人は生きていくうちに、様々なことを考えていたりしますよね。

例えば将来はどの様になるのだろう?という想像をしたり、この様になりたい!と夢を語るような人もいます。

どちらも生きていく上では大事なことですよね。

人というのは様々な考えや妄想といったことをしますが、夢が実現になるという確率はとても低いです。

ほんの一握りというような人が夢を叶えていますが、他の多くは挫折などをしてしまうものでもあります。

その際に挫折をしたからといって諦めている人は多いのではないでしょうか?生きる際に挫折などはつきもので、人生というのは楽もあれば苦もあります。

苦しいことだらけではなく、楽しいことというのも多いですよね。

そんな人生を今どの様に感じていますか?人によっては生きるのが辛いと思う人であったり、今が楽しい!昔は楽しかった!というような人もいるのではないかと思います。

そんな生きるための楽しみ、いわゆる醍醐味について今回はお話をしたいと思います。

今回は人生についてですが、人生に限らずいろいろな所で醍醐味というようなものがあると思います。

その人にしか解らないような本当の楽しさや深さ、様々なことがあるのではないかと思います。

醍醐味というのはその事を続けているからこそ味わえるものです。

皆さんが共通して楽しめるようなものというのは「人生」というものであったり、「食事」「睡眠」といったものも醍醐味の1つなのではないかと思います。

食事は楽しいという人が多いですよね。

その影響により食べ歩きというものや、三ツ星レストランなども流行っているのではないかと思います。

また、睡眠に関しても様々な工夫がされていますよね。

睡眠をする際に気をつけるべき事など、快適に眠るための商品なども多く出ています。

これは全て、その事に関して学んで行ったからこそ「どの様にすれば快適になるのか?満足をするのか?」というような考えが出るのではないかと思います。

興味が無ければこの様なことは出てこないですよね。

そんな興味なども全てこの「醍醐味」というものに入ってくるのではないかと思います。

醍醐味というのは感じることは人それぞれですが、それも個性だと思います。

しかしながら最近では人生の醍醐味を味わっていない人達も多く見受けられるのではないでしょうか?日頃の疲れやストレス、病気だからというような理由で人生が楽しくないという人もいるかもしれません。

ですが、生きていく上ではそれ以外にも楽しいことというのはたくさんあります!支えなどもあるでしょう。

1人で生きている訳ではないのです。

「もう人生は終わった…」というような考えの人もいるかもしれませんが、生きているうちは醍醐味というものを見つけ出すことができるのではないかと思います。

人生をもっと楽しんではみませんか?今回はそんな人生の醍醐味についてお話をしたいと思います。

皆さんはどの様に感じているのでしょうか?

生きるための楽しみ、ありますか?

生きるための楽しみというのは人それぞれだと思います。

例えば好きな物や事のためならば、何でもしてしまうというような人もいますよね。

お金が足りなければそれを稼ぐために仕事をして貯金をする、副業などを始めるという人もいるのではないかと思います。

その人にとってはその「好きな物や事」が生きる楽しみの1つになるのです。

少し難しいと感じる人もいるかもしれませんが、基本的に生きる楽しみというのは人の個性から表れるものが多いです。

例えばゲームが好きなのであれば、新作ゲームを買いたいという気持ちが強かったり、友達と遊びたいとなれば、外出をして友達と頻繁に遊ぶという人もいるでしょう。

その人達に共通することは、その全ての行動が「好き」という感情から出ているものです。

ゲームが嫌いであればゲームなんてしないですよね。

また友達と遊ぶことをあまりしない人であれば、1人で読書をしたり、趣味を楽しんでいることが多いと思います。

この様に生きる楽しみというのは人によっては違い、何が好きなのかで決まるものだとも思うのです。

そんな人生の醍醐味というのは「人生は楽しい!」と思わなくてはいけません。

「醍醐味」とは?

