「あれができない」「これができない」・・・だからってあなたは、本当にやりたいことにチャレンジするのをあきらめていませんか?

たしかに人間というのは不思議なことに“できる人”というのもいれば、“できない人”というのが存在するものです。

しかし、「出来ない」といって諦めてしまう人というのは、“出来る人”とは違って、その先に進むことができていないだけなんですよね。

つまり、今までなにかにつけてやりたいことややらねばならないことを諦めてきた人であっても“あきらめずにその先の一歩を進む”ことができるようになれば、今とは違った“出来る人”になることができるようになるんです。

あなたも本当は「できないできない」とつぶやいて、そんな自分に自己嫌悪を感じて何もできない自分に嫌気がさしているのではないでしょうか?

本当はもっとできる人になりたいのに、なることができずに悲しい思いをしているのではないでしょうか。

しかし、そのような思いをもっていても、人間は成長することができません。

ずばり、あなた自身が「出来る人になりたい」という気持ちの下で行動するしかないんですよね。

しかし、どのように行動していけば、どのようにしていけばいったいできる人になるんだろう…なんて疑問に感じていませんか?それがわかれば苦労しないですよね。

そんなあなたのために、この記事でば「出来る人になるためのアドバイス」をしています。

果たして、仕事が出来る人はどんな“マインド”をもって仕事に取り組んでいるのでしょうか?

そこに注目し、さらにその方法を真似することができればあなたも“出来る社会人”になることができるようになるんです。

この記事を読んで、あなたも“出来ない自分”を卒業し、“出来る自分”へ進化を遂げてみませんか?必ずあなたの“なにか”が変わっていくはずです。

出来ないからってあきらめていませんか?

あなたは今なにに悩んでいるのでしょうか?この世の中にはたくさんの人がいますから、すべての人の悩みが共通するということはないですよね。

とはいっても、根本的なところにたどっていくと“理由が同じ”ということがけっこうあるものです。

ずばり“自分が出来ないこと”に対して悩んでいる人が多いんですよね。

なかには、「仕事が出来ない自分」に悩み、ある人は「出来るようにならない自分」に悩み、なかには「なにをやってもうまくいかない、出来ない」ということに対して悩みを感じている人もいるくらいです。

あなたも、何らかの事が出来なくてそんな自分に悩んでしまっているのではないでしょうか?

そのようにできない状況が続いてしまうと、どうしても諦めたくなってしまうものです。

なかには、挑戦もせずに「出来ないだろう」と思うことによってあきらめてしまう人もいるものです。

そうではなくても、しっかりとチャレンジしたものの、“あと一息”のところでチャレンジするのをやめてしまう人もこの世の中にはたくさんいるんです。

とはいえ、この世界には物事を成功させることができる人もいれば、そのようにできない人もいますよね。

その違いってなんなんだと思いますか?

この答えは、人によって帰ってくるものが全く違うもモノです。

しかし、多くの人がこう答えるんですよね。

「才能の違い」と。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

たしかにこの世界には、一握りしかいないような“天才”と呼ばれる人もいます。

でもこのような言葉もあるんですよね「1%の才能よりも99%の努力」という言葉。

才能がいくらあっても、それを生かすことができない人がたくさんいるということになります。

そう、あなたは天才でもないし、人よりも才能がないかもしれません。

それを理由に、「自分にはどうせ出来ないから」なんて嘆いていては、本当は少しの努力で出来るようになったことであっても、それができなくなってしまうんです。

つまり、「出来ない」と嘆いている人というのは“自らチャンスを捨てている”ということになります。

「でも、自分はいくら挑戦しても出来なかったんだ」「そんなこといったって、できないものはできないんだよ!」なんて言い張る方もいらっしゃることでしょう。

それこそ、その考えこそが“NG”なんです。

できないからといって、すぐにあきらめないこと。

それに長い間挑戦したのに出来なかったとしても、それでも諦めないことなんです。

そのものを叶えるためにすべき方法、できる方法というのはほかにもあるはずなんですから。

仕事が出来ない…それを出来るに変えよう!

「出来ない」と悩んでいる人の中には、生きていくためには必要なものである“仕事ができない”と悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。

あなたはどうでしょうか?最近、仕事はうまくいっていますか?

