あなたは学歴は大事な要素だと思いますか?

いきなり聞かれてびっくりするかもしれませんが、学歴は一般的に大多数の人が大切だと考えている要素です。

なぜならば、学歴が良いということは、様々な面において多大なるメリットを与えてくれるようになるからです。

もちろん、学歴がすべてというわけではありませんし、人によっては学歴なんて全く意味がないものだと考えている人もいます。

しかしながら、それは学歴による影響を受けない人間が感じることであり、一般的には学歴による影響を受ける人のほうが圧倒的に多いといえます。

そこで、今回は学歴に関するテーマとして、学歴ロンダリングという言葉についてご紹介していきたいと思います。

また、学歴ロンダリングのメリットやデメリット、そして学歴ロンダリングを行う人の特徴などについても触れていきたいと思います。

学歴ロンダリングについて知り、今一度学歴の重要さ、学歴はどういう影響を与えるのかということについて確認してみてください。

学歴ロンダリングについて知ろう!

そもそも学歴ロンダリングという言葉を聞いたことがありますか?

おそらく人によって全く聞いたことがない言葉だと感じる人もいると思います。

そして、人によってはロンダリングという言葉からマネーロンダリングという言葉を連想したりする人もいると思います。

この学歴ロンダリングという言葉は、マネーロンダリングという言葉と若干似ている言葉でもあり、なおかつ明確に違う一面なども持っています。

とにかくややこしい言葉ではありますが、知っておけば非常に役に立つ手法だととらえることもできます。

なので、学歴ロンダリングという言葉を知らないのであれば、この機会に学歴ロンダリングがどのような意味を持っているのか知ってみてください。

学歴ロンダリングとは?

学歴ロンダリングとはどのような意味合いの言葉なのかと言いますと、簡単に言えば学歴を良くするための手法だといえます。

そもそもの意味合いとしては「大学院試験時に自身の卒業大学の大学院ではなく、高偏差値の大学院試験を受けてそこに入学すること」を意味しています。

少し意味が難しいので、わかるように簡単に意味を分解していきたいと思います。

そもそも私たちが生きている社会に関しては、学歴による影響を強く受けていると考えられます。

なぜならば、一般的に考えて良い会社、つまり一流企業に就職するためには良い学歴を取得する必要性があると考えられるからです。

もしも一流企業に努めれば、賃金も高い場合が多く、なおかつコンプライアンスもしっかりしている会社である可能性が高くなります。

そうすれば、自分自身の将来がある程度約束される可能性が高くなりますし、地位もそれなりにあれば周りから一目置かれるようになります。

しかしながら、一流企業に入るためにはそれなりに優秀な人間でなければ入ることができないのは言うまでもありません。

しかし、企業にとってみても優秀な人間かどうかを見極めるためには長い時間がかかりますし、手間もかかってしまいます。

なので優秀な人間を得る確率を上げ、かつ手間がかからないようにするには、それなりに高い学歴を持っている人間だけを面接するのが効率が良い方法になります。

つまり、結果的に学歴が高い人は一流企業に入りやすく、入るためには学歴が必要である、なので学歴はとても大事であるということになります。

誰しもが良い会社に就職し、安定した生活を得たいと思っているのは当たり前のことですよね。

だからこそ、学歴ロンダリングを使い、自身の学歴を上げて、少しでも魅力的な人材であると判断してもらえるように工夫する、という思考になるのです。

最終学歴を上げるための進学

自分自身でビジネスを展開したりしない限り、会社に就職する以上はそれなりに学歴の影響を受けるということをお伝えいたしました。

だからこそ、たくさんの人が学歴ロンダリングを使い、自分自身の学歴をよく見せようと努力をしているともお伝えいたしました。

では、そもそもの学歴ロンダリングという言葉の意味合いについて簡単にご紹介していきたいと思います。

そもそも学歴ロンダリングは「大学院試験時に自身の卒業大学の大学院ではなく、高偏差値の大学院試験を受けてそこに入学すること」という意味です。

つまり、最終学歴を良い大学にし、良い大学を卒業したという印象を周りにもってもらうように工夫することを意味しています。

当然ながら、無名の大学を卒業しているよりも、有名な大学を卒業しているほうが印象はよくなることは言うまでもありませんよね。

経歴に弱い人などは意外と多く、経歴がすごいからすごい人なんだ、というような固定概念にとらわれてしまうことなどは意外と多く存在します。

例えば、東京大学を卒業した、という経歴があればそれだけですごい人だ、というような印象をもってしまいませんか?