そもそも醍醐味というのはどの様な意味があるのでしょうか?趣味や興味とは少し違うような意味を持っていますよね。

簡単に言えば醍醐味というのは深い味わい、そして本当の楽しさというような意味があるのです。

例えばですが、好きでしている趣味ややっている事というのは人それぞれあると思いますよね?その際に「何故好きなのか?」と聞かれたら何て答えますか?これも人によって違うのではないかと思います。

例えば「何故音楽が好きなのか?」に対して「音楽無しでは生きていけない」というような人もいますよね。

これは決まり文句でもある言葉から取っているものでありますが、立派な理由になっていますよね。

他にも「聞くのが好きだから」というものや「歌うのが好きだから」というのも理由の1つです。

また「音楽はこうだから好きだ!」というような理由をしっかりと言える人もいますよね。

ここで問題なのが、醍醐味というものはどの答えに当てはまるのでしょうか?簡単に言えば趣味や好きな事、ものを更に深く、そして本当の楽しさというようなものが含まれている意味あいのあるものです。

ただ「好きだ」というような感情ではなく、「こうだから好きだ、こういうのでなければ…」というような深い拘りなども持っているような理由が醍醐味になるのではないかと思います。

この場合は「音楽無しでは生きていけない」というような意味が醍醐味の1つなのではないかとも思います。

理由を言えることは良いと思いますが、しかし「音楽無しでは」というような表現はよほど好きでないと言えないような言葉ですよね。

それほど深いという事を感じ取ることもできます。

この様なことも醍醐味と言うので覚えておきましょう。

深い味わい

醍醐味というのは深い味わいのことを言います。

例えばですがその物ごとに対して興味や関心を持つというのは人それぞれなのではないかと思います。

言うのであれば、その1つの事に関してどれだけ熱中させることができるのかという事にも繋がるのです。

人それぞれですが醍醐味というのは基本的に差があるものだとも思います。

人によっては醍醐味が違うという事になるのです。

「この醍醐味はコレだ!」というものは感性や感じ方によって違ってくるので、その基準となるものも当然分かれてくると思います。

先ほど言った「人それぞれ」というのはまさにこの事であり、感じ方などが一緒であれば全員が醍醐味を同じ様に感じてしまいます。

ですがそれだけでは面白みというものがありませんよね。

全員が同じ醍醐味になってしまうと、味わいというものも無くなってしまいます。

だからこそこの様な意味があるのではないかとも思うのです。

人によって違う感性というのは、共感をできれば更に深く掘り下げることもできるものだと思います。

それが趣味や興味関心だとも感じ取れるのではないでしょうか?深い味わいという意味があるからこそ、醍醐味というものが存在するのではないかと思います。

本当の楽しさ


本当の楽しさという意味もあるでしょう。

醍醐味というのは簡単に言えば趣味や興味関心に打ち込める楽しさがあるもの、と考えても良いかもしれません。

楽しさが無ければそれは醍醐味にならないという事です。

例えば仕事が良い例ですが、その仕事に関して嫌いな人と好きな人がいますよね。

その差というのはどの様なところからあるのでしょうか?言うのであれば仕事が楽しいかどうか、という事が鍵になります。

楽しい仕事であれば毎日行きたいと感じますし、何より辛いと思うことがあっても乗り越えれることができるのではないかと思います。

しかしながら仕事が嫌いとなればどうなるでしょうか?自分に合わないものとまず考え、そして他の仕事を探しに行くというような方法を取ったり、仕事を辞めたりという選択肢が出てきますよね。

最近ではこの仕事を辞めて他に移る「転職」というようなものが重視されています。

他の人には合っても自分には合わないというような仕事は多く存在しており、自分に見合ったものを探すというのはとても辛いものではないかとも思うのです。

しかしながら本当の楽しさというのは、その様なことがあってからこその醍醐味だとは思いませんか?