今はうまくいっていないけれども、少し前だったらうまくいっていたのに…なんていう方もおられるのではないでしょうか。

とはいえ、「仕事ができない」というと社会のなかでは―会社の他の人からは―「言い訳をしている」「逃げようとしている」なんて否定的な目線で見られてしまうものなんですよね。

とはいえ、できないものはできない、だから逃げるしかないし、もうやりたい気持ちさえも怒らなくなってしまった、という方もおられるのではないでしょうか。

しかし、そのように「仕事が出来ない」といくらたっても言い訳をしていたとしても、その状況を変えることはできません。

良い方向にいくことはないでしょう。

たしかに“棚から牡丹餅”方式のように、ある日突然なにかが舞い降りたかのように仕事ができる人間になることもあるかもしれませんが、それってすべての人に当てはまるということではないですよね。

つまり、「出来ない自分を変えられるのは自分だけ」なんです。

これまで、なにかにつけて親に何かを援助してもらったり、誰かに助けてもらうことが当たり前だった人にとっては、それが信じられないと感じるでしょう。

だって、これまでは「だれかができるような状況を作り出していてくれた」のであり、それが“当たり前”だったからです。

しかし、大人になっていつまでもそんなあまったれたことはいっていられません。

どんな人でもいつかは”自立”し、自分で何でもできるような人になっておかなくてはいけないからなんです。

そんなときに多くの人がぶつかるのが”出来ないこと”なんですよね。

特に社会に出て仕事をするようになると、”出来ない自分”に気づかされるような機会が増えるようになります。

つまり、”できない自分”を受け入れざるを得ない状況になってしまうんですよね。

そのようにしないためには、どんな仕事に出会っても―たとえ時分ができないと感じていても―その仕事を「出来る」に変えていかなくてはいけません。

そう、あなたは努力したり、ちょっとした工夫をすることによって「出来ないを出来るに変えることができる」ということなんです。

でもどうしたらいいのかわからないから、これまであきらめてしまったんですよね。

もう二度とそのようなことが起きないように、この記事では「出来る人のマインド」をご紹介しています。

「できる人」といのは、いったいどんなことを考えているのでしょうか?どのように問題に対処しているのでしょうか?そのようなできる人からいろいろと学んでいくことにしましょう。

仕事が出来る人になる10個のマインド


あなたは、おそらく今まさに「仕事ができないこと」に悩みを抱えているのでしょう。

そうではありませんか?

人によっては仕事だけではなく、あらゆる面において「出来ないこと」が多すぎて”自分の存在する意味なんてないのではないか”なんていうくらいまでに自分を追い込んでしまっている方もおられるかもしれません。

たしかに周りに人がスイスイとこなしているようなことを自分だけができなかったり、自分ができなさすぎて周りの人の足をひっぱったり、さらには周りの人の気持ちをイライラさせるようなことがあるとそのように感じてしまうものですよね。

かといって、仕事が出来る人になれる気もしないし、なれるわけもない。

なんて自分を”卑下”してしまっていませんか?いいえ。

あなたは、そんなに自分を卑下する必要はないんです。

今できないのは”ちょっとしたポイント”をおさえていないからだけ。

そう、あなたも「仕事が出来る人」を見習うことができれば、確実に”仕事ができる人”に変身することができるようになるんです。

でも、実際にどのようなことをすればいいのかわからないし、実際に”仕事ができる人”を目の前にしてしまうと「自分とは生きる世界が違う人」のような気がしてアドバイスを頂戴することもできない…という方もおられることでしょう。

そのような方、また「で仕事が出来る人になりたい」と心から強く願っている人のために、ここでは「仕事が出来る人になるための10個の考え方」をお伝えしています。

この以下の10個の考え方を取り入れることによって、あなたも必ず「仕事が出来る人」に代わることができるようになるはずです。

1.失敗を活かす

あなたは、どうして「できない」と思うようになってしまったのでしょうか?