また、学歴があれば履歴書に記載することができるようになりますので、大いにプラスの効果を与えてくれるようになります。

だからこそ、就職にも有利になったり、印象操作などに活用されたりすることが多く、有効な一つの手段として確立されているといえるのです。

学歴ロンダリングの具体例

学歴ロンダリングの意味合いについて簡単にご紹介してきましたが、ここからは学歴ロンダリングの具体例についてご紹介していきたいと思います。

まずはじめに、そもそも優秀な大学に入学するということに関しては全く悪いことではありませんし、当たり前の考え方になります。

しかしながら、学歴ロンダリングという言葉はそれとは若干異なっている行動になります。

そもそも大学院に入る際には、一般的には研究の内容であったり様々な要素を考慮して進学先を選んだりすることが基本的な考え方になります。

何を突き詰めたいのかということを考えた上でどのような学校に入学し、何を研究するのか、という手順で決めることが多いからです。

しかしながら、学歴ロンダリングに関しては学歴のみを考えているので、研究の内容などはまったく考慮していない場合がほとんどです。

なので、結論として有名な大学の人気のない研究室に入るように狙えば、必要最低限の努力だけで高学歴を取得することができるようになります。

これが学歴ロンダリングの具体的な例であり、少しずるいという印象につながる理由になります。

実力がなかったとしても、大学院に入って卒業さえすれば、一応その大学を卒業したとは周りに言うことができます。

なので、人気がなくても、目的がなくても、有名大学に入れさえすればそれでいいという考え方が主になるのです。

留学も学歴ロンダリングの一種


学歴ロンダリングの具体例を考える上で、もう一つ挙げられる手法として留学をするという方法が存在しています。

これはどういうことかといいますと、その意味の通り留学をすることによって留学先の大学を卒業したという風に記載することを意味しています。

もちろん、大前提として留学をしてその学校を卒業するということは非常に魅力的なことでもありますし、素晴らしいことです。

しかしながら、学歴ロンダリングのためだけを考えるならば、いくらでも形だけ取り繕うことは可能なのです。

例えば、いわゆる低偏差値の大学に在籍していたとして、このままでは学歴がないので面接で不利だと考えたとします。

そこで、外国にあるそれらしい名前の大学に留学することで、その学校に留学した経歴を作り、すごい経歴を持っていると飾りたてることができるのです。

例えば、サンアグスティン大学に留学したといえば、なんとなくすごい大学に留学していたという印象を与えられませんか?

しかしながら、この大学はフィリピンにある低学歴大学であり、だれでもはいれる大学なのです。

このように、名前だけで実際は中身を伴わない大学などに1年でも留学すれば、留学経験があるという風に履歴書上はみなされるのです。

また、それらしい名前を書いておけば、それだけで高学歴であると勝手に判断されてしまったりするケースもあります。

もちろん、真剣に語学勉強を行えば、それなりに経験やスキルは身に着けられるはずですし、それは名前だけではなく、きちんとした留学経験になります。

ただ、あくまで学歴ロンダリングだけを考えているのであれば、こういった形だけの結果を手にすることもできるということを理解しておいてください。

学歴ロンダリングをする人の特徴

ここまでは学歴ロンダリングの手法についていくつかご紹介してきました。

ある程度、学歴ロンダリングの手法や目的について理解いただけたところで、ここからは学歴ロンダリングを行う人の特徴についてご紹介していきます。

あなたの周りにも学歴ロンダリングを行おうとしている人、もしくは実際に行っている人を見かけたことがありませんか?

