誰しも睡眠をしたりすると思いますが、その際に気になるというような事があるのではないかと思います。

人というのは夢を見ますが、その際に寝言を言うというような事もありますよね。

例えば喋りかけると普通に返答が返ってきますが、本人は寝ていたというような事も多くあるのではないかと思います。

寝言というのは基本的に寝ている時に言うような言葉ですが寝ていない時にもこの寝言というような言葉が使われることが多いです。

例えば「なに寝言を言っているんだ!」となれば少し意味が違いますよね。

様々な使われ方をしているのが寝言ですが、今回はそんな「寝言」について詳しく見てみたいと思います。

今回の意味では寝ている時に無意識に言ってしまうという意味で見てみたいと思います。

話を戻しますが、皆さんは寝言を言ったことがありますか?もしかしたら誰でもあるというようなものかもしれないですよね。

しかしながら寝言を言うというのは自分では気付かないものだとも思います。

言うのであれば寝ている時に発言をしているという事は、自分は言っているという自覚が無いからです。

よく「寝言を言う」という人がいますが、それは周りの人が教えてくれるからですよね。

家族の人であったり、兄弟や彼氏彼女といった寝ている時に側にいるという人が、寝言をしていたと言って初めて気付くものだと思います。

しかしながらそんな寝言に返事をするという人もいますよね。

寝言に返事をするというのは一見何も感じないかもしれませんが、実はしてはいけない事だったのです!

その理由は様々ありますが、特に寝言を言っている人に影響を与えてしまうことが多いです。

「寝言に返事をすると…」というような事を小さい頃に聞かされたりしませんでしたか?寝言に返事をしてしまうとこちらにではなく相手に影響があるので、十分に注意をすることが大切になるでしょう。

では今回はそんな寝言に返事をしてはいけない5個の理由と、寝言が多いというような人に治し方をお教えしたいと思います。

いつも寝言が多いという人やうるさいと言われる人は、是非この記事を見ると改善点が見つかるかもしれません!特に家族がよく寝言を言ったりするというような人も必見ですよ!

家族の寝言に困っているあなたへ

寝言というのは自分では気付かないと思う人も多いですが、その理由として周りの人の寝言をよく聞いているからというのもあるのではないかと思います。

特に家族の寝言というのはよく耳に入ったりしますよね。

一緒に住んでいると寝ている時に声をかけてしまうというような事も多くあるのではないかと思います。

その際に寝言に対して返事をするというような事もあるかもしれませんよね。

それは先ほども言ったように危ないことなので、十分に注意をする必要があります。

しかし、自分自身がただ注意をするだけでは治らないですよね。

ここで重要なのは寝言で困るのは自分自身になりますが、体に悪い影響であったり寝不足などになってしまったりするというのは寝言を言っている本人という事になるのです。

返事をしてしまったこちらにも影響はあるかもしれませんが、寝ている本人にも影響が出るので、寝言というのは極力控えるようにしたいですよね。

ですがここで問題になるというような事もあるのです。

それは寝ている時というのは基本的に無意識という事になるので、言っていないつもりでも寝言を言っているという事になります。

皆さんもその様な経験があったのではないかと思います。

よく学生時代の修学旅行では寝言に返事をするというような事であったり、何か問いかけてその反応を見るというような事も遊び半分でしていたと思いますが、実は危ないことなので十分に注意をするようにしましょう!

寝言とは?


