よく学生時代というのは変に長起きをしてしまうというような事があったのではないかと思います。

友達と話をしている時にも「何時間しか寝てない」「ずっと起きていた」というような自慢気に話をするような人もいたのではないかと思います。

しかし最近では疲れていて寝たいと思っていても寝れないという人、そして早く寝たにも関わらず朝が起きれないというような人がいるのではないかと思います。

その理由というのは夜更かしをしてしまったり、興奮して目が覚めたりというような事が多いのではないかと思います。

また、昼寝をしすぎているというような事も多いかと思います。

昼寝であったり、夜更かしをしてしまうと朝が起きれなくなってしまい、また寝るのが遅くなるというような事にもなってしまいます。

しかしこの様なことというのは、単に夜更かしをしているからではないのです。

実はというとストレスであったり、不規則な生活なども影響を与えてしまっているのです!

簡単に言えばカフェインなどを摂取したりして夜更かしをするという事も多いかもしれませんが、この様なことも定期的であれば大丈夫なのですが、不規則な摂取であったり、過剰に取ってしまうと朝がなかなか起きれなくなってしまうのです。

また、自律神経失調症にも繋がってしまうので、生活の習慣というのは規則正しくというものが重要になってきます。

どんな事でもそうですが、生活の習慣というのは一度崩れてしまうとそのまま崩れっ放しにもなってしまうので、中々戻すというような事が難しくなってしまうのです。

今回はそんな朝起きれない人のために、5個の対策を紹介したいと思います!

皆さんはどの様な生活を送っていますか?休日であっても生活リズムというのは大事になるという事を覚えておくと良いでしょう。

また、睡眠の質というのは生活の質に直結をしてしまうという事を覚えておくと良いでしょう。

普段の生活でストレスを貯めていると、寝る時にもストレスなどを感じてしまい、毎日が疲れている状態で過ごしてしまうのではないかと思います。

そんな状態では毎日が辛くなってしまいますよね。

ではどの様な対策があるのか詳しく見てみたいと思います。

皆さんは朝起きるためにどの様な事に気をつけていますか?

最近朝起きられないあなたへ

最近朝が起きれないという人が多いのではないかと思います。

その理由というのは単に夜更かしをしているからではありません。

夜更かしをしているのであれば早めに寝るというような対策を取ることができますが、それだけでも朝起きれないというような人がいますよね。

簡単に言えば何時間も寝てしまうというような人が多いのではないかと思います。

朝起きれない人というのは基本的に別の原因があるのですが、その大部分となるものがストレスです。

ストレスというのは溜まってしまうと様々な生活に影響を与えてしまうので、ストレスを溜めないような生活をするというのも大事になるのです。

また、起きれないというのは布団から出れないというようなこともあると思います。

二度寝というものをよくする人にありがちな事は目覚ましを止めて直ぐにまた寝てしまうというような事です。

基本的に二度寝をすると余計にだるい状態になってしまい、1日が不調気味にもなってしまいます。

仮に二度寝をするのであれば目覚ましをもっと遅くにかけるというような事をして、1回で起きた方がベストな状態を作りやすいですよね。

皆さんはどの様な状況で朝が起きれないという事になっていますか?

様々な心当たりがあるのではないかと思いますが、そんな人のためにも対策というものがあります!

是非活用してみてはいかがでしょうか?

睡眠の質は生活の質に直結する

実は睡眠の質というのは生活の質にも直結することが多いです。

よく平均的な睡眠時間は6時間前後となっていますが、十分な睡眠を取っている人ほど、よりよい生活を送ることができているのではないかと思います。

逆に睡眠を削っている人というのは生活の質が悪くなってしまい、寝坊や夜更かしなどが多く、体調にも影響を与えてしまうような事が多いのではないでしょうか?

1日の間にどれだけの睡眠を取るのかというのも重要になります。

仮に短い睡眠でも大丈夫だという人は、しっかりとその生活のリズムを整えることから始めなければいけません。

逆に多く寝てしまう人というのは、適度な睡眠時間を心がけるようにすることが大事になるでしょう。

睡眠というのは浅くなったりしてしまうとあまり寝れずに、朝になると起きれないというような事にも繋がりますよね。

その様な人達というのは基本的に生活の質も悪くなってしまう一方です。

【睡眠の質が上がらない人がやってしまっていることは、こちらの記事もチェック!】

ストレスが溜まると自律神経失調症になる

生活をする上で誰でもあるものがストレスです。

基本的にストレスを抱えない生活をすることがベストになりますが、ストレスを溜め続けてしまうと、自律神経失調症にもなってしまう可能性があります。

自律神経失調症というのは、簡単に言えば普通の生活を送ることができなくなってしまうというような病気です。

例えばいきなり動悸などがしてしまったり、目眩などをおこしてしまったりと、様々な症状が表れてしまうのが特徴ですが、この自律神経失調症の主となる原因はストレスであったり、日々の生活習慣が重要になるのです。

