餞別とは心ばかりのものですね。

金品のやり取りもありますが、基本的には転居や仕事を辞める人などに、贈答の意味を込めた贈り物を餞別と言います。

お別れの意味も込められていますが、別れではなく旅行する人にもお餞別を渡す事がありますよ。

旅行の場合のお餞別はもちろんお金にはなります。

もらって嬉しいものを送るのがベストですね。

社会に出ているのであれば、餞別の意味を知っておきましょう。

もし知らないのであれば、恥をかくことになりますよ。

プレゼントを贈るときのおすすめの品8選

一般的にはお餞別というと現金になります。

確かに一番もらって嬉しいものはお金ですからね。

しかし深い仲でない場合は、お金ではちょっと困るという声もあります。

退職者の場合、個人で餞別として渡すのは物になります。

相手が何を好きかもよりますが、リサーチしておいて損はないでしょう。

1.フラワーアレンジメント


フラワーアレンジメントというのは結婚式などで、置かれている事が多く見た事がある人も多いと思います。

近年フラワーアレンジメント教室に通っている人多いですよね。

ちなみにフラワーアレンジメントとは、お花を配置して素敵な形に作成するものです。

生花は剣山というとげとげの山にお花をさしていくものですが、フラワーアレンジメントは吸水スポンジを使用するという違いだと思って下さい。

こちらは色とりどりの花が楽しめる代物になりますし、生花よりも自由度が高く誰でも簡単に出来るため一般人でも習いたいと思う人が多いのです。

家に飾るためのものになりますね。

お花が好きな人や実家で接客業など商売をされている人には喜ばれるものです。

生花もありますが、長持ちするものでしたらブリザードフラワーの方が枯れる心配もありません。

基本的に女性向けの贈り物なので、男性に送ってもご家族がいない人であれば微妙な反応をされる事でしょう。

ただしフラワーアレンジメントをプレゼントする際は、相手がお花が嫌いではないかどうかチェックする必要があります。

中には昔花をもらって困ったという人もいますし、花粉症だから処分するしかないという人もいました。

全員が全員喜ぶものではありませんので、リサーチは必ずしておいて下さいね!

好きな色をリサーチ

自分の好きな花でフラワーアレンジメントをするよりも、自分の好きな色や相手の好きな色などで決めるのもいいでしょう。

フラワーアレンジメントは自由度が高いので、装飾は何でもありです。

好きな色、もしくは花で構いません。

厄介なのは人によっては、好きな色が黒とか茶色など微妙な色を言われる事も想定しておいて下さい。

黒い花ない訳ではありませんが、縁起の悪い花になるかもしれませんよ。

好きな花の場合は実際私が人に聞いた時、桜や梅と言われた事があります。

一輪ではなく大木系の回答が返ってきたので困りました。

色はあくまでも参考程度で問題ないですよ。

面倒くさい色を言われたら厄介なので、本当に参考程度にしておいて下さい。

花言葉にこだわって

花には花言葉がある事をご存じでしょうか?

白い百合なら『純潔』、カスミソウなど『清らかな心』になります。

もし好きな色で判断出来にくく、好きな花もない場合はいっそのこと花言葉でチョイスしても良いでしょう。

花屋さんで花言葉を確認できますよ!