ではそんな寝言ですが、どの様な意味があると思いますか?寝言というのは寝ている時に無意識に喋る言葉というような意味があります。

寝ている時というのは基本的に気付かないことが多いですよね。

例えば目覚まし時計を無意識に止めてまた寝てしまうという事も無意識に行動をしている事になります。

基本的に寝言というのは無意識に言うというような意味なので、自分で自覚をしていないという事にもなるのです。

そしてこの寝言というのは別の意味も存在します。

それは先ほども言った「なに寝言を言っているんだ!」というような時に使う寝言という意味です。

この寝言の意味の場合は、筋の通らないことであったり、訳の分からないこと、というような意味で使われることが多いのです。

なのでよく会社などで「なに寝言を言っているんだ!早くしなさい!」というような事であれば「なに意味の分からないことを言っているんだ、早く行動しなさい!」というような意味になるという事です。

本当に寝言を言っているというような意味ではなく、この場合は訳の分からないことというような事で使われていますよね。

寝言というのはこの2つの意味に大きく分かれますが、今回の意味の場合は寝ている時に無意識に喋るというような意味なので注意をするようにしましょう。

レム睡眠時の寝言

よく睡眠などについて話を聞く際にレム睡眠というような言葉を耳にするのではないかと思います。

レム睡眠というのは簡単に言うと浅い眠りのことを指します。

例えばですが人というのは夢を見たりしますよね?その際によくその夢を覚えているというような人がいると思いますが、その状態のことをレム睡眠と言います。

いわゆる脳が起きている状態であるけれど、体は眠いっているというような事をレム睡眠と言うのです。

あまり問題はない

レム睡眠などの寝言の場合はあまり問題が無いことが多いです。

レム睡眠というのは先ほども言ったように脳が起きている状態です。

つまり夢などを見てその内容を覚えているというような事が多いです。

その際の寝言というのはいわゆるその夢で見ている内容を言っているという事になるので、比較的に問題は無いというような事が多いのではないかと思います。

その確認方法というのは、起きた際にどの様な夢を見ていたのか、その際に何か言っていたかというような所が重要になり、合っていれば問題は無いです。

行動が伴うことも

レム睡眠をしている際には行動をすることもあります。

どういう事かと言うと夢を見ている際に一緒に体も動いてしまうというような事がありませんか?

例えば足を躓いたりする際に、足がガクッとなってしまったり、手で振り払う動作を夢でしていた時に現実でも同じような行動をしているというような事があるかもしれません。

その頻度が多ければ病気の可能性が高いですが、頻度が少なければ問題は無いでしょう。

しかしながらその行動が多いというような状態になってしまうとレム睡眠行動障害というような病気である可能性が高いです。

レム睡眠障害というのは、動く際の力の加減などができなかったり、大声で叫んでしまうというような事です。

レム睡眠の時に起こる病気なので、もしその様な傾向があるという人は病院に行くと良いかもしれません。

ノンレム睡眠時の寝言

レム睡眠ともう1つ、睡眠の話では欠かせないものがありますよね。

それはノンレム睡眠です。

ノンレム睡眠というのはレム睡眠とは違い、眠りが浅いのではなく深い眠りについているという事になります。

例えばですがノンレム睡眠というのは深い眠りについているので、夢などを見ていても覚えていないという事が多いです。

その時に寝言を発するというのは無意識でありながらも実は問題があるのです。

基本的にレム睡眠では眠いが浅いので脳が活動しているという事になり寝言を言うという事になります。

しかしながらノンレム睡眠というのは深い眠りなので、基本的に脳を休ませているという事になります。

しかしここで寝言などを言ってしまうと、脳が深い休みになっているのではなく浅くなっていたりするという事になるので注意をすることが必要になるのです!

ストレスや病気が原因の場合も多い

ノンレム睡眠というのは深い眠りの状態なので、普通は寝言というものがありません。

仮にその状態で寝言を言うのであればストレスや病気の可能性があります。

例えばですが深い眠りというのは、言うのであれば夢を見ていても覚えていないという事になりますよね。

朝になって夢は覚えていないというような事になれば、ノンレム睡眠時に見ていた夢であるという可能性もあるという事です。

しかし中には直ぐに忘れてしまうというような人もいるので、不安だという人は1度病院に行くことをオススメします。

感情的な寝言

特にノンレム睡眠時に多い寝言の1つとして感情的な寝言が多いです。

嫌だという感情であったり悲しいというような感情が多く、いわゆるマイナス面や負の感情というものが多い寝言になるのです。

なので寝言を言っている際に言っている言葉が「嫌だ!」というような事や泣いてしまうというような事になると、ノンレム睡眠時に夢を見ているという事になり、病気などの可能性やストレスからその様になっているという事になるのです。