なかには、挑戦する前からイメージトレーニングをしている最中に失敗をしてしまって、そのために「現実でも絶対に失敗するに違いない」なんて思って挑戦しなくなってしまう人もいますね。

しかし、大半の人はそこを乗り越えとりあえずチャレンジしているかと思います。

そんなときに、自分が想像もしていなかったような失敗の仕方をしてしまったり、とても恥ずかしい気持ちとともに失敗をしてしまうと「もう出来ない」「もうやりたくない」と思うようになりますよね。

そんなとき、これからは”失敗を活かす”ようにしましょう。

前向きに捉える

失敗を活かすといっても、一度失敗したのだからまた次も失敗するに決まっている!そのように考えていませんか?いいえ。

そうではありません。

あなたが今回失敗してしまったのは、なんらかの理由があるはずなんですよね。

そのなんらかの理由をしっかり研究してください。

もしかしたら初歩的なミスをしているのが原因で大きな失敗を招いてしまっているのかもしれません。

「失敗は成功のモト」なんて言葉があるように、失敗したからといっていちいち落ち込まないこと。

まずは、「次はここでこれを気を付けるぞ!」なんて前向きにとらえるようにしてください。

失敗したということは、まだまだのびしろがあるということでもあるのですから。

切り替えをしっかり

人は失敗をしてしまうと、どうしても底なしの沼にはまったかのようにズドーンとした気持ちになってしまうものです。

あなたもそのような気持ちに陥ってしまっているのではありませんか?しかし、そのような気持ちでいても状況は変わらないですよね。

失敗をして落ち込むのはいいですよ。

でも、いつまでもその沼の中に浸ろうとしないでください。

そこから抜け出す、次はどこで気を付けるなんていうのを考えながら、気持ちの切り替えをしっかり行ってください。

その気持ちの切り替えをするだけでも、次回にまた失敗を引きづる可能性は多いに低くなるのですから。

常に挑戦する

一度でも失敗してしまうともう何もやる気がなくなってしまう人がいます。

しかし、仕事ができる人というのは”チャレンジすること”を絶対にやめません。

何度でもトライをし、そこで毎回得られる教訓(失敗から学べる事)を活かし、どんどんステップアップと成長を繰り返していくんです。

そうすることによって、最初の段階では達することのできなかったレベルまで上がることができるので、”出来る人”に変わっていくんですよね。

そう、今は仕事が出来る人であっても、一昔前まではあなたのように出来損ないの人だったんです。

そこであきらめないことによって、どんどん自分を成長させることができたんですね。

つまり、できる人になるためには”常に挑戦する”ことがとても大事になるということになります。

失敗してもいいです。

まずは”挑戦する自分”になれるようにしてみましょう。

2.仕事が丁寧


あなたの周りにいる「仕事が出来る人」って、あなたの仕事に比べるとどこか”丁寧な仕事”をしているように見えるのではないでしょうか。

あなた自身も丁寧な仕事を心掛けているのでしょうが、それでもやはり”仕事が出来る人”というのは、ほかの人と仕上げる仕事のレベルが異なっているんですよね。

仕事を丁寧に行っているということは、その問題にしっかりと向き合っているということになります。

要するに、何か問題が発生していたりするのであれば、すぐにそれに気づくことができる状態にしているってことになるんです。

つまり、”丁寧だからこそ失敗しないで済む”というサイクルを作り出すことができています。

何事も一生懸命

とはいっても、丁寧に仕事がしたいけれどこれから着手するような仕事が多いために、ひとつひとつ丁寧に取り組んでいる場合でないんだよね、という方もおられるのではないでしょうか。

たしかのひとつひとつを丁寧にやっている場合ではないかもしれません。

しかし、どんなときでも丁寧に取り組んでおくことによって、失敗をしないような”ミス”などを早い段階で見つけることができるようになるんです。

それに、そのようにミスを発見できるというのは、ひとつひとつの仕事に対して一生懸命に取り組んでいるという証拠でもありますよね。

また、そのように一生懸命に物事に取り組むことによって、周りからの邪魔などに左右されずに”自分の可能性”を出し切ることができるようになるものです。

あなたは、どこかで手を抜いていませんか?そりゃあて見抜きしたくなる時もあるでしょう。

しかし、手抜きをしてしまうと一生懸命に取り組むことができておらず、いつまでたっても今のレベルから成長するようなことはありません。

まずは、1度だけでも仕事に一生懸命に取り組んでみてはいかがでしょうか。

あなたの仕事に対する意識が変わっていくはずです。