そのような人たちには、ある程度の共通した特徴や考え方が存在しているはずです。

これからご紹介する項目をそれぞれ確認していただければ、必ず当てはまる項目が一つは存在するはずなので、確認してみてください。

学歴に非常にこだわりがある

まず初めにご紹介する学歴ロンダリングをする人の特徴としては「学歴に非常にこだわりがある」ということが挙げられます。

これはどういうことかといいますと、そもそも学歴ロンダリングを行う人が自分の学歴に対して一定数のこだわりが存在していると言えます。

なぜならば、学歴ロンダリングを行っている時点で自分の確率を良く見せようとする行動を行っているということになりますよね。

つまり、自分の学歴をよく見せるということに対してこだわりが存在しているからこそ学歴ロンダリングを行っているという結論につながります。

自分の学歴がどのような学歴であったとしても問題はないと思っている人は、あえて学歴ロンダリングを行ったりするはずがありませんよね。

必ず学歴ロンダリングを行う人は、学歴にこだわりがあり、学歴をよく見せることに対して充実感を得ている可能性が高いです。

なので、学歴にこだわりがある人ほどそれをよく見せようとすることが多いので、学歴ロンダリングをする人の特徴として考えることができます。

しかしながら、先ほど伝えしたとおり学歴をよくするということは悪いことではありません。

事実としてよい学歴の人が良い就職先が見つかりやすくなりますので、たとえ形だけだったとしても学歴をよく見せることには大きなメリットがあります。

なので、中身を伴わない学歴はデメリットにもつながる可能性もありますが、メリットもあるということを十分に理解してください。

コンプレックスを感じやすい


次にご紹介する学歴ロンダリングをする人の特徴としては「コンプレックスを感じやすい」ということが挙げられます。

なぜ学歴ロンダリングをする人はコンプレックスを感じやすい人なのかと考えてみると、すでに大きなコンプレックスを感じていることが明らかだからです。

そもそも、学歴ロンダリングを行う意味を考えてみると、自分の学歴をよく見せようとしていることが考えられます。

つまり、今の自分の学歴に対して満足していない、もしくはそれを恥ずかしいと思っていたり、コンプレックスに感じている可能性が高いからです。

逆に、自分の今の学歴何とも思わない人なのであれば、自分の学歴をこれ以上良く見せようとしたりする努力を行ったりするわけがありませんよね。

自分の学歴をよく見せようと学歴ロンダリングを行う人は周りからの視線や感じ方などを強く意識している人が多いです。

なので、結果的にもともとコンプレックスを感じやすい人ほど学歴コンプレックスにもなりやすく、学歴ロンダリングを行いがちであると考えることができます。

プライドが高い

次にご紹介する学歴ロンダリングをする人の特徴としては「プライドが高い」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそもプライドが高い人は自分自身が周りの人に対して負けることを嫌う傾向があります。

なぜならば、プライドが高い人が自分が負けたり間違っていたりすることを素直に認めることができない特徴を持っているからです。

なので、当然ながら学歴に関しても周りよりも劣っているということを良しと考えず、少しでも学歴をよく見せようと必死になることがとても多いです。

なので、学歴ロンダリングをする人はプライドが高いという特徴を兼ね備えているといえます。

【プライドが高い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

周囲の人の目を気にする

次にご紹介する学歴ロンダリングをする人の特徴としては「周囲の人の目を気にする」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそも学歴を気にする人は周囲の目を気にしすぎている人だといえるからです。

例えば、学歴に対してコンプレックスを持っている人は、自分の学歴を周りの人と比べてしまっていたり、周りの人の反応を伺いすぎている一面を持っています。

自分の学歴は周りよりも低いのではないか、自分の学歴を見られて周りの人にバカにされるのではないか、というような心配を常に持っている可能性があります。

だからこそ、少しでも自分の学歴をよく見せようと考えて、学歴ロンダリングという方法を選択する人がとても多いのです。

なので、学歴ロンダリングをする人の特徴としては周囲の人の目を必要以上に気にしすぎている一面があると考えることができます。

ブランド名にこだわる

次にご紹介する学歴ロンダリングをする人の特徴としては「ブランド名にこだわる」ということが挙げられます。

一般的に考えて学歴ロンダリングを行う人は有名な大学を卒業したというブランドを手にしたいという考え方を持っている人がとても多いです。

また、学歴ロンダリングを行う人は自分がどのような経験をするのかということではなく、どのようなブランドを身に付けられるのかということを第一に考えています。

なので結果的に学歴ロンダリングを行う人はブランド名ばかりを気にしすぎている考え方をしているといえます。

もちろんブランド名も大事であり、ブランド名によってまったく周囲に与える印象などは異なるようになります。

しかしながら、ブランド名だけがあったとしても、中身が伴っていないと全くもって意味がありません。

学歴ロンダリングも大事ですが、中身を養うことも同じくらい大切なことであるということを十二分に理解しておく必要性があります。

意外と多い、学歴ロンダリングをしている人

学歴ロンダリングを行っている人が想像以上にたくさんの人が存在していると言えます。

言い換えてみればそれぐらい学歴というものは大切なものであり、学歴によって人生が変わる可能性を秘めているとも言えます。

しかしながら、先ほどもお伝えした通り、学歴は大事ですが、学歴と同じくらい中身も大切であるということを理解しておかなければいけません。

なぜならば、学歴ロンダリングを行っている人の中には、留学をしていても全く語学などを習得していないような人はざらに存在しています。

確かに最終学歴をよく見せることは可能かもしれませんが、企業がそこから何を求めているのかという本質的な部分を十分に理解していないと痛い目を見てしまう可能性もあります。