皆さんも是非近くに一緒に寝る人がいれば確認をすると良いかもしれません。

はっきりと聞き取れる寝言もある

特にノンレム睡眠時というのははっきりと聞き取れる寝言もあります。

言うのであれば本当に喋っているかのような寝言という事になるのです。

基本的に寝言というのは「ぼそぼそ」と何を言っているのかあまり分からないというような状態のことを指すのですが、はっきりと聞き取れてしまうようなものであれば、脳が活発に行動をしているという事にも繋がるのです。

特にノンレム睡眠時の発言になれば、普段の生活などからも問題が出てきてしまいます。

言うのであれば普段の生活に満足をしていないというような人やストレスを抱えているという人に多いので、注意をするようにしましょう。

本人は気付きにくい

寝ている本人というのは基本的に気付きにくいですよね。

特にレム睡眠時なのかノンレム睡眠時なのか分からないというような事は、病院に行き検査をしてもらうことをオススメしますが、寝言を言っているのかどうかというのは分からないものですよね。

その際には周りの人に聞くというような事がベストなのではないかと思います。

動画や録音で記録を残して聞かせてあげよう


特に動画や録音などで記録を残すというような事が重要になります。

寝ている本人は気付かない事が多いので、例えば寝言だけではなく、もしかすると体が動いているというような可能性もあるという事です。

よく寝ている時にごそごそ動くというような人は、その可能性が高いので十分に注意をするようにしましょう。

またその時にオススメなのが動画になります。

動画で記録をするというのは寝言も一緒に撮ることができるので、いつ寝言を言っているのか、その際に体は動いているのかどうかという事が細かくチェックすることができますよね。

寝言は言っていないと自信のある人でももしかすると、寝言を言っているという可能性が出てくるかもしれないので、十分に注意をするようにしましょう!

寝言にもいろいろなタイプがある

そんな寝言ですがいろいろなタイプがあります。

例えば寝言を言う際にはどの様な寝言を言ったりするのでしょうか?

ニコニコしながら言うようなものと、怒っていたり叫んでいるというような寝言もあるかもしれません。

皆さんが寝言を耳にした際には、どの様なことを言っていたのかという所も重要になります。

実はその寝言の内容でどの様なものなのかという事を見極めることもできるのです。

ではどの様なことで見極めることができるのか、詳しく見てみたいと思います。

ニコニコしながら言う

ニコニコしながら寝言を言う人もいるでしょう。

「美味しい」というような事であったり「幸せだ」というような表情をしながら言うような人もいると思います。

またニコニコしながら凄いことを言う人もいますよね。

そんな発言をするのか?というような人もいるかもしれません。

その様な状態の場合はレム睡眠である可能性が高いです。

言うのであれば今見ている夢の内容についての寝言を言っているという事が多いのです。

しかしながらそこに行動などをしてしまうとレム睡眠行動障害という病気の可能性があるので十分に注意をするようにしましょう。

怒っている

怒っているというような人はその夢などに対して嫌な思いをしたり、辛いと感じたりするような人が多いのではないかと思います。

しかしながらこの怒っている寝言というのは実はノンレム睡眠時に言う寝言の可能性が高いのです。

先ほども言ったようにノンレム睡眠時というのは脳が深く眠っている状態と言いましたが、その時に発言をするものというのは日常生活で不満を感じているというような人が多いのです。

叫んでいる

叫んでいるというような寝言を言う人もいるでしょう。

この寝言も基本的に負の感情である可能性が高く、日常生活でのストレスや不満を感じる人に多い傾向があります。

特にその状態で体が動いてしまうというような事になってしまうとレム睡眠行動障害の可能性も大きくなるので十分に注意をするようにしましょう。

寝言に返事をしてはいけない5個の理由

ではそんな寝言に返事をしてはいけないというような事をよく耳にしたのではないかと思いますが、その理由というものはどんなものがあるのでしょうか?