他の人には解らない、苦手だと思うような仕事も、自分にとってはこれが楽しいから続ける!というような人もいるかもしれませんよね。

本当の楽しさというのは自分自身でしか味わえないようなものであり、人の意見というのは基本的には参考程度までだという事です。

よく「仕事を実際にしてみてから決める」というような考えもあると思いますが、まさにその通りだとも思います。

本当の楽しさというのは実際にしてみてそう感じるのかどうかという事です。

今生きている事や今起こっている出来事、今この記事を見るという事も、楽しさに繋がるものがあれば醍醐味に変わっていくものなのではないかと思います。

生きるというのは人生の楽しさを味わうことができるチャンスでもあるという事です。

辛いことも多くありますが、人生というのは苦ばかりではありません。

楽もあり、悲しいという感情もあり、楽しいや嬉しいといった喜怒哀楽で成り立っています。

その様な生活から是非とも生きる楽しさ、醍醐味を味わって欲しいとも思うのです。

生きるって楽しい!人生の醍醐味を味わうためのコツ


ではそんな生きるって楽しい!と思うための人生の醍醐味というのはどの様なものがあるのでしょうか?例えば人生の醍醐味を味わうためのコツとしては様々なものがあります。

例えば人生を味わうためには準備というものが大事であり、生きることに疲れたとなれば必ず休息などを取ることも必要です。

人というのは常に動いてしまうとどうしても疲れてしまい、物事に気が入ることが少なくなってしまいます。

そのため、人というのは基本的に休憩をすることで体力や精神的にも回復をすることができるのではないかと思います。

また生きる上で大事なことは、どの様にするのかという具体的な目標を決めることも大事になります。

言うのであれば何も無い状態というのは行動をする意味が無いという事になってしまうので、生きる意味も無いのではないか?と考えてしまうことが多いです。

人というのは辛いことの1つには「暇がある」というような言葉があります。

これは人によりけりだと思いますが、暇な時間ほど時間が経つのが遅れて感じることが多いのではないでしょうか?また、暇が無い状態であれば逆に忙しいと感じますよね。

したい事が多くあるのに時間だけが過ぎていくというような状態になってしまいます。

そんな中でも生きるって楽しい!と思えるようなコツというものがあります。

人生の醍醐味を味わうためのコツというのはどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

人生を味わうためには準備が大事

人生を味わうためには準備が大事になるでしょう。

生きるためにはその準備となるものが大事になります。

例えばですが産まれてから直ぐというのは何もできない状態ですが、小学生頃の歳になればマナーというものを学んだり、勉強というものをしたりするのではないかと思います。

人生を味わうためには必要なことの1つですよね。

漢字が解らなければ読めないという事や、計算ができなければお金の管理などができないというような状態になるという事です。

人というのは必ず小学生を出て、中学生、高校生と進学をしていき、大学に行くのか就職をするのかで決まります。

その際に積み上げてきたものというのは、基礎的な知識と呼ばれるものです。

SPIであったりI一般常識というような形で問題を出す企業も多く、入社試験などではこのどちらかを見るために試験をするというような会社も多いのではないでしょうか?

人生というのは積み上げてきたものが、どこかで生かされることは間違いないです。

文章を読むという事でも、国語での理解力、漢字、考え方などこの様なものは全て「準備」があったからこそ考えられるものです。

人生というのは長いようで短いかもしれませんが、しっかりとした準備を大事にすることが大切になるでしょう。

疲れたら思いっきり息を吸って吐き出す

疲れというのは人それぞれで感じ方も違います。

例えばですが1kmを走った時に疲れる人とまだまだ走れるというような人がいますよね。

この差というのは体力の差が関係してくるのではないかと思います。

しかし、この様なはっきりと解るようなものだけではありません。

例えば仕事の疲れというのは人によって違いますし、どれくらい疲れているのかという事にも繋がります。

疲れすぎてしまいうつ病になってしまうというような人も多いですよね。

そうなってしまっては仕方が無いので、疲れたら思いっきり息を吸って吐き出すという事が大事になるのです。

これはいわゆる深呼吸というものですね。

深呼吸というのは息を大きく吸い、その息を吐き出すという行為ですが、ラジオ体操などでもよく使われていますよね。

ため息とは少し違います。

しかしこの行動こそが大事になってくるのです。

一度考えなおしたり、落ち着いたりするという時にはこの深呼吸というのはとても大事になります。

スポーツなどの場面でも多く使われることが多いですよね。

疲れたりしたら思いっきり吐き出すという事はとても大事なことなので、皆さんも適度にしてみてはいかがでしょうか?