例えば、外国に留学をしているということは企業からしてみれば留学した国の言葉を喋ることができるということを必然的に連想するはずです。

つまり、留学をしていることに対して期待をしているのではなく、留学して語学を学んでいるため、そのスキルを活用してくれることに対して期待されているということになりますよね。

しかし、結果的に経歴だけで、スキルがないとなると期待度も大きく下がってしまいますし、魅力が全く感じられなくなってしまいます。

なので、最終的には学歴ロンダリングは見た目を取り繕ってくれるだけであり、中身を身に着けるということはまた別で必要なことになるということです。

これを理解した上で、学歴ロンダリングを行わないと必ず困ってしまう事態が発生してしまうので、注意が必要です。

学歴ロンダリングのメリット3個

ここまでは学歴ロンダリングを行う人の特徴についていくつかご紹介してきました。

ある程度学歴ロンダリングを行う人の特徴について理解いただけたところで、ここからは学歴ロンダリングのメリットの部分についてご紹介していきたいと思います。

学歴ロンダリングを行うということは一見すると悪いことだったり、ずるい印象を持ったりすることがあります。

しかしながら、学歴ロンダリングが悪い行為なのかと言われると決してそうではありません。

むしろ、上手に活用することができればとても大きなメリット与えてくれる行いになるといえます。

なので、学歴ロンダリングを行うメリットを理解し、必要であれば学歴ロンダリングという選択肢も存在するということを改めて考えてみてください。

周囲からの評価が上がる

まずはじめにご紹介する学歴ロンダリングを行うメリットとしては「周囲からの評価が上がる」ということが挙げられます。

これはなぜなのかと言いますと、学歴ロンダリングを行うということは、最終的に自分の学歴をよく見せることができるというメリットを得ることができます。

つまり、最終学歴を良くすることができれば、必然的に自分自身の評価を簡単に高めることができるということにつながるからです。

例えば、あなたの周りの人に対して学歴を聞いたりするときにどのように相手の学歴を聞くのか考えてみてください。

大抵の場合学歴を聞いたりする場合は、最終学歴のみを問うことが多いはずです。

学歴を聞かれて卒業した高校などを答えたりするケースなどはあまりありませんよね。

つまり、最終学歴さえ良ければ、それまでの過程などは聞かれずに、最終学歴だけがクローズアップされるケースがとても多いのです。

なので、学歴ロンダリングを行うことによって簡単に周囲からの評価が上がるというメリットを得ることができるようになるのです。

難関校でも大学院は意外と入りやすい

次にご紹介する学歴ロンダリングを行うメリットとしては「難関校でも大学院は意外と入りやすい」ということが挙げられます。

あまり大学に関して詳しくない人からしてみると、大学院の方が高度な内容などを学習したりするイメージを持っている人が多いと思います。

しかしながら、現実として大学院入試は大学入試よりも簡単だという事実が存在しています。

当然ながら大学であったり選考内容や入試の内容によっても全く変わる可能性がありますが、一般的には大学院のほうが大学よりも入りやすい傾向があります。

なぜかというと、理由としてはまず大学院入試は入試科目数が少ないという特徴が存在しています。

また、大学入試と違って大学院入試はそもそも倍率などが低い傾向がありますので、難関大学においても定員を満たさない研究室が存在していることもザラにあります。

さらに、大学入試の試験内容は決まった答えがない場合があり、答えの幅が広い、もしくは自分で組み立て答える形式などが多く存在します。

なので、結果的に大学入試よりも大学院入試のほうがはるかに内容が簡単であり、受かる可能性が高いといえるのです。

場合によっては有名大学でも合格できる可能性などもありますので、最低限の努力で良い学歴を得ることができるメリットがあるのです。

就職に有利になる

次にご紹介する学歴ロンダリングを行うメリットとしては「就職に有利になる」ということが挙げられます。

これはどういうことかといいますと、非常に簡単な答えですが良い学歴を持っている人はそれだけで第三者から見てみれば優れている人物であると判断されやすくなるからです。

例えば、相手の事を全く知らない状態で相手の学歴だけを見て物事を判断してみると、当然ながら良い学歴を持っている人の方が優れている人物であるという印象が強くなります。

