある場面で用いることができる言葉だといえます。

例えば、以前から何度も同じことで注意をしている人がまた同じようなことをしでかした場合は、重ね重ねお伝えしましたが~というように警告の文章に組み込むことができます。

そして、重ね重ねという言葉を文章の中に入れ込むことによって、警告の意味合いを強めることができるようになります。

この世にしっかりと相手に対する警告に使う文言を変えることによって、まったく違う印象を相手に与えることができるようになります。

ちょっとした言葉遣いで工夫をすることができるということと、相手に対して警告をする際には重ね重ねという言葉が使えるということを覚えておきましょう。

同じことを言うとき

次にご紹介する重ね重ねを使う場面としては「同じことを言うとき」が挙げられます。

この点に関しては言葉の意味そのものだと言えますが、単純に相手に対して何度も同じような事を伝えたりする時には用いることができるといえます。

日常生活を過ごしていれば相手に何度か同じような事を伝えたり、たずねたりするようなことはあると思います。

例えば、複雑な問題に関しては一回聞いただけですぐに理解することはできませんし、重要だのことであれば何度も相手に対して伝えたりすることがあるはずです。

しかしながら何度も同じようなことを聞かれる立場に立って考えてみると、何度も同じようなことを聞かれるのは鬱陶しく感じたりしてしまいやすくなります。

それに対して何の工夫もなく、同じことを訪ねてしまった場合、あまり心象としては喜ばしくはありませんし、嫌な印象を持たれる可能性もあります。

なので、それを防ぐために同じことを何度も相手に対して言う時は重ね重ねという言葉を使うべきであるといえます。

この重ね重ねという言葉があるかないかというだけで全く言葉の印象が変わるようになります。

相手に対して同じことを聞いているな、と感じた場合は必ず枕詞に重ね重ねという言葉を組み込むようにしてみてください。

️「重ね重ね」の例文

ここまでは重ね重ねという言葉を使うことができる場面をいくつかご紹介していきました。

ある程度重ね重ねという言葉について理解いただけたところで、ここからは重ね重ねという言葉を使って表現することができる文章についてご紹介していきたいと思います。

言葉の意味は使うべき場面を知っていたとしても、どのようにして使えばいいのかということを理解していなければ間違った使い方によってしまいます。

特に重ね重ねという言葉は少し難しい言葉でもありますので、使い方に悩んでしまうこともあると思います。

なので、正しい使い方を例文からマスターし、間違った使い方をしないように意識してみてください。

例文1「重ね重ね厚くお礼申し上げます」

まず初めにご紹介する重ね重ねという言葉を使った例文は「重ね重ね厚くお礼申し上げます」という例文です。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと、単純にありがとうございましたという意味合いで用いられる言葉です。

しかしながらこの例文を使う場面としては、何度も相手に対してお礼を伝えている場面が該当しています。

またそれだけではなく、目上の人に対してかしこまった表現をしなければいけない場面で用いるべき言葉としても考えることができます。

具体的な場面としてはビジネスのシーンなどが該当しており、ビジネスの場面においては相手に対してお礼を伝えたりする場面がとにかく多いです。

ちょっとしたことでも相手に対してお礼の言葉を伝えたりすることが多く、とにかく礼節をわきまえた言葉遣いをすることで印象を良くする必要があります。

しかしながら、相手に対していつも同じようなお礼の言葉を伝えたりしていると、当然ながら相手もうっとうしく感じたり、重く感じたりすることもあると思います。

だからこそ、お礼の言葉を何度も伝えたりする場合には、ちょっとした工夫を凝らして、同じような言葉だと捉えられないようにすることも大切です。

なので、何度も相手にお礼を伝えたりする場合には、このようだ例文のようにちょっとした工夫を加えて相手に伝えるようにすれば効果的な使い方ができるはずです。

例文2「重ね重ね申し訳ございません」

次にご紹介する重ね重ねという言葉を使った例文は「重ね重ね申し訳ございません」という例文です。

この例文に関しては、どのような意味合いなのかと言いますと相手に対して謝罪の気持ちを伝えたりするときに用いる例文だと言えます。

相手に対して悪いことをした場合や、謝罪の気持ちを伝えたりする場面では申し訳ございませんという言葉を使うのが一般的です。

特にビジネスの場面においては申し訳ございませんという言葉を多く使うようになると思います。

それくらい申し訳ございませんという言葉は非常に利便性が高いですが、この言葉ひとつに頼りきりになってしまっては悪い印象に繋がってしまう可能性があります。

なぜならば、同じ表現方法になってしまいがちであり、いつも同じような言葉で謝罪をしていると思われるとかえって悪い印象につながってしまうからです。

だからこそ相手に対して謝罪の気持ちを強く伝えたり、それを感じさせたりするためにはちょっとした言葉の工夫が必要になります。

そのような場面においては申し訳ございませんという言葉の前に重ね重ねという言葉をつけることによって、より自分の謝罪の気持ちを相手に伝えることができるようになります。