ネットなどでは色んな花言葉はありますが、時期によっては置いていない花もありますので、なるべく旬の花を使った方がいいですね。

夏場ならひまわりなどをチョイスすると喜んでもらえるでしょう。

ひまわりは『崇拝』などの意味があります。

花の色によって意味合いが大きく変化するものもあるので、ご注意下さい。

例えばヒヤシンスのピンクでしたら『しとやかな可愛らしさ』という意味になりますが、赤色だと『嫉妬』という意味になってしまいます。

正直興味のある人であればそこまで花言葉を気にする人はいませんが、有名な花言葉だと知っている人も多いので、相手に不快な思いをさせないようにして下さいね。

花言葉にこだわりすぎて、花のコントラストがめちゃくちゃになってしまい、統一感のないフラワーアレンジメントになってしまう事も少なくないようです。

2.写真立て

写真たては今流行りのデジタル式をプレゼントする人が多くなっています。

手頃な値段で手に入りやすくスライド式で見れるのと、ネットにも繋げる事が出来るので便利ですよ。

写真立てというと一昔前の写真立てをイメージされるようですが、使わない人が圧倒的に増えています。

以前職場を辞める際、職場の人から小さな写真立てを頂いたのですが、正直困りました。

元々写真自体好きではないため、デジカメで写真を撮るということをしないんですよ。

まだ写メの方が多いと思います。

これは男女共に同じ意見ですね。

自分の写真が嫌いという人もいるので、多少値段が張ってもデジタル式をおすすめします。

デジタル式の写真立ての方がデータを写すだけですみますし、わざわざ写真を現像して切り出すなどの手間もいりません。

3.万年筆

万年筆はもらったら嬉しいものではあります。

自分で万年筆を買おうと思ったら、中々買おうと思えるものではないでしょう。

結構意外性のあるものかもしれません。

使用頻度の高いものではないですが、手書きで手紙を書くときや宛名を書くなどに相応しい代物ですね。

今はパソコンのWordで当たり前のように入力している人が多いですが、事務作業ならともかく全てパソコンの字体だと味気ない気がします。

1年に1回ある年賀状などが良い例でしょう。

面倒くさがりな人はパソコンで何から何まで入力する人が多いです。

今は昔と違い手書きで書く人はそうそういませんし、年末年始の忙し時期となると少しでも手間を省きたいという気持ちも分かります。

お偉いさんなどはともかく、身内や友達などに送る場合は万年筆などで文字を書くと映えますよ!

正直ボールペンで書いている人はいますが、やっぱり安っぽい気がしますね。

4.お酒


お酒好きな人であればお酒関係のものは喜ばれるでしょう。

以前お酒好きの人に、魔法瓶使用のタンブラーをセットでプレゼントした所、凄く喜んでもらえました。

ビールや発泡酒の場合はキンキンに冷えた状態でないと美味しくないので、いくらグラスの外観が良くても性能がいまいちだと使えないそうです。

お酒を飲む以外にも、ジュースやお茶などにも普通にしようしていると言ってくれました。

その他にも雑貨店で見つけた呑兵衛向けの言葉が書かれたグラスなども喜んでもらえましたよ。

これは特殊加工がされているものではなくほぼネタ的なものですが、ウケたようです!

本当に軽いお餞別とするならグラス系やマドラーなどがおすすめですね。

値段は千円前後で済みますし、見た目も性能もよくコストパフォーマンスもとても良いというメリットがあります。

こういうのは値段じゃないんですよ。

グラス関係は一本だけではなく恋人や家族のいる人であれば、人数分を渡すとなお良しでしょう。

お酒好きの人ってそんなにグラスとかこだわらない人もいるようです。

ワインオープナーなどの小物でも良いかもですね。

面倒くさいから何でも良い、家のみだから誰が見るわけでもないという頭があるみたいですよ。

ビール

ビールは色んな種類があります。

アサヒやキリンなどですね。

私はビールを飲まないので味はよく分かりませんが、昔お酒好きの人に缶ビールをあげたのですが、嬉しいけどこれじゃないと言われました。

ビールなら何でも良いっていう訳ではなく、種類があるようです。

単純にビールが好きな人であれば何でも良いかもしれませんが、こだわる人はこだわるみたいですよ。

味を飲み比べてみようにも、普段お酒を飲まない人間にとっては辛いものがあります。

もし何のビールが好きなのか聞ける間柄であれば、一度聞いてみましょう。

細かいことかもしれませんが、相手に喜んでもらいたいと思うのあれば多少面倒くさくても確認は必要です。

別にビールが飲めない人でも、天ぷらの衣に混ぜたらカラッと揚がるので料理などにも使用する事ができますよ!