例えば不規則な生活をしてしまい、体内時計が狂っているという状態になると体調を崩しやすいですよね。

また昼夜逆転なども実は体には悪い影響を与えてしまいます。

生活のリズムというのは朝に起きて夜に寝るというような事がベストですが、夜更かしなどをしてそのリズムを崩すというような事になってしまうと病気にもなってしまいます。

その代表的なものが、この自律神経失調症という病気になるという事なのです。

朝起きれないという人も、昼に寝て夜に夜更かしをしてしまうという人も、ストレスが溜まっていてこの様な状態になっているのではないかと思うので注意をするようにしましょう!

朝起きられなくなる原因とは

ではそんな朝起きられなくなる原因というのはどの様なものがあるのでしょうか?

例えば朝起きれない原因というのは不規則な生活リズムというようなものもあるでしょう。

朝に起きたいのに寝たのが深夜過ぎであったり、寝る前にカフェインやアルコールを飲んでいたりすると余計に眠くなくなってしまいますよね。

朝起きれないというような人は夜型というような人なのではなく、その起きれない原因があるからこそなのではないかと思います。

様々な原因で目が覚めてしまったり、興奮して寝れなくなるというような事もあるかもしれませんが、大事なことは寝る前というのは体を休める時間でもあるので、あまり無理をした行動をしないという事が大事になります。

ではどの様なものが原因で寝れないのか詳しく見てみたいと思います。

不規則な生活リズム


不規則な生活リズムというものが原因で寝れないという人もいるでしょう。

例えばこの様な人というのは夜勤などがあるという人です。

夜勤というのは夜遅くから始まるものですが、朝型まで働くという人達が多いですよね。

そして朝日が出ている時に寝て夜に起きるといった生活をするのではないかと思います。

しかし夜勤のみであればリズムを作ることができますが、夜勤のみに限らず、日勤なども入ってしまうと寝る時間というものが崩れてしまいますよね。

この様な不規則な生活リズムを送っているというような人は基本的に朝が起きれない状態というのが続くのではないかと思います。

常に眠いというような人は体が休みきっていない証拠にもなるので、その原因としては生活リズムが一番関わってくるのではないかと思います。

眠りに入るまでに時間がかかる

眠りに入るまでに時間がかかるという人もいるでしょう。

例えば眠る前というのはベッドに入って目を瞑りますが、その前にスマートフォンなどを触っていたり、ゲームをしていたり趣味をしているというような人達であれば、布団に入ったとしても寝れることが少ないのではないかと思います。

眠りに入るまでの時間がかかる理由というのはその寝る前にしていた行動にもよります。

先ほどのゲームなどは脳が興奮している状態になるので、寝床についても常に活発に動いている状態というものが続いてしまうのです。

その様な状態になってしまうので、眠りに入るまでに時間がかかるというような人も多いかもしれません。

寝具や睡眠環境が悪い

快適な睡眠をするためには、寝具などがどの様な状況なのか、寝る時の環境というものはどのような状態なのかというものが重要になってきます。

言うのであれば寝具や睡眠環境というものは、より良いものだと快適に眠れることが多いです。

例えばですがホテルのベッドなどはフカフカしていて気持ちが良いものが多いですよね。

その時に寝るベッドというのは快適なものが多いのではないかと思います。

しかしながらその環境が悪い状態になってしまうと、いつまでたっても眠ることができないという状況になってしまうのではないかと思うのです。

例えばマンションやアパートに住んでいる人であればよくある事ですが、隣から音が聞こえたり騒がしいというような状況になれば、その環境事態を変えることでよくなる可能性が大きくなりますよね。

寝具や睡眠環境というのはとても大事になるので覚えておくようにしましょう!