「自立」と「自律」は違うもの

ここでよく「自立」と「自律」という言葉を耳にします。

いわゆる生きていくためには自立をしなければならない、というような時に、この言葉を使うのです。

読み方は両方「じりつ」ですが意味も少し似ていますよね。

しかしながらこの2つはよく見ると違ってくるものがあるのです。

それではこれがどういう意味になるのか更に詳しく見てみたいと思います。

皆さんはこの2つの「じりつ」の意味をしっかりと理解していますか?仮になんとなくで使っているという人は、もしかすると間違った使い方をしている可能性があるという事になります。

自立とは

自立という意味は独り立ちをするというような意味があります。

言うのであれば自立というのは1人で物事を行うというような意味です。

例えばですが社会人になると親元を離れて1人暮らしをしたりしますよね。

それはこの「自立」という言葉を使います。

基本的に1人で行動をする、他人の力を借りずともするような事をこちらの「自立」と言います。

この使い方をする人が基本的に多いですよね。

「自律」という言葉の方ではあまり使われないのに対して、こちらの「自立」というのはよく聞く言葉の1つです。

自律とは

対してこちらの「自律」という意味はどの様な意味があるのでしょうか?

こちらの自律という意味に関しては規律に従って行動をする、というような意味があります。

言うのであればこれも1人でするというような事ですが、少し「自立」という意味とは違う感じがあるのではないかと思います。

よくこの言葉を使う文章の中には「自律神経」というような言葉がありますよね。

この自律という意味は1人でするというようなものもありますが、基本的には「規律に従う」というような意味があります。

規律とは「人の行為の基準となるもの」というような意味合いがあるのです。

いわゆる常識に近いような事ですよね。

例えばですが、これに当たるものはマナーというものがあるのではないかと思います。

何かしてもらったら「ありがとう」、失敗をしたら「ごめんなさい」というような意味があるのではないかと尾思いますが、自律の方ではこの基準に従って行動をするというような意味があるのです。

自分を高めるために自立するのもアリ

そこで自分を高めるためにはどうすれば良いと思いますか?簡単に言えば人生をより楽しくするためにはどの様にすれば良いのかという事です。

この場合は自分を高めるためには「自立」をしても良いのではないかと思います。

基本的に大事な事は「自律」があってその後に「自立」していくというようなことです。

最初は学校で学んでいった知識などを社会に出て初めて1人立ちをするというような形になりますよね。

その後に更に高めたいという事になれば「自立」をするのも良いのではないかと思います。

ひとりでも、誰かと生活していても自律は大事

しかしながらここで大事な事はどんな事でも「自律」というものを忘れないという事です。

簡単に言えば1人で生活などをしていても、誰かと一緒にいても自律というものは大事になります。

更に簡単に言えば常識という事です。

この常識というのは、誰でもあるものであり、マナーにも繋がりますよね。

そこから外れているという人を非常識という風に言います。

最近のニュースなどではよくこの様なことも多く、自律などが無いような人達も多いですよね。

例えば良いことと悪いことの境をつけれないというような人も多いです。

良かれと思ってしている事でも相手にとっては迷惑なことにもなります。

親切心が逆に迷惑というような言葉もよく聞きますよね。

どんな事でも人というのはこの「自律」というものを忘れてはいけません。

覚えておきましょう!

時には自分を甘やかそう

人生を生きていく上で大事なことの1つには時には自分を甘やかすという事も大事になります。

これが醍醐味へと繋がるからです。

例えばですが、辛い仕事がやっと終わった!となった時に自分にご褒美としてあげるような人も多いですよね。

スイーツを買うという事や、美味しいものを食べに行く、遊ぶといった様々なご褒美を自分にあげるというような人は多いのではないかと思います。

この様な行為をした後というのは必ず「幸せだ」と感じる人が多いのではないかと思います。

基本的には自分を甘やかすというのは、少し悪いように思われてしまいがちですが、良いことなのです。

ずっと自分に甘いというような事が悪いという事であり、時々自分を甘やかすというような事は良いことなのです。

これは休息などを取っているという事でもあり、また辛いことでも乗り越えるというような事ができるのではないかと思います。

甘いもの?それとも浪費?