ワイン

ビール以上に難しいのがワインですね。

ワインは赤ワインや白ワインとあります。

肉料理に合うのが赤ワイン、魚料理に合うのが白ワインとされているのですが、そんなレストランみたいな飲み方をする人はそうそういないでしょう。

ワインは好きな人は好きですね。

辛口などもあり、飲みやすさなども違うので、人によりけりだと思って下さい。

お酒初心者にとってワインを選ぶのはかなり難易度が高いです。

ビールとは異なり、ワインは安いものから高いものまであります。

ただワインの場合は高いものだと体に合わないという人がいますよ。

普段安物のワインを飲んでいる人は、高いワインが酸っぱく感じるようです。

百貨店や酒屋さんで売っているようなワインで問題ないと思います。

高いワインじゃないとだめという事はないですからね。

ウイスキー

ウイスキーはビールやワインと違って更にわからないという人が多いでしょう。

どういう飲み方がベストなのか、その味すらわからないという人もいますからね。

ウイスキーと言えばSUNTORYさんというイメージが強いです。

昔朝の連続ドラマでマッサンというウイスキー製造の話をやっていた事があるのですが、それを見ていた人はある程度ご存じかもしれません。

私の母がマッサンを見て影響を受けて、友達とウイスキーの工場見学に行った事があります。

その時初めて飲んだらしいですが、凄い美味しいらしいですよ。

銘柄にこだわってる人は難しいですが、普通にお酒が好きな人なら別にこだわらなくても良いかもしれません。

ちょっと贅沢したい気分的の時に飲むのが一番です。

5.ハンカチ

もらって一番無難なのがハンカチですね。

むしろ困らないところか、ちょっと嬉しいものだと思います。

ハンカチは使用頻度めちゃくちゃ高いですし、男女共に持ってて損はないアイテムです。

特に女性は持っておきたいアイテムと言っても良いでしょう。

私が職場を辞めるとき、後輩からお世話になったお礼として、BURBERRYのタオルハンカチセットをもらいました。

シンプルで落ち着いてるデザインなので、凄くありがたかったですね。

結婚退職で辞める事になっていたため、ハンカチをもらえたのは凄く嬉しかったです。

ハンカチって安く買えるものですけど、自分でちょっと良いものを買おうと思ったら買えないものになります。

長く使えるものですが、消耗品なのでそんなにもたないんですよ。

ハンカチの値段も大体千円前後ですみますし、1枚だけもらっても十分でしょう。

私が反対に餞別としてハンカチを選んでいた時、丁度バーゲンシーズンだったので、定価の半額を購入しました。

安上がりで済みますし、その場で使えますね。

ただ可もなく不可もなくな感じは否めませんが、深く知らない相手で何をプレゼントしたら良いかわからない場合は、ハンカチをプレゼントしても大体ですよ。

柄に関してですが、ファンシー過ぎたりオタク系でなければ特に問題ありません。

チェックやストライプが男女共に喜ばれるものですね。

6.グラス

グラスもハンカチに続いて、無難なものになります。

もらっても困るものではありませんので、嬉しいと思いますよ。

ハンカチと違い、グラスはキャラクターものでも喜ばれるでしょう。

もちろんキャラクターものは女性に限られます。

ディズニーやリラックマなど可愛いキャラクター系のファンの人もたくさんいるので、好きなキャラクターのグラスを渡すとテンションが上ってくれるでしょうね。

結構どこの雑貨店にもグラスは売っているものですが、おしゃれな物が好きな人であればバカラやワイン好きな人ならワイングラスなどがおすすめです。

個人的な意見ですが、単品のグラスよりもペアグラスの方が良いでしょう。

一人暮らしでもペアグラスをプレゼントして損はありません。

グラスって1セットよりも、何個かセットになっているものがあるとありがたいものです。

地震で破損してしまう事がもっとも多いのがグラスなのですが、こればかりは仕方がないですね。

たくさんあるとものがいっぱいになってしまうので困りますが、破損した時に何度でも代えが利くのがぐグラスと言っても間違いないです。

別にペアグラスというのは誰かと一緒に使いたいという訳ではなく、破損した時用のスペアとして使ってもらえる手もあります。

7.名刺入れ

名刺入れは何かしらの役職を持っている人間や、どちらかと言えば女性よりも男性の方が名刺入れを使う事が多いです。

名刺入れは安物より、ちょっとお高めかブランド物の方が良いですね。

出来るだけ長持ちするようなものが良いでしょう。

男性は女性と異なり、財布や名刺入れやスマートフォンをズボンのお尻のポケットに入れておく習性があります。

すぐに取り出せるし便利という事かもしれませんが、結構紛失しがちなんですよ。

落とすなら良いかもしれませんが、スリなどよ被害に合うことが多いかもしれませんね。

物をなくしてしまうように人であれば、簡易なものでも良いかもしれません。

名刺入れは自分ではそんなに買うものではないので、もらえると嬉しいとは思います。

ただ名刺を使わない職業の人もいますが、名刺入れはもらっても困る事はないですね。

使用用途は名刺入れではなく、カードやPiTaPaなどを入れる人もいます。

私の旦那が実際そのように使っていますよ。

ちゃんとした名刺入れを餞別として渡したいという場合、男性は革製品がおすすめです。

革製品の方がシックですし、どの男性が持っても男らしくカッコ良く見えます。

紛失しがちとは言いましたが、それとは別にすぐに壊してしまう人もいると思って下さい。

その理由は何でもかんでもズボンのポケットに貴重品を入れてしまう癖があるからですね。

別に財布や名刺入れのみを入れているだけなら壊れる事はないのですが、自転車のカギなどを入れてしまうとボロボロになってしまうのです。

そのためまだダメージに強い革製品であれば、そう簡単にボロボロになる事はありません。