睡眠時間が昔から長い

睡眠時間の適度な時間というのはその人にあった睡眠時間ですが、平均的には6時間前後とも言われています。

長く寝すぎず、短すぎずというような時間帯がだいたいこの時間帯になるという事です。

しかしながら睡眠時間が昔から長いという人もいるのではないかと思います。

例えば夜の9時から睡眠をするとして起きるのか7時や8時というような人もいるかもしれないですよね。

その様な人というのは基本的に大人になってもその睡眠時間というものが変わらないという人もいるかもしれないです。

その様な人というのは次第にどんどん睡眠時間が減っていってしまうので、どうしてもその環境についていけないという事にもなってしまいます。

なので睡眠時間が昔から長いという人も実は朝起きれない原因に繋がるという事です。

寝る前のカフェイン


寝る前のカフェインというのも注意が必要になります。

寝る前にカフェインを取ってしまうと逆に目が覚めてしまうので注意をするようにしましょう。

カフェインを取る際には朝型など起きた時に取ることで目が覚めるというような人も多いですが、寝る前に飲むとその作用が働いてしまい、寝ようにも寝れないという状況に繋がってしまいます。

なので寝る前のカフェインはなるべく控えるようにすることが大事になります。

コーヒーが好きな人は特に要注意です!

寝る前のアルコール

寝る前のアルコールというのも朝起きれない原因になります。

よく酔ってしまって二日酔い状態になってしまうような人もいますが、適度なアルコール摂取であれば良いでしょう。

しかしながらがっつりとお酒を飲んでしまうというような事になると次の日に響くことが多いです。

特にアルコールというのはカフェインと同じく目が冴えてしまう原因にもなるので、夜になかなか寝付けないというような事にもなってしまいます。

アルコールとカフェインは過剰な摂取をしてしまうと次の日に影響をしてしまうので、十分に注意をするようにしましょう!

寝る直前の入浴

寝る直前の入浴というのも実は目が覚めてしまう原因になり、実は朝が起きれなくなってしまうのです。

寝る直前に身体を適度な温度に温めることで寝ることはできますが、お風呂などに入ると目が覚めてしまうからなのです。

基本的に気持ちよくなって寝れることがあっても、朝がしんどいという理由は前日にお風呂に入っていたからというのもあるのではないかと思います。

基本的に睡眠を取る際には長く寝たいと思う人も多いかもしれませんが、適切な時間だからこそ睡眠で体調を回復したりすることができるのです。

長すぎず短すぎずというような環境を整える場合は、寝る直前の入浴を控えることが重要になるのではないかと思います。

日中あまり身体を動かさず疲れていない

日中あまり身体を動かさず疲れていないというのも実は朝起きれない原因になっています。

この場合は身体を動かさずにいることでどんどん体調がダレてきてしまうのが原因となっています。

日頃から身体を動かしている人というのはよく眠り朝の目覚めがとても良い状態で1日を迎えられます。

その理由というのは身体を動かしている分、しっかりと休んでいるからなのです。

寝ている時に起きるというような事がなく、しっかりと寝てその時間に目覚めるという習慣を作りやすいので、身体を動かすことも大事になってくることでしょう。

日中昼寝をしている

日中昼寝をしてしまうとその分夜に起きてしまうなんていう事はありませんか?その様な人が多いのではないかと思います。

休日だからといって日中も寝てしまうと身体の疲れが余計に取れない状態になってしまうのです。

その理由として、日々というものは習慣で成り立っています。

なのでその習慣、いわゆるリズムが一定であるからこそ人というのはその調子で動くことができるのです。

しかしながら休日を挟んでしまうと、つい長く寝てしまうというような人もいますよね。

その場合、リズムが崩れてしまい、会社に行く日などにも影響を与えてしまい身体が休まっていない状態にもなってしまうのです。

なので日中昼寝をしてしまったり、寝だめをしてしまうというような人は、朝が起きれないという事になってしまいます。

低血圧症である

低血圧症な人も朝に弱い人達が多く、朝起きれないという事が多いのではないでしょうか?

低血圧症というのは疲れやすくなったりだるい状態になりやすく、朝に弱い傾向があるのです。

また低い状態でいると脱水などの症状にもなったりするので朝にその様な症状になったことがあるという人は直ぐに病院に行くようにしましょう!