甘い物でも良いですし、浪費をするというような事も良いでしょう。

どんな事でも自分にとって甘やかすというような行為はそれほど「幸せ」に感じることなので、それが人生の醍醐味になっているというような人もいるかもしれません。

例えば仕事終わりの1杯のビールというのは美味しいと感じる人と美味しくないと感じる人がいますよね。

これは簡単に言えば味の好みなどにもよりますが、美味しいと感じる人というのはまさに人生の醍醐味を味わっているという事になるのです。

仕事がひと段落した後のビールというのはとてつもない程の美味しさを感じることが多いのではないかと思います。

特に社会人になってからこの味がわかるようになったというような人は多いのではないでしょうか?

もしものときの逃げ道をひとつだけ作る

もしものときの逃げ道をひとつだけ作るというような事も大事になります。

例えばですがどうしても辛い時は逃げてしまうこともあると思います。

嫌な上司といるという事や、誰かから悪口などを言われてしまうというような事もあるでしょう。

そんな状態で生活をするというのはとても嫌なことですよね。

しかしながら人の好みなどというのは人それぞれであり、嫌な人というのも人によって違います。

しかしながらどうしても辛い時というのはあると思います。

特に精神的な面ではくるものがあるという人もいるのではないでしょうか?

そんな時の逃げ道をひとつだけ作るようにすれば、癒されたり心が落ち着いたりするのではないかと思います。

いざとなったら籠る癒しの空間を

いざとなったら籠るようにすれば良いのです。

嫌なことを一切遮断するかのような空間を作るという事も大事になります。

仕事が嫌なのであれば、その情報を一切遮断して自分の癒しの空間を作るというような事もできるのではないでしょうか?

例えばですが趣味だけの部屋を作るというような事もできますよね。

マンガや小説などの本を置いたり、音楽をしているのであればギターやベースなども置いたりするというような事もできるのではないかと思います。

この様な空間というのはときには大事になってくるので覚えておくようにしましょう。

ふかふかのベッドがあれば最高

特にふかふかのベッドなどがあれば快適に眠ることもできますよね。

たまには仕事のことを忘れてこの様な生活をしてみても良いかもしれません。

よく働きすぎて欝になるというような人も多いですが、その様な人に関してはこのような空間というものが大事になります。

適度に取るという事が大切なのです。

日本は働きすぎな環境にもいるので、適度な休日やリフレッシュというものが必須になってきます。

覚えておくようにしましょう。

嫌なことでも楽しいと思えたらいい

人は生活をする時に嫌なことが多くあるのではないかと思います。

例えばどんな事もそうですが、喧嘩などをしたり怒られたりと嫌なことは多くありますよね。

特に人が抱えるものとしてあげられるのはストレスです。

ストレスというのは人によって様々なところでおきてしまいますが、嫌なことの代表と言っても良いでしょう。

それが積もりに積もって体調を崩したりしてしまうというような事にもなるのです。

そんなストレスなどを抱えないようにする1つの方法としては嫌なことも楽しい!と感じたら一番良いですよね。

簡単に言えばこのような経験もあるという事を思うことで、また人生を楽しく過ごすこともできるのです。

人によっては波乱万丈な人生を送るような人も多いです。

しかしなら、中には穏やかに過ごしてきたという人もいます。

それぞれの人生でも嫌なことと言うのは必ずありましたよね。

ですが今が楽しいのであればそれで良いのです!