例えば寝言に返事をしてしまうとよくあるのが、精神錯乱であったり病気を悪化させてしまうというような事が多いのではないかと思います。

他にも迷信などでは霊が怒るというような事もありますがそれにも理由があるのです!寝言というのは基本的に返事をしてはいけないものなので、十分に注意をすることが必要になるでしょう。

特に子供たちというのはよくこの様なことをしたりするのではないかと思うので、お子さんがいる家庭はよく注意をするようにする事が必要になるでしょう。

ではそんな返事をしてはいけない5個の理由についてお話をしたいと思います。

何故だろう?と思う人も解決できるかもしれませんよ!

霊が怒る?!

霊が怒るというのは迷信ではないかとも言われていますが、実はこの様な言い伝えがあります。

寝言を言っているときというのは「霊が近付いてきておりその霊と会話をしている」というようなことだそうです。

基本的に霊というのは目には見えないですが、寝言を言っているときには側にいるというようなことらしいです。

そしてその寝言に返事をしてしまうと、どうなるのでしょうか?

霊がせっかく喋っていたのに、それを邪魔されたと思い、その寝言を言っている人の魂を持っていってしまうというような言い伝えがあったのです!

なのでよく寝言に返事をしてしまうとその人がいなくなってしまう、というような事は実は霊を怒らせてしまっているからというような理由があるのではないかと思います。

霊を怒らせてしまったというような事も子供の頃から聞かされたりしたのではないでしょうか?

霊を怒らせないようにするには先ずその寝言には返事をしてはいけないという事になるのです。

寝ている人の寿命が縮まる

寝言に返事をしてしまうとその人の寿命が縮まってしまうというような事もあります。

どの様なことかと言うと、寿命というものはその生活での体調であったり、どの様な病気にかかってしまうかで縮まっていくものですよね。

いわゆる体などが無理をしてしまったりしてどんどん寿命というものが縮まるという事になります。

しかしながら寝ている人の寝言に返事をしてしまうだけで寿命が縮まるというのはどの様なことなのかと言うと、寝ている人で寝言を言う場合は基本的にレム睡眠の時に寝言を言うような事が多いです。

一般的にはその様な状態で寝言を言うのですが、レム睡眠時というのはどんどん脳を休ませるためにする睡眠のことなので、基本的にそれに返事をするという事はその人の睡眠のサイクルというものを崩してしまうからなのです。

よってその睡眠に邪魔などが入ってしまい、レム睡眠とノンレム睡眠のバランスを崩してしまうため、寿命が縮まるという事になるのです。

睡眠不足にさせてしまう

また睡眠不足にさせてしまうというような事もあるでしょう。

言うのであれば先ほども言ったようにレム睡眠時というのは脳が活動をしている状態で睡眠が浅いです。

その際に返事をしてしまう事で、せっかく深い眠りにつこうとしている所を浅くしてしまい、直ぐに起きてしまうというような事にもなってしまうのです。

睡眠不足になってしまいがちの原因というのは深い眠りについていないからというのもあります。

言うのであればレム睡眠の頻度が多くノンレム睡眠の頻度が少ないという事なのです。

ここで大事なのは先ほども言ったサイクルです。

睡眠というのはレム睡眠とノンレム睡眠を交互に行うことでそのサイクルを保とうとしています。

なのでレム睡眠を数時間ノンレム睡眠を数時間というような事を繰り返しているという事になります。

しかし返事などをしてしまうと脳がずっと活発になっている状態になってしまいレム睡眠が多くなり、ノンレム睡眠が少ないという状況になるのです。

その影響により寿命などが縮まったり、また睡眠不足にさせてしまうというような事になるので注意をするようにしましょう!