血圧が低すぎることで朝が起きれない状態になったり、身体が思うように動かないなんていう事もあるのではないかと思います。

基本的に一定の血圧より低いというような人はこの様な症状が多いのではないかと思うので注意をするようにしましょう。

女性ホルモンが影響している場合も

女性の場合は女性ホルモンが影響をしている可能性もあります。

その時の体調では朝が起きれないなんていう事もあるかもしれませんが、女性ホルモンが出ていると身体がダルくなってしまいあまり起きれないなんていう事にも繋がります。

ストレスが溜まっている

朝起きれない原因として一番なのはストレスが溜まっているというような事があるのではないかと思います。

ストレスというのは様々な所で影響を与えてしまいます。

精神的なものから肉体的な疲れなど、ストレスを溜め込んでしまうと思ったように動くことができず、ダルいというような状態が続いてしまうのではないかと思います。

そのため規則正しい生活をしていても朝起きれないという状況になってしまうので、ストレスとちゃんと向き合うというような事が大事になります。

よく働き尽くしの人であったり、しっかりと休息を取ることができていないという人は是非ストレスを発散するようにすると良いのではないかと思います。

また、ストレスを抱え込みすぎてしまうと、自律神経失調症などにも繋がってしまうので注意をすることが必要です。

この症状というのは先ほどもお話ししたように様々な影響を与えてしまうので、ストレスを適度に発散するような生活をすることが第一となるのではないかと思います。

朝起きれるようになる5個の対策

ではそんな朝が起きれないという人のために様々な対策があります!

皆さんも朝が起きれないから様々な方法を試したと思う人もいるかもしれませんね。

しかしながら他にも方法というものがあり、その方法で起きることができれば、快適な朝を迎えることができるのではないかと思います。

皆さんはどの様な起き方をしていますか?

目覚ましをかけるだけ、では無いのです!

様々な工夫をすることで、直ぐに起きれたりするというような事もあるのではないでしょうか?

ではどの様な対策があるのか詳しく見てみたいと思います。

皆さんは普段どの様にして朝を起きていますか?

遠くに目覚ましを置いて大きい音に設定する

朝起きる方法の1つには遠くに目覚ましを置くという方法があります。

これは皆さんもよくやるのではないかと思いますが、布団から出て時計を止めるというような方法をすることで起き上がることができるでしょう。

しかしながらこれには欠点があります。

近くに置いてしまうと布団から出てまた布団に戻るという行為をしてしまうからです。

いわゆる二度寝をしてしまうような動きをしてしまうことが多いのではないかと思います。

そこで大きい音に設定をすることで遠くまで歩いて消すという行為をすることで朝を起きれることができるのではないかと思います。

1歩2歩ではなく、それ以上の位置に置くというのがポイントです。

布団から出て歩かないと音を消せない環境にする

布団から出て歩かないと音を消せない環境にするというのがとても大事になります。

言うのであれば遠い位置にあったとしても布団から届く位置なのであれば意味が無いという事です。

布団から出て1歩とかではなく、それ以上歩くことでその音を消し、二度寝などを防ぐことができるのではないかと思います。

この様な対策をすることで朝を起きることができ、目覚ましを止めても寝るというような事ができるのではないかと思います。

カーテンをしないで寝る

カーテンをしないで寝るという方法もあるでしょう。

これはカーテンを開けて寝ることで、朝になった際に朝日が入ってくると同時にその日差しで起きることができるというものです。

人というのは基本的に朝日を浴びることで1日の始まりという認識をするので、体もそれに応じて朝日を浴びて1日活動をしようとします。

しかしながら、朝日を浴びていない状況というのは、身体も常に夜だという認識をしてしまうため、カーテンをして寝てしまうと身体がダルい状況になってしまうことも多くあるのではないでしょうか。

朝日がたくさん入る部屋で寝るのがベスト

カーテンをしないで寝るという方法の一番のベストは朝日がたくさん入る部屋で寝るという事です。

一人暮らしという状況であれば、その部屋によっては朝日が入ってこないという事もあるかもしれませんが、重要なのは朝になった時にその日差しを少しでも浴びれるような環境を作るという事です。

常に部屋をカーテンなどで暗くしている状態ではなく、レースのカーテンなどをつけて朝日と一緒に起きる、というような感覚で起き上がることで朝を快適に過ごすことができるのではないかと思います。

寝る3時間前から飲食をしない

寝る前から飲食などをしないというのもよく聞く話ですが、寝る3時間前から飲食をしない事がコツになります。

例えば食事をすると眠くなるという人がいますが、それは炭水化物を多く取ってしまっているからとも言われています。

基本的に食事を取った後というのは目が冴えてしまうのです。

なので昼ご飯を食べた後に眠いというような人は多いですが、夜にご飯を食べた後に眠くなるというような人は少ないですよね。

逆に冴えてしまっていて夜更かしをするというような人もほとんどいるのではないかと思います。

寝る3時間前から飲食をしないことで眠気を誘うことができ、深夜まで夜更かしをせず朝を起きるという事もできるでしょう。

食生活なども朝起きれない原因になるので注意をするようにしましょう。

なるべく早めに寝るようにする

なるべく早めに寝るようにするという事もできるでしょう。

基本的に朝起きれないという人は寝る時間が遅いというような事もあるのではないかと思います。

1度思い切って早めに寝てみて何時に起きるのかを調べたりすると良いかもしれません。

そうする事で、普段何時間ほど寝ているのかという事が分かるのではないかと思います。

例えば0時過ぎに寝て8時などに起きるのであれば、10時くらいに寝ると6時くらいに起きるのか?というような事もできるのではないかと思います。

なるべく早めに寝る努力も必要だという事を覚えておくようにしましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めないというものが何よりも大事になります。