先人の格言も生きる知恵

先人の格言も生きる知恵に繋がります。

今までの偉人の人達も有名な発言を残していますよね。

例えばですが芸能人である中川翔子さんは「人生3万日しかない」というような言葉を残していますよね。

これは平均寿命が80歳前後である事から、それを日数にした時の計算という事になりますが「3万日」と聞いて大きいと見るか小さいと見るか、皆さんはどちらだと思いますか?この言葉は人生をもっとどうやって生きようかと感じさせられる言葉だと思います。

今の生活を無駄にしていないか?何か改善することは無いか?というような様々な考えを思い浮かばせるようなものですよね。

またドイツの詩人でもあるゲーテは「自分自身を信じてみるだけでいい。

きっと生きる道が見えてくる」というような名言も残しています。

この様な言葉も生きる知恵となり、人生というものを考えさせてくれますよね。

哲学も参考になる

そんな中でも哲学も参考になる事が多いでしょう。

様々な人が本などでも出していますが、哲学などで見ると人生というものについて考えさせられるものが多くなってくるのではないかと思います。

明石家さんまの名言は必見

芸能人でもある明石家さんまさんは今でも笑いなどを取ってくれる楽しい人ですよね。

この明石家さんまさんも名言を数々と残しています。

例えば「頑張った人だけが、落ち込むことができる」というものや「優しさを持った人はそれ以上の悲しみを持っている」というような名言もありますよね。

この言葉の1つ1つのはちゃんとした意味があり、その意味が解ると人生というものはどの様なものなのかを考えさせてくれます。

この様な考えがある人だからこそ、人というのは喜怒哀楽という感情があるのではないかとも思うのです。

この様な名言を受けて人生を変えたという人も多くいるのではないかと思います。

これも人生の醍醐味の1つになるのではないでしょうか?

楽しいことは思いっきり楽しむ

楽しいことは思いっきり楽しむという事も大事です。

人生というのは先ほども言った通り長いようで短いというようなイメージがあるのではないかと思います。

しかしながら、人生を楽しむことができれば、とても楽しい毎日になりますよね。

楽しいことは思いっきり楽しむというのはとても大事なことであり、自分の趣味やその時間というのを思う存分に楽しむことで人生を醍醐味と感じるのではないかと思います。

言動は節度を持って

しかしながら言動などは節度を持ってすることが大切です。

言葉というのは行動を起こすための気力にも繋がりますが、相手を傷つけてしまう言葉にもなってしまいます。

言動というのは人を動かすことができるものであり、節度を持たなければ相手を怒らせたり、悲しませたりするのではないでしょうか?

心から信頼できる友人を大事にしよう

心から信頼できる友人を大事にするという事も大切になります。

友達というのは多くいるかもしれませんが、信頼できる友人というのは数多くいないものだとも思います。

心から信頼できるからこそ、人というのはお互いが支えあって生きていくことができるものです。

決して物やお金などでつるむというような事をせずに、相手のことを理解しているからこそできるようなものだと思います。

大人になってからも友人はできる

大人になってからも友人はできます。

もう出会いなどが無いと思っていても外に1歩出るだけで違うような人達と会うことができるのではないかと思います。

仮に今はいないという人も、何か見つけて探したりしてみてはいかがでしょうか?

人生というのは様々な出会いもあるからこそ醍醐味に感じられます。

大人になっても友人はできるので、是非探してみてください!

悔いの残らないように最後まで楽しむ

何より大事な事は悔いの残らないように最後まで楽しむという事です。

言うのであれば人生というのは先ほど言った3万日程度しかありません。

数にすると直ぐに感じますよね。

その時に悔いばかり残っていては人生を楽しんでいたとは限らないのではないでしょうか?大事なことは最後まで楽しむという事です。

どんな事でもそうですが、人というのはいずれは生きていくことができない状態になってしまいます。

どんどん技術が進み不老不死というような状態になれば良いかもしれませんが、それは何十年と先の話になるでしょう。

ずっと生きていくという事ができないので、悔いの残らないように最後まで楽しむことをオススメします。

生きるって素晴らしい!と感じられる最期を

人生の醍醐味についてお話をしましたが、人生というのは様々あるからこそ、楽しく感じれるものだと思いませんか?

そして楽しいことや幸せなことがあるからこそ、生きるって素晴らしいと感じられる人が多いのではないかと思うのです。

生きるというのはとても素晴らしいと最後には是非思うように生活をしてみてはいかがでしょうか?