精神錯乱に陥る

精神錯乱に陥るというような事もあります。

寝言というのは脳がまだ動いているときにしている事が多いですが、精神錯乱に陥る場合というのはどういう状態なのでしょうか?

言うのであれば脳を無理やり覚醒させているという状態になってしまうのです。

折角の睡眠に入る状態を邪魔している状態になるので脳も活発になり、精神錯乱に陥ってしまうことになるのです。

不安定な状態にもなってしまうので十分な注意をすることが必要になるでしょう。

病気を悪化させる

病気を悪化させることもあります。

睡眠というのは十分な体力の回復を務める大事なものであり、よく睡眠を取るというような事は健康の秘訣でもありますよね。

しかしながら長い睡眠をすれば良いというものではなく、適度な睡眠であったりレム睡眠とノンレム睡眠のバランスが大事になるという事なのです。

しかしながら寝言に返事をしてしまうと脳を無理やり起こさせてしまうことにもなり、常に起きている状態になってしまい脳が疲れてしまいます。

その時に体なども十分に休まることができず、またストレスや悩みなどをずっと抱えたままになってしまうので、病気をより悪化させてしまう原因にもなるという事です。

睡眠が大事なのは休養を取ることで体などを改善させるためのものなので、寝言に返事をするという事は逆に相手の体を無理に起こしたりするという事になります。

なので病気を悪化させるというような事や、精神を不安定にさせてしまうというような事にも繋がるのです。

返事をしてはいけない理由は様々ですが、一番の原因というのはこの病気を悪化させてしまったりするからなのではないかと思います。

寝言の直し方

ではそんな寝言を言ってしまう!というような人のために寝言の直し方についてお話をしたいと思います。

寝言の直し方というのはいくつかありますが、一番重要な事というのはノンレム睡眠で寝言を言わないという事や、レム睡眠時に体を大きく動かしたりしないという事です。

寝言というのは自分の体の影響を大きく受けてしまうので、その日のうちに行動として出てしまったり寝言として出てしまうというような事が多いです。

なので寝言というのはしてしまうけれど直した方がより快適に寝ることができ、体が不調であるという人も調子を取り戻すことができるのではないかと思います。

ではどの様な直し方があるのか詳しく見てみたいと思います。

日中のストレスを貯め込まない

日頃の生活の中で大事な事というのはストレスを貯め込まないことです。

このストレスというものは誰でもあるものですが、発散方法なども違いますよね。

例えばカラオケで1人で歌うという事、美味しい物を食べるという事、趣味をすることなど、様々な方法でストレスを発散させる人達が多いです。

日中のストレスを貯め込まないようにするためには、自分でどの様にしてそのストレスを発散させるのかという事が重要になります。

いわゆる嫌なことを忘れさせたりするというような事です。

向き合うという事も大事かもしれませんが、適度に発散をしなければストレスで病気になってしまったり、何もできなくなるというような事にもなってしまいますよね。

なので日中のストレスを貯め込まないようにするというのは、自分自身のためにもなるという事なのです。

また寝言を言ってしまう際にノンレム睡眠時に言う寝言というのは日中のストレスが貯まっている原因にもなります。

会社でのストレスや家庭でのストレス、バイトや学校など様々なストレスを抱えている人は多いと思います。

そんな時にストレスを発散することで、寝言なども減るのではないかと思います。

先ずはストレスを解消してみることをオススメします!