相手に対して特に謝罪の気持ちを伝えたいと思った場面や、何度も同じ言葉を伝えてしまっていると自分自身で感じた場合はこの例文を使うようにしてみてください。

そうすることによって全く違った印象を与えながら謝罪の気持ちを伝えることができるようになるはずです。

例文3「重ね重ねのお願いでございますが」

次にご紹介する重ね重ねという言葉を使った例文は「重ね重ねのお願いでございますが」という例文です。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと、言葉通り相手に対して何かを依頼したりするときに用いる例文でもあります。

相手に対してより強くお願いをしたい場合は、何度も相手に対して依頼をしたりする場面があると思います。

しかしながら、一方的に何度も何度も依頼をしたりするという行為は、相手からすると鬱陶しく感じられてしまいやすくなります。

それは自分の印象を悪くしてしまったりすることに繋がるのであまり良いことではありませんよね。

なので相手に悪い印象を与えることを避けるために、重ね重ねのお願いではございますか~という形式で言葉を伝えると悪い印象を避けることができるようになります。

なぜならば、重ね重ねという言葉を使うことによって相手自身も何度も同じことを使っているという意識を持っているということを感じさせることができるからです。

それと同時にそれぐらいお願いしたいことなんだ、ということを気づかせてあげることもできますので、同時に様々な意味合いを持たせることができるようになります。

枕詞に一工夫配ることによってこのように全く意味合いが異なるようになりますので、基本的な重ね重ねという言葉で表現方法の一つとして覚えておくようにしてください。

例文4「重ね重ね恐縮ではございますが」

次にご紹介する重ね重ねという言葉を使った例文は「重ね重ね恐縮ではございますが」という例文です。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと、単純に相手に対して恐縮な気持ちを伝えたりする場面で用いることができます。

なぜ相手に対して恐縮な気持ちを伝える場面で用いるとかと言いますと、重ね重ねという言葉を使うことによって角が立たなくなるからです。

相手に対してへりくだって何度も何度も同じ言葉を使うのは相手にとっても印象が悪くなってしまいます。

同じ言葉で何度も恐縮されてしまうと相手からはうんざりしてしまいやすくなるので、悪い一緒に繋がってしまいやすくなるのです。

なので相手に対して恐縮したりする場面においては、重ね重ねという言葉を使うことによってちょっとした工夫を用いることができるようになります。

ビジネスの場面においてのへりくだって相手に対して言葉を使ったりする場面はいくつも存在しています。

なのでこのような表現方法があるということを理解しておけば、違った言葉の伝え方ができるようになりますので覚えておいてください。

例文5「重ね重ねお伝えいたしますが」

次にご紹介する重ね重ねという言葉を使った例文は「重ね重ねお伝えいたしますが」という例文です。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと、単純に相手に対して同じことを伝えているという意味で解釈できます。

この例文を用いることができる場面としては、同じことを相手に伝えている場面であれば全て用いることができるようになります。

重ね重ねということだとかなり基本的な例文の一つでもあり、どのような場面においても使用することができる言葉でもあります。

例えば先程ご紹介した相手に警告をしたりするような場面においても用いることができるようになります。

例えば、「重ね重ねお伝えいたしますができかねます」というような文章に直せば、断りの意味合いとして用いることができます。

また、「重ね重ね忠告いたしますが」というような使い方をすれば、何度も注意していますが~というような意味合いで用いることができます。

こうすることによって同じ言葉を伝えても、全くニュアンスを交えて話をすることができるようになりますので、違う表現をすることができる方法として使用してください。

️重ね重ねを正しく使おう

今回は重ね重ねという言葉をテーマにして、重ね重ねという言葉の意味合いや具体的な使い方についてご紹介してきました。

重ね重ねという言葉は理解しておけば様々なビジネスのシーンにおいて用いることができる非常に利便性が高い言葉です。

知っておけば、様々な表現方法で相手に言葉を伝えることができるようになります。

また、目上の人にも用いることができると肩がありますので、必ず早い段階で習得しておきたい言葉の一つでもあります。

基本的な意味を理解しておけばそこまで難しい言葉ではありませんので、この機会に重ね重ねという言葉を正しく理解し、正しく扱えるようにしてみてください。