名前も知らない大学を出ているよりも、東京大学の大学院を卒業している人のほうがそれだけで優秀に見えますし、期待もしてしまうのは当たり前の話なのです。

もちろん、大前提として中身が伴っていなければ優れた人物であるという本当の評価を得ることはできません。

しかしながら、優秀な学歴を持っていればそれだけで目に止まりますし、最終的に就職を有利にする後押しをしてくれる効果は十分に期待できます。

なので、学歴ロンダリングを行うメリットとしては就職に有利になる可能性があるといえるのです。

学歴ロンダリングのデメリット3個

ここまでは学歴ロンダリング行うメリットについていくつかご紹介していきました。

メリットを理解いただけたところで、ここからはその反対であるデメリットについていくつかご紹介していきたいと思います。

確かに学歴ロンダリングは見方を変えるととても素晴らしい方法ではありますが、場合によってはそれが大きなデメリットになってしまう危険性も持っています。

なので、なぜデメリットが発生してしまうのかということを考えてみると、それを防ぐヒントを得ることができるようにもなりますので、幅広い見方でデメリットを確認してみてください。

ブランド名が欲しいだけの人と思われる

まず初めにご紹介する学歴ロンダリングのデメリットとして「ブランド名が欲しいだけの人と思われる」ということが挙げられます。

そもそも学歴ロンダリングを行っている人に関しては、最終学歴だけが良くなっており、それまでの過程などはあまり良い学歴だといえない場合がほとんどだといえます。

なので、あまりにも最後だけよかった場合は、学歴ロンダリングを行っていることが見え見えになってしまい、簡単に見破られてしまう場合があります。

なので、学歴ロンダリングを行っていると、それが分かった場合にブランド名が欲しいだけの人だと思われる傾向があります。

中身が伴っていないと、さらに見栄を張る人物であると判断されてしまいやすくなるので、場合によっては学歴ロンダリングが裏目に出てしまうこともあるので、注意が必要です。

学歴だけが目的だと入学後の勉強が辛い

次にご紹介する学歴ロンダリングのデメリットとして「学歴だけが目的だと入学後の勉強が辛い」ということが挙げられます。

これはどういうことかというと、仮に学歴ロンダリングを行って有名な大学に入ることができたとしても、当然ながら入るだけでは目的は達成されません。

なぜならば、その大学院を卒業することによって初めてその大学を卒業したと認定されるようになります。

つまり、入るだけでは全く意味がなく入った後もそれなりに努力を行って、学校を卒業するところまで継続しなければいけないということになります。

この継続が場合によってがとても大変であり、これまでに楽をしてきた人からしてみれば大きな努力を行わないといけない可能性などもあります。

また、学歴だけを考えている場合、自分が興味ある事を勉強したいわけではないので、学習がとてつもなくつらいものになることが予想されます。

なので、入学後の勉強を見据えておかないと、後から大変なことになるというデメリットも存在することを忘れないようにしてください。

実力が伴わないので評価されない

次にご紹介する学歴ロンダリングのデメリットとして「実力が伴わないので評価されない」ということが挙げられます。

学歴ロンダリングを行えば当然ながら場合によっては大きな魅力がある学歴を手にすることができるようになります。

そしてその学歴を武器にして、魅力的な就職先が決まるようなことなども当然考えられます。

しかしながら、仮に入社できたとしても、学歴ロンダリングを行って入った場合、想像以上に過酷な未来が待っている可能性があります。

そもそも、有名な就職先に関しては優れた人間が集まっている場所であると言い換えることができるので、優秀な人がたくさん存在する場合がほとんどです。

つまり、エリートが集まっているということになるので、当然求められる実力も非常に高い実力を求められるようになります。

しかし、学歴ロンダリングを行っている人は中身が伴っていないことなどが多く、エリートとは程遠い実力の人などもざらに存在しています。

学歴は飾れたとしても、実際の実力などは並大抵のことがない限りは飾ることはできず、すぐに自分の実力は周りにしれまわってしまいます。

なので、最終的に実力が伴わないことが評価を下げることに直結する場合があり、最悪の場合それが大きなストレスになってしまう可能性もあります。

なので、結局自分の首を絞めてしまうことにつながってしまうので、中身を伴わない学歴ロンダリングは大きなデメリットの要因になることを理解しておきましょう。

まとめ

今回は学歴ロンダリングをテーマにして、学歴ロンダリングの意味や学歴ロンダリングを行う人の特徴、そしてメリットやデメリットなどについてご紹介していきました。

学歴ロンダリングはよく考えて行えば、非常に大きな魅力を身に着けることができる方法であることに間違いありません。

しかしながら、何の考えもなしに行っている場合は、それが自分の首を絞めてしまう結果になる可能性もあります。

なので、学歴ロンダリングを行いメリットやデメリットをよく把握し、どうすれば最高の結果を得ることができるのか自分自身でよく考えてから行うことが求められます。

自分の学歴にコンプレックスを持っている方や、将来的なことを考えてキャリアアップを狙っている人は、良く考えて学歴ロンダリングを行うべきかどうか判断してみてください。