寝不足サイクルを断つ

寝不足サイクルを断つという事も大事になります。

先ほどから言っているようにレム睡眠時とノンレム睡眠というのは基本的に交互にくるものでありその1セットが数回ほどあるのが特徴的です。

いわゆるレム睡眠からノンレム睡眠に入りまたレム睡眠になってというような交互にその睡眠時間が来るという事になるのです。

そんな時に寝不足であったり、夜更かしなどをしてしまうとどうなるかというと、レム睡眠に入ってノンレム睡眠、またレム睡眠という時に目を覚ませてしまうので、サイクルというものが狂ってしまうのです。

健康的な睡眠というのは基本的に長い時間寝るので、その時のサイクルを保つという事が重要になります。

なので短い時間というものや、逆に長く寝てしまうというような事は体に負荷をかけてしまう原因にもなるので、十分に注意をすることが必要になるのです。

【寝不足になってしまう原因は、こちらの記事もチェック!】

お風呂などで身体を温めて寝る

よく睡眠などが浅い際に身体を温めて寝るというような人が多いのではないかと思います。

その理由というものがあり、実は身体を温めて寝ることで、睡眠時により深い眠りをすることができるようになるのです。

身体というのは温めた分に寝る際に体温を下げることができるので、快適な睡眠を取るための1つの方法として、お風呂で温めて寝るというような事があるのです。

よく目が覚めるというような人もしますが、一時すると眠くなったりしますよね。

その原因がこのお風呂にあるという事なのです。

なので睡眠不足や寝言を多く言ってしまうという人は是非お風呂で身体を温めてから寝ることをオススメします。

特に寝言を多く言ったり浅い睡眠だと思う人はお風呂などに入った後に寝ることで、改善をされることが多いのではないかと思います。

病気の可能性はないか調べる

寝言が多くて悩むというような人はまず病気の可能性は無いのか調べるという事が一番です。

不安なこともあり、その不安から体調を崩したりするというような事があるかもしれないですよね。

そんな時は直ぐに病院に行くことをオススメします。

特に病気の可能性というのは様々な病気があるので、その可能性ではないかを確認しに行くというのも良いでしょう。

PTSD

PTSDという病気があります。

PTSDというのは心的外傷ストレス障害と呼ばれ、強いストレスが精神的にダメージを与えてしまい、それが原因で寝言などが多く眠れなくなるというような事もあるのではないかと思います。

基本的にこの病気は過去の怖いことや辛いことが大きく出てしまうものなので、そのストレスなどから抜け出せないという人に起こってしまう病気です。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群というのもあるでしょう。

この病気というのは睡眠をしている時に呼吸をしていない時間が数十秒ほど続いてしまうというような人にある病気です。

この病気というのは寝言なども激しくなっていたりする事が多いので、寝言が激しいという人はこの病気である可能性もあります。

十分に注意をするようにしましょう。

レム睡眠行動障害

レム睡眠行動障害という病気もあります。

これは先ほども言っていたように睡眠中に大きな寝言などを言ったり身体が動いて暴れてしまうというような病気です。

基本的にレム睡眠時に寝言というものは言いますが、大きな声で言ったり暴れるというような事があれば、こちらの病気である可能性が十分に高いので注意をするようにしましょう。

睡眠サプリメントを活用する

睡眠サプリメントを活用するという方法もあります。

寝言の多くは浅い眠りでありながら、夢などを見ているからというのがあるでしょう。

そんな時に睡眠サプリメントを活用することで、深い眠りにすることができるので、サプリメントを活用する方法も1つの手段です。

しかしここで重要なことは過剰に摂取をしないという事です。

常に多様をしてしまうと効き目なども無くなってしまい、サプリメントなしでは寝れないという状況になってしまうので、サプリメント無しでも寝れるように上手く活用をするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?睡眠をしている時の寝言というのは実は注意をすることがたくさんあります。

特に返事をしてはいけないという事は、自分自身ではなく相手に影響を与えてしまうものなので、十分に注意をするようにしましょう。

また、寝言を無くすには先ずストレスを無くすことから始めてみてはいかがでしょうか?

何度も言うようにストレスなどから言う寝言というのが一般的には多いので、是非寝言をなくしたいと思う人は、ストレスを発散させたり、お風呂に入ってから寝るというような事をしてみてはいかがでしょうか?