ストレスを抱え込んでしまうことで様々な影響を与えてしまいますが、それは寝れないことであったり、朝起きれないというような事にも繋がるのです。

ストレスというのは誰でも持っているものですが、特に大事なのはいかにそのストレスを解消させるかという所にあるでしょう。

言うのであればストレスがない状態というのは身体も軽い感じになり、毎日が楽しくなるのではないかと思います。

何かしらストレスがあるのであれば、それを解消するための方法を見つけなくてはいけません。

【ストレス解消法は、こちらの記事もチェック!】

悩みは吐き出して心を軽くする

悩みや嫌なことというのは吐き出して心を軽くするようにしましょう。

例えば吐き出して忘れるというような事がベストですが、嫌な事というのは常に覚えているものですよね。

そんな時はそれを忘れるくらいの出来事を作ったり「自分だけがこうなっている訳ではない!」と考えると心が軽くなるのではないかと思います。

いろいろな考えで悩みを抱えている人は多くいますが、どうしようもできない時もあります。

そんな時はとりあえず吐き出して心を軽くしましょう。

誰かに言うという事をせずとも、心を軽くする方法はあるので、それを見つけ出してみてはいかがでしょうか?

一番はストレスに対して考えすぎず、気にしないという事です。

過去は悔やんだりしてもどうしようもないので、前だけを見て今後そういう事が無いように行動をしようという心がけで毎日が楽しく過ごせるのではないかと思います。

リラックスできる場所や友達を持つ

またストレスを抱えている際にはリラックスできる場所であったり、友達に言うというような事をすると良いでしょう。

特に友達に言うというのは気分もスッキリしますし、共感を得られることもあると思います。

言ってスッキリしたのであれば、その事はもうおしまいです。

新しいことを考えると昔の事やストレスの事はどうでもよくなってしまいますよね。

なので前向きに捉えるという事がストレス解消のコツにもなるのではないかと思います。

今以上に苦労をしている人というのはたくさんいるので、それに比べると、という考えも1つの方法です。

朝起きられないとどんなデメリットがある?

朝起きれるようになりたい!と思う人が多いですが、逆にずっと寝ていたいという人もいますよね。

しかしながら朝起きれないとデメリットも多くあるのです。

ではどの様なデメリットがあるのか詳しく見てみたいと思います。

一日中ボーっとして反応が鈍い

一日中ボーっとすることが多いです。

物事に身が入らず常にボーっとしてしまい反応が鈍くなってしまうという事があるでしょう。

常にハキハキと動けたら良いのですが、体調次第ではこの様なことにもなってしまいますよね。

頭痛や身体のコリが強くなりがち

ボーっとする原因の中には頭痛や身体のコリが強くなってしまうという傾向もあるでしょう。

よく寝すぎて頭が痛いという人がいますが、まさに朝起きていないからというのが原因にあがると思います。

規則正しい生活をすることで改善をすることができますが、朝起きるのが遅かったりすると体調も崩しやすく、ボーっとしてしまうことも多くなるのではないでしょうか?

いつも憂鬱な気分

いつも憂鬱な気分にもなってしまいます。

体調が優れずストレスなども抱えてしまうと最終的には欝になってしまうというような人も多いのではないでしょうか?

その原因というのが朝起きれないからというのも理由があり、規則正しい生活を送ることで多くの人達が改善されているのではないかと思います。

しかしながら夜遅くまで起きてしまうという人も多く、薬で早く起きる、寝るというような事をして改善をしようとする人も多いでしょう。

一番大事なのは朝起きようという気持ちを持つことです。

いつも憂鬱な気分になってしまうと、毎日が楽しくなくなってしまいますよね。

この様な状態にならないように、朝もきちんと起きてみてはいかがでしょうか?

朝起きられない時は原因を知ろう

いかがでしたか?

朝起きられないときというのは必ずその原因というものがありました。

例えばストレスであったり、夜更かしをしてしまったりとあると思いますが、それが続いてしまうと体調を崩したり欝にもなったりしてしまいます。

皆さんが普段寝不足な状態というのも朝起きれない原因の1つになるのではないかと思うので、皆さんも規則正しい生活をして朝を起きれるように頑張ってみてはいかがでしょうか?